希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

(※)中田宏さんの発言を表示します。


議員名(※)中田宏(日本維新の会)

2014/5/16

委員会名衆議院 文部科学委員会


「我が党が主張してきたことにおいては、総合教育会議の場において首長と教育長の調整が整わなかったという場合は、これはどうなるんだということはかなりしつこく大臣に聞かせていただいてまいりました。大臣の答弁ということについてかいつまんで申し上げれば、それは、例えば四月二十五日の大臣の答弁では、総合教育会議にて方針が....


→発言の続きを見る


議員名(※)中田宏(日本維新の会)

2014/5/16

委員会名衆議院 文部科学委員会


「そういう意味では、先ほど来申し上げているとおり、大きな前進であることは認めますから、ぜひいい運用になるように、例えばこれから先、省令だとか通達だとかいろいろな形で文科省もこの法律にさらに魂を入れていく、そうした行政展開をしていくものと思いますから、この点についてはしっかりと、これは新たにつくった法律ですから....


→発言の続きを見る


議員名(※)中田宏(日本維新の会)

2014/5/14

委員会名衆議院 文部科学委員会


「まず、今回の法改正においては、大津におけるいじめ事件そして自殺事件、この件が発端になっていることは、これはここにいらっしゃる委員の皆さんは皆おわかりだと思います。大臣もそのことを認めておられます。そういう意味においては、いじめ事件、自殺事件、これを振り返りたいと思いますけれども、あのいじめ自殺事件というのは....


→発言の続きを見る


議員名(※)中田宏(日本維新の会(次世代の党))

2014/4/22

委員会名衆議院 総務委員会


「十九日のことでありますけれども、中国において、上海海事法院が、我が国の商船三井所有の大型船舶の差し押さえという挙に出ました。これは、実に日中関係の信頼を損ねるというふうに言わざるを得ません。一九七二年の日中共同声明の精神を踏みにじるものだというふうに言わざるを得ませんし、菅官房長官も昨日、このように声明を出....


→発言の続きを見る


議員名(※)中田宏(日本維新の会(次世代の党))

2014/4/22

委員会名衆議院 総務委員会


「さて、地方自治に関することを総理にお伺いしていきたいと思います。まず、今回、我々は修正案を提出したわけでありますけれども、この修正案の内容については、いわば、今回の政府案が総合区というものを新たに政令市の中につくるのに対して、この総合区の区長を公選で選べるという選択もできるようにしようというのが私たちの案の....


→発言の続きを見る


議員名(※)中田宏(日本維新の会(次世代の党))

2014/4/16

委員会名衆議院 文部科学委員会


「ただいま議題となりました地方教育行政の組織の改革による地方教育行政の適正な運営の確保に関する法律案につきまして、提出者を代表して、その提案理由及び内容の概要を御説明申し上げます。教育は国家百年の計です。人づくりなくして国づくりなしの理念のもと、改革を着実に進めていかなければなりません。我が国では、少子高齢化....


→発言の続きを見る


議員名(※)中田宏(日本維新の会)

2014/3/25

委員会名衆議院 総務委員会


「さて、NHKがやるべきことというのは、ある意味では民間がやらないことをしっかりとやってもらうというのが第一義的には重要な視点だ、そこにNHKの誇りを持ってもらわなければいけない、こう思うわけでありますけれども、このお笑い番組、余りにも民放のまねをし過ぎじゃないかというふうに思えてならないわけでありますけれど....


→発言の続きを見る


議員名(※)中田宏(日本維新の会)

2014/3/25

委員会名衆議院 総務委員会


「その上で、二〇一〇年でありますから、今から数年前、こういう記事が日本経済新聞に載っておりました。「韓国ドラマを買い付けると買い付け額以上の補助金がもらえたときもあった」というコメントなんですが、これは誰が出したのかというと、台湾のテレビ番組の大手幹部のコメントでありました。実際、韓国は、申し上げたように、国....


→発言の続きを見る


議員名(※)中田宏(日本維新の会)

2014/3/25

委員会名衆議院 総務委員会


「もちろんこれは結果論です。たまたま、鈴木選手がとったときにそういう番組、再放送じゃないか録画じゃないかなんて難癖をつけるんじゃなくて、結果論でしかありません。しかし、申し上げたいことは御理解をいただけていると思いますけれども、もっともっと、公共放送としてこういうものを広くNHKは放映してほしいんですね。ソチ....


