希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

杉ひさたけさんの発言を表示します。


議員名杉ひさたけ(公明党)

2016/5/19

委員会名参議院 環境委員会


「今週十五日から十六日にかけましてG7環境大臣会合が富山で開催されましたが、環境大臣の力強いリーダーシップによりまして様々な成果が得ることができたと伺っております。例えば、長期温室効果ガス低排出発展戦略を可能な限り早期に策定し提出することがコミットされたと伺っておりますが、地球温暖化対策にG7が積極的な姿勢を....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2016/5/19

委員会名参議院 環境委員会


「地球温暖化対策の促進には各地域に具体的に落とし込むことが重要でございます。各自治体での取組に対する支援、例えば新しい省エネ設備の導入といったハード面の支援に加え、各地域の実行計画の策定といった言わばソフト面での支援も大切になると考えますが、環境省として、自治体の取組をハード、ソフト双方からどのように支援する....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2016/5/19

委員会名参議院 環境委員会


「浮体式洋上風力発電の導入促進のためにも、こういった今指摘いたしましたコスト面や設置技術の向上などへの国の支援が不可欠であると考えますが、今後浮体式洋上風力の導入拡大のために環境省としてどのような施策を講じていくお考えなのか、伺いたいと思います。」 「フロン排出抑制法の全面施行から一年が経過をいたしました。フ....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2016/5/17

委員会名参議院 環境委員会


「今回の温対法の改正の中で一つやはり大きな軸になっているのは、国民運動として今回の温暖化対策を進めていくということにあろうかと思います。その中で、やはり業務部門、家庭部門で四〇%削減をしていくという、これはやはりハードルが高い目標ではないかなと思っております。その中でどのように国民運動として、これが単なる声掛....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2016/5/12

委員会名参議院 環境委員会


「まずは、先月行われました日中韓三か国環境大臣会合の成果につきましてお伺いしますとともに、今週末のG7環境大臣会合に向けました大臣のお考えや決意につきまして、併せて御答弁をいただきたいと思います。」 「本法案の理念、方向性には異論はございませんので、これが漠然とした精神論で終わることのないよう、また国民運動の....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2016/5/10

委員会名参議院 環境委員会


「環境省では、実際に使用済小型家電の回収を担う市町村に対して回収ボックスの設置などの支援を行っております。その結果、平成二十七年四月の時点では、既に回収体制を構築しております市町村が千七十三市町村と、全市町村の六一・六%に達し、施行当初の三百四十一市町村と比べますと参加自治体が約三倍に増加したと聞いております....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2016/5/10

委員会名参議院 環境委員会


「そこで、環境省に確認いたします。平成二十七年度の実績はどの程度となったのか。現在、精査中であるかもしれませんが、少なくとも十四万トンの回収目標に達したのか、あるいは目標に近づいているのか、若しくは目標には程遠い厳しい結果になるのが予想され得るのか。ある程度の感触は、年度も終わっておりますのでつかんでいると思....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2016/5/10

委員会名参議院 環境委員会


「そこで最後に、環境大臣に伺います。このような小型家電から回収した金属を活用したメダル製造の提案については、実現に向けて積極的に後押ししてはどうかと考えます。また、あわせまして、日本は今や都市鉱山の資源大国と言われておりますが、実際は潜在的な可能性を指し示しているだけにすぎないのが実情であると言わざるを得ませ....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2016/4/21

委員会名参議院 環境委員会


「そこで、初めに、先ほど来、午前中も他の委員の方から御質問がありましたが、掘り起こし調査について質問いたします。各自治体では、平成二十六年度の改訂基本計画に基づき、高濃度のPCB使用製品や廃棄物の使用実態あるいは保管状況を把握するための掘り起こし調査を行っておられます。そこで、環境省に確認をいたします。本年二....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2016/4/21

委員会名参議院 環境委員会


「私が危惧いたしますのは、費用求償の難しさから、例えば自治体の熱心な調査の結果、PCB廃棄物が新たに大量に出てきてしまった、しかも持ち主不明で求償できそうにない、費用はどうするのか、うちの自治体では賄い切れない、その結果、代執行に慎重になってしまう、こういったケースも発生するのではないかと強い懸念を抱いており....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2016/4/21

委員会名参議院 環境委員会


「今回、基本計画を閣議決定する以上、政府が一丸となって取り組むという意味では、例えば処理完了期限までは年に何回か、あるいはカネミ油症事件を想起する意味からも、例えば十月とか期間を決めて、集中調査期間のような推進期間を設け、政府広報などを利用して新聞やテレビCMを通じて啓蒙活動を行ってはどうかということでありま....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2016/4/13

委員会名参議院 決算委員会


「「会計検査のあらまし」によりますと、会計検査院は、昭和六十二年から毎年、総務省行政評価局との連絡会を行っている、こういった記載がございます。この連絡会の目的として、会計検査院が実施する会計検査と総務省行政評価局が実施する政策評価及び行政評価・監視には密接な関係があるので、相互の執務状況について情報を交換し理....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2016/4/13

委員会名参議院 決算委員会


「続いて、複式簿記の導入について伺います。今回の統一的な基準においては、複式簿記の導入が、これが必須となりました。今回の新地方公会計の目的は、複式簿記を入れること自体は手段でありまして、目的はあくまでそういった情報を予算編成や行政上の意思決定に利用する、こういうことであります。例えば、資産の老朽化比率から公共....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2016/4/13

委員会名参議院 決算委員会


「続いて、今回のこの地方公会計整備に関わる特別交付税措置について伺います。固定資産台帳の整備や専門家の招聘、職員研修、こういった経費については特別交付税措置が設けられておりますが、その利用状況について確認をします。」 「次に、固定資産の長寿命化について伺います。冒頭申し上げましたように、地方自治体においては限....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2016/4/5

委員会名参議院 環境委員会


「今回の機構法の改正の趣旨につきまして改めて確認をするとともに、環境研究総合推進費による研究業務の実施に当たっては、環境再生保全機構のほかにも、例えば国立環境研究所、今は独法から国立研究開発法人へと位置付けが変わっておりますけれども、国立環境研究所で業務実施を行わせることも可能であったのではないかと考えますが....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2016/4/5

