希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

松島みどりさんの発言を表示します。


議員名松島みどり(自由民主党)

2017/4/21

委員会名衆議院 外務委員会


「私たち国会議員も、超党派の二〇二五年大阪万国博覧会を実現する国会議員連盟、これは自民党の二階幹事長が会長を務めますが、そういう会議を持っており、私たちのその議連に対しても、適時、それぞれの国についての適切な情報を提供する、そういう形で一緒に取り組んでまいりたいと思っております。どういった国を重点地域にするか....


→発言の続きを見る


議員名松島みどり(自由民主党)

2017/4/21

委員会名衆議院 外務委員会


「一つは、在外公館、大使館や領事館の車に多く外国製の車が使われている。日の丸の旗を取りつけて、たなびかせて走っていく大使車がベンツであるという例を数多く見まして、これはおかしいんじゃないかと思いました。今でもそういう状況なのか、これを何とか変えなきゃいけないとずっと外務省に申し入れてきたんですが、どういう状況....


→発言の続きを見る


議員名松島みどり(自由民主党)

2017/4/21

委員会名衆議院 外務委員会


「一つは、実際に空港のラウンジとか飛行機の座席、近いと、その国の要人なりと直接話をする、そういう仕事のチャンスも非常に重要です。と同時に、健康管理休暇制度というのに、そうした国の非常に非衛生的なエコノミー用のラウンジで、しばしば、途上国というのは、日本と違って、階級の概念とか、そういう階級差というのがある場合....


→発言の続きを見る


議員名松島みどり(自由民主党)

2017/4/21

委員会名衆議院 外務委員会


「私自身も、母親が突然そういう怪しい状況になって、離れたところにひとり暮らししているので、何度も往復して苦労した経験がございます。それでも国内だから何とかなっておりますけれども、外国だとどういうことになるのか。要介護度合いのチェックのための調査員に来てもらうとか、病院での検査につき合うとか、付き添うとか、そう....


→発言の続きを見る


議員名松島みどり(自由民主党)

2017/4/21

委員会名衆議院 外務委員会


「特殊性といたしまして、中南米地域、カリブ地域というのは、中国と国交を結んでいなくて、台湾と外交関係を持っているという国が十一カ国に上って、これは非常に特殊な地域だと思っています。さっきの万博誘致もそうですが、国際的な各種投票や選挙においても非常に重要な意味を持つところです。ただし、一方で、日本語を知らない四....


→発言の続きを見る


議員名松島みどり(自由民主党)

2016/11/2

委員会名衆議院 外務委員会


「ベトナムでは、親日が高じて、ついに日本語が英語とともに小学校の第一外国語となり、まずハノイで授業が始まりました。ハノイのホン川には、日本の援助でかけた橋、固有名詞はありますけれども、そこが日越友好橋として親しまれておりますし、ホーチミン市の中心部にある地下鉄一号線の建設現場には、ジャパン、ODAと、目立つよ....


→発言の続きを見る


議員名松島みどり(自由民主党)

2016/11/2

委員会名衆議院 外務委員会


「かつて、石炭火力は悪であるというような欧米諸国の風潮がありましたが、OECDでも昨年十一月に、超超臨界圧は大型機を含めて全て輸出信用の供与が可能というふうに認められました。こういったことを踏まえて、ぜひ世銀、IMFグループにも働きかけたり、あるいは二国間クレジット制度の中に位置づけるとか、そういったことを進....


→発言の続きを見る


議員名松島みどり(自由民主党)

2016/5/12

委員会名衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会


「ゲリラ豪雨や竜巻予測技術が完成するためには、変化が激しい積乱雲を高速度で正確に捉える観測レーダーの開発、正確な解析による気象予報モデルの構築が必要であり、それが実社会で役に立つためには、自治体はもとより、鉄道など交通機関、河川管理者、工事現場への情報伝達、さらには携帯電話による緊急豪雨速報などまでつないでい....


→発言の続きを見る


議員名松島みどり(自由民主党)

2016/5/12

委員会名衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会


「子供たちはいろいろなタイプがいますから、こういった伝記などを勧めたり、感想文コンクールとか、そういうことも考えていただければと思っております。知財教育の推進について、大臣の見解を、簡単で結構です、意気込みを教えてください。」 「標準化の推進や海外認証取得の支援によって、中小企業は海外のメーカーに対して自社の....


→発言の続きを見る

9件見つかりました。