希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

真山勇一さんの発言を表示します。


議員名真山勇一(民進党)

2017/12/7

委員会名参議院 法務委員会


「生徒は、昨年の九月のことなんですが、昨年の九月ですから二年生ですかね、黒染めしないなら学校に来る必要はないと言われて、それ以来登校はしていないということなんです。一方、高校の方ですが、今年の四月、生徒を学校の名簿から削除してしまったと、それからクラスの席もなくしてしまったということで、ほかの生徒や保護者に対....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/12/7

委員会名参議院 法務委員会


「全般的には校則ということで問題はなかったけれどもちょっと行き過ぎがあったという点は、この点については何か、学校とか教育委員会に指示をしたとか何かしておりますでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/12/7

委員会名参議院 法務委員会


「あと、私もう一つ、これは質問なんですが、ちょっとこれ時間の関係もあって、指摘させていただきたいのは、髪を染めるなというのが校則なんですよね。だからやっぱり、染めるなと言っている学校側がその生徒に髪を、黒い色ということだけど染めさせている。おかしいですよね、やっぱり。ちょっと矛盾ありますよね。やっぱり染めるな....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/12/7

委員会名参議院 法務委員会


「この辺、文部科学省としては、学校の現場だってこれから肌の色の違う子供たちも入ってくる、髪の毛の色が違うのも入ってくる、そういう場合、そういうことに対してはどういうふうに今考えていらっしゃいますか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/12/7

委員会名参議院 法務委員会


「上川大臣は、今回のその大阪の件についてどういうふうな思いを持っていらっしゃるかということと、それからもう一つ、この人権を守るということについてどういうふうにお考えを持っていらっしゃるかをお聞かせ願いたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/12/7

委員会名参議院 法務委員会


「今大臣がおっしゃったような意味で、やはりその人権というのをふだんからやっぱり意識するということは大事だと思いますし、特に子供の頃からやはりそういう意識をきちっと持つということは大事だと思います。他人を認める、違いを認める、差別はしないということをやっぱりやると。学校で特に法務省は力を入れているというふうに伺....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/12/7

委員会名参議院 法務委員会


「やっぱり憲法あってのいろんな決まりがある、法律がある、それをそういうふうに進めるのが自然じゃないでしょうかと。私もそう思います。自然だと思います。やっぱりこれが大事なことだと思うんですが、最後に、やっぱりこの憲法第十四条の人権との絡みで、大臣、どういうふうに思っていらっしゃるか、お願いします。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/12/5

委員会名参議院 法務委員会


「早速ですけれども、先ほどの元榮委員もそうですし、それから有田委員からもあって、法の支配、司法ということについて上川大臣の並々ならぬ意欲というのはこの所信表明からも分かるんです。だけれども、やっぱり今、法、司法というのはどうなってしまったのかという声があるんじゃないかと思うんです。今答弁伺っていてもやっぱり、....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/12/5

委員会名参議院 法務委員会


「早速今日の質問の方に入りたいんですけれどもただ、その一方で、やっぱり非常に審議時間が短くて、あっという間に採決して通してしまったみたいなところがあって、やっぱり実際に性被害に遭われた方たちにとっては残された問題というのは多いと思うんですね。それが今回のこの法律の成立した過程であった附則とかあるいは附帯決議に....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/12/5

委員会名参議院 法務委員会


「それと同時に、附帯決議の中で、こうした性犯罪について、やはりなくしていかなくちゃいけないという観点から、国が調査研究、それから捜査とか司法に携わる職員の研修ですね、こうしたこともやるというふうに言っております。今の時点でどういうことをやるかという多分お尋ねすると延々と長い答弁になってしまうので、それは、質問....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/12/5

委員会名参議院 法務委員会


「その辺の決意ということで結構なんですが、いらっしゃっていると思うんですが、内閣府とそれから警察庁、それから最高裁、やはりどうやって性犯罪というのをなくすかということに対する調査研究とか職員の研修、必要だと思うので、それに係る思い、決意をちょっと、一言ずつでも結構です、お願いします。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/12/5

委員会名参議院 法務委員会


「ここからは少し具体的なことをお伺いしたいんです。一つは、こうした今回の性犯罪を減らしていこうということで、それぞれやはり各政府の中、当局も努力をされているというふうに思うんですが、その中から私、今日取り上げたいのは二つ。一つは、警察庁だと思いますね、全国共通ダイヤル。性犯罪被害者のための全国共通ダイヤルとい....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/12/5

委員会名参議院 法務委員会


「じゃ、この今おっしゃった全国共通ダイヤル、シャープの八一〇三ですよね、シャープの八一〇三。これを掛けると性犯罪についてのいろいろ被害者の声を聞いてくれる警察の専用の窓口につながるというのがこの趣旨ですよね。これ、こうしたものが八月からできましたよということを一般に知らしめる、やっぱり作ったんだから利用しても....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/12/5

委員会名参議院 法務委員会


「それから、もっとすごい長いのもあるんです。性犯罪被害一一〇番レディースサポートライン。それからもう一つ、長いですね、犯罪被害者相談電話「ミズ・リリーフ・ライン」。この辺に行くと、英語分かってる人じゃないとちょっと意味が、何のこれは窓口なのか分からないようになっている。こういう名前が付いていて、せっかくシャー....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/16

委員会名参議院 法務委員会


「討論に先立ち、参議院法務委員会の運営について一言述べさせていただきたいと存じます。昨日参議院本会議で成立した組織犯罪処罰法、すなわち共謀罪法は、委員会の採決が省略され、中間報告という形で本会議の採決が強行されるという異例中の異例の事態となりました。我が国の刑事法体系を根本から転換する重大法案だっただけに、審....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/16

委員会名参議院 法務委員会


「そして、この刑法改正案についてですが、新しい罪を創設し人を処罰することについて定める明治以来の大改正です。課題や論点が多く残されていることを考えれば、会期を延長して徹底的な審議をすべきだったと考えます。参考人の意見を伺うことはできましたけれども、政府に対する質疑は徹夜明けの委員会で四時間だけという今回のやり....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/15

委員会名参議院 法務委員会


「まず大臣に伺いたいんですけれども、今回の改正で、性犯罪というとやはり強姦という言葉が本当に使われてきております。この言葉は受けるイメージもそれから実態も、多分、女性が被害者になって加害者が男性という形の犯罪という言葉ではないかというふうに思うんですが、これが今回、強制性交等罪というふうに名前が変えられました....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/15

委員会名参議院 法務委員会


「内閣府にお伺いした方がいいんでしょうかね、ちょっと一つ数字をお伺いしたいんです。性暴力と刑法を考える当事者の会、代表という、そういうグループがあるんですが、そこの資料にも紹介されているんですが、平成二十六年の数字です。性交などの被害者、そういう女性が警察に相談する割合というのが驚くほど低いんですね。二十六年....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/15

委員会名参議院 法務委員会


「一般的にこうした暴行又は脅迫、この要件になっている暴行又は脅迫というのはどういう状態だというふうに考えればよろしいでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/15

委員会名参議院 法務委員会


「そうすると、現実の問題として、本当にあなたは暴行されたんですかとか、脅迫された上でそういう事態になったんですかということをなかなか証明できない。そうすると、やはりあなたの方が受け入れたんではないですかと、そういう疑いも掛けられてきてしまう。その辺りが被害者にとっては大変つらいことだと思うんですけれども、その....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/15

委員会名参議院 法務委員会


「例えば、専門的な用語で言うと、被害者がこうした性的犯罪のその標的になったとき、やっぱり恐怖でフリーズ反応というのが起きることとか、あるいは心理学、精神医学的な言葉なんですが解離ということで、要するにすっかり何か放心状態になってしまうとか、そういうことがあるわけですね。そういう状態で被害を受けたとき、救済がや....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/15

委員会名参議院 法務委員会


「大変難しい点なのかな、これが性犯罪だと、やはり当事者のそれぞれの証言というか言葉でやっていかなくちゃいけないところがあります。物理的な何か具体的な状況があれば、今おっしゃったような例えば暴行とか脅迫を受けていなくても、確認ですが、例えばそういう大男とか、あるいは本当に使わないまでも凶器をちらつかせたとか、そ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/15

委員会名参議院 法務委員会


「今度の新しく新設されるのに監護者わいせつ罪それから監護者性交等罪というのがありますね。これで見ますと、十八歳未満の相手に対して、力、強い力で上から性犯罪に及ぶということなんですが、この監護者、監護者というのはどういう定義になるでしょうか。」 「つまり、監護、保護する者ですから、肉親という解釈でよろしいんです....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/15

委員会名参議院 法務委員会


「その中に、例えば、十八歳未満で学校行っていると思うんですね、例えばそういう場合の学校の先生、教師ですとか、それから、十八歳未満ですから、それで実際に働いている方というのはそんなに多くはないかもしれませんけど、例えばその働いているところの上司など、こうした人たちはこの場合の監護者というところには入るんでしょう....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/15

委員会名参議院 法務委員会


「その説明をする、その事情を話す。大変つらいことですし、言い方によっては屈辱的なことを聞かれたり屈辱的な状態を再現しなくちゃいけないとかということがあるというふうに聞かれています。セカンドレイプという言葉で言われていますけれども、この性犯罪事件の事情聴取ということ、一般的にはどんな形で行われるのか。例えば、状....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/15

委員会名参議院 法務委員会


「それで、その事情聴取を受ける相手、相手が警察の場合は警察官になるわけですけれども、例えば、被害者の方が警察駆け込んで、あるいは連れてこられて、そして被害に遭った実態を話すということになる。普通、取調べ、事情聴取ですね、どんな形で行われるのかということは、つまり聞く相手は男性の警察官と女性の警察官というのがあ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/15

委員会名参議院 法務委員会


「よく最近LGBTという言葉が言われます。これそれぞれ性的少数者と言われる少ない方の頭文字を取った言葉なんですけれども、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーというこの言葉、こうした性的な少数者に対する犯罪を防ぐという、こういうことは今回検討されたんでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/14

委員会名参議院 本会議


「今日起きている一連の議院運営のやり方に厳しく抗議と怒りを込めた上で、ただいま議題に上がりました法務大臣金田勝年君の問責決議案について、提出の趣旨を述べさせていただきます。まず、問責決議案を朗読いたします。本院は、法務大臣金田勝年君を問責する。右決議する。金田法務大臣の問責を求める理由を申し上げます。金田大臣....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/14

委員会名参議院 本会議


「与党の皆さん、冷静に考えてみてください。もう国会も最終盤なのに、金田大臣は共謀罪について何度聞かれてもごく基本的なことすら明確に答えていません。TOC条約はテロとは無関係という国際合意があるのに、なぜテロ等準備罪という名の法律が条約締結のために必要なのでしょうか。この法案ではテロは防げないと与党議員の方です....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/14

委員会名参議院 本会議


「国会審議での金田大臣の役割は、こうしたことに一つ一つ丁寧に国民の皆さんに理解してもらえるようきちんと説明することだったはずです。法案について大事なことを一切説明しない大臣を私たちはどうやって信任することができるのでしょうか。与党の皆さんが野党だったときも、時の政権に対して問責決議案を連発されていたようですが....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/14

委員会名参議院 本会議


「参議院での審議時間はまだ十七時間五十分、まだたった十七時間五十分ですが、私としては共謀罪法案について重要なことが一つ明らかになったと考えています。それは、この法案によって全ての国民が監視され、捜査の対象になり得るということです。この事実は限りなく重いことです。つまるところ、一般の人かどうかは捜査当局がその都....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/14

委員会名参議院 本会議


「先日の参議院本会議において、この場所です、金田法務大臣は見過ごすことのできない答弁をしました。隠れみのという発言です。環境問題や人権問題など正当な目的を標榜する団体であっても、それが隠れみのにすぎない場合があり、それらを暴くためにこの法案が必要であるとこの場ではっきりと明言したのをここにいる皆さん全員がお聞....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/14

委員会名参議院 本会議


「最後に、安倍政権の皆さんに申し上げます。参議院の法務委員会に出席した新倉参考人は、この法案を違憲無効の欠陥法案と言い切りました。また、松宮参考人は、戦後最悪の治安立法とまで断言しました。共謀罪法案は、法文上、罪のない人に疑いを掛け、内心の自由を制限できる法律です。安倍政権はこの法律が濫用されることはないと言....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/13

委員会名参議院 法務委員会


「パッサス教授が、立法ガイドを作った、この法案の意味を作った方が、これはテロ対策ではないよと、経済的な犯罪、マネーロンダリングとかあるいは組織的な暴力犯罪に対する、麻薬取引、そうしたものだよと言っているにもかかわらず、テロ対策だと言っているわけですね、日本ではそう言っているわけですけれども。テロ対策でないと言....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/13

委員会名参議院 法務委員会


「次に、テロ等準備罪、福田参考人は、テロを防ぐために有効であり合理性があるというふうにおっしゃってきました。その一方で、テロって、今、非常に多様化しているともおっしゃいましたね。イギリス、フランスあるいは各地で起きているテロ、本当にこれを防ぐためには難しいというふうに思うんですね。確かに、このテロ等準備罪で防....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/13

委員会名参議院 法務委員会


「山下参考人の言葉の中に目くばせとか、あるいは団体の概念が曖昧だというふうにおっしゃいました。私はとても気になっているのは、金田法務大臣が、参議院の趣旨説明の中だと思うんですが、隠れみのという言葉を使いました。つまり、違法な団体が、悪いことをする団体が普通の市民団体の名前をかたる、つまり環境保護活動をしている....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/7

委員会名参議院 本会議


「ただいま議題となりました法務委員長秋野公造君の解任決議案について、提案の趣旨を述べさせていただきます。まず、決議案を朗読いたします。本院は、法務委員長秋野公造君を委員長の職より解任する。右決議する。私としては、このような決議案を提出せざるを得ないのは大変残念でなりません。秋野委員長は、昨年九月に就任以来、そ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/7

