希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

福田昭夫さんの発言を表示します。


議員名福田昭夫(民進党)

2016/10/18

委員会名衆議院 環境委員会


「先ほど、菅委員の質問に対して、原発は必要だ、こう答えておるようでありますけれども、実は、平成二十六年度は原発ゼロでした。しかし、二酸化炭素、CO2も削減することができているという資料を国立環境研究所が出しております。ですから、原発がなくてもエネルギーは間に合っちゃうんですね。しかも、二酸化炭素も削減できてい....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/10/18

委員会名衆議院 環境委員会


「まず一つ目は、除染区域の放射線量の引き下げ目標値と、除染面積と費用の二十七年度末の実績と平成二十八年度末の見込みについて、国直轄の面的除染、そして市町村等が行う面的除染に区分けをして、簡潔にお答えをいただければありがたいと思います。」 「一応、二十八年度で除染は終わる計画になっておりますけれども、二十九年度....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/10/18

委員会名衆議院 環境委員会


「次に、放射線にかかわる住民と市町村職員の健康管理や健康不安についてであります。一つ目は、福島の子供たちの甲状腺がん及び疑いについてであります。二〇一六年二月十五日現在、福島の子供たちの甲状腺がん及び疑いは百六十六人、うち手術後に確定した子供たちは百十六人に達しているということでありますけれども、福島県が設置....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/10/18

委員会名衆議院 環境委員会


「そして、その次、二つ目でありますが、二つ目は、住民の被曝線量基準についてであります。二〇一二年、平成二十四年の六月二十一日、原発事故子ども・被災者支援法が国会において全会一致で実は成立をいたしました。それにもかかわらず、制定後一年以上もの間、実施がされませんでした。これは政府が実施を怠っていたんです。そのあ....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/10/18

委員会名衆議院 環境委員会


「時間がなくなってきましたので、本来なら指定廃棄物の現状と今後の方針についてずっと聞きたいところでありましたが、ずっとはしょりまして、最後に、六番目の指定廃棄物の最終処分場が決まらない理由について、大臣と意見交換をしたいと思います。まず一つ目でありますが、特措法に基づく基本方針が原理原則を無視しているというこ....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/5/24

委員会名衆議院 環境委員会


「まず、バイオマスの環づくり交付金、株式会社エコシティ宇都宮の返還問題について、農水省の考え方をお伺いしたいと思います。一つ目は、事情は全て農水省は知っていると思いますので説明しませんけれども、栃木県知事は、補助金適正化法第二十二条の範囲が宇都宮市や株式会社エコシティ宇都宮に及ばないと裁判で判示されたとして、....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/5/24

委員会名衆議院 環境委員会


「次に、東京電力福島第一原発事故に伴う放射性廃棄物の最終処分について、今国会としての総括的な質問をしてまいりたいと思います。一つ目は、原子力発電所の廃炉に伴う放射性廃棄物の最終処分の責任者についてであります。先日の話では、廃炉に伴う放射性廃棄物の最終処分責任者は原子力事業者だということでありますが、それは何と....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/5/24

委員会名衆議院 環境委員会


「そこで、三つ目の質問でありますが、新潟県知事の放射性指定廃棄物の東京電力への引き取り要請についてであります。資料の一をごらんください。これは環境省がまとめている指定廃棄物の指定状況でありますが、下から三行目、新潟県は、浄水発生土が四件で、千十七・九トン保管をしております。この千トン以上というのは、実は群馬県....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/5/24

委員会名衆議院 環境委員会


「四つ目は、福島県内の中間貯蔵施設の貯蔵廃棄物と指定廃棄物の違いについてであります。基本的に、この違いはどこにあるんですか、お答えください。」 「反対している人たちは、あそこが指定廃棄物の最終処分場になったのでは若い人が帰ってこないということで反対しているわけであります。ですから、この中間貯蔵におさめるものと....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/5/24

委員会名衆議院 環境委員会


「そして、六つ目でありますけれども、六つ目が指定廃棄物の再測定と指定解除の仕組みについてであります。先ほど石川委員からも質問がありましたので、私からは詳しく申し上げませんが、栃木県でもきのう説明会があったようでありますが、多分、一番心配しているのは、八千ベクレルを下回った場合にその廃棄物を市町村やあるいは保管....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/4/26

委員会名衆議院 環境委員会


「昨年十二月、二〇二〇年以降の温室効果ガス排出削減等のための新たな国際枠組みとして、パリ協定が採択されました。その際に合意された世界共通の目標の達成に向け、我が国としても、必要な措置をできる限り速やかに講じていく必要があります。この修正案は、パリ協定の内容を踏まえて地球温暖化対策を推進していくことを明らかにし....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/4/26

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「規制改革に取り組み、経済社会の構造を改革し、産業の国際競争力を高めることは、私たちも大変重要だと考えています。また、地方創生や国際的な経済活動拠点を形成する観点から、これらを一部地域で重点的に行うことについても否定しません。しかし、本改正案には、検討が不十分で弊害が懸念される内容が盛り込まれており、一言で言....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/4/22

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「そうした中で、安倍内閣では、成長戦略の一丁目一番地は規制改革だ、こう言っておりますけれども、私はそう思わないんですね。例えばでありますが、タクシーやバスを許可制から届け出制にして、その結果どうなったのか。大きな弊害が出て、むしろ規制をもう一回強化するということになりました。また、もしかしての話でありますが、....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/4/22

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「次に、先日もただしてまいりました宇都宮市のLRT事業にかかわる軌道運送高度化実施計画の認定申請について、二点、確認をしておきます。一つは、今回は時速四十キロで審査するということでしたが、しかし、時速五十キロ、七十キロで走行するときは改めて国の手続が必要なのかどうか、お伺いをしたいと思います。」 「それで、あ....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/4/22

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「そこで、三つ目の、ダム見直しの基本的な問題点についてであります。本来なら、ダム事業の前提となっている計画や予測の見直しをするとか、第三者による見直しをするとか、ダム案と代替案との費用比較だけではなくて、ダム中止案も検証の対象にしてやるべきだと思いますけれども、ダムの中止案が検証の案に出てこないのはなぜなんで....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/4/19

委員会名衆議院 環境委員会


「まず、パリ協定の目標と抜本的な法改正の必要性についてであります。一つ目は、パリ協定の目標についての認識についてであります。パリ協定では、御案内のとおり、気温上昇を産業革命前の水準から二度C未満として、一・五度Cに抑制するよう努力すること、可能な限り早期に温室効果ガス排出を頭打ちにし、その後速やかに減少させて....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/4/19

委員会名衆議院 環境委員会


「そこで、三つ目でありますけれども、新たな気候、エネルギー政策を統合する気候変動防止のための国内法整備の必要性についてであります。今まで議論してきたように、残念ながら、今回はパリ協定の実施を担保するような法改正にはなっておりません。そこで、パリ協定の実施を担保し、我が国の中長期目標を明記するなど、地球温暖化対....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/4/19

委員会名衆議院 環境委員会


「次に、地球温暖化対策計画案についてであります。一つ目は、排出抑制、吸収の量に関する目標についてであります。この表を見た上で、今回、環境省としては、国民運動を推進するために、民生部門、家庭、業務部門の削減に重点を置いたわけでありますが、私はそれだけでは足りないんじゃないかと。この表を見ればおわかりのように、確....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/4/19

委員会名衆議院 環境委員会


「分野横断的施策についてであります。ここでも、時間の関係で二点は無理かな、お伺いしたいと思いますが、まず一つは、地球温暖化対策税の有効活用であります。現在の仕組みでは、森林吸収源対策には使えない状態になっておりますが、税率を引き上げて一般財源として活用することをやはり考えるべきだと思いますが、いかがでしょうか....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/4/19

委員会名衆議院 環境委員会


「まず、原子力発電所の廃炉に伴う放射性廃棄物の処理方針についてであります。一つ目と二つ目をあわせてお伺いいたします。一つ目の、廃炉に伴う放射性廃棄物の処理の基本的な考え方と、二つ目の、最終処分場候補地が決定し整備されるまでの対応方針についてであります。我が国の放射性廃棄物はどのように分類され、それぞれどのよう....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/4/19

委員会名衆議院 環境委員会


「そこで、次の、原子力発電所の再稼働の条件であります。原発の再稼働に当たっては、法令上規定されているのは原子力規制委員会の安全性の確認だけ。地元理解や地域防災、避難計画の策定は、再稼働に必要な法令上の要件となっていないのはどうしてですか。」 「こうしたことを考えると、やはり再稼働の条件として、廃炉または事故が....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/4/19

