希望日本研究所

希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

柿沢未途さんの発言を表示します。


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/4/13

委員会名衆議院 内閣委員会


「愛媛県の文書であります。内閣府、農水省、文科省に資料として配ったと愛媛県は言っております。官房長官から、文書の有無を確認するよう指示をした。きょうになって、愛媛県の文書、農水省にありましたということになりました。きのうの段階で通告したときに、農水省にも来てもらっているんですけれども、けさになって、ありました....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/4/13

委員会名衆議院 内閣委員会


「では、内閣府であります。内閣府は本丸ですよ。本丸の内閣府はどうか。ちなみに、梶山大臣は国家戦略特区の担当大臣でもあり、また、公文書管理の担当大臣でもある。はっきり言って、ないはずはない、なかったということでは済まされない、なかったということはあり得ないと思いますけれども、内閣府、どうですか。」


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/4/13

委員会名衆議院 内閣委員会


「同じ文書が愛媛県から内閣府、農水省、文科省に配られていて、受け取った各府省の側では、これまでそこに書かれている内容について特段異議や訂正が申し立てられたような形跡はないわけです。つまりは、この文書に書かれていた経過というのは、愛媛県の側でも霞が関の側でも、関係者にとっては公知の事実として共有をされていたとい....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/4/13

委員会名衆議院 内閣委員会


「昨日の東京新聞、これも一面のトップですけれども、平成二十七年四月二日に総理官邸を訪問するのに先立って、官邸から文科省に訪問の予定が事前に伝達をされていたということであります。文科省関係者によると、平成二十七年三月、総理官邸側から、近く愛媛県や今治市、加計学園の関係者が来ることになっていると。官邸で誰が対応し....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/4/13

委員会名衆議院 内閣委員会


「首相案件と言われる、この件に関する公文書管理についてお伺いをいたします。まず、内閣官房において、平成二十七年四月二日の官邸における面会について、事実や内容を記した記録は残っているのかいないのか。内閣府において、同じ四月二日、内閣府の藤原次長、当時と、愛媛県、今治市、加計学園担当者、面会の事実や内容を記した記....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/4/13

委員会名衆議院 内閣委員会


「今治市の方なんですけれども、平成二十七年四月二日に担当者が総理官邸に行ったというふうに答えているということを、四月十一日の衆議院予算委員会で内閣府から答弁をされておられますが、それでいいですか。」


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/4/13

委員会名衆議院 内閣委員会


「愛媛県の文書には、柳瀬秘書官が、本件は首相案件となっており、内閣府藤原次長の公式のヒアリングを受けるという形で進めていただきたいと、アドバイスというか指示を受けたのが記録をされています。その内閣府の藤原次長は、愛媛県、今治市、加計学園の担当者から公式のヒアリングを初めて行った。この柳瀬秘書官から言われた公式....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/4/13

委員会名衆議院 内閣委員会


「藤原次長が、今治市又は愛媛県又は加計学園、それぞれの担当者と個別の面会、アドバイス、相談、こういうことを持ったのは、いつ、何回、どこで会ったか。お伺いします。」 「いつ、何回、どこで会ったのかとお伺いしています。」


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/4/13

委員会名衆議院 内閣委員会


「そもそも、二、三年足らず前に官邸に誰が来たのかも、記録が残っていないというのも大変おかしい話です。というか、そんなことはにわかに信じられません。これについて、昨年六月八日、参議院の農水委員会で萩生田官房副長官は、今治市の職員が平成二十七年四月二日に官邸を訪問したかどうかは、訪問者の記録が保存されていないため....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/4/13

委員会名衆議院 内閣委員会


「アメリカでは、こうした高官のアクティビティーログ、つまり日程表は、保存期間満了後は永久保存として国立公文書館へ移管するものもある。政府高官の日程表というのは、政府活動の証拠そのものになるからであります。こういうふうに、政務三役の日程表や面会記録、また総理官邸の訪問予約届、こうしたものをしっかり保存を行ってい....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/4/13

委員会名衆議院 内閣委員会


「決裁文書のことを、きょう太田局長に来ていただいていますけれども、去年二月二十二日に官房長官が、この問題を受けて、その森友学園の土地の払下げ、値下げの問題について、理財局長、また航空局の次長と経緯説明を受けているわけです。佐川さんは、前任の理財局長から引継ぎを受けていないと言っています。いろいろなことを勉強し....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/4/13

委員会名衆議院 内閣委員会


「先ほど、財務事務次官のセクハラ発言と言われるものの録音のデータそのものが、音声データが公開されたようです。聞いた人がもう本当にうんざりするような、そうした中身だったということであります。何か私的な会話だということを言っているんですけれども、女性記者が一生懸命ある意味ではこの問題について財務事務次官の話を聞き....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/4/4

委員会名衆議院 内閣委員会


「大臣、まずお伺いをいたしますけれども、希望出生率一・八、こういうことを掲げられておられるわけですから、子供がふえる、子供が多くなるということは基本的にはいいことだという認識ですよね。基本的なことで、簡単な質問ですから、はい、そうですとお答えいただければいいわけですけれども、お伺いします。」


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/4/4

委員会名衆議院 内閣委員会


「厚労副大臣、牧原副大臣にお見えをいただいておりますが、東京の二十三区で予算の一五%、一割、二割を保育所の整備、運営の経費が占めているというこの現状、その重さ、これがどういう結果をもたらしているか、これに関する認識を伺わせてください。」


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/4/4

委員会名衆議院 内閣委員会


「ここは政治家同士の議論ですから、それが自治体の重い財政負担をもたらすことによって、保育園、先のことも考えれば、なるべくつくらないで抑制的に構えた方がいいなという姿勢をもたらしている、このことが、この待機児童ゼロが逃げ水のようにどこまでいっても解消しないという状況をもたらしているということについての認識をぜひ....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/4/4

委員会名衆議院 内閣委員会


「以上は、わかりやすいので、駒崎弘樹さんの例え話をそのまま引用しましたけれども、これは、保育園の供給量の調整を自治体が行っているということについて意義そして課題があると思うんですけれども、また牧原副大臣にお伺いしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/4/4

委員会名衆議院 内閣委員会


「松山大臣、この企業主導型保育が、先ほど牧原副大臣、厚生労働省から御答弁をいただいたのと違う、利用者との直接契約の形態、こういう形をとっている、これまでの認可園とは違うやり方をとっていることの意義、また課題、お伺いをしたいと思います。」 「このことを内閣府が主導してつくられたということは大変私は意義があるので....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/4/4

委員会名衆議院 内閣委員会


「そういう意味で、今申し上げたように、初めから諦めて申請自体をしない人が三割、四割に上っているというアンケートの調査結果もあるわけですので、この自治体が申込者の保育の必要度を審査して保育認定を出すという仕組みで本当にニーズが捉えられているのかどうか、そのことについての御認識をお伺いしたいと思います。」 「この....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/4/4

委員会名衆議院 内閣委員会


「それで、幼児教育の重要性というものが最近とみにクローズアップをされているわけですけれども、これはなぜ重要だというふうに今考えられつつあるのか。子ども・子育て全般にかかわる大臣として、その認識をお伺いしておきたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/4/4

委員会名衆議院 内閣委員会


「幼稚園と保育園を実態として分かつものというのは一体何であるのか。同じ非認知能力を養う、そうした教育を行う、施すことができるとすれば、区別する必要はないんじゃないかというふうにも思いますけれども、大臣、子ども・子育ての、ぜひ司令塔としての御意見をお伺いしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/4/4

委員会名衆議院 内閣委員会


「ぜひ、こういった形で、まず、幼児教育の義務教育化、そして、ゼロ、一、二歳までの子供たちに関しては、保育園を、やはり指定制を導入して全入を果たせるような、そうした基盤をつくっていく、こういうことをやるべきだと思いますが、これを大臣、御答弁をいただきたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/30

委員会名衆議院 内閣委員会


「国会の資料要求、国会議員の資料要求に対して、その要求に対応する真正な資料を提出することは、これは憲法の国政調査権に立脚をしている、政府としての義務であるというふうに考えるけれども、見解はいかがでしょうか。また、行政庁がにせの文書を提出したことにより国政調査権が侵害された、こういうことがあるとすれば、それに対....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/30