委員会名参議院 本会議


「これは憲政史上例を見ない暴挙です。この決定は参議院規則にも違反するものであり、その根拠を申し上げます。参議院規則第四十二条の二には、政府に対する委員の質疑は、国務大臣又は内閣官房副長官、副大臣若しくは大臣政務官に対して行うと書かれています。質問者は、官僚ではなく、大臣、副大臣、政務官に対して質疑をすることが....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/7

委員会名参議院 本会議


「こうしたことを考えるにつけ、共謀罪法案の中身について答弁し説明すべきは、林刑事局長ではなく、金田法務大臣でなければならないのは当然のことです。にもかかわらず、林刑事局長は政府参考人として常時出席するよう強行的に登録されました。そして、金田法務大臣が挙手をし、答弁しようとしているのを、事もあろうに、安倍総理大....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/7

委員会名参議院 本会議


「秋野委員長は医師でもあります。ある日のこと、委員会が始まる前のひととき、こんな場面があったのを私は覚えています。腰痛や高血圧など、国会議員の皆さんにもありがちな病気の悩みの話になったときのことです。委員長は、いつもの穏やかな表情で、とても分かりやすく明快に的確な治療法や対応策の仕方を話してくださいました。こ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/7

委員会名参議院 本会議


「参議院における共謀罪の審議をめぐっては論点がようやく明確になってきているのに、政権側の横暴さはむしろ加速し始めています。安倍総理は、ラジオ番組で、国会における私たちの法案審議について、不安を広げる議論を延々しているなどと、まるで言いがかりのような許し難い発言をしました。そんなことはありません。逆に、今回の法....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/7

委員会名参議院 本会議


「疑念や懸念を抱いているのは日本国民だけではありません。国連特別報告者のカンナタチ氏は重大な疑念と懸念を公開の場で提起しています。政府は、TOC条約締結を共謀罪法案の立法事実、法律を作る根拠に挙げています。国連の権威を利用して法案の成立を図ろうというなら、この法案の疑念や懸念について、まず国連に対して誠実かつ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/7

委員会名参議院 本会議


「私たちはこの共謀罪法案の徹底的な審議を求めています。衆議院では三十時間の審議時間でしたが、良識の府たる参議院では三十時間をはるかに超えた審議でもよいくらいだと私は個人的に考えています。この法案は、憲法十九条に規定する思想及び良心の自由、つまり内心の自由を侵害する違憲無効の疑いが濃い大変重要な法案です。だから....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/7

委員会名参議院 本会議


「このところの世論調査では、共謀罪に対する反対が賛成を上回りつつあり、八割近い方が政府の説明は不十分と言っているんです。また、森友学園疑惑、加計学園疑惑の問題についても国民の不信と不満が広がり、こちらも国民の七割以上の方が政府の説明は十分ではないと言っています。それなのに、とにもかくにも強引に委員会を開催して....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/1

委員会名参議院 法務委員会


「この法律は、組織犯罪防止条約に基づいて政府が出した法案、通称テロ等準備罪というのがとてもポピュラーというか、これがもうすっかり知られて、こういう名前で言われることが多いです。もちろん、私たちはやはり、この中にある本当の法案の意味はやっぱり共謀罪であるというふうには思っておりますけれども、そのテロ等準備罪、政....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/1

委員会名参議院 法務委員会


「それでは、次の質問、伺いたいと思うんですけれども、これまでのこの委員会での答弁で、政府側は、組織犯罪集団、こうしたものの犯罪を防ぐことができるという一方で、例えば、団体とか大勢の人数が計画、準備をするということならば、これは当然捜査の対象になるという一方で、例えば、今ヨーロッパとかアメリカで起きている、本当....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/6/1

委員会名参議院 法務委員会


「それから、やっぱり今回のこのテロ等準備罪、いわゆる共謀罪、これについて一般の人たちが対象になるのか、巻き込まれるのかということはこれはとても大きな関心事になっているというふうに思うんですね。この辺りの不安というのは依然と、いや、巻き込まれるんだというのと、いや、きちっと条件を付けて、今回対象になる団体を指定....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/30

委員会名参議院 法務委員会


「あの大臣の答弁、これ、ここにありますけど、昨日の速記録、取り寄せました。ちょっとポイントだけ読ませていただくと、環境保護や人権保護を標榜していたとしても、それが言わば隠れみのであって、実態において、結合関係、共同の目的が一定の重大な犯罪などを実行する団体と認められるような場合は組織的犯罪集団と認められて、テ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/30

委員会名参議院 法務委員会


「表向き標榜しているのは、これはごくごく普通のきっと、いいことをしているかは分かりませんけれども、違法ではない団体だけれども、その実態はということになるわけで、じゃ、その表の顔と違う裏の顔をどうやって見分けるのか、突き止めるのか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/30

委員会名参議院 法務委員会


「昨日の答弁の中で、法務大臣御自身が、隠れみのになる表の顔の例として環境保護や人権保護と書いてあるんですが、隠れみのになりそうなものというのはほかにどんなものというふうに考えられていますか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/30

委員会名参議院 法務委員会


「それでは、大臣御自身で、この挙げられた例以外にも、やはり私も挙げてみろよと言われれば幾つか挙げたいと思っているんですが、大臣が考えられているそういう表の顔になりそうな、隠れみのになりそうな団体、運動、活動、どういうものでしょうか。大臣、どうですか、大臣。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/30

委員会名参議院 法務委員会


「そうしたら、それをどうやって、じゃ、実態解明するかといったら、やっぱりいろんなところ、ああ、あそこに最近新しい何かNPO法人できたけれども、どうも何やっているかよく分からないからちょっと調べてやるかという話になりませんか。(発言する者あり)そういうことが私は、いや、逆さまじゃない、そういう順番、そういう順番....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/30

委員会名参議院 法務委員会


「やっぱり、大臣の昨日の答弁の中でも、後半で言っていらっしゃるんですよね。組織犯罪集団と関わりがない方々、方々という意味で、一般の方々というのはそういう意味で用いているということですけれども、関わりがないんだけれども、隠れみのというのは、悪意を持って関わりをつくっちゃうということがあると思うんですね。だから、....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/30

委員会名参議院 法務委員会


「今の刑事局長のお答えはそのとおりだと思うんですね。要するに、疑いがなくて嫌疑がなければそういう捜査をすることはないと。それは違法であるとさえ今おっしゃったわけですけれども、私がやっぱりちょっと心配しているのは、捜査までもいかないまでも、やはり隠れみのに、もし、もしかしてされてしまった、そう思われてしまった市....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/30

委員会名参議院 法務委員会


「つまり、私が心配しているのは、隠れみのに使われるのはあくまでも合法的、大臣がおっしゃるように、問題のない団体なわけでしょう。でも、例えば大垣事件、それから、まだ例を挙げればこれは具体的な例、幾らでも挙げられるんですよね。例えば私たちの党の大分県の問題もありました。あれは隠しカメラということだったですけれども....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/30

委員会名参議院 法務委員会


「ポイント違うというふうにおっしゃいますけど、一般の市民の中の様々な活動を日常的、通常的、一般にこうやって調査をする活動はやっているという答弁があったんですね。これは、このままこれはあるということは、まず、これ今日の大事なところなので、これは認められるわけですね。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/30

委員会名参議院 法務委員会


「捜査をするときには警察というのは令状というのが必要ですね、捜査令状。捜査令状というのは、請求しますけれども、そのときに、これは例えば、一般的に言っていろいろな事件とか何か関わりがありそうな場合は、当然、容疑者でもまだ何でもないかもしれないけれども、そういう人に捜査令状が出ることはありますか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/30

委員会名参議院 法務委員会


「令状というのを請求するためには、これは警察が勝手にできるわけじゃなくて、令状許可というのを取るわけですね、令状請求の。その令状請求をする裁判所ですけれども、実際にその令状が請求されて、請求されてそれで許可が出るという、その令状請求の数、それから実際に出る数、その辺り、最高裁の方でデータはお持ちですか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/30

委員会名参議院 法務委員会


「私がちょっと伺いたかったのは、実際に請求があって、それを許可するのがどのぐらいかということをちょっと知りたかったんですね。全体の数というよりも、今おっしゃっていただいたパーセンテージですね。令状の方が九八・四%、もう一つは九七・七%、かなり高い率で請求が認められるということなわけです。これ、認めるには、裁判....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/30

委員会名参議院 法務委員会


「令状を請求する理由が書いてあると思うんですね、理由がね。その理由ですけれども、これだけ高いパーセンテージで認められるということは、やっぱりそれなりの理由があると思うんですね。例えば、出されている、その申請されている理由、請求されている理由、この辺りはどんなことを基準に判断されるのかということを知りたいと思う....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/30

委員会名参議院 法務委員会


「慎重に、そして精査してということですけれども、まだ、何というんですかね、実際には容疑の段階ですよね。そういうもので出てくる捜査令状みたいなもので、そんなに、何というんですかね、証拠に裏付けられたものとかそういうものはなくて、やはり捜査当局が考えられる容疑というものが多分書いてあるというふうに思われるんですが....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/30

委員会名参議院 法務委員会


「やはりこういう、何というんですかね、この今回の共謀罪でも心配されている、例えば冤罪とかいろいろなことがあると思うんですが、こうした出されたものがこれだけの確率で認められているということはなかなか、それはもちろん警察もしっかりと調べて令状の請求を出すんでしょうけれども、これだけ認められているということはなかな....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/29

委員会名参議院 本会議


「北朝鮮情勢についてはG7においても議論されたとのことですが、安倍総理は、我が国に迫る北朝鮮の脅威について国際社会にどのように訴えたのか、また、我が国は今後どのような対応を取るおつもりなのか、お答えください。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/29

委員会名参議院 本会議


「安倍総理、単刀直入に伺います。文部科学省の前事務次官前川喜平氏は、総理の意向などと記された文書は本物と言い切りました。もはや確認できないでは済まされません。本物なのか、そうでないのか、どちらなのでしょうか。はっきりさせましょう。前川氏は、また、国会の証人喚問に応じると答えています。怪文書と突っぱねたり個人的....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/29

委員会名参議院 本会議


「TOC条約は、マフィアなどによる麻薬取引、人身売買、マネーロンダリングなど、経済的な利益を目的とした国際的な組織犯罪を防止するための条約です。ほかならぬ日本政府も、テロ行為を除外するよう条約の作成される段階で求めていました。国連の立法ガイドを書いたニコス・パッサス教授も、この条約はテロとは無関係であると断言....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/29

委員会名参議院 本会議


「新しく法律を制定してTOC条約を締結した国は非常に少数だと聞いていますが、少なくともOECD諸国三十五か国の中で何か国あるのか、外務大臣にお伺いします。また、それらの国は、既存の法原則まで変更したのでしょうか。それとも、共謀罪をつくらないと我が国がTOC条約の締結ができないなどという、いつ、誰に、どんな形で....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/29

委員会名参議院 本会議


「この法案の中身は分からないことだらけです。衆議院での法務大臣の迷走答弁によって疑問点はどんどん増えてしまい、法案の六条二項に関する部分だけでもおよそ二百項目もの不明点が指摘されています。理解不能、しかも裁量が入る余地が大きいなら、その時点で欠陥法案ではないでしょうか。また、未遂罪、予備罪のない犯罪にまで共謀....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/29

委員会名参議院 本会議


「衆議院での審議はたった三十時間余り、ごくごく基本的な中身も不明なまま参議院に送られてきました。立法事実として事前に示された三つの事例は全て現行法で対応が可能と証明されるや、政府はだんまりを決め込んでいます。金田法務大臣、この法案が必要な事例を一つでも具体的にお示しいただけないでしょうか。大臣は、一般の人はこ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/29

委員会名参議院 本会議


「また、法案では、犯罪集団と一般の団体との区別が全く不明確です。大臣は、通常の団体が組織的犯罪集団に一変することがあるとおっしゃいましたが、それは誰がどんな基準で判断をするのでしょうか。犯罪集団に一変しないかどうか確認するために捜査当局はどんな団体も常時監視してよいと解釈されかねませんが、法務大臣、この点も明....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/29

委員会名参議院 本会議


「国家公安委員長にもお尋ねします。岐阜県大垣市で、環境問題を考える集会に参加した一般の人を警察が調べていたことが明らかになりました。大垣事件と呼ばれるこの事件に関連して、犯罪組織でない団体を監視することも警察の通常任務であるとの答弁がありました。この答弁に変わりはないのでしょうか。もしそうなら、市民運動や労働....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/29

委員会名参議院 本会議


「法案の対象犯罪を見ると、大半は組織犯罪とは関係がない一方、一般の団体の正当な活動に関するものが数多くあります。法務大臣、ストライキは本法案が対象とする業務妨害になるのでしょうか。デモは騒乱罪に当たるのでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/29

委員会名参議院 本会議


「懸念はまだあります。政治的意図を持った当局の恣意的な運用や国策捜査、そして意図的な冤罪のおそれも指摘されています。裁判で有罪にはならなくても、捜査対象として嫌疑を掛けることは可能です。今は刑事訴訟法に匿名証人制度が導入されており、司法取引も可能です。政府がテロ関連と指定した情報は特定秘密に指定できます。誰か....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/25

委員会名参議院 法務委員会


「部屋を借りたり、特に民間の部屋を借りたり、それから家を借りたりする、いわゆる賃貸住宅を借りるときに、私たちはやっぱり不動産屋さんへ行って、一番最初に賃貸契約書なるものを目の前に出されて、そして大家さんと、それから借り手、たな子さんと、それからその仲介をする多分不動産業者あるいは宅建業者というような形で賃貸契....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/25

委員会名参議院 法務委員会


「部屋を借りたり、特に民間の部屋を借りたり、それから家を借りたりする、いわゆる賃貸住宅を借りるときに、私たちはやっぱり不動産屋さんへ行って、一番最初に賃貸契約書なるものを目の前に出されて、そして大家さんと、それから借り手、たな子さんと、それからその仲介をする多分不動産業者あるいは宅建業者というような形で賃貸契....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/25

