希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

古賀友一郎さんの発言を表示します。


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/12/12

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「しかし、これにはどうも誤解があるように思われます。すなわち、欧州がSPS協定に違反していると認定されたのは、SPS五条一違反、つまり、十分な科学的根拠が求められる恒久的な衛生植物検疫措置とは認められなかっただけであって、科学的根拠が不十分な場合でも予防的暫定措置をとり得ることを定めた五条七に違反するとは認定....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/12/12

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「こうした状況の中で、TPP特委でも肥育ホルモンを使った肉かどうかを表示するようにしてはどうかという質問が出ておりましたけれども、松本大臣の御答弁は、表示の義務化は難しい、現行でも任意で表示ができるといった内容でございました。確かに、ホルモン自体は日数がたつと牛の体外に排出されてしまって、ホルモンを使ったかど....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/12/12

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「今回の表示案では、全ての加工食品についてこれまでどおり国別重量順表示を原則とする一方で、その実行可能性にも配慮をして、可能性表示、大くくり表示、大くくり表示プラス可能性表示、さらには製造地表示という例外措置が認められております。それに対しては一部不満の声もあるようでございますが、この例外的な表示方法でも、国....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/12/12

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「そこで、私が指摘したいのは、確かにこの中間加工原材料の場合には生鮮原材料の産地は分からないことが多いかもしれないけれども、中には分かっているものもあろうかと思います。したがって、その場合には、本来の趣旨からすればその生鮮原材料の産地を表示するべきではないかと、こういうことでございます。ただし、それを義務化し....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/12/12

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「そこで、まず業界側でございますけれども、もちろん制度の内容をしっかり理解していただくということはこれはもとよりでございますけれども、移行に当たって表示ラベルの変更とかいろんなシステム改修等の負担が発生することが想定されるわけでございますが、こういう業界に対する、業者に生じる負担について、何らかの支援策といい....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/12/12

委員会名参議院 消費者問題に関する特別委員会


「それから、他方で、消費者側についての問題でありますけれども、やはり今回の制度、なかなかこれは複雑です。いろんなことを考慮してつくったがゆえに、これはやむなきことだとは思いますけれども、このなかなか難しい制度を個々の消費者にまでどうやって普及をして中身を理解をしていただくかというのは大変重要でございまして、最....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/12/6

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「今日は食の安全がテーマということでございますので、まず、皆様がお触れになりました我が国の遺伝子組換え食品の安全規制と表示制度についてお伺いしたいと思います。これにつきましては、以前から、TPPに入るとISDSによって外国企業に訴えられて、我が国のこの制度が撤廃に追い込まれるんじゃないかという懸念が一部にはご....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/12/6

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「私がお伺いしたかったのは、ISDSで撤廃に追い込まれるかどうかというところだったもので、そういう程度の広い範囲の中での緩い規制である我が国、仮にそうだとすれば、そういったものが、そういったものすら撤廃に追い込まれる、そういう可能性は低いというふうに考えていいんでしょうか。もう一回、ちょっと天笠参考人に伺いた....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/12/6

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「一定の情報に基づいてということでございますので、単に主観的な判断では駄目ですよということぐらいはこれは分かるわけですが、じゃ、どの程度の客観的な情報に基づけば許容されるんだろうかと。この条文によりますと、関連国際機関から得られる情報及び他の加盟国が適用している衛生植物検疫措置から得られる情報を含む入手可能な....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/11/16

委員会名参議院 憲法審査会


「私からは、先ほども指摘がございましたけれども、そもそも今憲法を改正する必要はあるのかないのかという点について、あると考える立場から、具体的な三点に絞ってその理由を述べさせていただきます。まず、先ほどもありましたけれども、我が国が独立国家である以上、憲法に国防の規定がないのはおかしいと思います。国防の規定があ....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/11/16

