希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

泉健太さんの発言を表示します。


議員名泉健太(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「天下りの問題で、いろいろな構図の中で気になるところはほかにもたくさんあるわけですが、私がやはり象徴的に気になったのは、複数のOBが幾つかのわたりをした後にいわゆる生命保険会社に再就職をするわけですが、これは話題にもなったとおり、週一勤務で一千万とか月二勤務で一千万というような事例があったという御認識は、恐ら....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「そのほかにもさまざまな事例がある中で、文部科学省では調査をされて、直近の調査でいきますと、二百人を超える方が一年間に処分を受けている、このわいせつ行為のみで処分を受けている、そのうち懲戒免職が百十八人、こういうデータもあるわけであります。大臣の責任ではないということかもしれませんが、やはり、大臣、わいせつ行....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「真ん中の黒いところに「非違行為」と、わいせつですとか交通違反等々があるわけですが、そこで、懲戒免職を受けると教員免許も同時に失効をするということになるわけですが、現時点の制度では、失効したとしても、処分から三年がたつと教員免許の再申請、再取得ができるということですね。ここには、特段何も、例えばこの三年間の間....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「余りこういった端的で感情的にも聞こえる質問は望ましくないかもしれないんですが、過去そういう処分を受けた、特に過去わいせつ行為で免職になった方が、特段何も問われずに、もう一度教員免許を再取得して、大臣、その先生にみずからの子供をクラスで委ねられますか。」


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「例えば、東京都は正規採用試験の際に過去の刑罰歴の書類を提出させています。このような取り組みというのは、全国の教育委員会あまねくしていただいておりますでしょうか。」 「文科省、さらに問い合わせしますが、臨時教員の採用の際には、そういった取り組みを実施しているというのは何件ぐらいあるでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「さらに言うと、先ほど私も言いましたけれども、教員採用に当たって私立学校ですとか教育委員会から他の都道府県教育委員会への人物照会があった際に、懲戒事由の情報提供をしていないケースがあるということですけれども、この懲戒歴そのものが個人情報に当たるのか。それを個人情報に当たるからということで提供していないケースが....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「そこで、一部情報は提供している都道府県もあるけれども、しかし提供していない都道府県もあるということを文科省が今現状として認識しているのであれば、それぞれで条例を定めていただくということになるかもしれませんが、私は、これはぜひ文科省から通知なり連絡をしていただいて、やはり情報提供には応じるべきというふうにする....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「先ほど話をしましたとおり、三年たてば自動的にというか再取得ができてしまうということですけれども、文科省、例えばわいせつ行為で懲戒を受けた教師に対して、免職をしてしまうわけですけれども、再申請、再取得の際なのかそれ以前なのか、更生プログラムですとか、それが有効なのかどうかは別にして、何らか、その改善を確かめる....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第二分科会


「高市大臣におかれましては、かつてから外国人の土地所有についても立法作業を、与党のとき野党のとき問わず御努力をされてきたということだろうと思いますが、まず一つ目の御質問としては、固定資産税の滞納状況ということについてどのような認識を持っておられるかをお聞きしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第二分科会


「そして、今私が言った外国人の土地所有、全てが悪いということじゃないんですが、一時期は、国の重要施設の隣を買収してしまったケース、あるいは水源地の確保と見られるようだけれども土地利用の意図がよくわからないケースというのもございました。あるいは、最近ですと、本当に住宅地の中の一軒家が買われる。これは民泊ですね、....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第二分科会


「特に私が心配しますのは、国内に居住している方が納税管理人を置くということであれば、それなりに適正にというふうに思うんですが、外国人土地所有者についても、今、厳正に、適正に、全て納税管理人がちゃんと置かれているというふうに認識をしてよろしいでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第二分科会


「今御答弁いただきましたけれども、外国人の場合に、事実上、納税管理人を置いていないケースがあるというふうに聞くこともあるんですが、そういったことを聞かれたこと、あるいは認識、把握はされていますでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第二分科会


「その辺は私自身もまた調査を進めていかなければいけないというふうに思っておりますけれども、状況によってはそういった情報も出回っているというか、そういったケースがあるというふうにも聞いているところもございますので、私としては、ぜひ今後、サンプル調査という形であっても、何らかの形で、この三百五十五条の納税管理人制....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第二分科会