委員会名衆議院 環境委員会


「だんだん時間がなくなってきちゃったんで、次の方に行きたいと思いますが、東京電力の福島第一原発の事故に伴う放射性廃棄物の処理方針についてであります。まず一つ目でありますが、東京電力の放射性廃棄物処理に対する基本的な考え方についてであります。廃炉に伴う放射性廃棄物の処分は原子力事業者の責任だ、こういう話でありま....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/4/19

委員会名衆議院 国土交通委員会


「大変気の毒なのは、古河市等は思川開発事業を前提とした暫定水利権が許可されておりますが、実際に取水に支障を来したことはほとんどありません。その古河市の暫定水利権は、これは一九七四年と書いてありますけれども、実際には一九七一年、昭和四十六年から、何とことしを入れると四十五年間、暫定水利権で水を使い続けている、小....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/4/19

委員会名衆議院 国土交通委員会


「二つ目の質問に入りますが、そうした中で、例えば県南の広域水道整備計画の策定及び県南の広域水道用水供給事業の実現性についてでありますけれども、これは全くありません。栃木市や下野市、野木町ですけれども、こうしたところが、もし県が、県営の県南広域水道用水供給事業をやると言っても、参加しますと言いませんよ。その辺ま....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/4/19

委員会名衆議院 国土交通委員会


「こうしたことを考えると、もし最大限かかったとしても、渡良瀬川あるいは渡良瀬遊水地から小山市の取水している地点、ちょっと上に導水路を設けて水を供給してあげれば、小山市と古河市の水も十分確保できる。五霞町の水は利根川から取水をさせてあげるようにすれば、この思川開発事業、南摩ダムはやめることは十分可能だと思います....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/4/14

委員会名衆議院 本会議


「まず、国家戦略特区の位置づけについてお聞きいたします。日本経済の再生に向けた第三の矢としての成長戦略で、内閣総理大臣主導で、国の成長戦略を実現するため、大胆な規制改革などを実行するための突破口として、国家戦略特区を創設することとされ、法律が制定されました。それは、国家戦略特区を通じて、居住環境を含め、世界と....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/4/14

委員会名衆議院 本会議


「次に、今回盛り込まれた規制の特例の項目について幾つか御質問いたします。本法案では、国家戦略特区でテレビでの服薬指導を認めることとしています。この事業の対象となる区域として、都道府県知事が管轄する区域ごとに、保健衛生上の危害の発生及び拡大を防止するために必要なものとして厚生労働省令で定める措置が地方公共団体の....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/4/14

委員会名衆議院 本会議


「企業の農地所有についてお伺いいたします。現在、農業者以外が一〇〇%出資であっても、リース方式であれば農業参入は可能となっております。所有を行うことのできる農業生産法人も、改正農地法の施行に伴い、本年度から、農業者以外の議決権は二分の一未満に緩和され、農作業に従事する役員も一人以上でよいと緩和がなされました。....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/4/1

委員会名衆議院 環境委員会


「資料の一をごらんいただきたいと思います。これは環境省が作成した資料から抜粋したものでありますけれども、これを見ますと、国、都道府県、JESCO、PCB廃棄物保管事業者、製造者、メーカーがそれぞれ役割分担をして頑張ってきたということであります。しかし、下の「これまでのPCB処理事業の進捗状況」を見ますと、どう....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/4/1

委員会名衆議院 環境委員会


「次に、期間内の処理完了に向けて必要なステップと主な改正事項についてであります。一つ目は、PCB廃棄物処理基本計画の閣議決定についてであります。今回、その意気込みを示す一つの事例かな、あるいは基本かなと思っておりますけれども、この処理基本計画を閣議決定するのはどうした効果を期待してやるのか、なぜなのか、お答え....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/4/1

委員会名衆議院 環境委員会


「二つ目でありますが、二つ目は、主な改正事項についてであります。その第一点、報告徴収、立入検査権限の強化、第二十四条と二十五条についてであります。今回、この報告徴収、立ち入り権限の強化を図る目的は何ですか、また、この効果を、何を期待しているんですか。」 「次に、第二点でありますけれども、使用中の高濃度PCB使....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/4/1

委員会名衆議院 環境委員会


「それでは三番目。次に、期限内処理の達成に向けた課題、環境省が大きく三つ挙げておりますけれども、それなどについて質問をしていきます。まず、大きな課題のうちの一つ、掘り起こし調査の強化についてであります。PCB特措法の対象について、それから電気事業法の対象について、電気事業法の対象外の対象、例えば輸送機器のPC....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/4/1

委員会名衆議院 環境委員会


「それでは、課題の三つ目の方に入りたいと思いますけれども、課題の三つ目の、高濃度PCB廃棄物の確実な処理のための対応強化ということであります。これについて、PCB特措法の対象と、電気事業法の対象及び対象外の対象について、あわせて伺います。PCB特措法に基づき高濃度PCB廃棄物の保管の届け出をしているにもかかわ....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/4/1

委員会名衆議院 環境委員会


「そろそろ時間がなくなってきたのでその先に行きますけれども、四つ目は、中小企業者等の負担軽減措置についてであります。中小企業者等が高濃度PCB廃棄物の処分をJESCOに委託して行う場合にその費用が軽減されるよう、PCB廃棄物処理基金から中小企業者等の費用負担軽減に要する額を支出しているということでありますが、....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民進党)

2016/4/1

委員会名衆議院 環境委員会


「それでは、五つ目でありますが、低濃度PCB廃棄物の処理についてであります。こちらの方は、高濃度に比べると何かさらに非常に先行きがよく見えないな、こういう感じでありますけれども、JESCOではなく民間事業者により処理されているということでありますが、今後どのように対応しようとしているのか、お聞きしたいと思いま....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2016/3/25

委員会名衆議院 環境委員会


「まず、福島県の中間貯蔵施設の整備と特定廃棄物の処理の進め方についてであります。一つ目は、中間貯蔵施設は福島県内の何を貯蔵するのか、改めてお伺いをしたいと思います。」 「先日視察したときに、そうかなと思いましたけれども、除染土壌などの推計発生量は最大約二千二百万立米で、五つに分類されておりますけれども、そのう....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2016/3/25

委員会名衆議院 環境委員会


「それでは、四つ目の方に行きたいと思いますが、フクシマエコテックセンターの活用についてであります。資料の三をごらんいただきたいと思っておりますが、実は、この件については、先ほども答弁ありましたけれども、福島県と富岡、楢葉両町から同意を得たとしております。しかし、両町に反対運動があるのは御存じですか。」 「それ....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2016/3/25

委員会名衆議院 環境委員会


「次に、五県の指定廃棄物の現状と対応方針についてであります。まず、一つ目でありますが、指定廃棄物の再測定の目的と実施計画についてであります。先日、再測定の目的については、大臣から、現状をまず把握すること、そして今後の方策を検討することとお聞きしておりますので、きょうは、その実施計画が立てられているのかどうか、....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2016/3/18

委員会名衆議院 環境委員会


「まず、環境研究総合推進費の業務移管を通じた推進事業の高度化についてであります。先ほど来、この研究の成果が余りないということで、大変厳しい評価を受けていたようでありますけれども、今度、独立行政法人に移管をすることによってぜひ成果を上げてほしいなということから、私の方からは三点質問させていただきますが、一つ目と....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2016/3/18

委員会名衆議院 環境委員会


「それでは次に、栃木県の原発事故の被害状況についてであります。これからは、ぜひ、丸川大臣初め環境省の皆さん、あるいは環境委員会の皆さんに、栃木県がいかに原発事故の被害を受けていたかということを認識していただくために、少し細かくお話をして、聞かせていただきます。一つ目は、東京電力の損害賠償の基準及び対象について....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2016/3/18

委員会名衆議院 環境委員会


「それでは次に、栃木県の指定廃棄物の放射線量の再測定等についてであります。資料の四をごらんください。一つ目の、県内の指定廃棄物の保管状況についてであります。これは塩谷町が作成したものであります。市と町の名前の下段の数字は全保管量で、上段の数字は農林業系副産物の保管量であります。塩谷町は、県全体の保管量一万三千....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2016/3/17

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「まず第一点は、地方創生推進交付金の創設についてであります。時間の関係で、四点まとめてお伺いします。まず一つ目ですけれども、地方創生先行型交付金と地方創生加速化交付金と地方創生推進交付金の違いと、それぞれどのような効果を期待しているのかお答えください。そして二つ目は、地方創生推進交付金一千億円の財源は、地域再....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2016/3/17

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「それでは次に、二番目の、宇都宮市のLRT事業にかかわる軌道運送高度化実施計画の問題点について、前回に引き続き、国土交通省の考え方をお聞かせいただきたいと思います。まず一つ目は、今回申請された高度化実施計画の認定についてでありますけれども、認定申請書を見ると、「全線、併用軌道として運転最高速度四十キロ・パー・....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2016/3/17

