希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

(※)鈴木望さんの発言を表示します。


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/5/22

委員会名衆議院 青少年問題に関する特別委員会


「送金詐欺とか、そういうようなことによくあらわれておりますが、イタチごっこというか、新たな対応策を考えれば、またその裏を考えていろいろやるというようなことがあって、次々に、新しい対策を考えると、それを打ち破る方法を見つけるというところで、そういったことを一生懸命やっていても青少年とインターネットをめぐる諸問題....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/5/22

委員会名衆議院 青少年問題に関する特別委員会


「藤川先生にちょっと観点を変えてお尋ねをさせていただきたいなと思うんですけれども、先生は、いじめの防止基本方針を策定する委員に加わっておられるということで、実は私も、いじめ防止対策推進法を議員立法でやったときの一員に加わらせていただきまして、それでいろいろと、いじめをなくすにはどうしたらいいのか、そもそも、い....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/5/22

委員会名衆議院 青少年問題に関する特別委員会


「人間の本性で、いじめというのは、猿から進化した時代から抜き去ることができない。その典型がこの国会で、いろいろ、そんな小さいいじめにああだこうだこだわっていたらこの中で生き抜いていけないという現実もありますし。例えがちょっと悪かったわけですけれども、ジェンナーの種痘ではありませんけれども、やはり子どもを少しぐ....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/5/22

委員会名衆議院 青少年問題に関する特別委員会


「あと、済みません、道具参考人に質問をする時間がなくなってきましたけれども、最後に一つ、そうはいっても、一番最初に私が言わせてもらいましたように、五歳の、まだ文字もよく読めないような子どもがITにどんどん接触して、未熟な人間ということですね、親がパソコンまたは携帯の使用を制限しなければ無制限にやり続けてしまう....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/5/22

委員会名衆議院 本会議


「私は、日本維新の会を代表して、学校教育法及び国立大学法人法の一部を改正する法律案について質問いたします。教育は未来への投資。長期的には最大の成長戦略。これは、いつの時代でも真実でありますし、現在のような、何となく将来が右肩下がりになるのではないのかとの暗い予測が支配している時代にあって、希望であり、明るい将....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/5/22

委員会名衆議院 本会議


「私は、大学において改革が一向に進まない原因は、既得権を享受している人々、具体的には、大学の教授会が決定権限を握っているからだと思っております。既得権が改革を阻止しているのです。大学における権限と責任のあり方を明確にし、責任をきちんととれる人が決定する。当然のことであります。日本維新の会は、自立という概念を大....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/5/22

委員会名衆議院 本会議


「次に、学長のあり方についてお尋ねします。学長は、民間の会社でいえば社長に相当し、みずから大学を運営していかなければなりません。現在のように大学がふえた状況では、大学といっても千差万別。世界の一流大学と伍して日本の学術研究を引っ張っていく役割の大学もあれば、地域の特徴を生かす役割を担い、特徴を発揮して地域に貢....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/5/22

委員会名衆議院 本会議


「先ほど、大学の沿革から、大学の自治、教授会の自治について言及させていただきました。教授会が自主的に学問や研究の自由を守ることで、学問の自由が守られ、結果として学術研究の進歩に貢献したことは、きちんと認識されなければならないと思います。その意味で、今回の改正での懸念事項を質問したいと思います。今回の改正では、....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/5/21

委員会名衆議院 文部科学委員会


「そこで、もう問題を単純化してお聞きをしたいと思うわけですけれども、短答式じゃないんですけれども、そういうふうに大ざっぱに割り切ってお答えをいただかないとよくわからないという意味で、ぜひお答えいただきたいんです。一つは、STAP細胞は、論文の過誤にもかかわらず存在すると証明されたのかどうか。二択目として、ST....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/5/21

委員会名衆議院 文部科学委員会


「それで、その背後にある問題について話を進めていきたいと思うわけですけれども、小保方氏が仮にSTAP細胞を発見したという証明をしたということであれば、世界的な大発見だろうというふうに素人でも認識をします。それに比べて、いろいろとマスコミから漏れ聞こえてくる、報道される話、情報では、極めてお粗末な研究態度である....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/5/21

