希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

羽田雄一郎先生のご訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。

発言の詳細を表示します。


議員名東徹(日本維新の会)

2021年9月28日

委員会名参議院 議院運営委員会


「日本維新の会の東徹でございます。菅総理におかれては、総裁選挙に出馬せず新型コロナ対策に専念をされたという政治姿勢に対して、敬意を表したいというふうに思います。そこで、菅総理に、まずワクチンと治療薬の開発について質問をさせていただきたいというふうに思います。今日も何度か質問がありましたが、ワクチン接種、菅総理は一日百万回を目標にして、打ち手不足を解消するために、歯科医師さん、それから臨床検査技師の打ち手を確保していったという、こういった超法規的な決断というのは菅総理の実績、功績だというふうに思います。それで、どんどんと進んでいって、一日百六十五万回のときがありました。それぐらい進んでいったわけですが、今度、ワクチンの物がない、足りないというような状況もありました。本来、国策でこういったワクチン、それから治療薬、こういったものをやっぱり開発を行っていくべきだというふうに思います。海外ではやっぱりこういったことがやっぱりできているということがありますが、なかなか日本では十分にできなかったと。感染拡大の第五波もやっぱり、なかなかそのことで抑えるのがやっぱり時間が掛かったということがあったというふうに思います。ワクチンや治療薬の開発の加速化に向けて、菅総理、今後どのような体制を構築していく必要があるというふうにお考えなのか、お聞かせいただきたいというふうに思います。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る elapsed: 4.9381189346313