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「三番目は、思川開発事業の検証作業についてであります。一つ目は、水利権及び暫定水利権並びに慣行水利権についてであります。まず、この三つの水利権の定義と違いをちょっと教えてください。」 「暫定水利権を与えておって、今まで暫定水利権で水をとっていた、ダムをつくらなくても可能だったという自治体があるわけですね。そう....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2016/3/9

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「一昨年、日本創成会議の人口減少問題検討分科会は、今後も東京圏を中心とする大都市圏への人口移動が収束しなかった場合、二〇一〇年から二〇四〇年までの間に二十歳から三十九歳の女性人口が五割以下に減少する自治体数は八百九十六に上る、全体の四九・八%にも及ぶと提言をいたしております。そして、これらを消滅可能都市といた....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2016/3/9

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「それでは、三つ目でありますが、過疎地域等自立活性化推進交付金についてであります。過疎対策というとハード事業の起債が中心でありましたが、平成二十二年度からソフト事業も対象となり、使い勝手がよくなったと思いますけれども、この過疎地域等自立活性化推進交付金の狙いはどこにあるのか、政務官からお聞きしたいと思います。....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2016/3/9

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「宇都宮市は、現在、佐藤市長が平成二十一年四月にみずから宇都宮市自治基本条例を制定し施行いたしました。その条例第三章第一節、市政運営の基本原則、第六条第一号には「市民意思の尊重」、市民の意見を尊重すると書いてございます。具体的には「市民が市政に関する意見を述べる機会を確保するとともに、市民意思を尊重すること。....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2016/3/9

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「国土交通省は、急激な人口減少と高齢化を迎えて、財政面及び経済面において持続可能な都市経営を可能にするため、コンパクトシティー・プラス・ネットワークが大切だということで、立地適正化計画を策定するということにしておりますけれども、この点、宇都宮市のLRT新設はどう評価しておるのか、お答えをいただきたいと思います....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2016/3/8

委員会名衆議院 環境委員会


「先週、塩谷町への全戸訪問は中止にしたのかどうなのか、改めて確認をしたいと思います。」 「非常に言葉にはいろいろあやがありまして、一旦中断ということは、またやるということなのかどうか、確認をしたいと思います。」 「それはだめだね。はっきり、中止すると言ってください。」 「大臣、塩谷町が候補地を返上したことは御....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2016/3/8

委員会名衆議院 環境委員会


「それでは、時間がかなり過ぎちゃったので、予定された質問がなかなかできなくなっちゃいましたけれども、まず一番目の、放射性物質の飛散状況及び被害状況について、一点だけ大臣に御質問いたします。五つ目でありますけれども、過日、長野県松本市の講演で細野元環境大臣を誹謗中傷されましたが、どの部分を取り消して謝罪したので....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2016/3/8

委員会名衆議院 環境委員会


「残念ながら時間がなくなっちゃうので次の方へ行きますけれども、福島と周辺五県の原発被災地の再生についてであります。大臣、一つ目でありますが、被災地の再生の前提条件は何だと思いますか。これは大臣の認識を、復興大臣じゃなくて環境大臣としての認識をお伺いします。」 「こうしたことがしっかりできていかないと福島の復興....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2016/2/25

委員会名衆議院 予算委員会第三分科会


「まず、経済再生と財政健全化の前提条件についてであります。一つは経済成長の要因についてでありますが、よく、我が国の経済を成長させる要因は、個人消費六割、設備投資最大二割と言われておりますけれども、この要因を満足させるためにはどうしたらよいというふうに大臣はお考えになっているか、お伺いをしたいと思います。」 「....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2016/2/25

委員会名衆議院 予算委員会第三分科会


「簡潔に申し上げますと、富岡先生の理論は、課税ベースを拡大すれば、税率一本で、例えば課税ベースが六百だったとすると、掛ける三五%だと二百十の税金になる、しかし、租特だとかそういうのを全部やめて課税ベースをちゃんと千にすれば、例えば二五%であっても二百五十の税金が入る、単純にすると富岡理論はそういう理論なんです....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2016/2/25

委員会名衆議院 予算委員会第二分科会


「現在、国が県を、翁長知事による移設先の埋立承認取り消しを撤回する代執行のために、昨年の十一月十七日に提訴をいたしております。そして、県が国を、翁長知事による埋立承認取り消しの効力を一時停止する国交大臣の決定取り消しを求めて、昨年の十二月二十五日に提訴しております。そしてさらに、県は国を、総務省の第三者機関、....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2016/2/25

委員会名衆議院 予算委員会第二分科会


「次に、この訴訟合戦の原因となった国の行政不服審査法破りについて、総務大臣に、この法律を所管する大臣として、見解をこれからお伺いしていきたい、こう思っています。一つ目は、法の支配についてであります。総務大臣は安倍総理がよく使う法の支配についてどう考えているかなんですけれども、安倍総理は、法で支配されている国と....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2016/2/25

委員会名衆議院 予算委員会第二分科会


「そうすると、それでは四つ目でありますけれども、飛行場の問題に入るわけです。今回のような、沖縄防衛局長に審査請求人としての資格があるのかということであります。普天間飛行場の代替施設を建設することは、防衛省、具体的には沖縄防衛局の仕事、まさに事務であって、一般私人が行える仕事ではありません。したがって、辺野古の....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2016/2/25

委員会名衆議院 予算委員会第二分科会


「話をもとに戻しますけれども、それでは五番目、国交大臣は沖縄防衛局長の審査請求を受理して裁決できるのか。今まで議論してきたように、沖縄防衛局長は、公有水面埋立法による埋め立てを取り消されても、行政不服審査法に基づく審査請求人としての資格がないのだから審査請求はできないと私は考えているわけであります。国交大臣は....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2016/2/25

委員会名衆議院 予算委員会第二分科会


「そこで、時間がなくなってきましたので、次に、福岡高裁那覇支部が示した和解案について、防衛政務官の方からお伺いをしたいと思っております。一つ目は根本的な解決案、それから二つ目は暫定的な解決案と出てきましたけれども、これについて、沖縄の知事はどうもこの和解案に乗ろうというような報道もありますけれども、防衛省とし....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/12/3

委員会名衆議院 災害対策特別委員会


「まず、開会予定はいつかという話でありますが、官房副長官においでいただいておりますが、臨時国会の開会予定はいつになるのか、明快にお答えください。」 「それで、次に、災害復旧予算はいつ国会へ提出するのかということですが、今回もそれこそ甚大な被害が発生しておりますが、災害の復旧予算はいつ国会へ提出するのですか、お....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/12/3

委員会名衆議院 災害対策特別委員会


「土砂災害として認定されるためには、堆積土が五センチメートル以上ということですが、例えば鹿沼などにはイチゴハウスがありますけれども、イチゴハウスには、皆さんも御存じのとおり、実は大きな山と谷があるんですね。そうしますと、今回の洪水ではそれが平らになっちゃったんですよね。平らになっちゃったんだけれども、しかし、....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/12/3

委員会名衆議院 災害対策特別委員会


「以上で農水省の方は質問を終わりまして、次に、環境省になりますけれども、栃木県塩谷町の指定廃棄物最終処分場候補地の豪雨調査後の対応についてであります。まず、一つ目は調査結果の結論でありますけれども、環境省は十月の十四日に現地調査を行い、十一月三十日に結果を発表しましたが、その結論を読みますと、一部冠水や侵食は....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/8/27

委員会名衆議院 総務委員会


「一つ目は、沖縄に米軍海兵隊は必要なのかどうか。六月二十三日、朝日新聞のインタビューに答えて、元駐日大使のアマコストさんがこのように述べております。沖縄に駐留する海兵隊が死活的に重要なものだとは私には思えません、嘉手納と同様の決定的な役割を海兵隊が担っているという、納得のいく説明を私は聞いたことがありませんと....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/8/27

委員会名衆議院 総務委員会


「次に、普天間飛行場の代替施設の建設についてであります。一つ目は、普天間飛行場の代替施設の建設は防衛省の仕事ですか、違いますか。イエスかノーで答えてください。」 「二つ目でありますが、海底面の現状を変更する行為の全てを停止されると国はどういう損害をこうむるのか、具体的にお答えください。」 「総務省の行政管理局....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/6/9

委員会名衆議院 環境委員会


「まず、放射性指定廃棄物の六県の現状と打開策についてであります。千葉県でありますけれども、液状化や津波が心配な東京電力火力発電所の敷地をなぜ選んだのか、その理由を簡潔に教えてください。」 「続いて、福島県ですけれども、民間の産廃の管理型の最終処分場を国有化するとのことでありますけれども、それだけで地元の理解が....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/6/9