委員会名参議院 環境委員会


「そこで、環境省に伺いますが、競争的資金を含む公募型研究開発につきましては、他省庁では既に移管されたものがある中で、環境省ではなぜ研究開発力強化法の成立から八年が経過した段階で推進費を移管する判断をしたのか、移管に相当な時間が掛かっているのではないかと考えますが、この点について見解を伺いたいと思います。」 「....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2016/4/5

委員会名参議院 環境委員会


「このような高度化、複雑化した地球規模の課題に対応するためにも、科学技術とそれによるイノベーションを活用した研究開発といった取組が求められている中で、このグリーンイノベーションの基礎を成す環境分野における研究や技術開発は我が国が一丸となって取り組むべき最重要課題であると考えます。そこで、環境省に伺いますが、環....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2016/3/23

委員会名参議院 環境委員会


「さて、公害等調整委員会からの説明によりますと、平成二十七年に公害等調整委員会に係属した公害紛争につきましては合計六十六件あるとの説明がございました。そして、その六十六件のうち、主な紛争事件の例として、その冒頭に私の地元であります大阪府大東市の事案がございましたので、まずは本件につきまして少しお伺いをしておき....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2016/3/23

委員会名参議院 環境委員会


「この省エネ型の家庭用給湯機でございますが、御承知のとおり地球温暖化対策や省エネ対策の推進の中で国の施策としても大きく取り上げてきたものでございまして、近年急速に普及をしているものでございます。しかしながら、近年、この省エネ型の家庭用給湯機から発生します騒音によります近隣トラブルが増えているといった報道も散見....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2016/3/22

委員会名参議院 政府開発援助等に関する特別委員会


「まずは、来年度のODA予算に対する外務大臣の御見解と、あわせて、これら予算は世界と日本の平和の安定の実現のための予算ですので、積極的平和主義実現に向けた大臣の御決意をお伺いしたいと思います。」 「そこで、外務省にお伺いをいたします。来年度の外務省予算案でも重点項目の筆頭に挙げられております在外邦人の安全対策....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2016/3/10

委員会名参議院 環境委員会


「復興から五年という節目を迎える今、閣僚全員が復興大臣であるとの安倍内閣の基本方針の下、丸川大臣には、閣僚の一員として被災地復興への不退転の決意を改めてお聞かせ願いたいと思いますし、被災地の皆様に寄り添うような施策の実行、今後も全力で行っていただきたい、このように期待をしているところでございます。大臣に就任さ....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2016/3/10

委員会名参議院 環境委員会


「まず、中間貯蔵施設事業のスキームについてですが、まず、施設への輸送につきましては、昨年の三月から開始されましたパイロット輸送、この期間が間もなく終わりまして、新年度、来年度からは段階的な本格輸送というステージに移ると理解をしております。そこで、環境省にまず確認をしたいのですが、これらパイロット輸送につきまし....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2016/3/10

委員会名参議院 環境委員会


「それでは、続いて、除染作業について何点か質問をしたいと思います。まずは、集中復興期間がいよいよ終了しようとしているわけでありますが、大震災の発災以降、この除染との闘いというものは本当に熾烈を極めたわけでございます。集中復興期間の終了を踏まえ、この五年間の成果というものはどのようになっているのか、除染計画どお....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2016/1/7

委員会名参議院 議員運営委員会


「まず第一に、先ほどの所信にもあったかとは思いますけれども、まずはやはりこの会計検査院の役割、使命といったものはどういったものであるかということを改めて確認をさせていただきたいと思います。」 「続いて、今、会計検査院の役割、使命についてお話をいただきましたけれども、一方で、国民からどういうふうな期待があるか、....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/12/18

委員会名参議院 環境委員会


「丸川大臣も、人類の歴史上初めて全ての国が参加する温暖化対策の国際枠組みができたとおっしゃられたとおり、地球温暖化問題という全地球的規模の課題解決に向けて、各国が複雑な利害関係を乗り越えて、地球全体の利益を優先して採択に至った画期的な合意でございまして、私自身も高く評価をしているところでございます。各国との合....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/12/18

委員会名参議院 環境委員会


「先月の二十六日に、新聞やテレビ等でかなり刺激的な報道がございました。皆様も御記憶があるかと思いますが、白熱電球や蛍光ランプが二〇二〇年をめどに実質製造禁止になるのではないか、こういった報道がございまして、その当時の記事などでは、COP21に向けて日本の温室効果ガス削減への取組を具体化する狙いもある、このよう....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/12/18

委員会名参議院 環境委員会


「このような状況の中で、このまま暫定排出基準の適用期限を迎えてしまいますと、多くの小規模メッキ企業は一律排出基準に対応できない。そしてこの対応できない企業は淘汰されていく状況に追い込まれていくわけでございます。このままではメッキ業界が存在し得ないような事態に直面しかねませんし、メッキ業だけでなく、我が国の物づ....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/8/26

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「まず、確認でありますけれども、内閣法制局に確認をいたします。武力の行使の一体化の考え方とは何か、これは憲法上の要請の問題であるという理解でよいか、改めて確認をさせていただきます。」 「この武力の行使の一体化を判断するための四つの考慮事情がありますが、これの内容について、またこの四つの考慮事情については現在も....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/8/26

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「しかしながら、この実施区域の指定に対してはどういうふうになっていたかといいますと、これまでの法令においては、防衛大臣は実施要項において実施区域を指定という形になっていたところ、今回の新しい法整備においては、防衛大臣は実施要項において活動を円滑かつ安全に実施することができるよう実施区域を指定ということで、今回....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/8/26

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「これまで、後方支援のメニュー、様々ございました。その中で、今回の法制、新しい平和安全法制の中で、後方支援のメニューから、弾薬の提供及び戦闘作戦行動のための発進準備中の航空機に対する給油及び整備、これを除外する規定がなくなりました。この弾薬の提供及び戦闘作戦行動のための発進準備中の航空機に対する給油及び整備が....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/8/26

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「そこで、中谷大臣に確認をいたしますけれども、弾薬の提供について、先ほどの答弁と少し重複する面もあると思いますが、具体的なニーズと想定をされている弾薬の範囲、これについて明確な答弁をいただきたいと思います。」 「では続いて、最後に、この提供、今は弾薬の提供についてお話をいたしましたけれども、弾薬の輸送について....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/7/7

