希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

津島淳さんの発言を表示します。


議員名津島淳(自由民主党)

2016/12/9

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「皆様御承知のことと思いますが、原子力規制委員会の活動原則には、以下申し上げますようなことが掲げられているわけです。二番目に「実効ある行動」とありまして、「形式主義を排し、現場を重視する姿勢を貫き、真に実効ある規制を追求する。」。三番目の項目に「透明で開かれた組織」という表題があって、「意思決定のプロセスを含....


→発言の続きを見る


議員名津島淳(自由民主党)

2016/12/9

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「そこで、改めて、規制機関が目指すべきは立地地域との信頼関係の醸成ではないかということ、これは機関の長として、田中委員長の御見解はいかがなものでございましょうか。」


→発言の続きを見る


議員名津島淳(自由民主党)

2016/12/9

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「日本の規制委員会を支えるスタッフの充実についても鋭意図られているということは承知しておりますが、この勧告を踏まえ、より一層の改善を図るという点において、アメリカやフランス、あるいはイギリスの組織体制、全体の組織体制のありようも踏まえて改善を図っていく必要があろうかと思います。どのような受けとめをされているで....


→発言の続きを見る


議員名津島淳(自由民主党)

2016/12/9

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「この規制については、対象のリスクの程度に合わせた柔軟な規制、グレーデッドアプローチが必要だという指摘もされておりますが、この点も含めて、ミッション、勧告十一に対して現状どのような対応をされているかという点をお尋ねします。」


→発言の続きを見る


議員名津島淳(自由民主党)

2016/12/9

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「この審査について、ちょっと長期化しているという懸念があります。平成二十五年の十一月二十七日の規制委員会の決定で、審査の標準期間として二年というものを定めているんですが、実際にはそうはなっていない。私は、安全を最優先に審査を行うことに全く異論はないわけでありますけれども、平成二十七年度までに十四・四兆円もの国....


→発言の続きを見る


議員名津島淳(自由民主党)

2016/11/18

委員会名衆議院 国土交通委員会


「青函トンネル及びその前後区間では、標準軌と狭軌を併設し、北海道新幹線とJR貨物の列車が共用している状態になってございます。その結果、新幹線は、貨物列車とのすれ違い時の安全確保のため、現在、百四十キロ走行という速度制限がされております。新幹線の速達効果と本州―北海道間の物流機能をしっかり両立させるため、共用走....


→発言の続きを見る


議員名津島淳(自由民主党)

2016/11/18

委員会名衆議院 国土交通委員会


「私は、規制緩和というものは、経済的規制を緩めて競争環境を導入することで消費者に有利なサービスを提供するためにあるんだと。ですから、今回こういうふうに事故が起きるということは、私は、経済的規制のみならず、本来守るべき安全、安心にかかわる規制に手をつけてしまったのではないか、あるいは、競争環境下にある消費者に適....


→発言の続きを見る


議員名津島淳(自由民主党)

2015/9/2

委員会名衆議院 財務金融委員会


「まず、そもそもの話から始めたいと思うんですけれども、本日の議題であるところの国際開発金融、そういうふうに定義づけたところで、途上国のインフラを支援する金融機関にどういうものが求められるんだろうかというところから話を始めたいと思うんです。私はこう考えるというところでは、第一に、その目的というのは、支援対象国の....


→発言の続きを見る


議員名津島淳(自由民主党)

2015/4/16

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「この原子力規制委員会の活動原則は、ウエブサイトにも掲載されております。以下の五つなんですが、すなわち、独立した意思決定、実効ある行動、透明で開かれた組織、向上心と責任感、緊急時即応ですね。一方、米国のNRCの活動原則というのは、独立性、開放性、効率性、明瞭性、信頼性。両者を比べて、我が国の原則にない項目、こ....


→発言の続きを見る


議員名津島淳(自由民主党)

2015/4/16

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「人材ということは、規制行政を行う、担う人材ということでもあると思うんですね。規制委員会があって、そして事務局、スタッフとしての規制庁がある。その規制庁を担う人材としても、有為な人材を確保していかなきゃいけない。では、全体として原子力を取り巻く人材の状況はどうかということを私なりに調べてみますと、原子力ルネサ....


→発言の続きを見る


議員名津島淳(自由民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「まず、そもそものところで、ロジスティクスについての基本認識をお伺いしたいと思っております。ロジスティクスとは、私なりにこのように考えます。原材料の調達から産品、製品の販売までの物流及びそれにかかわる情報などを総合的なシステムとして動かすというふうに私は理解しております。物流の最適化を図ることにより、これから....


→発言の続きを見る


議員名津島淳(自由民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「まず、県内各港湾へのアクセスの改善のため、日本海沿岸東北自動車道、三陸沿岸道路、上北自動車道、下北半島縦貫道路、津軽自動車道、そういった道路インフラの早期整備というのがやはり不可欠だと思うんです。この点についての御所見をまず賜りたいと思います。そして、もう一点は、先ほど太田大臣少しお触れになりましたが、北極....


→発言の続きを見る


議員名津島淳(自由民主党)

2014/10/22

委員会名衆議院 農林水産委員会


「米あるいは本県青森県の主要産物であるリンゴなど、我が国それぞれの地域のすぐれた産品の高付加価値化や市場開拓などの事業活動をより一層充実させるためには、時間、距離、コスト、情報の壁を乗り越えて、生産市場から消費市場へと円滑につなげるロジスティクス基盤の整備が重要だと考えます。我が青森県は、太平洋側、日本海側、....


→発言の続きを見る


議員名津島淳(自由民主党)

2014/10/22

委員会名衆議院 農林水産委員会


「先日、地元五所川原市の若手農業者と意見交換をいたしました。五所川原市というのは、ちなみに、先日あべ俊子副大臣がおいでいただいた、つがる市のお隣にございます。ですので、農産物は、つがる市とほぼ同じような作物をつくっているというふうに御理解をいただければと思います。その場におきまして頂戴しました御意見で、特に、....


→発言の続きを見る


議員名津島淳(自由民主党)

2014/10/22

委員会名衆議院 農林水産委員会


「農家の所得倍増、安定化を図る上で、米農家さんが申していたんですが、米単作ではなく、野菜などほかの作物の栽培や、青森ですので冬は農業ができないけれども、その冬に栽培を可能にする取り組みが必要である、そういう御意見をいただきました。農業というものは天候に左右されるわけでありますし、万が一の不作という状況に備えて....


→発言の続きを見る


議員名津島淳(自由民主党)

2014/10/22

委員会名衆議院 農林水産委員会


「我が青森では、米とともに、リンゴも一緒に栽培している農家さんがあります。米がこのように値段が下がっている。では、一方でリンゴの市況はどうかというと、決して楽観できる状況にはございません。長年、やはり果樹というものの消費が全体に落ち込んでいる中、今後が楽観できないという中で、輸出の拡大に農家は期待を持っており....


→発言の続きを見る

16件見つかりました。