委員会名衆議院 環境委員会


「次に、放射性物質汚染対処特措法と基本方針の問題点についてであります。特措法第五条には、原子力事業者の責務が規定されておりますが、原子力事業者を問題解決の当事者ではなく協力者として位置づけているように思われます。加えて、基本方針では指定廃棄物の処理は排出された都道府県内において行うと決めたことが、汚染者である....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/6/2

委員会名衆議院 環境委員会


「まず、廃掃法及び災基法の一部改正についてであります。一つ目は、「災害時の廃棄物対策に係る計画・指針等関係図(改正案)」の足りないものについてであります。皆さんのお手元に資料の一を、環境省がつくりました今回の資料を提示してあります。先ほど我が党の馬淵委員からも指摘がありましたけれども、今回、まさに放射性物質の....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/6/2

委員会名衆議院 環境委員会


「まず一つ目は、放射性指定廃棄物の六県の現状と打開策についてであります。今回、環境省がアンケートをとりました。私も必要な部分だけコピーをとらせていただいて読ませていただいておりますけれども、ぜひ、それぞれの県ごとに現状と打開策をお答えいただきたいと思います。まず、宮城県であります。宮城県についての現状と、そし....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/6/2

委員会名衆議院 環境委員会


「それでは次、栃木県に行きますが、栃木県の現状と打開策をどう考えていらっしゃるのか、お話をいただきたいと思います。」 「さらに、栃木県でも、栃木県の知事の態度が変わってまいりました。今までは、環境省の言うとおり、栃木県に一カ所つくるんだと言っておりました知事でありますけれども、しかし、知事が少し変わってきて、....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/6/2

委員会名衆議院 環境委員会


「それでは次に、茨城県に入りますけれども、茨城県は、新聞報道によると、市町村ごとに一時保管しているのを認めたという報道がありますけれども、これは、認めたとしたらどうして認めたんですか。これは副大臣ですか。」 「それでは、各県処理を諦めたわけじゃないんですね。各県で一カ所に処理するという方針を諦めたわけじゃない....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/6/2

委員会名衆議院 環境委員会


「そうしたことで、実は、福島県も含めてどこも決まりそうもない状態なんですが、今後どうして解決をしていこうとしているのか、大臣、お答えを願いたいと思います。」 「今後、では、全部、この放射性物質汚染対処特措法施行状況検討会に任せるのか、検討会に任せるとすると、スケジュールが大変タイトです。七月中に、例えばですけ....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/5/29

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「まず最初に、定住自立圏と連携中枢都市圏の指定条件について、特に昼夜間人口比率の取り扱いが違うのはなぜなのか。また、財政支援について、定住自立圏は特別交付税のみ、連携中枢都市圏は普通交付税と特別交付税の対応と大きく違っているわけでありますが、その理由は何なのか、お伺いをしたいと思います。」 「二つ目は、小さな....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/5/29

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「次に、二番目の、三つの特区の一本化についてでありますが、事務局にお伺いすると、構造改革特区が三百七十四、総合特区が四十八、国家戦略特区が六、合わせて四百二十八の特区が実はあるということであります。これではちょっと、今までの質問にもありますように、国家戦略特区の中に地方創生特区も出てきちゃって、何が何だかわか....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/5/29

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「ただいま議題となりました国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律案に対する修正案につきまして、民主党・無所属クラブを代表して、その趣旨及び内容について御説明申し上げます。本修正案は、国家戦略特別区域法に法律の特例を加える改正項目中に、その適切性の点で種々の問題が認められる事項があるため、....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/5/15

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「一つ目は、行政不服審査法の目的についてであります。昨年、行政不服審査法は、五十年ぶりに抜本的な見直しが行われました。まだ新法が施行されていないようでありますが、その目的は変わらず、新旧ともに、「国民の権利利益の救済を図るとともに、行政の適正な運営を確保すること」、そうしたことで、変わらないと思っておりますが....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/5/15

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「防衛省は、今回、沖縄県知事が辺野古の海の埋め立てを停止した、そのことに対して、行政不服審査法に基づいて申し立てをして、農水大臣から許可をもらったわけでありますが、どうした根拠に基づいて申し立てをされたんですか。」 「今、行政不服審査法第五条の規定に基づいてということでありますが、沖縄防衛局長から林農水大臣へ....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/5/15

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「農水大臣の決定書、いただきました。これを読んで、理由もそうですけれども、大変びっくりいたしました。まず、その主文でありますけれども、主文が「裁決があるまでの間、本件指示の効力を停止する。」というんですが、裁決はいつまでにするんですか。」 「では、埋立工事が終わるまで裁決しないんですか。幾ら安倍総理がオバマ大....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/5/15

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「大臣のたびたびの答えは、東京と地方がゼロサムの関係じゃないんだということをよくおっしゃいますが、しかし、御案内のとおり、日本の国は全国総合開発計画を立てて、幾次もの計画を立てて、地方が元気になるようにということでやってまいりました。そうした中には、農村地域工業導入促進法とか工業再配置促進法とか、そうしたこと....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/4/24

委員会名衆議院 環境委員会


「まず、福島県の避難指示区域の住民の意向についてであります。一つ目は、全員帰還を目標に頑張ってまいりましたが、一昨年ですか、希望者の帰還、あるいはよその地域への定住を希望する人たちということで、全員帰還という考え方を変更したと思いますけれども、こうした考え方をどう評価しているのか、浜田復興副大臣にお伺いをいた....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/4/24

委員会名衆議院 環境委員会


「次に、放射性指定廃棄物最終処分場の六県の現状についてであります。一つ目は、現在どこの県も決まらないわけでありますけれども、どうして理解が得られないと認識しているのか、環境大臣の御認識をお伺いいたします。」 「時間がなくなりますので早く行きますけれども、二つ目は、平成二十七年の三月三十一日までに設置する目標が....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/4/24

委員会名衆議院 環境委員会


「次に、現在の基本方針に基づく放射性物質の総量及び処理施設について、これは環境省の事務方から、イエスかノーかで答えてください。四点質問いたします。一つ目は、福島県内の除染土壌等と十万ベクレルを超えるものは最大二千二百万立米で、中間貯蔵施設へ処分をして、三十年以内に県外へ持ち出すということで間違いないのか。それ....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/4/24

委員会名衆議院 環境委員会


「それでは次に、放射性指定廃棄物の真の解決策に向けてであります。一つ目は、やはり原理原則。例えばでありますが、水源地には絶対つくらないとか、排出者責任、東京電力でありますが、これはしっかり全うしてもらう、各県処理ではなく集中管理をする、あしき前例はつくらない、そうしたやはり原理原則を立ててやるべきだと思います....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/4/24

委員会名衆議院 本会議


「まず、地方創生の大前提となる問題について質問いたします。一つは、地方創生にとって必要な地方の財源をカットするような動きがあるので、我が国の財政破綻の可能性についてお伺いいたします。我が国は、経常収支が黒字で、約一千兆円の国債を全て自国の通貨、つまり円建てで発行しているので、今すぐ財政破綻をする可能性はないと....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/4/24

委員会名衆議院 本会議


「次に、国家戦略特区法等改正案についてお聞きいたします。全体を通じて、十分かつ慎重な議論を省略し、特区という重箱に安易に何でも無理やり詰め込んだ感があります。その幾つかについてまずこの場で質問いたしますが、特別委員会で審議するなら、各政策事項を所管する委員会委員の審議権を保障するとともに、政府各府省が特別委員....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/4/23

委員会名衆議院 総務委員会


「まず最初に、再び籾井NHK会長の罷免を求めることについてお伺いをいたします。第一に、NHK関連団体ガバナンス調査委員会への調査委託についてであります。一つ目は、委託料は五千三百万円とのことだが、なぜ公表したのか、NHK内部の情報公開のルールを変えたのか。まず、お伺いをいたします。」 「次に、二つ目であります....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/4/23

委員会名衆議院 総務委員会


「次に、三点目でありますが、この件については、先日の我が党の逢坂委員の質問によると、契約書しかないということですけれども、契約書しかないと、先ほど四千六百万という話がありましたが、その支払いができなかったのではないかと思いますが、いかがですか。」 「NHKの内部として、支払ってよろしいという意思決定は誰がした....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/4/23

