希望日本研究所

希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

宮本周司さんの発言を表示します。


議員名宮本周司(自由民主党)

2018/3/2

委員会名参議院 予算委員会


「森友学園への国有地処分に関する決裁文書、これが決裁終了後に修正されたのではないか、こういった内容の報道がございました。国民の多くの方々も気にされていると思います。この件に関して、まずは大臣の方から御発言をお願いします。」


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2018/3/2

委員会名参議院 予算委員会


「地方創生のメーンプレーヤーであるとともに、強靱な日本経済の土台となる重要な存在、これが小規模企業だと思っておりますし、この成長なくして我が国の確実な経済成長はないと考えております。政府として小規模企業をどのような位置付けで捉えているのか。また、経営基盤がそもそも脆弱なこの小規模企業に対して、大きな期待、また....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2018/3/2

委員会名参議院 予算委員会


「今の発言も含めまして、今後の中小企業対策費の在り方、また人員体制強化を図る必要性、このことに関して国としてどのようにお考えであるのか、また、先ほどちょっと不具合を指摘いたしましたが、経営発達支援計画の実行費、これに対する補助の在り方、また商工会、商工会議所というこの中小企業支援機関、団体に対する予算措置、ま....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2018/3/2

委員会名参議院 予算委員会


「この事業承継全般に関しましては、これまでも衆議院の予算委員会で建設的な議論が交わされたと思いますが、やはりこの参議院予算委員会でのスタートのこのタイミングでもございますので、この事業承継全般に関しまして今大臣の方で御用意いただいていること、またその決意やお考えを是非お聞かせいただければと思います。」


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2018/3/2

委員会名参議院 予算委員会


「ただ、どの時代を見ても、実は全国で八万人であったり五万人という青年部員がいる、ちょっと時代とともに減ってきたんですが、ただ、やはり半数は後継者の立場で、経営者というものはやはり少なかった状況なんです。我々も組織の中でしっかりと浸透するものの、やはりそのことに、なかなか情報に触れられない、そのことを意識できな....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2018/3/2

委員会名参議院 予算委員会


「その意味におきましては、今設備投資を全く検討していない中小・小規模企業に対してこの特例を打ち出すことによって、ゼロから生み出す、三年間は七五%の固定資産税が入る、四年目からは一〇〇が入る、それによって企業も成長し、雇用も機会が増える、いろいろな部分で地域の経済においては確実に貢献をしていく、そのように私は捉....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2018/3/2

委員会名参議院 予算委員会


「例えば、私、昨日、豪雪被害、千五百台の車が立ち往生したという話をしております。あれに関しましても、気象データであったり、自動車と道路状況、これ双方向のデータのやり取りであったり、またリアルタイムな交通情報、こういったものを組み合わせれば、いきなり高速道路を通行止めにすることなく、例えば段階的に速度制限を掛け....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2018/3/2

委員会名参議院 予算委員会


「ただ、このコネクテッドインダストリーズを、大企業であったり日本を牽引するいわゆる中堅企業のみならず、やはり地域に根差した中小企業、小規模企業にもしっかりと当てはめていかなければいけない。やはりこの趣旨として、データを介して人、物、技術、これをつなげていく、組織、国境を越えて新たな付加価値もつくっていく、社会....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2018/3/1

委員会名参議院 予算委員会


「ただ、そんな混乱の中でも、私、改めて感じたことが一つございました。地元石川県と申しましたが、この石川県を含む多くの北陸人が今回共有したのが、北陸新幹線、この強さでございます。公共交通がもう全般的に麻痺をする、ストップする、もうさもすれば陸の孤島となる、そんな状況の中で北陸新幹線だけはまさにそんな大雪の影響も....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2018/3/1

委員会名参議院 予算委員会


「これから春を迎えます。当然、水稲の種まきであったり、施設園芸の本格的な作業が目前に迫ってきておりますので、当然そのビニールハウス、農業関連施設を早期に復旧するということも大切です。でも、場合によっては苗そのものにもダメージが及んでいる、その場合には確保するということにも非常に柔軟に措置をしなければいけないと....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2018/3/1

