希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

根本匠さんの発言を表示します。


議員名根本匠(自由民主党)

2017/4/6

委員会名衆議院 東日本大震災復興特別委員会


「避難指示区域については、帰還困難区域を除き、三月三十一日に浪江、飯舘、川俣、四月一日に富岡が避難指示を解除いたしました。避難指示区域の八万一千人のうち、今回の解除で、既に解除とされた区域と合わせると五万七千人、規制が解除されたので、帰りたいと思う人はふるさとに帰れる。相双地域の復興に弾みがつく。本格復興へ新....


→発言の続きを見る


議員名根本匠(自由民主党)

2017/4/6

委員会名衆議院 東日本大震災復興特別委員会


「さまざまな要望を受けて予算、制度面で対応したのが、一つは事業再開補助金の創設です。これは、グループ補助金のグループ化の要件を撤廃しました。そして、農業施策においても、農水省の従来の施策はリース事業まででしたが、これを個別農業者への新たな補助金、これも創設しました。官民合同チームは、産業の再生、とりわけ、なり....


→発言の続きを見る


議員名根本匠(自由民主党)

2017/4/6

委員会名衆議院 東日本大震災復興特別委員会


「今、廃炉、ロボットなど具体的プロジェクトが進みつつあります。イノベーション・コースト構想を推進するために、今回、法律上明記をいたしました。そして、具体的支援措置も法定化した。これを今後どのように展開していくのか、その方針についてお伺いしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名根本匠(自由民主党)

2017/4/6

委員会名衆議院 東日本大震災復興特別委員会


「一方で、福島の農産物は、米を含め、買いたたきに遭っているんだ、こういう話もよく聞きます。それなら、買いたたき防止を含め、農林水産省が中心となって国がこの実態調査をやるべきだとなって、法律に位置づけたものであります。福島県産農林水産物などの風評被害の払拭に向け、どう運用するか、これが非常に重要であります。今後....


→発言の続きを見る


議員名根本匠(自由民主党)

2017/4/6

委員会名衆議院 東日本大震災復興特別委員会


「国が示している、要は、空間線量から推定される個人線量というのを、原発事故後は、屋内、屋外、八時間、十六時間という、屋内は遮蔽効果がありますから、その係数を用いて個人線量を空間線量から推定した。この数値に比べると、実際に測定した個人線量は四分の一だ、こういう結果が得られている、こういう話がこの六年間で本当に進....


→発言の続きを見る


議員名根本匠(自由民主党)

2017/3/16

委員会名衆議院 憲法審査会


「まず、一票の格差と参議院の合区について申し上げます。一票の格差をめぐっては、重要な判例が幾つかあります。昭和五十一年には、憲法十四条一項が投票価値の平等を要求しているものの、それが選挙制度の唯一絶対の基準ではないと示されました。昭和五十八年には、参議院選挙に都道府県代表的な要素を加味しても、全国民の代表であ....


→発言の続きを見る


議員名根本匠(自由民主党)

2017/3/16

委員会名衆議院 憲法審査会


「次に、緊急事態における国会議員の任期の特例について申し上げます。東日本大震災の直後に統一選挙が予定されていましたが、被災地では選挙の実施は不可能でした。そこで、特例法を制定し、首長や地方議会議員の任期延長、選挙の延期を行いました。これにより、首長や地方議会の体制が当面維持され、迅速に災害に対応できたという教....


→発言の続きを見る


議員名根本匠(自由民主党)

2016/11/24

委員会名衆議院 憲法審査会


「立憲主義という言葉、ただいまもいろいろな方からいろいろな意味合いでの立憲主義の開陳がありました。さまざまな意味で用いられております。一つの考え方として、私は次のようなものがあると思います。すなわち、第一に、他の法形式と区別して制定される成文法、憲法があること。第二に、その成文法が政府の正統性の唯一の法的根拠....


→発言の続きを見る


議員名根本匠(自由民主党)

2016/11/24

委員会名衆議院 憲法審査会


「こういう考え方に立って、憲法を改正する場合には、立憲主義の精神に沿ったものである必要がある。例えば、個人の権利、自由の保障、民主主義を否定する改正、これは許されないと思います。当審査会によってこのことに配慮すべきこと、これは言うまでもありません。一方で、例えば、基本的人権の尊重という基本原則が維持される限り....


→発言の続きを見る


議員名根本匠(自由民主党)

2016/11/24

委員会名衆議院 憲法審査会


「なお、きょうも平和安全法制は立憲主義に反するという指摘もありました。これについては、私は、繰り返しは避けますが、中谷委員、遠山委員、平沢委員の言ったように、今回の平和安全法制を整備したことが立憲主義に反するという批判は当たらないと思います。ただ、このように、個別具体的なテーマになるほど議論が闊達になり、深ま....