委員会名衆議院 内閣委員会


「国会の御要請にはできるだけ丁寧に対応する、こういうちょっと丸めた表現をされていますけれども、私がお尋ねをしたのは、要求された資料がある、こういう資料を出してもらいたい、こういう要求を私たちがした場合、それに対応する資料があれば、その真正な、そのものずばりの資料を、あれば出すということが基本的には政府としての....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/30

委員会名衆議院 内閣委員会


「改ざん後の文書、つまり、ずらずらずらっと書いてあるのが全部削除され、書き換えられていた文書がベースになっているとすれば、じゃあ、佐川さんのその日の国会答弁に合わせて書き換えたというストーリーが、矛盾が生じてしまう。一方で、改ざん前の決裁文書を前提にしてこれを書いたとすれば、決裁前の文書に都合の悪いことが書い....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/30

委員会名衆議院 内閣委員会


「改めて、私は、別に専門家だったわけじゃありませんので、情報公開法あるいは公文書管理法を読みましたけれども、公文書管理法にも情報公開法にも罰則がないんですね。公務員が公文書を、決裁後に、つまり確定後の公文書を事後に改ざんをしたり、あるいはあるものをないと言ってみたり、こういうことをやった公務員に対して、何ら処....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/30

委員会名衆議院 内閣委員会


「公文書管理法に、いろいろ議論を与党さんの中でもやっておられるようですので、この際、罰則を設けることも含めて、やはり見直していく必要があると思いますが、大臣の率直な見解をお伺いします。」


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/30

委員会名衆議院 内閣委員会


「公文書管理法、もちろん国民に対して説明責任を果たすという目的があるわけですけれども、情報公開法の場合は、要求されて、それに応じて情報開示をする、そういうものですから、要求されたものに対して、にせの資料を出したとか、あるものをないと言ったということは、直接的に国民に対してうそをついたということになるわけです。....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/30

委員会名衆議院 内閣委員会


「わざわざ改ざんできないような電子決裁を使って、電子的に処理をして決裁まで行っていながら、保存になると紙になっちゃうんですよ。こういうことになっている。一体、これはどうしてですか。」


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/30

委員会名衆議院 内閣委員会


「今申し上げた電子データによる保存と管理、これを基本的に原則とするという方針を政府として確立すべきだと思いますが、大臣に見解を伺います。」


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/30

委員会名衆議院 内閣委員会


「ついには、これはゴマ信用といって、そもそも、電子決済による信頼度、ちゃんと支払いができているか、そして、ちゃんとした振る舞いをしているか、こういうことを評価して、九百五十点満点の信用スコアリング、点数を与えるそうなんですけれども、このゴマ信用の九百五十点満点の信用点数が、もう社会の中でその人のステータスにか....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/30

委員会名衆議院 内閣委員会


「マイナンバーの預貯金口座への付番が始まりました。私は、これは大変大きな前進であると思います。しかし、今言ったような社会の全ての環境を構築していくためには、預貯金口座とマイナンバーそのものをひもづけしていくということがやはり不可欠であると思います。二〇二一年までの三年後の見直しの規定の中で検討されるということ....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/30

委員会名衆議院 内閣委員会


「イーロン・マスクとかザッカーバーグもそうですけれども、最近では、亡くなられたスティーブン・ホーキング博士もこのベーシックインカム的な考え方で、富の再分配を行わなければ人類は滅びるという警鐘を鳴らしておられます。これは、マイナンバーで資産、所得を的確に把握をするということと、かわりに、申請なくして、貧困の告白....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/20

委員会名衆議院 環境委員会


「一方で、排ガスによる被害が深刻な地域とされた第一種指定地域は、先ほどお話がありましたとおり、昭和六十三年に全て解除されていて、そこから三十年の歳月がもう過ぎているわけです。被認定者も時の経過とともに減少して、ピーク時の十一万人が今や三万四千人まで減っている。補償給付の総額についても、一千七十六億円から、この....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/20

委員会名衆議院 環境委員会


「ガソリン車からEVへのシフトは、世界的な流れとして急速に進んでいます。フランスとイギリスは、二〇四〇年にガソリン車、ディーゼル車の販売を禁止する方針を発表しております。ドイツでは、二〇三〇年、ガソリン車、ディーゼル車の内燃機関を搭載した車の販売を禁止する連邦議会の議決が行われて、これを欧州のスタンダードとす....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/20

委員会名衆議院 環境委員会


「この環境再生保全機構なんですけれども、PCB廃棄物処理の支援やアスベストの健康被害の救済制度も事業として受け持っておられますけれども、年間予算、六百億、五百億円台ぐらいですかね、そのうち、やはり、今回の大気汚染による公害健康被害への補償関連の事業が四百億円ぐらい占めていますから、機構の事業の大半がこの事業で....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/20

委員会名衆議院 環境委員会


「そのことについてこれからお伺いをしたいと思うんですけれども、今少しお話が出ましたが、環境再生保全機構には、環境省がやっていた環境研究総合推進費、この配分業務が平成二十八年十月より業務移管されております。環境省の目的に資する研究テーマを公表して、産学民官の研究者から提案を募って、採択された研究課題に研究資金を....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/20

委員会名衆議院 環境委員会


「何が言いたいかというと、つまりは、もともとほとんど事業の大宗を占めていた公害等健康給付の事業、これははっきり言えば先細りになっていくわけですね。その一方で、環境省から、環境省の目的に資する研究資金の配分業務が五十億の運営交付金とともにこの環境再生保全機構に出される。その先も見てみると、環境省のOBがたくさん....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/6

委員会名衆議院 環境委員会


「厚生労働省の例の裁量労働制のデータの不適切な利用の問題もありました。そういう意味で、公文書やあるいは公正中立であるべき統計調査のデータの使われ方、こういうことに大きな疑義が生じている今の現状でもあります。そういう意味で、環境省においてこうしたことがあるのかないのか、ぜひ調べていただきたいというふうにも思いま....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/6

委員会名衆議院 環境委員会


「まず最初にお伺いをいたしますが、パリ協定における二〇三〇年二六%削減、そして二〇五〇年八〇%削減、このCO2削減のコミットメントを達成をするために、住宅部門、家庭部門ですね、における削減目標はどうなっているか、そして、この部門における省エネルギーをいかにして進めていくのか、まず大臣の御所見をお伺いします。」


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/6

委員会名衆議院 環境委員会


「もう二年前ですけれども、二〇二〇年に予定どおり、全建築物を対象に、この改正省エネ基準適合義務化は、せめて実施を予定どおりされるんでしょうか。この期に及んで、立ちおくれたこの改正省エネ基準の義務化すら仮に先送りをしてしまったとすれば、世界の物笑いの種になりかねないというふうに思いますけれども、一体どうするのか....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/6

委員会名衆議院 環境委員会


「先ほど資料で示したとおり、ドイツのパッシブハウス基準と比較をすると、これは暖房負荷でいえば六倍違う。そのような状況であるのが、今、適合義務化が云々かんぬん言っている日本の改正省エネ基準なわけです。これだけヨーロッパと比べて断熱性能が低い、つまりはエネルギー効率が悪いということですよ。こういう住宅を放置をして....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/6

委員会名衆議院 環境委員会


「住宅部門の消費エネルギーの三割は冷暖房です。先ほど申し上げたように、冷暖房におけるエネルギー性能の向上というのは、断熱性能の向上、とりわけ窓の性能の向上にかかっているわけです。しかるに日本は、アルミサッシ九割、熱貫流率のU値でいうと六・五、世界最低レベル。ちょっと繰り返しで申しわけないですけれども、こんな言....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/6

委員会名衆議院 環境委員会


「ちなみに、もっといいこともあるんですよ。本場のイタリアやドイツでも、木製サッシのメーカーというのは比較的やはり小規模な工場が森林の裾野に点在をする、こういうものになっています。つまり、それだけ森林・林業地域の経済振興や雇用創出に資するということになるわけです。現に、日本の窓の工場でも、地元で採用された若者が....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/6

委員会名衆議院 環境委員会


「木を使ってCLTで意欲的な木造建築をつくろうというんですけれども、見てみたら、窓のサッシはやはりアルミなんですよ。何で、木を使うことをテーマとした現場で、それでも窓枠がアルミサッシなんですか。木製サッシが普通に出回るようになるためには、やはりコスト競争力もなければならないし、生産体制の強化も必要。しかし、何....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/6

