希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

新着発言を表示します。


議員名元榮太一郎(自由民主党)

2018/12/6

委員会名参議院 法務委員会


「技能実習生に係る聴き取り票の失踪動機について、暴力を受けたとか最低賃金以下などといった項目にチェックされた違法行為が認められる事例について、今後どのように対応するのでしょうか。法務大臣に伺います。」


→発言の続きを見る


議員名元榮太一郎(自由民主党)

2018/12/6

委員会名参議院 法務委員会


「このほか、技能実習に関しては様々な問題が指摘されていますが、法務省としては、今後、実習実施機関などに対してどのように対処していくのでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名元榮太一郎(自由民主党)

2018/12/6

委員会名参議院 法務委員会


「次の質問に移りますが、今回の法律案を読みますと、新しい在留資格である特定技能に関して、受入れ機関や雇用契約が適合すべき基準など、具体的な内容が法務省令に委任されている箇所が多く目に付きます。法律案のみでは新しい在留資格である特定技能の具体的内容が分かりにくいようにも思われるんですが、この法務省令への委任が多....


→発言の続きを見る


議員名元榮太一郎(自由民主党)

2018/12/6

委員会名参議院 法務委員会


「特定技能以外の在留資格の一つに永住者というものがあります。この永住者は、在留活動、在留期間のいずれも制限されないという在留資格でありますが、法務省の在留外国人統計によると、平成十年末には九万三千三百六十四人でしたが、平成三十年六月末の速報値では七十五万九千百三十九人と七十五万人を超えており、平成十年と比べて....


→発言の続きを見る


議員名元榮太一郎(自由民主党)

2018/12/6

委員会名参議院 法務委員会


「次に、新しい在留資格である特定技能について質問します。特定技能の外国人が我が国で安定的かつ円滑に働くためには、やはり重要なのがブローカー対策だと思います。ブローカーといっても、国外で高額な手数料を取って外国人労働者の来日をあっせんするブローカーもいますし、また国内で外国人労働者の失踪を助長したり、不法就労を....


→発言の続きを見る


議員名元榮太一郎(自由民主党)

2018/12/6

委員会名参議院 法務委員会


「次に、特定技能一号の外国人の支援についてですが、登録支援機関が支援を実施する場合、適切な支援を行わないなどの質の悪い登録支援機関があると特定技能一号の外国人の活動に支障が生じて本来の活動を全うできないと思います。どのように登録支援機関の質を担保するのでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名元榮太一郎(自由民主党)

2018/12/6

委員会名参議院 法務委員会


「特定技能一号の外国人の家族は、入管法別表第一の四の表の家族滞在の対象とはされていないため、特定技能一号の外国人の家族は家族滞在の在留資格を得ることができません。一方で、政府の説明では、特定技能の家族帯同は基本的に認めないとされています。基本的にということは、例外的には認められるということだと思うのですが、ど....


→発言の続きを見る


議員名元榮太一郎(自由民主党)

2018/12/6

委員会名参議院 法務委員会


「特定技能一号は、技能実習二号を修了した場合には試験が免除されるということですが、技能実習には介護職種を除いて日本語要件がありません。確かに、技能実習生は、技能実習二号を修了するまで少なくとも三年間我が国に滞在しておりますから、そしてまた、修了には技能検定などを受ける必要があるということですから、それなりの日....


→発言の続きを見る


議員名元榮太一郎(自由民主党)

2018/12/6

委員会名参議院 法務委員会


「次に、特定技能の二号について質問します。特定技能二号は試験に合格することによって取得することとされております。一般的には、特定技能一号による在留中に努力と経験を積み重ね、有する技能に磨きを掛け、熟練した技能を身に付けてから特定技能二号の試験を受けるということだと思いますが、しかし、条文上は、特定技能一号から....


→発言の続きを見る


議員名元榮太一郎(自由民主党)

2018/12/6

委員会名参議院 法務委員会


「質問の順番がちょっと前後しますが、質問できる機会がありそうですので伺ってまいりますが、特定技能一号についてなんですが、特定技能一号には、日本語と技能それぞれの試験に合格して在留資格を取得する場合と、技能実習二号を修了して試験が免除される場合があると思われます。技能実習二号から特定技能一号に移行する場合には、....


→発言の続きを見る

新着情報を10件表示しました。