「この国交省の資料を読みますと、法務省、農水省、国交省などと連携をしたということは資料上は読み取れるわけですが、総務省が実は書かれておりませんでして、書かれていないからどうということではないんですが、総務省はこの検討会にどのように関与されたのかということについて、お聞かせいただけたらと思います。」


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第二分科会


「そういった窓口の一元化、総合窓口の設置ということについて、ぜひ総務省にもお力を入れていただきたいというふうに思うわけですけれども、総務省としては、国交省で取りまとめられたこの対応方策というものを受けて、あるいは、この精華町のような先進事例をどのように広げていくというふうにお考えになられているか、お答えいただ....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第二分科会


「さて、きょうは盛山副大臣にもお越しをいただいておりますけれども、固定資産税の法律なんかも読ませていただいていますと、過去の歴史的経緯上、固定資産税が地方税になって、そして、それをまずは一気に全体像を把握しなければならないとなったときには、最初は登記簿を活用せざるを得なかったのかなというふうにも思います。しか....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第二分科会


「例えば、相続登記に係る登録免許税の免除、減免措置、こういったもの。そして、オンライン登記というものもあるわけですが、これも、恐らく一般の方が行うにはかなり難解なものであり、基本的に司法書士さんを対象にしているものということでありますが、今、確定申告等々につきましても、e―Taxですとかを含めて、一個人がさま....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第二分科会


「登記のさまざまな法務省さんのインターネット等を見させていただいたんですが、いろいろキャンペーンを行おうという気持ちは感じられるものの、やはり一国民がみずから手続を行うには少しハードルが高いなという気がいたしますので、そういったハードルを下げる努力をしていただきたいということが一つと、オンライン登記も徐々にこ....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2016/2/5

委員会名衆議院 予算委員会


「特に京都においては、重要文化財は全国の一六・六%、そして近畿全体でいうと、四四・七%が関西にある。国宝においては近畿全体で五四・八%ということで、長年都が置かれた関西ということについては、歴史的価値のみならず、文化的な価値も非常に高いというふうに思っております。この文化庁の京都移転を、ぜひ我々はやはり実現し....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2016/2/5

委員会名衆議院 予算委員会


「この軽井沢のバス事故、大変痛ましい事故でありました。亡くなられた方々の御冥福をお祈りし、被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げたいと思います。総理は、深夜バスというのは乗られたことはありますでしょうか。」 「国土交通大臣、深夜バスは乗られたことはありますか。」 「そういう意味では、私は、この監査という制度あ....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2016/3/15

委員会名衆議院 国土交通委員会


「まずは、大臣、踏切の法律の改正ということでいうと、最近は認知症高齢者の問題が非常に注目を集めました。認知症高齢者の男性が列車にはねられ死亡するという事故があったわけですが、これは駅構内でというケースでしたけれども、最高裁は、男性の家族に監督する義務はないとする判決でありました。厚労大臣は、これを受けて、最高....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2016/3/15

委員会名衆議院 国土交通委員会


「しかし、ここにも実は国交省内のある種のルールが存在をしていまして、「接続する道路の幅員が上限となっている」というふうに赤い文字で書かれているところがあると思います。歩道を広げるにしても、接続道路の幅員が上限となっている、これを御存じだったでしょうか。これは、平成十三年の通達でそのような取り決めがなされている....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2016/3/15

委員会名衆議院 国土交通委員会


「JR西日本であれば九一%、JR東海であれば九五%を超えたぐらいが非常ボタンの設置がされているという報告もあるわけですが、二年前ぐらいの新聞、一年半前ぐらいの新聞報道ですと、JR東日本は非常ボタンの設置率が低いというような報道もなされております。また、一部の地方鉄道においても非常ボタンの設置率が低いというよう....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2016/3/15

委員会名衆議院 国土交通委員会


「ただ、私が今回言いたいのは、きょうは消費者庁と経産省の政務官にもお越しをいただいております。消費者庁は、この検討会における事故報告を含め、高齢者の方がシルバーカートによって線路でけがをした、あるいはシルバーカートが壊れた等々の被害の報告は把握しておりますでしょうか。」 「聞いてみましたら、経産省が、こういっ....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2016/3/15

委員会名衆議院 国土交通委員会


「私は、この道路協力団体は、やっていっていい制度ではないかと思うんですが、これは、ちなみに、規約があれば法人格がなくてもというお話でありましたが、道路協力団体になるのは、わかりやすく言うと、企業でも町内会でも宗教団体でも政治団体でも指定は可能なんでしょうか。」 「道路協力団体に工事を発注するのであれば、あくま....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2016/3/15

