希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

三宅伸吾さんの発言を表示します。


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2017/3/30

委員会名参議院 財政金融委員会


「経営破綻といえば、今からちょうど六年前の三月でございますけれども、会社更生手続に入っておりました日本航空、当時の社名は日本航空インターナショナルという名前だったんですけれども、現在の日本航空の会社更生手続が終わったという決定を東京地方裁判所が今からちょうど六年前にしております。麻生大臣にお聞きしたいんでござ....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2017/3/30

委員会名参議院 財政金融委員会


「このいわゆる官民ファンドの一般的な定義、それから主なファンドの名前、そして国から官民ファンドへの現在又は近時点での出資額と信用供与額、それぞれの総額を教えていただけますか。」


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2017/3/30

委員会名参議院 財政金融委員会


「私の関心は、大きくなったいわゆるこの官民ファンドでございます。この官民ファンドもしっかり規律を働かせて、その設立趣旨に沿った形で運営をしていかなければいかぬというわけでございます。そういった意味で、官民ファンドの運営に係るガイドラインというのがございます。概要を教えてください。」


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2017/3/30

委員会名参議院 財政金融委員会


「このガイドライン、拝読をいたしますと、投資の判断をするときにはいろんなことを注意をして慎重にやれということをたくさん書き込んであるんですけれども、私一番気になったのは、投資をやめるとき、いわゆるエグジットということに関する記述がほとんどございません。言葉は三か所出てまいりますけれども、行きはよいよい何とかと....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2017/3/30

委員会名参議院 財政金融委員会


「もう一つ、私、官民ファンドで関心がございますのは、大きな上場会社に官民ファンドが出資をしたと、時価総額が一兆を超えるものも実はもうあります。そうした場合に、官民ファンドが出資をしている上場会社の株式の評価、資産評価と、それから官民ファンドの資産、そして官民ファンドに出資を、投融資をしている国のバランスシート....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2017/3/30

委員会名参議院 財政金融委員会


「官民ファンドが保有する上場株式の評価を時価評価していれば反映されるという御説明でございました。していない場合も念頭にあるということでよろしいんでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2017/3/21

委員会名参議院 財政金融委員会


「まず、米国では法人税制改革を主要政策の一つにしていると聞いております。まず、法人実効税率について、トランプ新政権及び議会の与党共和党からはそれぞれどのような主張がなされているのか、概略をお教えいただきたい。そして、実効税率を下げる方向で提案をされているそうでございますけれども、税率引下げに伴う代替財源、財源....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2017/3/21

委員会名参議院 財政金融委員会


「海外の子会社が稼いだ利益についてどのように課税をするかということでございますけれども、アメリカの新政権及び与党は、海外子会社、米国法人の海外子会社ですね、の内部留保についても新たな課税を検討しているようでございますけれども、その概要はどのようなものでございましょう。」


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2017/3/21

委員会名参議院 財政金融委員会


「次に、我が国の海外子会社のためている内部留保の近年の状況を教えてください。そしてあわせて、日本は近年、税制改正により結果的に海外子会社から日本の親会社への配当を促すような方策を取っているように私は思っておりますけれども、その仕組みと政策的効果をどのように評価されているか、お聞かせください。」


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2017/3/21

委員会名参議院 財政金融委員会


「海外子会社から日本の親会社への配当について益金不算入ということでございますけれども、正確に申しますと五%は益金に算入しているわけであります。その理由をお聞かせください。」


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2017/3/21

委員会名参議院 財政金融委員会


「これが一番話題になっているわけでございますけれども、国境税、まあ国境調整税という言い方もしている場合もありますけれども、トランプ新政権そして議会、与党共和党からそれぞれどのような主張がなされているのか、概略を教えてください。また、これらが実現した場合、対米輸出企業や米国の消費者への影響としてどのようなことが....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2017/3/21