委員会名参議院 憲法審査会


「次に、財政規律の規定も考える必要があると思います。我が国における国と地方の長期債務残高はGDPの二倍以上となる一千兆円を超え、先進国中最悪の状態で今なお年々悪化し続けています。これまでも我が国の財政状況は悪化の一途をたどってまいりましたし、今後においても高齢社会の進展等で社会保障費は一層増大する一方、その負....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/11/16

委員会名参議院 憲法審査会


「最後に、二院制について、私もその意義は理解しておりますが、現行憲法では、衆参両院は、全国民を代表する選挙された議員で組織すると規定されているのみで、両院の理念が書き分けられていません。また、両院はほぼ同等の権限を持って並立していることによって、衆参がねじれた場合に国政が停滞する原因となっています。これはいず....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/11/10

委員会名参議院 総務委員会


「今日は地方消費税増税延期の法案の審議というわけでございますけれども、これまでも衆議院の方でも、また昨日の本会議でもかなり議論は尽くされてきておりますので、なるべく重複は避けようと思うわけでありますが、やはり今回の法案の基本的な論点というのは、増税を延期することによりまして地方自治体の財政運営に悪影響を及ぼす....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/11/10

委員会名参議院 総務委員会


「そういう状況の中で、実は私の地元の方でもこの問題に取り組みたいという首長と民間事業者が出ていらっしゃいまして、改めて私なりにこれをどうすればよいかということを考えてみたわけでございます。確かにこの調査を丸ごと民間委託はできないけれども、補助的業務の民間委託と固定資産評価補助員への民間人起用を組み合わせれば実....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/11/10

委員会名参議院 総務委員会


「先月十八日の当委員会での高市大臣の所信的挨拶の中で、国の消費全般の動向をマクロ、ミクロの両面で捉え、国際的にも高く評価され得るような新しい消費関連指標の開発を目指すというくだりがございまして、私も非常に関心を持ちました。国際的にも高く評価され得るようなということでありますので、これはかなり野心的な取組だなと....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/5/10

委員会名参議院 外交防衛委員会


「その際、最も気になるのは、今までの発想にとらわれないとはいっても変えてはいけない部分も当然あるわけでございまして、特に、我が国固有の領土であります北方四島は我が国の主権下にあるという我が国としてこれは譲れない一線を変更するものではないということでよいのかを確認させていただきたいと思いますので、これは岸田大臣....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/5/10

委員会名参議院 外交防衛委員会


「そこで私がお尋ねしたいのは、これまで我が国が締結してきた投資関連協定三十五本、そして今回の二協定やTPPなど署名済・未発効のものが六本あるということのようでございますけれども、これらの投資関連協定で投資受入れ国の食料安全保障というのは担保されているのかどうか、またWTO協定上はどうなっているのかをお伺いした....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/5/10

委員会名参議院 外交防衛委員会


「私は、今回の合意の中で最も重要な部分は不可逆的な解決という文言だと、このように思っておりますので、まず、この不可逆的にという言葉の意味について確認をさせていただきたいと思います。不可逆というのは、私も化学の授業でぐらいしか聞いたことがなかったので少し驚いたんですけれども、元に戻れないという意味でございますの....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/5/10

委員会名参議院 外交防衛委員会


「この点、もちろん中国政府としても相当危機感があるようでございますが、先週の報道では、我が国の大手百貨店の売上げが落ちたという報道もございました。それぞれの国にそれぞれの事情はございますけれども、いずれにしても、中国もWTOに加盟している国として最低限そのルールは守ってもらう必要があると思っております。そこで....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/4/13

委員会名参議院 決算委員会


「犯人逮捕に至るまでには捜査権限の壁を乗り越えていかねばなりません。一つは外国政府の協力を得るということ、もう一つはネットワークを管理する内外の民間事業者の協力を得るということでありますが、サイバー犯罪の検挙に向けてどのように取り組んでいかれるのか、警察庁に伺いたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/4/13

