希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

務台俊介さんの発言を表示します。


議員名務台俊介(自由民主党)

2016/5/25

委員会名衆議院 災害対策特別委員会


「五月一日、二日に熊本入りした折にボランティア組織の皆様からお話を伺いましたが、ボランティア活動の申し出に対して、自治体の側がこれを謝絶するというケースが相次いだというふうに聞いております。余震が続くなど災害が継続しているという事情があったものとは思いますが、自治体の負担を和らげる観点から、例えば、ボランティ....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2016/5/25

委員会名衆議院 災害対策特別委員会


「実は今回、耐震化と水道施設の復旧の関係、大変な相関関係があるということがわかっておりまして、資料の六ページを見ていただきますと、耐震化適合率と復旧率、これはきれいな相関関係があり、益城町は耐震化が進んでいなかったので復旧がおくれている、熊本市はそうでない、こういう数字も出ているんです。これは厚生労働省につく....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2016/2/25

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「過日、新聞で、文部科学省として北極研究の基本方針となる北極研究計画をまとめる、そういう記事に接しましたが、まずその内容についてお伺いしたいと思います。」 「本日は、その議連の決議を踏まえて幾つか御質問させていただきたいというふうに思います。まず、基本的なことをお伺いしますが、北極と南極、それぞれの研究で、研....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2016/2/25

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「政府の北極政策を議論するために、平成二十五年七月に北極海に係る諸課題に対する関係省庁連絡会議という課長級の会議が設置され、その議論をもとに政府の北極政策がつくられたというふうに承知しております。今この連絡会議はどのくらい機能しているのか、その意義の自己認識をお伺いしたいと思います。そして、昨年、総合海洋政策....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2016/2/24

委員会名衆議院 総務委員会


「一方で、次の十ページ、十一ページを見ておりましたら、私が記憶しているころは、地方の歳出の方が国の歳出より多い時代がずっと続いてきたと思っていたんです。ところが、平成二十一年度から、国の歳出に対して地方の歳出の方が下回る。来年度は、国の歳出に対して地方歳出は八八%台ということで、意外に地方歳出の規模が、縮小し....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2016/2/24

委員会名衆議院 総務委員会


「長野県に私立大学、特色のあるものが幾つかあるんですが、実は、最近奇妙な現象が起きています。それは、財政基盤が割としっかりしているにもかかわらず、将来の不安から公立大学化を目指すという動きが出ています。一つだけじゃなくて、複数の私立大学がそういう動きを見せています。なぜかというと、交付税による財政措置が公立大....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2016/2/24

委員会名衆議院 総務委員会


「一方で、過去、事業費補正が活用され過ぎたという反省で、なかなか一般的に事業費補正が認められるということになっておりません。そのために、自治体の現場では、やらなければいけない事業があるにもかかわらず、補助金が来ないのでとめているという事例がたくさんあります。本当にこれでいいのかな、もとの補助金頼みの行政に立ち....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2016/2/24

委員会名衆議院 総務委員会


「ノスタルジックカーは経年車で数値上の環境性能はよくないかもしれませんが、実際に年に何回か運転するだけ、持つのに物すごくコストがかかる。それを、自動車税まで重課して本当にいいのかという気がします。文化的価値の高いものに重課をする。法隆寺に固定資産税をぼんとかけるようなものなんですよ。いいんですか、これで。とい....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2016/2/24

委員会名衆議院 総務委員会


「消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律というのが平成二十五年に成立しました。本当にいい法律ができたというふうに思います。この法律の肝は、加入の促進、処遇の改善、装備の充実、教育訓練の充実、そういうことが肝だったんですが、実際に、この法律ができて地方自治体の予算措置がどういうふうに改善したのか。な....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2016/2/24

委員会名衆議院 総務委員会


「昭和二十九年の最高裁判決というのがありまして、寄宿舎に住んでいる学生の住所は寄宿舎だという判決があります。ただ、今の時代はもう全然違うので、当時は子供がどんどんふえている時代です。今はどんどん減っていく中で、田舎の子供、地方の子供が都会の寄宿舎に仮に入るとして、そこに全部とられちゃうというのは、これはとんで....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2016/2/17