委員会名参議院 財政金融委員会


「麻生副総理は、四月からペンス米副大統領と日米の経済対話を始められるわけです。先般の参議院予算委員会で、トランプ大統領につきまして麻生副総理は、白いキャンバスに向かっておられるような感じがすると、それからとても聞き上手だというふうな印象を持たれたそうでございますけれども、賛否両論入り交じる米国の法人税制改革に....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2017/3/21

委員会名参議院 財政金融委員会


「国税庁にちょっとお聞きしたいんですけれども、世の中では、社員旅行において、一人当たり年間十万円を超えて会社が社員旅行に対して支出をすると従業員に対する所得課税が発生するという十万円基準という話が出回っておりまして、私も何人かの税理士の方からお聞きをいたしました。税務の執行の現場においてこの十万円基準なるもの....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2017/3/21

委員会名参議院 財政金融委員会


「と申しますのは、少額は非課税で扱う、所得税法上ですね、それは私そのとおりだと思うんでございますけれども、その少額といった場合に、うちの会社は毎年やっていると、別の会社はうちは隔年に、二年に一回しか社員旅行をしないんだという場合で、全く同じような業態で、もし利益水準も同じで、もし他の福利厚生に対する会社の支出....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2017/3/9

委員会名参議院 予算委員会公聴会


「マッカーサーは、実は別の機会にこんな発言もされております。過去百年に米国が太平洋地域で犯した最大の政治的誤りは共産勢力を中国で増大させたことだと、次の百年で代償を払わなければならないだろうというふうにマッカーサーは別の機会に述べております。宮家公述人にお聞きしたいと思いますけれども、米国がどのように中国と向....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2017/3/9

委員会名参議院 予算委員会公聴会


「外交の失敗を続ける中国の政治最高指導層の構造的欠陥で、先生が挙げられていない一つについてちょっと御紹介をしたいと思います。私の発案ではなくて、ある外交のベテラン政治家がおっしゃっておられました。習近平総書記に対する情報伝達ルートの問題を指摘されておられました。安倍総理は多くの日本の霞が関の局長と、本当に総理....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2017/3/9

委員会名参議院 予算委員会公聴会


「六日、北朝鮮が四発の弾道ミサイルを発射し、うち三発が日本海上の我が国の排他的経済水域に落下しました。この件につきまして、昨日、参議院の本会議で抗議の決議をしたところでございますけれども、公述人にお聞きしたいのは、もし今後、北朝鮮からの弾道ミサイルがEEZに落ち、日本船籍の船に衝突、多数の死者が出たような場合....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2017/3/9

委員会名参議院 予算委員会公聴会


「あした、韓国の憲法裁判所が朴槿恵大統領を罷免するかどうかの判決を下しますけれども、今後の朝鮮半島情勢、日本にとって最悪のシナリオは何だとお考えでしょうか。そして、それを防ぐために米国に期待すること、日本ができることを簡潔に御教授いただけないでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/12/9

委員会名参議院 本会議


「さて、TPP協定は、アジア太平洋地域で、自由、民主主義、基本的人権、そして法の支配といった共通の価値観を持つ国々が、新たなルールに基づく巨大な経済圏をつくり出すものです。安倍総理は、国家百年の計と評価されておられます。私のふるさと香川県出身の大平正芳元総理は、三十数年前、環太平洋連帯の構想を提唱しました。こ....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/12/9

委員会名参議院 本会議


「TPP協定が承認され、発効すれば、関税の削減、撤廃だけではなく、サービス、投資の自由化を進めます。さらには、知的財産、電子商取引など、幅広い分野で新しい公正なルールを構築、そして、アジア太平洋地域に人口八億人、世界のGDPの四割を占める経済圏を誕生させます。我が国は人口減少時代に入りました。同時に、高齢化が....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/12/9

委員会名参議院 本会議


「さらに、重要なことがあります。それは、TPP協定は単なる自由貿易の枠組みではないということであります。この協定は、経済社会の基本的、普遍の価値を共有する国・地域が経済のきずなを深め合い、その輪を広げます。地域に平和と安定をもたらすという極めて戦略的な意義を持っております。北朝鮮による度重なる核実験や弾道ミサ....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/12/9