委員会名参議院 法務委員会


「そうすると、その保証人の役割、どういうふうな役割になるのかということと、それから、この保証人、例えば家賃の未払があったときというのは一番分かりやすい例だと思うんですが、保証人の役割ですね、それから、どこまでその責任範囲があるのかというようなことについて伺いたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/25

委員会名参議院 法務委員会


「例えば、例えばですよ、今独り暮らしの方が多くなっていますよね。そうすると、孤独死というのがすごく問題になりますね。借りた部屋の中であるとき突然その借主の方が亡くなられるということもある。そういうこともある。それから、その部屋の主の方が部屋で不幸にして人生悲観して自殺しちゃうようなこともあるかもしれませんし。....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/25

委員会名参議院 法務委員会


「そうすると、現行とそれから今度の新しいルールになると、今おっしゃった極度額、これ、法律の専門用語じゃないかと思うんですが、言ってみれば賠償の限度額というふうに言ってもいいと思いますけれども、それをあらかじめ決めておかなくてはいけないというような、今度の新しいルールはですね、おっしゃったんですけど、そうすると....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/25

委員会名参議院 法務委員会


「念のためですが、そうすると、この新しいルールになった場合は、賃貸契約書の中に、多分保証人の欄のところに保証人が負うべき義務というか責任というか、そういうものがある程度明記されるというふうに解釈してよろしいんでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/25

委員会名参議院 法務委員会


「それから、今回の改正の大きなポイント二つあるというふうに言われています。一つは敷金の問題と、それからもう一つは借りている部屋なり家を出るときの退去時の原状回復と。これ、本当に家借りたことある人にとっては、必ずやっぱり大家さんとあるいは不動産業者と細かいところでいろいろ食い違いがあったり、場合によってはトラブ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/25

委員会名参議院 法務委員会


「それから、敷金というと必ず、一般的に言うと二か月分というふうなことがあったり、最近は一か月分とかあるいは敷金要りませんというような契約もあるように聞いております。それから、逆に言うと、例えば大きなビジネス、商業用のビルみたいなものだと、やっぱり逆に言うと一年分とかそういう大きなお金の敷金を要求するケースもあ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/25

委員会名参議院 法務委員会


「細かいことに入るようですけど、決まりがないということは、逆に言えばオーナーというか貸主の方が、いや、あなたが入居している物件については例えば一千万円の敷金入れてほしいとか、そういう一億円とか法外な敷金を要求しても、それは可能ということですか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/25

委員会名参議院 法務委員会


「そして、今度の法案の中に、新しく改正の中にその敷金というのは、まあ一般的には敷金と言われていますけど、名称は問わないということが指摘されているのは、名称は問わないということはどういうことかと。そうすると、敷金じゃないほかの何か呼び方、名称というのはあるんでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/25

委員会名参議院 法務委員会


「そうなると、保証料ということになると、次の質問をさせていただきたいんですが、大きく影響を受けることは、もう一つの大きな今回の民法のルールでありますいわゆる原状回復ですね、退去するときに部屋の状態をどうしていくのかというのは、これ結構、これは貸主と借主の間で結構まあいろいろ細かいところまでいろんなことがあるん....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/25

委員会名参議院 法務委員会


「そうすると、出るときに普通の傷みなのかあるいは借りた人の特定の傷みなのかというのはとても難しいし、それから、例えば壁とか、何ですか、廊下に大きな傷があったりなんかした場合どっちが、最初からあったのかあるいは付けたのかというのは分からないと思うので、やはり原状回復の話をしていると、私は、退去時も大事ですけれど....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/25

委員会名参議院 法務委員会


「そうすると、その場合の入居時の、今おっしゃったように写真を撮るとか、入るときの状況がどうだということを、何ていうんですかね、お互いの了解をできる状況にしておく、証拠にしておくみたいなこと、これはどういうふうなことで決められているのか、これはお答えいただけますか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/25

委員会名参議院 法務委員会


「自主的のような気がするんですけど。そうすると、その辺りのトラブルをしないようにという、まあ不動産業者とか、賃貸契約書なんで宅建業者とか、そういうところになると思うんですが、この辺は国土交通省の方でちょっとここの辺りを聞かせていただけないでしょうか。」 「それについても特に法律に基づいてということではないんで....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/25

委員会名参議院 法務委員会


「それから、今回の改正の中で賃貸借契約期間というのが、普通の場合は二年とか五年とかそのぐらいずつで契約更改をしていくということがあるんでしょうが、上限が二十年ということに現行法ではなっていると伺っています。その後、契約を延ばせてもあと二十年、つまり最大四十年ということでしょうかね。それが今度の新しい法案では五....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/25

委員会名参議院 法務委員会


「ですから、貸す方と借りる方もあると思うんですけど、その仲介に立つ立場の宅建業者とかあるいは不動産業者にとってはこれ物すごく大事なことだと思うんですね。これから新しいルールができたらこの辺りをやはりどうやって周知をしていくか、その辺りをどういうふうに考えておられるか、伺いたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/25

委員会名参議院 法務委員会


「私、今回勉強させていただいた本に、日本弁護士連合会が作ったこういう本があったんですね、「消費者からみた民法改正」。消費者から見たという、こういう分かりやすいやっぱりものがその項目ごとに私は必要じゃないかと、そのケースごとにですね。何かこういう分かりやすい例えばパンフレットを作って啓蒙に努めるとか、やはりその....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/16

委員会名参議院 法務委員会


「これは、もう代理でなくて本人でなくてはいけないという確認をちょっと取らさせていただきたいんですが、代理人じゃなくて本人がこの公正証書の作成のところには出なくてはならないということと、それから、やっぱり物の順番として、公正証書と契約書というものがあるわけですが、保証人になりますというその契約書を作る前に保証人....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/16

委員会名参議院 法務委員会


「今、その中でちょっと先立ってということがありました。公正証書を作ることと金銭の契約書を作って保証人に実際になること、これ、例えば今のお話ですと、例えば公正証書を作るとき、そのときに、それではその公正証書を作って、保証人になる意思が確認されましたね、それでは契約書お願いしますというふうな、多分よく契約の現場で....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/16

委員会名参議院 法務委員会


「そうすると、やはりそこで公証人の方から様々な条件、様々な問題点などを指摘されて、こういうことを前提にしてあなたは保証人を引き受けますねという説明を受けて、それで当然納得して署名をするんでしょうけれども、やはり気分的には、その保証人になった、それでは覚悟ができたということもありますけれども、やはり今お答えです....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/16

委員会名参議院 法務委員会


「ですから、一旦やっぱりそういうことを聞いたら、例えばその人が、本当にこういうことで俺引き受けるけど大丈夫だよねみたいな、やはり自分の気持ちをしっかりさせるための、多少何か時差というか時間、考慮時間というのは必要な気がするんです。今おっしゃったのは、その時間必要ないというようなことをおっしゃいましたけど、私は....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/16

委員会名参議院 法務委員会


「そうしますと、逆に言うと、行った日に、じゃ作る必要はなくてもいいんですね。つまり、公証役場行きますね、公証人のところで保証人になるべくいろいろ説明を受けたと。私がもしその本人だとすると、事前にいろいろ聞いていることとは何か違う難しいことがあってちょっと不安に感じたと。その場合、その日そのときは、それじゃ、署....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/16

委員会名参議院 法務委員会


「今回、やっぱりそういうことは避けなくちゃならないわけですから、公正証書というものを作るのは、これはもうこれだけ、そして本当に契約書は契約書ということで、間違えてもいろんなものが紛れ込んで、ノーカーボンの用紙で本人が知らない間に書類が作られるということはないですね、そういう危険性というのはなくなりますね。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/16

委員会名参議院 法務委員会


「それと、こうした保証制度の中で特に私は、先ほども指摘しましたけど、配偶者ですね、これが例外になっているって、これはやっぱりちょっと納得できない。先日の委員会での御説明ですと、やっぱりそれは合理性があるということを、特に小さな個人商店のような場合は経営がその経営者と配偶者と一体となっているから合理性あるという....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/16

委員会名参議院 法務委員会


「法務大臣にお伺いしたいんですけれども、この配偶者を例外にしたということですね、今回、まさに現場からの要請もあったということもあるでしょうけれども、やっぱりどうもここだけ例外扱いにしているのがこの制度自体を少しおかしなものにしているというような気もするので、将来的に改正する必要というものを感じておられるでしょ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/16

委員会名参議院 法務委員会


「そういうふうにやって、残るということは、ちょっと次の質問に行きますけれども、金融庁にお伺いしたいと思うんですけれども、こうしたことによって、何というんですか、貸し渋りが起きるんじゃないかという心配が現場から言われていますし、これまでも第三者保証がなくなってしまったらなかなかお金が借りられなくなるということが....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/16

委員会名参議院 法務委員会


「やはり、第三者保証をなくす、第三者保証に頼らない融資ということ、これは是非広げてしっかりと根付かせるようにしていただきたいんですけれども、その一方で、そのためには信用保証制度というのの拡充ということも言われておりますが、この辺りの、信用保証の拡充ということについて金融庁は積極的に取り組んでおられますか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/16

委員会名参議院 法務委員会


「それから、今度の民法改正で、この民法自体と絡めてその関連する法令がいろいろあるわけです。参考人の中の話にも出てきましたけれども、消費者保護のための法律、あるいは公証人のための法律、こうしたものも改正していかないとなかなか運用がうまくいかないんじゃないかというような指摘もありましたけれども、こうしたことを改正....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/11

委員会名参議院 法務委員会


「私が思うのは、やっぱり民法のこの改正部分だけじゃなかなか、きっとうまく運用できないこともあるのではないか。例えば、消費者保護法とかあるいは公証人法とかいろいろあるわけですね。二百ぐらい今回変えられた項目があるということなんですが、参考人御自身で、この中で、民法改正に伴って、この法案、法令についてはやはり今後....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/11

委員会名参議院 法務委員会


「参考人は、中小零細企業の発展のためにはやっぱりこの個人保証というのは問題、特に第三者保証、これは原則禁止すべきだ、とても熱い御意見だったと思います。それで、私もやはりそのとおりだというふうに思うんですね。経営と家計の分離とか、それから、いろんな理由はあるでしょうけれども、やっぱり夫婦といえども人格は別だと私....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/11

委員会名参議院 法務委員会


「とてもこのバランスがちょっと私には不思議なので、その辺りをちょっと山田参考人に伺いたいんですが、資格があるけれども、何でこんなに司法書士から例えば公証人になる人が少ないのかなということですね。もっと人数的に言えば多くてもおかしくないというのが、なぜこうなのかということと、それから、その辺りは選任のプロセスに....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/11

委員会名参議院 法務委員会


「そうすると、少ないということは、やはり希望者が少ないとか、何か公証人の資格を取るのは難しいとか、そういうことだけなんでしょうか。何かそれにしても、大事な、今おっしゃったような重要な仕事だけれども、ちょっとやる人が少ないということが気に掛かるんですが、いかがでしょう。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/10

委員会名参議院 国際経済・外交に関する調査会


「今回のこの調査会のテーマでありますアジア太平洋における平和の実現、そして地域協力及び日本外交の在り方というこのテーマは、まさに私は時宜に合ったテーマだというふうに思っております。そして、その後半で、特にその課題を実現するための信頼の醸成それから平和の実現に向けた取組と課題ということについて、専門家の方をお呼....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/10

委員会名参議院 国際経済・外交に関する調査会


「今回のこの調査会では、大変広いテーマでお話を伺うことができたというふうに思っております。隣国といっても、日米関係から始まって、日中、そして日ロ、あるいは遠く今ヨーロッパも大きく変わっている、世界がまさに今大きく変わっているということを今回のこの調査会で実感をさせていただきました。そして、お隣の国である日韓、....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/10

委員会名参議院 国際経済・外交に関する調査会


「それから、大事な日韓、日朝関係ですけれども、特に北朝鮮、聞く耳を持たない大変危険な国というふうに言われていますし、経済制裁をやってもなかなかその効果が出ないんだから、いっそのこともっと強硬手段に出たらいいんじゃないか、どうだというような、そうした意見もありましたけれども、私は、この北朝鮮との関係というのは一....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/10

委員会名参議院 国際経済・外交に関する調査会


「そして、韓国との関係も今ぎくしゃくしています。お隣の国です、お隣の国だということは、やはりほかに何物にも代え難いお隣ということであります。ですから、そのためにはやはりいい関係をどうやって保っていくかということを考えると、これはやはり外交、外交力が非常に大事ではないかというふうに思っております。そのためにも国....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/9

委員会名参議院 法務委員会


「公証人というその仕事についてお伺いしたいんですけれども、公証人というのは一体どんな人がやっているのか、その身分、あるいはどんな基準で選ばれているのかというようなこと、それから、当然その選ぶ過程というのは何か公開されたようなシステムになっているのか、その辺りの基本的なことからまずちょっとお伺いしたいと思います....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/9

委員会名参議院 法務委員会


「公証人、公証役場の数とも関連してくるんでしょうけれども、定員といったもの、人数の規定などがあるのかどうかということと、それから、今、司法関係の方がなることが多いというふうな話でしたけれども、例えば法務省とか裁判所のOBでない民間、いわゆる民間の方というのは公証人になる資格があるのか、そしてそういう方はいらっ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/9

委員会名参議院 法務委員会


「特に今伺った感じでは、法務省とか裁判所出身の方に比べると、民間の方、今司法書士三人ということですが、かなり数が少ないんですけど、これは何か理由はあるんですか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/9

委員会名参議院 法務委員会


「これ当然、今回の改正案、第三者保証ということで公正証書を作るということになるわけですけれども、公正証書というのは当然手数料が掛かると思うんですが、大体どのぐらいの手数料が必要ということなんでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/9

