希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

岸本周平さんの発言を表示します。


議員名岸本周平(民進党)

2016/10/17

委員会名衆議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「テレビを見ていらっしゃる方は、そうはいっても、書簡とかサイドレター、初めて聞くことであろうかと思いますし、条約とはどう違うんだということもあろうかと思いますので、まず外務大臣に、今回、非関税措置については、佐々江駐米大使とフロマン代表の間の書簡という形になっています、往復書簡ですが。この書簡の外交上の位置づ....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民進党)

2016/10/17

委員会名衆議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「いずれにしても、アフラックの保険が郵便局の窓口で販売されたのは、まさにこういう二国間の書簡を読んでいると背景が見えてくる、こういうことであります。金融担当大臣にお聞きしたいんですけれども、金融庁には監督局というのがあります。監督局の下には郵便貯金・保険監督参事官室というのがあります。保険課というのがあります....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民進党)

2016/10/17

委員会名衆議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「それは当たり前のことだとおっしゃるが、何でそこまでアメリカ合衆国は興味を持つんだ。日本国政府を信頼していないからですよ、この分野において。だからわざわざこういう書簡を書かせるわけでしょう。だって、ほかに行政の分野はたくさんあるわけですから、そこからわざわざ選んで、非関税措置に関して、保険、透明性、投資・企業....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民進党)

2016/5/11

委員会名衆議院 農林水産委員会


「ことし四月一日に、国立研究開発法人の水産総合研究センターと独立行政法人の水産大学校が統合いたしまして、新しく国立研究開発法人の水産研究・教育機構が発足いたしました。今申し上げました調査は、旧の水産総合研究センターがなさっております。調査船というものを何隻か持っておられて、これもたしか一九〇一年ぐらいに最初の....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民進党)

2016/5/10

委員会名衆議院 農林水産委員会


「我が国の周辺水域、特に東シナ海、ここでは、皆さん御存じのとおり、中国の漁船、台湾の漁船、違法な操業を行っているケースが後を絶ちません。当然、遠洋水域の漁業の取り締まりについても、水産庁の皆さんが御努力をされているわけであります。そういう意味で、政務官にお聞きしたいんですが、最近の外国漁船による違法操業の関係....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民進党)

2016/4/21

委員会名衆議院 農林水産委員会


「ところが、いかにも農産物の輸出がふえれば農家の所得が向上するかのような誤解を一般的に受けるわけなんですけれども、これはなかなか必ずしもイメージとは違う実態がございます。つまり、農産物という統計上のくくりでいろいろなものが入っております。例えば清涼飲料水ですとか、それから当然水産物も入っておりますし、缶詰なん....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民進党)

2016/4/21

委員会名衆議院 農林水産委員会


「農産物でいいますと、今、グローバルGAPというものがデファクトスタンダードになっております。これはもうどうしようもないぐらい大きな認証団体になっておりまして、現在、グローバルGAPの認証件数は、世界百三十カ国で十五万件を超えております。世界最大であります。したがって、基本的には、グローバルGAPというのがデ....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民進党)

2016/4/21

委員会名衆議院 農林水産委員会


「ロンドンのオリンピック・パラリンピック、そしてことし開かれるリオのオリンピック・パラリンピックについての食材、農産物ですとか畜産品あるいは水産品、さらに木材についても、どのような調達基準になっているのか、お答えをいただければと思います。」 「そこで、もう一度、豊田大臣政務官に、これは内閣府としての大臣政務官....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民進党)

2016/4/18

委員会名衆議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「一方で、いやいや、いろいろな歴史があって、例えば昭和十九年に南海トラフの地震である東南海、これは和歌山も被害を受けました。二十一年の南海地震。これが起きる前に、実は、昭和十八年の鳥取地震、昭和二十年の三河地震というのは断層型だったんですね。一年前に断層型の大きい地震があって、南海トラフの地震が起きている。百....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民進党)

