希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

大野敬太郎さんの発言を表示します。


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2017/4/28

委員会名衆議院 外務委員会


「まず、お伺いをさせていただきたいのは浅田先生に対してであります。国際法の専門家、あるいはNPT体制の歴史についてもお詳しいということですので、この部分についてちょっとお伺いをさせていただきたいんです。先ほど先生もおっしゃったように、二〇〇八年、NPTの体制、レジームですね、そのときまでは、持たざる国には民生....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2017/4/28

委員会名衆議院 外務委員会


「まず、お伺いをさせていただきたいのは浅田先生に対してであります。国際法の専門家、あるいはNPT体制の歴史についてもお詳しいということですので、この部分についてちょっとお伺いをさせていただきたいんです。先ほど先生もおっしゃったように、二〇〇八年、NPTの体制、レジームですね、そのときまでは、持たざる国には民生....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2017/4/28

委員会名衆議院 外務委員会


「つまり、このときに加盟していないところに対して何らかのアクションを起こさないといけないよねという流れが多分国際社会の中にあって、多分コミットしないと孤立化をさせてしまうよね、むしろ民生品も含めて全てブラックボックスの方に行ってしまうんじゃないか、こういう懸念があったという理解でよろしいですか。」


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2017/4/28

委員会名衆議院 外務委員会


「これはかなり予想的な話なのでお答えになれるかどうかわかりませんが、もし仮に、二〇〇八年、こういった流れになっていなかったとしたら、なっていなかったとしたらという仮説の問いなのでお答えにくいかもしれませんけれども、インドの原子力政策というのは一体どのようになっていたのかというのは、御想像になられることはありま....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2017/4/28

委員会名衆議院 外務委員会


「そういった意味で、先ほど、たしか福永先生でしたか、保障措置がない部分があるんだということを問題視するという向きも確かに理解はできるんですけれども、今後、それはやはり国際社会の中で保障措置の範囲を広げていかなければいけないんだ、そういう思いを持っております。そういった意味で、改めて、保障措置というのがこれから....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2017/4/28

委員会名衆議院 外務委員会


「一方で、この日印協定自体についてお伺いさせていただきたいと思います。先ほど来御議論させていただいております二〇〇八年のNSGに基づいて、ある種、今回の協定というのは同じ流れの土俵に乗っているという理解をしておりますけれども、今回の日印協定というのは、インドが結んでいるほかの国との原子力協定、先ほど先生もお触....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2017/4/28

委員会名衆議院 外務委員会


「先ほど先生方も触れられましたけれども、今回の協定も、ほかの国に倣って、理由のいかんを問わず協定というのを停止できるんだ、どういう理由によってということじゃなくて、日本がおかしいと思うんだったら、この協定というのは、一年のあれですけれども終了できる、こういう理解でよろしいか。あと、協力の内容もとめられる、ある....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第七分科会


「主には産業構造について、特にこれは、日本が将来、飯を食っていけるかどうかという非常に大きな問題であろうと思いますし、しっかりとした戦略を立てて、そして所得とか雇用にしっかりと結びつけていかなくちゃいけないんだ、そんな認識でございます。まず冒頭、ざっくりと、大臣から、唐突ではございますけれども、産業構造につい....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第七分科会


「そんな中で、ちょっと長くなりましたけれども、第四次産業革命、具体的に、改めてですけれども、先ほど大臣はお触れいただきましたけれども、その意気込みとか、そういったものを含めて、その具体的な内容を経産省としてどのようにお取り組みなのかについてお伺いさせていただきたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第七分科会


「そういった意味では、実は、第四次産業革命というのが、以前の、第三次とか第二次という言葉があるかどうかわかりませんけれども、そういった時代の負けのパターンと、第四次産業革命の勝てる、勝っていかないといけないので、私は、知的財産戦略という意味で、基本的に本質というのは今も変わらないと思うんですね。より本質的なと....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第七分科会


「実はこれは、先ほど、物すごくいろいろなことをお答え賜りまして、政府もすごく取り組んでいただいているんだなと改めて認識をさせていただきましたけれども、結局、やるのは、プレーヤーは産業なんですよね。産業界が盛り上がってくれないと困るわけですけれども、もちろん、今、産業界の方々に聞いても、非常に重要ですと。オープ....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第七分科会


「だからこそ、先ほどちょっと触れましたけれども、無料ででもいいから使わせて、そのインターフェースに知財をすり込ませるか何かして、クローズの部分で稼いでいくという、いわゆるオープン・クローズの戦略というのは非常に重要な課題なんだと思います。そういった観点で、今度は標準化とかオープン・クローズについての、これも実....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第七分科会


「そういった時代の動き、先ほどの第四次産業革命という観点でも、宇宙というのは、産業構造としても変えていかなくちゃいけないということもあるんだと思いますし、また一方で、宇宙の産業というのは、日本の国内では今はとてもマーケットはシュリンクしていて、ほとんど調達に頼っているということですので、もっと民間が参入してい....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2017/2/14