委員会名参議院 法務委員会


「で、公正証書ですけれども、今回、そうした人たちに対して、やはり借金に当たってこういう条件で借りるんだということを説明する、それを、公正証書というものを改めるということになると思うんですが、例えば新たにできる公正証書ということに、借金に当たってのどんなことを、保証人に頼まれた人物、例えば友人かもしれない、親族....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/9

委員会名参議院 法務委員会


「例えば、そうすると、今おっしゃったような公正証書には、今度新たに作る、つまり、やっぱり知らなかったでは済まないから、保証人になるに当たって、債務者、つまりお金を、保証人に頼まれた、頼んだ人、頼んだ人ですね、お金を借りる本人はどこから幾らぐらいをどんな条件で借りて、もしそれが返せなくなったときにどういうことが....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/9

委員会名参議院 法務委員会


「それで、今おっしゃったことを、確認をするということを今伺ったんですが、やっぱりその部分、とてもお金を借りるということで大事な部分で、これやっぱり説明したとしても、後になってみたら言ったとかあるいは聞いていないとか、そういうことになりかねないというふうに思うんですね。公証人の方は説明したとは思っていて説明して....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/9

委員会名参議院 法務委員会


「今回、そういうことで書類を作っていく。これ新たな制度ということなので、先ほど伺った公証人の数、四百九十六人今いらっしゃるということなんですが、これで多分業務も増えてくるというふうに思うんですけれども、この新たな公正証書を作るというこの作業で、これで現在の公証役場、それから公証人の数で対応できるというふうに考....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/9

委員会名参議院 法務委員会


「それからもう一点、今回の改正でまだ問題点として残っているのが、第三者保証、いわゆるそれについては公正証書を作成するということになっているんですが、その中で唯一例外事例があります。配偶者なんですが、この配偶者について公正証書の作成を例外にしている、この理由は何でしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/5/9

委員会名参議院 法務委員会


「時間が来ておりますのでまとめたいと思うんですが、合理性があるということは分かるんですけれども、やっぱり夫婦といえども今の社会状況でいえば別人格ということもありまして、この辺り問題として今後に残るんですけれども、これについて最後に金田大臣のちょっと見解をお伺いしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/26

委員会名参議院 国際経済・外交に関する調査会


「お三人の方に伺いたいんですが、まず小針参考人にお伺いしたいんですけれども、韓国、今話あったように、オリンピックもあったり大統領選挙もあるという中で、私やっぱり、今回、朴槿恵大統領がああいう不正問題で大統領を罷免されてしまったと。韓国の歴史見ると、結構大統領が大統領の任期の終わりになってああいう問題で不祥事を....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/26

委員会名参議院 国際経済・外交に関する調査会


「やはり、すごく北朝鮮に対しては難しいと思うんですね、外交的にも政治的にも。いわゆる言ってみれば北風的に当たるのがいいのか、あるいは太陽的に当たるのがいいのかとか、いろんなことがあるけれども、どれもなかなかうまく何かいきそうもないし、それから、日本の場合はやっぱり拉致問題というのを抱えていますね。これ、やはり....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/20

委員会名参議院 法務委員会


「まず、現在、犯罪の捜査に当たって会話傍受というのは行われていますか。まず、それをお伺いいたしたいと思います。」 「さあ、それでは、導入を検討されたことはありますか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/20

委員会名参議院 法務委員会


「今、見送った理由も伺ったんですけれども、このときにやっぱり一緒に当然通信傍受というのも取り上げられていたと思うんですが、こっちは結局、去年の刑事訴訟法改正案で盗聴法改正ということで、捜査の一つとしてでき上がったわけですね。今、刑事局長の答弁ですと、会話の傍受の方はまだちょっと検討する、すべきであるということ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/20

委員会名参議院 法務委員会


「ちょっと具体的にお伺いしたいんですが、まず一つ目、超指向性のマイクですね。今、マイク良くなっていまして、離れたところでも指向性の強いマイクを使えば遠い会話が聞こえるということなんですね。そういう超指向性の強いマイクなどの機器を使って屋内じゃなくて屋外から会話を傍受する、これは認められるのか認められないのか、....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/20

委員会名参議院 法務委員会


「じゃ、時間がないので先へ行きたいんですけれども、いわゆる先ほど私がお話しした盗聴器などですね、そうしたものの機器を室内に、屋内に設置して、そして会話を傍受するというケースはいかがですか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/20

委員会名参議院 法務委員会


「次に、他人のスマホあるいはパソコン、これを遠隔操作、いわゆるハッキングということだと思うんですが、そのようなハッキングして会話を傍受するということはいかがでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/20

委員会名参議院 法務委員会


「そして、もう一つ伺いたいです。潜入による録音などでの会話傍受ということもできると思うんですね。例えば、集会に紛れて、小型の高性能の録音機をポケットに入れて、そして会話をしている近くに行って会話を録音、傍受するということですね。それから、あるいは、やっぱりサラリーマンの私たち、普通のサラリーマンですと飲み屋さ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/20

委員会名参議院 法務委員会


「今局長からお答えいただいたのは捜査上の方の観点からお答えいただいたと思うんですが、先ほど冒頭で、最初の方で説明ありましたように、そうじゃなくて、捜査じゃなくて、民間の人がやっぱり最近こういう傍受、会話の傍受あるいは通信傍受みたいなのがやるケースがあるんですが、そういう場合は違法なんでしょうか、それとも違法で....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/20

委員会名参議院 法務委員会


「ただ、そうはいっても、法制審議会でこうやって一回会話の傍受ということが取り上げられたということは、どうなんでしょうか、捜査の面から見ますと、今お話、局長から伺いましたが、会話の傍受というのは捜査上の一つの捜査手法としては、もし認められるようなことになれば、これは有効なものなんでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/20

委員会名参議院 法務委員会


「やっぱりとても心配なことは、今、組織犯罪処罰法、いわゆる共謀罪審議が始まっておりますけれども、やはりそういう中で、例えばLINEもその捜査の対象になる、監視の対象になるということを言われているわけですね。今こうやって取り締まる直接法律がないとすると、やっぱりこうした会話傍受もいわゆる共謀罪の中に捜査の一つの....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/20

委員会名参議院 法務委員会


「法律が成立しても室内傍受は取らないというふうに今大臣はっきりおっしゃいましたけれども、この条約の中には、その措置をとれ、とれというふうに命令はしていないですけど、そういう特別な捜査方法を明記しているわけですね。これは、こういうふうになっていてもやらないというふうに確約をしていただけるんですね。大臣にお願いし....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/18

委員会名参議院 法務委員会


「だから、小さい頃はやっぱり憧れあるんじゃないかと思うんですよ。だから、こういう子供の夢を、途中で無残にもやっぱりあの仕事辞めようかなとなるよりは、こういうふうに小さいときに持っていた夢、これを実現させてあげるようなやっぱり私たちの社会じゃなくちゃいけないんですけれども、法務大臣、これ、こういう子供たちのこの....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/18

委員会名参議院 法務委員会


「そこで、まずお伺いしたいのは、司法修習制度が存在する理由というもの、これ義務化されているというふうに言ってもいいわけですよね。これが、この課程を経なければその資格が与えられないわけですから、この修習制度。それで、戦前からもあったと思うんですが、戦後にこうした制度ができたというふうに伺っているんですが、これ、....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/18

委員会名参議院 法務委員会


「それから、先ほど何日間か休めないかという話も出ましたけれども、働く場合も承認取らなければ働けないということがあると、やはりその間専念義務で拘束されてしまうわけなんですから、収入がやっぱりないというのはかなり厳しいと思うんですけれども、そこの辺りはどういうふうに考えておられますか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/18

委員会名参議院 法務委員会


「さっきも出た質問だと思うんですが、もう一回ちょっと伺いたいんですけれども、二〇一一年に司法修習制度が、給費制、そこまでは給費制だったわけですけれども、それが貸与制に移行した。じゃ、その移行した理由、もう一回聞かせてください。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/18

委員会名参議院 法務委員会


「ですから、この辺り、むしろ逆に言ったら、拘束しないようにする、つまりお医者さんみたいに、司法試験受かったら実際に司法の勉強をするために、それじゃ、司法インターンというのがいいのかどうか分かりませんが、そういうあれで、つまり実際に働きながら勉強して、もう一回、じゃ、最終試験を受けるというような方法もあると思う....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/18

委員会名参議院 法務委員会


「この谷間と呼ばれる世代のちょっと話で、六十五期から七十期までというふうに言われておりますけど、この修習生、どのぐらいいて、その修習費用、実際の貸与の状況というのはどんなふうになっているか、聞かせてください。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/18

委員会名参議院 法務委員会


「借りていない人も、今のお話ですと一万一千人のうち八千人が貸与制を利用されているということですから、三千人は借りていない、この三千人は借りていない、借りなくても、それは個人の理由なので分からないと思いますが、現実的にこの人数は借りていないということですか。確認でございます。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/18

委員会名参議院 法務委員会


「大体、例えば修習生の実態ということで、このいわゆる谷間の世代、こうした人たちが一体どのぐらい借金があるのかということとか、それから、五年据置きで六年目からですか、返済始めて、十年間で返すということなんですが、繰上げもあるというふうに伺っていますけれども、大体どのぐらいの返済額というふうなことをつかんでおられ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/18

委員会名参議院 法務委員会


「この三十万円は、どうなんでしょうね、やっぱり年間で三十万円返す、まあ住宅ローンなんかでもこれよりも返す場合もあるし、これ、更に住宅ローンなんか抱えているとまた返す額もあるんでしょうけれども、この三十万円返さなくちゃいけないということは、やっぱり修習生にとってどのぐらいに負担になるのかなという感じを例えば大臣....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/18

委員会名参議院 法務委員会


「これだけの借金を抱えながら社会生活を始めるということで、やっぱり不公平が残ってしまうという感じはもしかするとこの当事者の方たちは持っているでしょうし、私もここは確かに不公平といえば不公平だし、解決できるのならしてほしいというふうに思うんですけれども、この辺り、救済する措置というのを、これも何回も多分委員会で....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/11

委員会名参議院 法務委員会


「あの森友学園問題についてなんですけれども、森友学園、予定どおりならばこの四月から開校していたはずですけれども、ああいうことになりまして、この先どうなるのか大変不透明な状況になっておりますけれども、やっぱり、それにしても分からないことがたくさんあります。国有地の八億円値引き売却、それを始めとして不可解なこと、....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/11

委員会名参議院 法務委員会


「今大臣から答弁いただきましたように、二件告発状が出されている。一件が補助金詐欺、そして二つ目が国有地を不当な安値で売却したという、その疑いということですね。これは共に大阪地検に出されて受理されたというふうに伺っておりますけれども、そうでしょうか。それから、誰に対してこの告発されているか、その告発の対象は誰な....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/11

委員会名参議院 法務委員会


「そうすると、告発されたのは、補助金に関しては籠池泰典理事長、それから国有地の不当な安値で売却というものに関してはこれは財務省近畿財務局の職員に、あれですか、職員ということで告発を受けているわけですか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/11

委員会名参議院 法務委員会


「それで、お伺いしたいんですけれども、受理されたということは、捜査に足る疑惑あるいは何らかの容疑があるという判断でよろしいんですね。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/11

委員会名参議院 法務委員会


「そうすると、お話ですと、もう捜査は開始されたということですね。当然、一般の側から見ればもう捜査始まっている、しかも、こうした補助金詐欺、それからもう一つは国有地の不当安値売却ということが理由に挙げられている。ですからまた、そういうことに対しての疑惑とか容疑があるというふうに考える。これは一般論でも結構なんで....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/11

委員会名参議院 法務委員会


「始まったというふうに私は解釈いたしますけれども、やはり今回のこの森友学園問題というのは、大変たくさんの人が関わり合っているというふうに思うんですね。契約から始まって土地の売買とか工事、それから認可の問題、それから学校の開校などめぐって大変多くの関係者がこの森友学園問題には関わっているというふうに思います。も....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/11

委員会名参議院 法務委員会


「じゃ、森友学園問題というふうに限定しなくて結構でございます。一般的に、検察が告発を受けて、そして受理して、そして捜査を開始しているということになれば、やはり事件の解明ということが当然目的なわけですね。そうなると、やっぱり解明するに当たっていろんな人から話を聞かなくちゃいけない、場合によっては取調べをやらなく....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/11

委員会名参議院 法務委員会


「やっぱり検察としては、巨悪は逃さないという、そういう決意というのは是非必要だと思いますし、その辺りは国民も注目をしていると思うんですけれども、そうした決意で、今回のこの二件の告発出ています、またこれからも出てくるのかもしれませんが、そういう巨悪を逃さない、その決意で捜査に当たると。じゃ、当たるかどうか、その....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/11

委員会名参議院 法務委員会


「ちょっと難しいですけれども、一般論で結構でございますが、指揮権発動ということについてはどう考えていらっしゃいますか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/11

委員会名参議院 法務委員会


「この家事調停官、最高裁の方から資料をいただきました。家事調停官の数の推移というお配りしている資料の上の、一枚目の方ですけれども、平成十八年から二十八年まで家事調停官がこんな人数で働いているということ。これ見ると、ちょっと、少しずつですが、やはり増えている傾向があるんですね。この家事調停官というものがどういう....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/11

委員会名参議院 法務委員会


「実は、こうした調停を裁判所に依頼している当事者の方も、目の前にいる場合は裁判官と同じ役割をしているので調停官と知らないというような話も伺っているんですが、調停官というのはどんな人が役割としてやっているんでしょうか。それから、身分としてはどういうことになるんでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/11

委員会名参議院 法務委員会


「調停をやっている当事者から見れば、裁判官も、それからこの弁護士さんがやっていらっしゃる調停官も区別は多分付かないというふうに思うんですが、こうしたシステムを取り入れているということは、やはり裁判官の数のやりくりとか、そういうものがあってこういう制度を取り入れているという面もあるんではないかと思うんですが、こ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/11