委員会名参議院 決算委員会


「是非、この党の結論を真摯に受け止めていただきまして、全ての加工食品に表示することを前提に実行可能な表示方法を具体的に詰めていっていただきたいと思いますけれども、河野大臣の御見解を伺いたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/4/13

委員会名参議院 決算委員会


「当然、消費者庁としてもできるだけ意欲と能力の高い職員を確保したいと考えていると思いますので、地方移転に当たりましては人材確保の観点からの検討も十分に行っていただきたいと思いますけれども、河野大臣の御見解をいただきたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/4/13

委員会名参議院 決算委員会


「もちろん、演習場や飛行場のように近隣住民にとって迷惑ともなる施設を優先的に対象とすることについては私も一定理解をしているつもりでございますけれども、そもそもこの交付金の趣旨は、迷惑料ではなくて、自衛隊施設が存在することによって生じる市町村財政への影響を緩和するためのものでありますから、陸海空、どの自衛隊が存....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/4/13

委員会名参議院 決算委員会


「どのような支援や環境整備策が講じられるかは分かりませんけれども、私は、民間の定年延長を促進する上で最も効果的な環境整備策は公務員の定年引上げではないかと思っております。確かに、民間に先行して公務員の定年を引き上げるのはいかがなものかという御意見もあろうかと思いますけれども、思い出していただきたいのは、かつて....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/3/29

委員会名参議院 外交防衛委員会


「しかしながら、実際にそうである以上は、何らかの要因はあるはずだというふうに思います。そこで提案でございますけれども、このザンビア共和国の政治安定の要因について、外務省の方で研究してみてはどうかなということであります。外務省には専門調査員に調査研究してもらうという制度もあると聞きます。それは何も私の個人的な興....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/3/29

委員会名参議院 外交防衛委員会


「ただ一方で、在日米軍につきましては、いわゆるグアム協定に基づきまして、在沖縄海兵隊約一万九千人のうち約九千人はグアム、ハワイ、米国本土等、日本国外に移転をするということになっているわけであります。このことは沖縄県の負担軽減という観点からは大変喜ばしいことであることは間違いないわけでありますが、昨今の特に北朝....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/3/29

委員会名参議院 外交防衛委員会


「この問題につきましては、いわゆるサイバー攻撃によって政府や企業等の情報、財産が次々と盗まれて業務遂行や事業継続が脅かされるなど、もう既にこれは戦闘状態に入っていると言ってもよいくらいの現実的な問題であろうと思います。昨年九月に政府が策定いたしましたサイバーセキュリティ戦略におきましても、我が国の社会経済シス....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/3/29

委員会名参議院 外交防衛委員会


「そこで、伺いたいのは、中小企業におけるサイバーセキュリティー対策をどのように進めていこうとしているのかということでありまして、昨年九月に政府が策定したサイバーセキュリティ二〇一五によりますと、昨年末に経済産業省と独立行政法人情報処理推進機構が策定したサイバーセキュリティ経営ガイドラインを踏まえ、その内容や利....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2016/2/17

委員会名参議院 国の統治機構に関する調査会


「そこで、両参考人に伺ってみたいことは二点ございまして、一点目は、こうした最高裁の態度の変化、これがなぜ起こったのだろうかと、なぜ起こったかというふうに見ておられるかと、その辺の両参考人の見方を御教示いただければと思います。そして、二点目は、こうした最高裁の態度の変化をどのように評価をしておられるかということ....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/9/10

委員会名参議院 農林水産委員会


「今日は独法改革法案の審議ということでありますけれども、その前に諫早湾干拓開門訴訟について質問いたします。今週の七日、小長井・大浦漁業再生請求事件について、一審の長崎地裁に続き、福岡高裁も開門請求を退ける判決を下しました。前回、開門請求を認めた福岡高裁で今度は全く正反対の判断が下されたということになりますけれ....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/9/10