委員会名参議院 環境委員会


「私の方からは、今回のこの法律に関しまして、やはり災害の対策に対する人材の確保、また人材のネットワークという面で両参考人にまずお伺いをしたいと思います。今回の東日本大震災の教訓を受けて、平時から、またその災害が起こってからも、やはりなかなか平常業務とは違うことに対して経験や知識がない中で、やっぱり専門家、また....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/6/18

委員会名参議院 環境委員会


「しかしながら、東日本大震災に係る災害廃棄物の処理方針、いわゆるマスタープランに基づきまして国を挙げての対策を進めました結果、マスタープランで目標とされておりました平成二十六年三月末までに福島県を除きます十二道県では災害廃棄物の処理を完了した、このように認識をしております。一方、福島県におきましては、放射線の....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/6/18

委員会名参議院 環境委員会


「このように、避難場所と仮置場が競合する可能性など、様々な課題がある中ではございますが、災害時に向けた事前の備えとして、仮置場の確保は大変重要な課題であると思います。そういった意味におきましては、やっぱり不断の検討が必要でありますし、やはり国としてもサポートがとても大切なのではないかと、このように考えておりま....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/6/16

委員会名参議院 環境委員会


「この会計検査院の指摘について、環境省はどのように受け止めているのか、また、検査院は不当としておりますが、この結果が事実であれば、人件費が一億円もの水増しをされていたと、こういうことになります。しかも、先ほど御説明しました経緯を考えますと、仕事をしたかどうかのちゃんと記録も取られていない、かなりずさんな管理の....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/6/16

委員会名参議院 環境委員会


「このような取組によりまして、地元のお年寄りの生きがいを守り、後継者の育成にも役立てていく。高齢者の雇用を創出し、おじいちゃん、おばあちゃんの収入源にもなっているということであります。実際、この山菜を申し込まれた都市部の購入者からは大絶賛を受けているわけでありまして、そのうわさが口コミで広がりまして、今年は昨....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/6/11

委員会名参議院 環境委員会


「まず、世界の水銀排出についてでございますが、世界の水銀排出量の半分を占めますのは、皆様も御承知のとおり、アジア地域でございまして、アジア地域におけます水銀公害への懸念というものは大変深刻なものがあるのではないかと考えております。そのような中で、環境省では、我が国の水俣病の経験を諸外国に啓蒙していく、このよう....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/6/11

委員会名参議院 環境委員会


「そこで、昨年施行されました改正大気汚染防止法におきましては、このような石綿飛散を防止する観点から、届出義務者の変更や解体等工事の事前調査及び説明の義務付け、立入検査等の対象の拡大が行われたものでございます。特に自治体による解体工事現場への立入り権限が強化されまして、自治体に積極的な検査の実施が求められている....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/6/9

委員会名参議院 環境委員会


「まず、私から質問をさせていただきたいのは、今回水銀が原則輸出禁止という形になる中で、我が国の水銀のマテリアルフローを見てみますと、輸入原燃料から多くの水銀が入ってきて、それと同じぐらいのボリュームの輸出がこれまで行われていたという状況であったと思います。この輸入原燃料、これを完全に輸入できなくなるとなると産....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/6/4

委員会名参議院 環境委員会


「環境省は先月下旬、経済産業省との合同検討会におきまして、水銀に関する水俣条約の批准に向けた国内措置の一環として、二〇一七年から水銀を含む電池やランプの製造を原則禁止するという方針を明らかにしたという、こういった報道がございました。このような報道が法案審査中にあったわけでございますが、まず冒頭、この報道の内容....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/6/4

委員会名参議院 環境委員会


「さて、先月二十二日、参議院におきましても全会一致で承認されましたこの水銀に関する水俣条約でございますが、この条約は水銀の採掘や輸出入、使用や環境への排出、廃棄といった水銀のマテリアルフロー全体を包括的に規制をしていこうとする、文字どおり地球的規模の取組でございます。ただ、このようなマクロの視点とは別に、私た....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/6/4

委員会名参議院 環境委員会


「先ほど条約の名称に水俣の名を冠したことについて述べましたけれども、水俣病問題は現在もなお未解決でございますし、被害者の方々への救済の動き、五十年、六十年を経てなお訴訟が続いている、このような事態は水俣病の因果関係を云々する前に、もはや人権上の問題でもございますし、国際的にも恥ずべき事態ではないかと私は強く危....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/5/27

委員会名参議院 政府開発援助等に関する特別委員会


「私の方からは、まず高井参考人にお伺いをさせていただきたいと思います。先ほど御説明の中でありました、最後時間がなくなったところでお話がありました。やはり今回JICAのスキームを使われて、技術力のある中小企業としてカンボジアでの精米の設備の導入をされた、その経験から是非とも教えていただきたいのは、この実証事業に....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/5/25

委員会名参議院 決算委員会


「まず、預け金について伺います。会計検査院による決算検査報告では、近年、いわゆる預け金と呼ばれる不適正な会計処理に対する指摘が続発をしております。まずは、この預け金という不適正な会計処理がどのようなものかについて会計検査院に説明を求めます。」 「この預け金に係る不適正な会計処理につきましては、当決算委員会が平....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/5/25

委員会名参議院 決算委員会


「次に、財務省にお伺いをいたします。今、決算審査で対象となっております平成二十五年度の決算書類に対して誤りがあったということで、財務省から報告がありました。この内容について、まず財務省に伺います。」 「特に、今対象となっておりますこの国有財産増減及び現在額総計算書については、まさにこの決算委員会での審査の対象....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/5/25

委員会名参議院 決算委員会


「続いて、先ほどからも幾つか他の委員からも質問がありましたが、財政健全化について質問をしたいと思います。平成二十五年八月八日に閣議了解された中期財政計画、その中で、平成二十五年度からのプライマリーバランスの見通し、これが示されておりまして、平成二十五年度の決算審査に当たり、この二十五年度のプライマリーバランス....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/5/25

委員会名参議院 決算委員会


「続いて、地域手当について少し確認をしたいと思います。昨年八月に人事院勧告に基づいて地域手当改定がなされました。今日は、その算定方法について問題提起を是非したいと思います。まず、地域手当とは何か、その目的について人事院に説明を求めます。」 「今御説明がありました。この地域手当のルールというものは、地方公務員の....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/4/16