委員会名衆議院 国土交通委員会


「次は、最後の質問ですが、占有物の撤去に関して一問だけしたいと思います。除去にかかわる費用というのは、最終的には誰が負担をするという理解になるんでしょうか。」 「それは、その除去をされる公務員の方というか道路管理者というか、行政関係者があると思うんですが、その方の出張費用というか、さまざまな費用、人件費みたい....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/9/2

委員会名衆議院 内閣委員会


「平成二十三年の法改正のときに、そもそも、さまざまな事業者に対してのノウハウの移転というのは長期出張等々で可能ではないかということで、余り議論もされてこなかったという経緯もあります。それが、今回、事業者側からの、民間側からの要望が強かったということではあるとは思うんですが、長期出張というレベルではなく、退職手....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/9/2

委員会名衆議院 内閣委員会


「さて、国交委員会の方では、民活空港運営法というのが平成二十五年に制定をされました。今後の個々の空港の民営化、民活化ということが進んでいくんだと思うんですが、これは、国管理空港は国、そして県管理空港は県の判断に委ねられるということでよいのか、それとも、何か総合的に民活化を進めるような会議体というか組織体ができ....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/9/2

委員会名衆議院 内閣委員会


「さて、引き続き進みますけれども、平成二十七年六月三十日閣議決定の中で、経済財政運営と改革の基本方針二〇一五というのがございます。この中でもPFI、PPPの記述がありまして、「通常の公共施設整備・運営とのイコールフッティングを徹底する」ということが書かれております。通常の公共施設整備、運営とのイコールフッティ....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/9/2

委員会名衆議院 内閣委員会


「そういった意味では、A滑走路の管理費と発着料収入ということでいえば赤字部門ということが言えると思うんですが、今後もこのA滑走路は存続するのか、もし仮に契約の中でA滑走路の存続が義務づけられているということであるとしたら、それは長期の契約の間ずっとそこに縛られるということになるのか、もう一度確認をしたいと思い....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/7/8

委員会名衆議院 内閣委員会


「国会議事堂、内閣総理大臣官邸その他の国の重要な施設等及び外国公館等の周辺地域の上空における小型無人機の飛行の禁止に関する法律案に対する修正案提案理由説明を行います。ただいま議題となりました国会議事堂、内閣総理大臣官邸その他の国の重要な施設等及び外国公館等の周辺地域の上空における小型無人機の飛行の禁止に関する....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/7/8

委員会名衆議院 内閣委員会


「さて、質問に入らせていただきますけれども、まずは、このドローンの利活用が期待される中での、ある種の規制法ということになります。まず、立法に至る経緯、そして今、私も少し私の思いを述べさせていただきましたけれども、ドローンに対する見解というものを提出者の方にお伺いをしたいと思います。」 「そう考えていろいろと役....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/7/8

委員会名衆議院 内閣委員会


「さて、閣法の方の航空法改正案、これは、提出時期はどうなっていますでしょうか。国交省に聞きにくい話かもしれませんが、お答えいただければと思います。」 「まず、国交省の方にお伺いしたいんですが、国交省の方で今検討している中で、この対象に含まれる無人機、これは委員各位も御承知のとおり、ドローンというのは多岐にわた....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/7/8

委員会名衆議院 内閣委員会


「さて、官邸の屋上警備は続けられていると理解しております。しかし、今回、議員立法で対象としている重要施設が幾つかあるわけですが、それは皇居であり国会でありというところを初めとしてなんですが、そういうところも、首相官邸と同様の屋上警備というか、頭上の警戒ぐらいはしていますかと言えば、していますとおっしゃると思う....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/7/8

委員会名衆議院 内閣委員会


「関連して、例えば、この法律の書きぶりですと、内閣総理大臣と官房長官の公邸は官邸敷地内にあるというふうに理解をしておりますが、法律ではわざわざ、官邸並びに内閣総理大臣及び官房長官の公邸という書き方をしております。敷地一帯的に、いわゆる官邸の敷地を指定すればよいのかなというふうに思うわけですが、これは、わざわざ....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/7/8

委員会名衆議院 内閣委員会


「続いて、ちょっと質問の順番を変えまして、報道の規制について質問させていただきたいと思います。これは、重要施設であっても、やはり、そこに直罰規定を伴うルールができるということは、報道や取材の自由というものが一部規制されるというふうに解釈をしております。これは、報道機関には理解を得られているというふうに考えられ....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/7/8