委員会名衆議院 文部科学委員会


「ほかにもちょっと質問したいことがありますのでちょっとはしょらせていただきますが、若手の研究者が大量に不安定な身分に置かれている。その原因の一つは、まずは、例えば大学の先生になるというようなことが今の日本の現状では一つ研究者の道としてあるとは思うんですけれども、大学というものが非常に閉鎖的で、大学の教授に仮に....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/5/21

委員会名衆議院 文部科学委員会


「私自身は、結論を先取りにしますと、全ての選抜システムをメディカルスクール方式にすべきだとはもちろん言っているわけではなくて、一つ違ったような選抜システムも入れてはどうだろうかということを私は思っているわけであります。そして、もう一つ論点としては、我が国の医師数は足りているのかどうかということで、これについて....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/5/14

委員会名衆議院 文部科学委員会


「文科省の調査では、市町村の教育委員会の議事録、何と四八・七%が公開をしていないという調査結果が文科省自身の調査で明らかになっておりまして、これは多分、文科省も、議事録をつくってそれを公開しろという指導は、今でも陰に陽にしているんだろうと思うんです。だけれども、義務化じゃないから、半分がつくっていない。半分の....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/5/14

委員会名衆議院 文部科学委員会


「次に、総合教育会議の協議、調整について質問をさせていただきたいと思います。この総合教育会議の性格、中でどういうことをやるのかということについて、議論が相当深まってきたんじゃないのかなというふうに認識をしております。ですので、繰り返しになる点があろうかと思いますが、その点は御容赦をいただきたいと思うわけであり....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/5/7

委員会名衆議院 文部科学委員会


「今回のこの委員会の法案審議の主なテーマは、端的に言いますと、教育委員会をどうするのかというところではないのかなというふうに思います。教育委員会につきましては、もう六十年たって、制度が形骸化している、制度疲労を起こしているということが言われておりまして、私も穂坂参考人とともに地方自治体の首長をしておりまして、....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/5/7

委員会名衆議院 文部科学委員会


「今の話の続きがちょっとありまして、いろいろな問題が私の自治体でも起こりました。教師がうまく学級運営ができなくて自殺しちゃったりとか、そんなときがいろいろあったんですけれども、それなら教育行政のトップ、教育委員会の教育委員長さんに、議会に出てきていろいろと答弁したり、どういうふうにしていったらいいのかというよ....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/4/25

委員会名衆議院 文部科学委員会


「文科委員会でも言わせてもらったんですが、人口二十万に足りない市でも、さまざま、学級崩壊を起こした先生の自殺だとか、教育関係のいろいろな問題がいっぱい起こりまして、この際、教育委員会が教育行政をつかさどっているわけですので、その責任者である教育委員会のトップの教育委員長を議会に呼んで、打開策なりそういうことを....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/4/18

委員会名衆議院 文部科学委員会


「貝ノ瀬参考人、新藤参考人、大森参考人のお三方の参考人の先生方には、お忙しいところ、貴重な御意見を陳述していただきまして、まことにありがとうございました。ぜひ、六十年ぶりの教育行政改革の大改革に先生方の御意見を生かすような形でもって審議を進めさせていただければというふうに思っているところでございます。私も地方....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/4/18

委員会名衆議院 文部科学委員会


「あと一点、大森参考人にお尋ねをさせていただきたいと思います。大森参考人は、実際、教育現場と直接かかわりを持たれてさまざまな活動をされているわけでありますけれども、学校の管理責任を問われるのは言うまでもなく教育委員会でありますけれども、その責任に比して手段が、指導助言、援助が中心になり、いわゆる指導行政という....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/4/18

委員会名衆議院 文部科学委員会


「教育委員や教育委員長は町の名士であります。その町の名士が、自分の仕事を持ちながら、委員会では報告や結果を受けるだけで、先ほどからもいろいろ出ておりますが、単なる教育長の追認機関となっている。そういうことになってまいりますと、実態はどこにあるかといいますと、それは、教育長以下、教育委員会事務局の教員免許を持っ....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/4/18

