希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

小野田紀美さんの発言を表示します。


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/4/5

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「美容医療に関して消費生活センターに寄せられている相談は、年度にもよるんですけど、大体二千件前後にも上っていて、その中には、例えばウエブサイトで見た金額と実際に施術をしたときの金額が異なる等の相談があることを踏まえると、虚偽又は誇大広告の不適切な内容を禁止するという今回の医療法改正で現在起きている消費者トラブ....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/4/5

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「先ほどおっしゃった厚生労働省と一緒に作ったチラシというのは、先日の質問で秋野議員が資料として添付されていらっしゃったものだと思うんですけれども、これ、すごく本当に、そのときもお話にあったと思いますけど、いいチラシになっていまして、どんな手術、施術を行うのかきちんと説明を受けましたか、こういうことを十分に理解....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/4/5

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「そして、今、美容医療に関してずっとお話をさせていただいていたんですが、美容のエステ、ここの線引きが非常に難しいと思っていまして、例えば脱毛だと医療脱毛とエステ脱毛というのがいろいろあるんですけれども、多分脱毛を考えている若い子というのは意識していないと思うんですよ、これは医療脱毛なのか、レーザー脱毛なのか、....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/4/5

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「先ほども、美容医療はもう、一度やると取り返しが付かないというのがありましたけど、エステに関してもそういった取り返しが付かないような身体への影響が出る中で、これやっぱり相談内容よりも更に三倍以上にも上っているというところで、ここも力を入れていかなくてはいけないと思うんですが、例えば電車や雑誌などの広告で、脱毛....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/4/5

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「大臣所信の中で、特定保健用食品について、制度の信頼回復に向け必要な対応を取っていくということだったんですけれども、信用、信頼回復ということは傷が付いてしまった事例があるということで、また、最近もこの特保に関して新たに疑念を持たれるような報道もありました。その事例は後ほどお尋ねしますけれども、そもそも、この特....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/4/5

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「済みません、確認なんですけど、申請後に許可試験を受ける機関、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所又は登録試験機関とされていると思うんですが、第三者機関が調査したデータを添えてということは、会社や団体が持ってきた自社データやその論文を見て、そのままうのみにして許可を出しているというわけではなくて、それを....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/4/5

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「今お伺いした限り、しっかりしているなという印象を受けたんですが、最近、週刊誌で特保というのは国とメーカーによる消費詐欺だというような断言をされている記事がありまして、特保の意義や今の許可プロセスをお答えいただいた中で、やっぱりしっかりしたプロセスを経ての許可で、国による詐欺なんというレッテルは当たらないと思....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/4/5

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「許可までのプロセスは明確ですし、特保の信頼を揺るがすものではないと思うんですけれども、冒頭述べた特保への信頼を欠くことになりかねない事例、特保表示許可をされた商品が、その後、許可時の基準に満たないような商品となった状態で売られていたということがありました。この事態はどうして起こってしまったのか、どのような経....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/4/5

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「特保の許可を受けている品目が今千百二十七というふうにおっしゃっておりましたけれども、多い中で管理をしていくのは大変だと思いますが、消費者庁としてどのような対策を今後検討、実行されていこうとされているのかをお答えください。」


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/4/5

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「ちょっと質問通告をしていないんですけれども、新たな知見を発見したときには報告するようにというのは、例えば、今までは効果があると言われていたけれども、どうも最新の研究だと、ごめんなさい、やっぱり効果がなかったかもしれないですというようなのも報告をしていく義務があるんですかね。」


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/4/5

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「本日質問させていただいた美容医療ですとかエステに関してもそうですけれども、若い世代が社会に出たときに知識がない状態だと消費者トラブルの被害に遭ってしまうことも多くなると思います。この被害に遭わないためというだけではなくて、若いうちから消費者教育に力を入れることによって、生涯を通じてしっかりとした消費者観を持....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/4/5

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「これまた、済みません、質問通告をしていないんですけれども、その教材というのはもう私たち見られるんでしょうか。全高校に配る徳島でのモデル事業の教材というのは、いつ頃目にすることができますでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/3/30

委員会名参議院 文教科学委員会


「この事故につきまして、事故から数日がたち、様々な現場の状況ですとか被害が出てしまった原因なども少しずつ明らかになってきていると思うんですけれども、大臣、記者会見でもおっしゃられていたように、以前から高校生等以下については原則として冬山の登山というのを行わないように通知等指導をされていた中で、例外的に行う場合....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/3/30

委員会名参議院 文教科学委員会


「給付型の奨学金を受けられる対象者のことであるとか基準や選び方というのは、ガイドラインのことも含め、午前中、大分いろいろな先生方からも御意見があったところでございますけれども、選ばれた対象者の後を追っていくというんですか、調査というか、その後のこともやっぱり見ていただかなくてはいけないなと思っておりまして、選....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/3/30

委員会名参議院 文教科学委員会


「この給付型奨学金について、今後専門職大学も新たに高等教育に加わるんですけれども、支給対象となる学校の種類に専門職大学も含まれるんでしょうか。大学以外に支給対象となるほかの教育機関とともにちょっとお答えいただけますでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/3/30