2016/4/18

委員会名衆議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「今回、TPPを議論する中で、政府としては調整金をお取りになるという、ようやく皆さんの御要望にお応えになるようになったんですけれども、ガットバインドというのがありまして、どうしても、これまで決められている関税ないし関税に類する相殺関税など、調整金も入ります、これを勝手にふやすわけにはいかないということがあるの....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2016/3/18

委員会名衆議院 内閣委員会


「しかし、実際上は、厚労省は市町村に、まさに公的施設、自分の持っている施設だったら連携施設になってあげなさいよ、そういうことでもいいわけですね。あるいは、なかったらあっせんしなさいと書いてあるんですけれども、実際に聞くと、この三割のもらっていない、連携施設のないところは、市町村が全く非協力的です。しかも、厚生....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2015/8/26

委員会名衆議院 農林水産委員会


「これは一体、政府部内でこの提言書はどのように位置づけられているのか。実際、報道ベースですけれども、塩崎大臣はこのパンフレットを持って官邸に行って、安倍総理に御説明までしております。御進講しているわけです。他省庁との合い議はしているんでしょうか。これだけ重要な農林省所管の砂糖に課税をするという提言をする報告書....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2015/8/26

委員会名衆議院 農林水産委員会


「今、サトウキビ、てん菜農家の生産額が半分以下に減っている状況の背景とか、その辺の御認識、大臣、いかがでしょうか。」 「今から十五年前の決議でありますが、この決議、背景は今御説明いただいたと思いますが、では、この決議を受けて、農林水産省は具体的にどのような施策を行われましたか。」 「どうでしょうか、大臣。これ....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2015/6/25

委員会名衆議院 農林水産委員会


「二重責任の原則というのがあります。経営者は財務諸表をつくる責任があります。そして、公認会計士、監査法人はその財務諸表をチェックするという責任があります。二重性、二つの責任なんです。もちろん、財務諸表というのは経営の結果でありますから、経営者が財務諸表をつくる責任の背景には経営そのものの責任もあります。そうし....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2015/6/25

委員会名衆議院 農林水産委員会


「それからあと、附則の五十条、もちろん余り細かい話を申し上げるつもりはありませんが、この中の第一項四号で、いわゆる今の農協監査士さんが「監査の業務に従事することができること。」というのが書いてあります。ここで言う「監査の業務に従事することができること。」という意味なんですけれども、農協監査士は公認会計士ではあ....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2015/6/4

委員会名衆議院 農林水産委員会


「ということは、客観的に申し上げると、農協監査士の試験は、公認会計士の試験に比べれば相当易しい資格試験であることが推測されるわけであります。この人たち、これからどうするんですか。大変ですよね。では、頑張って今から公認会計士の試験を受けるのか。だって、農協監査士だったら補助者ですよ、補助者。監査できませんよ。補....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2015/6/4

委員会名衆議院 農林水産委員会


「この法律を一生懸命読みましたけれども、その新しい監査法人が全中からの支配力は及んでいませんよということを明確に認識できるシステム設計は、この法律のどこにも書いてありませんでした。本則にも附則にもありませんでした。これは大問題でありまして、これはどうしますかね。どこかで、外観的な独立性を保つためのシステムをつ....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2015/5/13

委員会名衆議院 農林水産委員会


「それは、また林大臣の所感もお聞きしたいんですけれども、例えば、皆さんがおつくりになった食料・農業・農村基本計画におきましても、かわいそうなんですよ、都市農業、十行しか書いていないんです。載っているだけでもありがたいと思いますけれども、探したら載っていましたよ、五十六ページに十行ちょっと。後で読んでください、....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2015/5/13

委員会名衆議院 農林水産委員会


「一方で、どうですか、大臣、もうベテランでいらっしゃいますけれども、農水省の中の議論で、せっかく法人や企業に農業に参入してもらおうと言っている割には、法人税制上のこれまでの措置が非常に薄いような気がするんですけれども、それについては、どうしてそうなっているんだろうか。御所見はありますか。」 「そういう意味で、....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2015/5/13

