希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

石原宏高さんの発言を表示します。


議員名石原宏高(自由民主党)

2018/6/14

委員会名衆議院 本会議


「私は、自由民主党及び公明党を代表して、ただいま議題となりました内閣委員長山際大志郎君解任決議案に対し、断固反対の討論を行うものであります。山際委員長は、これまで各党各会派の主張に誠心誠意耳を傾け、公正かつ円満な委員会の運営ができるように最大限の努力を続けてこられました。また、国民の負託に真摯に応えるべく、丁....


→発言の続きを見る


議員名石原宏高(自由民主党)

2018/6/14

委員会名衆議院 本会議


「今国会では、保育事業の財源確保等を目的とした子ども・子育て支援法が成立いたしましたが、待機児童の解消に道筋をつけるこの重要な法案に対し、維新を除く野党は一切審議に応じることなく、日切れ扱いである本法案の成立を大幅に先送りする原因をつくりました。その上、次に重要な閣法の審査を控えているにもかかわらず、審議に出....


→発言の続きを見る


議員名石原宏高(自由民主党)

2018/6/14

委員会名衆議院 本会議


「山際委員長は、参考人質疑や総理に対する質疑などを含む充実した委員会運営に全力を挙げ、法案の論点は明らかになっておりました。議論が尽くされれば結論を出すことは、立法府として当然の責務です。にもかかわらず、委員会をとめる方便として、今度は解任決議案の提出であります。ぜひとも、旧態依然とした筋の通らない日程闘争か....


→発言の続きを見る


議員名石原宏高(自由民主党)

2018/6/14

委員会名衆議院 本会議


「与野党の合意点が容易に見出せない中、山際委員長は、その都度、国益や国民生活、また議会運営のあるべき姿に照らして適宜適切な判断を行い、各法案の内容や重要度に応じて、参考人質疑や連合審査、政府からの追加資料の提出など、可能な限り、可能な限り野党の要求に応えながら、誠実にその職責を果たしてこられました。これまでの....


→発言の続きを見る


議員名石原宏高(自由民主党)

2018/4/6

委員会名衆議院 内閣委員会


「まず第一問目に、平成二十六年度の改正時の附則第三条、また平成二十六年四月二十五日の衆議院の内閣委員会の附帯決議等々の中で、当機構のあり方、法律の施行状況について検討を加えて、その結果に基づいて必要な措置を講ずるということがうたわれております。今回の改正に当たって、どのような検討がどういう機関で行われたのか、....


→発言の続きを見る


議員名石原宏高(自由民主党)

2018/4/6

委員会名衆議院 内閣委員会


「二問目に、平成二十九年の十二月八日に閣議決定をされました新しい経済政策パッケージで、生産性革命の実現を二〇二〇年までの中期的な課題と位置づけ、推進のため、未来投資戦略二〇一七に含まれた施策を着実に実行するとともに、二〇二〇年までの三年間を生産性革命集中投資期間として、大胆な税制、予算、規制改革等の施策を総動....


→発言の続きを見る


議員名石原宏高(自由民主党)

2018/4/6

委員会名衆議院 内閣委員会


「次に、少しREVICの収支について御質問させていただきたいと思います。事業再生を行う際に支払い手数料を徴求していらっしゃると思うんですけれども、どのような基準でこの支払い手数料を請求されているのか、ちょっと教えていただけますでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名石原宏高(自由民主党)

2018/4/6

委員会名衆議院 内閣委員会


「次に、公表されております平成二十八年度のREVICの収支について、ちょっと質問させていただきたいと思います。営業費用が五十九億五千百万円のうち、人件費はどのぐらいの程度なのか。また、その人件費、役員報酬とか給与水準というのは一般のファンド等と比べて適正水準なのかどうか、教えていただけませんでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名石原宏高(自由民主党)

2018/4/6

委員会名衆議院 内閣委員会


「お話を聞いていると、投資をされているファンドについてはIRRが想定されているということなんですけれども、可能な範囲で、そういう、投資をされているファンドの中のIRRの数字がわかったら教えていただけないでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名石原宏高(自由民主党)

2018/4/6

委員会名衆議院 内閣委員会


「いろいろと資料を見ると、具体的な検討を行った案件に関する寄与度合いとか、ハンズオン支援等による収益改善、地域経済への貢献、金融機関との連携等、各種KPIがあるんですけれども、ちょっと、どうやって定量的にこれをカウントするのかというのがよくわからないところがあります。幾つかで結構なので、もう少しわかりやすく、....


→発言の続きを見る


議員名石原宏高(自由民主党)

2018/4/6

委員会名衆議院 内閣委員会


「今ちょっとお話をしたように、今回は、三年その投資期間を延長して、REVICをやめる期間を更に五年、八年後にということにするわけですけれども、今後、私は、KPIとかいろいろなものを判断して、REVICを終了するそういう判断材料、これから更に期間を延ばすと言っておきながら、終了することについて聞くのはまだちょっ....