委員会名衆議院 環境委員会


「ちなみに、ドイツ、ドイツの話ばかりして恐縮なんですけれども、しかし、総世帯数が四千万、ちなみに住宅ストックは四千万、ちょうど勘定が合っているんです。つまり、新築住宅の供給量を抑制をしているんですね。ドイツは、大体年間十八万戸ぐらいしか新築住宅は出てきません。そのかわり、住宅の省エネに対して補助金や税制優遇を....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/6

委員会名衆議院 環境委員会


「ちなみに、今回の、国が進めているゼロエネルギー住宅の事業というのは、ネットでゼロになればいいということで、断熱性能がそれほど高くなくても、設備やあるいは太陽光パネルで差引きゼロならこれでいいみたいなことをやっているんですけれども、やはり、ランニングコストを考えて、建物の長寿命化を考えれば、この躯体の外断熱化....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2017/12/5

委員会名衆議院 環境委員会


「パリ協定の批准時の昨年十一月に国会で聞かれて、年度内には取りまとめをしたいというような答弁もありましたけれども、それからまた一年が経過をしているわけであります。二〇二〇年よりも十分に早く、こういうふうに日本が伊勢志摩サミットで発信をした、その日本がようやく検討開始というのは、若干出おくれというか遅きに失して....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2017/12/5

委員会名衆議院 環境委員会


「こういう中で、劇的な低価格化が進む再生エネルギーで電力のほぼ全てを供給することを目指すことが国際的には常識になっている。一枚目の資料の下の方を見れば、ごらんのとおりであります。ドイツは、二〇五〇年には八〇%を再生可能エネルギーで供給する。その道途上で、四〇から四五%という二〇二五年導入目標。そして、二〇二〇....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2017/12/5

委員会名衆議院 環境委員会


「例えばアメリカなんかは、オバマ大統領当時の大統領気候行動計画によって、〇・四五三キロCO2、キロワットアワー当たり、これは、LNG火力のこの水準の少し上ぐらいのところが火力の排出規制の規制値となっているわけです。石炭火力が基準をクリアするためにはCCSをつけなければいけない。しかし、CCSをつけた場合は、こ....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2017/12/5

委員会名衆議院 環境委員会


「イギリスでいえば、稼働中の石炭火力を二〇二五年までに全廃するという方針を決めて、また、産業革命の母国であるイギリスが、ことしの四月二十一日、とうとう石炭火力由来の電力が丸一日ゼロになる、こういう十八世紀以来の歴史的な日を迎えるに至っています。やはり、石炭火力、二〇三〇年までにOECD諸国は全廃をすべきだ、こ....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2017/12/5

委員会名衆議院 環境委員会


「丸川大臣の時代に、メディアのインタビューに答えて、環境大臣として、高効率な石炭火力の輸出は途上国のCO2削減に資するので結構なことだというふうにコメントをされたようなことも過去にはありました。中川大臣は、同じような考えでインフラ輸出、成長戦略として、また途上国の温暖化対策支援として石炭火力の輸出を積極的に進....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2017/12/5

委員会名衆議院 環境委員会


「いろいろな点があると思いますけれども、環境省さんが今度担う役割はこのゼロエネルギー住宅の普及拡大という役割ですから、そこの点については、中小がもっともっとこのゼロエネルギー住宅の施工にかかわることができるように制度設計の改善が必要である。特に工期については、大手プレハブメーカーの短い工期に合わせて設定をされ....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2017/12/1

委員会名衆議院 内閣委員会


「国民の常識というのは、私は政治家にとっては大変重要なものだと思います。というのも、さまざまなキャリアを経て国民の皆様と交わって、その方々と対話を交わして信任を得て、そして選挙を通じて国民の皆さんに選ばれて、その負託を受けてその代表として官僚機構を統括する、そして立法し、法律を運用する、これが私たちの役割です....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2017/12/1

委員会名衆議院 内閣委員会


「常識というテーマで、そもそも論をこの問題でちょっとお伺いをしたいというふうに思うんですけれども、何年も続けて巨額の赤字を出して、運転資金までが借金漬け、いわば経営危機に陥っている企業が、まあ同業他社はこのぐらい出しているからといって、もうかっている優良企業と同じように社員の給与を引き上げる、おまけにボーナス....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2017/12/1

委員会名衆議院 内閣委員会


「今聞いたのは、さっき言ったような、赤字を巨額に毎年毎年出して、運転資金も借金漬けのようなそんな会社で、ほかの会社が出しているからと、ほかの会社、利益を出している会社と同じように賃上げしてボーナスも同じように出す、千人中九百九十九人がみんな昇給する、こんなことをやっている会社が、常識に照らして、あると思います....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2017/12/1

委員会名衆議院 内閣委員会


「一方、よく言われますけれども、国税庁がやっている民間給与実態統計調査、平成二十八年分が最新ですけれども、これだと平均で四百二十一万六千円になっています。同じ民間給与実態調査でも、人事院の調査で六百七十五万、そして国税庁の調査で四百二十一万、額で二百五十万円、ざっと一・六倍の差になっているんです。毎回毎回聞い....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2017/12/1

委員会名衆議院 内閣委員会


「これも、国税庁の民間給与実態統計調査を見ますと、事業所規模千人以上の、つまりは大企業の本社みたいなところだけ取り出しても、平均給与の水準は四百九十四万八千円でしかありません。もっともっと大きな五千人以上の事業所でも、平均で五百八万六千円にしかなりません。やはり、人事院の調査の六百七十五万というのとはかけ離れ....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2017/12/1

委員会名衆議院 内閣委員会


「先ほど、冒頭、梶山大臣に、国民の常識に沿っているかどうかということに関連してお伺いをしました。職種の段階に応じて、合わせて決めているという話なんですけれども、さっき係長の話をしましたけれども、民間企業の係長を調べて、同じ係長だからそうだといっても、三人に二人は部下なし係長、こういう状態なわけですね。平であっ....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2017/12/1

委員会名衆議院 内閣委員会


「ちなみに、今の人事院の民間給与統計調査に関して言えば、これはことしの六月ですけれども、自民党の行政改革推進本部の行政事業レビューチームの方で「公務員給与の見直しについて」というペーパーをまとめておられて、「人事院の民間給与実態調査では、一般に公表されている民間平均給与に比べ、給与水準が高く算出されている。」....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2017/12/1

委員会名衆議院 内閣委員会


「野党に身を置いている私が言ったら、適正だと言ってびしっとはねつけて、自民党もそう言っていますよという話になったら、何か考えていきたいみたいなことをおっしゃられ始めるというのは、ちょっとよくわからないんですけれども。要は、適正で変えるべきところがないと考えているのか、あるいは見直さなければいけない点がある、考....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2017/12/1

委員会名衆議院 内閣委員会


「これを職務給の原則でやっていると言うのは無理がありませんか。これでは、昇進してもしなくても年功序列的に昇給するから、責任が重くなるぐらいだったら昇進しない方がいい、残業手当も出なくなったりするし、こういう逆インセンティブが働いてしまいかねない、こういう状態だと思います。地方自治体なんかでは、こうした俸給表の....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2017/12/1

委員会名衆議院 内閣委員会


「この人たちの、Dの割合を見ると、見てのとおりですよ、〇・一%。つまり、千人いれば九百九十九人が給与が毎年上がる。梶山大臣、冒頭に聞きましたけれども、こんな民間企業はありますか。しかも、この報告書を公表した前の年の二〇一四年の九月には、安倍総理は官邸で開いた政労使会議の場で、民間企業とまた労組の皆さんに対して....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2017/12/1

委員会名衆議院 内閣委員会


「こういうことになっているのはどうなのかと人事院の総裁に問うた議員がいたんですけれども、当時、江利川総裁でしたけれども、江利川総裁が何と御答弁されたかというと、公務員は試験で選ばれていて優秀だから、こういうことになるのは当然なんだという、こんな趣旨の御答弁をされて驚いてしまったことがあるんですけれども。現総裁....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2017/12/1

委員会名衆議院 内閣委員会


「こういう方々は、まさに成果が問われる職種をされているわけですので、言ってしまえば、年功的な要素はもう廃止をして、より成果を問うために定額制の給与にして、成果に応じて昇格やボーナスで処遇する、これが正しいやり方ではないかと思います。その方向で見直そう、そういう気持ちを持っていることは私は知らないわけではありま....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(希望の党)