委員会名参議院 本会議


「一方、TPP協定が目指す透明、公正なルールによる自由貿易は、言論の自由を基盤とする民主主義や基本的人権の尊重、法の支配といった普遍的な価値観と極めて親和性が高いのです。この協定は、これらの普遍的価値観をアジア太平洋地域へと押し広げてまいります。軍事的な膨張主義、人権侵害の脅威に対抗し、地域に平和と安定をもた....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/12/9

委員会名参議院 本会議


「TPP協定の発効には各国の国内手続が必要です。しかし、この協定はこの手続の締切りを定めておりません。自由貿易の促進、普遍的な価値観の拡大、我が国が掲げてきた正義の旗を一ミリたりとも下ろしてはなりません。逆風であるからこそ、正義の旗は高く高く掲げなければなりません。我が国の、我が国の基本方針を具体化するTPP....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/11/14

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「総理は今年四月の衆議院本会議におきまして、TPP協定は国家百年の計だと述べられておられます。今から三十数年前のことでございます、大平元総理が環太平洋連帯の構想を提案されておられましたけれども、これを安倍総理はどのように評価をされるのかというのがまず第一点目でございます。そして、第二点目の質問でございますけれ....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/11/14

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「そこで、外務大臣にお聞きしますけれども、もしイギリスが離脱の通告をできた場合、そしてしましたと、その後、EUとの間で、離脱後のEUとイギリスの間の通商関係の交渉がうまくまとまらず、いわゆるハードランディングで離脱をしてしまった場合、イギリスの通商政策、そして英国に工場とか金融関係の統括機関を置く日本企業に対....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/11/14

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「失礼、石原大臣に質問を聞くのをお忘れいたしました。トランプ氏や政権移行チームがこれから協定の全体像を十分に理解すれば、冷静な判断をし、TPPを支持する可能性があるのではないかと私は期待をするわけでございますけれども、石原担当大臣はいかがお考えでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/11/14

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「こうした状況の中でTPPの協定が基本合意されたわけです。協定には電子商取引に関する部分がありますけれども、どのような内容で、どうしてこういう規定を作ったのか、政府参考人にごく簡単に御説明をいただきたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/11/14

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「TPP協定の発効後、この協定に加盟していない国は電子商取引分野の競争でどのような不利な状況に追い込まれるというふうにお考えでございましょうか。」


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/11/14

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「そこで、もう一つ、余り国会で議論になってはおりませんけれども、TPP協定には国有企業という実はチャプターもございます。どのような内容で、そして何のためにこのような国有企業の章を置いたのか、政府参考人、簡単に御説明ください。」


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/11/14

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「中国の素材産業、ほとんどが国有企業でございまして、特に鉄鋼も当然国有企業でございます。中国では、鉄鋼産業で国有企業の過剰生産能力が世界的にかねて問題になっていると聞いております。具体的にはどのようなことが問題というか、日本から見ると課題だと思われるのか、世耕経済産業大臣にお聞きしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/11/14

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「TPP協定の交渉に参加していない大国、小さい国でも構いませんけれども、交渉に参加していない国が、TPP協定が発効して、参加しないと電子商取引分野で損になると考えて、入りたいといったときに、その国がTPP協定の国有企業に関する章の履行を果たさないでTPP協定に参加することは可能でしょうか。政府参考人、お聞かせ....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/11/14

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「TPP協定は、米国にとっては成長するアジア市場での権益を拡大するものであり、どのような人が大統領になっても米国政府が有望市場を無視することはできないと私は考えております。つまり、米国はアジアにおいて軍事上のプレゼンスを低下させることはしづらいというふうに私は思っております。こういった意味で、力の均衡を通じて....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/11/14

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「さて、総理は、本年四月七日の衆議院のTPP特別委員会においてこのようにおっしゃられております。中国がTPPの基準を満たして参加することは大歓迎だというふうにおっしゃっておられます。TPP協定がアジアの全ての国や地域や、このルールがもし世界に広がれば、法の支配が浸透し、ひいては自由で開かれた国が増えるように私....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/11/14

