希望日本研究所

希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

工藤彰三さんの発言を表示します。


議員名工藤彰三(自由民主党)

2018/4/4

委員会名衆議院 国土交通委員会


「簡単に言うと、この島を手に入れたいといっても、開発には非常にお金がかかる。近隣には、金魚で有名な、西側には弥富市、そして日本で一番産業で裕福と言われております飛島村、そして私たちのこの名古屋市、東側には東海市、知多市などがあります。このような多くの自治体がどのようにこの島を帰属にするのか。それとも、国がしっ....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2018/4/4

委員会名衆議院 国土交通委員会


「私がどうしたらいいと言ったら、工藤さん、要は、運河というのは橋と橋が間がある。ゾーン別にして、商業地域、工業地域、そしてアミューズメント地域、これを別々にするべきだ。こんなばらばらなことをやってちゃ、やっぱりお客さんは来ないよという提言もいただいておりましたので、この中川運河のことについて今後やはりいろいろ....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2018/4/4

委員会名衆議院 国土交通委員会


「一方で、トラックドライバーは、名古屋港ですと、コンテナが来て、それを荷分けしてトラックに積んでいくんですが、これを仕分する、いわゆる荷待ちのために長い待機時間を強いられており、非効率的な労働環境に置かれているのも事実であります。せっかくですから、効率よく、短くしていただきたい。今後ますます担い手が不足するこ....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2018/4/4

委員会名衆議院 国土交通委員会


「政府は、建設業の働き方改革実現に向け、関係省庁連絡会議の設置、適正な工期設定等のためのガイドラインの策定とともに、民間発注分野でガイドラインの浸透、改善を図っていくため、鉄道、電力など四分野でそれぞれ連絡会議を設けるなど、受発注者と行政との連携のもと、週休二日を前提とした適正な工期の設定のための取組を進めて....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2018/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「小学校、中学校、人口がこれだけ急激にふえたり減ったりしたら、文科省としても対応するのは大変厳しいと思いますけれども、ぜひとも、この砂田橋小学校の件は、逆に言うと、一度見に来ていただきたいな、どういうことがこの名古屋市内において起きているんだということをわかっていただきたいな、そういう面でありまして、要望を兼....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2018/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「名古屋市で、これを普及させたらどうだという話があったんですけれども、やはり学校の先生の中には、自分の教室の中に父兄、児童以外を余り入れたくない、そして、いろいろなものを批判の対象にされたくないから、なるべく教室は自分の教室だけでありたいという方がいたらしいものですから、なかなか、当時、教育委員会も壁が高かっ....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2018/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「文部科学省としても、これから、これは他の、省庁だけじゃなくて、教育の一環として食育を、三十数県の都道府県だけでなく、各自治体の教育委員会にもやはり指導していただいて、できたら、日本全国で、日本人ってやっぱりだしがわかるんだな、うまみがわかるんだな、そういうことを学校の授業でも教えていただきたいと思います。本....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2018/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「私の選挙区に名古屋競馬場がありまして、その競馬場を閉ざして、そこに選手村を持ってくる計画がありますし、パロマ陸上競技場も、これを改築して、トラック数も大きくして、収容人員を多くする。そして、アジアの方々、五十カ国の方々が日本に来て、そして名古屋に来て。そして、当然ながら、愛知万博のときにちょっと苦い思いがあ....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2017/12/1

委員会名衆議院 文部科学委員会


「二十一世紀枠の選考については、前年の十一月の都道府県連盟による推薦を経て、十二月に、九地区、北海道、東北等のブロックにおけるそれぞれの推薦校が決定されます。その後、翌年一月の最終の出場校選考が行われ、一大会につき二校から四校の二十一世紀枠の出場校が決定されております。ここでお尋ねしたいんですが、二十一世紀枠....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2017/12/1

委員会名衆議院 文部科学委員会


「それはさておき、これから私がもう一つ質問したいのは、最初のころは、二十一世紀枠と言って何年やるのかなと思っておりました。もう二十一世紀になってから数年たちますわけであります。来年で十八年目です。当初は特例的なものと思っておりましたが、同枠も二十年近く恒久的に続いているものでありますので、いささか二十一世紀枠....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2017/12/1