2017/12/1

委員会名衆議院 内閣委員会


「かねてから自律的労使関係の回復ということが言われ、いわゆる労使交渉で給与水準を決められるようにという話がありますが、実のところ、この労使交渉で給与水準が決まった場合、給与は、今のまさに民間の状況や国家財政の状況を勘案して下がっていく可能性が高いんじゃないか、関係者の中でそういうことをおっしゃる方もいます。そ....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(民主党)

2016/5/26

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「まず、この「もんじゅ」の新たな運営主体についての文部科学省の検討会、また文部科学省の議論の状況はいかになっているのかということをお伺いしたいと思います。」 「その取りまとめ案の中身なんですけれども、新たな運営主体を、原子力研究開発機構にかわるものを示せということを言われているわけです。それは、今回の報告書の....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(民主党)

2016/5/26

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「規制のとりこというのを辞典で引いてみると、どう書いてあるか。規制のとりこ、レギュラトリーキャプチャー、政府の規制官庁が業界に取り込まれ、規制をつくっても骨抜きになったり業界の利益誘導の片棒を担いだりすること、退職後の人事の保証を伴うこともある。これはまさに、今の実態は規制のとりこそのものではありませんか。こ....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(民進党)

2016/4/7

委員会名衆議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「高木政務官、この論点整理ペーパー、四十五枚の、私は黒塗りしか見られていませんけれども、このペーパーに高木政務官はお目をお通しになりましたか。お答えください。」 「では、高鳥副大臣はこの論点整理ペーパーなるものを、いつ、どのような形でごらんになったんですか。」 「先ほど来お話が出ていますが、二〇一三年四月十九....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(民進党)

2016/4/7

委員会名衆議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「TPPをアベノミクスの成長戦略の切り札、こういうふうに称するに至った理由について、安倍総理にお伺いします。」 「それに加えて、ことし二月、私たちは、今の、まさに軽減税率一兆円が横入りした形での来年四月からの消費税一〇%への増税については認められない、こういう見解を出させていただいています。それに加えて、増税....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/3/1

委員会名衆議院 予算委員会


「麻生財務大臣は、地元の人たちを一体何だと思っているんですか。おもしろ半分で答弁しているとしか聞こえないではありませんか。結局、国民、庶民、中小零細商店の苦しみ、これから起きる負担、廃業、倒産の危機、こうしたことに全く思いをいたさない姿勢ではありませんか。こんな軽口めいたふざけた答弁で、軽減税率など私は認める....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/3/1

委員会名衆議院 予算委員会


「私自身が記者とはどういう仕事か教わった、研修の先生だったNHK出身の池上彰さんも、国が放送局に電波停止を命じることができる、まるで中国政府がやるようなことを平然と言ってのける大臣がいる、欧米の民主主義国なら、政権がひっくり返ってしまいかねない発言です、こういうふうにおっしゃっています。田原さん、岸井さん、鳥....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/3/18

委員会名衆議院 内閣委員会


「こうした状況に追い詰められて、いわゆる保活をやって、何園も何園も回って入れない。あるいは、一人目、二人目が別々の保育園になってしまう。こういう状況になっているママが私の江東区でも多いですし、全国では本当にああいう切実な声を上げるまでになっている。この状況について、まず加藤大臣の基本的な御所見を伺いたいと思い....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/3/18

委員会名衆議院 内閣委員会


「これで、待機児童が多いのはやはり大都市部ですから、そこで五万人の受け皿をつくろうというのは、私はやはり非現実的ではないかと思いますけれども、それについてどう考えておられるのか、お伺いをしたいと思います。」 「私は、感度が非常に鋭敏な大臣だと加藤大臣のことをお見受けさせていただいていますので、ぜひこういう方向....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/3/9

委員会名衆議院 内閣委員会


「この和解合意に、本当に急転直下だったと思いますけれども、私自身も報道を見てほうと非常に驚きましたけれども、こうした形で踏み切ったことについて、まずその理由についてお聞かせいただきたいと思います。」 「ちなみに、調印というのは今週中にも行われるというのが当初の報道でありましたけれども、いつ行われることになって....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/3/9

委員会名衆議院 内閣委員会


「そういう意味でいうと、これから協議をされるということですけれども、この協議についても、このように沖縄の側が理解をし、そして今申し上げたような気持ちに至る、こういう姿勢を政府として持たなければいけないと思いますが、今後の対話のあり方についてお伺いをいたします。」 「結果的に、和解して協議しようというのに、のっ....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/3/9

委員会名衆議院 内閣委員会


「島尻大臣御自身は、こういう辺野古移設の反対論に対しては、これは責任のない市民運動だ、私たちは政治として対峙するというふうに、かなり厳しい口調で切って捨てた経過があります。しかし、一転、協議を進めていこう、こういうことになりました。対話を進めていこうというスタンスになるとすれば、さっき言ったような、政治として....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/3/9

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「結果として、権利を強調し過ぎて、国民の義務というものが軽んじられているのではないか、こういう立場から憲法改正、見直しを提起される方々が多くなってきているようにも感じます。こうした今の議論の状況を御紹介させていただいた上で、石破大臣の憲法に対する基本的な考え方をお伺いしたいと思います。」 「私が申し上げたいの....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/3/9

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「私は、これまでの依存と分配の中央集権型の国家モデルにかわって、やはり自主、自立、自由を基本とした、道州制を視野に入れた分権型の国家モデルに変えていくべきだと思いますので、それが石破大臣の唱えられている地方創生にもかなう、こういうものだというふうに思っています。したがって、国は、やはり国しかできない仕事に特化....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/3/9

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「バイオマスが端的な例ですけれども、自然エネルギーというのは、その資源が全てと言っていい地方にあるわけです。地方の、まさにこうしたプロシューマーとしての、農業とリンケージしたバイオマス等々の自然エネルギー及び熱供給を行っていくこと、このことによって地方の経済の活性化につながっていくのではないかと思います。こう....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/2/25

委員会名衆議院 予算委員会第七分科会


「私は当時東京にいましたけれども、翌日ですか、沃素が水道の蛇口から出てきて水道がとめられる、こういう状況も起きました。東日本のほぼ全国民が、このようなメルトダウンが起きたという事実を不正確かつ過小に表現したことで、混乱して大きな影響を受けることになった。私は、この罪深さははかり知れないものがある、こういうふう....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/2/25

委員会名衆議院 予算委員会第七分科会


「高浜原発を再稼働させる、そしてそれは四十年廃炉の原則の例外中の例外、こういう認識なのかどうか、ぜひお尋ねをさせていただきたいと思います。」 「今、部長に御答弁をいただきまして、それを大臣も聞いていただきましたので、それを踏まえて、林大臣にも御答弁をいただきたいと思います。」 「申請があって、適合すれば認めま....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/2/25

委員会名衆議院 予算委員会第七分科会


「そもそも論でお尋ねをさせていただきます。原発再稼働はなぜ必要なのかということであります。さまざまな理由があると思いますけれども、政府として、今、原発再稼働が必要だ、あるいは、やむを得ない、こういうふうに考えているのはどういうところに理由があるのか、教えてください。」 「今の部長の答弁も、可能な限り依存度を低....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/2/25

委員会名衆議院 予算委員会第七分科会


「これについて、何か経過措置があるとかなんとかいろいろなことを言うんですけれども、私はそんなことを言う前に、これは中小企業を担当されている経産大臣だからお伺いするんですけれども、まず、どれだけ影響が出るのかということについて、政府として、また経済産業省として、調査をしてみたらいいと思うんです。BツーBの卸をや....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/2/19

委員会名衆議院 予算委員会


「アベノミクスの間に、消費はふえるどころか減退しているんですよ。GDPの六割を占める個人消費がこれでは、マイナス成長に陥ることも当然だというふうに思います。」


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/2/19

委員会名衆議院 予算委員会


「今や、百六十万世帯が受給を受けて、支給総額は三・八兆円に上っております。しかし、この生活保護の制度には根強い批判があります。問題点の一つは不正受給です。けれども、実は不正受給の額は全体の〇・五%でしかありません。遊んで暮らしているとか、よくあるイメージの不正受給は全体額の中では少ない、こういうことだと思いま....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/2/19