委員会名衆議院 総務委員会


「そういうことで、一つ目の件はこのくらいにして、次に二つ目です。第二は、「クローズアップ現代」のやらせ報道についてであります。一つ目は、出家詐欺そのものがでっち上げだとする批判にどう答えるのか、お答えを願いたい。」 「二つ目でありますが、二つ目は、部門会議で堂元副会長に、コンプライアンス統括の石田専務理事が退....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/4/23

委員会名衆議院 総務委員会


「次に、第三でありますけれども、第三は、四月二十五日付の情実人事についてであります。まず一つ目は、新任の理事三人のうち二人が福岡県出身というのはどういうことですか。会長にお伺いします。」 「二つ目でありますが、二つ目は、新旧役員の担当領域を比較すると、塚田、吉国両専務理事の仕事が極端に少なくなっているというこ....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/4/23

委員会名衆議院 総務委員会


「それでは、ちょっと時間がありますので、最後に、電気通信事業法等の一部を改正する法律案について質問をさせていただきます。一つだけお願いしたいと思っていますが、地方創生の時代に向けて、ケーブルテレビ事業には将来性があるのかないのか、それをお答えいただきたい。」


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/3/27

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「まず、地方創生の国の総合戦略の大きな問題点についてであります。大きな問題点を大きく分けますと、三つあります。一つは人事です。それから二つ目は経済政策です。三つ目は国の形の問題であります。まず、一つ目は、人事についてでありますけれども、大臣が言うように、地方創生、ひいては日本の創生を目指していくには、やはり人....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/3/27

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「二つ目でありますが、二つ目はアベノミクスの評価についてであります。私も三本の矢を一体的に進めるのは賛成ですけれども、私から申し上げると、アベノミクスは基本的な考え方も具体策も相当間違っていると思っています。三本の矢は、財政政策を大胆に行い、金融政策の方は機動的にやる、そして、成長戦略は五年、十年かけてじっく....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/3/27

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「次、三つ目でありますが、三つ目は、非正規雇用の拡大についてであります。先ほどもちょっと申し上げましたけれども、これはまさに釈迦に説法になりますが、経済を押し上げる要因は、日本では、個人消費が六割、設備投資が最大二割だと言われておりますが、先ほど申し上げたように、年収二百万以下がどんどんどんどんふえたのでは、....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/3/27

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「次に、四つ目でありますが、四つ目は、地方分権推進の基本的な考え方であります。先ほど緒方委員からもいい質問がありましたけれども、大臣も、地方分権改革は地方創生における極めて重要なテーマだ、こう述べております。私は、なかなか民主党政権でもできませんでしたけれども、やはり国と地方の役割分担をしっかり決めて、地方に....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/3/27

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「それで、五つ目でありますが、東京一極集中の是正策についてであります。大臣が、国が策定した総合戦略の最大の欠点は、東京一極集中是正策が何もないことだと私は思っております、基本的に。東京一極集中をどうやって是正しようとしているのか、もし考えがあればお答えいただければと思います。」 「ただ、こうした人たちを本当に....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/3/25

委員会名衆議院 総務委員会


「まず初めに、選挙における投票率の低下とその原因及びアップ対策について、総務大臣からお話を伺いたいと思います。まず、資料の一と二をごらんください。これは、総務省がつくりました資料で、過去の国政選挙における投票率の推移、衆議院と参議院、そして二枚目は、統一地方選挙における投票率の推移であります。いずれも長期低下....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/3/25

委員会名衆議院 総務委員会


「次に、文科省に、では、まとめて伺います。言葉は、有権者教育、主権者教育、いろいろあるようでありますが、学校教育と社会教育においてどのような教育をこれからしようとしているのか。特に、政治的な中立が求められている中で、学校教育では、やはり真の政治教育を行うことがなかなか難しい環境にある。そうした中で、しっかりと....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/3/20

委員会名衆議院 総務委員会


「それでは、通告したNHKの問題についてお聞きしたいと思います。順序を変えて、時間の関係で、二番目の方から質問に入りたいと思います。NHK関連団体調査報告書の破格の経費支出問題についてであります。まず一つ目でありますが、調査委員会の構成及び調査期間などについてお伺いをいたします。調査委員の年齢、それから弁護士....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/3/20

委員会名衆議院 総務委員会


「二つ目、調査、検証事項及び調査方法については、この概要報告書のとおりだというふうに思っておりますが、そのとおりでよろしいですね。」 「次に、三つ目の質問に入りますけれども、この調査報告書は、先ほども話がありましたけれども、籾井会長の独断によって進められ、要約版が公表されただけで、詳細内容は一部の経営委員と理....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/3/20

委員会名衆議院 総務委員会


「次に、四つ目でありますが、では、この委託料、今いろいろな方に疑われているんですね、幾らかかったのかということで。その総額をぜひ教えてください。一人一人の弁護費用はいいですから、全体で幾らかかったのか教えてください。」 「私、ちなみに、その契約の期間から土曜、日曜、祝祭日を差し引いてみました。そうしたら、何と....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/3/13

委員会名衆議院 総務委員会


「初めに、地方税法等の一部を改正する法律案に係る税制改正案についてでございます。一つ目は、法人実効税率の引き下げについてであります。今回、平成二十七年度を初年度とし、数年で法人実効税率を二〇%台まで引き下げを目指すとして、法人税率と法人事業税所得割を合わせて、二十七年度マイナス二・五一%、二十八年度マイナス三....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/3/13

委員会名衆議院 総務委員会


「次に、二つ目でありますが、二つ目は、法人税改革における賃上げへの配慮についてであります。法人税の所得拡大促進税制については、今までどのように活用され、どのように効果があったのか、またどのように改善しようとしているのか、宮下副大臣の方からお答えをいただきたいと思います。」 「次に、三つ目でありますが、三つ目は....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/3/13

委員会名衆議院 総務委員会


「次に、二番目でありますが、地方税法等の一部を改正する法律案についてであります。一つ目は、固定資産税に係る農地の課税の仕組みについてであります。三大都市圏の特定市街化区域とそれ以外の一般市街化区域の農地については、平成二十七年から二十九年度の三年間、引き続き宅地並み評価の負担調整をする、三分の一特例を継続させ....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/3/13

委員会名衆議院 総務委員会


「次に、地方交付税法等の一部を改正する法律案について、時間がなくなってまいりましたので、何点かお聞きしたいと思います。まず一つ目は、地方の一般財源総額の確保についてであります。これは財務省、財務副大臣にお聞きいたしますが、平成三十二年度の財政の基礎的収支、いわゆるプライマリーバランスの黒字化の目標は堅持される....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第六分科会


「一つ目は、虚偽の税務申告の取り扱いについてであります。例えばですけれども、ある法人企業が、三億円所得があったのに、決算書には五千万しか計上せず確定申告をいたしました。そうした事実が判明した際、税務署はどのような対応をされるのか、お伺いをしたいと思います。」 「それでは、適正な税務申告に努めているということで....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第六分科会


「それから、二つ目でありますが、二つ目は輸入納税申告の手続についてでありますが、輸入申告書には数種類の添付書類が必要となっているわけでありますが、そのうち、仕入れ書、インボイスには、品物の品名、数量、価格などが記載をされることになっております。それらを見て、これがおかしいというようなことに気づくことはあるんで....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第六分科会


「そして、二十七年、ことしに入りまして、エコシティ宇都宮は、自己破産手続をするようにと農水省から指導を受けていたわけでありますが、いまだに自己破産の手続をしておりません。そうした中で、三月四日、県と宇都宮市との補助金返還裁判に判決がおりまして、県が敗訴いたしました。そして、三月五日、その翌日には、宇都宮地方検....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/3/5

委員会名衆議院 総務委員会


「まず、アベノミクスの評価についてであります。大臣は、所信の中で、「安倍内閣によるこの二年間のアベノミクスによって、我が国には経済の好循環が生まれつつあります。」こう述べておりますけれども、どんなふうに好循環が生まれつつあるのか、教えていただきたいと思います。」 「今大臣から教えていただいたその指標は、それが....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/3/5

委員会名衆議院 総務委員会


「次、既に三つ目でありますが、ローカルアベノミクスについては大臣に少しずつお答えをいただいておるところでありますが、このローカルアベノミクスの目標と具体策、具体策は先ほど少しずつお話しいただきましたが、ローカルアベノミクスでどんなことを実現しようとしているのか、その目標をお聞かせください。」 「先日、総務省か....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/1/30

委員会名衆議院 総務委員会


「まず一つ目は、平成二十六年の十二月二十七日に閣議決定をいたしました地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策について、西村副大臣にお聞きをしたいと思います。一つ目は、どうもアベノミクスを見ていると、聞いていると、トリクルダウンがあるんじゃないか、そんな考え方で進められているように見られるんですけれども、トリクル....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/1/30

