希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

田畑裕明さんの発言を表示します。


議員名田畑裕明(自由民主党)

2016/12/12

委員会名衆議院 決算行政監視委員会


「中でも、地域の活性化や日本文化の魅力の発信といった分野について、一問お聞きをさせていただきたいと思います。ホストタウン構想ですとか文化プログラムの推進という分野、これも非常に、東京のみならず、全国の国民や全国を巻き込んでのしっかりとした推進が必要かと思います。こういった分野については、全国の自治体ですとか公....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2016/11/21

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第四分科会


「前置きが長くなりましたが、それでは、国道八号線の豊田―新屋間の立体交差事業について、これまで都市計画決定後、鋭意事業が進められていると認識をしているわけでありますが、平成二十六年度からは用地の測量や建物調査の段階に進んでいるとお聞きをしております。現状の進捗の状況また対応策について、これは相当期間を要する事....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2016/11/21

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第四分科会


「そこで、通告では、自転車ですとか歩行者の交通事故の削減等についてちょっとお聞きをしていたかと思いますが、自転車や歩行者が安全で快適に通行できるため、昨今は、ビッグデータですとかICTを活用した、そのようなデータ分析の中で交通事故発生ポイントみたいなことのあぶり出しも大分進んでいるやにお聞きをしているわけであ....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2016/11/21

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第四分科会


「これまで、先ほど申したとおり、法改正をしながら、いろいろな施策を国として取り組んできているわけであります。現在は、そうした二十六年の改正を受けて、面的に、公共交通のネットワークの再構築のための地域公共交通網形成計画の策定というのが、全国の自治体を中心に今進められているというふうにお聞きをしております。本年十....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2016/11/21

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第四分科会


「特に、富山市の事例でいえば、早くから市レベルで公共交通の担当セクションをしっかりつくってきたというのは非常に意義深かったのではなかろうかなと私は思っております。そして、県行政、広域行政としっかり連携をした中で、事業者や関係の皆さんとのしっかりとした体制を、市がみずから動くということ、これが何よりも大事でなか....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2016/11/21

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第四分科会


「コンパクト・プラス・ネットワークの中では、そうした公共交通の再編といわゆる都市機能を充実させる立地計画をしっかりあわせ持って両輪で行っていくということが当然肝要であり、法的にもそれが整っているわけであります。いろいろ、昨今は子育て機能であったりですとか、介護も含めてでありますが、生活の質の向上、そのための区....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2016/11/21

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第四分科会


「富山の事例ばかりで申しわけないですけれども、コンパクト・プラス・ネットワークの中で、より集積の機能として、例えば環境面のことであったりですとか、より健康的な要素をそこの立地適正化にしっかり加味させるということ、そうして地方自治体としての、その住んでいる地域のポテンシャル全体を底上げしていくということ、これが....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2016/11/16

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「速やかに中小企業にも被用者保険の適用拡大の道を開くべきであろうと思いますが、まず、本年十月から、被用者保険の適用拡大によって、今、百六万円というのが一つのバーということになろうかと思いますが、短時間労働者の働き方にどのような変化が起きてきているのでありましょうか。働きたい方が働きやすい環境に近づいているのか....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2016/11/16

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「それを踏まえ、これまでも幾たびの改革が行われてきたわけでありますが、昨今では、平成十六年の改革というのが百年安心年金という仕組みの構築のための大変抜本的な大きな改革であったわけであろうかと思いますが、まずは確認として、その抜本改革の一助でありました平成十六年の改革の以前と、そしてまたそれ以降の大きく変わった....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2016/11/16

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「国民から見て特にわかりにくいのは、なぜ今の高齢者が年金額で少し譲ると申しますか、減額の要素が盛り込まれることが若い人たちの将来の年金が改善をすることにつながるのかというメカニズムがまだまだやはり難しく、理解が乏しいのではなかろうかと思いますが、改めて、この高齢者の痛み、そしてまた、次世代、将来年金をもらう世....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2016/11/16

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「若い世代が将来受給する基礎年金の水準が下がらないようにする、これが今回の改定ルールの本質ではなかろうかと思いますが、副大臣に改めてその見解をお聞かせいただきたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2016/11/16

