希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

山本博司さんの発言を表示します。


議員名山本博司(公明党)

2016/12/7

委員会名参議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会


「こうした北朝鮮の核実験、弾道ミサイル発射実験は、我が国に対しまして安全保障に対する直接的な脅威であるとともに、NPTやIAEAによります国際的な核不拡散体制を脅かすものとして国際社会への、秩序への挑戦であるとも言えると思います。その意味で、この北朝鮮の核・ミサイル開発につきまして、我が国の安全保障の観点から....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2016/12/7

委員会名参議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会


「加藤大臣は、先週もニューヨークで国連の事務総長と会談するほか、シンポジウム等にも出席をされて、拉致問題解決に向けて積極的な取組をされていると思います。また、米国や韓国との連携も重要な課題であると私は思っております。この拉致問題、最重要課題と掲げる安倍政権として、この状況をいかに打開をしていこうとしているのか....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2016/12/7

委員会名参議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会


「今回の安保理決議におきましては、これまで抜け穴となっておりました北朝鮮からの石炭輸入の規制につきまして、二〇一七年一月以降で、年間で約四億ドル又は七百五十万トンを上限とするということになったわけでございます。これは、二〇一五年に比べまして輸出量が六二%の減となる計算であるというふうに聞いております。まず、今....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2016/12/7

委員会名参議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会


「我が国は、EUとともに毎年、北朝鮮人権状況決議を国連総会や第三委員会に提起し、その決議の採択に尽力をしてきたわけでございます。また、近年、安全保障理事会におきましても北朝鮮の人権問題が議題として掲げられ、会合も開催されております。この拉致問題を含む北朝鮮の人権問題を安保理決議で初めて明確に取り上げた意義を外....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2016/12/7

委員会名参議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会


「最近の北朝鮮をめぐる各関係国の動向について、政府の認識を伺いたいと思います。まず、アメリカですけれども、トランプ氏が次期大統領に決まったことによりましてどのようなこれから対北朝鮮政策が打ち出されるのか、これまでの政策の見直しがあるかどうかということも含めて見通せない状況がございます。いずれにせよ、日本にとり....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2016/12/7

委員会名参議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会


「それでは、最後の質問でございますけれども、この北朝鮮に対して影響力という意味では中国の協力は欠かせることはできないと思います。この拉致問題の一日も早い解決のためにも、あらゆるチャンネルを活用して中国に問題解決のための行動を促していかないといけないと思います。また、北朝鮮との友好な国家の関係として、キューバに....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2016/11/24

委員会名参議院 総務委員会


「そうした中で、人事院は九月十三日に、二〇一五年度の公務員の育児休業取得状況、これを発表いたしました。妻の出産に伴って育休を取った男性の割合、これが前年比四ポイント増の九・五%ということで、これは一九九二年度からこの育休が制度化されて以降、最高を記録したということでございます。これは大変大きな変化でございまし....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2016/11/24

委員会名参議院 総務委員会


「安倍政権では現在、働き方改革、この実現をメーンテーマにしておりまして、生産性の向上、同一労働同一賃金などの課題にも取り組んでおられます。こうした中で、総務省におきましても、地方公共団体における多様な人材の働き方と、この働き方改革に関する研究会、これを議論を重ねられていると思いますけれども、この中でワーク・ラ....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2016/11/24

委員会名参議院 総務委員会


「このゴルフ場利用税に関しましては、アクセス道路の整備や維持管理、また廃棄物処理や地すべり対策等この災害防止対策など特有の行政需要に対応していることであるとか、また、その税収の七割が所在市町村に交付金として交付しておりまして、特に財源の乏しい中山間地域の市町村にとりましては貴重な財源となっております。こうした....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2016/11/22

委員会名参議院 総務委員会


「NHKの経営状況を見ますと、この受信料収入が堅調に推移しておりまして、事業収支は二百六十三億円のいわゆる黒字ということでございます。この件で、籾井会長は、差金につきまして視聴者への還元と、こういう点を言及されたという一部の報道もございます。そこで、籾井会長にお聞きいたしますけれども、現時点でのNHK受信収入....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2016/11/22