委員会名参議院 法務委員会


「本来ならば裁判官がやるんでしょうけれども、時代の要請に合わせてこういう制度を取り入れているということ、私は、やはり調停という仕事柄、人生経験も豊富だしいろいろな知識もあった方がいいので、裁判官でもよろしいとは思いますけれども、やはりこうした弁護士さんとして優秀な方をこういう調停官というふうな仕事をやっていた....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/11

委員会名参議院 法務委員会


「こうした状況で、入国管理局の方から、二十七年ですから二年前ですね、二十七年一月二十日に、そういう家族滞在の子供たちの、まあ多分就職という場に当たってだと思うんですが、もし資格の変更の申請が出たら定住者へ切り替える、定住者になれば働く時間が制限なく取れるということなんですが、そういうことで、二十七年に管理局長....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/11

委員会名参議院 法務委員会


「そういうことで、さらに入国管理局の方で、その後、やはり徹底ということで文書を出したというふうに伺っております。最初は文部科学省宛てだったわけですけれども、やっぱり実際に現場の子供たちに届かなくちゃいけないということで、お配りした資料を見ていただきたいんですが、二枚目の色の付いている資料なんですが、高等学校卒....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/11

委員会名参議院 法務委員会


「その中で、まず、一、二、三、四と上のところに四つ番号があるんですが、私ちょっと気になったのは、二番目、日本において義務教育の大半を修了していることというのがあるんですね。米印が付いていて、下に書いてあるところを読むと、小学校低学年で来日して、その後継続して在留し高等学校を卒業した場合ということで、その下に、....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/11

委員会名参議院 法務委員会


「だから、その下に書いてある在留資格変更の申請、緑色の枠の中の五番、日本企業などに雇用されることを証明する書類、雇うぞという、これ、雇い側のあれですよね、雇主側の証明書ですよね、それがなくちゃ駄目だと言っているんですけど、これはちょっと順序逆じゃないか。やっぱり定住者になったよということで、逆に、じゃ、雇いま....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/6

委員会名参議院 法務委員会


「さらに、やはり先に国会に提出されました性犯罪強化する刑法の改正案、これを飛び越えて先に審議するという、これは異例の事態だというふうに思います。私たちは、やっぱりこういうことは認めることはできません。被害者の人たちからは、この刑法の改正、性犯罪強化ということを一刻も早く成立させてほしいという、そういう声も届い....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/6

委員会名参議院 法務委員会


「このように、調停が大変大きな役割、家事事件の中で、特に不幸にして離婚あるいは別居する夫婦の問題の中でこうしたことが一番取り上げられることになると思いますので、まず、そういう問題を抱えた当事者同士が最初にいろんなところへ相談を行く、そして、相談をした後にやはり調停にかかるわけですけれども、調停制度、恐らくそん....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/6

委員会名参議院 法務委員会


「そのために、まずお伺いしたいのは、調停に入るに当たって、こうした問題を抱えた、申立てをしてきた当事者たちにどんなふうなこれからのことを説明しているのか、ちょっとなかなか分かりにくい、説明を聞いても分かりにくかったという、そういうアンケート結果も出ているので、どんな説明をしているのか。それから、それについて当....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/6

委員会名参議院 法務委員会


「ただ、この調停の仕組みでいいますと、裁判官がおりまして、それから調停委員というのがいる、そして当事者がいて、記録をする書記官というような方もいらっしゃるんですけれども、裁判官というのは、この調停の役割としては、最初に同席する、あるいは最後だけ、申立ての最後の結論のところだけで立ち会うとかというふうなことにな....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/6

委員会名参議院 法務委員会


「やっぱり相談をしている過程で、多分、相談する人の立場でいうと、裁判官の人に聞いてもらうのが一番相談している人間からいえば安心ができる、信頼できるというところもあるんじゃないかと思うんですが、今のお話ですと、そうすると、なかなかちょっと、裁判官に話をしたいと言ってもなかなかそういかないというような現場の声もあ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/6

委員会名参議院 法務委員会


「そして、最後の四枚目のちょっと資料を見ていただきたいんですが、家事事件というのはこういう方たちが立ち会うということで、判事、判事補、この方たちは裁判官ですね。それから家裁の調査官、これは調停をするに当たってのいろんな調査をなさる方というふうに伺っています。それから、実際に当事者に毎回面接をして、事情を聞いて....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/6

委員会名参議院 法務委員会


「やはり増えているので、それに合わせてということなんですが、調停委員という人の、何というんですか、この方は裁判所の職員ではないというふうに伺っているんですけれども、どういう立場の方がこの調停委員というのをやっていらっしゃるんでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/6

委員会名参議院 法務委員会


「それで、やはり当事者の皆さんにとっては、調停委員の方が余りどういう人か、これもまたよく分からない、自分たちのとても大事な問題を相談するんだけど、調停委員というのがどういう方か分からないということなんですが、どんな方がどんな基準で選ばれてくるのかということと、調停委員という方は当事者の方に自分のことをどんなふ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/6

委員会名参議院 法務委員会


「そうしたことで、非常にやっぱり調停委員というのは難しい仕事であるというふうには思うんですが、何かやはり調停委員、今選ばれる方の出身母体というのは分かりましたけれども、かなり基礎はあると思うんですね、いろんな意味で。ただ、こういう特殊な仕事、任務に就くということで、やはりなるべく相手のことをしっかりと理解して....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/6

委員会名参議院 法務委員会


「ただ、万一、いろいろ相談していても、どうしてもやっぱりこの人とは駄目だと、いろいろ理由はあると思うんですが、不適切だというようなことになった場合、どういうことができるのか。つまり、調停の途中で調停委員を回避したいと、どうしてもこの人では私はもうとにかくやっていけないみたいなことが、そういうケースはあるのか、....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/6

委員会名参議院 法務委員会


「それからもう一つ、この調停で大事なのは、裁判官、調停委員も大事ですけれども、私はこの人も大変重要な役割だと思うんです、調査官という。これ、調査官は裁判所の職員の方というふうに伺っているんですけれども、調査官という名前のとおり、いろいろ調査やるんでしょうね。例えば、調停をやるための二人のお話を、それぞれのお話....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/6

委員会名参議院 法務委員会


「この調査官というのは、今ちょっといろんな専門の知識必要なことをおっしゃいましたけれども、採用基準、これについてはそういう専門的な方というのが多いんでしょうか。そしてまた、任期中にそういう専門的な知識が必要なということで、研修とかやはりそういうこともやっていらっしゃるのかどうか、その辺りを伺いたいと思います。....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/6

委員会名参議院 法務委員会


「説明を伺うと、かなり調査官というのはなるのも大変みたいな感じもありますし、二年間の研修というとやっぱりそう簡単にすぐ増やしたり減らしたりとなかなかできないと思うんですけど、先ほどの私の資料の四枚目で、家裁調査官というのは調停委員の数なんかから比べるとかなり少ないんですけれども、これで大丈夫なんですか、足りな....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/6

委員会名参議院 法務委員会


「ちょっとあと幾つかお伺いしたいんですが、例えば当事者の方たちからの声、これでちょっと多いのが、やはり調停の日が少ないとか、あるいは平日の日中しかできないとか、やはり勤務の関係とか子供の関係とかいろんな状況で、夜間とか休日の調停というのができないだろうかという、そういうふうな声。あるいは、できなければ、ネット....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/6

委員会名参議院 法務委員会


「こうしたことというのは、調停が始まって終わったその段階で、ある程度お互い納得ずくの約束事は成立するんでしょうけれども、その後、そうはいかなくなっちゃう、いろんな事情でいかなくなっちゃうということもある。それから、調停を始める前にだっていろいろ相談きっとしたいことがあるかもしれない。別に調停に行かなくても、も....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/4/6

委員会名参議院 法務委員会


「そこで、法務大臣にお伺いしたいんですけど、私、ちょっとこれ御覧いただくと分かりますが、オーストラリアの例なんですけれども、(資料提示)これお配りしていないんですけど、資料を。家庭紛争を解決するためのサービスというのがあって、それに対して政府が補助金を出してやっているんですね。しかも、これオーストラリアですか....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/3/22

委員会名参議院 法務委員会


「昨日閣議決定をされたいわゆる共謀罪なんですけれども、その中でまず伺いたいのは、六条の二、二項、結局これ、テロ等準備罪と言いながら、最初はテロの一言も条文にはなかったわけですね。これが入った、六条の二項にテロリズム集団その他の組織犯罪集団という形で入りました。少し改めて基本的なことからお伺いしたいと思うんです....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/3/22

委員会名参議院 法務委員会


「今挙げていただいたんですが、今回のこの法案を作ろうということになったきっかけ、総理大臣は、安倍首相は、オリンピックにテロを防ぐためだというふうにおっしゃっていますけれども、元々はTOC条約。そうすると、今大臣おっしゃった中で私はちょっと抜けているものもあるんじゃないかというふうに思うんですが、どうですか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/3/22

委員会名参議院 法務委員会


「ちょっと私が知りたいのは、これ、何のためにこの法律を作るかということは政府はずっと説明してきていますよね。TOC条約を承認するためじゃなかったんでしょうかね。そうすると、TOC条約というのは、もう大臣にこんなこと釈迦に説法ですから言いたくないんですけれども、パレルモというところで結ばれたわけですね。何でこの....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/3/22

委員会名参議院 法務委員会


「私の認識では、TOC条約というのは、国際的な犯罪集団、それはつまり、日本では暴力団というのがありますけれども、国際的に見れば、イタリアのパレルモといえばもう分かりますよね。分かりますよね、マフィアというのがありますよね。TOC条約というのは、私の認識ではそうした集団の犯罪、つまり、大臣がおっしゃった麻薬密売....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/3/22

委員会名参議院 法務委員会


「そうすると、先ほどの、ある団体が、結合の目的が犯罪を実行することにある団体というのは、以前の法務省が出された山尾委員に対する回答でも出ているんですけれども、その中でちょっとまた気になることをお伺いしたいと思うんですが、一変したと認められる場合ですね、正当な活動をしている団体についても一変したと認められる場合....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/3/22

委員会名参議院 法務委員会


「意外と具体的に今お答えあったと思うんですけれども、つまり反復継続とか、あるいは時間的な経過がなければということなんですね。そうすると、つまり、一変、もう全く違うものになっているなというふうに客観的に見られない限り、つまり、あれっ、一変しそうだぞ、何かおかしいぞというときにはつまり対象にならないということを今....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/3/22

委員会名参議院 法務委員会


「スクールロイヤーというんですね。学校の様々な問題の解決には、これまでスクールカウンセラーというのがいました。それからスクールソーシャルワーカーというのもいました。今度新たに、まだ調査という段階だそうですが、予算は一億七千九百万円、この辺の説明は余り長くなるのでやらないで、具体的な説明だけお伺いしたいんですが....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/3/22

委員会名参議院 法務委員会


「私、つくるんだったらもっと予算、これきちっと掛けて、やっぱり学校の問題、勉強することも大事だけど、その一方で、今いじめが問題になっているんだからこの辺りを、やはり取り組むんだったら仏作っても魂入れなきゃ駄目だと思うんですよ。私は、現場のソーシャルワーカーとかカウンセラーの人たちだって、もっと子供たちの相談に....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/3/22

委員会名参議院 法務委員会


「実は、弁護士会の方にもお話を伺ったら、弁護士さんのグループも、何という呼び名でしたっけね、法教育の出前授業というのをやっているんですね。やっぱり人権を大事に、要するにお互いに人権を大事にしようじゃないかということを子供たちに覚えてもらおうということで、弁護士さんたちが今学校へ行って、東京とか神奈川とか幾つか....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/3/22

委員会名参議院 法務委員会


「ただ一つ、ちょっとお願いしたいのは、これは法務省になるのか文科省になるのか、弁護士さんが、これは今、この法教育の出前授業というのはほとんどボランティアでやっているそうです。そうすると、ふだんの弁護士活動ができなくなっちゃうという矛盾、自己矛盾を抱えているんですよね。やっぱり子供たちの相談に乗っていると一日、....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/3/22

委員会名参議院 法務委員会


「統合型IR推進法というのが、去年、年末、何か十分な審議もなしに本当に突然成立してしまいました。その法律では一年以内に実施法案を作るということになっていますね。それで、まず私お伺いしたいのは、今後の実施法案、手順とか手続とか、それからいつ頃成案が出て国会へ出すつもり、一年という期限があるわけですね。この辺りど....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/3/22

委員会名参議院 法務委員会


「率直にちょっとお伺いしたいんですが、法務大臣、ギャンブル、賭博、ばくち、いろんな呼ばれ方していますけれども、日本では刑法百八十五条で禁止されているわけですね、基本的には。そうすると、今回のこのカジノを導入することによって、刑法百八十五条、どういうふうに思われているのか。改正する必要がありますか。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2017/3/22

委員会名参議院 法務委員会


「法務省は、この賭博、ギャンブルということに関して、平成二十八年十二月七日にカジノ規制の在り方というペーパーを出しておられます。お手元の、皆さんにお配りしている資料で行っていると思います。見ていただきたい。本当に法務省、法を守る番人として、これ、まさにこういう考え方というのは私は納得できます。国民の皆さんも、....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/11/24

委員会名参議院 法務委員会


「まずお伺いしたいのは、裁判官の勤務状況というのはどんなふうになっているのか、伺いたいと思います。特に、残業などというものを調べることができるのかどうか、そういうものも含めて是非聞かせていただきたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/11/24

委員会名参議院 法務委員会


「当然、女性はこれまで、自分で出産をなさる、それから今度は子育てするということがあるので、女性は比較的取れているのかなというような想像もしておりますけれども、それに比べて男性の育児休業というのはどうなのか。その辺り、もし数字分かっておりましたらお聞かせ願いたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/11/24

委員会名参議院 法務委員会


「例えば、それでは次に検察官の方に移りたいと思うんですね。検察官について、先ほどと同じように、勤務時間というのはどんなふうになっているのか、特に残業時間なんかはどのぐらいあるのかとか、裁判官ほどではないにしても、やっぱり検察官の方も、仕事熱心な方は本当に二十四時間仕事、二十四時間働きますなんていう感じの方もい....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/11/24