委員会名参議院 厚生労働委員会


「この法律案の基本的理念につきまして、私が今るる申し上げましたとおり、若者の社会に対する貢献といった観点のみならず、若者が本来持っている能力を発揮し、やりがいを持って活躍できるような環境を構築するために、社会全体で若者を支える、育成をしていく、このような観点も重要であると考えておりますが、本法律案の基本的理念....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/4/16

委員会名参議院 厚生労働委員会


「それでは、次の質問といたしましては、今度は会社情報の取得における学校の役割について伺いたいと思います。学生が就職活動を行う際は、例えば大学のキャリアセンター等が就職関連情報の提供を始め学生相談への対応などにつきまして一定の役割を担っていただいていると思います。職場情報の積極的な提供に関して、学校が企業に働き....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/4/16

委員会名参議院 厚生労働委員会


「続きまして、若者のスキルアップという観点から伺いたいと思います。若者が生涯にわたって充実した職業生活を送るためには、適職選択のほか、職業能力の開発や向上、これも大変重要でございます。しかし、バブル経済崩壊後の厳しい経済情勢の中で、企業側が支出します教育訓練費、これも低下傾向にございます。個人の側が負担します....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/4/16

委員会名参議院 厚生労働委員会


「もう一つ確認をしたいのですが、今回の法律案の中で、第三条の基本的理念のところでありますけれども、「青少年である労働者は、将来の経済及び社会を担う者としての自覚を持ち、」という、こういう文言がございます。そうしますと、現在働いていないいわゆるニート等の若者はこの法律に含まれていないような感を持つ人がいるのでは....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/4/16

委員会名参議院 厚生労働委員会


「続いて、キャリアコンサルタントについて確認をいたします。今回の改正では、個人の適性や経験等に即した職業選択、キャリアプランの作成や職業能力開発を支援する人材でありますキャリアコンサルタントにつきまして登録制度を新設するということでございますが、この制度の趣旨と、どのような政策的効果を見込んでいるのか、厚生労....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/4/7

委員会名参議院 環境委員会


「先週、三月三十日の月曜日の報道で、東電の福島第一原発事故の後、市町村が実施した除染費用として国が二月末までに東京電力に請求した七百六十一億円のうち、東電側が約二%しか支払に応じておらず、事実上拒否しているという内容の報道が、これ先月二十九日の環境省への取材で明らかになったという、こういう記事がございました。....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/4/7

委員会名参議院 環境委員会


「それでは、続きまして、前回の委員会でも質問いたしましたが、地域低炭素投資促進ファンド事業について再度質問をしたいと思います。前回の質疑の翌日の三月二十七日に、環境省から新たな出資案件が決定されたという通知をいただきました。頂戴した資料を拝見しますと、例えば、廃棄物になるような未利用材等をエネルギーに転換する....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/4/7

委員会名参議院 環境委員会


「残りの時間で、フロンガスの問題につきまして何点か質問をしたいと思います。一昨年の平成二十五年六月にフロン回収・破壊法が改正されまして、名称をフロン排出抑制法と改めまして、今月一日から全面施行とされたところでございます。この改正法では、フロン類のライフサイクル全般にわたる排出抑制を図るため、第一種特定製品から....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/4/6

委員会名参議院 政府開発援助等に関する特別委員会


「近年、この地球環境問題の取組は一層加速しておりまして、例えば昨年十月に公表されました会計検査院の随時報告でも、環境省で行われている地球環境保全や地球温暖化対策に関連する技術協力事業予算が拡大をしている、そういった報告もなされております。そこで、まず外務省に確認をいたします。これら環境問題に対応したODAの実....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/4/6

委員会名参議院 政府開発援助等に関する特別委員会


「では、続きまして、先ほど少し触れました昨年十月の会計検査院の随時報告の中身で確認をしたいと思います。OECDの傘下にあります委員会として、開発援助委員会、DACというものがございます。このDACに加盟する各国が開発途上国に対する援助実績を取りまとめたものが、DAC報告というものがございまして、これはDAC加....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/3/27

委員会名参議院 予算委員会


「ハローワークでの求人説明を基に再就職を果たしたが、入社後、賃金、勤務時間、勤務体系などの就労条件が全く異なっており、会社に抗議しても受け入れられなかった、ニート、引きこもりなどと言われる若者の将来が大変心配である、また、非正規職員は教育訓練を受けるチャンスが少ないなど、総理もよくお聞き及びのこととは思います....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/3/27

委員会名参議院 予算委員会


「次に、これまでは仕事に就きたい希望がある若者についての施策でございましたが、これからは、一方で就職に悩みを持つ若者をどう就職に結び付けるかという観点で質問をいたします。就職に悩みを持つ若者らを支援する施設である若者サポートステーション、通称サポステと言われている施設がございます。これまでこれが全国百六十か所....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/3/26

委員会名参議院 環境委員会


「今月十三日から中間貯蔵施設への廃棄物の搬入が開始されたわけでございますが、最初の搬入につきましては大熊町の仮置場から開始されまして、また、双葉町での搬入につきましても、昨日、二十五日には開始をされたと午前中の答弁でもお話をいただきました。今年一月に搬入をという当初の目標からは遅れてはおりましたけれども、とも....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/3/26

委員会名参議院 環境委員会


「次に、福島第一原発事故の収束作業につきまして伺いたいと思います。まず、汚染水の処理問題でありますが、二〇一四年度内に完了するとの目標であったかと思いますが、東電は今年一月には年度内処理を断念され、本年五月末まで掛かるとの見通しが明らかにされました。さらに、今月に入りましてからは、それも難しいという報道もござ....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/3/26

委員会名参議院 環境委員会


「続いて、福島の震災復興に大きな光となっております、昨年六月に当時の経済産業副大臣でありました我が党の赤羽一嘉衆議院議員が座長になって取りまとめました福島・国際研究産業都市構想、いわゆるイノベーション・コースト構想について伺いたいと思います。御承知のとおり、福島県の浜通りの自治体では、これまで原子力関連企業が....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/3/26

委員会名参議院 環境委員会


「地球温暖化に関連しまして、地域低炭素投資促進ファンド事業、これについて伺いたいと思います。この事業については私自身も強い期待を持っているところでもありますし、地方創生という観点からも非常に有益ではないかと思いますが、例えば意欲があっても資金繰りなどのノウハウが不足しているような、特に地方でのこの低炭素社会の....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/3/4