委員会名参議院 総務委員会


「総務省では、平成十九年に視聴覚障害者向けの放送普及行政の指針を定めておりまして、放送による情報アクセシビリティーの向上、これを取り組んでいると思います。これによりますと、字幕放送、また音声ガイドによる解説放送、これを、平成二十九年度までの目標値を定めておりますけれども、この指針の概要について報告をいただきた....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2016/11/10

委員会名参議院 総務委員会


「本来、消費税、地方消費税の引上げによる増収分に関しましては、子ども・子育て支援や医療、介護の充実に向けた施策の実施など、社会保障の充実また安定化などに充てることとされておりまして、この税率引上げの再延期によりまして、これらの施策は税率引上げまでその財源は失うことになるわけでございます。また、消費税、地方消費....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2016/11/10

委員会名参議院 総務委員会


「鳥取県からは、今回の地震被害に係る緊急対応、また復旧対策経費に対する県及び県市町村の財政措置に関しまして、特別交付税の措置とか新たな財政支援の措置ということの格別な配慮をお願いしたいということの総務大臣に対する要望も出ております。そこで、是非積極的な財政支援をお願いをしたいと思いますけれども、高市大臣に認識....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2016/11/2

委員会名参議院 本会議


「公的年金の受給資格を得るための加入期間が現行の二十五年から十年に短縮される本法案によって、無年金者対策は大きく前進します。この無年金者対策は、元々は、二〇一二年の民主、自民、公明三党による社会保障と税の一体改革で決めた施策であります。一七年四月に消費税率一〇%への引上げで財源を確保して実施する予定でしたが、....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2016/2/17

委員会名参議院 国際経済・外交に関する調査会


「次回のNPT運用検討会議、この五年間、今後もこのNPDIの取組を日本の軍縮外交の軸に据えて展開していくのか、それとも、ほかに重視をした点、いい方法があるのかどうか、この点をまず第一点、お伺いをしたいと思います。それから二つ目の質問ですけれども、先ほど参考人からもお話ございました核兵器の非人道性の観点から御意....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/9/8

委員会名参議院 国土交通委員会


「今、広島の被災地におきましては、復旧事業として三十五か所で砂防ダムの建設が、緊急的な整備が進んでおりまして、先月、初めての砂防ダム本体も完成をいたしました。これらの地域では一日も早い整備が求められております。そこで、この砂防ダムの整備状況、御報告いただきたいと思います。」 「こうした状況を踏まえまして、土砂....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/9/8

委員会名参議院 国土交通委員会


「八月の二十五日に、太田大臣の元に香川県知事とともにこのことで要望にお伺いをいたしました。多大な事業費を要するということからも、これは国からの財政的な支援等が不可欠でございまして、災害復旧事業の採択、これを早急にお願いをする次第でございます。この中方橋の被害の対応に関して御報告をいただきたいと思います。」 「....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/9/8

委員会名参議院 国土交通委員会


「六月十二日に広域観光周遊ルートという形で、せとうち・海の道、これを認定をしていただきました。自然風景とかアートとか食文化を売り込んで、外国人の延べ宿泊数を年間、二〇二〇年までに二〇一三年の三倍、三百六十万人と、こう想定しておりまして、ハード、ソフト両面からこの受入れ体制というのを進めております。大臣にも瀬戸....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/6/30

委員会名参議院 国土交通委員会


「住宅、建築物の分野に関しましては、これまで運輸など他の産業に比べて建築物の省エネルギー化がなかなか進んでおりませんでした。これはどのような理由であったのか、また今回の法律案によってどのぐらいエネルギー消費を押し下げる効果があるのか、まず確認をしたいと思います。」 「新築住宅・建築物につきましては、二〇二〇年....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/6/30

委員会名参議院 国土交通委員会


「続きまして、スマートウエルネス住宅に関してお伺いをしたいと思います。ICT技術と省エネを生かすことで、高齢者とか障害者とか子育て世帯の多様な世代が交流をして安心して健康に暮らすことができる住宅を目指すという点は大事な視点であると考えます。特に、住宅の断熱性能の向上がヒートショックの防止や居住する人の健康維持....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/6/19