委員会名衆議院 内閣委員会


「そしてもう一問、きょう警備局長がお越しでありますのでお伺いしたいんですが、逆に警察でドローンを活用して、捜査の方は警備局長に聞く話じゃないかもしれませんが、例えば警備なんかで逆にドローンを活用するということはお考えになられているということでよろしいでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/7/3

委員会名衆議院 内閣委員会


「改めてですが、政府としても、重要インフラである東海道新幹線で起こった事件ということで、まずやはりこのことについての御見解をいただきたいというふうに思っております。山谷大臣、そして所管である国土交通省、それぞれ御見解をいただきたいと思います。」 「さて、その非常ブザーなんですけれども、非常ブザーが押されると、....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/7/3

委員会名衆議院 内閣委員会


「私がまず指摘をしたいのは、車両に乗っているしかるべき方々に救急救命の能力があるかどうかということなんですね。例えば、鉄道警察初め、新幹線に乗られます。そして警備をされるわけですね。あるいは、当然ながら車掌さんも巡回をしているという中で、その車掌に救急救命資格、これは全員に備わっているんでしょうかということを....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/7/3

委員会名衆議院 内閣委員会


「さて、次の質問で、今さまざまな対策の中で、警備犬の導入はどうだというようなお話がございます。もちろんサミットがある際ですとか特別なときには、この警備犬というのが登場するわけですが、平時における警備犬の導入の可能性ということについて、警察そして国土交通省的観点からどのように考えているか、お答えください。」 「....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/7/3

委員会名衆議院 内閣委員会


「きょうは有村大臣にお越しいただいておりますが、所沢市で話題になりました、保育園に通うゼロ―二歳児、現在通っているんだけれども、親が次の子を育てるために育休に入ったということをもって上の子を保育所から退園させるという方針を所沢市が持ち、それに対して裁判が起こったということであります。所沢市のこのようなケース、....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/7/3

委員会名衆議院 内閣委員会


「今回、資料でもお配りしているとおりで、よく見ていくと、全ての省庁が対象ではあるんですね。募集要綱というのを見させていただくと、全ての省庁が対象であります。そういった意味では、何も独立行政法人だけではなく、あるいは研究機関、研修所だけではなく、あらゆる機関が対象になってくるわけですが、官房長官、これは本当に政....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/7/3

委員会名衆議院 内閣委員会


「最後に、宮内庁にきょうお越しをいただいておりますし、官房長官にもお聞きしたいんですが、双京構想というのがあります。この双京構想、やはり京都は皇室と大変ゆかりが深いところであります。そういった意味では、年二回の園遊会の一回は京都で開催していただけないかというふうに思いますし、さまざま、かつて明治まであった行事....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/7/1

委員会名衆議院 内閣委員会


「私の地元は京都でありまして、京都も、今京都府や京都市が挙げて主張しているのは、観光庁あるいは文化庁、京都は特に国宝のかなりの割合が存在しているということもございます。かつての首都でもございました。そういった意味からは、こういった京都への文化庁や観光庁の移転ということも前向きに政府としては真剣に御検討いただき....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/7/1

委員会名衆議院 内閣委員会


「これは事務方で結構ですけれども、前回の質疑もそうでした、今回も同じような質疑が続くわけですけれども、例えば地球温暖化対策の推進ということで、これをなぜ内閣官房に残すのかということと、これをどのように議論したのかということを、改めてお答えをいただければと思います。」 「改めて山下さんにお伺いしたいんですけれど....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/7/1

委員会名衆議院 内閣委員会


「さて、また改めて具体的な話になっていきますけれども、アイヌ総合政策室ですね。アイヌ総合政策室は、現在何名の専従でありますでしょうか。」 「アイヌ総合政策室、今十三名ということでありますけれども、これはなぜ内閣官房に残すのか、また、ほかの選択肢は検討されたのか、お答えいただけますでしょうか。」 「今のお話を伺....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/7/1

委員会名衆議院 内閣委員会


「続いて、東日本大震災対応総括室です。これは、私のいただいている資料では、いわゆる常駐職員がゼロですね。東日本大震災対応総括室、常勤職員ゼロであります。その業務が何なのかというところが気になっていまして、東日本大震災への政府対応の総括に係る企画及び立案並びに総合調整を行っているということが書かれていまして、何....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/7/1