委員会名参議院 予算委員会


「やはり、こういったものを解決するためには、科学的な知見も極めて重要になると思います。そして、今進歩しておりますが、気象データ、またリスクの予測や評価、ICT技術の活用、こういった関連する情報全般に及ぶいわゆる基盤であったりとか、その情報を収集また発信をするそういった拠点整備、こういった機能も設けていく必要も....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2018/3/1

委員会名参議院 予算委員会


「長期戦略の策定に向けまして、政府全体で、今恐らく環境省であったりエネ庁であったり、トラックを分けて議論は進んでいると思いますが、やはり政府全体での検討の場というものを速やかに立ち上げる、そしてこの検討作業を加速化させていく、そして我が国がやはり議長国となる、議長国を務めるこのG20サミットの開催に先立って世....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/6/6

委員会名参議院 経済産業委員会


「我が国の領土の市町村ごとに全ての面をカバーしているのは商工会議所そして商工会だと認識をしておりますので、例えばこの商工会議所、商工会による小規模事業者の支援に関する法律を改正するとか、若しくは中小企業庁から指導という形、誘導という形で包括的なこういった災害協定を結ぶことによって有事の際に早期に対応できるよう....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/6/6

委員会名参議院 経済産業委員会


「しかし、先般の日銀のマイナス金利政策等によって、今、この金利が低下傾向にある、こういった状況であったり、また融資の競争も激化する、こういった環境を鑑みますと、中小企業者も当然なんですが、地方のより小さな規模の金融機関の経営への影響も十分にあり得るのではないかなと、この部分を私は心配をしております。金融機関自....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/6/6

委員会名参議院 経済産業委員会


「中小企業、特に小規模企業にも多いと理解はしておりますが、所有といわゆる経営が一体化した中小企業の業務改善を促していく、これはやはり貸し手である金融機関と借り手の企業の経営を監視する、この貸し手、金融機関からのいわゆる監視するデットガバナンス、これが欠かせないものと思っておりますが、これまではやはり余り機能し....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/6/6

委員会名参議院 経済産業委員会


「事業承継の在り方として、当然、今までの事業をそのまま引き継ぐという在り方もあるでしょう。また、場合によってはMアンドAという第三者の承継もあったり、また親族外承継という形もあると思いますし、最近党内で議論している中では、キーワードが家業で起業というベンチャー型の事業承継、こういった在り方もあるんじゃないかな....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/6/1

委員会名参議院 経済産業委員会


「まず、家森参考人の方にこの件に関してお伺いしたいと思いますが、現状の分析に関しては先ほどの御発言の中にもあったと思います。具体的に、このデットガバナンスを金融機関、現地、現場で実現していただくためにどのようなことを具体的に推し進めるべきだとお考えになりますでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/6/1

委員会名参議院 経済産業委員会


「中小・小規模企業に対するこの金融支援の中で商工会はどのような役割をこれまで果たしてきたのか、また、今回の法改正案に関連しまして信用保証協会に期待をしたい部分はどこなのか、この点についてお聞かせいただけますでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/6/1

委員会名参議院 経済産業委員会


「そして、今回の法改正の中で目的とされている、いわゆる経営の状態であったり財務の状況で融資の決定、査定をするということのみならず、事業性を評価していく、この部分においては、特にやっぱり小規模企業、事業規模が小さくなればなるほど、財務内容であったり過去の実績、また担保、保証、こういったところを気にされるわけでご....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/6/1

委員会名参議院 経済産業委員会


「特に、小さい企業になると所有と経営が分離していない、そういった中小企業、小規模企業が地方においてはやはり多く見られる中で、やはり資本市場の規律が働きにくい。こんな中で金融が果たしていく役割として、やはり、いわゆる健全な市場からの退場であったり、若しくは今の事業を一旦クローズしてベンチャー型で新たに立ち上げる....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/5/18

