希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

遠藤敬さんの発言を表示します。


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2017/6/1

委員会名衆議院 議院運営委員会


「このような観点から、特例法の合憲性に関して、二点、政府に質問をいたします。まず、特例法と憲法第二条との関係についてです。憲法第二条は、皇位は、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承するとされております。そのことを踏まえると、我が党としては、憲法上の疑義を生じさせないよう、皇室典範に根拠を設け....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2017/6/1

委員会名衆議院 議院運営委員会


「二点目でございます。合憲性の観点から質問させていただきます。憲法第四条との関係についてお伺いします。特例法の内容について、我が党としては、合憲性の観点から、天皇陛下の意思表明が憲法四条の天皇の国政関与の禁止に違反することにならないようにする必要がある一方で、天皇陛下の御意思に沿わない強制的な退位となることも....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2017/6/1

委員会名衆議院 議院運営委員会


「次に、退位の早期実現のための諸準備についてお伺いをします。我が党としては、天皇陛下が御高齢であられることを踏まえると、できる限り早期に今回の法案を成立させ、天皇陛下の退位を実現すべきだと考えております。一方、今回の特例法案では、具体的な退位日について、公布日から起算して三年を超えない範囲内において政令で定め....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2017/6/1

委員会名衆議院 議院運営委員会


「続いて、天皇陛下の退位が実現した際の秋篠宮殿下のお立場についてお伺いをします。今回、新天皇陛下が即位された後においては、秋篠宮殿下が次期皇位継承者となられることから、秋篠宮殿下を皇太子とすることも考えられたと思いますが、法案においては、秋篠宮殿下を皇太子とは位置づけておられません。そのようになった理由につい....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2017/6/1

委員会名衆議院 議院運営委員会


「今回、附帯決議において、女性宮家の創設も今後の速やかな検討対象の一つとして明記する方向であることが報道されておりますが、我が党といたしましては、皇族数の減少に対する方策については検討すべきものの、女性宮家の創設は、本来対象に含まれることはふさわしくないとも考えております。しかしながら、今回、立法府の総意とし....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2017/6/1

委員会名衆議院 議院運営委員会


「日本維新の会を代表し、天皇の退位等に関する皇室典範特例法案に賛成の立場から意見表明をいたします。昨年の八月八日に発表された象徴としての務めについての天皇陛下のお言葉は、国民の心を動かしました。国民とともにある皇室の末永い繁栄によって象徴天皇制度がいつまでも続くように、改めて願わずにおられません。今般、陛下の....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2017/6/1

委員会名衆議院 議院運営委員会


「本法案は、皇室典範特例法案として、法案の名称に皇室典範という言葉が入っております。また、皇室典範の附則に本法案が皇室典範と一体をなす旨の規定を新設されます。したがって、皇位継承については皇室典範に定めるとしている憲法二条に沿った法案になっていると考えます。また、本法案を立法することになった理由は、天皇陛下を....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2017/6/1

委員会名衆議院 議院運営委員会


「象徴天皇制度の安定的な継続のためにどのような制度が合理的か、ついては、今後、政府と国会で速やかに議論が進められるべきことが附帯決議に盛り込まれるものだと理解をしております。議論を速やかに進めなければなりませんが、静かな環境で議論をすべきであり、各党ともに、政局とは切り離して意見を述べ合うべきだと考えておりま....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2017/5/9

委員会名衆議院 議院運営委員会


「我が国の行政運営を円滑に行うためには、公務に優秀な人材を確保することが不可欠であります。しかしながら、国家公務員採用試験については、申込者が減少傾向にあると聞いております。特に、政策の企画立案等を担う職員を採用する総合職の試験について、多様な人材を確保するよう工夫していく必要があると考えております。そもそも....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2017/5/9

委員会名衆議院 議院運営委員会


「二問目でございますが、我が国の行政の円滑な運営を行うためには、優秀な人材を採用するだけではなく、採用した人材をしっかり育て、国家公務員が高い使命感と誇りを持って働くことができるということが重要であると考えております。そのような公務員を育て、公務員のやる気と意欲を高めるにはどうすべきであるとお考えですか。お伺....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2017/5/9

委員会名衆議院 議院運営委員会


「最後の質問でございますが、公務員において高齢層の職員をどのように活用していくのかということも大きな課題になっておりますが、特に、現在定年が原則六十歳である、一方、公的年金の支給開始年齢が六十五歳に引き上げられる中で、雇用と年金の接続をどうしていくのかという問題が大きくあるのではないかと思うんです。あわせてお....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2017/5/9