委員会名衆議院 予算委員会


「アベノミクスの恩恵が大企業に集中して、トリクルダウンは残念ながら起きず、先ほど言ったような実質賃金の低下、それに基づく消費の低迷、こういう状況が起きているということを安倍総理はどう考えますか。」


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/2/16

委員会名衆議院 予算委員会


「かつて、昭和二十七年の十一月、当時の池田勇人通産大臣が国会で答弁をされて、中小企業の倒産、自殺はやむを得ない、こういう答弁をされたことをもって国会で大臣の不信任決議案が可決されて、二日後に辞任に追い込まれています。軽減税率の導入で混乱は起きる、中小零細の潰れるケースが一つや二つ、百や千は起きる、こんなことを....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/2/16

委員会名衆議院 予算委員会


「これは私だけが言っているわけではなくて、最近の言動を見ていると安倍総理の応援団なのかなというふうに感じられるんですけれども、例えば橋下徹さん、この人も、自民党憲法改正草案については公権力を強く出し過ぎていて危険だというふうに言っています。こういうふうに広く、これは右派だ左派だということを除いても、自民党憲法....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/2/16

委員会名衆議院 予算委員会


「しかるに、この自民党の憲法草案に目を移すと、「選挙に関する事項」というのが書いてあって、「選挙区、投票の方法その他両議院の議員の選挙に関する事項は、法律で定める。この場合においては、各選挙区は、人口を基本とし、行政区画、地勢等を総合的に勘案して定めなければならない。」一票の格差が住所地によって生じることも構....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/2/16

委員会名衆議院 予算委員会


「丸川大臣、就任をされてからもう三カ月、四カ月経過しているわけですから、環境省として取り組んでいる最重要課題の一つのものである指定廃棄物の最終処分場の用地の選定について副大臣任せにしていることは、私は大変残念に思います。加えて、原子力防災担当大臣として、福島第一原発事故の収束にも非常に重要な中心的な役割を果た....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/1/8

委員会名衆議院 予算委員会


「安倍総理、現実に、このアベノミクスによって大企業と富裕層に恩恵が集中をして、結果的にピラミッドの上の方ばかりがよくなって、裾野の方は置き去り、こういう状況になっているんじゃないですか。安倍総理の認識をまずお伺いしたいと思います。」 「先ほど申し上げました、景気回復の実感はない、こういうふうに答えている皆さん....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/1/8

委員会名衆議院 予算委員会


「マクロの数字で申し上げます。実は、GDPの統計は、直近四半期でいうと、六四半期とると、六四半期中三四半期がマイナス成長だと思うんです。そういう意味でも、目の前の、ここまでの経済のマクロの状況を見ても、本当によくなっているのか。よく、ドルベースで見るとGDPが下がっている、こういう話もありますけれども、それを....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/1/8

委員会名衆議院 予算委員会


「こういう、まさにアカデミシャンの皆さん、学者や経済の専門家の皆さん、そうした皆さんがまさに今危機感を感じて軽減税率の導入に反対をする声明をこうやって連名で出されていますよ。もう細かくて見切れないぐらい、こうやってたくさんの皆さんが名前を連ねて、これは本当にいいのかということを言っている。その取りまとめ役をや....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/1/13

委員会名衆議院 内閣委員会


「何と、この国税庁の民間給与実態統計調査というのは、例えば特殊勤務手当、あるいは超過勤務手当、つまり残業代ですね、これを入れた数字になっているんですよ。しかし、この六百六十一・八万円という国家公務員の数字には、こういう特殊勤務手当とか、超過勤務手当、残業代が含まれていない数字ではありませんか。先ほど国家公務員....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/1/13

委員会名衆議院 内閣委員会


「国家公務員制度の担当大臣であります河野大臣にお伺いをいたしますけれども、今後も人事院勧告制度のもとで国家公務員給与の決定をする、それを続けるということが望ましいのかどうか、これを基本認識としてお伺いしたいと思います。」 「今までそういう改革の法案を、我々立法府としても、また行政府としても提案し、通してきた数....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2016/1/13

委員会名衆議院 内閣委員会


「人事院勧告を実施せずに単年度で過去最大の給与削減を行った例は平成二十三年ではなかろうかと思います、二〇一一年ですね。つまりは、東日本大震災後の国家公務員給与の七・八%の特例減額であります。一気に七・八%カットするということなわけですから、後に回復しましたけれども、しかし、これはいわば大変ドラスチックな措置で....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/7/15

委員会名衆議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「五月二十六日の審議入りから一カ月半、戦後七十年、平和国家としての道を一貫して歩んできた日本のあり方が大きく変わる可能性のある安倍政権の安保法制に、真剣勝負で徹底審議に臨んでまいりました。特別委員会の冒頭から、安倍総理、中谷大臣がみずからの答弁や不規則発言に関して釈明するところから始まり、いわゆる武力行使の新....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/7/15

委員会名衆議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「維新の党は、何でも反対の抵抗政党をやるつもりはありません。我が国を取り巻く安全保障環境の変化の中で、今のまま何もしなくてよいという立場はとっておりません。したがいまして、私たちの考え方に基づく安保法制の独自案を国会に提出させていただき、政府案と並行審議を行わせていただいてまいりました。維新の党案に対する法案....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/7/13

委員会名衆議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会公聴会


「この武力攻撃危機事態について、先ほど、着手というふうに認められる場合において武力行使を認めるという内容であるのかどうかということがポイントになってくるということを木村公述人は御指摘されていたと思いますけれども、今、私自身が申し上げた武力攻撃危機事態、維新の党独自案の定義というものをお聞きになられた上で、政府....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/7/3

委員会名衆議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「冒頭、自民党の勉強会でのマスコミ圧力発言についてお伺いをいたしたいと思います。偏向報道する左翼メディアはスポンサーに圧力をかけて広告を引き揚げさせて潰してしまえと言わんばかりの、どこの国かと思うような発言だったと思います。沖縄に関する偏見に基づいた発言も耳を疑いたくなるようなひどいもので、谷垣幹事長も厳重注....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/7/3

委員会名衆議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「海洋進出が著しく、領土的野心を隠そうともしない。南シナ海のスプラトリー諸島での滑走路はもう完成したという。そして、尖閣諸島に公船を送り込んで、日本固有の領土をかすめ取ろうという勢いですよ。民主主義も、人権も、法の支配も、言論の自由も共有していない、共産党一党独裁の、日本とは異質な国家です。こういう隣国が日本....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/7/3

委員会名衆議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「元官房副長官補の柳沢協二さんがよく言われる話で、数字はパネルに出しておきましたけれども、自衛隊の体制を比較すると、冷戦時はどうだったかといえば、陸上自衛隊は十八万人いて、海上自衛隊は六十隻持っていて、航空自衛隊は四百三十機あったわけです。そして、現在はどうかといえば、陸上自衛隊は十五・九万人、そして海上自衛....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/6/22

委員会名衆議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「その上で、昨年九月、我が党の結党時にまとめた自衛権に関する見解では、自衛権の再定義というコンセプトを打ち出して、今回の安保法制の議論においては、我が党の独自案として、日本の防衛に資する活動を行っている他国の軍あるいは部隊が武力攻撃を受けた場合であって、これを排除しなければ我が国に対する外部からの武力攻撃が発....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/6/22

委員会名衆議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「続きまして、森本参考人にお伺いをしたいと思います。先ほど、自衛隊あるいは我が国の実力、キャパシティーの問題についてお伺いをしました。よく言われる比較ですけれども、専守防衛を疑いなく国是としてきた例えば冷戦時にどうであったかといえば、例えば陸上自衛隊の兵力十八万人、そして海上自衛隊は六十隻、航空自衛隊は四百三....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/6/18

委員会名衆議院 予算委員会


「安倍総理、戦後七十年談話を強いて出してくださいと言っている国がどこかにあるわけではありません。どこかの国の首脳が強くそう求めているわけでもない。国内のどこかの党がこれを強く求めているわけでもありません。これは安倍総理の御判断一つにかかっている問題だというふうに思うんです。過去の談話を全体として引き継ぐ、こう....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/6/18

委員会名衆議院 予算委員会


「では、年金個人情報のデータ流出問題に移ります。まず、この問題ですけれども、いろいろなことがこの間、時系列で起きてきました。年金機構の対応も、また事前のセキュリティー対策も全く不十分だったと言わざるを得ない、こういうものではないかと思います。きょうは、特にお願いをして、年金機構のCIO、チーフ・インフォメーシ....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/6/5