委員会名衆議院 内閣委員会


「時間がそろそろなくなってまいりました。さまざまな部署があるわけですが、自殺対策と薬物対策が厚労省に移管されるということなんですけれども、現在内閣府で担当している職員は、これは形としては、厚労省に今度は出向いてそこで仕事をするということになるのか、改めての確認をしたいと思います。」 「そうすると、改めてですが....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/6/19

委員会名衆議院 内閣委員会


「特に、大臣も大変お忙しい、担務がずらりと並ぶ、恐らく有村大臣も一番多い部類に入ると思います。また、副大臣、政務官は、一人の副大臣や政務官が何人もの大臣に仕えるということで、いわゆる逆ピラミッドの組織というふうにもよく言われたわけであります。そういった意味では、大変な状態を何とかしなければならないということで....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/6/19

委員会名衆議院 内閣委員会


「今回、いずれは廃止をされるグループに属する部局の中で、郵政民営化推進室がございます。こちらの方ですけれども、改めて、現在何名の専従の方がおられて、どのような業務を行っているか、御説明ください。これが、いわゆる郵政民営化が実施されたことをもって廃止されるものというふうに認識をしておりますが、そうしますと、株売....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/6/19

委員会名衆議院 内閣委員会


「続いて、社会保障改革担当室なんですが、こちらは現在何名専従で、また、どのような業務を行っていますでしょうか。」 「マイナンバー制度導入後は、引き続きこの皆さんは、籍は、担当室に残られるのか。マイナンバーの本格導入の後は人員はどのようになるんでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/6/19

委員会名衆議院 内閣委員会


「続いて、総合調整機能が引き続き必要、重要であるため内閣府に残すものということのグループの中でいうと、総合海洋政策本部事務局であります。この総合海洋政策本部事務局、これも、現在何名の専従体制で、どの省庁からの職員で構成されているのかということもお伺いしたいと思います。」 「現在の海洋基本計画の中で、内閣が事務....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/6/19

委員会名衆議院 内閣委員会


「続いて、現在の政治状況等を踏まえ現状を維持するものということで、内閣官房にそのまま残るものということですね。こちらの方としては、情報通信技術総合戦略室、あるいは地球温暖化対策の推進、沖縄連絡室等々があるわけですが、この情報通信技術総合戦略室、現在何名専従で、これもどの省庁からの職員で構成されていますでしょう....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/6/19

委員会名衆議院 内閣委員会


「続いて、地球温暖化対策の推進、これは現在何名専従で、どの省庁からの皆さんで構成されていますでしょうか。」 「だとして、我が国には環境省という立派な役所も新たにできて、そこが司令塔となって地球温暖化対策、それは当然外務省にも、文科省にも、国交省にもかかわるかもしれないわけですが、専従者がゼロ、皆さん併任という....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/6/19

委員会名衆議院 内閣委員会


「平成二十二年の発足時には、沖縄連絡室というのは、室長が内閣官房副長官、これは事務の副長官であります、そして沖縄分室長が内閣府沖縄総合事務局長、こういう仕立てになっているわけです。はてさて、沖縄と政府が連絡をとる場合に、今現在、沖縄連絡室はどんな役割を果たしているのかということなんですね。これを引き続き内閣官....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/6/5

委員会名衆議院 内閣委員会


「改めてですけれども、官房長官は、これまでの会見の中でも、年金機構の理事長、内規違反等々があれば、これはやはり責任問題だということもお話しになられています。私は、ドローンの問題について、一度、官邸の責任問題という話をしたことがありますが、やはり危機管理という意味では同様の話でありまして、官房長官については、処....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/6/5

委員会名衆議院 内閣委員会


「私は、例えば災害が起こった際の政府が出す資料、内閣が出す資料、非常によくできていると思っているんです。それはなぜか。一つの省の情報だけではなく、あらゆる省庁の取り組み、また時系列、そういったものを政府としてしっかりと把握して、それを全て載っけている。厚生労働省第何報、国土交通省第何報、防衛省、警察、いろいろ....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/6/5

委員会名衆議院 内閣委員会


「大臣が検証委員会を立ち上げられたという話がありましたが、官房長官、改めてお伺いしたいんですけれども、これは、政府において、国の行政機関で発生したサイバーセキュリティーに関する重大な事象という、いわゆるこれは役所の文書でいうと特定重大事象といいますけれども、もうその事態に入っているという理解でよろしいんですか....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/6/5

