希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

新着発言を表示します。


議員名真山勇一(民進党)

2016/10/28

委員会名参議院 本会議


「まず、内閣官房長官にお尋ねします。政府が外国人労働者の受入れを検討しているのは事実でしょうか。それは、日本人のやりたがらない仕事をする単純労働者を補うためのものなんでしょうか。」 「厚生労働大臣に伺います。日本語がそれほど巧みに話せない外国人のための医療施設や医療通訳の数は十分か調査し、必要な拡充策を講じて....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/10/28

委員会名参議院 本会議


「法務大臣にお尋ねします。保証金や違約金は技能実習生と送り出し機関の間で決められているにもかかわらず、送り出し機関に対する罰則規定はありません。その理由はなぜでしょうか。これでは、保証金、違約金に関わる規制は実効性を欠く懸念があります。確かに、送り出し機関は外国にありますが、日本に駐在員を常駐させていることも....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/10/28

委員会名参議院 本会議


「厚労大臣にお伺いします。この専門家会議は公開されておらず、議論の透明性が確保されていません。まず、この専門家会議の開催に当たって、厚労省は送り出し国の要望と我が国の現地の状況をどのように調査し、確認するのでしょうか。そもそも、行政による恣意的な運用というそしりを招かないためにも、職種の追加や削減に関わる議....


→発言の続きを見る


議員名木下智彦(日本維新の会)

2016/10/28

委員会名衆議院 本会議


「外務大臣にお伺いいたします。本協定は、全ての国の合意を優先する余り、各国ごとの目標について結論が先送りされて曖昧となっていないでしょうか。目標の達成義務づけには、中国、インドなどが消極的だったとも言われております。各国に目標達成を義務づけすることができなければ、本協定の実効性に疑問が生じないか、御認識をお伺....


→発言の続きを見る


議員名木内均(自由民主党)

2016/10/26

委員会名衆議院 国土交通委員会


「先ほどの意見陳述の中で、整備新幹線に指定をされていながら遅々として工事が進まないという御指摘がありました。今回の法改正は、JR東海の民間事業でありますリニア中央新幹線に財政投融資資金を投入する仕組みをつくってスピードを速めていくということなんですが、まず、このことに対してどう評価をされているのか、お聞きをい....


→発言の続きを見る


議員名浦野靖人(日本維新の会)

2016/10/26

委員会名衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会


「きょう、一つ目、選挙区支部寄附禁止法案というのを我々は出させていただいています。これは、いわゆる某野党第一党の方が花代を出したりとかしていた、そういうことで、いろいろまずいんじゃないかということで、これを禁止しましょうという法案です。この法案、私どもはこれはぜひこの国会でしっかりと議論をして通していただきた....


→発言の続きを見る


議員名浦野靖人(日本維新の会)

2016/10/26

委員会名衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会


「最後に、参議院選挙の、きょうも判決が一応出ることになって、広島高裁の方で鳥取県及び島根県の判決が出る予定日になっています。違憲状態と合憲だというところ、分かれています。今、分かれていますけれども、要は、一票の格差というのはやはりどこかできっちりと是正していかなければいけないというふうに思います。総務省として....


→発言の続きを見る


議員名鈴木克昌(民進党)

2016/10/25

委員会名衆議院 総務委員会


「まず、災害ということで見ますと、いわゆる今回の熊本、そして台風十号等による被害状況を総務省としてどのように把握されておるのか、そしてまたどのように対応されたのか、これをまず一点お伺いしたいと思います。」 「なぜ私がこのことを言うかというと、二日、三日前にテレビでこういう報道がありました。東日本大震災のときに....


→発言の続きを見る


議員名鈴木克昌(民進党)

2016/10/25

委員会名衆議院 総務委員会


「ことしの八月三十一日に、来年度、平成二十九年度の地方財政収支の仮試算等が出されたわけであります。これを見ますと、二十八年度当初に比べて地方交付税が七千四百億円減少するということですね。それから、臨時財政対策債、私はこれを赤字地方債というふうに言っておるわけでありますが、九千二百八十四億円の増ということであり....


→発言の続きを見る


議員名大沼みずほ(自由民主党)

2016/10/25

委員会名参議院 総務委員会


「我が山形県においても、さきの国会質問で、山形新幹線のトンネルにおいての電波遮蔽対策はこれからの取組になりますが、JRや携帯電話事業者と調整をしながら検討をしてまいりたいと思うとの答弁をいただきました。今月の七日には、知事、県議会議長があかま副大臣の下にも同様の要望活動を行ったところでございますが、その後の進....


→発言の続きを見る

新着情報を10件表示しました。