希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

高野光二郎さんの発言を表示します。


議員名高野光二郎(自由民主党)

2016/5/17

委員会名参議院 環境委員会


「まず、その中で、このエネルギー基本計画、エネルギーミックス、これについての評価、お伺いしたいと思います。十年から二十年の先の計画でございますので、PDCAサイクルで回していくわけでございますが、その中でも三年に一回改定をするようになっておりますので、その辺も含めて御意見をいただきたいと思います。」 「上園参....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2016/4/5

委員会名参議院 環境委員会


「この度の法改正の施行に伴い、必要となる経費、業務移管に係る運営交付金は、ランニングコストもありますが、一億七千七百万と試算をされております。改正法の趣旨は、環境省の業務範囲を環境再生保全機構の業務範囲に追加し、環境省の業務は縮小して事務作業が軽減されましたというものではなく、業務移管に係るコストを投じても環....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2016/4/5

委員会名参議院 環境委員会


「それでは、ちょっとそもそもをお伺いしたいんですが、この事業に参画する産学官民の研究機関の研究者は何人いるのか。また、採択をされていない研究者も含めて、我が国の環境問題や政策に携わることのできるいわゆる研究者は、海外や諸外国の研究者と比べた際、人材の質、量共にいかなるものなのか、お伺いをさせてください。」 「....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2016/4/5

委員会名参議院 環境委員会


「また、改正法施行の後には、政策に反映される、政策に反映見込みとなる研究成果の比率自体を一つの定量的な目標として掲げて、その比率を目指すこと、達成することが研究成果の最大化につながると思いますが、いかがでしょうか。」 「実証された研究や環境政策に反映された研究、どのように生かされているのか。国の行政ニーズや政....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2016/3/30

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「ここで、財務省岡田直樹副大臣にお伺いをいたします。損害区分は、現在、被害の大きさに応じて、契約金額の一〇〇%の保険金を支払う全損と、五〇%を支払う半損、五%の一部損の三区分だけです。しかし、来年一月から四区分に増えます。現在の建物の査定基準では、建物の柱や壁など損害額が時価の二〇%以上五〇%未満になると半損....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2016/3/30

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「これまで日本は多くの災害に見舞われました。しかも、南北に長い国土を有し、災害も台風から地震、津波、集中豪雨、火災など多岐にわたっており、そういった被災の中から多くの知恵と製品が生まれています。資金力はないですがアイデアがある、製品がある民間と、ノウハウを持つ行政や有識者、そして被災若しくは被災が予想され様々....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2016/3/30

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「平成二十六年無償資金協力の中で、製品の供与、製品を渡すものが、千八百九十三億円のうち三十三億円が中小企業です。そして、技術の支援については、千五百九十三億円のうち六十七億円が中小企業でございます。相手国に製品供与や技術支援について、防災技術、商品を防災産業としてしっかりと位置付け、プレゼンしていただきたいと....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2016/2/17

委員会名参議院 憲法審査会


「そこで、浅野先生のちょっとお話を聞いておりましたら、どうも、先ほどお話がありましたが、大選挙区制が参議院でも思わしいということでございますが、これはまず一つ、ブロック制なのか、全国比例が思わしいと思われているのか、これについてお伺いをしたいと思います。」 「若しくは、私、高知県でございますが、高知県は三十四....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2016/3/15

委員会名参議院 予算委員会


「国全体の高規格道路一万四千キロメートルのうち高規格幹線道路の供用延長が既に一万一千二百六十六キロメートル、八〇%完成しております。これまでに、今まで総事業費、予算はどれぐらい投じて、残りの一万四千キロメートルプラス地域高規格道路が完成するぐらいまでどれぐらい総事業費、予算が掛かるのか、政府参考人にお伺いしま....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2016/3/15

委員会名参議院 予算委員会


「ここで、馳文科大臣に質問をさせていただきます。新国立競技場への木製の椅子の導入に関しまして、スポーツ振興センターを指導監督する立場の馳浩文科大臣の御見解をお伺いします。」 「二〇二〇年オリパラ東京大会の仮設施設にCLT普及促進政策の一環としてCLTを利用することに関して、遠藤利明五輪担当大臣の考えをお伺いし....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2016/3/15