委員会名参議院 農林水産委員会


「次に、新たに四法人を統合することによって発足しようとしております農業・食品産業技術総合研究機構についてでございますけれども、その統合によって基礎的研究と応用研究を一貫して行いまして、生産現場と連携した攻めの農業に資する研究を推進しようということであります。私もそうした戦略的な取組に大変期待をするところであり....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/9/10

委員会名参議院 農林水産委員会


「さきの農協法案審議の中で、私は、農協の本質がバーゲニングパワーの発揮にあるとするならば、単協中心主義を強調するだけでなく全農をもっと活用すべき旨主張をいたしました。私も売手と買手のパワーバランスが崩れているのではないかという問題意識を持っておりますけれども、そうした根源的な問題については今回の農協法案ではほ....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/9/10

委員会名参議院 農林水産委員会


「その点、食料有事の際も国民を飢えさせないだけの生産力保持というこの食料自給力目標はそうした目標にふさわしいのではないかと思いますし、これだけの生産力を保持するにはこれだけの農地を確保しておく必要があるんだ、その農地を耕作するにはこれだけの農業労働力が要るんだと、もし仮にそれだけの農地と労働力の確保が客観的に....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/9/10

委員会名参議院 農林水産委員会


「一般に輸出は関税法で規制することができまして、そのために許可又は承認がなければ輸出できないように法令で規定しておく必要がありますけれども、現在、この国民生活安定緊急措置法上の指定物資については許可、承認の対象とはなっておりません。輸出貿易管理令という政令にこの指定物資を書き込んで、その輸出を経産大臣の承認に....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/7/30

委員会名参議院 農林水産委員会


「そこで、まずこの規制の在り方の議論に入る前に、一つ確認をしておきたいことがございます。それは、昨年六月二十四日に閣議決定されております政府の規制改革実施計画についてであります。この計画は、配付資料の二ページ目に載せておりますけれども、そこでは、准組合員の事業利用について一定のルールを導入する方向で検討すると....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/7/30

委員会名参議院 農林水産委員会


「恐らく、私の考えるところ、こういった頭の整理で当たらずとも遠からずじゃないのかなと、このように思っているわけでございますけれども、それを前提にして考えていったときに、まずこの黄色の集合でありますけれども、この集合については、准組合員が主に利用している事業とはいえ、そこで得られた利益で正組合員へのサービスを支....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/7/30

委員会名参議院 農林水産委員会


「次にちょっと質問を移りますけれども、今大臣が触れられましたこの青い部分ですね、ドーナツ状の青い部分です。これは、採算性はあるのに、営農指導とか共同販売、共同購入には貢献できていない事業ですね。これはまさに、これこそ正組合員へのサービスをおろそかにしている事業の典型じゃないかと、青がですね。先ほど私が議論して....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/7/30

委員会名参議院 農林水産委員会


「まず私が腑に落ちていないのは、全農に対する現行の独禁法適用除外の実質的な意味についてであります。これは裏を返せば、全農が株式会社化をして独禁法を全面適用された場合に、全農は一体何を失うことになるのかという問いでもあるわけであります。この点、奥原局長は衆議院の方で、独禁法の適用除外によって、農産物を集めてまと....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/7/30

委員会名参議院 農林水産委員会


「農水省としては、リスクのない委託販売に頼り過ぎて、農協が真剣に販売活動をしていないという認識の下で、これに真剣に取り組んでもらうということ、これは私も同感なんですね。リスクを取らない売り方では、農協が期待するようなやっぱり成果は出ないと思いますし、また実際JAグループも、平成十八年から米穀の販売手数料の定額....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/7/7

委員会名参議院 農林水産委員会


「この問題については、安倍総理が直接大統領に働きかけるなど様々なレベルでロシア側に訴えてきただけに、極めて残念なことでございます。これによって事実上ロシア水域でのサケ・マス漁ができなくなったということで、それを基幹産業としてきた北海道東部を中心とする地域は大打撃を受けるということでございます。根室市によります....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/7/7