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「そこから三日、四日経過をいたしましたが、受付の電話もパンクしたということで、受付の電話の台数も拡大をしたということでありますが、現時点で、私が該当するんじゃないだろうか、こういう不安に思った国民の皆さんの問い合わせがどのぐらい来ているのか、まずお尋ねをしたいと思います。」 「報道を見ておりますと、この六月一....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/6/5

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「荒療治を経て、なおかつお取り潰しになるような不祥事を起こした旧社保庁組が、結局、最も恵まれた、待遇のいい立場に君臨しているというのが年金機構の組織の構造になっているのではありませんか。そして、同一労働同一賃金どころか、正規職員は安定した身分に安住して、面倒で困難な仕事は立場の弱い非正規に押しつけている、こう....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/5/27

委員会名衆議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「つまり、これまでもリスクは一〇〇だったんだから、これ以上リスクは増大しようがない、こういうことですか。これまでの説明とは全く正反対のことを言うことになっているんではないでしょうか。こんな理屈で国民をごまかそうとするようなやり方では、到底この安保法制の整備に対する国民の理解は深まりませんよ。国民は子供ではあり....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/5/27

委員会名衆議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「つまり、これは、日本が参加するときというのは日本にとって深刻、重大なときであって、自国が主体的に判断して参加するんだから、それは巻き込まれじゃないんだ、こういうことではありませんか。アメリカの戦争に参加するとしても、自発的な参加だから巻き込まれではない。これは驚くべき論理の逆立ちをしていると思うんですよ。こ....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/5/27

委員会名衆議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「兵たんという言葉の意味を日本の辞書でひもとくと、軍事装備の調達、補給、整備、修理及び人員・装備の輸送、展開、管理運用の総合的な軍事業務。直接の戦闘行為を除くほとんどの軍事業務をカバーする、これが兵たんという用語なんですよ。ガイドラインの後方支援も、「補給、整備、輸送、施設及び衛生を含むが、これらに限らない。....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/5/27

委員会名衆議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「自爆テロやあるいは車爆弾、また輸送中のヘリの撃墜、こうしたリスクを伴う治安維持活動に自衛隊を派遣し得るようにするのが今回の安保法制です。これのどこが自衛隊のリスクは増大しないということになるんですか。中谷大臣、どうですか。」 「更問いをいたしますが、イラク戦争終結後、大規模戦闘終結後に行われた治安維持活動、....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/5/15

委員会名衆議院 本会議


「今回、日米防衛協力の指針、いわゆるガイドラインが十八年ぶりに改定をされました。安倍総理は、これを歴史的文書と呼びました。私もそうだと思います。安保法制に関して、よく切れ目のないと表現をされますが、日米同盟のグローバルな性質を強調して、米軍、自衛隊が共同して、事態対処のために世界的な規模で切れ目なく行動する、....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/5/15

委員会名衆議院 本会議


「国内世論の十分な理解と後押しのない中で、自国の軍隊や部隊を海外に派遣するのは、派遣された軍隊や部隊を不幸にし、目的達成をも危うくする。ベトナム戦争でもイラク戦争でも見られた歴史の教訓であると思います。その意味で、自衛隊を今までより積極的に海外に派遣できる法的基盤をつくり上げる今回の安保法制を成立させるに当た....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/5/15

委員会名衆議院 本会議


「アメリカのいわゆるリバランスに徹頭徹尾の支持を表明されましたが、沖縄の普天間基地の辺野古移設問題をめぐっては、日本政府と移設反対を掲げる沖縄県の翁長知事との間で法的措置の応酬が繰り広げられて、極めて険悪な状況となっています。私たちの多くが日米安保協力を考える際に依拠してきた識者の一人であるハーバード大学のジ....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/4/23

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「私は、一つずっと気になっていることがあるので、第一に御質問させていただきたいんですけれども、田中規制委員長が、規制基準の適合判定した原子力に対して、安全とは言わない、こういう御発言をされていることについてなんです。原子力規制委員会設置法の第四条というのは、規制委員会の任務として、「原子力利用における安全の確....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/4/23

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「次の質問に移りますが、今、仮処分決定を受けてのいろいろな、規制基準の問題であるとか、前の委員の方から御質問が出ましたけれども、まず御認識、私、何度かこれはお伺いをしているんですけれども、現規制基準というのは、田中委員長は、世界最高水準、こういうふうに本当に言い切れるものだというふうに認識しているのかというこ....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/4/23

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「続きまして、今の質問と関連するんですけれども、NRCは、最低三年に一回、いわゆるフォース・オン・フォースという訓練を原発において行うということになっています。NRCはテロリスト役の部隊というのを抱えているそうで、レーザー銃で武装した部隊が入っていって、それを警備部隊がレーザー銃で応戦して、実際に原発のサイト....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/4/23

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「フランスは、日本が汚染水処理の問題に苦労しているこの様子を見て、今度、原発の認可更新の条件として、あらかじめ汚染水対策を施すということを義務化しているそうであります。しかし、では、日本はどうか。事故は起こるものだという前提に立って適合審査を行う、規制基準を定める、こういうことだと思うんですけれども、しかし、....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/4/23

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「この避難計画については、やはりNRCのスリーマイルを受けたロゴビン・リポートで、避難計画なくして稼働計画なし、こういうことが言われています。そうした中で、アメリカでいえばロングアイランドのショアハム原発、これはGEが当時のレートで一兆円かけて完成させたものですけれども、燃料棒を入れる直前になって、十万人も住....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/4/23

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「最後に、東電の廣瀬社長に、お見えですので質問しますが、先日、三月三十一日に、NHKワールドで、東電の廃炉推進トップが語るということで、廃炉カンパニーの増田社長が、ちょっと率直というか驚くような御発言をされています。例えば、原発事故の収束等々、廃炉プロセスについて、溶融燃料についてはどうなっているかわからない....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/4/15

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「一方で、待機児童ゼロということを達成したと高らかに宣言した自治体があります。御存じ横浜市であります。第二次安倍内閣が始まって初めての通常国会のさなか、二〇一三年の五月に、横浜市の林市長が待機児童ゼロになりましたということを発表したわけです。二〇一〇年には千五百五十二人の待機児童がいたワーストワンの自治体がわ....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/4/15

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「報道によると、厚生労働省内でそのための検討チームも設置されたということでありますが、保育も介護も、子供とお年寄りの違いはあっても、どうせ対人生活支援サービスだから同じなんだから、こういうわけなのかもしれませんが、これは報道されて、出だしの評判はすこぶる芳しくないものになっています。現場の従事者からこんな声が....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/3/26

委員会名衆議院 安全保障委員会


「大臣は、与党の合意文書が正式決定をされた二十日の夕方の臨時の会見で、これから安保法制の法案の作成に向けて、与党に示してもらった方向性を踏まえて、作業を加速化して、必要な法案を五月半ばに提出できるよう努めたい、こういう趣旨の御発言をされておられます。この与党の合意文書というのは、与党の合意文書であって、政府が....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/3/26

委員会名衆議院 安全保障委員会


「与党合意文書には、こう書いてあるんですね。「国際社会の平和と安全のために活動する他国軍隊に対する支援活動を自衛隊が実施できるようにするため、以下の」四要件、四つの「要件を前提として法整備を検討する。」と。「他国の「武力の行使」との一体化を防ぐための枠組みを設定すること」「国連決議に基づくものであること又は関....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/3/26

委員会名衆議院 安全保障委員会


「時間が大幅に経過をして、予定の質問を飛ばしていかざるを得ないんですけれども、申し上げてきたように、我が国は、憲法九条の縛りのもと、国際紛争解決の手段としての戦争を放棄して、あくまで自国防衛の範囲において必要とされる最小限の実力組織として自衛隊を保持する、専守防衛、こういう国是を貫いてきたわけです。専守防衛だ....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/3/24

委員会名衆議院 総務委員会


「トップリーダーが経営に当たって、あるいは私たち政治家も含めて、負うべき結果責任というものについて、籾井会長は、経営者をずっとされてこられた御経験を踏まえて、どのようにお感じになられているか、まずもってお伺いしたいと思います。」 「私がお伺いをしたのは、トップが負うべき結果責任、こういうことなんですね。経営者....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/3/24

