希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

鬼木誠さんの発言を表示します。


議員名鬼木誠(自由民主党)

2019年2月27日

委員会名衆議院 予算委員会第一分科会


「今上陛下は御即位三十年を迎えられ、昨日も衆議院本会議において賀詞を奉呈させていただきました。陛下の御即位三十年に当たってのお言葉、また天皇誕生日でのお言葉は大変感動的なものでありました。皇后陛下とともに歩まれた天皇としての旅を終えようとしているという感慨を拝聴し、私も胸に迫るものがございました。私たち国民も....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2019年2月27日

委員会名衆議院 予算委員会第一分科会


「平成二十九年十月に内閣法制局がまとめた憲法関係答弁例集では、平成二十九年六月一日の横畠内閣法制局長官の答弁だけが紹介されています。憲法二条の世襲とは、皇位が代々皇統に属する者によって継承されるということ、皇統と申しますのは、天皇の血統、血筋ということとだけ説明されています。憲法に書いてある文言だけを見れば、....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2019年2月27日

委員会名衆議院 予算委員会第一分科会


「現在、皇室についての重要な課題として、公務の御負担問題と皇位の安定継承問題、大きく分けて二つの課題がございます。公務の御負担問題とは、女性皇族が御結婚なさった場合、皇族を離脱されるため、皇族の数が少なくなった結果、皇室に残られた方々の御負担が過重になっているという問題です。また、皇位の安定継承問題とは、男性....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2018/11/22

委員会名衆議院 法務委員会


「期限を定めて帰国していただくルールがきちんとできていれば、外国人の総数というものもある程度調整がきくということで、私たちが心配する、失業した外国人がずっといてトラブルを起こす、そうした不安はないと考えられると思います。そこで、期限について二点質問します。一点目は、特定技能二号についてでございます。特定技能二....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2018/11/22

委員会名衆議院 法務委員会


「続いて、期限についてもう一点。特定技能一号について伺います。特定技能一号は、期限の上限はあるものの、かなり多くの外国人が入ってくることになると予想されております。景気の悪化などで人手が余り出したときには、日本人と職を奪い合うようになるようなことが懸念されております。そうした場合、一号の方に帰国いただくという....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2018/11/22

委員会名衆議院 法務委員会


「そこで、失踪の防止について質問いたします。技能実習制度において職場から失踪した実習生は、ことし上半期だけで四千人を超えるとも言われております。何が原因で、どう解決しようと考えるか、お答えください。」


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2018/11/22

委員会名衆議院 法務委員会


「先ほどは期限を設けることの重要性を指摘いたしましたが、もう一点は、この永住許可というものについてどう臨むのかということも重要だと考えます。特定技能で日本に在留する期間は永住許可の要件にどうかかわってくるのか、法務大臣は永住や帰化の申請に対しどのような姿勢で臨むのか、お答えください。」


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2018/11/22

委員会名衆議院 法務委員会


「そしてまた、不良な外国人については、国外に退去してもらうということがきちんと担保されていなければならないということを思います。退去強制事由というのは、入管法二十四条に定められておりますが、相手国が引取りを拒否したり、相手国のパスポートが必要になったりということで退去を拒否されるケースもあると聞いております。....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2018/11/22

委員会名衆議院 法務委員会


「外国人も日本の医療保険に加入ができます。日本人同様、保険料を納めることで、被扶養者も保険適用で医療が受けられます。扶養関係を偽り、日本の医療保険を使って高額医療を受けている者があるといった報道がありますが、厚労省はどのような対策を考えていますでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2018/11/22

委員会名衆議院 法務委員会


「次に、保険証の成り済ましについて伺います。保険証は本人の顔写真がついていないため、他人の保険証を使い回すという成り済まし行為があるとも聞きます。成り済ましを防止するために、厚労省はどのような方策を考えていますでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2018/11/22

委員会名衆議院 法務委員会


「そこで、私が提案しますのは、健康保険証とマイナンバーカードのワンカード化です。外国人にもマイナンバーは交付されていると聞いておりますが、マイナンバーはそもそも、本人確認や特定、そして社会保障の過不足ない給付と負担を目的としてつくられたものであると思います。日本人も外国人も正しく本人確認がなされ、社会保障を正....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2018/11/22

委員会名衆議院 法務委員会


「入国段階及び入国後の本人確認はどのように行われているのか、母国で例えば悪いことをした人ではないか、入国する人が本当にその人本人自身であるのか。今、技術も進んでおりますので、顔認証技術なども用いて正しく把握することが必要だと考えますが、どのように取り組まれるでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2018/5/25