委員会名参議院 農林水産委員会


「そこで、今日は、この問題の言わば典型事例とも言える遺伝子組換え食品に対する規制を題材に検証してみたいと、このように考えております。まず、一般論から伺ってまいりますけれども、このISD条項というのは、投資家の予見可能性を確保することによって投資家が不測の損害を被らないようにするための制度でございますので、国際....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/7/7

委員会名参議院 農林水産委員会


「このTBT協定の二・二条ですね、これは資料の三ページに載せておりますけれども、これによりますと、加盟国は国際貿易に対する不必要な障害となる強制規格を設けてはいけないということになっておりますけれども、他方で、正当な目的の達成のために必要な貿易制限的な措置については容認をされているというわけでございます。した....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/7/7

委員会名参議院 農林水産委員会


「その報告書によりますと、我が国が行った調査捕鯨の必要性を立証するための追加作業について、その意義を認めつつも不完全だと指摘を受けておりまして、結局、日本の調査捕鯨再開について正当化されないという意見と延期する理由はないという意見の両論が併記をされたということであります。これを受けまして、政府は科学委員会の主....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/7/7

委員会名参議院 農林水産委員会


「法律では、指定された物資の生産の事業を行う者とされておりますけれども、これが現に生産している人に限られているのか、あるいは耕作放棄している人のように、現に生産はしていないけれども生産する能力を有する人まで含むのか、あるいは花卉農家のように、その作物を生産したことはないけれども生産することが期待される人まで広....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/6/19

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「配付資料の島の地図の中でこの青い部分、これが居住区域でありますけれども、火山災害の危険度は島の中でも地区ごとに差があるようですから、今後、火山活動の状況に加えて、地区ごとの安全性を考慮した上で、部分的にでも帰島できる地区がないのかどうか、可能性を検討してもよいのではないかと、このように思っております。一部で....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/6/19

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「次に移りますが、今回の法案策定の中で広く知られるようになったことは、我が国は世界有数の火山国でありながら、その専門家が非常に少ないということであります。火山研究を専門として実際の火山観測に携わっている研究者は全国で八十人程度にすぎません。幾ら火山防災のために機器やシステムを整備しても、それを使って動かす専門....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/6/19

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「皆様のお手元の配付資料に写真を載せておきましたけれども、これは雲仙・普賢岳の山頂の写真でございますが、まさに今こういう状況になっておりまして、山全体が盛り上がっている状況でありますけれども、山頂には、約一億立米と言われておりますけれども、巨大な溶岩ドームなるものが火砕流堆積物の上に乗っかっている、こういう状....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/4/15

委員会名参議院 国の統治機構に関する調査会


「今日は、三者三様の先生方ということで、それぞれに、お三方に伺ってみたいなと思っておりますけれども、私がちょっと伺いたいのは市町村合併のことなんです。地方分権の議論を必要性と許容性ということに分けるとすると、割と必要性の議論というのはいろいろと論じられるんですけれども、まあ要はその許容性の面、つまり、分権を進....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/4/14

委員会名参議院 農林水産委員会


「フグといいますと、これは林大臣の御地元、山口県の名産品でございますけれども、私の地元、長崎県も養殖フグ日本一ということでございまして、そのフグの養殖を誇る水産県でございます。しかしながら、ここのところ非常に厳しい状況に追い込まれておりまして、生産額については、ピーク時、平成十一年の二百十四億円から、直近、平....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/4/14

委員会名参議院 農林水産委員会


「今回の食料自給力指標は、お手元に資料をお配りしておりますけれども、パターンCやDのように、とにかく芋を中心に作付けをすれば、国民一人一日当たり二千百四十七キロカロリーという必要エネルギーを供給できそうだけれども、パターンAやBという今の食生活に近い形では供給が難しいというわけであります。まず、ここでお伺いし....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/4/14