委員会名衆議院 総務委員会


「世界的に見て最も有名かつ影響力のある国際ニュースチャンネルといえば、やはりBBCであり、CNNでありましょうけれども、このイギリスのBBCワールドニュースは日本円にして大体九十億円ほどの予算でやっている、NHK自身のまとめた「NHKの国際放送について」という資料にそのように書いてございます。それに比べて、こ....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/3/24

委員会名衆議院 総務委員会


「では、ここから別の分野について、籾井会長の経営手腕についてお尋ねをしてまいりたいというふうに思います。まず、浜田委員長にお伺いをいたします。籾井会長は、先ほど申し上げたように、三井物産の米国社長、また日本ユニシスの社長、そういう意味では、一部上場企業、大企業のトップを経験された方です。そういう民間企業のトッ....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/3/24

委員会名衆議院 総務委員会


「今回の新三カ年経営計画の審議に当たっても、七千億円を割る受信料収入に対して、七百三十五億円の営業経費、一〇・六%の営業経費率は絶対額として相当高い、これは三菱商事出身の上田委員ですね。営業経費の問題にしても、少なくとも二十四年度、二十五年度と少しずつ減らしてきているのに、それが次期三カ年の経営計画では横ばい....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/3/6

委員会名衆議院 予算委員会


「島根県では、平成の大合併で市町村数が五十九から二十一に減ったそうですけれども、人口減少がとまったのはこの海士町だけ。今や、Iターン者のおかげで子供の数がふえて、ことしは島で唯一の保育園に何と待機児童が出そうだというんですね。これらの取り組みを進めているのが、写真にもありますが、山内道雄町長です。きょうは、地....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/3/6

委員会名衆議院 予算委員会


「リーダーに必要なのは覚悟だ、本気でやるかやらないかだ、そして、みずから身を削らない改革は支持されないと、山内町長は繰り返し語っておられます。身を切る改革については、再三再四申し上げてまいりました。それなくして、いかなる大改革も実現しないと考えているからです。国会議員の定数、歳費の削減、財政再建等、改革に乗り....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/3/6

委員会名衆議院 予算委員会


「どこの会社で、千人いる企業で、一人を除いて、一番最下位の評価の人以外はみんな給与を上げている、こんな会社が一体どこにあるでしょうか。しかも、後ろから声が上がりましたけれども、この日本国というのは、いわば赤字企業であります。そして、加えて申し上げれば、安倍総理は、政労使会議で、民間企業に対しては、年功序列の賃....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/3/6

委員会名衆議院 予算委員会


「八十七歳の男性、要介護三、見てのとおり、今まで十七種類もの薬剤を処方されていた。ベンゾジアゼピン系の向精神薬、これはデパスとかですね、入っています。しかも、見てください。朝食後はこれを飲め、毎食後はこれを飲め、これは朝夕二回だ、これは夕食前だ、そして就寝前だ、こんなのを正しく服用できる認知症高齢者がいるんで....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/1/30

委員会名衆議院 予算委員会


「イスラム国という呼称は、あたかもこのイスラム国を承認された国家と認めているようであり、また狂信的な暴力集団であるISILと一般のイスラム教徒が同一視されかねない、そういうニュアンスがこもってしまいます。外務省にお尋ねをしたところ、やはり日本政府としてもイスラム国という呼称は好ましくないという見解でありました....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/1/30

委員会名衆議院 予算委員会


「さて、補正予算です。十二月二十七日に閣議決定をされた地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策に基づいて、この補正予算は編成されています。書いてありますとおり、一、現下の経済情勢を踏まえた生活者、事業者への支援一・二兆円、そして、地方が直面する構造的課題等への実効ある取り組みを通じた地方の活性化〇・六兆円、三、....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/1/30

委員会名衆議院 予算委員会


「農業改革に関連して、一つ御質問をさせていただきたいと思います。この冬、スーパーからバターが消えてなくなりました。きのう、私の選挙区の江東区の大型スーパー、イオンとイトーヨーカドーですけれども、行って見てきましたけれども、売り場にはバター風味のマーガリンとかがどんと積んであって、次回の入荷はバターは未定です、....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/1/30

委員会名衆議院 予算委員会


「二十代の二人に一人が国民年金の保険料が未納となっている。これは、若い世代の年金不信が一つの背景にあるものと見られています。次のパネルですけれども、この年金不信を払拭し、世代間格差に関する誤解を解いてもらおうと、厚生労働省がわかりやすい漫画をつくってホームページで公開したんです。「いっしょに検証!公的年金」と....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/1/27

委員会名衆議院 本会議


「まず、いわゆるイスラム国、ISILと称する過激派勢力による日本人人質に対する凶行についてです。二人の人質のうち、湯川さんが殺害されたと推認できる映像がインターネットで公開され、手錠をかせられた姿の後藤さんからは、ISIL側からの新たな要求が語られています。暴力による脅迫に屈することは、さらなるテロを呼び寄せ....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/1/27

委員会名衆議院 本会議


「さて、補正予算です。補正と翌年度予算を一体化させて十五カ月予算と称している、そうした手法がこのところ常態化しており、安倍政権になってからも、両予算の合計は、三年連続で百兆円規模となっております。そもそも、リーマン・ショック後の麻生政権による補正予算で、それまで八十兆円台だった歳出規模が一気に百兆円の大台を突....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/1/27

委員会名衆議院 本会議


「安倍総理は、ハーバード大学のアルベルト・アレシナ教授が唱えるアレシナの黄金律をお聞きになったことがおありかと思います。OECD加盟二十カ国について、財政再建に成功した国と失敗した国の要因を分析したところ、成功した国では、財政再建が歳出削減七、増税三の割合で行われており、反対に、まず増税先行で始めた国は、経済....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/1/27

委員会名衆議院 本会議


「いわゆる大阪都構想について質問します。安倍総理は、大阪維新の会並びに維新の党が進める大阪府市統合によるいわゆる大阪都構想について、二重行政をなくし、住民自治を拡大していく意義はあると評価されています。その上で、住民投票で賛成多数となれば、必要な手続は粛々と行っていきたいと話しておられます。大阪都構想の実現は....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2015/1/27

委員会名衆議院 本会議


「このような大改革を安倍政権として断行する意思があるのでしょうか。いわゆる第三の矢についてはどうでしょうか。安倍総理は、昨年のまさに今ごろ、一月のダボス会議で、こう高らかに宣言しておられます。今後二年間であらゆる岩盤規制を打ち砕く、いかなる既得権益といえども私のドリルからは無傷でいられない。一年たちました。ど....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2014/10/28

委員会名衆議院 本会議


「本法案の審議入りは、当初は二十一日と言われていましたが、ここまでおくれました。複数の閣僚が辞任したのが一つの原因です。それについて、安倍総理はどう思っておられますか。みずからの任命責任についてお認めになられていますが、責任というのは、何らかの責任をとるときに口にする言葉です。女性の活躍の象徴として異例の抜て....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2014/10/28

委員会名衆議院 本会議


「さて、派遣法改正案です。派遣は、同じ職場で働く正社員に比べて、最長三年までしか継続的に働ける見通しがなく、それだけ高いリスクにさらされていると言えます。ならば、派遣は、同じ仕事なら、安定している正社員に比べてリスクに応じた高い給与を支払われるのが当然ですが、現状は全くその逆で、正社員の方がはるかに好待遇にな....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2014/10/28

委員会名衆議院 本会議


「我が国の雇用労働制度の問題は、新卒で正社員になれたかなれなかったかで人生が半ば決まってしまうところにあると私は思います。同じ仕事をしていても、年功賃金カーブによる昇給のある職能給では、同じ会社に長く勤続するのがメリットになり、逆に、一旦ドロップアウトしてしまうと、なかなかそこに入っていけません。それが労働移....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2014/10/28

委員会名衆議院 本会議


「労働市場の流動化には賛成ですが、労働市場の流動化と称して、ただ単に解雇規制を緩めるだけの改革を行うのであれば、それは労働者の立場を弱くするだけで、首切りしやすくなる会社側に都合のいい改革と言わざるを得ません。労働移動によって労働者に不利益の生じないような、労働と雇用に関する総合的な制度改革が同時に必要であり....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2014/10/6