委員会名衆議院 総務委員会


「次に、時間がありませんので、平成二十六年度の補正予算について行きたいと思っています。では、菅原副大臣にお尋ねしたいと思います。まず一つ目ですが、補正予算の内容は予算委員会でも随分議論になったようでありますが、災害対応以外は当初予算で対応すべきものではないですか。いかがですか。」 「そして、二つ目でありますけ....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2015/1/30

委員会名衆議院 総務委員会


「時間がなくなってきましたので、三点目。次に、地方創生関連の補正予算について平副大臣にお聞きしたいと思います。先ほど逢坂委員の方から、具体的にすばらしい提案がたくさんありましたが、私の方からは総括的な話を伺いたいと思います。一つ目、地方創生をこれからどうやって進めていくのか。日程的なものも含めて、そのスケジュ....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/11/7

委員会名衆議院 環境委員会


「まず、国と都道府県と市町村の関係についてであります。一つ目は、総務省は、地方分権を進めるに当たって、これからは国と地方、都道府県、市町村は対等、協力の関係になるんだと盛んに喧伝をしたわけでありますけれども、その考えに今も変わりはありませんか。」 「それでは、二つ目は、今度の特措法では、国と地方公共団体の関係....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/11/7

委員会名衆議院 環境委員会


「次に、福島、宮城、栃木、三県の指定廃棄物最終処分場問題についてであります。まず、福島県の問題点について小里副大臣にお聞きをいたします。時間の関係で二つ一緒にお聞きをしたいと思います。まず一つ目は、なぜ今回、福島県の場合は、避難指示解除準備区域内にある民間の管理型の最終処分場を選んだのかどうかということが一つ....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/11/7

委員会名衆議院 環境委員会


「次に、宮城県の問題点について小里副大臣にお聞きをいたします。一つ目は、市町村長会議は法律に位置づけられた会議なのかどうか、どういう御認識なのかお聞きしたいと思います。」 「二つ目でありますが、宮城県の知事は市町村長にかわって詳細調査の受け入れを国に返事をしたんですけれども、それは有効ですか。そんな返事ができ....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/11/7

委員会名衆議院 環境委員会


「次に、栃木県の問題について望月大臣にお伺いをいたします。一つ目は、平成二十五年十二月二十四日開催の第四回の市町村長会議で決めた栃木県の新しい選定基準の3には、「候補地の提示方法は、地元の意向を十分に聴取した上で検討」とありますけれども、今回、地元の意見を聴取しないで塩谷町を候補地として指定しちゃったんですが....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/11/5

委員会名衆議院 内閣委員会


「それでは、質問に入りたいと思いますが、まず、疑わしい取引の具体例、預金取扱金融機関についてであります。金融庁は、疑わしい取引の届け出をするために、預金取扱金融機関、保険会社、金融商品取引業者が注意を払うべき取引の類型を例示した「疑わしい取引の参考事例」を示しておりますけれども、それがどのように役立っているの....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/11/5

委員会名衆議院 内閣委員会


「それでは次に、金融活動作業部会、FATFの勧告について質問をしたいと思います。一つ目は、先ほども質問がありましたけれども、今までに実施しなかった理由について、先ほど元大蔵省の松田委員からは、今まで日本はちゃんとやっているから大丈夫みたいな話がありましたが、その辺、もう一度お答えをいただければと思います。」 ....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/11/5

委員会名衆議院 内閣委員会


「それでは、そろそろ、時間がなくなりましたので、最後の質問に行きます。集団的自衛権の行使容認との関係についてであります。一つ目と二つ目、あわせて山谷大臣と安保法制担当政務官にお伺いしたいと思います。まず、集団的自衛権はどこの国を守るのか、その定義をお答えください。それから二つ目は、我が国の企業や国民が、集団的....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/10/31

委員会名衆議院 環境委員会


「初めに、中間貯蔵施設等にかかわる対応について伺います。一つ目は、用地補償額についてであります。環境省、復興庁が本年八月八日以降に発表した「中間貯蔵施設等に係る対応について」の用地補償額については、公共用地の損失補償の基本的ルールのもとで、できる限り最大限の補償を行う、こう書いてありますけれども、今回地権者の....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/10/31

委員会名衆議院 環境委員会


「それで、二つ目は、町の将来像についてでありますが、八月二十八日に復興庁が、「大熊・双葉ふるさと復興構想 根本イニシアティブ」、大げさに「根本イニシアティブ」なんて名前がついていますけれども、全くどこがイニシアチブなんだかわからないような構想でありますけれども。まさに、これは全く先が見えないビジョンとなってお....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/10/31

委員会名衆議院 環境委員会


「時間の関係で先に行きますけれども、次に、同じように苦しんでいるのが放射性指定廃棄物の最終処分場でありますので、その対応について伺いたいと思います。時間の関係で、最初の方は私の方から話をして、もし違っているところがあったら指摘をしてください。まず一つ目、福島県の場合でありますけれども、福島県の場合は、指定廃棄....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/10/31

委員会名衆議院 環境委員会


「それでは、次に、五つ目は時間があったらやることにして、六つ目に行きたいと思いますが、風評被害の恐ろしさについてであります。望月大臣は静岡県でありますけれども、静岡県もお茶っ葉が被害に遭っているんですけれども、風評被害というのはどんなに恐ろしいかというのを御存じですか。」


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/10/31

委員会名衆議院 環境委員会


「そして、七つ目でありますが、七つ目は、指定廃棄物処分の基本的な考え方と責任者についてであります。指定廃棄物の最終処分については、特措法に基づく基本方針で各県処理となっていますが、それは私は間違いだと考えております。やはり処分の基本原則は排出者責任、そしてさらに、分散処分じゃなくて集中管理することだと考えてお....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/10/31

委員会名衆議院 環境委員会


「時間もなくなってきましたので、最終の方へ行きたいと思いますが、ぜひ皆さんは資料の四をごらんください。これを見ていただきますと、実は、東京電力の福島第一原発には、福島県も含めた六県分の指定廃棄物を最終処分する場所があるんですよ。大臣、御存じですか。この第一原発は三百五十町歩あるんです。ゴルフ場が三個半入るんで....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/10/15

委員会名衆議院 内閣委員会


「まず、集団的自衛権の行使容認の閣議決定についてお伺いをいたします。一つ目は、憲法九十六条の解釈について、七月一日の閣議決定に加わっていなかった山谷、松島、山口、三大臣にお聞きをいたします。御案内のとおり、憲法九十六条には改正の手続が規定されているわけでありますが、今回は改正の手続を経ずに憲法を実質的に改正す....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/10/15

委員会名衆議院 内閣委員会


「それでは、二番目の質問の市場原理主義、新自由主義の考え方について、主に甘利大臣、最後に菅官房長官に御感想をお伺いしたいと思っています。一つ目は、市場原理主義の考え方で中心的な考え方であります株主至上主義、市場万能主義について、甘利大臣はどうお考えになっているか、お答えをいただきたいと思います。」 「言うこと....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/10/15

委員会名衆議院 内閣委員会


「では、次に行きますよ。二つ目は、規制緩和と自由競争についてです。次の資料を見てください。これは内閣官房参与となった京都大学の藤井教授の資料ですけれども、「インフレ期とデフレ期とでは、求められる経済対策は真逆になる」ということで、これは、去年も甘利大臣とやったんですが、甘利大臣は全くこのことを評価していなかっ....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/6/18

委員会名衆議院 東日本大震災復興特別委員会


「復興庁が平成二十五年三月七日に取りまとめた早期帰還・定住プランのポイントは、私はよくできていると思っておりますけれども、問題は、その中身だと思っております。そこで、まず、時間の関係で、除染については要望だけにしておきたいと思います。一つ目は、除染作業後の放射線量の目標値の設定と下請負調書の開示についてであり....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/6/18

委員会名衆議院 東日本大震災復興特別委員会


「次に、十万ベクレルを超える放射性指定廃棄物の中間貯蔵施設の整備についてであります。質問通告と違う質問を急にすることになりましたので、ぜひお答えをいただきたいと思います。きょうは、谷副大臣と小泉政務官には、急に要請をして、出席をしていただいてありがとうございます。大して難しい質問ではありませんので、ぜひお答え....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/6/18

委員会名衆議院 東日本大震災復興特別委員会


「時間の関係もありますので、次に、八千ベクレルを超え、そして十万ベクレル以下の放射性指定廃棄物の最終処分場の整備についてであります。一つ目は、宮城県の選定手法、提示方法等についてであります。宮城県は栗原市、加美町、大和町の三カ所を提示いたしましたが、反発が多くて結論は先送りになっておりますけれども、その理由、....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/6/18