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「これは、私は、支えとしての枠内であるとは思うわけでありますが、やはり不測の経済情勢にも十分対応できるだけのしっかりしたものではなかろうかと思うわけでありますが、今回の法案で、年金額の改定ルールを見直すに際して、年金受給者である高齢者に対する配慮措置、これを改めて御答弁いただきたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2016/4/6

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「まず一点目。政府案でありますが、一人親家庭は複数の困難な事情を抱えている方が多いため、一人一人に寄り添った支援を実施することが当然重要であろうかと思います。これまで、政府においても、さまざまな議論の積み重ねの上、昨年末に取りまとめた、ひとり親家庭・多子世帯等自立応援プロジェクトがあるわけでありますが、それに....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2016/4/6

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「それでは、議員立法の方につきまして、提案者の先生方にお聞きをさせていただきたいと思います。一点目は、いわゆる財源のことについてちょっと確認をさせていただきたいと思うわけでありますが、政府案においても、非常に厳しい財源の中で、第二子、第三子の倍増ということに提案がなされているわけであります。議員立法の方をお見....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2015/9/11

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「この遺骨の返還事業でありますが、昭和二十七年度から実施されているとお伺いをしているわけでありますが、まず、これまでの海外戦没者の主な地域別の遺骨収集の経緯、そして直近の過去五年間の遺骨収集の予算額の推移をお伺いさせていただきたいと思います。」 「近年は、平成十五年度からはDNA鑑定というものも導入をされまし....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2015/5/25

委員会名衆議院 決算行政監視委員会


「いわゆるNSCは、政府の外交・安全保障政策の司令塔である国家安全保障会議の事務局機能を担う組織として発足をし、これで一年四カ月が経過をしているところでございます。外交・安全保障政策の立案や緊急事態への対応をめぐる総合調整役としての存在感を高めつつあり、今もってしても、四大臣会合を二週間に一度開催し、これまで....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2015/5/25

委員会名衆議院 決算行政監視委員会


「続いて、経産省所管の汚染水対策に必要な経費の関係について質問をさせていただきたいと思います。この予備費の使用総額は二百五億余りということでございます。汚染水対策として行う凍土方式の遮水壁の構築及び高性能な多核種除去設備の実現のための必要な経費を民間団体等に補助金として支出をするものというふうに御説明を聞いて....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2015/5/25

委員会名衆議院 決算行政監視委員会


「その中でも一人親の貧困率というのも突出して高いわけでもあります。国としてはこれまでも相対的な貧困率ということを一つの指標としているわけでありますが、どうでしょうか、ここからは、新たな指標の開発であったりですとか、より地域に踏み込んだ地域別ごとの指標の策定といったようなことを通じて、きめ細やかな貧困対策といっ....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2015/4/22

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「昨年の一月に、新たながん診療の連携拠点病院等の整備についてのガイドラインが示されたところであります。特定領域がん診療拠点病院の新設であったり、未設置の空白の二次医療圏の是正など、がん患者が、その居住する地域にかかわらず、ひとしく質の高い医療を受けられるように、拠点病院のあり方等を検討し、その機能をさらに充実....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2015/4/22

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「まず、国保の安定化について質問をさせていただきたいと思います。これまでも国保の抱える構造的な課題について、数次にわたり財政強化策がとられてきたわけであります。二十六年度に実施した低所得者向けの保険料軽減措置の拡充に加え、今回は、抜本的に保険者支援として、消費税を財源として、二十七年度から約一千七百億円の財政....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2015/4/22

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「一方、この法案の中でも、七十五歳の住所地特例のことを一点ちょっと触れたいと思います。今、政府でも、都会の高齢者が地方に移り住んだりですとか、健康状態に応じた継続的なケア環境のもとで自立した社会生活を送ることができるような地域の共同体、俗に日本版CCRCと呼ばれておりますが、これについて、地方移転の推進として....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2015/4/22