委員会名参議院 農林水産委員会


「次に、かなり時間が迫ってまいりましたので、少しちょっと順番を入れ替えまして、今の農地と密接な関わりを持つとおぼしき農業就業者数についても、この際お伺いをしておきたいと思います。今回の自給力指標というのは、先ほど大臣もおっしゃいましたように、充足しているという前提でこの指標が作られておりますので考慮をしないと....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/4/9

委員会名参議院 予算委員会


「今回発表されました食料自給力指標によりますと、パターンCやD、下の方ですが、これは栄養バランスを加味するかどうかの違いでありますけれども、そのように、とにかく芋を中心に作付けをすれば、国民一人一日当たり二千百四十七キロカロリー、このブルーのラインでありますけれども、それを、必要エネルギーを供給できそうなんだ....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/4/9

委員会名参議院 予算委員会


「昨年発表されました年金の財政検証結果によりますと、今後、労働市場への参加が進むことを前提に所得代替率五〇%以上は確保できるということでございましたけれども、その検証のバックデータによりますと、労働市場への参加の中心となるのはこの医療・福祉分野であるとされておりまして、言わば介護労働市場への参加が進むかどうか....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/3/18

委員会名参議院 予算委員会


「戦後七十年、我が国は戦争をしないできたことを考えれば、今更そんな検証が必要かという声も聞こえてきそうではありますけれども、戦後七十年がたち、戦争を体験したことのない国民が大部分を占めるようになってきたからこそ、戦争を繰り返さないために、どうしてああいうことになってしまったのか、何を間違ったのか、これから私た....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/3/18

委員会名参議院 予算委員会


「次に、核兵器の廃絶についてお尋ねをいたします。戦後七十年の今年は被爆七十年の年でもございます。私も被爆地長崎を地元とする議員でありますけれども、先週の金曜日、心配な報道に接しました。お手元にお配りしている資料でございますけれども、これは、来月からニューヨークで開催されますNPT、核拡散防止条約の再検討会議に....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/3/18

委員会名参議院 予算委員会


「ただ、そうした中にありまして気になったことがありましたので、それについて御質問したいと思います。それは、iPS細胞研究所の課題についてでございます。山中伸弥所長のお話によりますと、二〇二〇年までの初期の目標については、これはもう順調に達成できるという御説明でございましたけれども、その先の二〇三〇年までの中長....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2015/3/18

委員会名参議院 予算委員会


「政府の社会保障審議会の専門委員会の検討では、介護人材の量と質の好循環を進めるということで、参入促進、労働環境・処遇の改善、それから資質の向上という三つのアプローチから対策を講じるということにされておりますけれども、その具体策を見ますと残念ながら物足りなさを感じざるを得ませんでした。それは、介護職員の賃金水準....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2014/11/18

委員会名参議院 農林水産委員会


「平成二十六年産米の米価が大きく下落をしております。各県のJA系統が農家に支払う概算金は六十キロ当たり前年比二、三千円も引き下げられているという状況です。これは、今年は作柄が良くて在庫もあるから需給が緩むんじゃないかという報道の影響などがあるようでして、確かに全国の作況指数自体は昨年を上回る一〇一ということで....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2014/11/18

委員会名参議院 農林水産委員会


「そもそも、この中国船が大挙して押し寄せてきている背景としては、中国でのサンゴ漁の厳罰化によって供給量が減少して価格が跳ね上がったと。そのことで一獲千金を狙うやからにとってはリスクを冒してでも日本に来る価値が出てきたということのようであります。元々、キロ当たり数十万円程度だった宝石サンゴの価格は、中国国内で規....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2014/11/18

委員会名参議院 農林水産委員会


「それに関連して、もう一つ私疑問に思っていることがございます。密漁は、まさに網を海に入れて漁をしているその現場を押さえないと逮捕できないというような話をよく聞くわけでありますが、しかし、外規法でもこの主権法でも水産動植物の採捕、捕まえる、捕るということだけじゃなくて、探索、これは採捕に資する生息状況の調査とい....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2014/11/18