委員会名衆議院 財務金融委員会


「麻生大臣は、国債は政府の債務であり国民の借金ではないという話をされておられますが、まことにそのとおりで、国民は政府に対する債権者だという位置づけがあろうと思います。将来にわたり債務償還が可能であると国民が判断する限りにおいては、債権者である国民は安心して政府に貸し付け続けると考えていいのか、そういう理解でよ....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2016/2/17

委員会名衆議院 財務金融委員会


「国債管理政策についてちょっと伺いたいと思うんです。当初、特例公債については借りかえを認めない考え方がとられていたというふうに承知しております。これが昭和五十九年に借りかえを認めるやり方に転換しています。これは、長期的な国債管理政策の中ではやむを得ない措置であるというふうに認識しますが、仮に借りかえを認めない....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2016/2/17

委員会名衆議院 財務金融委員会


「最後に消費税の問題。時間がなくなりましたから、一つだけ伺いたいと思います。先週、確定申告の激励に松本税務署を訪問した際に、そこにおられた税理士の方から、最近消費税の滞納が目立っているというお話を伺いました。昨年度は三千五百億円もの滞納残高が消費税で、あるというふうに承知しておりますが、足下の滞納の状況はどう....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2015/6/11

委員会名衆議院 憲法審査会


「船田先生、吉村先生も発言されましたが、私は、憲法審査会の議論は、冷静な環境のもとで、中長期的視野で大局的に行われるものと考えておりまして、別委員会で現に行われている法案審議についてこの場で結びつけた議論を行うことについては、謙抑的でなければならなかったと考えております。特に、平和安全法制について審査会の場で....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2015/6/11

委員会名衆議院 憲法審査会


「ところで、私はこの二月に、ドイツのベルリン・フンボルト大学法学部のヴァルトホフ教授から、ドイツの憲法の運用についての講義を聞く機会がございました。その際、私から、ドイツの基本法は占領が解かれてからの制定であったけれども、当時占領軍からドイツにおいても早期の改正の要求はないかというふうに質問したところ、先生は....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2015/5/7

委員会名衆議院 憲法審査会


「現行憲法の平和主義、基本的人権の尊重、国民主権といった基本理念は、人類の歴史を踏まえたものであり、しっかりと継承していかなければならないということは、この場の全員が共有していることではないかというふうに思います。その立場を踏まえながら、戦後七十年を迎える今年、国際情勢の激変、我が国の国際的立場の変化を踏まえ....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2015/5/7

委員会名衆議院 憲法審査会


「その具体例として、私は、二つ挙げさせていただきたいと思います。一つは、選挙制度の問題でございます。国政選挙の都度、選挙無効の訴訟が提起されております。一票の価値の格差を理由としたものでございます。これは、現行憲法が法のもとの平等を選挙権行使に厳しく問うているとの解釈に基づきます。平等原則に基づく定数是正は必....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2015/3/20

委員会名衆議院 災害対策特別委員会


「今月は、今週、仙台で、国連加盟国百九十三カ国のほぼ全てに当たる百八十六カ国が出席し、第三回の国連防災世界会議が開催され、山谷大臣は議長を、そして赤澤副大臣は副議長をお務めになったと承知しております。ロンドン・オリンピックの参加国が二百四であるのに比較しても、大変大きな国際会議だったというふうに思います。東日....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2015/3/20

委員会名衆議院 災害対策特別委員会


「我が地元の松本市では、内閣官房の国土強靱化推進室からモデル計画の指定を受け、強靱化地域計画のモデル地域となっております。松本市がモデル事業に手を挙げましたが、その後、御嶽噴火が起きたために、その取り組みの必要性を地元でも改めて認識しているというふうに理解しております。やはり、自治体が当事者意識を持つ上では、....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2015/3/20

委員会名衆議院 災害対策特別委員会


「一つ質問を飛ばしますが、日本の先進科学技術を防災に生かすというのはとても重要な観点だと思います。最近、無人小型ヘリのドローンが結構注目を浴びています。災害時の偵察、状況把握に大きな力を発揮するように思われます。私の地元には、一方で、超小型有人ヘリを開発している事例もございます。無人小型ヘリは規制が緩やかとい....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2015/3/20