委員会名衆議院 内閣委員会


「さて、改めて確認なんですけれども、きょうはNISCの関係も御答弁をいただくことになっていますが、この時系列の紙をごらんいただいて、いろいろな質問の中でも出てきていますが、五月の八日に、まず、厚生労働省が、「内閣サイバーセキュリティセンターより、「不審な通信を検知」との通報を受領。」したと書いてあります。改め....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/6/5

委員会名衆議院 内閣委員会


「さて、次ですけれども、結局のところ、五月十九日に警察に相談をされて、五月二十八日に警視庁から連絡を受けたわけですね。しかし、この間、NISCからも、五月の二十二日、不審な通信を検知とまた連絡も入っていたりしているわけですが、結局、警察に相談してもなお、そして警察から五月二十八日にデータが発見されたと来るまで....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/6/5

委員会名衆議院 内閣委員会


「続いてですけれども、これまで、この時系列の紙でいうと、五月の八日そして二十二日に、厚生労働省に対して二回の通知が行われておりますけれども、たしか、いただいた資料では、今年度に入って四回、厚生労働省に対しては通知がなされているというふうに認識をしております。その他の二回の日時を教えていただきたいと思います。」....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/6/3

委員会名衆議院 内閣委員会


「ただいま議題となりました女性の職業生活における活躍の推進に関する法律案に対する修正案につきまして、提出者を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。第一に、女性の職業生活における活躍の推進は、男女共同参画社会基本法の基本理念にのっとり行われるべきものであることを明確にするとともに、男女の人権が尊重される社会の....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/5/27

委員会名衆議院 内閣委員会


「本日は、風営法、特にダンスの規制を今後変えていくということでの質疑をさせていただきます。私もダンス議連の一員でありましたので、また、地元からもさまざまな実態を聞いてまいりましたので、先ほど寺田委員から話がありましたように、こうした形で、国民の声が通じて、現代に合った法改正の方向で進んでいくということは大変有....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/5/27

委員会名衆議院 内閣委員会


「遊興をさせるとはどのようなものが当たるのかというのは、先ほど御説明がありましたので質問を飛ばさせていただきますけれども、さまざまな興行を見せる行為。そして、聞かせる行為、これは生バンドの演奏というのが先ほどありました。見せる行為、聞かせる行為。そして、参加させる行為、カラオケなどを舞台装置を設けて不特定多数....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/5/27

委員会名衆議院 内閣委員会


「さて、次の質問に移らせていただきますけれども、一方で、基本的に、私は、自由にダンスをしていただけるような環境をつくっていくというふうに思っているわけですが、一点だけちょっと気になるなというところがあります。それは、保護者同伴であれば年少者の立ち入りが可能というところでありまして、これは、十八歳未満の子供、年....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/5/27

委員会名衆議院 内閣委員会


「改めて、もう一度、戻りますけれども、迷惑行為の防止措置、これについてはどんなものを想定されているか、もう一度お答えください。」 「ちょっとこれは確認ですけれども、深夜における酒類提供飲食店営業、バーや酒場の皆さんも、こういった迷惑行為の防止措置というのはとることになっておりますか。」 「当然ながら、迷惑行為....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/5/27

委員会名衆議院 内閣委員会


「きょうは国交省にお越しをいただいております。もう一つ別に、地区計画というものがありまして、色で塗っているクラブやライブハウスについては、商業地域ではあるんですが、地区計画によって、この表の下、さまざまに、ナイトクラブ、ダンスホール、これらに類するものは建築してならないとか、風営法に該当する建築物は建築しては....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/5/22

委員会名衆議院 内閣委員会


「まず、大臣、これまでの人生の経験で交通事故に遭われたことはございますか。」 「さて、大臣、まず数字的な話ですけれども、昨年の全国の交通死亡事故者数、これは何人になりますでしょうか。」 「大臣、お持ちであればで結構ですが、一年統計、三百六十五日で交通事故で亡くなられた方の数字、現在おわかりになりますか。もしわ....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/5/22

委員会名衆議院 内閣委員会


「改めてですけれども、この千葉県警の事案について、今何が事実なのかということについてお伺いをしたいというふうに思います。まず、現在のところ、千葉県警で起こっている問題について、どこまでがわかっているのか、報告をいただきたいというふうに思います。」 「このさかのぼった調査についてまだ確定した結果が出ておらないと....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/5/22