委員会名衆議院 国土交通委員会


「この法案は、シップリサイクル条約への対応の必要性から生じたものでございます。船舶は、老朽化や経済的な理由から最終的には解体されていくものでありますが、その部品や材料は鉄材などとして再利用をされております。現在、大型船の解体の多くは、インド、中国、パキスタン、バングラデシュといった国々で行われておりますが、一....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2018/5/25

委員会名衆議院 国土交通委員会


「その問題に対し、国連の専門機関である国際海事機関が採択したのがシップリサイクル条約であります。労働災害、環境汚染などを防ぐべく、船舶解体に関するルールが決められました。本条約の発効が迫っている中で、日本の海運業者もこれらのルールを遵守する必要が出てきております。シップリサイクル条約が発効した場合、今審議して....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2018/5/25

委員会名衆議院 国土交通委員会


「それでは、現在、日本の海運業者は船舶の解体をどのように行っているのでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2018/5/25

委員会名衆議院 国土交通委員会


「大型船舶の解体の状況はこの法案の審議を通じてわかってまいりましたが、小型船、また、プラスチック素材のリサイクルというものがどうなっているのか。日本におけるFRP船のリサイクルについてはどういう対応が図られておりますでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2018/5/25

委員会名衆議院 国土交通委員会


「海洋環境の問題といたしまして、今挙げたマイクロプラスチックの問題がありますが、今どういうことが問題になっていて、どういう対応をなさっているのでしょうか。環境省に伺います。」


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2018/5/16

委員会名衆議院 国土交通委員会


「福岡県では平成六年から、職業に関する学科で学ぶ高校生が、専門的な知識の習得や技術に習熟し、学習意欲を高め、将来にわたって豊かな職業生活を営むための資質を育成することを目的として、全国的にも先進的な取組である、福岡県高等学校職業教育技術認定制度を実施してまいりました。このうち、建築製図技術に関する試験では、産....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2018/5/16

委員会名衆議院 国土交通委員会


「平成二十七年の中央教育審議会初等中等教育分科会の特別部会における論点整理では、社会や職業で必要となる資質、能力を育むために、一人一人の社会的、職業的自立に向けたキャリア教育の重要性が述べられております。これは、社会と学校との接続をより重視し、学校教育の改善を求めると同時に、学校教育における成果が職業選択や職....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2018/5/16

委員会名衆議院 国土交通委員会


「全国統一基準の試験であるということで、地域ごとの試験結果に基づいての一部免除は難しいということは理解できます。しかしながら、こうして一生懸命にスキルアップに励む工業高校生、また、彼らを育てようと必死に取り組む産学官皆さんの思いを受けまして、二級建築士の受験資格等に関して何かインセンティブを与えることができな....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2018/5/16

委員会名衆議院 国土交通委員会


「対馬への航空運賃が片道三万五千円かかるとして、グアム島に行くというのが、ツアーが三泊で二万円台というのが出ている。これでは、片道三万円台かかる対馬に対してグアム島に遊びに行けば二万円で三泊できるということであれば、なかなか国内の人が離島に遊びには、観光には来れないわけでございます。したがって、むしろ島民以外....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2018/5/16

委員会名衆議院 国土交通委員会


「福岡に、国連ハビタット、人間居住計画のアジア太平洋本部がございます。発展途上国に暮らす人々の居住問題、都市化に伴う諸問題の解決に当たっているのが国連ハビタットであります。世界的には今、SDGs、サステーナブル・ディベロップメント・ゴールズということで、持続可能な発展目標が推進されております。この発展目標、ゴ....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2018/5/16

委員会名衆議院 国土交通委員会


「最後に、老朽マンションの建てかえについて御質問させていただきます。高度経済成長期に建てられた団地などが、築四十年、五十年と経過いたしまして、老朽化が進んでおります。マンションの建てかえがうまく進まないと、人が減って老朽マンションがゴースト化するということが懸念されております。ただ、このマンション建てかえには....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2018/2/23

委員会名衆議院 予算委員会第三分科会


「今の日本は、直接的にはキャッシュで返済できているかもしれませんけれども、現在の財政の構造からすれば、国債を発行して、若しくは借りかえによって、新たな資金調達ができているから返せている。つまり、借金が返済原資となっているというのが実情ではないかと思います。借金によって借金を返す、これはもうまさに自転車操業でご....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2018/2/23