委員会名参議院 経済産業委員会


「まず、本日、商工中金安達社長に御出席をいただいておりますので、お伺いをしたいと思います。今回のこの問題、危機対応融資において職員によって試算表の改ざんなどが行われて、規定の要件に当てはまらない、そんな中小企業にも融資が行われたということです。本来、危機対応融資は、量で稼ぐものではなく、質を重視していかなけれ....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/5/18

委員会名参議院 経済産業委員会


「金融機関として、今回のこれはやはりあるまじき行為が蔓延し、それが隠蔽されてきた。社長、これやっぱりコンプライアンス意識の欠如というレベルではなくて、もう本当に組織ぐるみの不正だったという批判もやはり発生していると思うんですね。実際これ、本部の方の対応も含めまして何があったのか、どうしてこのような行為に至った....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/5/18

委員会名参議院 経済産業委員会


「池袋支店の過去の不正事案も含めて、これらの不正行為は過去何年にもわたって繰り返されてきた問題と認識をしています。これまで、商工中金に対する国の管理、これは本当に適切なものであったのかどうか、これに対するお考えもお聞きしたいですし、やはり今般のこの問題を受けて国のチェック体制をより強化していくべきだと考えます....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/5/18

委員会名参議院 経済産業委員会


「ただ一方で、やはり危機対応業務による資金繰り支援が、大規模な経済危機や災害といった有事から、経済情勢が改善していく、平時の方に移っていく段階におきましては、先ほど申したような資金繰りに支障を来す経営基盤が脆弱な中小企業に関しましてはしっかりと支えていくということは担保しながらも、やはり民業圧迫、これを回避す....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/5/18

委員会名参議院 経済産業委員会


「この後も多くの委員からまだいろいろな質疑が交わされると思いますが、今現時点での安達社長の今回のことに対するしっかりとした対応も含めた御決意と、あと、当然全容解明をした上での対策、対応もあると思いますが、当面措置をしなければいけない、当然再発防止を講じていかなければいけない、この当面の措置で今既に講じているこ....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/5/18

委員会名参議院 経済産業委員会


「商工中金の民営化に関しましては、委員の先生方の中にも当時御出席だった方もいらっしゃると思いますが、二年前の通常国会で、商工中金法の改正によって、将来的な完全民営化の方針を堅持しつつ、多くの民間金融機関が危機対応業務を行う指定金融機関となり、そして金融対応が十分に確保されるまでの当分の間、商工中金に危機対応業....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/5/10

委員会名参議院 国際経済・外交に関する調査会


「昨今の現象からいたしましても、北朝鮮による世界の秩序を乱すようないろいろな行動があり、また、韓国で新たな大統領が誕生する、また、アメリカの方においてはこれまでの流れと変わるいろいろな発信がなされております。現在、このアジア太平洋地域は極めて不安定な様相を見せていると思っております。そんな中、今週末に、例えば....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/5/10

委員会名参議院 国際経済・外交に関する調査会


「また、別の事象で、中国がどちらかといいますと行動第一、また外交第二といったような主義の下でいろいろな立ち振る舞いをしております。アジア太平洋地域におきましても、そういったことが不透明感であったり、また不確実性を強めてきている、このように考えております。例えば今、RCEP交渉において、再来週、世耕大臣が向かわ....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/5/10

委員会名参議院 国際経済・外交に関する調査会


「改めてになりますが、日本の平和であったり社会生活、また経済力も含めた国力、これはやはりグローバリゼーションによって確立している、このことを鑑みますと、やはりどの国とも平和に交流して自由に貿易をできる体制、これを堅持していかなければいけない。様々な機会、様々な曲面、様々なステージ、そういったところで所管官庁が....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/4/24

委員会名参議院 決算委員会


「ここには、経団連、そして日商、中小企業団体中央会、そして厚生労働省、この四者で構成をされていると聞いておりますし、昨年は、六月に目標設定、目標の評価に関する会議を一回、そして十月には実施状況に関する確認の会議が一回、計年間二回しか行われていないんですね。昨年に関しましては、大企業二社が参考人という形なのかこ....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/4/24