委員会名参議院 政府開発援助等に関する特別委員会


「今、藤末先生との質問にも重複するところがございますが、私も、報道等を見ていますと、やはり軍事転用されるんではないかという、その懸念というものはまだまだ強いものがあるんではないかというように考えているところであります。私自身も、災害援助や復興など、軍が果たしている非軍事的目的での軍の役割というものはやはり非常....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/2/10

委員会名参議院 決算委員会


「まず、環境省に伺いますが、平成二十五年度決算検査報告によりますと、環境省関連で指摘された件数は十三件、指摘金額は三十六億円となっておりますが、前年の指摘金額が九億円でありましたので二十七億円の増加となっております。今回、指摘金額が大きく増えたことも含めまして、会計検査結果に対する環境大臣の見解をまず伺います....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/2/10

委員会名参議院 決算委員会


「続きまして、農林水産省に移りたいと思います。平成二十五年度決算検査報告によりますと、農林水産省関連で指摘された件数は六十四件で、指摘金額は合計で八百五億円であります。前年の指摘が三百五十七億円ですので、四百四十八億円増えたということになります。その八百五億円の中身を見ていきますと、最も金額的に大きかった案件....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/2/10

委員会名参議院 決算委員会


「ALICの中身の方に戻りたいと思います。このALIC、潤沢にあるこの基金をどういうふうに管理をしているのかなということを財務諸表の中からちょっと分析をしてみました。お手元の資料の二枚目を御覧いただきたいと思います。ALICの決算書につきましてはホームページで平成十五年から公表をされておりまして、その中身を見....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/1/28

委員会名参議院 本会議


「平成二十五年度決算は、平成二十四年十二月に発足した第二次安倍内閣において初めて編成された予算の決算であり、いわゆるアベノミクスの一年目の総括として位置付けられるものであると考えます。具体的に決算の内容を見てみますと、平成二十五年度の歳出決算総額は、アベノミクスの第二の矢として機動的な財政政策を行った結果、百....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/1/28

委員会名参議院 本会議


「次に、社会資本の長寿命化における維持管理・更新について質問します。会計検査院による決算検査報告では、社会資本の老朽化の課題が指摘されています。報告では、我が国の社会資本は、今後二十年間で、建設から五十年以上経過する施設の割合が加速度的に高くなり、平成二十四年度と平成四十四年度で比較すると、例えば道路橋は一六....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2015/1/28

委員会名参議院 本会議


「さて、地方と比べて遅れているのが国の公会計改革です。国では平成十五年度より複式簿記・発生主義による国の財務書類が公表されていますが、これは、現行の決算書では明らかにされない国全体の資産や負債のストック情報を始め、当該年度で認識すべき行政コスト、さらには財源などのフロー情報も把握できる大変優れた書類です。平成....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/11/18

委員会名参議院 環境委員会


「改めて申し上げるまでもございませんが、被災地の復興は、政府・与党が一丸となって取り組むべき最優先課題でございます。中でも今回議題となっております中間貯蔵施設につきましては、福島の環境回復を進め、福島の復興を図る上で大変重要な役割を果たすものでございます。一方で、地元の皆様には多大な御負担を強いるものでござい....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/11/18

委員会名参議院 環境委員会


「これまで福島県からは、中間貯蔵施設を最終処分場としないことを担保として法制化が求められてまいりました。地元の皆様の御理解を得るためでもこの法案は極めて重要な意味を持つものと考えております。そこで、内容につきまして何点か確認をしたいと思います。まず、中間貯蔵に関する事業につきまして、先ほど大臣にも触れていただ....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/11/18

委員会名参議院 環境委員会


「続いて、この中間貯蔵開始後三十年以内に福島県外の最終処分というのが今回の法律でも重要な部分になると思います。これについても第三条で明記をされているところであります。しかしながら、地元の大熊町や双葉町での住民説明会の際にもございましたように、例えば法律はいつでも改正できるのではないかとか、町民の質問に納得でき....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/11/18

委員会名参議院 環境委員会


「あと、九月一日の佐藤前知事からの総理に対する回答の際、佐藤前知事から申入れがありました。午前中の質疑でも取り上げられました五項目についての確認がございました。これにつきまして、午前中の質疑でも取り上げられましたが、改めて確認をさせていただきたいと思います。これらの確認項目につきまして、国として誠実に、また責....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/11/13

委員会名参議院 環境委員会


「まず、大迫参考人にお伺いをさせていただきたいと思います。今日お配りいただいた資料の中で、大迫参考人におかれましては、中間貯蔵施設への除去土壌等の輸送に係る検討会にも委員を務められているということで、資料の八ページで中間貯蔵施設への輸送について少し触れていただいたと思います。その中で、一点御質問させていただき....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/11/13

委員会名参議院 環境委員会


「続いて、先ほど来、中西委員、長浜委員からも質問に出ましたが、やはり今回JESCO法を改正して、既存の組織を活用して中間貯蔵に当たっていくというところで、先ほど来、どういったJESCOのノウハウ、経験知が生かされるのかという点については既に質問があったところだと思います。一方で、扱うものが違いますので、やはり....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/6/17

委員会名参議院 経済産業委員会


「今回の法律については小規模に焦点を当てた法律でありまして、本当に公明党もこれまで中小企業支援を重点を置いてやってまいりました、その中で、我々もこの法律に期待するところは非常に大きいものがございます。今回の法律におきまして、よろず支援拠点というものが各都道府県に設置をされることになりますが、このよろず支援拠点....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/6/17

委員会名参議院 経済産業委員会


「続きまして、先ほど来何度か質問にありましたが、経営指導員の話につきまして森田参考人にお伺いをしたいと思います。先ほど来幾つか他の委員の方から質問もございましたが、私は、この経営指導員、先ほど一人当たりの件数なり人員配置の今の状況なりお話しいただきましたが、私も前職が会計士、税理士ということで、やはり経営に携....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/6/17

委員会名参議院 経済産業委員会


「続いて、経営者保証に関するガイドラインについて伺いたいと思います。先ほど各参考人のお話の中でも出てまいりましたが、少し法案とは離れますけれども、経営者保証に関するガイドライン、個人保証を限定的にしていくという中で、ガイドラインが今年の二月ですかね、出されて、運用が進んでいると思いますが、分かる範囲で構いませ....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/6/3