委員会名衆議院 農林水産委員会


「それから、引き続き、都市農業振興基本法の十六条の方の規定に移りたいと思います。「高齢者、障害者等の福祉を目的とする都市農業の活用の推進」という表現があります。高齢者、障害者等の福祉を目的とする農業は都市に限る必要はないと私は思いますけれども、都市は交通の便もいいわけですので、比較的、特に障害を持たれている方....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2015/4/22

委員会名衆議院 農林水産委員会


「まず、一つ一つ聞いていきたいんですけれども、では、ここ十年をとりましょう。何で、この十年、乳牛の飼養農家数が減り、頭数が減ってきたのか、その原因ですね。基本計画には、さらっと、高齢化して離農しているとか後継者不足だとか、役所の作文が書いてあるんですが、そんなおざなりなことを言われても困るので、農政の失敗では....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2015/4/22

委員会名衆議院 農林水産委員会


「昨年の二月の段階で三千トンの輸入を決められた。そして、五月の段階で七千トン、さらには九月の段階で三千トン。それは、生産量が減り、在庫が減り、九月ですと既にマーケットからバターが払底してきたころでありますから、追加輸入をされているわけですが、これはある程度仕方がないと思いますよね、状況は。しかし、では、その二....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2015/4/22

委員会名衆議院 農林水産委員会


「最後に、少し時間が残りましたので、再び基本計画に戻りたいと思うんです。基本計画の前提を見まして、農業所得の関連でいいますと、生乳の農業所得が九百六十億円から、十二年たつと千二百六十億円にふえている、こういう試算になっています。三割です。三〇%も農業所得がふえるわけであります。その前提として、生産量が横ばうと....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2015/4/7

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「その上で、本当にこれは独立行政法人でやった方がいいとお思いですか、大臣。独立行政法人という手かせ足かせをはめられた非常にやりにくいやり方で、運用機関ですよ、運用する、これは実は相当無理があるんじゃないか。一つは、前も委員会で言いましたけれども、国民年金、厚生年金の出し手は国民であります。国民の虎の子のお金で....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2015/4/7

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「去年、基本ポートフォリオを大きく変えられました。株式に随分大きくウエートを上げられました。これについては議論はしませんが、それは、しかし、国民はあずかり知らないんですよ。自分たちの年金、虎の子の資産なのに、聞いていないんですよ。それは国会が聞いていないからですよ。私たち国民の代表である国会議員、与党も野党も....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2015/3/12

委員会名衆議院 予算委員会


「そういう中で、さらにもう一点申し上げると、協同組合のあり方も恐らく時代の流れに沿って変わっていかなければならないんだろうと思います。例えば、准組合員のあり方なんかにつきましても、先生方、それぞれ御地元でお感じになっていると思いますけれども、単位農協が地域の中で果たす役割、これは本当にユニバーサルなサービスが....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2015/3/12

委員会名衆議院 予算委員会


「その上で申し上げたいと思うのは、もう一つ、あくまでもGPIFというのは法律に基づいて、それは国民年金法と厚生年金法に書いてありますけれども、年金の運用、これは、安全かつ効率的にやらなきゃいけないという法律に基づいて、プロとしてやるべきであって、成長戦略として年金の運用をしちゃいけないと思いますよね。理事長、....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2015/3/12

委員会名衆議院 予算委員会


「さらには、OECDの言うように、まさに年金は国民の資産を厚生労働大臣が責任を持って預かっているわけですけれども、まさにこの間のポートフォリオの変更なんというのは、国民の資産に物すごい影響を与えるわけですから、国会の審議が全くなく、ぽんと勝手に、今の仕組みではできることがおかしいのではないかというふうに私は思....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2015/2/19