委員会名参議院 決算委員会


「このことについては次にお聞きしますが、まずこの区分ですね、雇用保険適用事業所数、これを従業員規模別で確認したところ、一人から四人まで、そして五人から二十九人まで、そして三十人から九十九人まで、百人から四百九十九人まで、そして残りは五百人以上、こういう区分の中で数字をお示しいただきました。まず、この適用事業所....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/4/24

委員会名参議院 決算委員会


「実際、本当にどうやって、中小企業庁とも例えば連携をするという御答弁もありましたけれども、この比較対象となる従業員数とか区割りが全くばらばらのところでどうデータが整合性が取れてくるのか、いろいろとやっぱりちょっと不思議に思うところがございます。実際にどうやって小規模企業の実態、声を把握しているのか。また、逆に....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/4/24

委員会名参議院 決算委員会


「なおさらに、生きたデータ、それこそ費用もコストも削減できるわけですし、より充実したデータを取って、いわゆる攻めに行く方の支援、そして、守るというか、雇用環境をしっかりと拡充、充実していく上での支援、双方向に対してこれは効果的になると思うんですが、今後、更に省庁連携を強めて、こういったデータの把握であったり、....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/4/24

委員会名参議院 決算委員会


「ですから、先ほど例として挙げましたキャリアアップ助成金のように、本当に現場の実態を捉える、それを捉えた上で人手不足や働き方改革に関してもしっかりと雇用面、また雇用の環境、労働の環境を拡充していく面でお力添えをいただけないか、このように考えるところでございます。例えば、大臣、職場定着支援助成金という、人材の定....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/4/24

委員会名参議院 決算委員会


「実際、この実行計画の策定に当たっては、厚生労働省の労働政策審議会において制度設計の具体的な検討を実施する、そのように承知をしております。是非、この労政審の運営に際しまして、中小企業また小規模事業者の意見をしっかりとお聞きいただく場、実際、各分科会の方に小規模事業者の代表もいない分科会も幾つか、コアなところで....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/4/12

委員会名参議院 国際経済・外交に関する調査会


「まず、川口参考人におかれましては、やはり閣僚として、また議員としての経験もおありでございます。お話の後半の方で、やはり国民にもっと見えるようにしたらいいのではないか、もっと理解されるように努めるべきだというお話もございました。その意味におきまして、先ほど菅原参考人からのお話の中で、衆議院は解散もあるし、参議....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/4/12

委員会名参議院 国際経済・外交に関する調査会


「そして、サーラ参考人におかれましては、いろいろな形でFES東京事務所での御活動、また本体の方の御活動の方も歴史とともに御説明をいただいたわけでございますが、ほぼ政府の方から財源が出ているということで、大変大きな金額であるということも認識したわけでございますが、二点お伺いをしたいと思います。一つは、過去から、....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/4/12

委員会名参議院 国際経済・外交に関する調査会


「そして最後に、菅原参考人です。お二人の参考人のお話も受けて、今力強い御提言もいただきました。もう率直にこういう仕組みができたらいい、財団のような仕組みができたらいいというのは私にもびしびし伝わってきたんですが、もうざっくばらんにという表現が正しいか適切か分かりませんが、なぜ日本においてそういうものが、じゃ、....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/4/11

委員会名参議院 経済産業委員会


「このように、我が国の化学産業は、やはり機能性化学品を中心にグローバル市場で高いシェアを獲得していく、そしてその上で日本経済の活性化と雇用の創出にしっかりと寄与していく、このことが大切であると認識をしております。我が国の化学産業の国際競争力強化のため、こういった高機能性化学物質のイノベーションを促進していく、....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/4/11