委員会名衆議院 文部科学委員会


「次に、教育委員会の活動状況についてお尋ねをさせていただきます。教育委員会会議の開催回数は、年に何回ぐらいでしょうか。よろしくお願いします。」 「要するに、一カ月に二回か三回。都道府県の場合、二十九・八ですから、一カ月に二、三回。市町村の場合に至っては、一年で十五・四回ですので、一カ月に一、二回というところで....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/4/18

委員会名衆議院 文部科学委員会


「次に、地域住民への情報公開という観点から質問をさせていただきます。土日祝日の教育委員会会議の開催状況はどうなっていますでしょうか。お答えください。」 「それでは、夕方以降の時間帯の開催、これは、土日祝日または夕方という時間帯に開催したら、当然、地域の仕事を持っている住民、親御さんも教育委員会の審議状況を把握....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/4/18

委員会名衆議院 文部科学委員会


「さて、最後になりましたけれども、教育委員会と総合教育会議についてお尋ねをさせていただきます。時間がなくなってまいりましたので一点だけお尋ねして、あとはまた次の機会に譲りたいと思いますけれども、政府・与党案では総合教育会議が創設をされたわけでありまして、この会議が、首長の教育に責任を行使する手段として重要な意....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/4/8

委員会名衆議院 総務委員会


「まず、本法律案の趣旨について御説明申し上げます。近年の地方分権の進展に伴い、地方公務員の権限及び裁量の範囲が従前に比べ著しく拡大しつつある現在、地方公務員の政治的中立性の確保の重要性は一層重要となっております。これを害する形で行われる政治的行為は、住民、国民の信頼を失わせるものであります。また、地方公務員に....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/4/4

委員会名衆議院 文部科学委員会


「前回の質問では、インターネット時代になっても日本の出版文化を守っていく必要があり、出版行為の中の中核ともいうべき企画、編集、校閲等の機能を守っていく必要があるのではないかという観点から質疑をさせていただきました。その関連で、まず巨大プラットフォーマーと伝統的な中小の出版業者とのかかわり合いについて質問をさせ....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/4/4

委員会名衆議院 文部科学委員会


「次に、著作権者の権利保護について質問をしていきたいなというふうに思うわけでありますけれども、この点については、さきの中川先生の質問が非常に核心をついていて、同じようなことを質問しようとしておりますので、ちょっとはしょって質問をさせていただきたいと思います。今回の改正で、一番大もとの著作権は、先ほど八十条の一....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/4/2

委員会名衆議院 文部科学委員会


「その前にまず、最近の出版市場の動向について少し大臣の御見解等をお伺いをして、本論に入っていきたいと思います。まず、最近の出版市場が非常に縮小をしている。出版文化の前提となる文化そのものの縮小、弱体化に、市場が縮小していくというのはつながっていくのじゃないのかなという危惧さえ覚えるわけであります。その意味で、....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/4/2

委員会名衆議院 文部科学委員会


「まず、電子書籍の健全な発展のために著作権法をどのようにしたらいいのかの議論をさせていただく前に、海賊版対策について議論をさせていただければというふうに思うわけであります。まず、海賊行為ということでありますが、著作権者の知らないうちに例えばインターネットに掲載をされているというようなことで、さまざまな海賊行為....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/4/2

委員会名衆議院 文部科学委員会


「今回の改正では、出版権を、従来の紙の出版権、第一号出版権と、電磁的記録媒体を用いた公衆送信権、第二号出版権に分けたわけでありますが、検討の過程の中では、現行の出版権が電子出版にも及ぶような権利となるようにすべきである、仮にこれを一体的出版権と呼ばせていただきますと、要するに、紙の出版と電子出版を一体化した権....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/3/19

委員会名衆議院 文部科学委員会


「事の経緯を申しますと、三月八日、サッカーJ1浦和対鳥栖の試合で、浦和のホームゲームでございましたけれども、浦和のサポーターが「JAPANESE ONLY」という横断幕を掲げたわけであります。当然人種差別とも受けとめられる横断幕でありまして、およそスポーツの基本的な精神、フェアプレー精神、人種であるとか国であ....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/3/19