委員会名参議院 予算委員会


「今日、多くの県で人口減少対策、過疎地域対策、少子化対策など、県の重要施策として待ったなしの取組を始めています。そして、国の力を借りたい、あるいは国に県の事情を伝えたいと思っても、人口の少ない県はその県の代表として一人の国会議員も出せなくなるといったような状況がございます。高知県は県民の六九%が世論調査でも反....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2015/7/9

委員会名参議院 経済産業委員会


「初めに、今申し上げました日本のインフラ輸出の現状に関して宮沢洋一経済産業大臣にお尋ねをいたしますが、国策としてのエネルギー分野のインフラシステムの輸出において、二〇一〇年に三・八兆円が二〇一三年には四・五兆円と最も受注が大きく、三年間で約二〇%増となっております。順調である要因分析と大臣の評価、今後の課題に....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2015/7/9

委員会名参議院 経済産業委員会


「現状、日本の天然ガスのほとんど、九七%は輸入に頼っており、その価格の高止まりがエネルギー分野の課題となっています。これに対して政府は、仕向地条項の緩和、これ結構、意味が分からないんですけど、仕向地条項とは、LNGの売買契約時において事前に取決めをした港でしか荷揚げができないというもので、例えば横浜港でしか荷....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2015/7/9

委員会名参議院 経済産業委員会


「政府は、この貿易保険を活用した融資制度の実績に対する要因分析をされているのでしょうか。また、中小企業に対する輸出振興策としてどのように評価していますか。もっと多くのユーザーに使ってもらうために、この制度を中小企業の方々に周知させる方法はいかなる手段を取っているのでしょうか、お伺いします。」


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2015/6/17

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「計画によれば、発生後、広域応援部隊が順次到着を始め、人員の三割が四国へ派遣される計画になっていますので、単純計算すれば七十二時間後には三万人超の自衛官が四国に応援に駆け付けてくれる計画です。派遣規模は被災状況によるので一概には言えませんが、仮に高知県には一万人の応援が来るとしても、我が県は、南海トラフ地震が....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2015/4/23

委員会名参議院 経済産業委員会


「地域の中小企業・小規模事業者の受注機会の増大を図るものですが、この場合の地域というのはどのような範囲を想定をされるのか、お伺いをしたいと思います。例えば、経産省でも四国経済産業局、国交省でも四国地方整備局、これ高松市にありますが、地域というのは四国全体を見ていただけるのか、こういったことをお伺いをさせていた....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2015/4/23

委員会名参議院 経済産業委員会


「そこで、政府参考人にお伺いをいたします。経済産業省だけでも関連予算を平成二十六年度補正で四十億円、平成二十七年度当初で十六億円、計五十六億円見ているわけで、全国的にふるさと名物の地域資源活用事業が軌道に乗った、成功したというためには、市町村が地域の活性化や雇用増加に向けて積極的にふるさと名物の販路開拓に取り....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2015/4/21

委員会名参議院 経済産業委員会


「そこでちょっとお伺いしたいんですが、先ほど、JAPANブランド育成支援事業、これを活用して様々な事業を行ったということでございましたが、安倍政権では昨年六月に小規模企業振興基本法を成立をいたしました。今まさに、現在今審議中の官公需法改正とか、今回のふるさと名物もそうなんですが、中小企業の需要をもっと創生をし....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2015/3/24

委員会名参議院 予算委員会


「その中で、我が党の同僚の二之湯武史議員も大変詳しいところでございますが、日本食レストランは全世界で五万五千店を超えています。さらには、好きな料理かつ外食で食べる外国料理は、中国、香港、台湾、韓国、フランス、イタリアが日本料理がもう圧倒的に一位なんです。この人たちは日本食を食べたいんですね。さらには、観光客が....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2015/3/24