委員会名衆議院 予算委員会


「多分、安倍総理は、御自分のことは保守政治家の一人であろうと考えておられるのではないかと思います。そこで、保守とは何か、保守政治とは何かという御議論をさせていただきたいんですが、これは定義をしないといけません。今、保守とかリベラルとか、まあ革新という言葉はなくなりましたけれども、余りにも言葉が、それぞれ、日本....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2015/2/19

委員会名衆議院 予算委員会


「二〇一三年、さっき言いました、これはアベノミクスのアナウンスメント効果で株価が上がりました。しかし、二〇一四年、昨年は少し足踏みをしたところで、そこで安倍内閣は、国民の年金のお金を使って株価を上げたい、そのために株を買う、ポートフォリオを変える。そして返す刀で、GPIFが持っている国債をマーケットに出せば、....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2015/2/19

委員会名衆議院 予算委員会


「そして何より、総理、さっき私が言ったのは、株は上がるときもある。今、上がっていますよ。きょうも上がっていますよ。でも、上がるときもあれば下がるときもある。そのリスクをどう責任をとるんですかという話。それはガバナンスの問題とも影響します。GPIFのガバナンスの問題とも影響しますけれども、過去に年金は大きな損を....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2015/1/30

委員会名衆議院 予算委員会


「民主党・無所属クラブを代表して、政府提出、平成二十六年度補正予算三案に反対する立場で討論を行います。まず、これまで経済環境がよくなっているという御説明がありましたけれども、経済環境がよくなっていれば、経済対策を打つ必要はありません。経済対策を打つこと自体がアベノミクスの失敗を象徴していますし、かつ、これから....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/11/7

委員会名衆議院 経済産業委員会


「一方で、国債のマーケットにつきましてはこれは相当なことでありまして、株式の投資家の間では評判がよかったですけれども、私の周りの国債マーケットの投資家の皆さんは大変残念がっておられました。実は、五十兆円のときも、大臣御存じのとおり、新規発行額の七〇%を購入するということにプラス、セカンダリーマーケットから相当....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/11/7

委員会名衆議院 経済産業委員会


「もう一つ、今おっしゃいましたGPIFの発表もありました。これも非常に大胆な変更だったと思います。株式の投資を二五%プラス・マイナス・アルファ、これは国内がそうですけれども、海外も株式を二五%プラス・マイナス・アルファというようなこと。債券が五〇%。その中の内訳は、幾つかあるわけですけれども、ラフに計算します....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/11/7

委員会名衆議院 経済産業委員会


「では、大臣、仮に引き上げた場合でも、補正予算を打ってしまうと、プライマリーバランスが半減するかどうかは非常に微妙。そのときに知恵はあるかもしれませんね。だけれども、それは、例えば歳出を実は二〇一四年にやったことにするなんてこそくなことは多分内閣府だってしないと思いますから、七千億のすき間があって三兆の補正を....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/11/7

委員会名衆議院 経済産業委員会


「いずれにしても、お伺いしたいのは、そういう格差論がある中で、今回のハロウイーン・バズーカ、あるいはそもそものアベノミクスの金融政策というものは、実際やはり格差を広げる方向に行っているんじゃないだろうかというふうに思うわけでありますけれども、ちょっと大きな視点から、宮沢大臣の御所見をお伺いしたいと思います。」....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/11/5

委員会名衆議院 経済産業委員会


「ちょっと真面目になりますが、村上先生、調達のお話をされておられました。私も調達についてはずっと苦しんできた人間ですので、これは本当に日本政府は下手なんです。本当は、民間企業で入札をやっているところなんかありません。そんなことをしたら倒産します。民間企業は全部随意契約です。相みつはとりますよ、小さなところが。....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/11/5