委員会名参議院 農林水産委員会


「それでは、今度は法務省に伺います。なぜ控訴しなかったんでしょうか。」 「これは、故意が問題になっているんですよね、故意が。公海とEEZの境界付近だったらまだいざ知らずなんですが、これは領海かどうかというレベルですから、少なくともEEZに入っているという意識は持つべきなんですよね。だからもう、少なくともやって....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2014/11/10

委員会名参議院 地方創生に関する特別委員会


「これまでの地域振興政策というのは、地域振興そのものが目的であったというふうに思っておりまして、過疎法ですら、人口減少を契機としていますけれども、法律の建前、やはり地域振興だと私は理解をしています。それに対して、今回の地方創生はやはり人口減少を止めるということが究極の目的であって、地域振興の先にそれを目指して....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2014/11/10

委員会名参議院 地方創生に関する特別委員会


「この人口減少の問題については、私は最も如実に表れているというのはやはり離島だと思うんです。私の地元長崎県は、日本一多くの離島を抱えている県であります。島の数は五百九十四、そのうち有人島だけでも七十余りあります。その離島が著しい人口減少に悩んでいるということでございまして、例えば対馬市においてはこの五十年間で....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2014/11/10

委員会名参議院 地方創生に関する特別委員会


「次に進みたいと思いますが、農地転用許可の権限移譲の問題についてでございます。この問題は、現在、地方創生の総合戦略を策定する中で検討中ということのようでございますけれども、私は、食料安全保障の観点をしっかり踏まえた議論を進めていただきたいというふうに思っております。遠くない将来、世界的食料争奪の時代が本格化し....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2014/11/5

委員会名参議院 本会議


「今回の土砂災害で最大の被害が発生した八木地区は、土砂災害危険箇所であり、県の基礎調査が終了していたものの、土砂災害警戒区域等には指定されておらず、住民の方々が危険性を余り認識していなかったと指摘されています。しかし、こうしたことは広島に限ったことではありません。全国の土砂災害危険箇所では、土砂災害警戒区域等....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2014/11/5

委員会名参議院 本会議


「次に、実際に土砂災害の危険が迫っている場合の対応について伺います。土砂災害は昼夜を問わず発生します。今回の広島市の災害でも、土砂災害警戒情報の発表が午前一時十五分、避難勧告の発令は午前四時台でした。実際に土砂災害の危険が迫っているとしても、特に深夜、未明に住民に周知するのは困難であり、大雨の中、深夜に避難さ....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2014/11/5

委員会名参議院 国の統治機構に関する調査会


「これまでの地方自治体に求められる役割というのは、その与えられた仕事をうまく効率よくこなすというようなことだったんですけれども、これからは、それに加えまして、やはりその地域の資源をフルに活用をいたしまして、雇用を生み出して、そしてまた持続可能な地域社会を創出する、そういう自治体が求められているんじゃないかなと....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2014/10/16

委員会名参議院 農林水産委員会


「この食料自給力の取扱いについては、先日の大臣の所信的挨拶の中でも触れられましたけれども、今年度の食料・農業・農村基本計画の見直しの中で議論されるということでございまして、食料・農業・農村政策審議会の企画部会というところで今議論が始まっているということのようでありますけれども、そこの検討資料の中でこの言葉の定....


→発言の続きを見る


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2014/10/16

委員会名参議院 農林水産委員会


「それでは次に、諫早湾干拓の問題についてお尋ねをしたいと思います。冒頭申し上げましたように、西川大臣と小泉副大臣が遠路諫早までお越しをいただいたことについては本当に感謝に堪えないところでございますけれども、ただ、その一方で大変不安なこともございました。その御視察の中で、西川大臣が四県の話合いによって開門問題が....


→発言の続きを見る

69件見つかりました。