委員会名参議院 予算委員会


「続きまして、自伐林業とCLTについてお伺いをさせていただきたいと思います。昨年の十一月の十四日、地方創生特別委員会において、私は石破大臣に自伐林業に関して質問をさせていただきました。石破大臣は、自伐林業での雇用創出の可能性、森林組合との共存を含め、自伐林業の位置付けを研究して地方創生の鍵としたいと言っていた....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2015/3/24

委員会名参議院 予算委員会


「平成二十年九月二十四日、麻生太郎内閣が発足をいたしました。今から約七年前でございます。そして、平成二十一年の九月十六日まで。その後、政権交代がありました。しかし、そのときは、平成二十年九月十五日、日経の平均の株価は一時六千円台。今は一万九千三百四十円。つまり、リーマン・ショックであります。もう最大の危機を迎....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2014/11/14

委員会名参議院 地方創生に関する特別委員会


「この自伐林業、もう様々に成果が出ていまして、高知県の佐川町では、町長の強いリーダーシップの下、本格的に自伐林業を町内の各集落に展開し、林業による地域就業拡大を目指して、町有林を生かしたモデル山林の設置や、地域おこし協力隊、これも三十名をもう既に超えております。この中で、十九歳の引きこもりの少年が三年林業に従....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2014/11/14

委員会名参議院 地方創生に関する特別委員会


「この一つのCLTパネル工場を核とした林業・木材産業ユニットを中山間地域につくるとします。そうすれば、資料三の左上のポンチ絵にあるように、一つの林業・木材産業ユニットに対して、原木の伐採や搬送等で経済波及効果は一ユニットで五十億円、雇用は六百三十人、製材工場など一次加工や木質バイオマス発電などで経済波及効果は....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2014/11/12

委員会名参議院 憲法審査会


「まず、参議院の意義を私なりにお訴えをさせていただきたいと思います。まず、参議院でございますが、基本的には個の代表が衆議院であって、参議院は、全国的な職域代表、都道府県を単位とする地域代表など、広域的、多角的な見地から専門的な審議を行い、多数派の意思を体現する第一院に再考を促す立法府の重層的な機能を持つ、この....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2014/10/16

委員会名参議院 経済産業委員会


「安倍政権の発足以来、経済最優先でデフレ脱却に我が党は取り組んできました。企業の収益は大幅に拡大をし、賃金の引上げ額は過去十五年間で最高水準になっているといったことを小渕大臣も所信表明で述べられました。平成二十四年十二月、もう今から二年前でございますが、第二次安倍内閣の発足後、三本の矢の効果により、企業や家計....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2014/10/16

委員会名参議院 経済産業委員会


「先ほど来お話がありましたが、そもそもやっぱり経産省の見通しとかそういうのが甘かったというふうに私も思っております。土地の問題もありますね、赤線、青線、本当にその土地が使えるのかというようなこともありますし、権利金のこともあります。まあそこはちょっと置いておきます。一キロワット四十二円時に、一番最初ですね、一....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2014/10/16

委員会名参議院 経済産業委員会


「中小・小規模事業者が外形標準課税の対象になることは、やっと動き始めた経済の好循環の障害となります。また、今の最大の課題であるローカルアベノミクスの担い手になる地域の中堅・中小・小規模事業者にとって大きな負担になります。このような状況を踏まえると、外形標準課税を拡充することはあってはならないと考えますが、岩井....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2014/8/28

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「実は、私、昨日、今の国の災害復旧事業、どういったものがあるのかというのを調べさせていただきました。主に農林水産であったり国土交通であったり、そういったインフラ面でございます。私が調べた範囲でいうと、二十四事業ほどございます。その二十四事業、中身を見ておりますと、大半が、ああ、全部ですね、国の補助が二分の一以....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2014/8/28

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「長峯誠先生が昨年の臨時国会で、元々都城市長をやられていたということもあって、避難勧告、避難指示、防災体制も踏まえて、やはり首長の研修をやっていくべきだということを御提言をされました。国の方で今年の六月に首長の研修制度をやられたということでございますが、今回の件を見ましても、例えば私たちの高知県に関しても、就....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2014/8/28