委員会名参議院 文教科学委員会


「子供、小学校とか中学校の子にお金のリアルな話をするというのは抵抗があるかもしれないんですけれども、その親御さんにこういうのがありますよと言っても、うち関係ないですと言われちゃったら終わりなんですよね。そうじゃなくて、子供に自分自身の将来勉強したいことや人生のプランを考えてもらえるような、何かそういう提案であ....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/3/30

委員会名参議院 文教科学委員会


「最後に、今回の給付型奨学金の支払の方法というのはどのようになっているんでしょうか。現金を生徒に振り込むんでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/3/30

委員会名参議院 文教科学委員会


「きれいな思いだけで制度が運用できればいいんですけれども、貧困というのは本当に深刻で、なかなか教育、衣食足りて教育というようなところで、子供に本来使われるべき奨学金がそうでないという例も出てきているのを踏まえて、私はかねてから、教材費として使いたいというのも分かるけれども、お金を渡すんじゃなくてその分を大学に....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/4/5

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「美容医療に関して消費生活センターに寄せられている相談は、年度にもよるんですけど、大体二千件前後にも上っていて、その中には、例えばウエブサイトで見た金額と実際に施術をしたときの金額が異なる等の相談があることを踏まえると、虚偽又は誇大広告の不適切な内容を禁止するという今回の医療法改正で現在起きている消費者トラブ....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/4/5

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「先ほどおっしゃった厚生労働省と一緒に作ったチラシというのは、先日の質問で秋野議員が資料として添付されていらっしゃったものだと思うんですけれども、これ、すごく本当に、そのときもお話にあったと思いますけど、いいチラシになっていまして、どんな手術、施術を行うのかきちんと説明を受けましたか、こういうことを十分に理解....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/4/5

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「そして、今、美容医療に関してずっとお話をさせていただいていたんですが、美容のエステ、ここの線引きが非常に難しいと思っていまして、例えば脱毛だと医療脱毛とエステ脱毛というのがいろいろあるんですけれども、多分脱毛を考えている若い子というのは意識していないと思うんですよ、これは医療脱毛なのか、レーザー脱毛なのか、....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/4/5

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「先ほども、美容医療はもう、一度やると取り返しが付かないというのがありましたけど、エステに関してもそういった取り返しが付かないような身体への影響が出る中で、これやっぱり相談内容よりも更に三倍以上にも上っているというところで、ここも力を入れていかなくてはいけないと思うんですが、例えば電車や雑誌などの広告で、脱毛....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/4/5

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「大臣所信の中で、特定保健用食品について、制度の信頼回復に向け必要な対応を取っていくということだったんですけれども、信用、信頼回復ということは傷が付いてしまった事例があるということで、また、最近もこの特保に関して新たに疑念を持たれるような報道もありました。その事例は後ほどお尋ねしますけれども、そもそも、この特....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/4/5

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「済みません、確認なんですけど、申請後に許可試験を受ける機関、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所又は登録試験機関とされていると思うんですが、第三者機関が調査したデータを添えてということは、会社や団体が持ってきた自社データやその論文を見て、そのままうのみにして許可を出しているというわけではなくて、それを....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/4/5

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「今お伺いした限り、しっかりしているなという印象を受けたんですが、最近、週刊誌で特保というのは国とメーカーによる消費詐欺だというような断言をされている記事がありまして、特保の意義や今の許可プロセスをお答えいただいた中で、やっぱりしっかりしたプロセスを経ての許可で、国による詐欺なんというレッテルは当たらないと思....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/4/5

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「許可までのプロセスは明確ですし、特保の信頼を揺るがすものではないと思うんですけれども、冒頭述べた特保への信頼を欠くことになりかねない事例、特保表示許可をされた商品が、その後、許可時の基準に満たないような商品となった状態で売られていたということがありました。この事態はどうして起こってしまったのか、どのような経....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/4/5

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「特保の許可を受けている品目が今千百二十七というふうにおっしゃっておりましたけれども、多い中で管理をしていくのは大変だと思いますが、消費者庁としてどのような対策を今後検討、実行されていこうとされているのかをお答えください。」


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/4/5

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「ちょっと質問通告をしていないんですけれども、新たな知見を発見したときには報告するようにというのは、例えば、今までは効果があると言われていたけれども、どうも最新の研究だと、ごめんなさい、やっぱり効果がなかったかもしれないですというようなのも報告をしていく義務があるんですかね。」


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/4/5

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「本日質問させていただいた美容医療ですとかエステに関してもそうですけれども、若い世代が社会に出たときに知識がない状態だと消費者トラブルの被害に遭ってしまうことも多くなると思います。この被害に遭わないためというだけではなくて、若いうちから消費者教育に力を入れることによって、生涯を通じてしっかりとした消費者観を持....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/4/5

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「これまた、済みません、質問通告をしていないんですけれども、その教材というのはもう私たち見られるんでしょうか。全高校に配る徳島でのモデル事業の教材というのは、いつ頃目にすることができますでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/3/30