委員会名衆議院 経済産業委員会


「時間もありません。あとは、これも皆さんがお感じだと思うんですけれども、単年度予算主義の弊害。もう全てがそうなんです。これは財務省が悪いんです。会計法が悪いんです。財政法が悪いんです。財政法と会計法の改正ができなければもうこの国に未来はないと思って僕は大蔵省をやめたんですけれども、これはもう超党派でやりません....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/11/5

委員会名衆議院 経済産業委員会


「最後になりました。樋渡さんに幾つか御質問をしたいと思います。一つだけ反論がありまして、本質的なことじゃないんですけれども、やはり政治の世界に出る人間はちょっと変わっているんですよ。だから、リスクをとる気のない人はなってはいけないと思うんです。我々も、こちらは全員そうですし、樋渡さんもそうじゃないですか。役人....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/10/29

委員会名衆議院 経済産業委員会


「そこで、大臣のトータルの御見解とともに、その前に、何で日本が潜在成長率が下がってきたのか。これは、八〇年代は五ぐらいあったんですね。八〇年代の五が九〇年代はまだ四ぐらいあって、つるべ落としに落ちてきて、今はゼロ近辺ということですけれども、この原因についてどのようにお考えでしょうか。」 「その上で、さっき私が....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/10/29

委員会名衆議院 経済産業委員会


「今、円安というお言葉がありましたので、少し為替の話をしたいと思うんですが、為替の話については、大臣というお立場ですから非常に答えにくいと思いますので、直接お伺いすることはしません。ただ、円安のメリット、デメリットがあるわけですが、円安の最大のメリットであるはずの、輸出がふえて国内生産がふえて結果として雇用者....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/10/29

委員会名衆議院 経済産業委員会


「時間もありませんので、消費税の再引き上げについて。これも大臣としてのお立場ではなかなかお答えにくいかもしれませんけれども、三党合意に基づいた法律によって、もし法律改正しなければ、来年の十月に引き上げが行われるということであります。あのときの議論は、リーマン・ショックのようなマイナス成長のときは延ばしましょう....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/10/29

委員会名衆議院 財務金融委員会


「その上で、実は、平成十八年の十二月七日に、衆議院の農林水産委員会で決議が行われております。当時、委員長は西川農林水産大臣であられました。この決議、幾つかありますけれども、関連することについて申し上げますと、「米、小麦、牛肉、乳製品、砂糖などの農林水産物の重要品目が、除外又は再協議の対象となるよう、政府一体と....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/10/29

委員会名衆議院 財務金融委員会


「自己申告制の意義については今の岡本委員の御質問のお答えで大体わかりましたけれども、その際、一番のポイントは、原産性をどのように確認するのかということではないかと思うわけであります。副大臣の方から、ぜひ、原産性の確認についてどのようにするのかを含めて、自己申告制の意義についてもお答えいただければと存じます。」....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/5/28

委員会名衆議院 経済産業委員会


「早速なんですけれども、まず国吉参考人にお聞きしたいんです。中小企業憲章について積極的にお取り組みをいただいております。いただいた資料の最後にも、国会決議を目指そうということをおっしゃっていただいております。私は民主党でございますので、民主党政権時代にできた憲章でもありますが、党派は関係なくこの委員会で総意と....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/5/28

委員会名衆議院 経済産業委員会


「次は、石澤参考人にお聞きしたいと思うんです。御説明の中で、事業承継支援への御要望がございました。今回の中小企業白書もそうですし、今回の基本法などの考え方もそうですけれども、小規模事業を応援するには、一つは事業承継の問題、もう一つは車の両輪ですけれども創業支援、この二つだと思うんです。石澤参考人が事業承継OJ....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/5/28

委員会名衆議院 経済産業委員会


「最後に、もう時間がありませんので、申しわけありません、順繰りに聞きたかったんですが、中嶋参考人にお聞きしたいと思います。実は、中嶋さんの資料にも、雑誌にもありましたけれども、個人保証の問題です。中嶋さん自身が御経験されていることもありますのでお聞きしたいんですが、欧米では余りこういう制度はありません。個人が....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/5/21