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「続きまして、質問をさせていただきたいと思います。国道の事前通行規制です。これは何を言いたいかといいますと、国道です、落石や陥没等、そういった影響が全くない状況で、雨量によって通行止めをしなければいけないというルールがあります。例えば、我が高知県では国道三十三号、国道五十五号が通行止めになりました。これは解除....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2014/8/28

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「そこで、僕は、是非とも国の方から主導権を取って、お願いをさせていただきたいのは、やはり各全国の市町村であったり、県庁の職員であったりとか、そういった方々のやっぱり事務能力、経験、ノウハウ、これから復旧事業になったらますます現地の把握とか、それに対する、国の支援に対する申請だとかいろんな事業が膨大に出てきます....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2014/4/15

委員会名参議院 経済産業委員会


「そこで、本法案改正では、市街地を活性化させるという指標の一環で、現行の基本方針の基本計画に定量的な数値目標の設定を各自治体に義務付けております。例でいうと、通行人数、事業所数、年間小売販売額などの定量的な数値も確かに大切です。しかし、一方で、定量的な数値目標に成果が上がっていったとしても、それらによって大切....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2014/4/15

委員会名参議院 経済産業委員会


「まず、これまでは町の活性化に関しては、平成十年にまちづくり三法が制定され、平成十八年に大幅な改正をしました。言うなれば、大店立地法で事業者の社会的責任を強化、都市計画法で郊外への都市機能拡散を抑制するなどのブレーキを掛け、中心市街地活性化法の戦略補助金でアクセルを踏み込んだわけであります。しかし、民主党政権....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2014/4/15

委員会名参議院 経済産業委員会


「今回の法改正の裾野拡大の目玉として、中活法四十一条一項で、道路占用許可の特例措置というものがあります。道路法の規定にかかわらず、例えば中心市街地の伝統文化を紹介する案内板を立てたり、道路を占用してオープンカフェを開いたり、道路でファッションショーを開催したり、あるいはお祭りを道路で催したりすることなんだと思....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2014/3/17

委員会名参議院 経済産業委員会


「私は、この国と地方の経済政策の協働に波及効果は必須だと考えます。地方の産業振興とどのように連携をしていくのか。経済は、国政が担うマクロ経済が地方の担うミクロ経済に大きな影響を与えると存じます。地方は国の支援がなければ経済政策はできませんし、国の交付金がなければ予算を県議会で議決もできず、執行もできませんから....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2014/3/17

委員会名参議院 経済産業委員会


「実際に平成二十四年の補正では、応募した企業が全国で二万七千九百七十一社、そのうち一万五百十六社が採択を受けました。しかし、これは中小企業・小規模事業者のたったの〇・三%でございます。大変厳しい競争率でございます。今回は更に予算、分野、対象を拡大し、引き続いての事業となります。応募が多いといっても、全体の先ほ....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2014/3/17

委員会名参議院 経済産業委員会


「さて、このものづくり補助金事業の募集期間は、先ほど申しました一次公募があって二次公募まであります。既に第一次公募はもう始まって、終わりました。昨年に引き続いての事業であり、ニーズが非常に高い中、現段階での応募状況はどうなっているのか。そして、昨年よりも補助額も上がっておりますし、分野も拡大をいたしました。こ....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2014/3/17

委員会名参議院 経済産業委員会


「日本にいる通訳案内士は一万七千三百八人ということでございます。しかし、実際に活動しているのは四千人程度とお伺いをいたしております。しかも、皆さんのお手元に資料を置かせていただいておりますが、都市圏に集中をしております。それとはまた別に、外国人客向けの都道府県が試験を行う地域限定通訳案内士もいらっしゃいます。....


→発言の続きを見る


議員名高野光二郎(自由民主党)

2014/2/26

委員会名参議院 国民生活のためのデフレ脱却及び財政再建に関する調査会


「そういった面でいうと、例えば非正規雇用であるとか、そもそも給料が少ない世代がちょっと上がっただけなのかなということを想定をしますが、こういった本当は一番お金を使わなければいけない例えば四十五歳から四十九歳、マイナスで二・五%も減っているんですね。こういった、消費を本当はすごいこれからせないかぬ人が非常に給料....


→発言の続きを見る

39件見つかりました。