委員会名衆議院 災害対策特別委員会


「次に、防災関係者の教育訓練について伺いたいと思います。日本では防災関係者の体系立った教育訓練の体制というのがややおくれているのではないかという指摘がございます。消防庁の消防大学校あるいは全国の消防学校ではそれなりのカリキュラムがございますが、広く地域防災を担う人材向けの防災訓練機能が不足しているということで....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2015/3/20

委員会名衆議院 災害対策特別委員会


「それから、日本の防災技術、先ほど国際貢献という話もありましたけれども、日本の防災技術が世界展開する上でボトルネックになっているというのが、日本の防災機器が世界基準として位置づけられていない、そういううらみがございます。資料の六ページに用意させていただいておりますが、米国ではNFPA、欧州ではEN、最近中国で....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第五分科会


「せっかくIターンやUターンで若い家族がこの地域に移住しようとしても、ここで子供が産めないという事態で、びっくりして移住をやめるというようなケースも報告されております。里帰りで子供を産もうとしても産めない。地方創生でこれからどんどん人を、中山間地に帰ってもらおうというときに、これでは、移動の障害になって、まさ....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第五分科会


「今のお話は、定性的な分析としてはそうなのかなと思うんですけれども、それは、制度がそのように仕組まれていて、そうなっている結果を何とかしなければいけないにもかかわらずしていない、そういうことにも大きな原因があると思います。そういう意味で、過去、るる言われている制度の中で、臨床研修制度の問題が一つの引き金になっ....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第五分科会


「どうも抜本的な改善に結びつくかどうか、いまいち今の説明ではぴんとこなかったんですが、一方で、ちょっと諸外国を見てみますと、諸外国では、それが実態的にどの程度いい医療に結びついているかどうかまではわかりませんが、医師の配置に関する参考になるようなメカニズムが大分あるようでございます。私がロンドンにいたときに、....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第五分科会


「今の枠組みでできる範囲の工夫が行われつつあるということは、私も大変うれしいことだと思います。地域医療支援センターで、地域枠で入学した学生がお医者さんになってくるということも期待ができるというふうに思います。ただ、もうちょっと抜本的な対策がそろそろ講じられていい時期じゃないかというふうに思います。例えば、先ほ....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2015/3/4

委員会名衆議院 財務金融委員会


「私、昔、学生のころ、財政学の本を読みましたら、レース・ツー・ザ・ボトム、そういう言葉がございまして、租税競争が起きると限りなくゼロに近づくということだったかというふうに思います。こういう負のスパイラルに巻き込まれてしまうと、租税が成り立たなくなるのではないかというふうに懸念もしております。伺いたいのは、OE....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2015/3/4

委員会名衆議院 財務金融委員会


「今回の法人税率引き下げによって企業収益力が高まり、その成果を継続的な賃上げに回すという政府の強い政治的意思があったかと承知しておりますが、実際、政府は、これを実現するためにどのような仕組み、制度的枠組みを用意されているのか、伺いたいと思います。私は、個人的には、法人税率引き下げの減税効果と、企業のトータルと....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2015/3/4

委員会名衆議院 財務金融委員会


「次に、消費税について伺いたいと思います。消費税の一〇%への引き上げが二十九年四月まで延期されることになります。延期の議論の過程では、延期した場合に日本の国際的信認に傷がつくのではないかという主張がなされました。実際に延期によってそのような評価になっているのか、国債に対する評価を含めた、特に外国からの視点につ....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2015/3/4

委員会名衆議院 財務金融委員会


「ちょっと時間がなくなったので質問を幾つかはしょりますが、与党なんですが、格差の問題についてもちょっとお話しさせていただきたいと思います。お手元に、ちょっと古い資料なんですが、各国の再分配前後の所得のジニ係数の国際比較という資料を出させていただきました。日本は二〇〇九年でちょっと古いんですが、これを見ると、主....


→発言の続きを見る


議員名務台俊介(自由民主党)

2015/3/4

委員会名衆議院 財務金融委員会


「米国は、米国の市民権を持つ人が世界じゅうのどこに居住しても、米国内の税率と居住地税率との差額を追徴する仕組みというのがある。すごいなと。一万ドル以上、もちろん国外勤労所得が十万ドルぐらいある部分はそれを基礎控除みたいにするんですが、要は、どこに行っても課税逃れは許さぬぞという、安全保障でも、どこに行っても助....


→発言の続きを見る

31件見つかりました。