希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

村井英樹さんの発言を表示します。


議員名村井英樹(自由民主党)

2017/4/7

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「まず、この介護保険については、保険というからには、何らかのリスクに対応する形で保険料を支払うということになろうかと思いますが、そもそも、この介護保険は何のリスクに対応した保険なのか、厚生労働省に伺いたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2017/4/7

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「そこの、一号と二号被保険者で、料率を含めて仕組みが若干異なっていることについてちょっと突っ込んで伺いたいんですけれども、一号被保険者、いわゆる六十五歳以上の皆さんというのは、本人が要介護となるリスクが高い方々なんだろうと思います。二号被保険者、四十から六十四歳のところは、本人というよりも、被保険者の家族、親....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2017/4/7

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「今整理いただいたとおりで、この第二号の方、四十歳から六十四歳の方は主に御家族の方が要介護状態になるリスクに対応する形で保険料を払っているというのが大きな、主なストーリーラインだとすると、では、四十歳の方で、本人は元気で、親も既にいなくなっている場合、この方は介護保険のお世話になる可能性がほぼないわけでありま....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2017/4/7

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「それにちょっと追加してもう一つ申し上げたいんですけれども、今度は介護保険料、所得に応じて軽減措置が講じられています、所得に応じて保険料を払っている額が違うにもかかわらず、受けられる給付は一緒なわけであります。これは通常の民間保険であれば考えられないことなんだろうと思いますけれども、これについてどういうふうに....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2017/4/7

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「負担能力に応じた負担というのをこの社会保険の中の仕組みで認めているということは、それはすなわち、先ほどおっしゃったような社会的扶養だとか世代間連帯のようなものがその背景になっているという理解でよろしいでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2017/4/7

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「ちょっと時間がなくなってきているので、あわせて、今般の法改正では介護納付金について人頭割から総報酬割に切りかえておりますけれども、保険原理に照らして考えると、給付内容が変わらない、一方で負担のみが変わるということは普通の保険じゃあり得ないことなわけですけれども、どういう理由で正当化されるのか、教えていただき....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2017/4/7

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「その上で、ちょっと確認的に、最後に一問でありますけれども、社会保険制度において、被保険者が直接に受益する可能性が低くても、政策的な目的、例えば社会的扶養などの観点から保険料を負担していただくという考え方は成り立つということでよいのか、教えていただきたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第三分科会


「ここまでおつき合いをいただいた上で質問をさせていただきたいと思いますが、まとめると、この二十年間で我が国の収入水準は下方にシフトをしております。特に若年の部分、これは非正規雇用の話とかいろいろな原因があると思いますけれども、大きく下方シフトしております。その一方で、税、保険料負担の逆進性は高まっているという....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第三分科会


「こういうような状況についてどう考えるのか。もう一回整理をしますと、全体として見ると再分配機能がきいているように見えるけれども、実はそれは世代間の支え合いというところに重きが置かれていて、実は、働いている世代に限定をして見ると、再分配が機能していないんじゃないかというような指摘もあるかと思いますけれども、その....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第三分科会


「これは代表的なものでありますけれども、実は、我が国の低所得者対策と呼ばれるものは結構あるんです。いろいろな優遇施策はあるんですけれども、そのちょっと上のところ、まさに今、層としてふえ始めているこの百七十万円ぐらいの中間低位層、一生懸命非正規で頑張っているんだけれどもという層が、実はここからこぼれ落ちてしまっ....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第三分科会


「特に、制度横断的にということですよね。先ほども見ていただいたとおりでありますけれども、主税局は税のことだけ、主計局は予算のことだけ、厚労省は社会保障、保険の世界だけということでいくと、やはり全体として見たときにどこかにひずみだとか不公平というものが生じてきてしまうものでありますので、ぜひ財務省の皆さん方には....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2016/11/4

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「今回の法案においては、理事長の独任制を改め、外部の有識者から成る合議制の経営委員会を導入するとされておりますけれども、橋本副大臣に伺いますが、海外の年金基金のガバナンス体制との比較も含めて、山下委員も同趣旨の質問をしておりましたけれども、改めてこの改正の意義、目的を伺います。」 「今回の法案に、こうしたパッ....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2016/11/4

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「多くの若者がこうしたような認識を持っているという現状も踏まえつつ、やはりまずは、何といってもこの年金財政が基本的には持続可能である、大丈夫なんだということをわかりやすく説明する必要があると思いますが、ぜひその説明を馬場大臣政務官にお願いを申し上げたいと思います。」 「このような観点から、今般の法改正におきま....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2016/10/26

委員会名衆議院 財務金融委員会


「そういう意味で我が国のこの公的年金等控除の仕組み、諸外国と比べてもかなり広範に認められているのではないかと思いますが、そもそもこの仕組みができ上がった設立の背景、経緯、またその意義について、まずは財務省から見解を伺いたいと思います。」 「そういう面からいくと、まず、そもそも何であるのかという理屈の話、さらに....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2016/10/26

委員会名衆議院 財務金融委員会


「さらに言えば、外来の部分です。高齢者は特別に、入院ではなくて外来ですけれども、四・四万円、現役所得並みの所得があれば上限があったり、一般所得でも一・二万円。だから、一般の所得のある高齢者の方というのは、外来での負担というのが一・二万円が上限になっているわけであります。かなり広範にこの仕組みが認められているな....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2016/3/23

