希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

新着発言を表示します。


議員名神山佐市(自由民主党)

2018/2/23

委員会名衆議院 予算委員会第七分科会


「どうぞ、世耕大臣につきましては、このものづくり補助金につきましてお伺いをするところでありますけれども、ものづくり補助金は中小企業のニーズに応える補助金となっておるわけでありますけれども、補助金に関心がなかった事業者についても、このものづくり補助金に注目をしているというふうに認識をしているわけであります。そし....


→発言の続きを見る


議員名神山佐市(自由民主党)

2018/2/23

委員会名衆議院 予算委員会第七分科会


「自治体が固定資産税をゼロにしなかった部分については、事業者の補助金が、優先的に、ランクが下がってしまうというふうなことになってしまうのではないかという心配はあるんですけれども、大臣、その辺についてはどういうふうに対応されますか。」


→発言の続きを見る


議員名神山佐市(自由民主党)

2018/2/23

委員会名衆議院 予算委員会第七分科会


「次に、ものづくり補助金について、活用のポイントや不採択の場合の理由などを中小企業者にわかりやすく周知する必要があるのではないかというふうに思うわけであります。また、固定資産税特例については、制度の狙いや詳細を自治体にしっかり、今大臣に答弁していただいたわけでありますけれども、この制度の活用を図るべきというふ....


→発言の続きを見る


議員名神山佐市(自由民主党)

2018/2/23

委員会名衆議院 予算委員会第七分科会


「それで、来年十月に消費税増税になる予定であるわけでありますけれども、中小企業者の準備は十分でないというふうに認識しているわけであります。前回もお尋ねをしたわけでありますけれども、軽減税率対応レジの導入補助金を含め、今後どのように周知を図っていくのか、お考えをお尋ねいたします。」


→発言の続きを見る


議員名神山佐市(自由民主党)

2018/2/23

委員会名衆議院 予算委員会第七分科会


「今後十年間に限って事業承継税制を抜本的に拡充するということであるわけでありますけれども、その中身に対する事業者の理解はまだ十分でないというふうに認識しているわけであります。相続、そして今回、贈与について、そして従業員の要件がどうなっているのかというふうなこと、また、本制度は、税理士の、専門家だけでなく、実際....


→発言の続きを見る


議員名神山佐市(自由民主党)

2018/2/23

委員会名衆議院 予算委員会第七分科会


「今まで事業承継の部分については、三分の二の八〇%ということで、今回、三分の三の一〇〇%にするということであるわけでありますけれども、それと、今まで相続のときの部分で、今回の部分については贈与税も加えたわけでありますけれども、この贈与税の部分について少し説明をしていただければと思うんですけれども、大丈夫ですか....


→発言の続きを見る


議員名神山佐市(自由民主党)

2018/2/23

委員会名衆議院 予算委員会第七分科会


「経済産業省は、平成二十二年より、展示会活性化のための調査を毎年行っているということでありますけれども、二〇二〇年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催によって、東京ビッグサイトなどの大型展示場が一定期間利用ができなくなることになるわけであります。日本展示会協会によりますと、毎年約九万社の企業が約三....


→発言の続きを見る


議員名神山佐市(自由民主党)

2018/2/23

委員会名衆議院 予算委員会第七分科会


「近年、世界では展示会場の設営競争が起こっているわけでありますけれども、ビッグサイトは世界第七十一位の規模となって、どんどん大きい部分ができてきているので、そういうような順番になってきたということであります。こうした状況の中で、日本でも展示会を活性化させる動きがあるようでありますけれども、平成二十五年三月八日....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2018/2/23

委員会名衆議院 予算委員会第七分科会


「再生可能エネルギーは、非常時のエネルギー供給にもつながるとともに、エネルギーの効率的利用によるエネルギーコストの削減、CO2などの温室効果ガスの排出削減、施設の廃棄コストの少なさなどを始め、環境負荷の軽減にも貢献できるものであると考えております。また、国内で生産できることから、エネルギー安全保障にも大きく寄....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2018/2/23

委員会名衆議院 予算委員会第七分科会


「ところで、分散型の再生可能エネルギーを地域に導入し、エネルギーの地産地消を促進するに当たっては、分散型の優位性を発揮する観点からは、遠隔地への供給が困難な熱エネルギーを利用する仕組みを中心として、エネルギー利用効率の高いシステムを構築する必要があると思います。しかし、熱エネルギーはこれまで我が国においては必....


→発言の続きを見る

新着情報を10件表示しました。