委員会名参議院 経済産業委員会


「ただ、その一方で、我が国の成長戦略、これをしっかりと推し進めていく、産業の国際競争力の一層の強化を図っていく、このことも同時に実現をしていかなければいけない。そういった意味では、やはり今般のこの審査特例制度の合理化、これ、環境への影響を変えない、そしてその上でイノベーションを促進する、真に経済そして環境が両....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/4/11

委員会名参議院 経済産業委員会


「このことからも様々な数字の方を読み取れるわけでございますが、しっかりと現行制度での不具合、これを改善をしていく、その上で今般のこの審査特例制度の合理化によって、数量ベースでの製造・輸入数量など、どの程度の経済的インパクトが見込まれるか、この表からしっかりと読み取って御確認いただける部分もありますが、サプライ....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/4/11

委員会名参議院 経済産業委員会


「ただ、こういった制度の、当然、現場の方ですね、産業界ではいろいろなイノベーションを促進するために努力もされている、そのためにこういった政策を講じているところでございますが、政府自らが行ってきたこういった規制に関しましても、やはり現場の産業のいろいろなイノベーションであったり高度化であったり、こういったものも....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/4/11

委員会名参議院 経済産業委員会


「そのデータは、自然環境中で分解されやすいかどうか、いわゆる分解性の部分、そして生物の体内に蓄積しやすいかどうかという蓄積性、また人、生物に対する毒性があるかどうかという毒性、こういったものに関するいろいろな試験が必要と聞いております。一つの物質においては最長二年ぐらいの期間も掛かる、若しくは費用に関してもマ....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/4/11

委員会名参議院 経済産業委員会


「しかし、その一方で、それ以外の通常新規制度における合理化、これも考えることはできないだろうか。特に今回、経済産業省及び環境省の方でいろいろなお取組も想定をされていると思います。是非、それぞれからそのことに対するお考えをお聞かせをいただけたらと思います。」


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/4/11

委員会名参議院 経済産業委員会


「そして、そうした中で、法の施行から約四十年、この四十年という長きにわたってかなりの有害性のデータが、いろいろな試験も、またその届出によるデータも含めまして蓄積されていると思いますが、現状、我が国ではどの程度のデータを保有し、そしてそれがどういった状態にあるのか、是非現状をお聞かせをいただけたらと思います。」


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/4/11

委員会名参議院 経済産業委員会


「今、この世界に類を見ないデータを保有している日本として、政府として、どのようにこの質の高いビッグデータを更に活用していくのか、また、世界に対してどのような発信をしていくのか、是非お聞かせをいただけたらと思います。」


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2017/4/11

委員会名参議院 経済産業委員会


「化学物質に関する規制、これは本当に多岐にわたるものだと思っております。ただ、本法のこの規制の合理化を目指している経済産業省、経済産業大臣として、各省の連携ですね、この各省の連携をどのように取り組んでいくのか、若しくは特にITを使っての連携はどのようにお考えなのか、最後に大臣の方からお聞かせをいただけたらと思....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2016/12/1

委員会名参議院 経済産業委員会


「実際、今、日本の中で発行されているカード枚数のうち七割ぐらいはICチップに対応している。しかし、そのほとんどが磁気ストライプも付いているんですね。そして、日本は世界に先駆けてPOSシステムを導入して、大手のデパート若しくはスーパー、チェーン、こういったところが多くそのPOSシステムを導入しているわけでござい....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2016/12/1

委員会名参議院 経済産業委員会


「今回の法改正で、この経済産業委員会、法律の中で初めてだと思うんですけれども、フィンテック、フィンテック企業が今回の枠組みの中に参入してくる、このことを一つ対象としているわけでございますが、実際、経済産業省において、このフィンテック、最近、それこそ家庭の中の家計であったりいろんな部分で、企業活動だけじゃないと....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2016/12/1

委員会名参議院 経済産業委員会


「そのフィンテック、フィンテック企業の更なる参入を見据えた環境を整備していく、これが今回の法改正においての大きなテーマになっていると認識をしております。フィンテック企業がその技術力を発揮していく、利便性また安全性を両立していく、コストを抑えながら信頼性の高いクレジット決済の仕組みを構築していく、こういったこと....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2016/12/1