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「戦傷病者等の妻に対する特別給付金制度は、昭和四十一年、さきの大戦で障害を負った夫の介助、看護や家庭の維持等のため、長年にわたり大きな負担に耐えてきた戦傷病者等の妻の精神的痛苦に対して、国として特別の慰藉を行う必要があるという趣旨で創設をされました。その後、十年ごと、十年ごとというのは、つまり支給に用いられて....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2016/3/23

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「戦没者の遺骨収集については、昨年夏に硫黄島に委員会視察に行かれたり、既に質疑も行われております。また、最近では、先週土曜日の十九日に、硫黄島の現地では、日米合同の戦没者慰霊追悼式が行われて、四百名が参列をしたといったような報道もなされておりましたけれども、私の方から伺いたいのは一点だけでございまして、先ほど....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2016/2/25

委員会名衆議院 予算委員会第七分科会


「そういったような地域の金融機関が若干合成の誤謬的な状況になってしまっていることを打開して、一手間かける金融、これをやってもらう環境づくり、インセンティブづくりについて、金融庁としてお取り組みがあれば御紹介をいただければと思います。」 「そういう意味で、昨年末、自民党の中小企業政策調査会として、この信用保証制....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2015/6/3

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「まず、五月の八日から断続的に不正アクセスが発生をしていたということでありますが、それから情報流出が判明をする五月二十八日までの間、この間、まずどういう対応をされていったのかということを伺いたいと思いますし、その後、五月二十八日から六月一日の情報流出の事実の公表までの間、どのような対応をされていたのか、改めて....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2015/6/3

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「そして、次に、今般の事案についての情報管理体制について伺います。機構では、政府機関の情報セキュリティ対策のための統一規範、厚労省セキュリティーポリシーに基づき、独自のセキュリティーのポリシーを定めておられると先ほどの中野先生との議論でも出ておられましたが、定めておられると伺っておりますが、その中身についても....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2015/6/3

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「次に、こうした個人情報の流出によって、国民の皆さんに具体的にどのような影響、被害が考えられるかという点について伺ってまいります。例えば、住所や氏名が流出している以上、そうした方にダイレクトメールなどが送付されてしまうといったようなことは免れないんだろうと思いますが、年金の振り込み先を変更して、本人以外が年金....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2015/5/28

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「私は、今から三十年後には再生可能エネルギーによって電力発電の三〇%、つまり震災前の原子力以上の量を再生可能エネルギーで利用する社会をつくっていくべきだと思うし、三十年後であればそれは可能であると考えております。それに合わせて脱原発依存も進めていくべきだと考えておりますが、この脱原発依存といったようなことを考....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2015/5/28

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「今回、電源別のコスト試算が示されて、原子力の発電コストについては一キロワットアワー当たり十・一円とされました。このコスト計算の中に事故対応費用としてどのような項目が含まれて、それぞれ幾ら見込まれているのか、教えていただければと思います。また、その際、よく論点となっていますが、事故リスクを四千炉年としているこ....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2015/4/1

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「まず、福祉医療機構についてでありますが、この独法の今般の見直し事項の一つ目に、本独法が行っております福祉貸付事業、医療貸付事業というのがありますが、この事業に対する金融庁検査の導入というものがございます。これはそもそも、政策金融機関については、政策金融機関の財務の健全性、透明性の確保への要請から、民間金融機....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2015/4/1

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「その点、本法案では、機構による退職金受給に係る情報提供が明示的に規定をされるということとともに、住基ネットを利用して住所把握を行うなど、未請求退職金の発生防止対策を強化することとしております。これによって、勤労者退職金機構の保有している氏名や生年月日等と住基ネットの情報を突合することによって、被共済者の住所....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第三分科会


「私がまずこの場で最初に強調させていただきたい点は、プライマリーバランスの二〇二〇年度の黒字化、これは全ての議論の出発点、大前提の中の大前提でありまして、揺らぐことがないようにお願いをしたいということであります。振り返ってみますと、目標はそもそも二〇一〇年に策定されたものだと思いますけれども、その際も、国際社....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第三分科会


「まず、その前に、宮下副大臣にお伺いをしたいのは、年金の部分につきましては、一昨年の十二月に社会保障制度改革プログラム法というものが成立をいたしましたけれども、その中には、「高所得者の年金給付の在り方及び公的年金等控除を含めた年金課税の在り方の見直し」と、しっかりとこれが書かれているわけでありますが、この規定....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第三分科会


「何が申し上げたいかというと、基本的に担税力というのは所得と資産で決まると思いますけれども、所得が同じ人、年金収入と給与収入が同じ人を比較して、そして経費性があるものとないものということで区分けされているにもかかわらず、公的年金等控除の方が額がでかい。さらに言うと、最近のトレンドとしては、高齢世帯の方が、若者....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2014/11/5

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「そういう意味で、労働政策の要諦は、企業側そしてまた労働側のニーズをしっかりと酌み取って、いかに適切な制度設計を行ってウイン・ウインの関係を築いていけるか、そういうところにあるんだろうと思います。その上で、安倍内閣が進めておられます雇用制度・労働市場改革の大きな方向性について質問をしたいと思います。現下の失業....


→発言の続きを見る


議員名村井英樹(自由民主党)

2014/11/5

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「特定労働者派遣事業について廃止をするということでありますが、廃止をすることによって、特定労働者派遣事業を行っていた方々の事業の継続性といったような問題が出てくるかと思います。まずこの点について伺いたいと思いますが、この特定労働者派遣事業をまず廃止すると決めた理由について伺いたいと思います。」 「ただ、この特....


→発言の続きを見る

30件見つかりました。