希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

下村博文さんの発言を表示します。


議員名下村博文(自民党)

2019年3月13日

委員会名衆議院 文部科学委員会


「そして、民主党政権から自民党政権、安倍政権も力を入れているとはいっても、本当に漸進的な無償化に向かって進んでいるのかということを考えたとき、実はそうでない部分もあるんですね。これは自民党政権の反省でもあると思います。どこの政権というよりは、ずっと最近の日本における経済状況の中で、ちょっと確認したいんですが、....


→発言の続きを見る


議員名下村博文(自民党)

2019年3月13日

委員会名衆議院 文部科学委員会


「それからもう一つは、国立大学の法人化の問題で、運営費交付金、これは文部科学委員会、与野党問わず、これについてはしっかりと予算を確保しろという立場ではあるけれども、しかし、実際に法人化になった後、運営費交付金がどのような推移になっているか、確認をしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名下村博文(自民党)

2019年3月13日

委員会名衆議院 文部科学委員会


「それからもう一つ、私立大学等の経常費補助金、これはどのような推移なのか、お聞きしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名下村博文(自民党)

2019年3月13日

委員会名衆議院 文部科学委員会


「お手元の配付資料の最初の憲法のところをごらんになっていただきたいと思いますが、八十九条に、「公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。」、これが私学に対して、公の支配....


→発言の続きを見る


議員名下村博文(自民党)

2019年3月13日

委員会名衆議院 文部科学委員会


「次に、先ほどもちょっと触れていただきましたが、高大接続ですね。これは、今までの入学試験、暗記、記憶を中心としたマークシート方式的なものでは今後もう通用しない。それは、まさにAI、人工知能によってかえられる時代の中、真に必要な能力とは、そういう、ある意味では知識とか技能が必要な部分はあるけれども、それ以上に思....


→発言の続きを見る


議員名下村博文(自民党)

2019年3月13日

委員会名衆議院 文部科学委員会


「そのために、今のセンター試験を廃止して、これから大学入学共通テストを導入するということの中で、幾つか変更点がありますが、その中の大きなものとして、記述式を問題として導入するということにしたわけでございます。マークシートで四択や五択から一つ答えを選ぶというところから、記述式を導入することによって、まさに一人一....


→発言の続きを見る


議員名下村博文(自民党)

2019年3月13日

委員会名衆議院 文部科学委員会


「アクティブラーニングを進めています。高校だけでなく、小学校、中学校でもアクティブラーニングを進め、このことによって、子供たちが、教師が板書したものをそのまま書き写して、そして暗記して、それが試験に出るというふうな旧来の形ではなくて、みずから考える、みずから判断する、また表現するということでの教科対応が大きく....


→発言の続きを見る


議員名下村博文(自民党)

2019年3月13日

委員会名衆議院 文部科学委員会


「この民間の英語試験それから検定試験の活用を通じて英語四技能を評価するということは、そういう意味では時代の要請でありますし、また、国際社会の中で、ある意味では英語教育としては当然のことだというふうに思いますが、一方で、国立大学にちょっと限定しますけれども、実際に活用をどの程度しようとしているのか。活用しない大....


→発言の続きを見る


議員名下村博文(自民党)

2019年3月13日

委員会名衆議院 文部科学委員会


「そもそも、国立大学においては、四技能をマスターするということについて、これは時代の要請としても当然のことだと思うんですね。これは文科省が決めるとかいう話じゃなくて、本来だったら、英語教育の中で四技能のうち二技能だけでいい、つまり、受験勉強だけのテクニック的な英語だけでいいということはあり得ない話であって、四....


→発言の続きを見る


議員名下村博文(自民党)

2019年3月13日

委員会名衆議院 文部科学委員会


「受験生といいますか、子供の視点から見たら、本来の語学としての四技能をきちっとマスターさせることによって、より成果、効果の上がる学習をさせるということは当然のことであって、今までの経緯から、それぞれの大学の判断というのは、国立大学においては、その時代の変化に合わせて、そして、いろいろなクリアすべき条件があるの....


→発言の続きを見る


議員名下村博文(自民党)

2019年3月13日

委員会名衆議院 文部科学委員会


「そして、二〇二〇年度から導入されるこの大学入学共通テストですけれども、先ほど申し上げた、記述式の問題の導入とかそれから民間の英語資格検定試験の成績提供業務等によって、新たに多額の経費が発生するのではないかと思います。その財源のあり方について、今、文部科学省はどのように考えているか。それがそのまま受験生に上乗....


→発言の続きを見る


議員名下村博文(自民党)

2019年3月13日

委員会名衆議院 文部科学委員会


「この高大接続改革というのは、今の大学入学試験を、暗記、記憶のマークシート方式から大きく変換をさせるということの中の一つとしてこの共通テストがあるわけですが、それ以外に、大学は、二次試験等では各大学のそれぞれの方針のもとで独自の入学試験を考えて、これからの時代に通用する、そういう学生をぜひ育んでもらいたいとい....


→発言の続きを見る


議員名下村博文(自民党)

2019年3月13日

委員会名衆議院 文部科学委員会


「先ほど、十年後に今の職業の半分がAI、人工知能によって代替されるというのが大方の世の中の流れだということについての共通認識についてお話し申し上げましたが、さらに、二〇四五年、レイ・カーツワイルは、シンギュラリティーの時代が来ると。これは、一つのコンピューターが人類のトータル的な能力を超える時代である、そのと....


→発言の続きを見る

13件見つかりました。