委員会名衆議院 文部科学委員会


「しかしながら、高等学校、高校の部活動においては、アメリカンフットボールは関東や関西の私立高等学校を中心とするものになっており、これは、アメリカンフットボールの部活動を行うに当たり高額の費用がかかるためであるものと推察されております。公立高等学校においてもアメリカンフットボールの部活動に力を入れているものがあ....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2017/12/1

委員会名衆議院 文部科学委員会


「平成二十七年に実施されました日本歯科技工士会の実態調査において、低価格、低賃金、長時間労働等を理由として他業に移りたいという回答が二五%以上、四人に一人以上は仕事を変わりたいとあったことを踏まえれば、歯科技工士を志す若者をふやすためには歯科技工士の早急な労働環境の改善が必要であると考えますが、歯科技工士の労....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2017/12/1

委員会名衆議院 文部科学委員会


「急激に発達しています、発展するインプラント技工等に対応するためには、現在二年間とされている養成期間を三年以上とすることが必要だとの声があります。一方、三年以上とすることは学生の学費負担となることから、さらに学生が減ることを懸念している声もあるわけです。高度化する技工等に対応するために、今後の歯科技工士養成機....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2017/12/1

委員会名衆議院 文部科学委員会


「今、CAD・CAMシステムの話が出ました。近年、CAD・CAMシステムやレーザー溶接技術などの新しい製法、技法が導入されています。そのことを踏まえれば、歯科技工士養成機関においても、それ相応の、今度は施設ですね、施設整備を行う必要があります。入学者が減少する中で、各歯科技工士養成機関が相応の施設整備を行うの....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2017/12/1

委員会名衆議院 文部科学委員会


「日本は世界に冠たる国民皆保険があります。先般も歯科医師の方と懇親をさせていただいたときに、歯科技工士の皆さんの減少、非常に危惧されておりました。口腔外科、口の中の健康、これは大切なことでありますから、それら、もう既に歯がない方や事故でなくしてしまった方、そういう方のためにやはり歯科技工士の皆さんをしっかり養....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2017/12/1

委員会名衆議院 文部科学委員会


「警察庁の調査によれば、平成二十九年上半期において、出会い系サイトやツイッターなどSNSを含むコミュニティーサイトに起因する十八歳未満の被害児童者数は全体で九百十九人であり、平成二十年以降、増加傾向が継続し、過去最高の被害児童生徒数であります。中でも特にSNSのツイッターに起因する被害児童数は三百二十七人で、....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2017/12/1

委員会名衆議院 文部科学委員会


「続きまして、座間市の事件を受け、政府は、座間市における事件の再発防止に関する関係閣僚会議を設置し、関係省庁間での検討を進め、年内にも再発防止策の報告書をまとめるとされています。十一月十日の第一回会議において、再発防止策の具体的な方針の一つとして、自殺に関する不適切なサイトや書き込みへの対策強化が示されました....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2017/12/1

委員会名衆議院 文部科学委員会


「文部科学省においては、情報モラル教育の推進や、ネット上の出会いの危険性を周知する啓発資料の作成、配付などに取り組んでいると聞いております。しかしながら、警察庁の調査によれば、SNS等を通じて被害に遭った児童の約半数が、インターネット利用等に関して学校で指導を受けたことはない、または覚えていないと回答していま....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2017/12/1

委員会名衆議院 文部科学委員会


「施設の老朽化や耐震化の問題のため、現存の天守閣を解体し、当時の姿を木造で忠実に復元する計画が名古屋市により進められています。というか、私は、名古屋市に進められているというか、河村市長さんが進めていると言った方が過言でないと思うんです。本計画は、五年後の平成三十四年十二月の竣工を目指し、事業費五百五億をかける....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2017/12/1

委員会名衆議院 文部科学委員会


「特別史跡に指定されている石垣の調査、修復のあり方や、忠実な復元とエレベーターの設置など障害者の方のための配慮との間のジレンマなど、対処の難しい問題が今発生しております。今週の名古屋市会の本会議で、質疑においていろいろありまして、見ておりましたけれども、これはなかなか問題解決できないなと考えております。そのた....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2017/4/5