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「まず、気象庁から現在の噴火の状況についてお聞きをしたいと思います。噴火から既に三週間が経過をし、今月に入ってからも火山性地震が観測されておりましたけれども、昨日再び噴火をいたしました。正午過ぎと午後四時半頃、二回の噴火ということでございますけれども、広い範囲での噴石もあったようでございます。最新の火山活動の....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/6/19

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「次に、法案の内容に関してお聞きしたいと思います。今回の噴火で注目すべきなのは、この屋久島町の噴火に備えた取組でもございます。人的被害が最小限で済みましたのも、新岳が昨年の八月に三十四年ぶりに噴火してから観測が強化をされ、避難訓練を行うなど、地元の人たちにも十分に浸透していたからでございます。具体的な避難計画....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/6/17

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「広島で被害が広がった理由の一つに、行政による土砂災害の危険性を明らかにするための基礎調査若しくは警戒区域、この指定が完了していない地域が多くて、住民にその危険性が十分に伝わっていないということがありました。また、警戒地域の指定には、住民の方々の理解、これがありますので時間が掛かるという、こういう障害がありま....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/6/17

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「次に、要援護者の対策についてお聞きをしたいと思います。広島の災害では、保育所や障害者、高齢者の関連施設といった社会福祉施設二十五か所が被災したとの報告がございました。障害者の就労B型の八木園も土石流で流されまして、昼間ですと大変な被害があったと思いますけれども、そうしたケースがございました。そこで、昨年十一....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/6/17

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「続きまして、国土強靱化に関して伺いたいと思います。強靱の反対は脆弱ということでございまして、この脆弱性を解消することで災害に強い地域づくりが求められているわけでございます。現在、大規模災害による最悪の被害を回避するために全国の自治体で国土強靱化基本計画の地域版となる国土強靱化地域計画の策定が進んでおりますけ....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/6/11

委員会名参議院 国土交通委員会


「今回のタカタ製エアバッグの不具合の問題に関しましては、いまだ原因究明に至っておらず、発生原因の特定にまだまだ時間を要するようでございますけれども、万一発生すれば命に関わる危険な事故が起こり得る状態であるわけでございます。去年の十二月の会見で太田大臣は、原因の特定を待っていると時間が余りにも掛かり過ぎる、そし....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/6/11

委員会名参議院 国土交通委員会


「こうした中で、自動車の革新的技術の開発普及と独立行政法人改革を推進するために、二つの法人を統合して、独立行政法人自動車技術総合機構、これを設立することになっております。現在、車検検査を担当している自動車検査の独法と、自動車の基準策定や新車の検査、またリコールを担当する交通安全環境研究所、これが統合することに....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/6/11

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、車検制度に関して伺いたいと思います。今回の改正では、自動車検査における民間の整備工場の業務範囲、これが拡大が盛り込まれておりまして、小型の貨物自動車の中古で購入した場合の新規検査、これを民間の整備工場でもできるようになるわけでございます。現在、年間で五万件該当車両があるということでございますけれども、....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/6/11

委員会名参議院 国土交通委員会


「次の質問でございますけれども、次に自動車情報の利活用ということに関してお聞きをしたいと思います。世界最先端IT国家創造宣言では、目標として定められました二〇二〇年までに世界最高水準のIT利活用社会の実現、これを達成するために、ビッグデータの利活用による革新的な新産業、新サービスの創出、また利便性の高い電子行....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/5/12

委員会名参議院 国土交通委員会


「近年、洪水のほか、内水や高潮により現在の想定を超える浸水被害が多発をしております。特に都市部では深刻でございまして、今回の改正案では、考えられる最大の豪雨を前提にして浸水想定区域を指定するよう自治体に義務付けているわけでございます。さらに、想定区域で暮らす住民向けに対しましても、避難場所の位置や予想される水....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/5/12

委員会名参議院 国土交通委員会


「二〇一三年に大阪また名古屋の両市で起きました集中豪雨、これは雨水が下水道を逆流しまして、内水氾濫による地下街への浸水被害が発生をいたしました。都市部におきまして地下空間の利用が進む中で、地下での浸水危険性、これは今後更に高まってまいると思います。地下空間の浸水は人命に関わる深刻な被害につながる可能性が高いた....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/5/12