委員会名参議院 法務委員会


「それだけに、裁判官もそうです、それから検察官もそうです、なかなか休めない、仕事をしていたらもう本当に絶え間なく仕事ということになってしまう。ですからこそ、だからこそ、逆に何かあったときには休める、休みたい、そういう体制を取らなくてはいけないと思うんですね。例えば、健康の問題もあります。それから、介護も今増え....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/11/24

委員会名参議院 法務委員会


「続きまして、今検察官を伺ったので、もう少し職員の数が多い法務省、法務省全体のことを伺いたいと思うんですけれども、この法務省での男性、女性それぞれ育児休業、こうしたものを取っている現状について伺いたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/11/24

委員会名参議院 法務委員会


「この表を見てみますと、ちょっとこれで全体的なお話を伺いたいので、これは内閣府の方になるんですかね、かなり各省庁によってばらつきがありますね。多いところは二五%とか、それから人事院の三五%というところもあります。少ないところは国土交通省の二・四、あるいは防衛省などは〇・五ということがあるんですが、こういう取得....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/11/24

委員会名参議院 法務委員会


「特に私ちょっとお伺いしたかったのは、各省庁によってかなりばらつきがありますよね。このばらつきをどういうふうに捉えていらっしゃるのかなと。仕事の忙しいところはやっぱり低くなってしまうのかなという気もするんですけど、このばらつきについてはどんなふうに見ておられます。」


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/11/24

委員会名参議院 法務委員会


「ちょっと二枚目を見ていただきたいんですが、今女性ということで出たんですが、各省庁、女性、どのぐらい働いているのかな、これは直接男性の育児休業とは関係はないですけど、やはり女性がどのぐらい働いているのかなということで、女性は、先ほど伺っている話で比較的、もちろん出産をなさる本人ですから、やっぱり取ることは可能....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/11/24

委員会名参議院 法務委員会


「そういう意味では、国会でのこういう委員会も含めて官僚の方というのはいろんな対応があって大変だと思うんですが、霞が関改革、民間を主導していく意味でも、やっぱりこういう官庁が率先して男性の育休なんかも取らないとなかなか民間にも及んでいかない、その波が広がらないということがあると思うんですが、霞が関改革というのは....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/11/24

委員会名参議院 法務委員会


「ということで、金田大臣に最後にちょっとお伺いしたいのは、法務省も検察官もそれから司法の裁判官もそうですけれども、やはり特殊な勤務体系であると思うんですね。でも、残業というのが余り多くてもいけないし、仕事、その辺のバランスが崩れてはいけないと思います。法務省でも是非率先してこの数字、男性の育児休業、取る数字を....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/11/22

委員会名参議院 法務委員会


「そして、その中で、是非これ見ていただきたいのは、再犯も減っているんですが、折れ線グラフがあります。その折れ線グラフは再犯者率ということですね。一番最近の二十七年を見ていただくと、上の方の再犯者率というのは四八%、それから下の少年の場合は三六・四%。いずれもやっぱり減っている中で、再犯者、つまり、やはり繰り返....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/11/22

委員会名参議院 法務委員会


「そこで、刑務所から出てきて、そして自立をするために仕事を見付ける、仕事をする、続ける。続けるということもとても大事だというふうに思うんですが、受刑者の例えば出てきてからの仕事、やはりどんな仕事をしたいかということも、本人の希望もあるかと思うんですけれども、例えば刑務所の中でどんなふうに仕事ということ、出所後....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/11/15

委員会名参議院 法務委員会


「まず、私、質問に入る前に確認したいんですが、技能実習生の賃金、平均賃金、これは幾らというふうに捉えられているのか。それから、その一方で、日本の最低賃金というのがありますね、この最低賃金というのはどのくらいなのかという数字、もう一回これは確認のためにお願いいたします。」 「これまでも、この審議の中で繰り返し出....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/11/15

委員会名参議院 法務委員会


「そうした実態はやはりどこが調べるかといえば、この国際研修協力機構、JITCOが、今の段階ではここがやっぱりやっていかなくちゃいけないと思うんですが、その辺り、実際に勤務状況、例えば残業がどうなのかとか休日はきちっともらえているのかとか、それから休暇というのはあるのかとか、そうした基本的なところぐらいはやっぱ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/11/15

委員会名参議院 法務委員会


「この技能実習生手帳の、何というんですかね、役割、これはどういうものかということをまずお伺いしたいと思います。」 「そして、このベトナム語版、今皆さんにお配りしたのはベトナム語版というふうに書いてあるんですが、これ、日本に実習生の多い五か国の分を今作っていらっしゃるということなんですけれども、ただ、それ以外に....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/11/15

委員会名参議院 法務委員会


「この中に、例えば実習生のいろんな悩みとか問題点、トラブルを相談する窓口として相談員制度をつくるというふうに書いてあるんですが、この相談員制度というのは、そのJITCOの中ではどういうものになるんでしょうか。」 「それで、やはり相談の実態が本当に、じゃ、JITCOで効力を発しているのかどうかという点も含めて、....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/11/15

委員会名参議院 法務委員会


「この事業協議会。これ、事業協議会というのと、これ法案を見ましたら五十四条に事業協議会という項目があります。それから、五十六条には同じような中身で地域協議会というのがあるんですね。この事業協議会と地域協議会というものについて、これ、どういったものか、まずお伺いしたいというように思います。」 「そうすると、こう....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/11/15

委員会名参議院 法務委員会


「やはり本人がどういう理由で帰国をしなくちゃいけないのかというのは、もちろん機構ですとか雇う側からの話もあるわけですけれども、やっぱり最後の最後はやはり本人が納得して帰国できるのかどうか、本当にこれはしようがないと思えるのかどうか、いや、でもこの帰国はおかしい、何とかしてほしいと思っているのかどうか、その辺り....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/11/10

委員会名参議院 法務委員会


「やっぱり、物というのはいろんな多面性があるので、うまくいっている面もあるし、なかなかそうはいかない面もあるという、それをそれぞれの立場から御主張いただいたということで、大変ちょっと申し訳ないんですけど、まずレロンソンさんにお伺いしたいのは、斉藤さんのお話を伺って、御自分の実際にベトナムでやっている送り出し機....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/11/1

委員会名参議院 法務委員会


「そこで、私は、まず最初に、やはり現実がどうなのか、特に技能実習生の現実というのはどうなのかという点を明確にしたいという、そういうつもりから、まず技能実習生の一番、まあ何といっても働くということなので、大事な報酬ですね、実際に日本で働いている技能実習生の報酬どのぐらいなのかということを調べているんでしょうか、....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/11/1

委員会名参議院 法務委員会


「これまではこうしたことも当然明記するということが必要だったんだと思うんですけれども、どうもお話聞いていると、実態として余りそこら辺の報告を受けたり調査をしたりということをしていないような感じもするんですけれども、その国際研修協力機構というのは、こうしたこと、例えばきちっと明記してあるということを調査している....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/11/1

委員会名参議院 法務委員会


「新たに技能実習生、これから受け入れる場合、その実習生の受入れ機関の適格性というものをチェックするというふうにされておりますけれども、このチェックするということ、適格性をチェックするというのは具体的にどんなふうなことを今考えておられるのか、これを伺いたいと思います。」 「例えば、実習実施機関あるいは実施責任者....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/10/28

委員会名参議院 本会議


「まず、内閣官房長官にお尋ねします。政府が外国人労働者の受入れを検討しているのは事実でしょうか。それは、日本人のやりたがらない仕事をする単純労働者を補うためのものなんでしょうか。」 「厚生労働大臣に伺います。日本語がそれほど巧みに話せない外国人のための医療施設や医療通訳の数は十分か調査し、必要な拡充策を講じて....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/10/28

委員会名参議院 本会議


「法務大臣にお尋ねします。保証金や違約金は技能実習生と送り出し機関の間で決められているにもかかわらず、送り出し機関に対する罰則規定はありません。その理由はなぜでしょうか。これでは、保証金、違約金に関わる規制は実効性を欠く懸念があります。確かに、送り出し機関は外国にありますが、日本に駐在員を常駐させていることも....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/10/28

委員会名参議院 本会議


「厚労大臣にお伺いします。この専門家会議は公開されておらず、議論の透明性が確保されていません。まず、この専門家会議の開催に当たって、厚労省は送り出し国の要望と我が国の現地の状況をどのように調査し、確認するのでしょうか。そもそも、行政による恣意的な運用というそしりを招かないためにも、職種の追加や削減に関わる議....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/10/20

委員会名参議院 法務委員会


「私たちの生活全ての中の基本であります憲法、この憲法について大臣御自身はどんなふうな思いを持っているかということを伺いたいというふうに思います。尊重し守るのかどうか、その辺りを是非伺いたいと思います。よろしくお願いします。」 「成立からもう一年余りが過ぎました。でも、違憲、憲法違反の状態、ずっと続いているわけ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/10/20

委員会名衆議院 法務委員会


「私、今回ちょっと、あっ、法務省もなかなかやるなと思ったのは、法務省が、皆さんのお手元に行っておりますこの「子どもの健やかな成長のために」、非常にマイルドな題名になっていますけれども、離婚したら、お父さん、お母さん、子供のこともちゃんと考えてよというのがこれの私は内容だと思うんですね。離婚届を出した後、子供の....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/5/26

委員会名参議院 法務委員会


「私がまずお伺いしたいのは、この拡大する業務の中の認知機能が不十分な高齢者、障害者に対する援助、これが、例えば高齢者によっては望まない人もいるわけですし、それから認知機能がもしなかった場合、それでもケースワーカーがこうしたことをやっぱり相談した方がいいということになるのかどうかということとか、それから全くもう....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/5/26

委員会名参議院 法務委員会


「それともう一つは、やっぱり同じように、ストーカー等被害者援助制度の新設と、ここでもやっぱり大変難しい問題を扱うと私は感じております。ストーカー被害者、DV被害者、児童虐待を受けたということなんですが、今度の改正ではストーカー等という部分の「等」というのは、この三つのケースということで考えてよろしいんでしょう....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/5/26

委員会名参議院 法務委員会


「そして、やはり今回のこの法案の改正の大事な点であります大規模災害被災者の救済ということで、これ、この法案が審議されて衆議院を通過した時点の後になるんですね、あの熊本・大分大地震が起きました。また、大きな被害が出ています。これはそもそも地震の被害者の救済に当たるための法律ということなので、特定非常災害というふ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/5/19

委員会名参議院 法務委員会


「私は、この委員会で何回か申し上げたように、私は映像というテレビの世界で仕事をしていたために、映像がどれだけ、つまり文字に比べてインパクトのあるものかということを訴えてきました。今回の可視化というのはまさにそうしたことで、私は、審議を通じて録音、録画というのが私たちが考えている以上の力を持つ大変大きな存在では....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/5/19

委員会名参議院 法務委員会


「その中で、私は特に、今回、通信傍受をやるために特定電子計算機というのをつくられるという話を出ております。この特定電子計算機というのは私はどうもよく分からないんですけれども、まずこの特定電子計算機についてお伺いしたいんですが、その傍受の対象、対象というのはどんなものが含まれるんでしょうか、もう一回確認させてい....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/4/28

委員会名参議院 法務委員会


「それからもう一つ大事なこと。裁判員、こうおっしゃっています。映像には文面だけでは伝わらない情報がたくさんあった。証拠よりも映像の方がインパクト強いんです。私は、ビデオの世界で、テレビの世界で、ニュースを作っていると、いろいろ書いた原稿よりも映像がどれだけ強いかということはよく知っています。それから別な裁判員....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/4/26

委員会名参議院 法務委員会


「そして、例えば、東京の繁華街に交番があります。防犯カメラが今非常に普及してきました。いろんなことが防犯カメラで犯罪解決していきます。びっくりするぐらい解決しますね。捜査しなくても、映像があるからということで事件が解決してしまいます。そういう状況の中で、もしかしたら将来は、防犯カメラの社会になったら交番が要ら....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/4/14

委員会名参議院 法務委員会


「まず最初にお伺いしたいのは、こうやって、これまでの運用では録音、録画が非常に急速にこのように実施されている、実施率が高くなっているということをどう評価されているのかということと、それから、僅かではありますが、録音、録画の対象から外れている、これは、例えば被疑者の方が拒否をしたとかそういうことがあるのかどうか....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/4/14

委員会名参議院 法務委員会


「そうなると、やはり罪で逮捕されてからということになると、その前に、例えば、何とか調べる方としては、事件、何とか取調べで被疑者の自供を得たいということがあると、その前は録音、録画ができないということになると、その前に自白を強制するようなことが実際に起きる心配もあるのではないかなというふうに思うんですね。その辺....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/4/4

委員会名参議院 行政監視委員会


「まず、その問題に入る前に、データとして最新の、マイナンバーカード、現在一番新しい申請そして交付の状況、これをまずお伺いしたいと思います。」 「ただ、二割というと、スタートしたばかりでこのぐらいかなという気もするんですが、マイナンバーカードというのは、国民、それこそお年寄りから赤ちゃんまで、一人に一枚ですよね....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(民進党)

2016/4/4

委員会名参議院 行政監視委員会


「今回、行政不服審査法というのが改正されて、もう少しその辺を柔軟に対応する、その住所非開示を決めた当局が何とかしてくれという申出を審査するのではなくて、新たな審理員という仕組みをつくって、第三者機関というふうに言われていますね、この方が住所非開示が本当によかったのかどうかということを検討してくれるということな....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2016/3/25

委員会名参議院 予算委員会


「総理は、これまではリーマン・ショックや大震災級の事態にならない限り引き上げるというふうにおっしゃってきたと私は記憶しております。つまり、よっぽどのことがない限り引上げをするよと、既定方針どおりであるということで来ている。ところが、最近少し変わってきて、経済の状況を見極めてというような言い方になってきていると....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2016/3/25

