希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

斎藤洋明さんの発言を表示します。


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第六分科会


「三十年産米から、幾つか制度が変わります。そのいわゆる三十年問題について、二点、まず冒頭、お伺いをしたいと思っております。まず第一に、生産調整を数量をもって示す方式が転換をするということで、三十年産米から主食用米の価格が暴落するのではないかという大変な危機感が現場ではあります。もちろん、個々の農家には努力して....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第六分科会


「米の需給ギャップの解消という観点からは、私も、総づけで全農家にこれをつけていくというのはなかなか厳しいと思っております。厳しいと思っておりますが、一方で、若手の農家からしたら、事業として成り立たせていくためには、やはり直接支払い交付金にかわる仕組みが欲しいという声があるのも事実であります。そこで、若手を中心....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第六分科会


「私は、いろいろな方々と意見交換をしての感想としましては、機械化あるいは機械の更新によって高度化していく農家もあれば、逆に、機械の方は節約して、そのかわり働き方で工夫をするとか、本当に創意工夫の余地はまだまだあると思います。中山間地域であれば、機械を更新するよりも、むしろ働き方を工夫した方がとかいう意見もやは....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第六分科会


「今の質問と一連の流れと御理解をいただきたいんですが、園芸作物を営む複合経営をやっている方が若手では非常に多いです、私の地元でも。また、あえて、収益性を高めるために小規模でやっているという経営方針をとっている若手の営農者の方もいらっしゃいます。こういった方々からしますと、補助のメニューが水稲寄り、そして大規模....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第六分科会


「続きまして、営農条件という点では、若手の農家と話をしていますと、北海道のような営農条件に近づけていきたいという熱い思いを感じますし、それぐらいの年収を目標にできれば担い手もどんどん生まれてくるのではないかというふうに私自身も感じております。その中で、一つは、条件不利地という問題があります。中山間地域、山間地....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第六分科会


「そこでお伺いしたいんですが、こういったサイクルを支える酪農、畜産、養鶏業の存続のために、牛マルキン、豚マルキンもそうであります、また生乳の乳価交渉のスキーム、これはぜひ維持していただきたいと思っています。生乳の生産者というのは、非常に僻地にお住まいの方もいらっしゃれば、平場にお住まいの方もいらっしゃる。乳価....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第六分科会


「農協がなくなるというようなイメージを持っている農家の方もいらっしゃって、こういったものは非常に地元の営農意欲ということにいい影響を与えていないと思っています。例えばきのうの日本農業新聞を見ましても、一枚開きますと、まるで政府と農協がけんかしているかのような記事ばかりで、これでは本当に不毛なんですね。建設的な....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第六分科会


「一つは、私の地元では内水面漁業が非常に盛んなんですけれども、その内水面漁業を支える環境ということについて、変化が起こっております。それは、内水面漁協が、河川の、アユですとかサケですとかマスの増殖事業を行っているわけですが、組合員の高齢化、組合員の減少、それから遊漁券の販売収入も大きく減少しております。その背....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第六分科会


「平成三十年度税制改正においてこの森林環境税については結論を得るということになっておりますが、私としましては、この森林環境税、一刻も早く導入をしていただきまして、特に、当初からかかわっていた市町村の関係者の方々からすれば、地方譲与税として導入をして、地方独自の財源としてそれぞれの山林の更新に使いたいということ....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第五分科会


「我が新潟県では歯科医療に力を入れて取り組んでおりまして、例えば子供の虫歯の本数が全国で一番少ないですとかということで、地元の新潟県の歯科医師会の方々には本当に熱心に取り組んでいただいております。そこで、歯周病予防につながる口腔ケアの有益性という観点から、あらゆる世代の健康増進に有益ではありますけれども、特に....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第五分科会


「その中で、現行の保育施設給付金の基準ですと、児童百五十人までは給食調理員等で二名というふうになっているかと思いますけれども、この基準は相当前から変わっておらないと思うんです。今申し上げたような、ゼロ歳児―二歳児保育のニーズが増していることや、アレルギーをお持ちのお子さんがふえているといった実態も踏まえて、今....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第五分科会


「女性医療職、看護師の現場では、男性看護師もふえてきましたけれども、女性の活躍の舞台のまだまだ広い職場であります。その中で、女性医療職のM字カーブ解消の動きは、議員の側からも、また政府の側からも出していただいております。潜在看護師の復職を促すために、登録制度ですとかいろいろ今工夫していただいておりますけれども....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第五分科会


「平成二十七年に、特養の介護報酬のマイナス改定ということがありました。このときに、私は地方の特養を中心に見てまいりましたが、かなり経営面で悪化をしたというような御意見をいただくことが非常に多くありました。特に、特養の経営というのもなかなか大変でありまして、優秀な介護士の方の確保もそうですし、また、光熱費も高騰....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第五分科会