委員会名衆議院 経済産業委員会


「日本経済全体、これは本当に、私ども野党もアベノミクスが成功して景気の好循環をもたらすことは望んでいるわけでありますけれども、例えば私の和歌山一区の地方までは、まだ残念ながら、好況感というのはなかなか届いておりません。私の後援会の幹部の皆さんは中小企業のおやじさんばっかりなんですけれども、なかなかそこはしんど....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/5/21

委員会名衆議院 経済産業委員会


「それで、実は今、手元に、中小企業憲章というものを持っております。これは、平成二十二年の六月に閣議決定をいたしました。民主党政権時代、幾つかいいこともやりました。中でも特にいいことの一つでありまして、幾つかやっているんですよ、幾つか。幾つかやっている中の特によいことということで、皆さんお持ちいただいていると思....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/5/21

委員会名衆議院 経済産業委員会


「もう一つの問題点は、やはり事業承継なんですね。これも、先生方もそうだと思いますけれども、私も、地元の応援していただいている社長さんが会長になり、そして、後継ぎがいれば、そしてまた順繰りに、専務が社長になり継いでいく。これは、二世、三世で中小企業を続けるということも物すごく大変だと思いました。長続きさせている....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/5/21

委員会名衆議院 経済産業委員会


「この白書は、本当に、さっき言いましたように、花火図なんというのは、よく分析できていると思います。これはこれからのツールになると思います。この花火図が非常に、ビッグデータを使ってよいものになっていると思うんです。さっき言いましたが、これが、経済産業委員会の委員全員が、読んでくださいとは申し上げましたが、委員長....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/5/20

委員会名衆議院 本会議


「私は、民主党・無所属クラブを代表いたしまして、ただいま議題となりました電気事業法等の一部を改正する法律案につきまして、賛成の立場から討論を行います。東日本大震災、福島第一原子力発電所事故を経験した私たちは、党派や立場を問わず、原子力に依存しない新たなエネルギー体制を構築するための議論を進め、電力の安定供給の....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/5/20

委員会名衆議院 本会議


「それでも、私は、次のような判断で、電力システム改革に賛成をいたします。これまでは、総括原価主義に基づく料金規制、地域独占、電力債に係る一般担保制度、そして送配電と発電の垂直的統合という枠組みで、一般電気事業者に電力の供給義務を課してきたわけであります。この仕組みは、高度経済成長のときのように毎年毎年電力需要....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/5/9

委員会名衆議院 経済産業委員会


「これまでのパラダイムは、総括原価方式で料金を決める、地域独占を認める、あるいは電力債における一般担保制度、送配電と発電を垂直統合するという大きな枠組みで電力事業者に供給義務を課してやるというパラダイム、これは高度成長の時代は非常にうまくワークしたと思うんですね。電力需要がどんどんふえていく中で、どんどん設備....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/5/9

委員会名衆議院 経済産業委員会


「それで、次なんですけれども、まさにパラダイムが変わるわけですね。私自身がこの改正に自分を納得させた唯一の理由は、恐らく、送配電と発電を分けると、垂直的統合というものが電力自由化によって水平的統合に結びつくのではなかろうかということであります。つまり、横では自由になっていくわけですから、今、九電力あるわけです....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/5/9

委員会名衆議院 経済産業委員会


「最後になりますけれども、今の電力の需給が逼迫している状況の中で、本当に今改革をしていいのかということについてお聞きしたいと思います。八木参考人も冒頭懸念を述べられました。安念参考人も、原発再稼働の問題や東電の問題を使われて懸念を表明されたと思います。まさに供給力が余っているときにこそやるべき改革なのではなか....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/4/25