委員会名衆議院 内閣委員会


「私は、これまでは、我が国の中では、人質がとられた事件は基本的には人質事件というふうに世の中では扱われてきたような感じもするんですが、今回はどちらかというと、ほとんど、人質事件ということは多少報道もされたかもしれませんが、主には政府の発信は、やはりテロ事件というような発信のなされ方をされていたというふうに思い....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/5/22

委員会名衆議院 内閣委員会


「続いて、イスラム国の関連、ISILの関連でいいますと、例えばフランス。これは四名の人質が、何らかの形ででしょうけれども、解放されております。フランス政府もそこに関与をされて、たしか被害者というか人質の方は、解放された後のコメントで、フランス人でよかった、フランスは自国民を見捨てない国なので私はフランス人でよ....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/5/22

委員会名衆議院 内閣委員会


「今、政府、与党両方でこのドローン対策が進んでいるという状況でありますけれども、ですから、議員立法の方も進んでいるという状況であります。今、私も、民主党の側でこの議員立法の担当をさせていただいておりまして、自民党の福井照先生と一緒に議論をさせていただいておりますが、ここでは主に、議員立法としては、重要施設にお....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/5/22

委員会名衆議院 内閣委員会


「先ほど、官房長官から、ある種国民に対するおわびの言葉があったかなというふうに思うわけですが、アメリカではこれぐらい重たいということなんですね。これぐらい重たいんだと。長官ですよ、長官。シークレットサービス長官が引責辞任をする。ホワイトハウスに男が侵入した事件。やはりこれぐらいの責任感を持っていただくというこ....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/5/22

委員会名衆議院 内閣委員会


「官房長官、一点だけでありますけれども、党首討論の中で安倍総理はおっしゃいました。海外の領土や領海に入っていくことは許されないという発言を安倍総理は再三なされたというふうに認識をしています。これは、武力の行使を目的として、戦闘行為を目的として海外の領土や領海に入っていくことは許されないという、二つの修飾語とい....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/5/15

委員会名衆議院 内閣委員会


「やはりこのことは大変大きいことでありまして、副大臣としては、副大臣として五月四日に記者会見をされて、そして、アメリカと同じようなことができるというふうに伝わったことについては申しわけなかったということであったけれども、しかし、引き続き努力をしていくということはおっしゃられているわけですね。ここは、簡単に言え....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/5/15

委員会名衆議院 内閣委員会


「私、宇賀参考人にお話を伺いました。個人の持つ、個人所有の携帯電話番号と法人契約やプリペイドみたいなものを技術的に区別することはできますよねというような質問をしたときに、可能ですというようなお話もございました。そういったことも踏まえて、そろそろ、法人契約やプリペイドのこともありますのでという形での曖昧な御答弁....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/5/15

委員会名衆議院 内閣委員会


「私は、同じ社内、例えば電力会社であれば、電力会社の中で目的が変わっていくというのは、関連事業という意味合いもあるでしょうから、そこはある程度関連性はあるのかなというふうに思います。一方では、これが別会社による安否確認サービスということになると、やはりそこは違ってくる。意思確認、本人同意、これは必要であろう、....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/5/15

委員会名衆議院 内閣委員会


「そこでなんですけれども、参考人質疑でも、やはり何とかしてこの名簿屋対策はしていただきたいという御意見が数多く出されました。そういった意味では、いろいろと、法律の中でどう仕組みをつくっていくのかというのはありますが、例えば古物商なんかは、別法で古物商として法律がかかっていますねという話。要は、流通するものが名....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/5/15

委員会名衆議院 内閣委員会


「私、政府の方に事前にヒアリングをしたときには、民間企業の実務に関して十分な知識と経験を有する者で読めますから、もしかしたらそういう人も入るかもしれませんという話だったんですが、しかし、大臣もおわかりのように、同意人事というのは大体それなりの年齢の人が入ったりすると考えると、なかなか、現場で技術で本当によくわ....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/5/13

委員会名衆議院 内閣委員会


「そういった意味では、きょう、我々、特に長田参考人については、ぜひお越しいただきたいということも含めてお越しいただいたわけですが、なぜかといいますと、恐らく一般庶民の感覚ということをやはりこの国会の場で伝えていただくことはとても大事であろうと。特に、保護と利活用のバランスという言葉と、保護の上に利活用を図るべ....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/5/13

