希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

大塚拓さんの発言を表示します。


議員名大塚拓(自由民主党)

2018/4/24

委員会名衆議院 本会議


「我が国では、明治九年の太政官布告以降、約百四十年の長きにわたって、二十歳を成年年齢としてきました。戦後、公職選挙法の選挙権年齢が二十歳と定められたことも相まって、我が国の社会において、二十歳が大人と子供とを区別する年齢として深く定着をしてまいりました。こうした中、平成十九年に制定された日本国憲法の改正手続に....


→発言の続きを見る


議員名大塚拓(自由民主党)

2018/4/24

委員会名衆議院 本会議


「次に、民法の成年年齢の引下げによる影響に目を向けますと、十八歳、十九歳の若者が大人としての責任を分担するとともに、大人としての権利、自由を付与され、みずからの判断で契約を締結することができるようになります。これは、若者の自己決定権、社会参画の拡大という大きなメリットをもたらす一方、消費者被害の拡大につながる....


→発言の続きを見る


議員名大塚拓(自由民主党)

2018/4/24

委員会名衆議院 本会議


「最後に、結婚をすることができるようになる年齢、いわゆる婚姻開始年齢についてお尋ねします。我が国においては、明治時代の民法制定当時、婚姻開始年齢は、男性十七歳、女性十五歳と定められました。昭和二十二年、婚姻開始年齢は、男性十八歳、女性十六歳と改められましたが、男女間の二歳の差は今日に至るまで維持されてきました....


→発言の続きを見る


議員名大塚拓(自由民主党)

2016/1/13

委員会名衆議院 安全保障委員会


「まず、米国政府、韓国政府、あるいはほとんどの専門家が、今回の実験は水爆ではあり得ない、実験は失敗であったか、より技術レベルの低い実験であったというふうに指摘をしております。それにもかかわらず、北朝鮮は繰り返し、水爆を手にしたのであると主張をしているわけでございます。例えば、一月十一日の労働新聞、飛ばして読み....


→発言の続きを見る


議員名大塚拓(自由民主党)

2016/1/13

委員会名衆議院 安全保障委員会


「最後に、防衛省職員給与法改正案について御質問をいたします。本改正は人事院勧告に基づいて毎年行われるものでございますが、今回の改正が自衛隊員の士気にどのような影響を与えると考えておられるのか。あわせまして、昨今、安全保障環境が大変厳しい中、任務も多様化、複雑化をしております。こうした中、隊員が誇りを持って職務....


→発言の続きを見る

5件見つかりました。