委員会名参議院 文教科学委員会


「この事故につきまして、事故から数日がたち、様々な現場の状況ですとか被害が出てしまった原因なども少しずつ明らかになってきていると思うんですけれども、大臣、記者会見でもおっしゃられていたように、以前から高校生等以下については原則として冬山の登山というのを行わないように通知等指導をされていた中で、例外的に行う場合....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/3/30

委員会名参議院 文教科学委員会


「給付型の奨学金を受けられる対象者のことであるとか基準や選び方というのは、ガイドラインのことも含め、午前中、大分いろいろな先生方からも御意見があったところでございますけれども、選ばれた対象者の後を追っていくというんですか、調査というか、その後のこともやっぱり見ていただかなくてはいけないなと思っておりまして、選....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/3/30

委員会名参議院 文教科学委員会


「この給付型奨学金について、今後専門職大学も新たに高等教育に加わるんですけれども、支給対象となる学校の種類に専門職大学も含まれるんでしょうか。大学以外に支給対象となるほかの教育機関とともにちょっとお答えいただけますでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/3/30

委員会名参議院 文教科学委員会


「子供、小学校とか中学校の子にお金のリアルな話をするというのは抵抗があるかもしれないんですけれども、その親御さんにこういうのがありますよと言っても、うち関係ないですと言われちゃったら終わりなんですよね。そうじゃなくて、子供に自分自身の将来勉強したいことや人生のプランを考えてもらえるような、何かそういう提案であ....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/3/30

委員会名参議院 文教科学委員会


「最後に、今回の給付型奨学金の支払の方法というのはどのようになっているんでしょうか。現金を生徒に振り込むんでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/3/30

委員会名参議院 文教科学委員会


「きれいな思いだけで制度が運用できればいいんですけれども、貧困というのは本当に深刻で、なかなか教育、衣食足りて教育というようなところで、子供に本来使われるべき奨学金がそうでないという例も出てきているのを踏まえて、私はかねてから、教材費として使いたいというのも分かるけれども、お金を渡すんじゃなくてその分を大学に....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2017/2/15

委員会名参議院 国際経済・外交に関する調査会


「この文化交流を含めた文化外交について、例えば、今、日本が輸出のサポートをとすると、経産省がやっているJ―LOPで、日本のアニメを外に出すときにローカライズ、翻訳をすることのお手伝いの補助金が出ますよとか、そういったいろいろな試みがあるんですが、世界同時配信を今求めている中で、遅いものになかなか若者が、海外の....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2016/11/22

委員会名参議院 文教科学委員会


「著作権等侵害罪の一部非親告罪化等の措置を講ずるという話が出てから、二次創作、同人かいわいというのはずっと不安に打ち震えておりました。御承知のとおり、非親告罪化にする範囲については、三つの条件、要件を全て満たすことというのを課すことによって海賊版などに限定されて、二次創作物に関しては除外されることは明らかであ....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2016/11/22

委員会名参議院 文教科学委員会


「済みません、ちなみに、質問通告していないんですが、このTPPの件、将来的にその三つの要件がなくなったりとか、非親告罪化の範囲が広がるようなこともないですよね。確認させてください。」


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2016/11/22

委員会名参議院 文教科学委員会


「今後も様々なピンチが予想されますが、サブカルチャーの文化振興をどう考えていらっしゃるか、文化振興、文化を守る文部科学大臣のお考えをお聞かせください。」


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2016/11/22

委員会名参議院 文教科学委員会


「本事業、拡充いたしまして対象児童が一年生から六年生になりました。そのことによって今までの施設では足りなくなっているところが出てきているんですけれども、余裕教室であるとか学校施設を徹底活用した実施促進に向けて、各自治体もちろん全力で取り組んでいますけれども、急な人口増によってそれでも賄い切れないところに関して....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2016/11/22

委員会名参議院 文教科学委員会


「何でこれを採用しているかというと、急な住宅整備だとか、タワーマンションができたりして、一気に子供の数がどんと増えて千人規模の小学校になっていたりするところが、一年生から六年生までやりましょうと言われてもなかなか余裕教室は当然ないと、かといって公共施設も使えそうなところがない、じゃあと考えたときに、新設という....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2016/11/22

委員会名参議院 文教科学委員会


「ALTは地域の実態に応じてJETプログラムであるとか直接任用であるとか労働派遣契約など様々な契約形態で採用されているんですが、その人材への研修というところが非常に気になっております。JETプログラムの方々は来日後にオリエンテーションで研修は受けていると思うんですけれども、JETプログラムは国が推進しています....


→発言の続きを見る


議員名小野田紀美(自由民主党)

2016/11/22

委員会名参議院 文教科学委員会


「このALTに関しては、もう五年、十年の事業ではなくかなり長い間やっているにもかかわらず、じゃ、日本人の子供たちの英語力、そんな上昇したかといったら、残念ながら、ううんというところがあると思うんですね。この英語を小学校からやるということに関して自体、正直私はそんなことより国語や日本文化やろうよという立場ではあ....


→発言の続きを見る

44件見つかりました。