委員会名衆議院 予算委員会第三分科会


「今、日本の借金は一千兆円を超えております。ざっくり一千兆円と例えましょう。今は超低金利が続いておりますが、例えばこれが、国債金利が今超低金利のところが、これから一%でも金利が上昇すれば、一千兆円の一%で十兆円。十兆円の利息を、私たちといいますか、日本政府は利息を支払わなければならなくなるわけですね。財政規模....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2018/2/23

委員会名衆議院 予算委員会第三分科会


「そうした中で、今既に問題になっているのが、所有者不明の土地の問題でございます。人口減少や増加する相続によりまして、相続登記未了等を原因とする所有者不明土地の増加が社会問題となっております。増田寛也元総務大臣の研究会によりますと、所有者不明土地の面積は、二〇一六年において九州本土の面積に相当する四百十万ヘクタ....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2017/6/8

委員会名衆議院 憲法審査会


「私は、日本国憲法が、天皇の神聖性、正統性が語られない憲法となっていることに歴史の断絶を感じております。これは、戦争と結びついてしまった明治憲法への深い反省からきているものだとは存じておりますが、日本の歴史において天皇とはどういう存在だったのか、私たち日本人が改めて学ぶべきときが来ていると感じております。天皇....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2017/6/8

委員会名衆議院 憲法審査会


「したがって、天皇の定義さえも変わってしまいかねない女性宮家という議論に私は危惧を覚えております。日本の天皇は例外なく男系で継承されてきました。王朝は男系で継承するというのは世界でも普遍であります。女系で継承すれば、そこから先は違う王朝になるということであります。イギリスにおいても、ヨーク朝からチューダー朝、....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2017/5/25

委員会名衆議院 憲法審査会


「誤解を恐れずに申し上げますと、私は、憲法に権利の条項をふやすことには慎重であるべきだと考えております。私は福岡で地方議員をさせていただいておりましたが、その当時から、権利の濫用や訴訟の乱発で行政が停滞してきたという場面を多く見てまいりました。行政が停滞するということは、一方で誰かの権利をストップさせていると....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2017/5/25

委員会名衆議院 憲法審査会


「また、私は、個別の政策のようなものを憲法に盛り込むこと、これにも慎重であるべきだと考えております。政策には、内容また細部についてさまざまな議論、そして賛否がありますし、また、何より財源が必要となります。それらを飛ばして結論だけを義務づけるようなことは避け、個別に法律で実現すべきだと考えております。以上です。....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2017/5/11

委員会名衆議院 総務委員会


「今のが国交省の耐火の壁の基準でございますが、一方、総務省では、消防法で用途ごとにスプリンクラーの設置を義務づけております。木造建築物においてスプリンクラーの設置基準はどのようになっているのか、また、地震などの電源喪失時においてもスプリンクラーが作動することは求められているのかということを総務省にお伺いいたし....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2017/5/11

委員会名衆議院 総務委員会


「火が起こったときに、スプリンクラーが作動して水をまくわけですね。そのスプリンクラーは地震等があったときにも稼働しなきゃいけない。そのときに、これらの機能を積極的に評価して防火の壁の基準を緩和することというのはできないか、国交省の見解をいただきたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2017/5/11

委員会名衆議院 総務委員会


「また糸魚川の話にも戻りますが、本当に密集市街地、国土が狭いので住宅が密集している、また、道路が狭くなっていて消防車が入れないところだってある、そういうときのために建物が十分な耐火を満たしているかというこの基準があるわけでございますが、この基準は密集しているところもそうでないところも一律に厳しく縛ってはいない....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2017/5/11

委員会名衆議院 総務委員会


「その切り口の一つが規制緩和であったわけでございますが、一方で、森林再生の財源として私が期待をしておりますのが森林環境税でございます。まだ国の方では森林環境税というのはできていないわけですが、私が県議会にいた福岡県では、一人五百円の財源をいただいて、都会に住む人も森林の受益者として環境税を支払って、森を守って....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2017/3/16

委員会名衆議院 憲法審査会


「まず、緊急事態とは何かということで、本日、芦部先生の定義も発表されました。平時の統治機構をもってしては対処できない非常事態ということで、それは、自然災害、またテロに限らないと思います。非常事態という、その権限が最も要請される場面というのは、外国から武力攻撃を受けたときではないでしょうか。そうした究極的な非常....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2017/3/16

委員会名衆議院 憲法審査会


「御懸念の政権独裁や人権抑制といった点もございまして、それに対して、国民主権、立憲主義に反しないかという問いがございます。そうした問いに対しまして、私は、緊急事態で権力の濫用が起きないように、権力統制の仕組みを事前に設計するのが現代の緊急事態条項だと考えます。国民主権、また立憲主義上、それをやっておかなくては....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2017/3/16