→発言の続きを見る


議員名石原宏高(自由民主党)

2018/4/6

委員会名衆議院 内閣委員会


「質問時間もだんだんだんだん迫ってきたんですけれども、REVICをまだこれから期間を延ばして支援を続けていくという中で店じまいの話をしてもしようがないんですが、REVICには子会社が三社あると思います。その子会社も、やがてREVICを店じまいするときには何とかしていかなければいけないと思うんです。そのREVI....


→発言の続きを見る


議員名石原宏高(自由民主党)

2018/4/6

委員会名衆議院 内閣委員会


「大分時間が迫ってきたんですけれども、REVIC若しくはREVICが投資をしているキャピタル、パートナーズを通して投資をされている各ファンドについて、例えば未公開の株式の会社というのが多いと思うんですけれども、その減損ルールについてちょっと御説明をいただけないでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名石原宏高(自由民主党)

2018/2/23

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「まず落下物について、その落下物の危険性について、例えば国内外で、航空機から落下物が落ちて人が死んでしまったり、けがをしたり、家屋等の破損、そのようなことが過去十年間ぐらいでどのような事実があるか。まず教えていただきたいと思います。そして、あわせて、落下物の損害賠償についてちょっとお聞きしたいと思います。落下....


→発言の続きを見る


議員名石原宏高(自由民主党)

2018/2/23

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「続けて、落下物による損害の確率論というのはすごく難しいと思うんですけれども、私も、選挙区の上を通るということでいろいろと国交省から説明を受けているんですけれども、米国のFAAが、落下物による損害について過度に危惧することは、確率論なのかどうかわかりませんが、無用な懸念ではないかというような論文があるような話....


→発言の続きを見る


議員名石原宏高(自由民主党)

2018/2/23

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「あと二問、落下物についてちょっと御質問させていただきたいんですけれども、羽田空港の離発着枠が拡大された後、落下物の通報体制、落下物を見つけたら誰に連絡をして、それが最終的に国交省の方にどういうふうに伝わっていくのか。そして、さらには、その結果を公表をすべきだというふうに思うんですけれども、定期的な公表をどの....


→発言の続きを見る


議員名石原宏高(自由民主党)

2018/2/23

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「続けて、住民の方々が懸念されている中で、実は、騒音の方が落下物より、私が十数名の方からいろいろと質問された中では多かったんですけれども、騒音について質問をさせていただきたいと思います。まず騒音対策であります。騒音対策についてお聞かせをいただきたいんですが、私の認識だと、基本的には基準値を下回るということで、....


→発言の続きを見る


議員名石原宏高(自由民主党)

2018/2/23

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「これはなかなか想定しづらいとか説明しにくいところもあるとは思うんですが、実際に飛行機が飛ぶようになって、例えば騒音の被害が、基準は満たしているんだけれども、例えば、飛行機の離発着がうるさくて、それが原因で私はうつ病になったんだみたいな人がたくさん出てきたようなときに、騒音基準の見直しみたいなことが行われ得る....


→発言の続きを見る


議員名石原宏高(自由民主党)

2018/2/23

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「最後に、騒音被害による国家賠償責任みたいな、国家賠償を求める裁判みたいなことについてお聞かせいただきたいと思うんですけれども、二十四時間の平均基準を満たすとは思うんですが、満たしていないケースもあるかもしれませんけれども、例えば、過去十年ぐらいで、国家賠償について、騒音について何か裁判が起こされて、そしてそ....


→発言の続きを見る


議員名石原宏高(自由民主党)

2018/2/23

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「最後二問ぐらいなんですけれども、先ほど冒頭にお話をしたように、一番やはり私も聞かれるのは、騒音の問題、そして落下物の問題なんですが、一部報道もあって、何人かの方が、自分の居住地の上を飛行機が通ることによって地価が下落するんじゃないか、そういう例が世界であったんじゃないかということで、地価下落に対する懸念を言....


→発言の続きを見る


議員名石原宏高(自由民主党)

2018/2/23

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「主な点は、私も十数名の方からいろいろと聞かれる中では、やはり、落下物、騒音、そして地価下落みたいなことが、この三つの課題に集約されるところもあるんではないかと思うんですが、私が質問された中に、去年の暮れぐらいにこの羽田空港の離発着枠に関するいろいろなテレビの報道が行われまして、その中で、私ちょっと詳しくその....


→発言の続きを見る


議員名石原宏高(自由民主党)

2015/12/1

委員会名衆議院 文部科学委員会


「本日は、この教職員定数の問題に焦点を絞って質問をしたいと思います。私は、教育というものは、現場での教員と子供との触れ合いがよりよい環境の中で行われることが最も重要だと考えております。教員定数のあり方についても、まずは現場の実態を踏まえたものでなければならないと考えています。今の学校現場の実態について、馳大臣....


→発言の続きを見る

22件見つかりました。