委員会名参議院 経済産業委員会


「しかし、まだまだ日本においてキャッシュレス決済普及の現状というものは諸外国と比較すると遅い、低水準にあるということは否めないと思います。でも、逆に言えば、だからこそ伸び代が大きい、そういった分野でもあると認識をしております。我が国の第四次産業革命を支える情報基盤の充実を図るため、またキャッシュレス、この推進....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2016/4/20

委員会名参議院 決算委員会


「バランスが取れたそういったエネルギーミックス若しくはエネルギー政策がCO2削減の実現手段と考えたならば、環境省としても、やはり経産省であったりエネ庁としっかりと連携をして取り組んでいく必要があると思います。これまでどのように取り組んできたか、また、今回改めて二六%目標を掲げてどのように取り組んでいくかという....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2016/4/20

委員会名参議院 決算委員会


「三月十一日に閣議決定されました復興・創生期間における東日本大震災からの復興の基本方針においても、十年間の復興期間の総仕上げ、今後折り返しの五年間、これはやっぱり復興のステージが進むにつれていろいろと生じる新たな課題、また多様なニーズ、きめ細やかにそういったものに対応しながら新たな東北ならではの地方創生の姿を....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2016/3/10

委員会名参議院 経済産業委員会


「今国会で中小企業等経営強化法案が提出をされました。これは、合理化を図って省力化を促進させるといったような類いのものではなくて、地方創生をしっかりとその原動力として活躍することが期待されております地域に根差した中小企業・小規模事業者が生産性を高めていく若しくは経営力を向上させていく、こういったことを実現するた....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2016/3/10

委員会名参議院 経済産業委員会


「開業率がやっぱりなかなか上がってこない。でも、日本再興戦略で欧米並みの開廃業率一〇%という目標も掲げている中で、やはりこの創業支援というのは大切だと思います。もし、なかなか空白地域で認定が取れないという場合におきましては、例えば今、国所管、中小企業庁の方でよろず支援拠点事業もされていると思いますが、よろず支....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2015/8/6

委員会名参議院 経済産業委員会


「これらデータにありますように、中小企業また小規模事業者の経営者の高齢化が進みまして、事業承継に対する考え方も多様化する現在を鑑みまして、次の世代にしっかりと事業を円滑に承継をしていくことがやはり重要な課題であると認識しております。改めて、今回の法改正の内容、またその改正の背景についてどのように考えていらっし....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2015/8/6

委員会名参議院 経済産業委員会


「今回、小規模企業共済制度におきまして、経営者等の新陳代謝を促すために様々なアイデアはあったと推察いたしますが、今改正法案におきましては、会社役員の退任に当たっての共済金支給要件を六十五歳以上にするなど、いろいろな幾つかの改正がございます。それに至った背景、理由、若しくはこの改正に伴って今後期待をされる効果、....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2015/8/6

委員会名参議院 経済産業委員会


「経営者の新陳代謝を促す制度的な環境は今回整うといたしまして、機構との連携、また機構によるサポート機能の強化、また、二〇一一年から始めております事業引継ぎ支援センターですね、現在三十一の都道府県で設置をされていて、残りは窓口機能と認識しておりますが、こういったものの全都道府県への拡大も含めまして、今後、経営者....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2015/6/18

委員会名参議院 経済産業委員会


「まずは、特許法等の一部を改正する法律案でございます。知的財産の適切な保護及び活用によりまして我が国のイノベーションを促進するため、発明の奨励に向けた職務発明制度の見直し等が検討され、今般の法改正が示されました。職務発明制度につきましては、今般の改正案で、現行の従業者帰属に加え、使用者帰属の導入を行うことを規....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2015/6/18