委員会名衆議院 東日本大震災復興特別委員会


「そもそも、原発事故対策の大原則、これをどう考えているのか。そしてさらに、特措法に基づく基本方針を大転換すべきだと私は考えております。そもそも、原発事故の責任は誰にあるのかと聞かれたら、東京電力です。これはみんな御承知でしょうけれども、原子力損害の賠償に関する法律は、第三条で、「当該原子炉の運転等により原子力....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/5/29

委員会名衆議院 総務委員会


「ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。案文の朗読により趣旨の説明にかえさせていただきます。電気通信事業法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)政府は、本法の施行に当たり、次の各項の実施に努めるべきである。一 電気通信サービスの安全性及び信頼性の....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/5/22

委員会名衆議院 総務委員会


「今回提出された放送法及び電波法の改正につきましては、平成十九年改正放送法の附則による見直しでありますので、特段反対するようなところはありません。しかしながら、NHKの人事についてはさらなる改正が必要だと思いますので、その点についてただしてまいりたいと思いますので、答弁者はぜひ簡潔にわかりやすくお答えをいただ....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/5/22

委員会名衆議院 総務委員会


「それでは次に、四月二十二日に開催された第千二百十二回経営委員会に提出した、理事の任命の同意書等についてお伺いをいたします。ここで、委員長にお願いをしておきたいと思います。本日、経営委員会の上村代行の出席を求めましたが、残念ながら認められませんでした。しかし、この四月二十二日の経営委員会において、上村代行は籾....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/5/22

委員会名衆議院 総務委員会


「三つ目は、二人の退任理事の怒りと心配であります。四月二十四日に久保田啓一理事・技師長と上滝賢二理事が退任したわけですけれども、両理事からは、最後の言葉として、経営委員会からは、これまで、執行部が一丸となって事態の収拾に当たるように言われてきました、本日、私からは、経営委員会こそが責任を持って事態の収拾に当た....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/5/22

委員会名衆議院 総務委員会


「次に、放送法に定めるNHK会長の職務上の義務違反についてでありますけれども、一つには、日付のない辞表の有効性と返却についてであります。きょうは、お二人の専務理事にもおいでいただいておりますので、四月二十一日、会長就任時に理事から預かった日付のない辞表は返却したということでありますけれども、その返却した専務理....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/5/20

委員会名衆議院 総務委員会


「ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。案文の朗読により趣旨の説明にかえさせていただきます。行政不服審査法案に対する附帯決議(案)政府は、本法施行に当たり、次の事項についてその実現に努めるべきである。一 今回導入される第三者機関及び審理員制度の運用に当....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/5/15

委員会名衆議院 総務委員会


「五月八日に続いて、行審法と関連二法案について質問をさせていただきますので、特に、衆法提出者におかれましては、閣法との違いを簡潔に、わかりやすく教えていただきたいと思います。まず、行政不服審査法案の閣法と衆法の違いについてであります。第一に、審理体制の違いについてであります。一つ目は、審理員と審理官の違いにつ....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/5/15

委員会名衆議院 総務委員会


「それでは、第二に、その他の違いについて教えていただきたいと思います。法定受託事務に係る処分及びその不作為の対応について、閣法にはない第四条第二項を追加したのはなぜなのか。また、審査庁が審査請求を却下する場合の対応について、閣法にない第四十四条第二項あるいは第四十八条第二項を追加したのはなぜなのか。その理由を....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/5/15

委員会名衆議院 総務委員会


「次に、是正のための処分等についてお伺いをいたしたいと思います。まず第一に、住民自治基本条例に定める住民投票実施義務違反についてであります。A市で起こったことでありますけれども、A市で住民から地方自治法第七十四条に基づく住民投票条例の制定を求める請求がありましたが、首長の意見に沿って、市議会は、住民投票条例の....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/5/8

委員会名衆議院 総務委員会


「まず、現行の行政不服審査制度の問題点についてであります。一つ目は、行政不服審査請求の救済率についてです。我が国の不服が認められない場合の救済率は、諸外国と比べると、国、地方ともに極めて低いと言われておりますけれども、現状はどうなっているのか、国と地方に分けて教えていただきたいと思います。」 「それでは、救済....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/5/8

委員会名衆議院 総務委員会


「実は、行審法が適用されるのはわずか四%で、個別法で特例があるのが九六%で、これらについては行審法が適用されないので救済率が上がらないのではないかという指摘もありますけれども、こうした指摘に対してはどう思われますか。」 「次に、そうしたことも踏まえて、行政不服審査制度の改正案についてお尋ねをしたいと思います。....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/5/8

委員会名衆議院 総務委員会


「次に、二つ目でありますけれども、二つ目は、公正性の向上についてであります。審理においては、職員のうち処分に関与しない者を審理員として指名して、裁決において、有識者から成る第三者機関が点検をし、審理手続における審査請求人の権利を拡充するなどによって、権利救済の公正さを担保するための独立性、専門性が確保できると....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/5/8

委員会名衆議院 総務委員会


「三つ目は、地方公共団体における審査会の設置についてであります。地方分権の流れの中で、地方公共団体の救済率の低さを考えると、地方公共団体こそ、審査会、むしろ審理官制度、そういうものが必要だと考えますが、いかがですか。せめて、都道府県、政令指定都市、中核市については、審査会、むしろ審理官制度を必置すべきだと思い....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/4/22

委員会名衆議院 総務委員会


「地方分権を促進し、地方自治体の自治能力を高め、住民の幸せを追求していくことは、大切なことだと思っております。いわゆる地方分権一括法が平成十二年の四月一日に施行になってから、大きく前進をしてきたと考えております。しかしながら、その地方分権の成果が生かされ、住民の方々が地方分権のメリットを実感しているのかと考え....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/4/22

委員会名衆議院 総務委員会


「そこで、次の質問の方に行きたいと思っておりますけれども、二つ目は、指定都市制度の見直しについてであります。今回の改正は、都市内分権による住民自治の強化を図るために区の役割を拡充すること、二重行政の解消を図るために指定都市都道府県調整会議を設置するとありますけれども、私は、それはそれなりに評価できる制度だと考....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/4/22

委員会名衆議院 総務委員会


「三つ目でありますが、新たな広域連携制度の創設についてであります。先ほど大臣からも御紹介がありましたけれども、国土交通省の新たな国土のグランドデザイン、骨子では、二〇五〇年には人口は九千七百万人、約六割の地域で人口が半減以下に、半分以下に、そのうち三分の一の地域は人が住まなくなる、どの国も経験したことのない約....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/4/22

委員会名衆議院 総務委員会


「次に、地方分権改革の推進についてであります。一つ目は、これまでの分権改革における土地利用計画の実施状況についてお伺いをしたいと思います。まちづくりの基礎となる都市計画制度と、農地、農振制度の分権改革が進みましたが、それらが実際に市町村でどのように実施されたのかについて、特に、都市計画制度の中の用途地域の見直....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/4/22

委員会名衆議院 総務委員会


「二つ目は、第四次の事務、権限の移譲等に関する見直しについてであります。今回、国から地方公共団体への移譲が四十八項目、そして都道府県から政令指定都市へは二十九事項、それぞれ移譲されることになりましたり、また、事務、権限の移譲以外の見直しも行うというようなことも定められているわけでありますが、これらで、各省庁と....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/4/22

委員会名衆議院 総務委員会


「それでは、四つ目は、先ほどうちの方の黄川田委員も触れましたけれども、地方分権を進めても、地方自治体の監査機能あるいは地方議会のチェックが弱いと、こんなひどい行政をやっているのということが実は間々見られるようになっているんですね。ですから、地方議会及び監査機関の機能の強化が、地方分権を進める一方では必要だと考....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/4/8

委員会名衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会


「一つ目でありますが、エネルギー基本計画の見直しについてであります。政府は、福島第一原発事故を踏まえて、エネルギー基本計画の見直しをしております。エネルギー源として、再エネ、太陽光、風力、地熱、水力、バイオマス、バイオ燃料、原子力、石炭、天然ガス、石油、LPガスを挙げておりますけれども、水素発電についてはエネ....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/4/8

委員会名衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会


「それでは、先日、千代田化工が、水素の液化、液化したものから水素を取り出す技術を十年かけて開発し、ことしから川崎コンビナートで水素発電所の建設に取りかかるとの報道がありましたが、御存じですか。」 「千代田化工のことについてというよりは、この水素発電所が、どんな技術開発が進んでいるかということの認識が余りにも乏....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/4/8