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、雨水貯留施設の整備に関しまして伺いたいと思います。今回の改正案では、民間事業者の建物などに設置されております雨水貯留施設を災害時に自治体が活用できるように、市町村の下水道事業者が直接管理する協定を結ぶことが可能となっております。雨水をタンクにためれば、一挙に下水道に流れ込む、そういったことを防いで洪水....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/5/12

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、世界水フォーラムに関してお伺いをしたいと思います。世界水フォーラム、これは三年に一度、世界中の水関係者が一堂に会しまして、この四月十二日から韓国で行われました。太田大臣もそこに出席をされたと思いますけれども、今回の水フォーラム、どのような議論が行われたのか、まず御報告いただきたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/4/7

委員会名参議院 国土交通委員会


「まず、港湾施設の整備に関しましてお聞きをいたします。我が国は四方を海に囲まれておりまして、港湾は国民の日々の生活に必要な物資の輸出入のほとんどを取り扱っておりまして、海上輸送と陸上輸送の結節点として物流や人の流れを支える大事な交通の基盤でございます。また、地方創生や成長戦略が大きなテーマとなっておる昨今にあ....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/4/7

委員会名参議院 国土交通委員会


「さらに、観光振興の面からの港湾という意味では大きな役割を担っております。先ほど大臣からもお話ございましたように、世界のクルーズ人口が増大するとともに、クルーズ船の大型化、これも進展をしておりまして、年間千二百回を超えるクルーズ船が今百港以上に寄港しているということでございまして、政府でも、このクルーズ船につ....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/4/7

委員会名参議院 国土交通委員会


「さらに、高規格幹線道路の整備ということで伺いたいと思います。先ほどお聞きいたしました、四国の西の玄関口でございます八幡浜港から四国の8の字ネットワークであります四国横断自動車道につなぎ、九州と四国、京阪神を結ぶ広域高速ネットワークを形成する地域高規格幹線道路でございます大洲・八幡浜自動車道の整備、これはまだ....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/4/7

委員会名参議院 国土交通委員会


「最後に、大臣に離島航路の課題ということでお聞きをしたいと思います。外海離島の鹿児島県の三島村、これは唯一の航路を今村営で週三便を限度に運航しております。以前より島民の方々は、一日に一便、毎日本土に向かえる運航体制を念願しておられました。二〇一二年の五月に、私は地元の鹿児島の県議とともに離島対策本部としまして....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/3/31

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「まず、国連防災世界会議に関しましてお伺いをしたいと思います。三月十四日から十八日まで、仙台におきまして第三回国連防災世界会議が開催をされました。会議には過去最多の百八十七か国が参加をされまして、東日本大震災の被災地に各国の代表の方々が訪れて、今も残る津波の爪痕とか、また復興現場の視察なども行われたわけでござ....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/3/31

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「続いて、障害者と防災ということに関しましてお聞きをしたいと思います。今回の会議、これは障害者の参加に最大限配慮をされておりました。送迎用に車椅子仕様のバスが用意されたりとか、また会議の音声の字幕に関しましても、リアルタイムで表示する端末が貸出しをされるということもありまして、国連の会議としては最もバリアフリ....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/3/31

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「また、あと、今回の会議に関しましては、国連加盟国百九十三か国のうち百八十七か国の代表が参加をしました。また、世界二十五か国の大統領、首相、首相級、また百名を超える閣僚の参加、また国際機関の代表、認証NGO等を含めますと六千五百名、また関連事業も含めると延べ十五万人の人々が参加をした一大イベントであったわけで....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/3/31

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「今回採択をされました仙台防災枠組の特徴といたしまして、具体的な項目とか期限、これを示した減災目標を新たに盛り込んだということが大変注目をされております。二〇一五年から三〇年までのこうした国際社会における人的、経済的損失などの七つの減災目標を盛り込んだ新しい防災対策の行動指針につきましては、我が国の主張が取り....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/3/17