委員会名衆議院 文部科学委員会


「ということで、医師という職業は、人の命に係る、いろいろな職業がありますけれども、普通の職業とは共通する部分ももちろんありますけれども、一線を画する部分もある職業であるというふうに思うわけであります。ところが、高校、大学の接続という観点から申しましても、もう医学部に入ったら医師という職業に大体普通は進むわけで....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/3/19

委員会名衆議院 文部科学委員会


「それなりの努力はしているという御答弁でございまして、それは当然そういうことで、努力を、工夫を重ねていただくことを希望するわけですけれども、どうもそれだけでは足りないんじゃないのかな。現行制度をもう少し大きく変えない限り、現行制度の中でいろいろな努力をしていても、なかなか本当にいい人材が、適性を持った人材が集....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/3/19

委員会名衆議院 文部科学委員会


「まず最初に、日本の医師数は諸外国に比べてどの程度の水準にあり、それをどう評価しているのか。今から三十年とかそのぐらい前には、OECD諸国との並びの中で、人口十万人に対して医師の数が二百人のレベルを一つのめどとして養成を図るといったような議論がなされていたような感じがいたします。現在では、そこら辺、どういう物....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「そんなことも含めまして、天竜川河口の掛塚橋の両岸の地域は日常生活圏も一体になっているということでありまして、そういう意味では、住民感情からいっても、一体となって両岸の津波対策を進めるべきであろうというふうに素朴に考えるわけでありますけれども、まず最初に、防潮堤の工事の進捗状況は現在どうなっているのか。天竜川....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「本題に戻りますけれども、水量ですね。工事中の水量の確保については、代替水源の確保も含めて水量を確保する。これは、JR東海の環境影響評価準備書で、そういうふうに書かれているわけであります。それはそれで、ぜひそうした配慮をしてほしいというふうに願うわけであります。一方で、工事が終わった後、流量が減少をするという....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/2/19

委員会名衆議院 予算委員会


「けれども、いじめの実態はどうなのかということで、資料一を見ていただければというふうに思います。これは、文部科学省が作成をしました、いじめの認知件数、発生件数の年次的な推移でございます。これを見ますと、二十三年度から二十四年度にかけまして、いじめの件数が大きく増加をしている。二十三年度は七万二百三十一件であっ....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/2/19

委員会名衆議院 予算委員会


「資料三をちょっと見ていただきたいと思います。これは、いじめと犯罪の関係につきまして、私ども維新の会のいじめ対策チームで御指導いただいた森田大阪市立大学名誉教授の作成されたものから引用したものでございます。典型的ないじめとして、いろいろ書いてありますが、一、二、例を言わせていただきますと、水や泥をかける、こづ....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/2/19

委員会名衆議院 予算委員会


「従来は、自分が受け持っている教室の中にいじめがない先生がいい先生という評価だったろうと思います。だから、いじめが見つかると、慌てて隠したりとかもみ消そうとしたりという行動に当然出がちでありまして、それがかえって事態を悪化しているという側面があろうかというふうに思います。そうじゃなくて、いじめは古今東西どこに....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/2/21

委員会名衆議院 文部科学委員会


「まず、英語教育の推進についてでありますが、所信表明の中でも、小学校における英語教育の早期化が必要であるということをうたわれております。英語教育については、安倍内閣になってから教育再生実行会議の第三次提言、またそれを受けた文科省内での実施計画等々、さまざまな提案であるとか計画が出されております。それらを踏まえ....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/2/21

委員会名衆議院 文部科学委員会


「また、もっと一般論で言いますと、インターネットとかスマホの中毒症のような問題も言われております。また、我々が思いもつかなかったような、例えばメールを使っていじめを行うとか、そういったICTの影の部分みたいなものが一ついろいろ懸念をされておりまして、当然大阪の場合も検証をしながら進めていくということで、その後....


→発言の続きを見る


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/2/4

委員会名衆議院  文部科学委員会


「そこで、お尋ねをさせていただきたいと思いますが、ImPACTが助成対象としようとする、目的としている、実現すれば産業や社会のあり方に大きな変革をもたらすハイリスク・ハイインパクトな革新的研究とはどのようなものなのでしょうか。具体的な事例も入れてお答えをいただければと思います。よろしくお願いします。」 「それ....


→発言の続きを見る

41件見つかりました。