委員会名衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会


「二つ目は、現行の原子力委員会の役割と見直しの内容についてであります。原子力委員会の在り方見直しのための有識者会議報告書によりますと、見直しの方向性について、原子力利用の中立性を確保しつつ、我が国の立場を発信するため、一つとして、平和利用と核不拡散、二つとして、放射性廃棄物の処理処分、三つとして、原子力利用に....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/4/8

委員会名衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会


「次に、政府は、内閣府設置法の一部を改正して、科学技術によるイノベーションの創出を図りたいとしております。そこで、残念ながら全部は質問できませんので、今回、二番目の方に行きたいと思いますが、科学技術・イノベーション政策の強力な推進策についてお聞きをしたいと思います。一つ目は、総合科学技術会議による政府全体の科....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/4/3

委員会名衆議院 総務委員会


「まず、衆法第十一号に定める新たな電波利用制度について、提出者にお伺いをいたします。一つ目は、電波利用制度の変更についてであります。今回、電波利用制度を、共益費用から電波の経済的価値を反映したものに変更する趣旨はどのようなものなのか、お聞かせをいただきたいと思います。」 「では、二つ目でありますが、二つ目は、....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/4/3

委員会名衆議院 総務委員会


「次に、電波利用料の改定及び電波利用料の使途の拡大について総務大臣にお伺いをいたします。一つ目は、同報系デジタル防災行政無線の料額についてであります。政府が提出した今回の改正案では、電波利用料は、現行料額約七百七十億円に比べて七十億円安い約七百億円を見込んでおり、事業者間のバランスをとったということは評価でき....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/4/3

委員会名衆議院 総務委員会


「次に、通信・放送委員会の設置について、提出者と、最後に総務大臣にお伺いをいたします。一つ目は、通信・放送委員会の設置についてであります。通信・放送委員会を設置する趣旨及びメリットは何か、お聞かせをいただきたいと思います。」 「二つ目は、通信・放送委員会がNHKを所管することについてであります。NHKを通信・....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/4/3

委員会名衆議院 総務委員会


「時間がだんだんなくなってきましたが、次に、放送法に定める、NHK会長の職務上の義務違反について、浜田委員長と総務大臣にお伺いをいたします。一つ目は、人事権についてであります。委員長と大臣の意見をお伺いしますが、組織における人事権とはどういうものか、それぞれ、お考えをお聞かせください。」 「まさに人事権とは、....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/3/25

委員会名衆議院 総務委員会


「一つ目は、副会長、理事の任命権についてでありますけれども、放送法第五十二条第三項には、「副会長及び理事は、経営委員会の同意を得て、会長が任命する。」と規定されておりますけれども、その同法第四項以外の条件が何かあるのかどうか、お答えをいただきたいと思います。」 「それでは、二つ目ですけれども、二つ目は、副会長....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/3/13

委員会名衆議院 総務委員会


「それでは、最初に、改めてNHK会長としての資質についてお伺いをいたします。先日は時間がなかったので一つ一つ確認できませんでしたので、本日、改めてお聞きをさせていただきます。まず一つ目は、一月二十五日の発言は取り消したが、考え方は変えていないということを認めておりますが、それでよろしいですか。」 「次に、二つ....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/3/13

委員会名衆議院 総務委員会


「それでは次に、NHKに寄せられた苦情と、責任のとり方についてお伺いいたします。まず一つ目ですけれども、三月十一日現在、NHKに寄せられた意見、苦情は何件届いているのか、そのうち批判的な意見は何%を占めるのか、また、受信料の解約、不払いの申し出は何件あったのか、お伺いをいたします。」 「では、二つ目は、市民団....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/3/13

委員会名衆議院 総務委員会


「それでは、六つ目の質問は一番最後に回しまして、次に、安倍総理の評価についてお伺いをいたします。(発言する者あり)大臣の出席は求めていません。それでは、これまた籾井会長が何と言おうと批判しませんから、自由にお話しください。籾井会長の考え方を私は批判する考えはありませんから、籾井会長、どうぞ自由に答えてください....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/3/13

委員会名衆議院 総務委員会


「さて、いよいよ最後の質問に移りたいと思います。それでは、浜田委員長、改めて、籾井会長の進退についてどう思うか、お伺いをいたします。」 「それでは最後に、私は、籾井会長は、今まで指摘してきたように、思想的にも、また企業統治上も、経営者としても、公共放送としてのNHKの会長としてふさわしくないのではないか、その....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/2/27

委員会名衆議院 総務委員会


「それでは、最初に、NHK会長の資質と責任のとり方についてお聞きをしたいと思います。NHKの会長に籾井会長がなぜふさわしくないのか、その理由を四点考えておりましたが、昨日の我が党の階議員の質問に対する答えを聞いたら、もう一つふえました。まず、それを最初に申し上げたいと思います。報道によると、籾井会長は、きのう....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/2/27

委員会名衆議院 総務委員会


「さて、次に、総務省の課題とミッションについてこれから議論をしたいと思います。一つ目は、アベノミクス、景気対策の実態についてであります。アベノミクスの実態は、現在、デフレ脱却どころか、家計を圧迫する悪性インフレ、貿易収支の赤字は最大、国内産業は空洞化、輸入量は変わらないのに円安で燃料輸入費だけが高騰と、悪いと....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/2/27

委員会名衆議院 総務委員会


「それから三つ目は、財政健全化に対する国と地方の違いについてでありますけれども、国は、何としても国と地方を通じてプライマリーバランスを黒字化するんだということで、地方のことを含めて一生懸命財政の健全化をするということで主張しておりますけれども、しかし、国と地方自治体、民間企業、家計とは、私は、権限の違いから同....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第三分科会


「それでは、一つ目は、アベノミクスの現状についてであります。最近の物価上昇、貿易収支の赤字、円安の悪影響、経常収支の減少などを考えてみますと、アベノミクスは景気対策の効果を十分発揮していない。デフレ脱却どころか、家計を圧迫する悪性インフレ。貿易収支の赤字は最大、国内産業は空洞化。円安で輸入量は変わらないのに燃....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第三分科会


「そこで、では、日本が本当に財政破綻するのかどうかということについて議論したいと思います。我が国の経常収支の推移と現状であります。一つ目は、過去二十年間の経常収支の推移でありますが、資料の一をごらんください。財務省につくっていただきました。こちらを見ていただければ、非常に日本の国際収支が大きく転換しているとい....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/2/25

委員会名衆議院 総務委員会


「それでは、きょうは、NHKの経営委員長、そして会長以下全理事に御出席をいただいておりますので、それぞれ、皆さん、正直にお答えをいただきたい。まず、NHK会長としての籾井会長の資質についてお伺いいたします。一つ目は、公共放送の不偏不党、公正中立、編集権の独立とは何か、どう考えているのか、籾井会長、お答えくださ....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/2/25

委員会名衆議院 総務委員会


「次に、NHK会長としての今回の人事権行使の狙いについてお聞きします。まず一つ目、一月二十五日の就任初日、臨時役員会を開いて、理事全員に辞表を求めたと報道がありますが、それは本当ですか、会長。」 「それでは、二つ目は、国会でうそをついて辞職に追い込まれた会長が過去にいたことを御存じですか。」 「では、三つ目、....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/2/18

委員会名衆議院  本会議


「次に、平成二十二年の国勢調査の結果を踏まえれば、過疎地域がさらに増加することになります。過疎地域自立促進特別措置法の早急な改正はもちろんのこと、今までの、ハードに偏重しがちだった事業を、ソフト面にさらに拡充していくべきではないでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/2/18

委員会名衆議院  本会議


「国土強靱化、消費税の引き上げの際の景気対策の名のもとに、公共事業予算を急激に増加させたことで、資材高騰や人手不足などによる、公共事業の中止がふえています。国土強靱化も景気対策も看板倒れとなるおそれが強く、建設業界の実情を無視した公共事業偏重の予算編成に、無理があるのではないでしょうか。」 「次に、同様の理由....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/2/18

委員会名衆議院  本会議


「次に、近年異常気象が続いており、ことしも、大雪などにより、多くのとうとい命が失われるなど、被害が多発しております。除雪費を初め、災害に備える財源を確保するべきと思いますが、いかがお考えですか。」 「最後に、前国会で、消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律を超党派で成立させましたが、平成二十六年度....


→発言の続きを見る


議員名福田昭夫(民主党)

2014/2/18

委員会名衆議院  本会議


「そして、消費税の引き上げに伴って、自動車取得税を縮小して、地方の生活の足ともいうべき軽自動車税を増税することは、地方の景気の足を引っ張ることになるのではないでしょうか。」 「次に、アベノミクスで一部の輸出産業は為替益で潤っているようでありますが、景気回復の実感が地方には広がっていないことを認めておきながら、....


→発言の続きを見る

173件見つかりました。