委員会名参議院 予算委員会


「地方を取り巻く環境、ますます厳しさを増しております。少子高齢化、また人口減少は加速度的に進んでおりまして、集落の維持さえできない地域も珍しくありません。こうした地域に活力を取り戻すために、女性や若者、高齢者、障害者が活躍できる全員参加の社会の実現に向けて取り組むべきと思いますけれども、総理の認識を伺いたいと....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/3/17

委員会名参議院 予算委員会


「次に、小さな拠点に関しましてお伺いを申し上げたいと思います。中山間地域などの過疎地域では、人口減少、高齢化に伴いまして、医療、介護だけでなくて買物支援など住民の生活に必要なサービス機能の提供もなかなか難しい場合がございます。そのためにも、効果的、効率的なサービス提供を構築するということとともに、地域の交流と....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/3/17

委員会名参議院 予算委員会


「次に、子ども・子育て支援制度について質問をしたいと思います。この四月から、子育て世代の支援を拡充する子ども・子育て支援新制度が本格的にスタートいたします。この新制度は多様な保育の受皿を増やすということが大きな柱でございまして、公明党も、子育て世代とか事業者の方々の関係者の皆様の声を聞きながら、これまでずっと....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2015/3/17

委員会名参議院 予算委員会


「次に、学童保育について伺いたいと思います。小学校入学を機に預け場所がなくなって育児と仕事の両立が困難になる、いわゆる小一の壁の解消が急務でございます。この点に関してどう改善をされるのか、お聞かせいただきたいと思います。」 「さらに、この新制度の中には障害児の支援拡充につながる取組も含まれております。また、最....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2014/11/28

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「今回、被害がございました白馬村、小谷村など、被災地域のほとんどの地域が豪雪地帯対策特別措置法に基づく特別豪雪地帯に指定されております。十二月に入ると大変積雪が予想されるわけでございまして、これからの降雪の時期を控えまして、支援体制をともかく早期に決定して実施をすると、こういうことが求められていると思っており....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2014/11/28

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「次に、観光業への影響についてお伺いをしたいと思います。これから被災地域、スキーシーズンを迎えるわけでございまして、地域によって道路が一部寸断されて、特急「あずさ」は南小谷まで乗り入れができない、こういう状況もあるというふうに伺っております。こうした整備を進めて動線を確保していくということとともに、観光立県の....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2014/11/28

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「次に、断層との関係についてお聞きしたいと思います。今回の地震に関しまして、震源地近くでは活断層がずれて動いてできたと見られる段差、最大一メートル近くに達しているということが確認されております。今続いている余震の状況から、今回の地震と神城断層との関係についてどのように見ているのか、二十三日に政府の地震調査委員....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2014/11/12

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「今回の改正でございますけれども、本年の二月に発生をしました大雪による大規模な孤立の発生というのが一つのきっかけになっていると思います。二月の十四日から十六日、大雪などの被害によりまして死者は九県で二十六名、立ち往生車両は最大で千五百台となっておりまして、甚大な被害が発生をしたわけでございます。山梨県内では、....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2014/11/12

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「次に、損失補償に関しましてお伺いをしたいと思います。法案では、災害発生時に直ちに道路啓開を進めて緊急車両の通行ルートを迅速に確保すると。このために、道路管理者が放置車両を移動することができるようになっているわけでございます。その際には、やむを得ない限度での破損を容認するということになっておりまして、その場合....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2014/11/12

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「この改正は、大規模な災害の際に直ちに道路啓開を進めて緊急車両の通行ルートを迅速に確保するために大変重要なものであると思います。東日本大震災のときにはくしの歯作戦と、こう呼ばれる道路啓開が実施をされまして、内陸部を南北に貫く東北自動車道とか国道四号線、そこから沿岸部に向けて瓦れきの撤去とか段差の解消を進めて、....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2014/11/12

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「次に、南海トラフの巨大地震への備えにつきまして具体的にお聞きをしたいと思います。この南海トラフの巨大地震につきましては、国の被害想定では、最悪の場合、三十四メートルの津波が発生して、死者は三十二万人と言われております。経済被害は二百二十兆円と言われておりまして、人命保護を最優先とした防災・減災対策、大変急務....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2014/11/11