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「通告をしておりませんので質問ではありませんけれども、トランプ次期大統領との会談を三日後に控えております。もし可能であれば、総理のお考えを、お疲れでなければお聞かせください。君子を豹変させていただきたいというのが私の願いでございます。」


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/11/14

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「TPP協定の著作権と商標に関する部分で、法定損害賠償又は追加的損害賠償制度のいずれかを維持、採用することというふうに求めておりまして、その脚注で、追加的な損害賠償には、懲罰的賠償を含めることができるというふうに書いてあります。ということは、懲罰的損害賠償ではない追加的な損害賠償制度があるということに論理上な....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/11/14

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「いわゆるメード・イン・TPPというやつでございます。新しい協定では、TPP加盟国の中でいろいろ融通を利かせれば、関税がゼロになって輸出ができるということになりますけれども、この協定の規定と、どうもTPPは中小企業には関係ないという話をよく聞くものですから、中小企業にとってのこのTPP協定のメリットを是非経済....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/10/27

委員会名参議院 財政金融委員会


「近年、我が国では大企業の不正会計が相次いでおります。粉飾決算が明るみに出るたびに、監査法人は一体何をやっていたんだというようなことが話題になるわけでございます。この度、日本に常設事務局が開設されることになりました国際機関、これは監査法人を所管する各国の機関が集まる監査監督機関国際フォーラムと申します。片仮名....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/5/31

委員会名参議院 法務委員会


「多くの方が待ち望んでおりました再婚禁止期間に関する民法の改正法案が成立の見込みとなった気がいたしております。改正法案の附則に、公布の日から施行するとあります。仮に、あした六月一日の参議院本会議で本法案が可決、成立した場合、公布の日の予定日は通常であればいつ頃になるのか、いつ頃を目指して準備をされているのか、....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/5/26

委員会名参議院 法務委員会


「議題となっております法律案は、日本司法支援センターの業務を拡大し、ストーカー等被害者に対する援助を拡充することなどを内容としております。まず、法務省にお聞きします。ストーカー等被害者に対する援助というのは具体的にどのような援助を想定されておられますか。」 「私の読んだ新聞記事ですと、SNSはこのストーカー規....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/5/26

委員会名参議院 法務委員会


「この日本司法支援センターでございますけれども、スタッフ弁護士がいるというのは私知っているのでございますけれども、弁護士以外の隣接法律職種の方、司法書士さんとか行政書士さんとか、様々な隣接の方がいらっしゃるわけですけれども、現状、どういう、何人ぐらい隣接法律職の方がスタッフ弁護士となっていらっしゃって、そして....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/5/24

委員会名参議院 法務委員会


「先月、最高裁判所事務総局は、ハンセン病を理由とする開廷場所指定に関する調査報告書を公表しております。報告書に至る経緯をごく簡単に御説明ください。」 「開廷場所の指定及び裁判の公開性につきまして、その違法性と違憲性について調査報告書はどのような結論を出しておりますか。」 「この報告書には有識者委員会の意見が添....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/5/19

委員会名参議院 法務委員会


「本法案は、政府が国民の一層の安全、安心を実現しようと国会提出したものです。ただ、本委員会の審議では、本法案の内容では取調べ・訴追機関の運用次第で新たな冤罪を生むとの懸念が示されました。また、通信傍受制度の見直しによって立会いを不要とする形態の傍受を認めることなどから、プライバシーの侵害、違法な証拠収集の危険....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/4/28

委員会名参議院 法務委員会


「まず、小木曽参考人にお聞きしたいと思います。二人の、豊崎様、原田様がお話しされているときにとても一生懸命メモを取られていらっしゃったんですけれども、お聞きになられて何か反論がおありになってメモを取られていたんですか。」 「是非、一番反論したいと思われてメモを取ったところをお知らせいただけますか。」 「原田参....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/4/26