委員会名衆議院 予算委員会


「まず、原発の再稼働についてお伺いをいたしたいと思います。安倍総理は、九月の訪問中のアメリカでこういう御発言をされたというふうに言われています。安全が一〇〇%確保されない限り原発再稼働は行いません、こういうふうに言われたというんですけれども、ここまでいろいろと御発言をされてきましたけれども、一〇〇%安全という....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2014/10/6

委員会名衆議院 予算委員会


「再稼働を直接の所管とする小渕経産大臣にお伺いいたします。新規制基準及びそれに基づく原子力規制委員会の審査というのは、それこそ原発再稼働に当たっての安全が完全に確認をされている、世界最高水準の厳しいものになっている、こういう認識でよろしいですね。」 「人間はあらゆるリスクと向き合っています。ただし、リスクをで....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2014/10/6

委員会名衆議院 予算委員会


「全電源喪失の過酷事故発生時に、炉心が溶融して圧力容器を貫通する、いわゆるメルトスルーした場合、溶融した炉心と格納容器の底部のコンクリートが化学反応して放射性物質を帯びたガスが大量に発生する、こういうことが起きます。それを防ぐために、溶融した炉心を受けとめるコアキャッチャーという装置が開発されていますけれども....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(維新の党)

2014/10/6

委員会名衆議院 予算委員会


「アメリカでは、九・一一のテロの後に、NRCの文書として、パラグラフ番号をとっていわゆるB5bと呼ばれたものが出ています。日本にも内々に示されていたにもかかわらず政府内で隠匿されていた、こういうふうにも言われています。そこには、爆発、火災による全電源喪失の状況下において、使用済み燃料プールの水がなくなって、燃....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(日本維新の会・結いの党)

2014/7/14

委員会名衆議院 予算委員会


「では、国際法上、集団的自衛権が一体何かということでありますけれども、パネルを出していただければわかりますが、これは、一般的にはこういうふうに整理されています。きょうの質疑でも出てきていますけれども、自国を守るための権利が個別的自衛権、そして他国を守るための権利が集団的自衛権、極めてシンプルです。実は、公明新....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(日本維新の会・結いの党)

2014/7/14

委員会名衆議院 予算委員会


「先日、NHKの日曜討論で公明党の井上幹事長と御一緒させていただきましたが、御発言を聞いていますと、今回の閣議決定で認められたのは、あくまで自国防衛のための武力行使で、専守防衛だ、だから今までの憲法解釈の範囲内なんだ、こういうふうに言っておられるわけです。先ほど安倍総理もおっしゃられてきたように、今までの政府....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(日本維新の会・結いの党)

2014/7/14

委員会名衆議院 予算委員会


「ここにおいて、集団的自衛権について二つの別のものがあらわれてきているというふうに思うんです。先ほど来、政府見解として、昭和四十七年の見解に示されている、他国に加えられた武力攻撃を阻止することをその内容とする、つまり他国を守る権利としての集団的自衛権、これは憲法上許されない、これは変わらないと。それで、今回閣....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(日本維新の会・結いの党)

2014/7/14

委員会名衆議院 予算委員会


「次に参りまして、事例集の十五事例ですが、この検討を我々もしてきましたけれども、集団的自衛権に当たると言われる八事例については、私たちは、いずれも個別的自衛権で対応可能であるんじゃないかというのが結論です。例えば、下の事例九にあるような、我が国近隣での有事で、アメリカの艦船が武力攻撃を受けている事態というのは....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(結いの党)

2014/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「太田大臣も東京の方でいらっしゃるからおわかりだと思いますけれども、この江東区というところになぜオリンピック施設が、三十七競技施設中十七集中することになったか、大臣の御見解があったら、ぜひ、まず最初にお伺いをしたいんですけれども、お答えいただけますでしょうか。」 「先ほどの東京の、なぜここだったのかというお話....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(結いの党)

2014/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「そもそも利用者の利便性を阻害して無駄なコストを強いる最大の要因が、メトロと都営の二重体制ではないかと思うんです。同じ駅に駅長が二人いる、保線の係員を二重に抱えている、九段下の駅のホームの壁どころではない、乗っている人からすれば、何でメトロと都営と二つあるんだ、毎日毎日、乗るたびに疑問に感じておられるのではな....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(結いの党)

2014/2/25

委員会名衆議院 予算委員会公聴会


「マクロ経済を見るのがお二人のお仕事だと思います、もちろん菊池先生もそうだと思いますけれども。そういう意味でいうと、アベノミクスによって異次元緩和が行われて、円の供給が行われることによってデフレ脱却の軌道に乗ってきたのかな、こういうところまで来たわけです。私も、ここまでの安倍政権のこうした量的緩和政策というも....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(結いの党)

2014/2/25

委員会名衆議院 予算委員会公聴会


「私は、生活に密着した公共投資を中央政府が行う必要は必ずしもないんではないかなと思うんです。生活に密着したものであるとすれば、効率的でニーズに合ったものをやるとすれば、地方政府がみずから財源調達して行うということも一つの方法だと思います。中央政府がやっていることによって、結果として採算度外視だったり、現地のニ....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(結いの党)

2014/2/24

委員会名衆議院 予算委員会


「その意味で、ブランドという言葉をお使いになられたところで、これまでの県政で、山梨ブランドづくりというもので、どのぐらいの成果が上がって、どのぐらいの課題があるのかということをまずお伺いしたい。地場の産業でそういうことをやられているのが舩木さんのお仕事だと思いますので、あわせて、この山梨ブランド、こうした点に....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(結いの党)

2014/2/24

委員会名衆議院 予算委員会


「知事にこの山の日の制定の意義をお伺いすると同時に、波木井先生、どうも製造業、地場産業に関して御造詣が大変深いようでありますので、そうした立場でもこれが許容されるかどうか、今お聞きになられてどうお感じになられるか、お伺いをしたいと思います。最後に、舩木さん、この中で農業者というのは、実は舩木さんだけなんですよ....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(結いの党)

2014/2/20

委員会名衆議院 予算委員会


「そこで、まず、原則論を確認させていただきたいと思うんですが、憲法九条の条文をどう考えるか、これはともかくとして、日本のあるべき国家像というのは、実はこの点において、誰もが余り大きく変わるものではないんではないかと思うんです。日米同盟を基盤として、極力軽武装で、そして抑制的な実力組織を維持して、同時に、国連の....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(結いの党)

2014/2/20

委員会名衆議院 予算委員会


「地理的にも、態様、あり方的にも必要かつ最小限度と認められる要件を明示して、自衛権行使のあり方について明確化する、こういう立法措置がやはり必要になってくるのではないかと思います。恣意的な解釈によって、集団的自衛権の法理を使って必要以上の武力行使に将来道を開くことがないように、我が国の自衛権のあり方について厳格....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(結いの党)

2014/2/20

委員会名衆議院 予算委員会


「NHKというのは、これはもう天下り天国みたいなところで、このパネルを見ていただきたいんですけれども、NHKの子会社を見ていると、主要なものを見てください、常勤役員は全部天下り。そして、役員の平均報酬、平均で一千五百万。そして、NHKの本体から七〇%、八〇%の受注をしていて、剰余金は全部合わせて九百六十五億円....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(結いの党)

2014/2/3

委員会名衆議院 予算委員会


「時間もなくなってまいりましたけれども、安倍総理、減反廃止のことについて、きょう、予算委員会で数々の質疑者が取り上げられておりました。世界には、アジア初め、米を主食とする三十億人の人々がおります。減反で生産量を減らし、高い米価を維持していくのではなくて、減反廃止で米の生産をふやして、米価を下げて、世界最高品質....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(結いの党)

2014/2/3

委員会名衆議院 予算委員会


「さて、今回の補正予算案ですけれども、この財政法二十九条に定められているような、予算作成後に生じた事由に基づいて特に緊要となった経費の支出、このような支出項目のみによって編成されている、こういうものだということでよろしいでしょうか、財務大臣。」 「今回の補正予算、平成二十五年度の補正予算を見たら、この予算書に....


→発言の続きを見る


議員名柿沢未途(結いの党)

2014/2/3

委員会名衆議院 予算委員会


「平成二十二年には、公共建築物における木材の利用の促進に関する法律が制定されておりまして、国や地方自治体が率先をして木材利用の促進を進めていく、こういう方針が示されております。オリンピック施設も、国や都が建てるわけですから、これは公共建築物の一つと言っていいんだというふうに思います。法律の趣旨も踏まえて、東京....


→発言の続きを見る

167件見つかりました。