「老健施設は、その趣旨は特養とは全く異なりまして、本来であれば、入所者がリハビリを受けて、日常生活が営めるところまで機能を回復されて、そして日常に復帰をしていく。それは一面、政府の方から見れば、手厚い社会保障のもとで機能を回復していただいて、また社会に復帰をしていただいて、日常生活を営んでいただくという点で、....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第五分科会


「昭和四十年に制定されました理学療法士及び作業療法士法というのは、その後いろいろ実態の変化もございましたので、議員連盟の活動の動きもありますけれども、法改正も含めて、実態に合った、あるいは社会のニーズに合った法改正が必要ではないかという議論があります。それを踏まえまして、療法士の業務の範囲ですとか、あるいは医....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第五分科会


「済みません、あわせて、療法士の方々も活躍される持続的な訪問リハビリ体制というものを、ぜひ各地域地域で、地域包括ケアの中でも明確に位置づけていただきたいと思っています。そのためには、例えば、市町村からリハビリの訪問を受けられたんだけれども、市町村の方で安定的な財源がないので継続的にはちょっと続けられなかったと....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第五分科会


「年金というのは、高齢者の方の安心、安全の支えであるばかりではなくて、現役世代にとっての心の支えでもあるわけでありまして、年金の支給水準、今現在受給されている方々もそうですし、将来受給される方々も、極力、期待したような水準の支給が受けられるように、これは政府全体として、あるいは我々立法府の人間も努力をしていく....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2016/5/12

委員会名衆議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会


「まず第一に、北朝鮮では先日九日に、三十六年ぶりに朝鮮労働党大会が開催をされて金正恩氏が党委員長というポストに就任をしたという報道がございます。今現在の北朝鮮の統治体制の現状について、我が国政府としてどのように評価されているか、拉致問題担当大臣の御所見をお伺いしたいと思います。」 「引き続きまして、拉致問題の....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2016/4/7

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「原子力災害からの福島復興につきまして、閣議決定に基づいて取り組みをされていると承知をしておりますが、その内容について簡潔に御紹介いただけますでしょうか。」 「幾つかの学校が、それぞれの事情があって、依然として仮校舎あるいは間借り状態での学校運営を行っているということでありますが、特別支援学校が一校、やはり仮....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2016/4/7

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「引き続きまして、原発の再稼働に関連しまして何点かお伺いをしたいと思います。私は、我が国の産業競争力の強化あるいは家計の支援、ひいては経済再生ということのためにも、安全性が確認できた原子力発電所については再稼働を進めて電力供給の安定を図るべきという立場でありますけれども、その観点から、そもそも我が国の電気料金....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2016/4/7

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「済みません、残り時間が少なくなってまいりまして、電力市場の自由化について、ちょっと簡潔にお伺いしたいんです。と申しますのは、九〇年代から欧米で電力市場の自由化というのが進んできておると承知をしておりますけれども、どうも中身を見てみますと、必ずしも電力供給の安定につながらなかったり、あるいは価格が高どまりした....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2016/2/25

委員会名衆議院 予算委員会第一分科会


「まず冒頭に、個別の質問に入ります前に、国家安全保障に関する基本方針であります、平成二十五年十二月閣議決定、「国家安全保障戦略について」の四1(2)の中に、武力攻撃事態等から大規模災害に至るあらゆる事態にシームレスに対応するための総合的な体制を平素から構築とありますが、この文言を踏まえて、自衛隊にはどのような....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2016/2/25

委員会名衆議院 予算委員会第一分科会


「防寒具に限らず、個々の自衛隊員の衣服などにつきまして、予算不足などで、例えば数量やスペックが不足をして、あるいは制式品として採用されていないために調達ができないということで、個々の隊員が私物として調達をするというようなことがあれば士気にかかわるというふうに考えますけれども、後方装備品について適切な予算の確保....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2016/2/25

委員会名衆議院 予算委員会第一分科会


「引き続きまして、自衛隊員の方々の勤務環境でありますとか駐屯地の整備につきまして、具体的に何点かお伺いをしたいと思います。まず、自衛隊員の方々の公務員官舎の整備につきまして、そもそもどのような方針で取り組んでおられるか、簡潔に御答弁をお願いしたいと思います。」 「都市計画法上、新発田駐屯地は、新発田市によりま....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2015/5/18