委員会名衆議院 経済産業委員会


「そこで、まず、これまでの政府内の議論、るるありましたけれども、例えば、電力の自由化といいますと、何といっても電気料金が下がります。これは教科書的に、自由な競争が起きればいろいろな人が参入してきて競争が起きますから、当然価格は下がっていくでしょうというようなことが喧伝されまして、何となくイメージとして電力シス....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/4/25

委員会名衆議院 経済産業委員会


「今回、一般電気事業者に規制を残すということですが、これはともかく需要家のために引き上げないような規制なんでしょう。電力小売の新しい参入者は安い料金で出てくるということを想定されているんでしょう。あるいは、一般電気事業者が引き下げ過ぎることに対しても。つまり、今でも大変な装置産業の中で莫大な資本を持っている大....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/4/25

委員会名衆議院 経済産業委員会


「あと、第三段階の二〇一八年以降のことも触れられましたので、ちょっとその世界を想定させてください。完全自由化しました、小売全面自由化です。そうなると、一般電気事業者の電力供給義務はその段階ではありません。そして、小売事業者が逆に供給力の確保義務を負うということになるたてつけです。したがって、大臣が何度も答弁さ....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/4/23

委員会名衆議院 経済産業委員会


「先週の一般質疑に続きまして、商品先物取引市場の活性化について質問をさせていただきたいと思います。まず、先週、東京商品取引所そのものの経営状態について大臣政務官にお伺いをいたしました。その際、田中大臣政務官からは、二〇〇八年度から、決算が確定していませんが二〇一三年度、昨年度まで六期連続の赤字であるという御説....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/4/23

委員会名衆議院 経済産業委員会


「どうして中期的な東京商品取引所の経営状況についてお聞きするかと申しますと、昨年来、私の質問だけではなくて、各委員会、参議院も含めて、経済産業省としては、総合取引所への統合についてはやる、統合はやりますと明快に茂木大臣もおっしゃっている。ただし、すぐにやるのか。一度、LNG先物であるとか電力先物の総合的なエネ....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/4/23

委員会名衆議院 経済産業委員会


「最後に、これも大臣にお聞きしますけれども、もともと経済産業省はこれに積極的だったんですよ。スタート時点では非常に積極的にむしろ経済産業省の方から東京商品取引所の活性化のために、じり貧に陥っていますから、ここで一発逆転を狙い、アジアの中で大きなマーケットをつくるためには統合しかないということで、淡々と、着々と....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/4/18

委員会名衆議院 経済産業委員会


「一九九〇年に、日本の特許庁が世界で初めて電子出願システムを構築しました。これは先駆けていました。それこそ当時、茂木大臣は、IT関係の自民党内での旗頭をされていたと思いますし、そういう中でも御指導いただいて、当時の特許庁がペーパーレス化に成功したわけであります。その意味では、九〇年代は実は日本の特許庁がシステ....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/4/18

委員会名衆議院 経済産業委員会


「この深刻な報告書が出たのが二〇一二年であります。そして、二〇一三年の三月十五日に今申し上げた特許庁業務・システム最適化計画が出ています。これは非常に正直な報告書で、私は尊敬します。ここまで正直な役所の文書は初めて見ました。私が担当課長補佐ならこうは書かないと思いますが、立派な文章です。何度も出てきます、フレ....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/4/18

委員会名衆議院 経済産業委員会


「いずれにしても、この失われた六年間の経験をぜひ生かしていただきたい。もう終わった話ですから、済んだ話ですから、きちんと。しかし、同じ金額を払ったからいいというものでもなくて、六年間おくれちゃったので、世界は日進月歩で、中国の特許件数の膨大なスピード感を考えたときに、お金はともかく、六年失ったということの悔し....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/4/18

委員会名衆議院 経済産業委員会


「もう時間もあと五分なんですが、一つ、まず大臣とシステム調達の話を少ししたいんです。今の法律改正で、色とか音とか、新しい商標といいますか、そういうものが入ってくる、この改正が行われる、そして恐らく来年四月から実施されるということでありましょう。そうすると、あと一年弱あって、これについて、大臣政務官、今までの流....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/4/16