委員会名衆議院 内閣委員会


「長田参考人そして坂本参考人からもお話がございましたが、当然不正な取得については問題だということでありますが、お二方から、双方あったのは、おかしな名簿屋についてしっかりと規制をかけることが大事であって、一般事業者に過度な負担になってはいけないと。これは恐らく寺田参考人も当然そういうお考えだと思いますし、ある意....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/5/13

委員会名衆議院 内閣委員会


「続いて、寺田参考人がお話しになりました、七ページのところの匿名加工情報、加工方法の指定、公表ということについては、デメリットもあるのではないかというお話であったかと思います。これについて、宇賀参考人、どのようなところまで加工方法の指定、公表というものについて行っていくべきなのかということについて、お答えいた....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/3/12

委員会名衆議院 予算委員会


「まず、麻生大臣にお伺いをしたいというふうに思いますけれども、少子化あるいは少子高齢化が言われております。社会保障は、かつては、老人を支えるという意味では胴上げ型だった。それが騎馬戦型となり、肩車型に移行しつつあるということ、大変負担感が増しているという状態がございます。これはなぜこのようになっているのか、今....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/3/12

委員会名衆議院 予算委員会


「犯罪を起こせば、それは退学の対象になろうというふうに思いますが、妊娠というのは受け手の側にもたらされる環境ですよね。さまざま、その経緯、過程に理由はあったにせよ、子供ができてしまったという事態に対して、子供の学業の継続ですとか支援をする立場の教育機関が、この妊娠ということを果たして懲戒の枠組みの中で考えるべ....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/3/12

委員会名衆議院 予算委員会


「私は、母子寡婦福祉法という法律を改めて読ませていただきました。これは厚生労働省の世界ですけれども、母子寡婦福祉法では、「全て母子家庭等には、児童が、その置かれている環境にかかわらず、心身ともに健やかに育成されるために必要な諸条件と、その母子家庭の母及び父子家庭の父の健康で文化的な生活とが保障されるものとする....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第五分科会


「大臣、冒頭、確認だけですが、脳脊髄液減少症、聞かれたことはございますでしょうか。」 「これは、本当にひょんなことで日常生活で起こり得るものでありまして、何かしら脳に強い衝撃を受けたときに、それが原因となって、脳は、ある意味、頭の中で浮いたような状態ですね、それは脳脊髄液というものに支えられて脳が浮いているわ....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第五分科会


「果たして本当に無気力というものの中が、例えば脳脊髄液減少症ですとか、あるいは睡眠障害ですとか、あるいは、後ほど触れますが、線維筋痛症ですとか、起立性調整障害ですとか慢性疲労症候群とか、こういういろいろな病名がつくようなものがある中で、学校現場がそれを知らずに、また家庭もそれをなかなかわかることができずに、う....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第五分科会


「きのうも文部科学省からヒアリングをさせていただいたんですが、学校におけるアトピー性皮膚炎対策といったときには、どうも健康面の気遣いということに限られているような印象を受けました。例えば、文部科学省ですとか関連するところの書籍なんか見ると、学校生活におけるアトピー性皮膚炎QアンドA、あるいは、学校のアレルギー....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第五分科会


「さて、残りの時間が少なくなってまいりましたが、大臣、線維筋痛症、これまた大変、原因不明の痛みというふうに言われておりまして、難しい病気でありますが、急に刺すような痛みが体に来まして、それによって起き上がれなくなったり、日常生活がなかなか難しくなるというようなことで、これまた本当に原因不明ということであります....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第三分科会


「これまた一概に事情は言えないというところがございますけれども、やはり、そういったさまざまな離婚のケースにおいて、あるいは別居のケースにおいて、今、子供の立場から、子供の視点から、子の福祉ということから考えたときに何が適切なんだろうかということをもう一度整理しよう、そういう時期に来ていると思います。その中で二....


→発言の続きを見る


議員名泉健太(民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第三分科会


「さて、続いてですけれども、面会交流の手法。これはいろいろあると思うんですけれども、従来から、実際に会うということもあれば、第三者の立ち会いのもとに会うというケースもあれば、手紙を交換するということも聞いてはおります。一方で、外国では、例えばスカイプで話をするですとか、あるいは、ネットに載っている子供の写真を....


→発言の続きを見る

91件見つかりました。