委員会名衆議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会


「我が国独自の制裁措置としては、三月末の閣議決定で二年間の延長を決定していただいておりますけれども、昨年の日朝合意で一部緩和した制裁措置が残っております。北朝鮮側から見たときに、現状のままであっても制裁措置の一部解除が受けられるのであれば、現状のままで様子を見るという判断になりかねないのではないかという危惧を....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「まず、基幹交通網整備ということで、私も、ミッシングリンクの解消、特に新潟―山形県境区間中心に、日沿道、日東道の早期開通について、まず質問させていただきたいと思っております。先ほど加藤代議士からも質問がありましたので、少し当地の状況をお話しさせていただきますと、もともと、この新潟―山形県境区間というのは大変に....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「次に、引き続きまして、公共工事の発注改善について何点かお伺いをしたいと思います。まず第一に、いわゆる歩切りの根絶につきまして、現在、国土交通省におかれまして、品確法運用指針に基づきまして実態調査をしていただいているというふうに理解をしております。発注者になる地方公共団体に対しては、抜本的な解決をぜひ求めてい....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「引き続きまして、今度、公共工事の発注の時期の平準化についてお伺いをしたいと思います。公共工事が時期によって偏りが生じがちである、そのために、しわ寄せがさまざまなところに行っているというような声は以前からございます。そのために、国土交通省におきましても改善の取り組みをしてきていただいていると思っております。一....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「続きまして、人材の有効活用という観点からお伺いをしたいと思っております。安全確保、安全施工、あるいは品質確保の観点から、現場代理人ですとか主任技術者など、いろいろな制度をつくっていただいておりますけれども、これらの縛りが、中小零細工事事業者さんですと、今、人材が払底しておるという状況で、なかなか仕事がとりづ....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「いわゆるグリーンインフラということについて問題意識を私は強く持っております。自然が本来持つ多機能性を生かしてインフラ整備をより精緻にしていくという考え方でございますけれども、具体的に申しますと、例えばダムの保水機能というものと、それから、そのダムが立地する後背地の森林の保水力も組み合わせて計算をするとか、そ....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2014/4/4

委員会名衆議院 国土交通委員会


「早速でございますが、我が国に寄港する基幹航路の減少が我が国の産業競争力に悪影響を与えているという認識をいただいております。この点につきまして、国土交通省から説明を改めてお願いいたします。」 「では、次に、国際戦略港湾の競争力の強化のために、具体的にどういったことをこの法改正を通じて取り組まれるのか、簡潔にお....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2014/4/4

委員会名衆議院 国土交通委員会


「続きまして、防災の観点からお伺いをしたいと思います。災害時に国民の生命財産を守る、あるいは、日本の産業の操業の持続性を担保して国際競争力を守っていくという観点からも、地震、津波災害への備えということが港湾全体に必要だというふうに考えております。お手元の配付資料ですと四ページ目に、鹿島港の東日本大震災のときの....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2014/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第六分科会


「その上で、豪雪被害では、農業分野でも、施設園芸を中心に大きな被害が出たというふうに理解をしております。この大雪による農業被害の現状と農林水産省としての今後の対応についてお尋ねいたします。」 「次に、農林水産業全体につきまして、国民生活に占めるインパクト、特に、経済的な側面もそうですし、そこを超えた、いわゆる....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2014/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第六分科会


「次に、農業政策についてお尋ねをしたいと思います。日本の戦後の農家所得あるいは就業人口、平均年齢といった主な統計の推移について、前提としてお尋ねをしたいと思います。」 「この水田フル活用に関して、飼料用米への主食用米からの転換ということが十分に行われることが米価が適切に維持される前提となるというふうに認識をし....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2014/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第六分科会


「次に、条件不利地の農業について何点かお尋ねをしたいと思います。まず、そもそも中山間地域、あるいはそれより奥の山間地域になりますと、集約化あるいは機械化、大規模化というのが困難というふうに認識をしておりますが、そういった条件不利地の農業の現状と、それに対する農業振興施策の現状についてお尋ねをいたします。」 「....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2014/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第六分科会


「次に、酪農について、あるいは畜産についてお尋ねをいたします。まず、飼料価格の高騰というものが畜産農家あるいは酪農家の経営を圧迫しているというふうに認識をしております。飼料高が農家の経営に与える影響ということと、それから、飼料高となるそもそもの要因についてお尋ねをいたします。」 「酪農家あるいは畜産農家のコス....


→発言の続きを見る


議員名斎藤洋明(自由民主党)

2014/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第六分科会


「次に、JA改革についてお尋ねをしたいと思います。現在、規制改革会議でJA改革に関する議論がなされているというふうに認識をしておりますが、JAが地方におきましてはインフラ機能の供給の一端を担っているという場合が多々ございます。そのようなことも踏まえた、地に足のついた議論が必要ではないかというふうに私は認識をし....


→発言の続きを見る

37件見つかりました。