委員会名衆議院 憲法審査会


「したがって、本質的には、こうした究極の事態に備えまして、任期延長だけではなく、緊急事態において国会にどのような役割を与えるのかということを定めておく必要がございます。本日は、細野委員からも定足数についての御提案がありました。本当にそのとおりだと思います。何が起こるかわからないときに最高法規である憲法に備えが....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2016/11/2

委員会名衆議院 財務金融委員会


「日銀は二%の物価上昇を目指すと言って久しいのですが、しかし、三年半が経過してもまだ実現ができておりません。そもそも、物価上昇に対して幅広い国民から十分な理解が得られていないという印象もございます。すなわち、一般国民の中には、物価が上がると聞くと、みずからの生活が苦しくなるのではないかと不安を感じる人も多いの....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2016/11/2

委員会名衆議院 財務金融委員会


「総裁は、大胆な金融緩和と機動的な財政運営とのポリシーミックスの重要性を指摘しておられますが、先般の政府の経済対策、第二次補正予算はどのような効果を発揮されることが期待されますでしょうか。」 「では政府に聞きます。木原副大臣にお越しいただいておりますので、政府サイドとしての認識、企業投資や家計の給与、支出がふ....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2015/3/24

委員会名衆議院 総務委員会


「平成二十七年度のNHK収支予算に付する高市大臣の意見、この中にこうした一節があります。「国際問題に対する公的見解並びに我が国の経済・社会・地域及び文化の動向や実情を正しく伝えることがこれまで以上に重要になっていることを踏まえ、我が国に対する正しい認識・理解・関心を培い、普及させる」。こうした意見を受けまして....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「まず、このライドシェアは、法律上、営業許可を受けずに自家用車で営業する白タク行為ではないかということでございます。タクシーというのは、許可をとりまして緑のナンバーで営業しているわけでございます。緑のナンバーを持っていない車でタクシーの行為をすれば、それは白タク行為だということで道路運送法に抵触するというのが....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「先ほどのライドシェアと同じく、この民泊においても、やはり世界的にシェアリングビジネスというものが存在しております。さっきの農家の話もそうなんですけれども、もうちょっと違うイメージのものでいいますと、投資物件として一棟買いしたマンションの空室を稼働させるということで、インターネットを使って世界じゅうからいろい....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「おかげさまで、改正タクシー特措法を成立させていただきました。そこで、特定地域、準特定地域というものもつくって、需給をきちんとやりましょうということをやっていただいております。しかし、この期間が定められておりまして、三年ということ、そしてまた、法律にも、指定事由がなくなったと認めるときは指定期間にかかわらず解....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2014/11/12

委員会名衆議院 財務金融委員会


「まず、公共事業予算の平準化について質問をしたいと思います。さきの臨時国会で質問させていただいたんですが、やはり年度間の公共事業予算を平準化してもらいたいという声が地方の現場にはあります。公共事業の予算が年ごとに大きく落ち込んだり、そしてまた大きくふえたりしては困るという声があります。コンクリートから人へとい....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2014/11/12

委員会名衆議院 財務金融委員会


「続きまして、社会資本の整備の部分で、今後、高度成長期にたくさんつくられていった道路や橋梁やトンネルなどの維持補修が大量に必要になる、そんな時代がやってきます。高度成長期に、日本が成長の中で道路をつくった、トンネルを掘った、橋をかけたというものが、老朽化で、ちょうど補修や修繕していかないといけない時期に来てい....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2014/11/6

委員会名衆議院 消費者問題に関する特別委員会


「それではまず、景表法の一部改正について、被害回復について伺います。さきの景表法の一部改正におきまして、本特別委員会でも附帯決議がついております。その附帯決議の中に「消費者の被害回復という観点も含め検討し、」という文言がありますが、今回の法案では、消費者の被害回復についてはどういう検討がなされていますでしょう....


→発言の続きを見る


議員名鬼木誠(自由民主党)

2014/11/6

委員会名衆議院 消費者問題に関する特別委員会


「続いて、執行体制について質問いたします。午前中には生方議員も執行体制について質問をされていましたが、私はまた違う側面から執行体制について伺いたいと思います。これまで措置命令だけだった景表法が、これから課徴金まで導入されるということになれば、事業者側も、今までの態度として謝っておけばいいやという態度だった事業....


→発言の続きを見る

47件見つかりました。