希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

羽田雄一郎先生のご訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。

新着発言を表示します。


議員名斎藤健(自由民主党)

2020年11月25日

委員会名衆議院 予算委員会


「まず初めに、この質問の機会をお与えくださいました理事始め御関係の皆さんに心から感謝を申し上げます。本日の私の質疑でありますが、私、常々この予算委員会の進め方について思うところがありますので、その思いに従った形で進めさせていただきたいと思っています。具体的には、それぞれの課題について責任ある大臣がいらっしゃる....


→発言の続きを見る


議員名斎藤健(自由民主党)

2020年11月25日

委員会名衆議院 予算委員会


「次に、今経営の話をしましたけれども、現場の話に移りたいと思っています。実は、技能オリンピックというのがございます。これは、二年に一回、通常のオリンピックのように現場の技術力を競い合うような、そういう国際大会があります。しばらく前までは、日本の誰々君が金メダルをとったなんていう報道がよくありましたけれども、ふ....


→発言の続きを見る


議員名斎藤健(自由民主党)

2020年11月25日

委員会名衆議院 予算委員会


「次に、地球温暖化について御質問します。菅総理が二〇五〇年カーボンフリーを表明されたこと、私、これは高く評価したいと思っています。高い目標を掲げるということは大変大事でありまして、高い目標が決まるとそこに向けて新しい動きがいろいろ起こってくるということがありますので、また、新しい知恵も生まれてくると思いますの....


→発言の続きを見る


議員名斎藤健(自由民主党)

2020年11月25日

委員会名衆議院 予算委員会


「次に、RCEPが合意をいたしました。これも、私は大変、ある種感激を持って受けとめていました。残念ながら、一九九九年にシアトルでWTOの閣僚会議がついに合意を得られなかったというところから、WTOを使っての貿易の自由化、経済連携というものはもう前進させることが難しくなりました。その後、日本は、二国間ですとかあ....


→発言の続きを見る


議員名斎藤健(自由民主党)

2020年11月25日

委員会名衆議院 予算委員会


「時間も限られてきたので、最後、子供宅食についてお伺いしたいと思います。子供食堂というのが今全国に広がっているのは皆さん御案内だと思いますが、実は、コロナで、ああいう居場所を提供する形での子供のお手伝いというのは今できなくなってきているわけです。そのかわりに、例えば一人親の御家庭ですとか、そういうところに届け....


→発言の続きを見る


議員名山田賢司(自由民主党)

2020年11月24日

委員会名衆議院 財務金融委員会


「まず、財政運営に関して御質問させていただきたいと思います。大変財政赤字が拡大しているというふうに言われておりますが、政府におかれましては、コロナ禍における対策、積極的に財政出動を行っていただいておりますことに感謝を申し上げたいと思います。これによって、基礎的財政収支、いわゆるプライマリーバランスが悪化してい....


→発言の続きを見る


議員名山田賢司(自由民主党)

2020年11月24日

委員会名衆議院 財務金融委員会


「そこで、これは金融庁の方にお尋ねしたいんですが、コロナ対応融資、民間の部分はわからないと思いますが、ぜひ調べていただきたいとは思うものの、把握している範囲で、コロナ対応融資の据置期間、大体どれぐらいのゾーンが多いのかという分析、もししていらっしゃれば教えていただきたいのと、もしその据置期間が、五年とかあるい....


→発言の続きを見る


議員名山田賢司(自由民主党)

2020年11月24日

委員会名衆議院 財務金融委員会


「もう一つ、金融機関の貸出量も増加しているんですが、それ以上に預金量がふえているというふうに聞いております。この状況についてどのように分析されているか、お考えをお聞かせください。」


→発言の続きを見る


議員名山田賢司(自由民主党)

2020年11月24日

委員会名衆議院 財務金融委員会


「続きまして、資本性ローンについてお尋ねしたいと思います。資本性ローンというと、これは返さなくていいお金みたいに考える方もいらっしゃるんですが、あくまでローンなので、返済順位が低いというだけで。そうはいっても、企業にとっては資本増強につながる、そういう資金で、ありがたいと思うんですが、どれぐらい利用されている....


→発言の続きを見る


議員名山田賢司(自由民主党)

2020年11月24日

委員会名衆議院 財務金融委員会


「今おっしゃったように、中小企業にとっては、資本であるかどうかということよりも、手前の資金繰りが非常に重要だと思います。そういう意味で、ほかのメニューで五年の据置きだったり返済期間が十五年だったりということで、十分返済に余裕を持った融資制度をまずは企業の方は使われているのかなというふうに考えます。ただ、これだ....


→発言の続きを見る

新着情報を10件表示しました。