希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

星野剛士さんの発言を表示します。


議員名星野剛士(自由民主党)

2016/11/24

委員会名衆議院 憲法審査会


「現行憲法に国家主権の記述はございません。国家主権の三要素とは、領土、国民、統治機構の三つであります。国家の独立を守ることは、この三要素を守るということであります。国家主権、他国からの侵略から自衛権を行使して国の独立を守るのが、一般に言われている軍隊でございます。警察権を行使して国民の生命と財産、公の秩序を守....


→発言の続きを見る


議員名星野剛士(自由民主党)

2016/11/24

委員会名衆議院 憲法審査会


「同時に、第九条第二項には、「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」という条項はしっかりと盛り込まれております。当時の連合国の意思が色濃く反映されていると感じざるを得ません。日本が独立したのは、一九五二年四月二十八日のサンフランシスコ講和条約が発効したときでございます。本来....


→発言の続きを見る


議員名星野剛士(自由民主党)

2015/3/9

委員会名衆議院 予算委員会公聴会


「法人税の実効税率は、世界を見渡しますと、OECD諸国平均で二五%、英国はキャメロン首相が二〇%への引き下げを明言しておりますし、現在最も税率の高い米国も連邦法人税を三五%から二八%に引き下げ、特に製造業については二五%にする予定であります。日本では、今、東京都で三五・六四%、来年度には二・五一%を引き下げ三....


→発言の続きを見る


議員名星野剛士(自由民主党)

2015/3/9

委員会名衆議院 予算委員会公聴会


「それでは、時間も限られておりますので、水野公述人にお話を聞きたいと思います。公述人は、御著書、これは私の愛読書でもありますが、「資本主義の終焉と歴史の危機」の中で、グローバル資本主義について、「グローバル資本主義の暴走にブレーキをかけるとしたら、それは世界国家のようなものを想定せざるをえません。」「世界国家....


→発言の続きを見る


議員名星野剛士(自由民主党)

2014/11/12

委員会名衆議院 外務委員会


「今、最初の質問者である武藤委員からお話がありましたので、まず冒頭、我が国としてCSCを締結する意義についてお伺いをさせていただきたいというふうに思っております。もちろん、国際的な原賠制度としては三系統あります。CSC、パリ条約、ウィーン条約というものがありますけれども、本日は、時間も極めて限られておりますの....


→発言の続きを見る


議員名星野剛士(自由民主党)

2014/11/12

委員会名衆議院 外務委員会


「今回のAPECの際に、日中首脳会談、また日中外相会談が実現をいたしました。私は、今回の日中首脳会談の実現は、世界を俯瞰する日本外交をしっかりと進めてきた、そして、中国との間では粘り強く交渉をしてきた日本外交の大いなる成果だというふうに考えております。外交当局に確認いたしましたが、総理におかれては、二年間で五....


→発言の続きを見る


議員名星野剛士(自由民主党)

2014/11/12

委員会名衆議院 外務委員会


「今、一生懸命海上保安庁もやってくれているけれども、突き詰めて言うと、イタチごっこだ。海保の船が寄ってきて、領海に入らないように幅寄せをして、追い出すわけですね。そうすると、クモの子を散らすようにどこかへ離れていくんですが、その船が見えなくなるとまた戻ってくる。それが百九十一隻だというようなレベルが続いている....


→発言の続きを見る

7件見つかりました。