希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

新藤義孝さんの発言を表示します。


議員名新藤義孝(自由民主党)

2016/5/18

委員会名衆議院 外務委員会


「ですから、国としても、私たちの歴史の中でどんなことが起きたのか、そして、どのようにしてこの国の領土は形成されてきたのか、また、さまざまな歴史問題についてはどんな事実があったのかということを、客観的な、学術的な調査機関がしっかりとそれを捉まえて、そして、それに対する国内や国外の研究者もそこに参加してもらって、....


→発言の続きを見る


議員名新藤義孝(自由民主党)

2016/5/18

委員会名衆議院 外務委員会


「この国の基本問題として当然取り扱われることは私も承知をしておりますが、しかし、どのように取り扱っていくかです。これがアドホックに、例えばあるときの企画としてぽつんとやるのではなくて、恐らく日本の魅力となれば、四季、自然、文化、芸術、そして国民、いろいろな日本の活動を、こんな楽しいことがあるよ、こんな魅力的な....


→発言の続きを見る


議員名新藤義孝(自由民主党)

2016/1/8

委員会名衆議院 予算委員会


「そこで、まず総括的に、果たして今度の実験は成功したのか。そして、水素爆弾だったのか、水爆だったのか。今回の実験の分析、評価。また、今回のことを経て、我が国に対する脅威はどういうふうに変化していくのか。また、国連の対応はどのように進めていくつもりなのか。総理からまず包括的に御報告をいただきたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名新藤義孝(自由民主党)

2016/1/8

委員会名衆議院 予算委員会


「今、直近の課題は、この経済好循環です。この二年間で企業の収益が最高だと申し上げました。内部留保は五十兆に及びます。現預金も二十・二兆円ふえています。しかし、設備投資は五兆円、そして給与や賞与は〇・三兆円。企業が収益を出していてもそれがまだ投資や、何よりも賃金に向かっていない、このことを全員で、やはり数字で認....


→発言の続きを見る


議員名新藤義孝(自由民主党)

2016/1/8

委員会名衆議院 予算委員会


「私は、これはぜひ、心配はあると思いますけれども、しかし、TPPによって経済の国境を下げて、中小企業者や日本のすばらしい農産品がもっと大きな市場を持つことができたんだと。これも、入ったんですから、決めたんですから、効果を出させるようにしていかなくてはいけない。その意味において、総理から、総括的にTPPが日本に....


→発言の続きを見る


議員名新藤義孝(自由民主党)

2016/1/8

委員会名衆議院 予算委員会


「その上において、幾つか御提案をしたいと思うんですけれども、まず、その前に、懸案であった慰安婦問題、日韓で最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する、国際社会における批判や非難は控える、こういう合意ができたことは大きな成果だった、大変な御苦労をいただいたことだと承知しています。でも、私は、この合意は、両国が....


→発言の続きを見る


議員名新藤義孝(自由民主党)

2016/1/8

委員会名衆議院 予算委員会


「自治体は、実は、自分たちの固定資産台帳、これをまだ二割しか整備していないんです。公共施設管理計画、どこの公民館が、どのぐらい使っていて、あとどのぐらいこれを使えるかとか、こういう公共施設の管理の整備をするための計画、実はまだ五%しか、全自治体、持っていないんです。今度の、総務省が開発した、私どもでこれを準備....


→発言の続きを見る


議員名新藤義孝(自由民主党)

2014/10/31

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「でも、ここで、大都市圏への人口集中は先進国による運命だ、このようにお感じになっている方はたくさんいらっしゃると思うんですが、四番、首都圏への人口集中がどれだけすごいかというと、日本は約三〇%です、総人口に占める首都圏人口の割合。ところが、パリ、ロンドンでは一五%前後なんです。そして、ニューヨークやベルリンで....


→発言の続きを見る


議員名新藤義孝(自由民主党)

2014/10/31

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「そこで、私は、きょう、自分の私案でございますが、まず、地方創生をどのような枠組みで進めていくか、それから、その際のまさに推進エンジンとして財源、制度、これをどういうふうにつくっていったらいいかということを、私の案でございますけれども、出させていただきました。まず、このパネルの左上に基本方針を書きました。まさ....


→発言の続きを見る


議員名新藤義孝(自由民主党)

2014/10/31

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「この際に、では、国の横串を刺す体制ができたとしても、今度は地方に対してばらまきになってはいけない。したがって、地方には自由で、そして包括的な事業を御提案いただくが、それに対する責任や効果の検証をしっかりやっていただかなきゃならない、こういうことだと思うんです。ですから、今後、この法律にもありますが、地方版の....


→発言の続きを見る


議員名新藤義孝(自由民主党)

2014/10/14

委員会名衆議院 本会議


「私は、この地方創生を成功に導くために二つの大きなポイントがあると考えています。まず一つ目。政府側の実行体制であります。各省庁の縦割りを排除し、政策を総合的かつ集中投下する政府一体となった体制をつくり、地域ごとに必要な事業をパッケージ化し推進できるようにする。もちろん、ばらまきと言われるような手法は厳に慎まな....


→発言の続きを見る


議員名新藤義孝(自由民主党)

2014/10/14

委員会名衆議院 本会議


「東京圏に対する考え方についてお伺いをいたします。今般の法案では、東京圏への人口の過度な集中の是正が盛り込まれています。例えば、総人口に対する首都圏人口比率を見ますと、パリやロンドンで一五%前後、ニューヨーク、ベルリンで五%前後です。しかし、東京は約三〇%、突出しているわけであります。他方、東京の合計特殊出生....


→発言の続きを見る


議員名新藤義孝(自由民主党)

2014/10/14

委員会名衆議院 本会議


「次に、地域再生法改正についてのお伺いをいたします。地方創生の推進に当たり、まち・ひと・しごと創生法案とあわせて地域再生法の改正案を提出した意義について、安倍総理の御見解をお願いいたします。」 「また、今年度政府が進めております省庁横断の取り組みであります地域活性化プラットホームにおいては、選定された三十三の....


→発言の続きを見る

13件見つかりました。