→発言の続きを見る


議員名根本匠(自由民主党)

2016/11/17

委員会名衆議院 憲法審査会


「今から七十年前の昭和二十一年、日本国憲法が公布されました。この憲法は、まず、昭和二十七年のサンフランシスコ講和条約発効よりも前、すなわち我が国に主権が存しない時期に制定されたものであること、内容も、マッカーサー三原則とGHQ草案が示され、それを翻訳したものがほぼもとになっていることは事実であります。これらの....


→発言の続きを見る


議員名根本匠(自由民主党)

2016/11/17

委員会名衆議院 憲法審査会


「ここで、先人の言葉を紹介させていただきます。サンフランシスコ講和条約の発効により我が国が主権を回復したのが昭和二十七年。その後、昭和三十一年、当時の鳩山一郎総理は、「わが国が真の自主独立を達成するためには、占領中に制定されました各種の法令や制度を、わが国情に即したものに改める必要がある」とおっしゃいました。....


→発言の続きを見る


議員名根本匠(自由民主党)

2016/11/17

委員会名衆議院 憲法審査会


「現憲法に今日的な視点を取り入れるに当たり、私から次のような切り口を提示したいと思います。まず、立法技術の観点。例えば第二十一条は、集会、結社、言論の自由及び通信の秘密をまとめて規定しております。一方で、国際人権規約のように、これらを独立して個別に規定を設ける考え方もあろうかと思います。」


→発言の続きを見る


議員名根本匠(自由民主党)

2016/11/17

委員会名衆議院 憲法審査会


「次に、条文上明らかではないため、解釈で補っている事項があります。例えば、憲法八十九条と私学助成金の関係。今は解釈で広く認められ、実施されている事項について、憲法に明記する改正も考えられます。これは、実態を変えるのではなく、実態に憲法を合わせるという切り口。一方で、現在議論されている参議院の合区解消のように、....


→発言の続きを見る


議員名根本匠(自由民主党)

2016/11/17

委員会名衆議院 憲法審査会


「別の論点として、現憲法の前文を現代の私たちの言葉を使って整理することも考えられると思います。前文は、アメリカ合衆国憲法等の原典をもとに、ハッシー中佐が原案を作成され、それを翻訳し、ほぼ修正なく国会の議決を経たものです。憲法のエッセンスであり国民に定着している国民主権、平和主義、基本的人権の尊重の三原則は維持....


→発言の続きを見る


議員名根本匠(自由民主党)

2016/11/17

委員会名衆議院 憲法審査会


「さらに、憲法全体に目を向ければ、日本の憲法は他国と比べて分量が少なく、次の二つの特徴が見出せます。一つは、非常事態条項や政党条項など、統治に必要な規範を憲法として定めておらず、権力統制力が弱いという特徴。もう一つは、政治改革や司法制度改革を憲法改正せずに実現できるなど、憲法解釈や法律が大きな役割を果たしてお....


→発言の続きを見る


議員名根本匠(自由民主党)

2016/11/17

委員会名衆議院 憲法審査会


「最後に、我が国が憲法を制定してからの七十年間で、他国は幾度となく憲法を改正し、問題が生じたとき、憲法改正という手段も交えて対応してきた事実も指摘したいと思います。今後我が国が直面する課題に、これまでのように憲法解釈や法律の改廃で対応することに限界はないかという視点も取り入れてはいかがでしょうか。私たちは、戦....


→発言の続きを見る


議員名根本匠(自由民主党)

2015/6/11

委員会名衆議院 憲法審査会


「今回の審査会はさまざまな議論があった。特に、平和安全法制についての中心的な議論がなされました。私は、冷静に聞いていて、長年この議論に参画してこられた高村委員あるいは北側委員の御意見が極めて本質をついていて、論理的、合理的、説得的だったと思います。」 「簡単に私も申し上げたいと思いますが、今回の平和安全法制に....


→発言の続きを見る


議員名根本匠(自由民主党)

2015/6/11

委員会名衆議院 憲法審査会


「最後に、憲法審査会の運営について一言言っておきたいと思います。この憲法審査会は、日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制について広範かつ総合的に調査を行い、憲法改正原案、日本国憲法に係る改正の発議または国民投票に関する法律案等を審査する機関であります。本日は、各党の論客の皆様に御参加をいただいて、安....


→発言の続きを見る


議員名根本匠(自由民主党)

2015/3/6

委員会名衆議院 予算委員会


「上村遼太君に心からの哀悼の誠をささげます。これを何とか防げなかったのか、命を守れなかったのか。この件は文科省だけでなく、警察、法務、厚労など関係省庁横断で取り組むべきだと思います。これまで、そしてこれからの取り組みについて、総理の決意をお伺いしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名根本匠(自由民主党)

2015/3/6

委員会名衆議院 予算委員会


「私は、復興大臣に就任し、現場主義を実現するために、直ちに被災地を訪れました。そのときに相馬市長から、これは前政権の時代にも訴えていたそうですが、農地法の転用規制が高台移転事業の妨げになっている、こういうお話がありました。林農林大臣と直ちにこの問題を解決しました。大事なのは、現場での問題を吸い上げる、これに加....


→発言の続きを見る

21件見つかりました。