委員会名衆議院 議院運営委員会


「これまでの原子力規制委員会の取り組みを通じて、原子力規制委員会は国民から信頼を得られる組織となっていると考えておられるか、また、国民の信頼を得るために原子力規制委員会としてできていると考えること、また、まだまだできていないと考えることを率直にお聞かせいただきたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2017/5/9

委員会名衆議院 議院運営委員会


「二点目でございますけれども、原子力発電所の立地する地域の防災計画について、事故が起きた際、本当に逃げられるのか、また周辺住民の不安の声が大きいと認識をしております。住民の不安の声に応えるためにも、原子力規制委員会の安全審査の中で、各地域の防災計画の妥当性を審査した上で再稼働を認めるようにすべきではないかと考....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2017/5/9

委員会名衆議院 議院運営委員会


「最後の質問でございますが、五人の委員全員が全ての専門分野に明るいわけではない中で、原子力規制委員会の判断が実質的に一人の専門に明るい委員の判断で左右されるといった批判の声があるのも事実です。それについて、最後の質問でございますが、この批判に対して、今後どのように改善していこうとお考えか、お伺いしたいと思いま....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2017/2/24

委員会名衆議院 予算委員会


「プーチン大統領と総理が長門でお会いしたときに、秋田犬のゆめちゃんについて御披露されたというお話を聞いておりますけれども、日ロ首脳会談の折のエピソードを少し総理からお伺いしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2017/2/24

委員会名衆議院 予算委員会


「来年度予算におきましても、国庫負担は二兆八千八百億円計上されております。そこで、生活保護に関する大きな枠組みの中で、生活保護制度とは一体どういうものなのか、総理の御認識をお伺いしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2017/2/24

委員会名衆議院 予算委員会


「日本人の労働意欲のバランスが崩れ、そして苦労した人が損をして、国民の税金で楽に暮らせる方がいいんじゃないか、そういうふうに思いかけているところが多々ございます。日本人の美徳や道徳心が薄らいでくる、すなわち、先人の皆さんが守ってきた守るべき精神文化も崩壊し、総理が積極的にお訴えをされております一億総活躍がスロ....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2017/2/24

委員会名衆議院 予算委員会


「このパネルで一目瞭然なんですけれども、日本人がこれまで本当に大切にしてきた倫理観や道理といった言葉は、近いうちに、本当にこれから死語になっちゃうんじゃないかな、そのように危機感さえ持っていますが、総理の日本の将来に向けた今の御認識と、本当に日本人が大切にしてきた道理とか倫理観について、私はそう思うんですけれ....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2017/2/24

委員会名衆議院 予算委員会


「総理は、この不公平感はなぜ生じているか、こうした不公平感が残っては国民の働く意欲がそがれてしまうという御認識はお持ちだと思いますけれども、この不公平感の解消のために政府は現在どのような対策に力を入れておられるか、施策を検討されていくおつもりか、御認識をお伺いしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2017/1/19

委員会名衆議院 議院運営委員会


「今回の予算の中身についてでございますが、我が党は参議院にも法案として提出をしておりますが、役員に対する支給、日額約六千円、議会雑費として入っております。そういったことも含めまして、国会改革の一つとして、できる限り始末に努めるということが今後国民に理解を得る大きなポイントではないかということもございます。」


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2017/1/19

委員会名衆議院 議院運営委員会


「一方、紙代につきましても多くの予算が計上されておりますが、地方議会でも進めておりますペーパーレス化というものも、今後大きな議論を進めながら、少しでも国民に理解を得るように無駄の始末をしていきたいと思いますので、今回は反対をさせていただきます。」


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(おおさか維新の会)

2016/2/22

委員会名衆議院 予算委員会


「そこで、この百三万円、百三十万円というところについても、これは女性の活躍が抑制されているという部分が、気といいますか、マインドについて物すごく大きな影響を及ぼしているんじゃないかなと。これからの高齢化社会そして女性活躍といった大きな観点からいくと、全ての国民、一億総活躍のマインドを高めていく、そういった概念....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(おおさか維新の会)

2016/2/22

委員会名衆議院 予算委員会


「二〇二〇年東京オリンピック・パラリンピック、これは盛会裏に開催していただきたい。我々も全力で尽くす思いでありますけれども、その後の日本の活力をどこに求めていくのか。地方分権、地方の力といった部分では重要であるというふうな認識でありますし、昨今では、経済界からも前向きな議論もしていただいております。特にリニア....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(おおさか維新の会)