委員会名参議院 法務委員会


「私は、今のお話をお聞きしておりまして、検察官と警察官と裁判官に是非知ってもらいたいと思ったわけでございますけれども、浜田参考人は、今日されたようなお話、それから様々なところで教鞭を執ったり、それから論文もお書きになられていると思いますけれども、例えば司法研修所でこういうようなお話をされたことはあるんでしょう....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/4/26

委員会名参議院 法務委員会


「今の浜田参考人のお話を伺っていますと、やっぱり全過程録音したら虚偽の自白は相当減るだろうということを陳述されたわけでございます。義務化対象犯罪であって例外規定に合致して、捜査機関には録音、録画の義務がなくても、本人の同意を無視して、それか本人の知らない間に録音、録画をして、その状況を、まあ証拠として出すかど....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/4/21

委員会名参議院 法務委員会


「いろんなところで、御本人の明示的そして個別の同意のない状況で私たちの声とか顔が認識できるような形でデジタルデータが日々蓄積されているわけでございますけれども、そこでちょっとお聞きしたいんでございますけれども、他人の音声、顔が識別できるような内容での録音、撮影行為について、当該本人の個別的、明示的な同意のない....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/4/21

委員会名参議院 法務委員会


「今までの話は録音、録画する行為そのものについてお話を伺ったわけでございますけれども、じゃ、そのような形で撮られた録音・録画データについて、法廷に提出をしてそれを有罪にするための証拠として使えるのかどうかというところをちょっとお聞きしたいんでございますけれども、例えば日本全国で様々なデモが行われていると思うん....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/4/21

委員会名参議院 法務委員会


「本法案成立後、可視化の義務対象外の罪で起訴されている被告人を可視化の義務対象の犯罪の嫌疑で取調べをする際には可視化は義務付けられないという趣旨の答弁があったかと思うんですが、そういう理解でまずよろしいですか。」 「そうであれば、自白を何らかの方法で強要し自白する状態に追い込んだ後で身柄拘束された被疑者にして....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/4/19

委員会名参議院 法務委員会


「この第二条の肝は、私二つあると思いまして、まず第一は、第二条で言うと四行目でございますか、「本邦の域外にある国又は地域の出身であることを理由として、」、これが第一の要件ではなかろうかと思います。そして、第二の要件が次の「本邦外出身者を地域社会から排除することを煽動する不当な差別的言動」と、こういうふうに書い....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/4/19

委員会名参議院 法務委員会


「そこで、最高裁判所にお聞きいたします。仮処分命令が無視される状況は過去どのぐらいあるのでございましょうか。例えば、私が知っているだけでも、日教組とあるホテルの会場を使う使わないという問題がございまして、あのときも仮処分命令を無視して使わせなかったということがございました。その司法判断の無視される事案というこ....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/4/19

委員会名参議院 法務委員会


「私、つらつらずっとこの法案の審議入りから考えておったわけでございますけれども、少なくとも全面可視化された事件においては冤罪が減る方向に働くという意味では前進であることは間違いないんではなかろうかと思いますけれども、桜井参考人のお話を伺いますと、部分録画、小池さんもそうだと思いますけれども、部分録画の場合にお....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/4/14

委員会名参議院 法務委員会


「このような様々な過去言われた問題点を、今後起きないようにしようということで自主的に導入しておりました可視化、取調べの録画、録音を今度はきっちりと制度化しよう、義務付けようというわけでございますけれども、法務省にお聞きいたします。本法案による可視化の対象犯罪は何でございましょうか。」 「上川前法務大臣は、この....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/4/14

委員会名参議院 法務委員会


「ただ、今回の法案はそうなっておりませんで、令状を受けた通信事業者は指定された暗号処理に従って生データを捜査機関に送ると、こうなっているんでございます。この方法で改ざんされていないことがどうして担保されるのか、分かりやすくちょっと法務省の御担当者の方、御説明いただけないでしょうか。」 「そこで質問なんでござい....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/4/14