委員会名参議院 経済産業委員会


「本日は、電力システム改革の第二弾となる小売参入の全面自由化に向けた電気事業法の改正について順次質問をしたいと思います。まずは、今回の改正案に先立ちまして、昨年成立いたしました第一段階の部分について少し確認をしておきたいと思います。まず、昨年の改正では広域的運営推進機関の設立が決まったわけでございまして、来年....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/6/3

委員会名参議院 経済産業委員会


「さて、送配電網の話に関しまして、広域メリットオーダーの件について少し伺いたいと思います。御承知のとおり、広域メリットオーダーは地域間で電源をシェアすることで全体の経済性を高めようというものでございますが、例えば、極端な話、仮に九州電力の電力を北海道電力が調達するということを仮定しますと、理論的には長大な送電....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/6/3

委員会名参議院 経済産業委員会


「それでは、今回の法案につきまして質問をいたします。まず、今回の改正案の概要につきましては、これまで電力会社が独占しておりました家庭向けの市場を開放すると同時に、事業者を発電、送配電、小売の三区分に再編をして競争を促進するということが狙いとなっておりまして、順調に進みますと、二年後の二〇一六年には小売の自由競....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/6/3

委員会名参議院 経済産業委員会


「今大臣から様々、新しい発電の供給力の増加について具体的なお話をいただいたところでありますが、今お話されたやっぱり火力を中心とした電力になると思います。現状、原発が停止をしておりますので、電力の供給量を上げ、かつ安価であるためには、やはりどれだけ安く燃料を調達できるかという点が至上命題になってくると思います。....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/6/3

委員会名参議院 経済産業委員会


「さて、ネガティブな議論が続きましたが、やはり自由化にはメリットがあるはずでありまして、競争が導入されることによりまして企業間による売り方の競争や工夫といったものはいや応なしに生まれてまいります。よく成功事例としても挙げられるのが、通信の自由化の例を挙げれば明らかであると思います。ただ、電気事業というのはある....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/5/26

委員会名参議院 決算委員会


「本日の質疑におきましては、前回のこの全般的質疑で行われましたこれらの質問を更に深掘りをしたいと思いまして、まずはこの厚生労働省の施設等機関における重要物品の管理ができていない件が会計検査院の検査対象となりました経緯、そして会計検査院の報告の仕方に焦点を当てて質問をしたいと思います。まず、会計検査院にお伺いい....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/5/26

委員会名参議院 決算委員会


「厚生労働省は、この検査対象となりました施設等機関における重要物品の管理ができていないことについて、まず、平成二十四年九月十四日に、国立感染症研究所における重要物品管理に関する適正に欠ける事案及びその対応をプレスリリースされました。そして、同年十二月十七日に、追加調査を踏まえた国の試験研究機関の重要物品の管理....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/5/26

委員会名参議院 決算委員会


「続いて、会計検査院の報告の仕方について伺います。全般的質疑の際、私に限らず多くの委員の方が、平成二十四年度の会計検査院による決算検査の結果として、件数で六百三十件、指摘金額の合計が四千九百七億円ということに触れられておりました。この金額は、会計検査院が指摘をした会計検査院の成果であると恐らく委員の皆様が理解....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/5/26

委員会名参議院 決算委員会


「では続いて、少し視点を変えまして、今度は特定検査対象に関する検査状況という項目について伺いたいと思います。会計検査院の報告のうち、指摘事項についてはその内容が不当事項や処置要求などに区分けをされております。指摘事項は、検査の過程で受検庁側に事態の問題点と改善すべき策を十分納得させているケースがほとんどだと思....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/5/26

委員会名参議院 決算委員会


「では続けて、この指摘を、指摘というか、これはあくまで、先ほど申しましたように、不当事項ではない、違法なことではないということで、会計検査院の指摘の中では特定検査項目の状況という形で報告を受けているものではありますが、その報告を受けられた受検省庁であります財務大臣にお伺いをしたいと思います。会計検査院からこの....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/5/21

委員会名参議院 国の統治機構に関する調査会


「本日は、国の統治機構に関する調査会の一年のまとめということで、公明党を代表して意見を述べさせていただきます。この調査会は、昨年の通常選挙後の八月に設置されました。三年間を通じては、「時代の変化に対応した国の統治機構の在り方」をテーマとして、そして一年目は、「議院内閣制における内閣の在り方」について参考人質疑....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/5/21

委員会名参議院 国の統治機構に関する調査会


「続いて、閣議の議事録は従来、作成、公表されてこなかったところですが、この四月から作成、公表することとなりました。申すまでもありませんが、閣議は内閣の最高の意思決定の場でありますから、情報公開あるいは国民に対する説明責任を果たすという観点から画期的なことと評価をしております。この件に関してはまだ始まったばかり....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/5/21

委員会名参議院 国の統治機構に関する調査会


「機能が強化されました内閣に対しまして、一方、国会による統制が大変重要になってくると思いますが、その前提となります国会自身の強化、特に国会での議論の在り方というものが大変重要になってくると思います。本調査会におきましては、元内閣官房長官の野中廣務参考人が言及されておりました、与党内の議論と国会での野党の議論が....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/5/19

委員会名参議院 決算委員会


「まず、地方公会計制度につきまして総務省に伺います。先月末の四月の三十日に総務省は今後の新地方公会計の推進に関する研究会報告書を公表しましたが、これは、地方財政が厳しさを増す中で、財政の透明性を高めることや自治体の財政状況を住民や議会に対し適切に説明する責任を果たすことの重要性が高まっていることを受けて、新し....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/5/19

委員会名参議院 決算委員会


「この表を御覧いただければ、グラフを御覧いただければ全体像がよく御理解いただけると思いますが、モデル別の財務書類の作成形態として、この改訂モデルという簡易的な方式を採用しているということになります。また、この真ん中の表を見ていただくと、複式簿記の体系として、日々に仕訳を切るとか期末で仕訳を切るのではなくて、あ....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/5/19

委員会名参議院 決算委員会


「少し話を戻しまして、統一システムの導入に関して、これから検討が進められていくと思いますが、やはりシステムの設計図をどう描くのかというのは非常に大きな話になってくると思います。私も、システム自体の専門ではございませんが、公認会計士として、様々民間企業の会計システムの構築の状況というものは現場でつぶさにこれまで....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/5/19