委員会名参議院 予算委員会


「こうして世界各地でテロ、追い詰められた形で起きているんですが、日本、これからいよいよ伊勢志摩サミット、それからその前には先進七か国の外相会議、これが広島で行われますよね。そして、二〇二〇年にはオリンピック・パラリンピックもあるというようなことで、大変テロに対する警戒というのは怠ってはならない状態が続いており....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2016/3/25

委員会名参議院 予算委員会


「昨日も、五人のジャーナリストの方がこの問題でそろって記者会見をされておりました。私も、かつては報道の現場でニュースを取材していたということで、報道の公平中立ということの問題については大変気を遣ってまいりました。言わば、言ってみれば、誰かから言われたからやるということではなくて、いかにニュースを公平、公正、中....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2016/3/23

委員会名参議院 法務委員会


「片親疎外、あるいは子供たちが大勢がそういう同じような傾向を見せるということなので片親疎外症候群、あるいは片親引き離し症候群などというふうにも言われているんですけれども、これは医学的にはまだいろいろと研究の余地があるというふうに言われているんですけれども、この言葉、大臣は御存じでしょうか。そして、こうした問題....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2016/3/22

委員会名参議院 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会


「今日は汚染水のことについてお伺いしたいんですけれども、凍土壁というものを造りまして、そして汚染水の流入を防ごうという計画が進められてきました。大臣も東京電力から当然報告を受けられているというふうに思うんですが、この四つのいわゆる原子炉、これを四角く囲む延べ千五百メートル、そして深さが三十メートル、こうした凍....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2016/3/22

委員会名参議院 法務委員会


「浅野参考人にお伺いしたいのは、やはり今申し上げたように、規制をすることと表現の自由、この辺で、例えば禁止して法律を作った場合、そして禁止した場合ですね、やはり言論の自由、表現の自由ということに何か影響が出たり損なわれたりするというようなこと、そういうことがあるのかどうか、どういうことを具体的に考えておられる....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2016/3/10

委員会名衆議院 法務委員会


「まず、岩城大臣にお伺いしたいんです。子供の貧困、これについてどう思われるか伺いたいと思います。そしてもう一つ、子供の貧困、この原因が親の離婚ということと関係があるのかどうか、これについてもお伺いしたいと思います。」 「大臣、この平成二十三年の民法改正でその効果、つまり、子の養育費用、これを分担するんだという....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2016/3/10

委員会名衆議院 法務委員会


「そういうことで、やっぱり子供を連れ去るということがよく起きてくるわけですね。一方は身を隠したまま全く連絡が取れなくなって、その結果、調停も進まなくなったり面会交流ができなくなったりという、そういう例が多いんですね。こういう例見ていると、やっぱり本当に子供のためということなのかどうかという感じがするんです。改....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新・元気の会)

2016/1/19

委員会名参議院 法務委員会


「一般公務員には人事院勧告で出されるわけですが、これに、先ほど御答弁にもありましたけれども、やはり裁判官、検察官というのは、職務あるいはその責任、そういうものの特殊性からまた別に俸給表で作られて決められるということをおっしゃいましたけれども、ただ、あくまでも一般公務員の俸給、人事院勧告に従って連動して動かされ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新・元気の会)

2016/1/19

委員会名参議院 法務委員会


「それからあと、やはり人事院勧告のときによく出ることなんですけれども、公務員の労働基本権というのがありますね。こういう問題等、こういうことをしっかりとするということで人事院勧告に代わるものを考えるのはどうかというような意見もありますけれども、裁判官を見てみますと、こうした裁判官に労働基本権というものがあるのか....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/9/10

委員会名参議院 法務委員会


「私は、先ほど前川委員から出ましたけれども、前回のときに、何で、この辺をもう少ししっかりと見極めてやはり改革していかなければならなかった、そのことを考えなかったのかなという、そんな思いがして、なぜそのとき、疑惑で、結局前回は事件にならなかった。今回は告発していますから、もう事件と呼んでいいと思います。ですから....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/9/9

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「やっぱり私が思うのは、まず確認を今日はさせていただきたいというふうに思うんですね。先日の委員会の中で中谷大臣は、私の質問に対して、法案の成立によって新たな自衛隊の兵力とか装備、この強化、増強、こういうのは必要ありませんとはっきりとおっしゃったんですけれども、その考え方は今も変わっていらっしゃいませんか。」 ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/9/9

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「それで、お伺いしたいのは、今年の四月に締結された日米ガイドライン、これで、領域横断的な作戦で、アメリカ軍は、打撃力の使用を伴う作戦を実施することができる、アメリカ軍がそのような作戦を実施する場合、自衛隊は必要に応じ支援を行うことができるというふうなことが書いてあります。つまり、自衛隊もアメリカ軍と同じような....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/9/9

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「維新の党の今回の安保法制の法案というのは、政府の法案よりも分かりやすくするということで細かく分けた。全部で七本。そして、それプラス領域警備法、これはまだ出ておりませんけれども、それを、領域警備法を除いた今七本が出ているわけですけれども、その中でお伺いしていきたいと思うんですけれども。政府のその存立危機事態と....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/8/21

委員会名参議院 本会議


「まず、上川大臣、立憲体制を堅持すると改めてお約束ください。憲法は、言うまでもなく、権力者にフリーハンドを与えないように国民が政府に課した制約です。時の権力者に都合のいい形で基本的人権の解釈などを変更していいものではないということを、上川法務大臣、改めて御確認ください。そして、その上で、捜査、起訴、公判は全て....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/8/21

委員会名参議院 本会議


「司法取引も、捜査当局に有利な制度です。司法取引の協議の過程で生じた重要な事項について記録、保管されることが附帯決議で盛り込まれましたが、これは法文に直接書き込むべきではないでしょうか。また、司法取引の事実関係は、義務として裁判官に示されるべきではないでしょうか。さらに、衆議院での修正によって、司法取引捜査の....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/8/6

委員会名参議院 法務委員会


「ただ、その一方で、やはりヘイトスピーチというのは相手がそういうふうに感じるということもあって、言った方がどうなのかということもあると思います。その辺で、私はまず、こうした今回の理念法、基本法ということで、これは必要なものであるというふうには認めるんですが、ただし、やはりそのヘイトスピーチの実態、事実、あるい....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/8/6

委員会名参議院 法務委員会


「ただ、その一方で、やはり私自身が感じるちょっと不安もあるので、その辺を発議者の方にお伺いしたいんですけれども、法案の第三条そして第四条、この辺りを見ていただけると、いわゆる不当な差別的な行為というものはどういうものかということを規定しているわけですけれども、これの書き方を見ると、先ほどからも出てきていますが....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/8/6

委員会名参議院 法務委員会


「発議者に今伺ったことの中からも出てきているわけですけれども、今回のヘイトスピーチ、もうこの委員会で有田委員が本当に何度も何度も取り上げて質問されていると思うんですが、先ほどもちょっと出てきましたけれども、その調査がまだ、実際に地方自治体がやっているものについての分析とか情報収集、これについても検討している、....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/7/30

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「今回のこの安保法案の国会での審議が進むにつれて、安倍内閣、高い支持率を保ってきたんですけれども、ここへ来て少しずつ下がり始めています。最近の世論調査見てみますと、支持しないが支持するを上回り始めているということも出てきています。その一方で、やはり今回のこの安保法案は分かりにくい、あるいは、もっと丁寧に説明す....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/7/30

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「次に行きますけれども、先ほど安倍内閣の不支持ということを申し上げたんですけれども、やっぱりその中で女性の不支持が今ここへ来て増えているという話もありますね。それはなぜかというと、将来、自分の夫、子供、戦争に送り出すようなことがあってはならない、あってほしくないというお母さんが増えているということなんですね。....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/7/30

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「数字の不安というのをちょっとお伺いしたいと思うんです。日本の防衛費は五兆円、自衛隊の陸海空合わせて二十三万人ですね。今回のこの安保法制の変更で、ホルムズ海峡ですとか東シナ海、南シナ海、それからいつどこで起きるか分からないテロ対策などというふうに言われていますけれども、イラクのサマワのときは二〇〇三年の末から....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/7/30

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「やはり日本の安全保障をめぐる国際環境、これ何とかしたいというのは誰でも思っていると思います。私も、あの小笠原の海域で中国漁船が百隻も二百隻も来て、あれを何とかできないか、すごく歯がゆい思いです。やっぱりそういうところから自分の国を守っていくということを、まず足下からやっていくということが、今、国民の皆さんに....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/7/9

委員会名参議院 法務委員会


「伺いたいのは、日本にも、今回、神戸の事件をきっかけにしてこの手記が大変問題になったわけですけれども、いわゆるサムの息子法、こうしたものに類する法整備というものを検討したことがあるかどうかということをお伺いしたいと思います。」 「こうしたことを考えると、被害者遺族のやはり苦しみとか苦痛とか、そういう心情がある....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/7/9

委員会名参議院 法務委員会


「この犯罪被害者の保護について、どうやって保護していくかということについては、現在、法務省の性犯罪の罰則に関する検討会というのがありまして、この中で検討中であるというふうに承知しております。早ければ今月中、七月中にもまとめというものが出されるのではないかというふうに聞いておりますけれども、これについてちょっと....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/7/8

委員会名参議院 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会


「廣瀬社長に、これを御覧になって、この電気の使用量、大震災以降なかなか増えていない、これをどんなふうに判断されているのか、まずお伺いしたいと思います。それで、この中の東京電力の割合というのは三割ぐらい、かなり大きい部分を占めているわけですね。ですから、やはり同じ傾向あるというふうに私は思っているんですが、いか....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/7/8

委員会名参議院 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会


「これでちょっとお伺いしたいんですけれども、何か千葉の県内六百八十三か所の中からここが選ばれたということなんですけれども、二枚目の資料を見ていただきたいんですが、これが、航空写真なんですけれども、環境省からいただいた東京電力千葉火力発電所の敷地、赤いところが敷地だそうです。そして、左側の矢印のところが問題の汚....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/6/11

委員会名参議院 法務委員会


「そこで伺った話、DV被害の相談、このプラザでは年間で五千件くらい、もうかなりの数ですね。これ、単純にちょっと日割りをしてみますと、一日平均十数件くらいあるのかなという感じがするんですが、やはり最近、ほかの統計でも分かるように、増えているということなんですね。この相談の結果を一か月ごとに内閣府の方へ報告をして....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/6/11

委員会名参議院 法務委員会


「行政不服審査法というのは、これ改正されたのが去年の六月の十三日、ちょうどもう一年ですね。二年以内に施行ということなんで、もう間もなく、そろそろいろいろ準備されていると思うんですが、この審理員というのと不服申立て審査会というのは新しい仕組みだと思うので、地方自治体の窓口にできるものだというふうに理解しているん....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/6/4

委員会名参議院 法務委員会


「今回の改正、四項目大きく分けてあるわけですけれども、この改正によって、国民の負担の軽減、それからもう一つは裁判のスピード化というような、こうした運用面の効果は期待できるというふうに思います。ただ、その一方で、いろいろ意見が出ているように、裁判員なしで結局裁判が行われることになったり、あるいは効率化重視という....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/6/4

委員会名参議院 法務委員会


「それから、一方、今回は裁判員の方の心の負担ということは、もうこれ本当にこの場でたくさん語られているわけですけれども、そのために、裁判員の方の精神的な苦痛ですとか心の負担を和らげるという意味で裁判員メンタルサポート窓口、先ほども出ましたけれども、これ、前回私伺ったので細かいことはちょっと別にして、そのときのお....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/6/4

委員会名参議院 法務委員会


「それで、今回も一応三年後の見直しというのが求められておりますね。実は、今回の改正についても、裁判員裁判制度に関する検討会というのが設けられて、十一人の専門家とか有識者の方が四年十か月にわたって十八回もの会合を持って、その検討内容もかなり多岐にわたった、法制上のいろいろ問題点、それから運用に関する様々な点とい....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/6/1

委員会名参議院 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会


「例えば、海を全く分離してしまうというこの防災、これを見てみますと、例えば今回の防災、東日本大震災を分析してみたら、これまでにやっぱり防潮堤あったわけですね。防潮堤があって海が見えないところと防潮堤がないところとをその被害の状況を比較したら、防潮堤があるところの方がやはり逃げ遅れた方が多かった。海が見えないと....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/6/1

委員会名参議院 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会


「また、同様のことがもう一つ、道路の復旧でも言えるんではないか、こんな声があったんです。被害を受けた国道などの主要道路なんですけれども、災害に遭ってしまった、ですから復旧に当たって、時代に合わせて例えばバリアフリー化したそういう道路にしてほしいという地元の要望があったんですね。しかし、そういう要望は取り入れら....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/5/28

委員会名参議院 法務委員会


「まず小沢参考人に伺いたいんですが、今日わざわざこうして、御自分の関わった裁判でこういうものを証拠で出したいということがあったけれどもそれがかなわなかったというお話を伺いました。そのときに当然、これを証拠として出したいといったときに、それはできませんという説明は受けたと思うんですね。その受けた説明というのは納....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/5/26

委員会名参議院 法務委員会


「当然、所期の目標でありました一般の人たちの司法への理解ですとか、裁判を分かりやすくするですとか、それからスピード化ですね、こうしたものには随分貢献をしてきているというふうに思っております。ただ、その一方で、やっぱりいろいろな問題点とか課題も出てきたのではないかなというふうに思っております。特に、裁判員制度に....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/5/26

委員会名参議院 法務委員会


「それで、ちょっと具体的にお伺いしたいんです。先ほどの小川委員の回答の中で対策、様々な全般的なことをお伺いしたんですが、ちょっと具体的にお伺いしたいと思うんですが、裁判員として選ばれたということになった場合、その公判の前それから公判中に裁判員へ、及びその補充員というものも含めまして、説明とか対応というのは具体....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/5/26

