希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

宮下一郎さんの発言を表示します。


議員名宮下一郎(自由民主党)

2017/2/27

委員会名衆議院 予算委員会


「私は、自由民主党・無所属の会を代表し、ただいま議題となっております平成二十九年度一般会計予算、平成二十九年度特別会計予算及び平成二十九年度政府関係機関予算、以上三案に対しまして、賛成の討論を行います。平成二十九年度予算は、経済・財政再生計画の二年目に当たる予算として、アベノミクスをさらに前へ進め、経済再生と....


→発言の続きを見る


議員名宮下一郎(自由民主党)

2017/2/27

委員会名衆議院 予算委員会


「以下、賛成する主な理由を申し述べます。第一の理由は、政府が我が国の抱える現下の重要課題に的確に対応し、国家国民のために実行すべき施策をしっかりと盛り込んでいるという点であります。まず、一億総活躍社会の実現に向け、保育士、介護人材等の処遇改善や給付型奨学金の創設などの重要な取り組みを確実に行うことや、科学技術....


→発言の続きを見る


議員名宮下一郎(自由民主党)

2017/2/27

委員会名衆議院 予算委員会


「第二の理由は、経済成長に向けた施策の充実と歳出の効率化を同時に図ることにより、財政再建を目指す予算となっている点であります。平成二十九年度予算は、経済・財政再生計画に基づき、一般歳出の伸びを五千三百億円の増に抑制し、新規国債発行額も安倍政権における予算として五年連続で減額とするなど、二〇二〇年度の基礎的財政....


→発言の続きを見る


議員名宮下一郎(自由民主党)

2017/1/27

委員会名衆議院 予算委員会


「政府としては、これまでも、これらの大規模地震を想定して、地震防災対策の基本計画を立て、その中でまた減災目標を立てて、さまざまな対応策を推進されていると認識しております。同時に、実際に発災した際に円滑に対応できるように、応急対応のための体制をしっかり整備していくということも喫緊の課題であると考えます。ついては....


→発言の続きを見る


議員名宮下一郎(自由民主党)

2017/1/27

委員会名衆議院 予算委員会


「この第三次補正予算に計上されました国際機関分担金及び拠出金は一千六百八十五億円でありまして、この金額は、平成二十八年度当初予算における当該予算を上回る、ある意味大きな金額となっているわけです。一方で、その経緯を伺いますと、当初予算の策定以降に、PKO分担金を初めとしまして、国際機関などから、さまざまなプロジ....


→発言の続きを見る


議員名宮下一郎(自由民主党)

2017/1/27

委員会名衆議院 予算委員会


「ついては、安倍総理から、大規模災害に向けた対策推進に向けた御決意、また、施政方針演説でも述べられました世界の平和と繁栄のために力を尽くすということに対する思いについて、一言お伺いをしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名宮下一郎(自由民主党)

2016/10/19

委員会名衆議院 財務金融委員会


「また、これも税制改正の中で、賃金を引き上げると減税となる所得拡大促進税制、また、本社機能の移転や地方での雇用を増加させると減税となる地方拠点強化税制、そして、生産設備に対する投資減税、こういったことで、いろいろな主体が、前向きに頑張る地域や主体が恩恵が得られるようなそうした観点から、また、イノベーションを通....


→発言の続きを見る


議員名宮下一郎(自由民主党)

2016/10/4

委員会名衆議院 本会議


「政権交代後、三本の矢の政策を進めることにより、経済の好循環は着実に回り始め、もはやデフレではないという状況をつくり出すことができました。また、雇用・所得環境も大きく改善するなど、確実に成果が生まれていますが、アベノミクスはいまだ道半ばであります。こうした現状認識に立ち、本年八月、未来への投資を実現する経済対....


→発言の続きを見る


議員名宮下一郎(自由民主党)

2014/5/14

委員会名衆議院 経済産業委員会


「そこで、まず、一つ一つ御質問させていただきますが、安定供給をどのように確保するのかについて、何点かお伺いをしたいと思います。今回の法案では、新たな仕組みとして、小売電気事業者に供給力確保義務が課せられておりますけれども、小売電気事業者はどこから供給力を確保することとなるのか。この点、改めて具体的にお教えをい....


→発言の続きを見る


議員名宮下一郎(自由民主党)

2014/5/14

委員会名衆議院 経済産業委員会


「次に、電力システム改革の目指す二つ目の目的であります電気料金の最大限の抑制、この点に関連して質問をさせていただきたいと思います。世の中には、自由化してしまって大丈夫なのかと。当面は料金規制が一般電気事業者の皆さんにはかかるわけですけれども、各国でも自由化で決して電気代が安くなったわけではないんじゃないか、大....


→発言の続きを見る


議員名宮下一郎(自由民主党)

2014/5/14

委員会名衆議院 経済産業委員会


「電気料金を抑制するためのもう一つの大きな柱が、広域メリットオーダーの実現であると言われております。きょうお配りした資料の三枚目に、このぐらいメリットがあるんだという試算、これは経産省側が出されている資料がございます。これで見ましても、広域的な、日本全体での連系線制約を取り去っていくことによって一千七百億円程....


→発言の続きを見る


議員名宮下一郎(自由民主党)

2014/5/14

委員会名衆議院 経済産業委員会


「それでは最後に、電力システム改革の目指す三つ目の目的であります、需要家の選択肢や事業者の事業機会の拡大に関連して質問をさせていただきたいと思います。今回の法改正によりまして、小売参入の全面自由化が実現しますと、家庭も含めた全ての需要家が自由な料金メニューを選択することが理論的には可能になるわけでありますけれ....


→発言の続きを見る

12件見つかりました。