委員会名衆議院 国土交通委員会


「ただ、問題があるのは、ポートアイランドの字が書いてあるところが、この南側が、土砂処分がまだ固まっておりません、十八メーターありません。固まっていないところに津波が襲ってきますと、土砂が流れます。こちらの東と西の航路に対して土砂が流れますと、十六メーターの航路が浅くなり、大きな貿易船が名古屋港を行き来できなく....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2017/4/5

委員会名衆議院 国土交通委員会


「内容は定かではありませんが、例えば、名古屋港からトンネルを掘り接続したり、レジャー施設、四月に入ってレゴランドが誘致されました、さらなるレジャーランドを誘致したり、貿易量をさらにふやして名古屋港を増強したり、発電所をここに建設したり、考えがあると思いますが、そのことに際し、国として、国土交通省はどのように支....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2017/4/5

委員会名衆議院 国土交通委員会


「現在、国内において、人手不足が深刻な問題になってきております。今度は、物流、トラックドライバーの問題でありますが、日本の経済と国民の生活を支える欠くことのできないインフラである物流、中でも重要なトラック運送においても、ドライバーの不足はとりわけ深刻であります。このような状況の中で、物流の効率化によりトラック....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2017/4/5

委員会名衆議院 国土交通委員会


「私も、中継輸送の普及は、不規則な就業形態や長時間労働の解消により、若者や女性の新規参入につながるものと期待しております。国土交通省は中継輸送の普及、実用化にどのように今後取り組んでいくのか、お聞かせください。」


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2017/4/5

委員会名衆議院 国土交通委員会


「宅配便は物すごく便利になりましたけれども、私たちが使い始めたころとは、とてつもない量を配達されているわけであります。配送センターがIT化でいろいろ変わりましたけれども、末端で配達する配達員の方の数は変わっていないし、むしろ減っているところに数がふえているわけでありますので、その辺も踏まえて答弁をお願いしたい....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2017/4/5

委員会名衆議院 国土交通委員会


「そのことについて、対策として、昨年六月、宿泊施設の整備に着目した容積率緩和制度の創設を国土交通省は行いました。創設に係る通知を各地方公共団体宛てに出しました。大胆に緩和したと思いますが、留意事項を読みますと、高さ制限や駐車場附置義務など柔軟に対応すると書いてありますが、地価が高騰しているこの名古屋、それをわ....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2017/4/5

委員会名衆議院 国土交通委員会


「港の話をしました。そして、今、リニア、名古屋駅前、宿泊の話をしました。インバウンドで外国人の観光客がふえておりますが、訪日外国人旅行者の増加等により、観光バスによる路上混雑が問題となっております。この問題に対して観光庁はどのように対応するのか、お聞かせください。」


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2016/3/15

委員会名衆議院 国土交通委員会


「ここでお尋ねいたしますが、今回また五年延長しましたが、踏切対策に当たっては、鉄道事業者と道路管理者による調整に時間を要するなど、対策に今まで長時間かかってまいりました。今回の法改正によってどのように踏切対策が早急化されるのか、そのことについて、本当にスピードアップするのか、お答えしていただきたいと思います。....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2016/2/25

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「リニア中央新幹線は、平成二十六年十月十七日に国が建設指示をし、工事実施計画の認可をした大プロジェクトであると考えております。東京―名古屋間二百八十六キロをわずか四十分で結ぶことは、国民初め皆さんに周知されていると思います。国土形成計画において推進していますスーパーメガリージョンの形成にも不可欠だと考えており....


→発言の続きを見る


議員名工藤彰三(自由民主党)

2016/2/25

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「実際、浸水して二時間後、水浸しの名古屋駅に私も足を運ばせていただいて、よく地下街は浸水しなかったものだなと考えておりますけれども、一刻の猶予もありません。この地下街が浸水したら、過去に福岡で起きた水害事故のようなことが起きないように、ぜひとも万全の対策を打っていただきたいと考えております。昨年二月十八日には....


→発言の続きを見る

30件見つかりました。