委員会名衆議院 経済産業委員会


「まず政務官にお伺いしたいんですけれども、現状、東京商品取引所の取扱高はこの十年ぐらいで、ピークは十五年度だったんですけれども、どのような推移をたどっているのかということについて教えていただきたいと思います。」 「今お聞きしたのは、十年間の推移をお聞きしているんですけれども。おわかりですか、数字があれば。」 ....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/4/16

委員会名衆議院 経済産業委員会


「今おっしゃいましたエネルギー、そうだとすると、実はこれも去年から私も議論させていただいていますが、LNG先物について、経済産業省の中の協議会で、どのマーケットかは書いていませんけれども、二〇一四年度中にLNG先物の市場をつくるべきである、推進すべきだということが書いてありますし、昨年の経済産業委員会での大臣....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/4/11

委員会名衆議院 経済産業委員会


「まず最初に、今の國重委員の問題意識、最後に御質問された人材の点から入りたいと思います。まず、山名参考人、大西参考人、諸葛参考人の三名の方にお聞きしたいと思います。まさに参考人の皆さんも最初からおっしゃっていらっしゃるように、この組織、ある意味、木に竹を接ぐような話でありまして、やはり損害賠償と廃炉というのは....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/4/11

委員会名衆議院 経済産業委員会


「諸葛参考人にもう一度お聞きしたいんですが、プロジェクトマネジメントという考え方なんですけれども、これも残念ながら、日本政府にはほとんどそういうことに対してのセンシティビティーがありませんでした。今もありません。申しわけありません。つまり、政府調達をする側なんですけれども、政府調達の部分で、例えば、公共事業関....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/4/11

委員会名衆議院 経済産業委員会


「最後に、除本参考人にお聞きしたいんです。ちょっと抜本的なことになりますが、きょういただいた資料にもありますけれども、この今の支援機構法のスキームをつくるときに、我々は与党だったわけですが、大変な議論をいたしました。本当に、民法学者のこれはという方全員に意見を求めて、つまり、原賠法の読み方として、そもそも天変....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/4/2

委員会名衆議院 外務委員会


「まず、大きく、一九八〇年代以降の、このころ原子力プラント企業はたくさんあったわけでありますけれども、それ以降、世界の原子力プラントメーカーの国際的な再編集約化が行われてまいりました。その結果として、現状、世界の原子力プラントメーカーの状況はどうなっているのか、赤羽副大臣にお尋ね申し上げます。」 「要すれば、....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/4/2

委員会名衆議院 外務委員会


「先ほど来、武藤委員、岡本委員からも再三御質問がありました。UAEとトルコ共和国において、核物質の濃縮、再処理の規制、あるいは移転の規制が、書きぶりが違うじゃないかということで両委員からも御指摘がありました。私もそのように思います。もう一度、ダブりますけれども、なぜこんな大きな違いがこの両協定で起きたのか、簡....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/3/28

委員会名衆議院 経済産業委員会


「私は、きょうは、昨年の秋の臨時国会で、私どもの委員会で審議をさせていただき法律となった、産業競争力強化法のその後の運用状況、実施状況等について確認をさせていただきたいと思います。従来、私ども立法府として法案の審議をいたしますけれども、法案の審議が終わればそれっきりということが多うございますが、法案が通った後....


→発言の続きを見る


議員名岸本周平(民主党)

2014/3/28

委員会名衆議院 経済産業委員会


「ともかく、これだけ安倍内閣が力を入れて、全く新しいファンド支援のあり方を追求されて、しかも、私は何度も申し上げましたけれども、その要件が非常に厳しい。どうせやるのであれば、まあ、認定なしというわけにはいかない、私は認定なしでもいいと思っている方なんですけれども、そこは、大臣も答弁されましたように、公平な観点....


→発言の続きを見る

75件見つかりました。