委員会名参議院 経済産業委員会


「二〇一四年の内国人による特許出願件数が約二十七万件あったそうでございますが、そのうち中小企業によるものは僅か三万五千件、全体の一三%ほどにすぎませんでした。やはりこのような状況を鑑みましても、一律にこの職務発明が企業に帰属するということになりますと、職務発明規程のない中小企業では報奨等をめぐって労使間のトラ....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2015/6/17

委員会名参議院 本会議


「まずは、我が国の特許の現状について伺います。近年、国内における特許出願件数は減少が続いており、十年前には年間四十二万件だったものが昨年は三十二万件台と、約二五%減少しております。一方で、グローバル化の進展に伴い、国際特許の出願件数は、十年前との比較では約七〇%増と堅調に推移をしてきましたが、昨年は前年比で四....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2015/6/17

委員会名参議院 本会議


「次に、不正競争防止法の改正について伺います。海外への技術流出や企業の情報漏えいなどが大きな問題となる中で、営業秘密侵害罪の罰金引上げ、海外重課、そして非親告罪化、犯罪収益の没収規定の創設など、今回の法改正は大いに評価できる内容だと思います。こうした制度が厳格に運用されることにより、営業秘密漏えいに対する抑止....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2015/5/20

委員会名参議院 国民のためのデフレ脱却及び財政再建に関する調査会


「まず、我が国は、本当にもう世界に類を見ないぐらいのスピード、規模で、やはり少子化、高齢化に伴いまして社会保障費が急増してきたと。現在、社会保障関係費で大体一般会計歳出の約三分の一を占める、それがもう財政悪化の主たる要因となっていると言っても言い過ぎではないと思っております。二〇一七年春、消費税一〇%増税とい....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2015/5/20

委員会名参議院 国民のためのデフレ脱却及び財政再建に関する調査会


「ただ、私も経済人の端くれでございますので、やはり、経済再生、経済成長、これなくして健全化は図れないんじゃないかなというところに考えが及んでいるわけでございます。景気回復、経済成長によってやはり非正規から正規の方へ雇用の在り方をシフトしていく、当然、個人所得の増幅に伴う所得税収の増大であったり、若しくは公的事....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2015/3/26

委員会名参議院 経済産業委員会


「私、一昨年の産業競争力強化法の際にも御提案をし、昨年、よろず支援ができるときに大きな期待を寄せた一人でございますが、私としましては、いろんな支援団体であったり、若しくは中小企業支援を専門的に行っておりますコンサルや士業の方々、またそれを財政面で支援をする多くの地銀、信金といった金融機関の方々、この方々がやは....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2015/3/26

委員会名参議院 経済産業委員会


「本日、厚生労働省の方からもお越しをいただいているわけでございますが、今通常国会におきまして労働基準法の改正案が検討されると。そして、その中におきまして、十日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対して五日間、五日間の年休を使用者が時季を指定して与えなければいけない、これに対しては罰則規定も設けるという内容で....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2015/3/26

委員会名参議院 経済産業委員会


「先般、議員立法によります再生医療推進法の成立に伴いまして、再生医療等安全性確保法、また改正薬事法が整備され、今まさに再生医療製品の特性に合った早期の承認制度の確立など、再生医療そのものが実用化また商業化に向けて急加速度的に成長する、このような期待が寄せられている時期かと思います。経産省の試算では、今国内で約....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2015/3/26

委員会名参議院 経済産業委員会


「本日、ちょっと時間がないので、農水省の方には申し訳ないんですが、農水省の方からも、地方創生で林業としっかりと連携をした形での木質バイオマスの推進、これにはお取り組みをいただいていると思いますので、是非、両方の部分を鑑みたお取り組みを更に更に推し進めていただきたいと思っておりますが。やはり、地域に根差した林業....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2014/6/17

委員会名参議院 経済産業委員会


「まず、森田参考人にお聞きをいたします。今回、この小規模企業振興基本法の議題と併せまして、商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律の一部を改正する法律案、小規模支援法、こちらの改正の方も議題となっております。こちらの内容では、単位商工会や単位商工会議所において、その会員である小規模事業者の経営....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2014/6/17