委員会名参議院 決算委員会


「しかし、ここから一つ問題提起をさせていただきたいんですが、取得原価の判断については、取得原価の判明状況は各地方公共団体において異なることから、比較可能性を確保する観点から、取得原価の判明、不明の判断については、特定の時期を設定し、それ以前のものを原則として取得原価不明として扱うと。言い換えれば、データが取れ....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/5/19

委員会名参議院 決算委員会


「続いて、残りの時間で会計検査院と財務省のコミュニケーションについて伺いたいと思います。私は、公認会計士として様々な民間企業を会計監査人という立場で監査を行ってきた経験がございます。企業の会計監査ですと、例えば監査で指摘した事項があれば、それが決算書に与える影響がどういったものかというものを確認した上で、企業....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/4/28

委員会名参議院 決算委員会


「まず、復興関係について伺います。午前中の質疑にも出てまいりましたが、一昨年、復興予算の流用というものが問題に取り上げられました。これは、端的に言えば復興関連予算が被災地以外でも使われていたということであり、この問題を受けまして、平成二十四年十一月二十七日に発表された今後の復興関連予算に関する基本的な考え方に....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/4/28

委員会名参議院 決算委員会


「続きまして、財政健全化について伺います。午前中も質問に出てまいりましたが、中期財政計画における財政健全化に向けた目標におきまして、国や地方を合わせた基礎的財政収支、すなわちプライマリーバランスについて、二〇一五年度までに二〇一〇年と比べて赤字の対GDP比を半減し、二〇二〇年度までに黒字化するとされております....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/4/28

委員会名参議院 決算委員会


「平成二十四年度末の国の貸借対照表では、公債残高は八百二十七兆円にも上ります。そして、今回のこの中期財政計画の下でも、当面の間は公債残高は当然増加するというシナリオが見込まれているわけでありますが、今後国債が国内の余剰資金でちゃんと吸収ができるかどうかというのは、この財政健全化の中でも非常に重要なポイントであ....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/4/28

委員会名参議院 決算委員会


「続きまして、行政評価と公会計制度の関連について伺います。平成二十一年度から政策別のコスト情報というものが作成をされておりまして、また、平成二十三年度からは、より分かりやすいパンフレットのような形で、ホームページ等、省庁別に公表をされております。これも、私も本日省庁別審査で担当になっています財務省と復興庁の政....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/4/28

委員会名参議院 決算委員会


「では続きまして、私は、三月三十一日の全般的質疑におきましても特別償却の話をさせていただきました。具体的には、中小企業を含め企業全体の設備投資を促すための生産性向上設備投資促進税制、また中小企業の投資促進税制の延長、拡充ということに関して、特別償却準備金制度、これが全然中小企業では知られていないので周知徹底を....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/4/28

委員会名参議院 決算委員会


「今いろいろ確認をさせていただきましたが、今日、お手元に資料をお配りをしております。今お話しいただいたことをまとめた資料がお手元の資料にありまして、三種類、会計の基準で処理が認められております。そして、一番上の通常の償却方式というのが企業にとって最も経済合理性がある、課税の繰延べ期間が最も長いので、企業にとっ....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/4/22

委員会名参議院 経済産業委員会


「本日は、原子力損害賠償支援機構法の一部を改正する法律案につきまして順次質問をしたいと思います。東日本大震災から四年目を迎えましたが、私も昨年夏の初当選以来、被災地をお伺いして多くの皆様とお会いする機会をいただき、様々なお話を伺いました。また、現地に伺うたびにインフラの復旧が着実に進んでいることを実感いたしま....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/4/22

委員会名参議院 経済産業委員会


「そして、今赤羽副大臣からお話がございましたが、本年一月に副大臣が立ち上げられました福島・国際研究産業都市構想、イノベーション・コースト研究会というものについて少し触れさせていただきたいと思います。これについては、赤羽副大臣を座長に、福島県内の企業の皆様や自治体の関係者、また学識経験者などが参加をされて、既に....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/4/22

委員会名参議院 経済産業委員会


「続きまして、この研究会に関連しましてもう一つ質問をさせていただきたいのですが、先週十四日の第四回目の研究会におきまして、国際廃炉研究開発機構が、平成二十八年度末までに国内外の大学教員らが常駐する、これは仮称ですけれども、福島復興研究大学連携拠点という共同研究施設を浜通りに設置をするというお話があったと伺いま....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/4/22

委員会名参議院 経済産業委員会


「続いて、福島の廃炉に向けた取組につきましては、経済産業省を始め文部科学省や他の省庁、そして研究機関が一体となって行っておりますので、統率の取れた一体感のある動きが何よりも大切だろうというように考えております。役割の明確化を始め、関係部局が連携を一層密にして効率的に事業を進めていかなければならないということは....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/4/22

委員会名参議院 経済産業委員会


「さて、今回の、今御指摘させていただきました会計検査院の報告の中にはもう一つ気になる指摘がございまして、少しこの法律からは外れますが、併せて確認をしたいと思います。それは、先ほど指摘しましたJNESのSAMPSONコードの研究について契約を行う際、不適切な契約を行っていたのではないかという指摘がなされています....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/4/22

委員会名参議院 経済産業委員会


「続いて、東電の経営合理化について伺います。コストといいますと、この第一原発の廃炉について機構の支援を受けることになる東京電力については、慢性的な高コスト体質であるという指摘がございます。先ほど来お話しさせていただいております会計検査院の報告の中では、東電は経営合理化によって平成二十四年度においては予定を上回....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/4/9

委員会名参議院 国の統治機構に関する調査会


「私は、昨年七月初当選でございますのでまだ議員生活は一年に満たないわけでありますが、それまで私は十五年間、公認会計士をしておりましたので、民間における監査の実務というものをずっとやってまいりました。そして、今回、議員活動をしていく中で本当に純粋に疑問に感じるのは、私、決算委員会の方も所属をしておりますが、国の....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/4/9