委員会名衆議院 予算委員会


「武藤先生の質問に引き続き、首脳会談について、私の方からは特に安全保障回りについてお伺いをさせていただきたいと思いますが、その前に、まず、総理そして麻生大臣、岸田大臣、御出張大変お疲れさまでございました。きょうはバレンタインデーということでございますので、恐らくたくさんチョコレートが届くのかな、そんなことも思....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2017/2/14

委員会名衆議院 予算委員会


「そういった意味で、改めてお伺いをさせていただきたいと思いますけれども、この一連の会談を通じて、一体総理は、肌感覚としてどういった受けとめ方、どういった手応えを感じたのか、そしてアメリカの国民に対してはどういうメッセージを送りたいのか、そんなところをお伺いさせていただきたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2017/2/14

委員会名衆議院 予算委員会


「一方で、近づき過ぎたら火の粉をかぶるんじゃないか、そういう御指摘、御批判もあるやに伺っていますけれども、私は、日本はしっかりとリアリズムを追求するべきだと思っています。リアリズムをしっかりと追求して、そして秩序というものを維持していくんだ、そういうことをしっかりと思っております。そこで、お伺いしたいのは、こ....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2017/2/14

委員会名衆議院 予算委員会


「特に私が気にしているのは、一点目は、北朝鮮にどうやって今後対応していくのか。そして二点目は、特に南シナ海において航行の自由作戦というもの、いわゆるFONOPというオペレーションを米軍はずっと継続してまいりましたけれども、これを継続していただけるのか、あるいはこの会談でこれは具体的な議論があったのか。そして、....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2017/2/14

委員会名衆議院 予算委員会


「そこで、お尋ねしたいのは、先般の首脳会談でも、日本側から、日本は防衛力を強化し、我が国の役割を拡大する、そういうコミットをされたそうでございますけれども、これはどういった意味なのか、ぜひお答えをいただければと思います。」


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2017/2/14

委員会名衆議院 予算委員会


「私は、そういった意味で、先ほどの首脳会談での強化のコミットメント、これは先進国との共同開発や生産ということになるんだと思いますけれども、これも含めて途上国への移転というのは、もちろん新三原則の上ででありますけれども、バランスよく戦略的に進めていくべきであって、まずはそのためには戦略の策定、これもより具体的な....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2016/4/20

委員会名衆議院 財務金融委員会


「いずれにせよ世界経済は、短期的にいえば、ことしに入ってかなりフラクチュエートするようになる。このボラティリティーが非常に高くなっているということは、背景としてはやはり、原油等の資源国の情勢とか、あるいは、中国等の新興国の経済の情勢ということが大きくその背景にあるんだと思います。いずれにせよ、そういった世界の....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2016/4/20

委員会名衆議院 財務金融委員会


「そういった意味で、マイナス金利というのを導入したことによってまだそれが何とか維持できている、こういう状況にあるんだと思いますけれども、それでは、そういった国内の経済情勢について、直近で今の状況を日銀としてはどのように認識をされているかをお答え賜ればと思います。」 「一方で、一部、市場との対話とかフォワードガ....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2016/4/18

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「まず、RESASについてでありますけれども、このRESAS、政府の中でいろいろな事業というか、いろいろな政策がございますけれども、こういった細かい球に戦略という魂を入れられるようなツールとなっているんだと思います。そういった意味で、戦略という構築には非常に重要なツールになっているんだと思いますので、これにつ....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2016/4/18

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「それから、次の質問でございますが、これはどうしても触れたいなと思っているのは、地域おこし協力隊についてでございます。大変すばらしい制度だなと思ってございますけれども、この制度、都市部から、地方の一部条件不利地も含めて、地方への移住を促進するという目的で創設された制度だと伺っていますけれども、実は、条件不利地....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2016/4/18

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「このパネル、細かくは説明しませんけれども、左上が今の制度ですね、先ほど申し上げました、地方の自治体、それから国のハローワークのシステム、これがばらばらになっていたからなかなか利便性がよくないよね、こういう課題であったと思います。具体的にその事例といえば、右上に書いていますけれども、この場合は、子育てが一段落....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2016/4/18

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「そして、ちょっと時間がもうなくなってきてしまいましたので、一つ飛ばしまして、この分権一括法案の中では、社会福祉法の改革も含まれていると承知をしておるところであります。これは何かというと、身体、知的、それから精神障害者の福祉、これまで実は、精神障害者だけ、地方社会福祉審議会で除外というか、含まれていなかったと....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2016/3/16

委員会名衆議院 外務委員会


「まず冒頭でありますけれども、この協定、大臣、ことしの一月二十二日に、ケネディ大使と署名を行った、そんなことでございますので、まずはそのときの率直な感想を含めて、ホスト・ネーション・サポートの意義についてお伺いをさせていただきたいと思います。」 「そういった意味では、次に気になってくるのが、果たして、この日本....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2016/3/16

委員会名衆議院 外務委員会


「昨年、平和安全法が成立をいたしました。あるいは、防衛大綱、中期防、こういった中で、自衛隊の役割、任務は拡大していくんだということがうたわれているわけでございます。そういった意味で、バランスをどこかでとっていかなくちゃいけないんだ、それは財政的にも限界がありますので、幾らでもお金があるんだったら両方やっていく....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2016/3/16