委員会名参議院 国土交通委員会


「まず、開発許可に関しましてお聞きをいたします。今回の改正案では、土砂災害警戒区域及び特別警戒区域の指定促進に向けまして、その前提となる基礎調査の結果公表の義務化が、これが盛り込まれているわけでございます。この基礎調査が進み、結果の内容によっては、土砂災害の発生が予想される地域に関しましては都市計画法に基づき....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2014/11/11

委員会名参議院 国土交通委員会


「さらに、要援護者への対策ということでお聞きをしたいと思います。広島市の災害におきましては、保育所とか障害者とか高齢者の関連施設、社会福祉関連施設が二十五か所被災に遭ったという報告を受けております。例えば障害者の就労B型の八木園というところでは、土石流によって流されました。また、二〇〇九年、山口県の防府市の特....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2014/11/11

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、法案に関連をしまして、砂防堰堤等の整備についてお聞きをしたいと思います。私、現地広島を回らさせていただきまして、多くの住民の方々が、この砂防ダム、大変大きな効果を発揮したということをお聞きしました。大町地区とか八木地区等でやはり土石流を止めて土砂を止めたということで、下にいらっしゃる住民の方々は人命を....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2014/11/11

委員会名参議院 国土交通委員会


「続きまして、最後に、テックフォースに関しまして伺いたいと思います。今回被災地を回る際にも、住民の皆様から、このテックフォースの皆さんに対する、活動、大変高い評価がございました。真っ先に駆け付けてくれて、二次災害を注意しながら最後まで対応していただいたと、こういう形の声を多く聞いたわけでございます。このテック....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2014/11/5

委員会名参議院 本会議


「近年の自然災害は、異常気象によるゲリラ豪雨や台風災害が頻発しており、思いも寄らない大きな規模になることも珍しくありません。自然の脅威に私たちは何よりも謙虚に向き合っていき、災害の検証と不断の見直しが必要であります。そうした意味から、災害を未然に防止するためにハード、ソフト両面による総合的な対策が必要と考えま....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2014/11/5

委員会名参議院 本会議


「次に、福祉避難所について伺います。東日本大震災のときにも、高齢者や障害者、妊婦や乳幼児など、いわゆる災害弱者と呼ばれる方たちの被害が甚大であるとの指摘がありました。今後の災害時に同じ轍を踏んではなりません。公明党はこれまで、災害時の要援護者避難支援ガイドラインの見直しなど、災害弱者と呼ばれる方たちに配慮した....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2014/10/17

委員会名参議院 災害対策委員会


「まず、火山災害からお聞きを申し上げたいと思います。この戦後最大の火山災害となりました御嶽山の噴火、気象庁が警戒レベル一、平常と判断する中で起きたわけでございます。先ほどからも何度もこの点に関してはお話が指摘されておりますけれども、噴火後、このレベルを引き上げておくべきではなかったかと、こういう声がたくさん出....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2014/10/17

委員会名参議院 災害対策委員会


「そして、今回、噴火被害では、行方不明者がなかなか把握することが困難だったということが言われております。これは問合せの情報等を基に集計したもので、全ての登山者に関して把握することは困難ということでございます。それですので、氏名とか携帯電話を把握するための義務化をすべきであるということが強く言われております。富....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2014/10/17

委員会名参議院 災害対策委員会


「長年にわたり、日本におきましては、地学教育、これに重点を置かれていたとはなかなか言い難い面があると思います。火山の監視は、やはり、それぞれの地域の専門家の、大学の専門家の協力も必要でございますけれども、地学教育、この空洞化の流れというのが、やはり国民の火山に対する理解とか専門家の育成にも悪影響を与えて、そし....


→発言の続きを見る


議員名山本博司(公明党)

2014/10/17

委員会名参議院 災害対策委員会


「続きまして、最後の残りの時間で土砂災害に関して質問をさせていただきます。広島市で多数の死者が出た一九九九年、この土砂災害を機に土砂災害防止法が制定されたにもかかわらず、今回、八月に大変甚大な土砂災害の被害が発生をしました。また、台風の、何回も訪れて、局地的な集中豪雨、全国各地で多発していることを踏まえまして....


→発言の続きを見る

62件見つかりました。