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「それでは、一問、ちょっとマイナンバー、番号制度の活用について質問させていただきたいと思います。現状、マイナンバーを行政機関が行政事務に用いることを前提に利用が進められる予定であります。来年の一月からは、税、社会保障、災害対策の三分野に限って、個人情報の管理に活用することが決まっております。今国会では、医療分....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2015/4/22

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「引き続き、負担の公平化、大病院の紹介状のことについて質問したいと思います。医療保険制度だけでも、外来機能を分化するために、診療報酬の措置でやったりですとか、選定療養などを行ってきているわけであります。これからも、このフリーアクセスの基本は守りつつ、大病院の外来は紹介患者中心、一般的な外来診療はかかりつけ医に....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2015/4/22

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「最後、ちょっと大臣にお聞きをしたいと思いますが、先週十八日に、大臣は、尾道市、呉市を訪問されまして、健保組合であったりですとか、医療保険者、医療関係者の皆さんとの意見交換等をなされたとも仄聞をしております。その中で、データを駆使したエビデンスに基づいた予防事業が大変効果的である等の御発言もなさったともお聞き....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第一分科会


「大綱ではさまざま定められておりますが、具体的には十の基本的な方針が示されております。中でも、教育の支援について、学校教育による学力の保障、学校を窓口とした福祉関連機関との連携、経済支援を通じて、学校から子供を福祉的支援につなげ、総合的に対策を推進するとともに、教育の機会均等を保障するため、教育費負担の軽減を....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第一分科会


「まず一問目は、そのようなこれまでの特区制度の取り組みに対する評価、そしてまた、地方創生につながる、地方創生総合戦略も含めて、どのようにこれを生かしていこうとされているのかについて、まずお聞きをしたいと思います。」 「今の、最後に触れられた地方創生特区についてちょっとお聞きをしたいと思っております。これは、や....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2014/11/7

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「冒頭、いろいろお話ありましたが、昭和六十年に制定されたこのいわゆる派遣労働法ということになるわけでありますが、今いろいろ前置きをちょっとお話ししているわけでありますが、これまで日本経済を支えてきたとも言えるいろいろな就労形態の中での派遣労働という就労形態、この制度が果たしてきた役割を、まず、再確認も含めて御....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2014/11/7

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「そもそも、今回の改正の目的は、派遣労働者の一層の雇用の安定、保護等を図るため、特定労働者派遣事業の廃止とともに、労働者派遣の役務の提供を受ける者の事業所その他派遣就業の場所ごとに派遣可能期間を設ける等の措置を講ずることが目的ということが掲げられているわけであります。その中で、大きく三本の柱とすれば、一つは特....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2014/11/7

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「今回の改正では、派遣の受け入れの期間制限について、業務に着目した制度から人に着目した制度へと、大きく見直しをするということであります。全ての業務に共通する、派遣労働者個人単位の期間制限と事業者単位の期間制限を設けることとされているわけであります。派遣労働が臨時的とか一時的な就労形態というふうに位置づけされて....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2014/11/7

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「あわせて、期間制限の上限に達した派遣労働者について、先ほどから出ておりますが、雇用の安定措置であります。四点が定められているわけでありますが、改めて、この四点の取り組みについて、また、それがどう雇用に実効性や有効性を与えることになるのかについて、もう一度お聞かせをいただきたいと思います。」 「ここをもう一回....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2014/11/7

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「それでは、次に行きたいと思いますが、常用代替防止ということの関係での考え方についてちょっとお聞きをしたいと思います。これまでも、派遣労働というのは常用代替防止というのが一つの大きな考えの柱であったわけでありますが、そうはいいながら、むしろ、それが雇用の二極化であったりですとか格差を広めているということもある....


→発言の続きを見る


議員名田畑裕明(自由民主党)

2014/11/7

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「ちょっと時間がなくなってきましたので、もう一点、キャリアアップのことについても一問お聞きをしたいと思います。もちろん、いろいろ産業構造が変わってきたりですとか人口が減ってきた中で、それぞれお一人お一人の働き方の生産性もしっかり上げていかなければいけないわけでありますし、特に将来を支える若年者の皆さん方が、し....


→発言の続きを見る

32件見つかりました。