2016/2/22

委員会名衆議院 予算委員会


「そんなぐあいで、この犬のことで、今、秋田犬保存会、まさに金田先生のところ、大館市に本部があるんですけれども、ロシアに秋田犬保存会のロシア支部というのができたんです、プーチンさんの犬が行ってから。ですので、ぜひ雄犬をゆめ号のお婿さんにということでお願いしたいと思うんですが、官房長官、一言お願いしたいと思います....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(おおさか維新の会)

2016/2/22

委員会名衆議院 予算委員会


「これは、ヤフーニュースに流れているということは、世界的にも流れていると思うんですね。それで、城下町で、これから観光を目指してインバウンドをどう高めていくかということでこんな記事が流れて、本当に、私の母親も岸和田でありますし、多くの友人、知人がおります。こういった流れをいかに、韓国の新聞社でありますけれども、....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(おおさか維新の会)

2016/3/9

委員会名衆議院 議員運営委員会


「国家公務員制度は、国の行政の円滑な運営を確保するための基盤となる重要な制度でありますが、人事院は、この国家公務員制度の実施においてどのような役割を果たしていくつもりか、お伺いをしたいと思います。」 「次に、有為な人材を採用し、しっかりと育てることが円滑な行政運営のために重要と考えておりますが、研修機会の充実....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(おおさか維新の会)

2016/1/7

委員会名衆議院 議員運営委員会


「先ほど来皆様方から御質問がございました。重複するところがありますけれども、柳先生には御理解いただきたいと思っております。平成二十五年八月以来、検査官の職にあります。それ以前は、長年商法学者として公会計を御専門にされてきたと伺っております。研究者としての知見は、会計検査官としてどのように実務の現場に生かしてこ....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(維新の党)

2015/4/15

委員会名衆議院 文部科学委員会


「まず一問目なんですけれども、平成二十六年の四月十六日に私から当委員会で質問をさせていただきました。大阪市立の巽中学校から端を発した校内人事に関する全国の聞き取り調査、下村大臣から指示をいただきまして、その結果が出ております。この結果を見て、下村大臣、校内人事についてどうお考えか、御見解をお伺いしたいと思いま....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(維新の党)

2015/4/15

委員会名衆議院 文部科学委員会


「それでは、道徳の教科化について御質問を申し上げたいと思います。文科省の行ったパブコメ、寄せられた六千件の分析結果、これまでなおざりになっておりましたが、道徳教育における指導充実の期待が高いことが明らかになったわけであります。マスコミによりますと、道徳の教科化、賛成が六割ということも出ておりました。確かに、最....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(維新の党)

2015/4/15

委員会名衆議院 文部科学委員会


「子供たちが近現代史を学ぶことの意義についてどうお考えか、今後、その充実についてどのようにお取り組みになるか、丹羽副大臣にお聞きしたいと思います。」 「その近現代史に関連しまして、下村大臣にお聞きしたいと思います。現在、大阪で、近現代史館というものの創設の環境整備を進めております。まさに、いいことも悪いことも....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(維新の党)

2014/10/17

委員会名衆議院 文部科学委員会


「通常国会の青少年特別委員会でも御質問を申し上げましたけれども、平成二十六年度に六億円の予算で全国の小中学校に配付をした「私たちの道徳」について、現行の道徳の時間の教材として適切に活用なされているのか。聞くところによると、学校に配付されていないところ、授業で使用されていないところ、家に持ち帰られていないところ....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(維新の党)

2014/10/17

委員会名衆議院 文部科学委員会


「もう一つですけれども、私、これは最近手元にいただいたんですけれども、民放とタイアップして、「HERO」のチラシです。十日ほど前ですか、頂戴しました。裏には下村大臣のメッセージも記載されていまして、道徳の本についても記載されております。このチラシなんですけれども、私が見たときに、保護者の皆さんも、有名な俳優さ....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(維新の党)

2014/10/17

委員会名衆議院 文部科学委員会


「それで、中教審において去る九月三十日に、現在の道徳の時間を教育課程上、特別の教科、道徳、仮称ですけれども、位置づけられる旨の答申が示されました。文部科学省においては、近くなされる答申を受け、平成二十七年度から一部先行実施の後、平成三十年度にも正式な教科とするとの報道もあります。現在の道徳の時間と特別の教科、....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(維新の党)

2014/10/17

委員会名衆議院 文部科学委員会


「それでは、日本国憲法に関する学校教育について話をかえさせていただきまして、質問させていただきたいと思います。本年六月、憲法改正国民投票法の一部改正法が成立した。論点の一つであった選挙権年齢等の十八歳への引き下げについて必要な法制上の措置を講ずるものとされたが、同一部改正法施行後四年を経過するまでの間、二十歳....


→発言の続きを見る

34件見つかりました。