委員会名参議院 国の統治機構に関する調査会


「では、高安参考人に質問をさせていただきます。余り時間もありませんので簡単に質問させていただきますが、先ほど御説明いただいた話と重複するかもしれませんが、やはり今の日本の二院制の中で権力分立的なコントロールを参議院は担わなければいけないというお話がありましたが、実際ねじれたときには、なかなか法案も通らずに、な....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/4/3

委員会名参議院 経済産業委員会


「今回のこの貿易保険法は十五年ぶりの改正というふうに理解しておりますが、NEXIができたのが二〇〇一年ということで、NEXI設立以来初の改正という位置付けであります。先ほど来話が出ておりますが、昨年一月のアルジェリアでの人質拘束事件が本法改正の契機になったという説明がありましたが、海外でテロの犠牲に遭われた日....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/4/3

委員会名参議院 経済産業委員会


「NEXIは、特殊会社、今後移行されていくというところでありますが、その特殊会社へ移行されるに当たって、貿易再保険の特別会計の資産及び負債を特殊会社に継承するという形になると思います。特殊会社ではありますが、一つの事業主体として独立して業務を行うことに今後なっていくと思います。また、今回の法案改正に伴って、様....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/3/31

委員会名参議院 決算委員会


「まず、一枚目のパネルの方を御覧いただきたいと思います。(資料提示)これは先ほど来何度か出てきておる数字でございますが、平成二十四年度の検査報告、こちらでは指摘された件数が六百三十件、そして指摘金額が四千九百七億円という形になっております。会計検査院の皆様による地道な調査のおかげで、このような不適正な事案が明....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/3/31

委員会名参議院 決算委員会


「今、会計検査院が指摘をされている事項についても報告書という形で、今回も六百三十件、四千億という規模での報告書が上がっておりますが、実はそれは指摘があった部分がどこかというところの報告でありまして、私が一つ今日提案として申し上げたいのは、逆に、検査をした結果、適切に行われていた、ここは問題がなかったという部分....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/3/31

委員会名参議院 決算委員会


「では、続いて、明日から消費税が上がります、消費税の引上げについて幾つか御質問させていただきたいと思います。まず、転嫁対策について伺います。公正取引委員会と中小企業庁においては、この三月から四月にかけて消費税転嫁対策の強化月間と位置付けられまして、既に八百五十三件の事業者への指導を行っておりますが、その指導事....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/3/31

委員会名参議院 決算委員会


「それで、今回、大手企業が安倍総理の異次元的な政労使の合意によって賃上げが行われました。そして、賃上げに向けての様々な体制も、所得拡大促進税制や新ものづくり補助金等、様々な政策は打たれてはおりますが、景気回復の果実が大手企業のみならず中小企業、また下請企業や地方にも行くよう、政府におかれましては一層強い意思を....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/3/7

委員会名参議院 本会議


「まず、経済再生についてお尋ねします。経済再生は、自公連立政権の最優先課題です。平成二十五年度補正予算の早期執行と、平成二十六年度予算による景気の下支えはもとより、公明党の主張によって設置された政労使会議で合意された賃金の上昇という実感できる景気回復に向け、具体的な取組が不可欠です。今月半ばには春闘交渉による....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/3/7

委員会名参議院 本会議


「次に、損金経理要件についてお尋ねします。我が国では、税法で損金とするためには経理上は費用としなければならないという、いわゆる損金経理要件というものがあります。この要件があるために、例えばある企業が先ほど取り上げた投資促進税制に盛り込まれている即時償却の制度を利用して実際に多額の償却を行おうとすると、経理上も....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/3/7

委員会名参議院 本会議


「次に、新たな地方公会計制度の改革についてお尋ねします。四月から消費税が引き上げられます。政府は、国民に対し、これまで以上に税金を無駄なく有効的かつ効率的に使っているということを説明する責任がありますが、それは地方自治体においても同様です。総務省に設置されている今後の新地方公会計の推進に関する研究会では、財務....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/3/17

委員会名参議院 経済産業委員会


「日本経済新聞が今月まとめたアンケート調査によりますと、設備が八割以上に復旧した企業は全体の七〇%を占めているとの結果でありましたが、設備が復旧しても、震災前より売上げが増えた企業は三六%、七割以下にとどまる企業は三三%という形で拮抗しておりまして、被災企業の回復の二分化というものが進んでいるのではないかとの....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/3/17

委員会名参議院 経済産業委員会


「続きまして、消費税の転嫁対策について質問させていただきます。公正取引委員会と中小企業庁では、この三月から四月を消費税転嫁対策の強化月間と位置付けておられまして、既に八百五十三社に対する指導を行っていると伺っております。その指導事例の中で気になったのは、地方公共団体が設置する病院、すなわち公的な機関が買いたた....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/3/17

委員会名参議院 経済産業委員会


「私、先日、Jパワーの磯子の火力発電所の方を視察に行かせていただきました。そこで私が感じたことは、当初想像していたような、煙突からすごい煙が出ているようなそういった雰囲気ではなくて、本当にクリーンな状況で、また高効率で本当にすばらしい設備であったと思います。今エネルギー問題様々議論がある中で、石炭火力のすごい....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/3/13

委員会名参議院 予算委員会公聴会


「私からは何点か、まず、先ほど来ありますように、春闘の話について御質問させていただきます。昨日、春闘の回答でおおむね良好な回答が出てきたということが報道等でもなされております。これは、昨年来、政労使会議を通じて政治側からもメッセージをさせていただく中で、企業側がそれに応えていただいたという結果であると思います....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/3/13

委員会名参議院 予算委員会公聴会


「今日御説明いただいた中でも出てまいりましたエネルギーの問題であります。特に石炭火力の問題でありまして、私自身も先月にJパワーの磯子の発電所の視察にも行かせていただきまして、私も初めてその場に伺ったんですが、それは石炭を燃やしているというような雰囲気もないぐらい本当にクリーンな状況で、発電コストの安定性、あと....


→発言の続きを見る


議員名杉ひさたけ(公明党)

2014/3/13

委員会名参議院 予算委員会公聴会


「先ほど御説明いただいた中で、女性の活用が今後の日本経済にとって非常に大切であるという旨の御発言をいただきました。私自身も、やはり女性の労働力というものは日本経済にとっても非常に重要であると思います。先ほどは、その対応として保育所、コストの面も含めて対応が必要だというお話がありました。一方で、日本の場合は、税....


→発言の続きを見る

126件見つかりました。