委員会名参議院 法務委員会


「一定の経済犯罪、組織的犯罪において、被疑者ないし被告人が、特定犯罪に関する他人の刑事事件の犯罪事実を明らかにするために供述や証拠の提供など一定の協力をすることと引換えに、見返りに、検察官の裁量の範囲内で不起訴、公訴の取消し、特定の求刑など恩典を与えることに合意することだと理解しております。この協議・合意制度....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/3/22

委員会名参議院 政府開発援助等に関する特別委員会


「我が国は、少子高齢化という課題先進国でございます。介護制度、高度な介護ノウハウなどの海外移転、そして介護関連機器の輸出などが今後見込まれるわけでございます。そこで、JICAにお聞きいたします。介護など社会福祉分野における近年のODAの実施状況の概要をお知らせください。」 「少し質問の順番を変えまして、岸田外....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/3/10

委員会名参議院 法務委員会


「八日の所信表明におきまして、岩城法務大臣は法務省の任務について、基本法制の維持及び整備、国民の権利擁護等と述べられました。基本法である民法でございますけれども、女性の再婚禁止期間に関する規定が、先般、最高裁におきまして違憲と判断されたわけでございます。そこで、最高裁にお聞きいたします。これまでに、法令違憲、....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/3/10

委員会名参議院 法務委員会


「続きまして、継続審議扱いとなっております外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律案、これ衆議院の方でございますけれども、成立すれば新たな認可法人をつくるということになっております。認可法人の主な業務、陣容、予算の規模について、ごく簡単に御説明をいただけますか。」


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2016/2/17

委員会名参議院 国際経済・外交に関する調査会


「まず、梅林参考人に一つ質問をさせていただきたいと思います。この北東アジア非核兵器地帯、野心的な構想だと思います。ただし、ちょっと私、素朴な疑問がございまして、今年の一月六日に北朝鮮、第四回の核実験を実施をいたしまして、北朝鮮によりますと初の水爆実験だということでございます。そして、二月の七日には衛星と称しま....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2015/8/5

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「戦前には、中国大陸などで軍部の暴走がありました。このため、過去の誤った軍国主義が再発しないかと心配している人も少なくないわけであります。私は、さきの大戦での失敗を繰り返さないために、戦後、我が国は何重もの制度的歯止めをつくり込んできたと考えます。過剰な自衛権の発動を防ぐ制度的な仕組みは今回の法案を含めきちん....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2015/8/5

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「憲法九条と自衛権の関係に関しまして、憲法の制定論議の当時から今日に至るまでの政府見解の大まかな流れを御説明いただけますか、内閣法制局長官。」 「この一九七二年の政府見解が出た当時、中国に近年のような軍事膨張主義は見られず、北朝鮮に弾道ミサイル、核もない状況でした。当時の安全保障環境では、米国の相対的軍事力は....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2015/6/4

委員会名参議院 法務委員会


「裁判員法によりますと、職業裁判官一人、一般からの裁判員四人という小規模な合議体でもって裁判員裁判をやることも想定をされております。これまでに、六年余りでございますけれども、この小規模な合議体による裁判員裁判が何件あったのか、最高裁にお聞きしたいと思います。」 「ゼロ件となった事情、背景につきまして、裁判所は....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2015/5/28

委員会名参議院 法務委員会


「小沢参考人から、胸の痛むような体験の中から幾つかの制度改正の御提案がございました。例えば、整理手続の中で被害者の弁護人もちょっと参加させてもらえないかとか、幾つかあったかと思いますけれども、法律家から見て、小木曽様、泉澤様、小沢様の御提案についてどのような御感想をお持ちになったか、まず小木曽様からお聞かせい....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2015/5/14

委員会名参議院 法務委員会


「今から十三年前でございますけれども、司法制度改革推進本部顧問会議というものがございまして、平成十四年の七月五日のことでございましたが、総理大臣官邸大会議室におきまして、当時の小泉純一郎総理がこういう川柳を御紹介されました。思い出の事件を裁く最高裁。英米流に申しますと、ジャスティス・ディレイド・ノー・ジャステ....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2015/5/14