委員会名参議院 経済産業委員会


「では、続いて森田参考人、そして鋤柄参考人、太田参考人、順番に皆様方からお伺いをしたいんですけれども。今回、この小規模企業振興基本法、これが議題となって、制定に向けた動きが高まっていると。それで、それぞれの組織、団体の中でもこれまでいろいろなものを掲げて推進をしてこられたと思います、先ほどの憲章のお話もござい....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2014/6/17

委員会名参議院 経済産業委員会


「私は、石川県で小さな造り酒屋を経営しておりました。もう小規模企業の経営者です。それが小規模企業基本法の早期制定を公約と掲げて、それで、初めていきなり国会に挑戦をして当選させていただいたのが昨年の夏でございます。その僅か一年後にこの基本法案が日の目を見たこと、これは大変うれしく思っておりますし、何よりも、茂木....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2014/6/17

委員会名参議院 経済産業委員会


「では、この理念法の小規模基本法、これに基づいて、今回、この趣旨を踏まえた作用法として小規模支援法、これを改正をしていく。商工会議所、商工会におきまして経営発達支援計画、これを策定し、経産省、大臣の認定を取っていく、このような形で地域にいろいろなその支援のスキームを構築していくという内容になっているかと思いま....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2014/6/17

委員会名参議院 経済産業委員会


「時間も少なくなってまいりましたので、最後に是非茂木大臣にお伺いをしたいと思います。今回、この支援法によって、商工会議所、商工会が地域の窓口機関となって面的な支援が充実、実現するものと期待しております。ただ、先ほどの経営発達支援計画、これ認定された商工会、商工会議所、若しくは認定されていない商工会、商工会議所....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2014/5/21

委員会名参議院 国民生活のためのデフレ脱却及び財政再建に関する調査会


「私は、デフレ脱却に対する大きな議論の中で、是非、地方、そして特に中小企業、小規模企業に対する配慮、要素というものも確実に盛り込んでいただきたいと思い、その観点にのみ意見をさせていただきたいと思っております。この約二十年、バブル崩壊後、地方で起こったことは、やはり、まず公共事業が激減をすることによって地方で循....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2014/5/21

委員会名参議院 国民生活のためのデフレ脱却及び財政再建に関する調査会


「具体的な政策としましては、その小規模企業の中には、やはり過去から蓄積をされてきた大いなる知恵であったり物づくりの技術というものは確実に存在をしております。ただし、これをしっかりと収益性のあるビジネスとして具現化することがなかなかできない。これが、小規模ゆえの経営資源の乏しさに由来するところだと私は思っており....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2014/4/3

委員会名参議院 経済産業委員会


「今回、十五年ぶり、十八回目となる法改正が行われるということで上程をされておるわけでございますが、日本企業の海外事業地域における戦争、テロのリスクが増大していること、また、取引先の信用不安、取引形態や資金調達の在り方が多様化している、これを鑑みまして、この機能の見直しや国際的な事業展開を安定的に行える環境整備....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2014/4/3

委員会名参議院 経済産業委員会


「続きまして、今回のこの改正案で、戦争、テロに係るリスクへの対応といたしまして、事業中断により負担が発生する人件費であったり、若しくは貨物保管費等の追加費用、これを貿易保険の対象とするという措置が盛り込まれております。ただ、この場合に、天災であったり自然災害、若しくはそれに起因する暴動又は伝染病等のそういった....


→発言の続きを見る


議員名宮本周司(自由民主党)

2014/4/3

委員会名参議院 経済産業委員会


「それでは、一応もう一問、最後の質問として想定をしておりまして、是非内容を具体的に御教授、お教えいただきたいと思ってはいるんですが、今回この法律の改正案が審議されれば十八回目の改正となるわけでございます。当然、昨年のアルジェリア人質拘束事件、その被害の対象となりました日揮も含めまして、いろいろ被害企業、被害を....


→発言の続きを見る

78件見つかりました。