希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

田中和徳さんの発言を表示します。


議員名田中和徳(自由民主党)

2017/4/7

委員会名衆議院 環境委員会


「土壌汚染対策法に係る今回の改正の内容は、豊洲問題を受けたものではございません。しかし、憂慮すべき大きな関心事として土壌汚染が社会全体の注目を集めていることは誰もが認めざるを得ないところであります。そこで、国民の率直な視点から数点お尋ねをしてまいります。さきに今回の法改正について山本大臣より提案理由の説明がご....


→発言の続きを見る


議員名田中和徳(自由民主党)

2017/4/7

委員会名衆議院 環境委員会


「空気、水についても言えることでありますけれども、土壌についても、社会全体で、正しい知識や、利活用の内容によって、また物質の種類と濃度によってどの程度健康リスクがあるのか、土壌汚染問題に関して最低限の知識を身につけるための教育や啓発活動が不可欠であると考えます。そこで、土壌汚染対策において、子供たちを含めた一....


→発言の続きを見る


議員名田中和徳(自由民主党)

2017/4/7

委員会名衆議院 環境委員会


「今回の法改正においては、この最も重要な要措置区域における措置について、適切に計画、実施されるような改善措置を講じるとのことでありますが、そもそも現状において要措置区域における対策の実施がどのような状況にあり、今回の改正でどのような問題がどのように改善、解決されるのか、説明をお願いしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名田中和徳(自由民主党)

2017/4/7

委員会名衆議院 環境委員会


「このため、自然由来のような軽度の汚染土壌については、その特性に鑑みて、汚染の拡散につながらない範囲で積極的に有効活用を考えるべきだと考えます。政府側のお考えをお聞きしておきたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名田中和徳(自由民主党)

2017/4/7

委員会名衆議院 環境委員会


「土壌汚染がある土地について、固定資産税に係る固定資産評価では、土壌汚染はどのように反映されているのか。土壌汚染地域であることにより評価額はその分マイナスされるのか。マイナスになれば、固定資産税が減ることになります。当然地方財政への影響があると思いますが、総務省に実情について確認をしてまいりたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名田中和徳(自由民主党)

2017/4/7

委員会名衆議院 環境委員会


「そのことをやることによって、一方においては国民に正しい土地の状況を伝えることができるんですが、都市部では、特に委員長の大田区もそうでしょうし、我が川崎も隣接地で同じですけれども、町工場が経済成長期には本当に数多くあったんです。そこが、いつの間にか工場がなくなって、マンションになったり、一般の住宅として分譲さ....


→発言の続きを見る


議員名田中和徳(自由民主党)

2017/4/7

委員会名衆議院 環境委員会


「こうしたことから、土地取引のリスクともなる土壌汚染に関して、土地売買の際には必ず土壌汚染調査を法律で義務づける、すなわち、汚染調査を土地取引の前提とする制度に改めることも検討すべきではないかと私は考えます。土地取引をつかさどる国土交通省の見解をお伺いいたしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名田中和徳(自由民主党)

2017/4/7

委員会名衆議院 環境委員会


「いろいろとございますけれども、我が国のこういう環境面での技術、土壌汚染の対策等の技術は世界に誇るべきものであるというふうにも伺っておるわけでございまして、ぜひ、大臣におかれましても、我が国がイニシアチブを発揮して積極的に土壌汚染対策のリーダーシップがとれるように、そして、世界のまさしくこの分野のリードをでき....


→発言の続きを見る


議員名田中和徳(自由民主党)

2017/4/7

委員会名衆議院 環境委員会


「大臣、私が申し上げましたように、国民に対して、あるいは次代を担う子供たちに対し、土壌汚染の問題だけではないんですけれども、こういう環境教育を徹底していただくことをぜひお願いしたいと思いますし、今、総務省、国交省にも御答弁をいただきましたけれども、一つ一つが今まだ問題として継続していることばかりなんです。また....


→発言の続きを見る


議員名田中和徳(自由民主党)

2016/3/8

委員会名衆議院 環境委員会


「国を挙げて被災地の復旧復興に、引き続き、除染、中間貯蔵施設の整備、指定廃棄物の処理などの重要な課題にしっかりと取り組んでいかなければなりません。この発生から五年の大きな節目に当たりまして、改めて、長年にわたり環境省の担当副大臣をお務めになっておられます井上先生に、現状についての御認識あるいは不退転の決意をお....


→発言の続きを見る


議員名田中和徳(自由民主党)

2016/3/8

委員会名衆議院 環境委員会


「今、民間の協力雇用主の皆さんに職安や刑務所が一体となり、保護観察所が一体となって、雇用が進められ始めております。しかし、民間の皆さんにお願いするだけではなくて、当然、国や地方の役所で採用していただこう、こういうことが今大きい声となっております。先般、厚生労働省、法務省でも採用をいただいておりますし、また、私....


→発言の続きを見る


議員名田中和徳(自由民主党)

2016/3/8

委員会名衆議院 環境委員会


「二〇〇四年に二輪車リサイクルシステムに基づくエンジンつき二輪車、二〇〇五年スタートの自動車リサイクル法に基づく四輪自動車のケースは、劇的に解決しましたね。これは、お金をいただくということで解決したわけです。自転車だけではないかもしれない、いろいろなものが世の中にあるわけですから、いろいろなケースがあると思い....


→発言の続きを見る


議員名田中和徳(自由民主党)

2016/3/8

委員会名衆議院 環境委員会


「そこで、お尋ねをしておかなければならないことでございますが、今回、国連で署名式が四月にあると聞いておりますけれども、パリ協定の締結に向けてどのような対応を国会でしていかれるのか、お聞きしたいと思っております。アメリカでも私はいろいろな話を聞いてまいりましたけれども、国会に議案としてかけるのかかけないのか、い....


→発言の続きを見る

13件見つかりました。