委員会名参議院 法務委員会


「複雑専門訴訟、今、医療と行政とそれから知財と御紹介ありました。その行政事件の中で租税関係訴訟というのがございます。お手元に配付いたしております二ページ目に租税関係訴訟の状況というのがございます。一番左が各年度の期首の件数でございまして、一番右が期末の件数でございます。期末の件数を見ますと、平成六年度六百五十....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2015/4/23

委員会名参議院 法務委員会


「これは百年以上前の事件の訴訟とそれから和解の結末でありますけれども、法務省にお聞きいたします。商船で海難事故が起きた場合、事故の状況、場所とか様々な要因によって責任の有無、裁判ができる国、それからどこの国の法律が適用されるか、いろいろ枝分かれすると思いますけれども、大まかな概要をお知らせください。」 「ちょ....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2015/4/22

委員会名参議院 国際経済・外交に関する調査会


「先ほど、佐藤参考人がちらりと漏らされました、実際は少子化適応政策をきちっと議論しなきゃいけないというふうにもおっしゃったわけでございますので、恐らく大胆な移民政策は現実的に政治的実現性が低いからそういうふうにおっしゃったんではないかと思っております。お聞きしたいのは、ドメイン教授の提唱されている投票制度をも....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2015/4/16

委員会名参議院 法務委員会


「矯正医療につきましては、八世紀に養老律令というのがございましたけれども、その養老令の中に獄令という条文がございまして、それを読んでおりましたら、疾病があれば薬を出しなさいと。そして、重病のときは足かせ、首かせを外して、そして家の者が一人、拘禁されているところに入って、家族が看病するというような記述があるわけ....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2015/4/6

委員会名参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会


「さて、この土日、菅官房長官が沖縄を訪問されました。沖縄の振興は、地元の住民、自治体そして国が一丸となって取り組むべき課題だと考えております。しかし、残念ながら、普天間飛行場の代替施設移設をめぐりまして、地元自治体と国との間で対立が起きております。紛争の泥沼化は決して沖縄振興に資するものとは考えておりません。....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2015/4/22

委員会名参議院 国際経済・外交に関する調査会


「これほど急速に進む日本の人口減少を本当に今すぐ歯止めを掛けたいのであれば、なすべき方策は二つしかないと思っております。一つは、大胆な移民政策であります。二つ目は、投票選挙制度改革だと思っております。少子化対策を強力に推進する政治的基盤を確立するための選挙制度改革でございまして、私が言っているわけではありませ....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2014/10/16

委員会名参議院 法務委員会


「松島大臣は、十年前でございます、ある雑誌で、裁判員制度には反対ですというふうにインタビューに答えておられます。少し引用いたしますと、もし私を支持してくれる有権者から裁判員の通知が来たらどうしようと相談を受けたとしたら、私は、やめなさい、行くなら覚悟しなさいとはっきり言うつもりですねと発言をされておられます。....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2014/10/16

委員会名参議院 法務委員会


「次の質問でございます。性犯罪の罰則についてというところでございますけれども、一昨日の本委員会で、大臣、こういうふうに御挨拶をされました。刑法の強姦罪の法定刑の下限が強盗罪のそれよりも軽く、強姦致死傷罪の法定刑の下限が強盗致傷罪のそれよりも軽いのはおかしいと述べられたわけでございます。かねて松島大臣の御持論と....


→発言の続きを見る


議員名三宅伸吾(自由民主党)

2014/10/16

委員会名参議院 法務委員会


「次のテーマに移りたいと思います。テーマは法の支配ということでございます。安倍総理が、よく国会それから様々な国際会議の場で法の支配という言葉をお使いになられております。去年の一月から先月末まで、ざっと調べただけでも少なくとも三十七回、総理は法の支配という言葉を国会の本会議又は委員会でお使いになられておられます....


→発言の続きを見る

72件見つかりました。