委員会名衆議院 外務委員会


「まずは、ホスト・ネーション・サポート、一体何がどうなったのか、これはもうある程度皆さん御質問になったので明らかになりつつありますので、ちょっと繰り返しになってしまうかもしれませんが、この中で、特に国民の理解を得るということがうたわれておりますけれども、そういうキーワードでぜひまた御答弁を賜れればと思います。....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2015/8/28

委員会名衆議院 外務委員会


「まず初めに、自由貿易についてですけれども、私は、一般論、総論といたしましては自由貿易賛成の立場でございますが、これはもちろん、平べったく申し上げますと、勝ち負けというよりはパイをふやしていくんだ、つまり、ビジネスの機会をふやしていくんだ、パイを、全体をふやして、地球規模の経済エコシステム、こういうものを考え....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2015/8/28

委員会名衆議院 外務委員会


「それはおいておきまして、こういったスタートアップカンパニーがすごくたくさんあるところでありますので、改めて私は注目をしているんですが、今、この日・イスラエルの投資協定の状況について、改めてお伺いをさせていただきたいと思うんですが、いかがでございましょうか。」


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2015/7/1

委員会名衆議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「いろいろな軸の話をしていますけれども、ビスマルクじゃないですけれども、歴史上から現在を見詰めて、ピーター・タスカじゃないですけれども、将来から現在を見詰めて、こういうことをしっかりとやっていかないといけないと思うんです。見詰めた上で、私自身は、この現在の法律案、絶対正しい方向に向かっている。余談を申し上げれ....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2015/5/20

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「人口減少対策に当たって、そういった公共の福祉を振りかざすまでもなく、あるいは制約がかかるというまでもなく、いわゆる押しつけになってしまうんじゃないかという議論だけで、もちろん押しつけがあってはいけません、絶対に押しつけというのはあってはいけませんが、一方で、押しつけがあるんじゃないかという危惧から、その政策....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2015/5/20

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「いずれにせよ、住民の希望という観点では、やはり調査ということをしないといけない。これは、ある種、国がしてもいいんですが、やはり地方がこの戦略を打つものでありますから、地方ごとに聞きたいことというのも当然変わってくるんだと思うんですね。なので、その調査、そういったものにまじめにちゃんと取り組んでいこうよ、やろ....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2015/5/20

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「ただ、確かに、このRESASの物すごい可能性、将来性、これを考えたときに、より盛り上げていかないといけない部分があるんだと思うんですね。ただでさえ今、意識の広大なギャップがまだまだある中で、地方自治体の職員が、いかに、よし、そうだなと思ってくれるような方策というのはとるべきだと思うんですね。そういった意味で....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第一分科会


「地方創生というのは、やはり何といっても人口減少に絡むということで、昨年ぐらいから急に危機感を物すごく我々も抱いておりますし、日本人、国民全員でこれは一生懸命努力をしていかなくちゃいけないんだ、人口減少という長期的な展望も相まって、アベノミクスの第三幕の経済の活性化、これももう一つの主要な目的だと思いますので....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第一分科会


「いろいろな問題があると思うんです。何か、今やっていることが、今対処するという意味では正しいのでありますけれども、ただ、何年か先、何十年か先の日本の国家像を描いたときに、今やっていることが果たして正しい方向に向かっているんだろうかという点が何個かあるんです。例えば、もう一つだけ申し上げますと、待機児童の問題も....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第一分科会


「そこで、連携という意味ではどういった促進の政策をとられているのかというのをお伺いしたいんです。私自身は、これはきょうの最大の提案の一つなんですけれども、先行型の一部のうちに三百億の部分があると思いますけれども、この部分なんかは、連携を深めていくための使い方、つまり、連携する市町村と共同で提案をするならこれを....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2014/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第一分科会


「いずれにせよ、この中長期の戦略、これは自民党本部で今議論しておりますが、それでは官房の中にそういった人材もやはり育てていかなくちゃいけないんじゃないか、そういう思いがありまして、この官房の中の戦略、ここを担っている人材があるのかどうかという質問をまず一点目。それから二つ目が、それとは別に、情報の話であります....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2014/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第一分科会


「実は、昨年の特定秘密の保護法の審議の中で青山さんという参考人がおっしゃったのと私は同じ意識を共有させていただいているんです。保護ができたから、例えば特定の国を挙げますと、アメリカがいろいろな情報を提供してくれるようになるんだ、だから強固な関係になるんだ、こういう観点も一つありますけれども、一方で、この情報が....


→発言の続きを見る


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2014/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第一分科会


「時間も参りましたので、次の議題に入りたいと思いますけれども、それはサイバーの話であります。これは、国家安全戦略の文書の中でも、いろいろな国の2プラス2の文書の中でも、あるいは外交交渉の議論の中でも、相当な重要性を持ってサイバー対策をしなければいけないと。ことしも、自民党の中でIT特命委員会というのがありまし....


→発言の続きを見る

40件見つかりました。