→発言の続きを見る


議員名(※)中田宏(日本維新の会)

2014/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第六分科会


「さて、きょう質問させていただくのは、今般大変に雪の被害がございましたから、ここら辺についてなんです。実は、私は横浜市長も務めましたし、地元神奈川県も広いわけですけれども、もちろん農業が盛んなエリアもありますけれども、一方では、いわゆる都市部、横浜、川崎、こういうエリアでも農業は盛んでございます。現在のところ....


→発言の続きを見る


議員名(※)中田宏(日本維新の会)

2014/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第六分科会


「先ほど申し上げたように、神奈川県も農業は大変盛んでありますし、被害も受けました。例えば、私の地元でもある川崎市の宮前区でありますけれども、トマトやキュウリ、ナスの温室栽培を手がける農家でありますけれども、ビニールハウスがもうこれは完全に雪の重みで倒壊をしてしまいました。かつては保険ということにも入っていたん....


→発言の続きを見る


議員名(※)中田宏(日本維新の会)

2014/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第六分科会


「やはり、日本の農業を強くしていく、そして輸出としてやっていけるような産業にしていく。輸出していれば、食料自給率というのも、当然ですけれども、いざというときには我々は食料の確保ということにもつながるわけでありますから、ここは長期的戦略に立ってと言いたいところですけれども、余りだらだら長くやっていてもしようがな....


→発言の続きを見る


議員名(※)中田宏(日本維新の会)

2014/2/17

委員会名衆議院 予算委員会


「まず、この学校教育におけるいじめであるとか、また、そこから発生をする自殺であるとか、ここについてはしっかりと大人が責任を持たなければいけない。すなわち、教育現場、ここが責任を持っていかなければいけないと思います。下村大臣にお伺いしたいと思いますが、こうした自殺やいじめと、一方では我々が今から論ずる制度論、こ....


→発言の続きを見る


議員名(※)中田宏(日本維新の会)

2014/2/17

委員会名衆議院 予算委員会


「その上で、これから先、このC案なるものが、与党から出てくるものも、できる限り責任の所在が明確になる、そのことを私は願っているし、そして、C案がそのまま政府案になるとも思えないわけでありまして、政府案がそれをもとに、また参考にしながらつくり上げられてくるというふうに思いますけれども、ここで、果たして責任、先ほ....


→発言の続きを見る


議員名(※)中田宏(日本維新の会)

2014/2/17

委員会名衆議院 予算委員会


「先ほど桜宮高校の話もしました。指導主事が指導しに行ったけれども、校長は聞く耳を持たずに、のこのこと帰ってきた。結果、生徒一人の命が失われるということです。結局、教育委員会制度を詳しく知らない方は、教育委員会はかなり強権を持っているんじゃないか、こう思っておられるんだけれども、全然違うんですよ。教育委員会は、....


→発言の続きを見る


議員名(※)中田宏(日本維新の会)

2014/2/3

委員会名衆議院 予算委員会


「そもそも文科省はこういうことに対して不作為だと私は言わざるを得ないと思いますけれども、時間もないんですけれども、ちょっと下村大臣、まず、文科省の教育委員会制度について、御感想をお願いします。」 「一方で、実は、中教審が出しているものに対して、B案というものがございます。このB案でありますけれども、これはどう....


→発言の続きを見る


議員名(※)中田宏(日本維新の会)

2014/2/3

委員会名衆議院 予算委員会


「さらに、そういうスペースを使って、保育士ではないけれども、地域の中に眠っている人材的な資源はいるわけです。例えば、子育てが終わって、子育てのベテランのおばちゃん、じいちゃん、ばあちゃん、いるんですよ。こういう人たちが保育というものに対して、一緒になって地域の中で子供を育んでいくというような保育、これは、都市....


→発言の続きを見る


議員名(※)中田宏(日本維新の会)

2014/2/3

委員会名衆議院 予算委員会


「ただ、本当に国民の皆さんにも考えていただきたいんですけれども、北海道から沖縄まで全部一律で同じような基準を当てはめなければいけないというのは、これは時代錯誤なんです。この後も私は理由をしっかりと申し述べたいと思いますけれども。厚生労働省の役人が日本全国津々浦々の事情を全部知っているなんというのは、全くもって....


→発言の続きを見る

18件見つかりました。