希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

船田元さんの発言を表示します。


議員名船田元(自由民主党)

2015/6/11

委員会名衆議院 憲法審査会


「去る六月四日のこの憲法審査会、憲法保障をめぐる議論ということで、三人の参考人の方からお話を伺い、また質疑も行われました。もちろん、立憲主義ということが一つのテーマでございましたので、昨年七月の閣議決定のあり方、あるいは現在審議されております平和安全法制関係が議論されるということは、これは予想できることではご....


→発言の続きを見る


議員名船田元(自由民主党)

2015/5/27

委員会名衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会


「ただいま議題となりました公職選挙法等の一部を改正する法律案につきまして、提出者を代表いたしまして、その趣旨及び主な内容を御説明申し上げます。まず、本法律案の趣旨について御説明申し上げます。本法律案は、昨年六月に超党派の議員立法として成立いたしました日本国憲法の改正手続に関する法律の一部を改正する法律の附則に....


→発言の続きを見る


議員名船田元(自由民主党)

2015/5/27

委員会名衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会


「次に、本法律案の主な内容につきまして、その概要を御説明申し上げます。第一に、選挙権年齢等の十八歳への引き下げについて、公職選挙法、地方自治法、漁業法及び農業委員会等に関する法律に規定する選挙権年齢等を十八歳以上に引き下げることとしております。第二に、施行期日について、この法律は、公布の日から起算して一年を経....


→発言の続きを見る


議員名船田元(自由民主党)

2015/5/7

委員会名衆議院 憲法審査会


「まず、憲法改正議論の前提となる憲法観でございます。私たちは、現行憲法は戦後のGHQの強い影響下で制定されたという歴史的な事実は否定できないと考えております。しかし、同時に、平成十七年にまとめられた衆議院憲法調査会報告書においては、そのことばかりに拘泥すべきではないという意見が多数を占めたことも大切にしなけれ....


→発言の続きを見る


議員名船田元(自由民主党)

2015/5/7

委員会名衆議院 憲法審査会


「次に、今後の改正の議論における基本的な原則を確認しておきたいと思います。第一は、我々は何でも改正できるという立場ではなく、改正についてはおのずから限界が存在するということであります。具体的には、三原則と言われている国民主権、平和主義、基本的人権の尊重であります。これらは、言うまでもなく、人類普遍の原理であり....


→発言の続きを見る


議員名船田元(自由民主党)

2014/11/19

委員会名衆議院 憲法審査会


「まず、相沢陳述者に御質問いたします。相沢陳述者からは、我々自民党の憲法改正草案に非常に近い考え方を御披露いただきまして、大変心強く感じた次第でございます。ただ、一つ違っておりましたのは発議要件でございまして、我々自民党の草案としては、衆議院、参議院、それぞれの議員の二分の一以上ということを課するのでどうか、....


→発言の続きを見る


議員名船田元(自由民主党)

2014/11/6

委員会名衆議院 憲法審査委員会


「党の憲法改正推進本部長という立場で、今議題となっております今後の憲法審査会の審議のあり方につきまして考えを述べたいと存じます。まず、これまでの審査会の議論でありますが、さきの通常国会では、憲法改正国民投票法の改正を行い、法施行後四年間は二十から、五年目以降は十八歳から投票することとし、いわゆる年齢問題を解決....


→発言の続きを見る


議員名船田元(自由民主党)

2014/11/6

委員会名衆議院 憲法審査委員会


「当審査会としては、いよいよ憲法改正の中身を真剣に議論すべきときを迎えたと思います。憲法に新たにつけ加えなければならないこと、憲法が現実と乖離する箇所が出てきたことなど、憲法改正の必要性は論をまちませんが、我が党は、既に二年前に日本国憲法改正草案を発表いたしております。各政党の皆様にも、憲法をどのように変える....


→発言の続きを見る


議員名船田元(自由民主党)

2014/11/6

委員会名衆議院 憲法審査委員会


「ところで、国会法六十八条の三に、「憲法改正原案の発議に当たつては、内容において関連する事項ごとに区分して行うもの」と規定されています。これが個別発議の原則と言われております。これに従えば、憲法改正とは、一度に全て行うのではなく、何回かに分けて行うこととなります。部分的な改正が続くわけですが、憲法全体のバラン....


→発言の続きを見る


議員名船田元(自由民主党)

2014/11/6

委員会名衆議院 憲法審査委員会


「私たち自民党や与党だけで憲法改正ができるとは全く考えておりません。これまでの国民投票法などの環境整備において大切にしてきました幅広い合意を、憲法改正のときこそ大切にしていかなければいけないと思います。今後もさまざまな困難と課題が山積すると思いますが、憲法審査会は、憲法を本来の意味で国民の手に取り戻すために、....


→発言の続きを見る

10件見つかりました。