委員会名参議院 法務委員会


「続いて、資料の二枚目、棒グラフが二つありますけど、二枚目、三枚目を見ていただきたいのですが、裁判員の方がどんなことで心の負担を感じるのかという調査なんです。これ、裁判員経験者ネットワークの同じアンケートの中の項目なんですけれども、ちょっと人数が四十二人と余り多くないんですが、ただ、むしろアンケートに答えてく....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/5/21

委員会名参議院 法務委員会


「例えばこの中央当局のような、崩壊というか、子供を、国内ですけれども、連れ去られた場合に、もう一回例えばどうしても子供に会いたいとか、あるいは少なくとも子供の養育費を何とか出したいというふうなことを思っているどっちかの親の希望も通して、その仲裁というか、ある程度環境づくりをするような、そんな組織というのを設置....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/5/21

委員会名参議院 法務委員会


「これ、今日提出させていただいたのは私の地元の調布市なんですが、調布でちょっとこの問題についてどんなことが現場であるのかなということを伺ってきたんです。先日、総務省の方から新しいシステムができるというようなことがありましたので、その辺も含めて話を伺ってきたんですが。まず、この申出書で上の左側のところを見ていた....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/5/14

委員会名参議院 法務委員会


「つまり、DVの事実がなくても、やはり取りあえず配偶者と離れたいということで、DVがあるということを相談センターに緊急避難として相談すれば、それがDVということになって、窓口がそのまま受け付けて住所非開示措置をとってしまうということがあるわけですね。そうすると、本来DVないんだから、その話を例えばしたいと思っ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/5/14

委員会名参議院 法務委員会


「次の問題ですが、これもやはり私、気に掛かるんですけれども、先日伺った配偶者への暴力というDVの中でいろいろなことが発生する、その統計、資料をいろいろ取られているということはいただいて分かったんですが、その中で気になったのは、夫婦の問題としての統計、数字は出ているんだけれども、その中に子供ということを対象にし....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/5/14

委員会名参議院 法務委員会


「ハーグ条約、例の国境を越えての子の連れ去りをめぐる条約ですけれども、これが去年の四月の一日、発効しました。これと同時に、それに対応する国内法、国内の手続を定めた法律というのもできまして、ちょうど一年というのが経過したわけですね。一年経過したところで、国境を越えての子の連れ去り問題についてどんな状況なのか。例....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/4/23

委員会名参議院 法務委員会


「今回のこの船舶責任法改正案、責任限度額を一・五倍に引き上げるということなんですが、それでもやはりどうしてもそれから漏れてしまう、被害額が大きくなってしまうということはあるし、先ほどのお話の中でもいろいろ、船の大型化ですとか、それからそれに伴って積荷が増えれば当然被害額も大きくなるとか、それから特にオイル、油....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/4/23

委員会名参議院 法務委員会


「それからもう一つ、この船の対象としては旅客船も当然含まれているということで、人命についてはどういうふうなことになっているんでしょうか。特に、やはり不幸にして多数の犠牲者などが出た場合は、これはもう本当に大変なことだと思うんですが、この辺りの仕組みというのはどういうふうにされているでしょうか。」 「そうすると....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/4/22

委員会名参議院 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会


「いつ戻れるか分からないし、また戻るための課題というのはたくさんあると思います。インフラの整備ですとか復興住宅の建設、コミュニティーの整備といったものがあって、早期帰還、この福島復興再生特別措置法という法律に基づいての帰還先の復興拠点づくり、これいろいろとあるわけですけれども、そのプランの中で、被災地の希望な....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/4/22

委員会名参議院 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会


「放射線から生じるミュー粒子というものを使ってレントゲンのように透視撮影をしたら、あるはずの圧力容器の中に核燃料はなかったと。それから、ロボット、これも使って、今度は圧力容器の外側を覆っている格納容器、これまだ部分的な調査ですけれども、これで内部調査をした映像も公開されましたけれども、放射線量が極めて高いとい....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/4/16

委員会名参議院 法務委員会


「一つは、どうやってその医師不足を解消していくかという一つの方法として、矯正施設の収容者の医療サービス、この提供というものを矯正施設内部で全部やろうということではなくて、例えばサービスであるから民間委託をするというようなことも考えられるというわけですね。何もかも官がやるということでなくて、民間でもやれるものは....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/4/16

委員会名参議院 法務委員会


「それから、今度は、制度面でやはり幾つかの問題点があるということで、それを指摘させていただきたいんですけれども、矯正施設内で万一収容者が死亡した場合、その処理手続というのはどういうふうになっているのかということと、当然死亡したわけですから死亡診断書というのが必要なんですが、これは誰が書くということなんでしょう....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/4/14

委員会名参議院 法務委員会


「ただ、やはり引き起こしている問題というのは大きなものがあって、例えば、前回ちょっと最初に伺おうと思いましたけれども、前回の私の質問で警察庁の参考人の方から大変御丁寧に、私が繰り返し確認したもので四回もしっかりと答弁いただいているんですね。何がお聞きしたかったかというと、やっぱりDVというのは被害者がいて加害....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/4/14

委員会名参議院 法務委員会


「実は、この問題を取り上げてから、私のところでインターネットのツイッターとかフェイスブックに意見が大分いろいろ寄せられているんです。そのあれを見ますと、やっぱり加害者とされた人が住所非開示の対象にされているということでこんなことを言ってきているんです。役所の相談窓口の子供支援課というところに事実をいろいろ証明....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/4/7

委員会名参議院 法務委員会


「相談支援センターというのも非常にしっかりとできてきて、実は、内閣府からいただいたまず一枚目の資料を見ていただきたいんですが、棒グラフと下に数字が書いてある資料ですけれども、やはり見ていますと、この十年間ぐらいに、配偶者からの暴力に対していわゆる相談する件数というのはもうここ十年で倍ぐらい、一番新しい二十六年....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/4/7

委員会名参議院 法務委員会


「子供の問題に続いてもう一つやっぱり出てくるのは、そのDVということが本当に証明されているのかどうか、この事実があったかどうかということは証明する必要があるのかどうか。もう一回これを確認させてください。」 「そうすると、今かなりいろんなものがないと実際にその判断しないという印象は受けるんですけれども、例えば、....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/3/20

委員会名参議院 予算委員会


「今年は戦後七十年ということになりますけれども、世界を振り返ってみますと、東西対立の冷戦時代というのは、軍拡ですとか核兵器を増強する競争が繰り広げられました。核戦争の危機ということも何度かあったというふうに思います。しかし、その後は、核軍縮、核不拡散の動きも強まってきて、核のリスクというのは小さくなってきてい....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/3/20

委員会名参議院 予算委員会


「現在、政府・与党、与党の間で安全保障法制についての論議が行われておりまして、間もなくこの国会でもその論議始まるというふうに見られますが、日本と多国間の安全保障協力について書かれた、実は安全保障のダイヤモンド構想というのがあります。これは安倍総理にお伺いしたいんですが、これはもちろん当然御存じのことと思うんで....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/3/20

委員会名参議院 予算委員会


「政党交付金というのは二十年前からできておりまして、その二十年間、平成七年から二十六年まで合わせた数字がこの六千三百十一億二千三百五十八万七千九百六十三円。これ、何でこんなに細かく分かったかといいますと、予算書の中で政党交付金として支出されている部分をこれは足し上げた数がこの金額になります。毎年三百億とは言わ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/3/27

委員会名参議院 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会


「会計検査院の調べによりますと、国が二〇一一年度から一三年度までの三年間に計上した東日本大震災の復興予算の総額、これは二十五兆円。そのうち九兆円、これが未執行あるいは未使用になっているということが分かったということなんです。九兆円のこの内訳ですが、まず五兆円が使われずに国庫に残ったままになっている。あとのおよ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/3/27

委員会名参議院 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会


「次に移りたいと思うんですけれども、もう一つの問題は原子力賠償紛争解決センターについてなんですけれども、センターはこれまで被災者と東電の仲介ということで和解ということをやってきたんですけれども、被災者の方から、ここへ来てこの仲介が打ち切られるんではないかという不安の声がかなり上がってきているんですね。もちろん....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/3/26

委員会名参議院 法務委員会


「今法務行政の様々な課題がある中で、特にやっぱり大きいのは、私は、民法改正、民法をどうするかという問題があるのではないかというふうに思っています。やはり見直しが焦点になってきているわけですけれども、この民法というのは、釈迦に説法ですけれども、一八九六年公布されて、私たちの生活の基本ルール、もうこれまで百二十年....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2015/3/26

委員会名参議院 法務委員会


「法務大臣が女性ということなので、私も特に伺いたいことをこれから少し進めていきたいと思うんですが、今御答弁の中で、やはり家族というのもすごく多様化しているということと、それから女性の社会進出に伴っていろんな課題も出てきているということをおっしゃっていただいたというふうに思うんですが、その中でまず取り上げたいの....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2014/11/18

委員会名参議院 法務委員会


「これらの中からまず伺いたいのは、白書の中の資料からいただきました、見ていただきたいんですが、棒グラフの資料を配らせていただいております。一番上、これは一般刑法犯、検挙した人の内訳を調べたものなんですが、初犯の人と再犯者率ということを調べたものなんですが、棒グラフの方を見ていただくと、確かに犯罪全体が減ってい....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2014/11/18

委員会名参議院 法務委員会


「真ん中の第二図というところを見ていただきたいんですが、これで見ると、窃盗の統計、これもやはり、多少増える時期もありましたけど、ここのところ、最近は減る傾向にあると。もちろん、その中で女性の数は減っているけれども、棒グラフとは別の折れ線グラフを見ていただくと、女性の比率、女子比と書いてありますが、これは少しず....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2014/11/13

委員会名参議院 法務委員会


「今日の委員会でとても大きく焦点に取り上げられているのがFATFのことですけれども、ここの要請ということもあって日本が今回この改正に応じたということと理解しております。このFATFの主張を見ていますと、かなり、やはり、何というんですか、テロと対決すべき、断固として取り締まるという強いそういう姿勢が私は表れてい....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2014/11/13

委員会名参議院 法務委員会


「やはり疑問というか懸念は、今回のFATFの求めに基づいて改正される内容というのは、やはりその客体でありそして主体の拡大という、追加であるという、その辺りだと思うんですね。それによってテロというものに対する犯罪の構成するような中身がやはり随分広がってきているという思いは、これはどうしても避けられないというふう....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2014/11/12

委員会名参議院 原子力問題特別委員会


「今日は時間限られておりますので、そのうちの廃炉の問題、今どうなっているか、この辺りについて廣瀬参考人から御報告を兼ねてお話を伺いたいというふうに思っています。当然、この事故を起こした原発、一号機から四号機まであるわけですけれども、その廃炉というのは極めて難しい作業というふうに言われているわけです。時間も掛か....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2014/11/12

委員会名参議院 原子力問題特別委員会


「少し時間がなくなりましたけど、次は田中委員長にちょっとお伺いしたいんですが、本当に川内原発の再稼働まで、これ膨大な書類をチェックするという大変な作業で、本当に御苦労さまだとは思っております。ただ、今月の二日、日本火山学会の提言が出たときに、委員長が記者会見でちょっと気になる発言をして、それが大分取り上げられ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2014/11/11

委員会名参議院 法務委員会


「この国連の人権委員会の勧告の中には、先ほども有田委員の方から提起があったヘイトスピーチと人種差別という問題についても、このプレスリリースの中でも、やはり憎悪と差別をあおるようなそうした行為に対しては断固たる措置をとるべきであるという内容の勧告が出されているんですが、そのくだりの中ほどを見ていただきたいと思い....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2014/11/11

委員会名参議院 法務委員会


「こうした指摘は当たらないというふうな申入れをしたわけですね。でも、実際に運用を見てみますと、当たらないというふうに断言して申し入れる内容、そこまでになっているのかなという私は気がしております。やはりこうした指摘に対しては真摯に対応する必要もあるのではないかというふうな気がしております。現に、それでは、その中....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2014/10/28

委員会名参議院 法務委員会


「松島大臣の突然の辞任を受けてということの御就任なんですけれども、やはり、でも法務大臣としての重要な役目というのは変わらないと思いますので、是非しっかりとその役目を果たしていただきたいということをまず申し上げたいというふうに思います。その観点から、まず、少しその問題についてお伺いしたいんですけれども、松島大臣....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2014/10/28

委員会名参議院 法務委員会


「就任して、法務行政に大変意欲を持って取り組んでいかれるということを表明されているんですが、特に女性の社会進出問題ということについては私も本当に大賛成、同感でございます。大臣は所信表明の中でも、女性が輝く社会を推進する安倍政権の一員として、法務行政に携わる女性の働く環境を整えていくことに力を尽くしたいというふ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2014/10/28

委員会名参議院 法務委員会


「女性の社会進出ということでちょっと伺いたいんですが、実は私ども、多分ここにいらっしゃる委員の皆さんもそうなんですが、大臣が替わられたときとか、あるいは法務省の中の幹部の人事の異動があったときに名簿というのが配られるんですね。法務本省幹部名簿というのがあるんですね。これがあるのは、まず大臣、御存じですか。」 ....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2014/10/16

委員会名参議院 法務委員会


「今公職選挙法の話がちょっと出たので総務省にお伺いしたいんですけれども、今回の松島大臣のいわゆる、ちょっと私とやっぱり見解がそれは違いますね。大臣は、うちわのような討議資料。私は、やっぱりどう見ても、先ほどのあの午前中の有田委員から見せていただいた、お示ししていただいた形を見れば、あれは一般的にはやっぱりうち....


→発言の続きを見る


議員名真山勇一(維新の党)

2014/10/16

委員会名参議院 法務委員会


「残り時間がちょっと少なくなってしまったんで、ざっとしたことをまず初回の一般質問ですのでお伺いしたいんですが、更生保護行政についてお伺いしたいと思います。大臣の所信表明演説の中で、まず最初に、世界一安全な日本、そのために全力で犯罪対策に取り組んでいくという強い決意を述べられております。私もそのとおりだというふ....


→発言の続きを見る

297件見つかりました。