希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

大野元裕さんの発言を表示します。


議員名大野元裕(民進党)

2017/2/9

委員会名参議院 外交防衛委員会


「マティスさんというのは本当に評判いいですけれども、私もCENTCOMのとき会ったことがありますが、ただ、日本の防衛省とはほとんどやり合ったことがないという人であります。そういった意味ではなじみが薄いと思うんですが、他方で、岡本参考人は恐らく、ウィルバー・ロスなどは日本ととてもなじみの深い人ですし、それから、....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2017/2/9

委員会名参議院 外交防衛委員会


「他方で、先生にお伺いしたいのは、これまでの我が国の例えば領土に対する立場と若干変わってきているのではないか。特に、例えば一九七九年のたしか十月でしたね、ソ連が我が国の固有の領土である北方四島に対して軍の恒久的施設を強化させたときには、我が方は北方領土の早期返還と軍の撤退を求めています。これは我が国の昭和六十....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/9

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「改めて、TPP協定が無意味なものになる場合の総理の御責任、TPP協定発効の見通しについてのトランプ氏の対応を判断できる唯一の存在としての総理の御責任を問わせていただきます。なお、自由貿易の重要性や署名国としての責任といった議論は、今TPP批准の議論を行わなければならない理由にはならないことを踏まえて御答弁を....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/9

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「総理は、アメリカ抜きのTPPは意味がない、かつ、米国が脱退すれば現実にTPPの発効は難しくなるとのお考えをお持ちのようですが、トランプ氏がそのとおりTPPから脱退を宣言する際には、国民に対する責任からも、一つ目は、TPP政策大綱は取り下げ、その時点で未執行の予算は返納させ、あるいはTPPを見据えて組み上げた....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/9

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「しかし、TPPを前提にして積んだものを私は見直す勇気も必要だろうと思います。これを役所ではしばしば焼け太りというんでしょうか。役所をコントロールすることができないで納税者に対していかに強弁をしても、我々は政治家として、義務を果たしていただいている納税者の皆様に対して、一円でも無為に使うようなことは許してはな....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/9

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「かつて、横畠法制局長官は、立法事実がないということは立法の必要性がないということでございますので、立法において立法事実が必要であるということは当然であると思いますと答弁をされています。つまり、法律を作るためには立法事実が必要になります。TPP協定の発効が前提となっている、立法事実となっているこのGI法の改正....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/9

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「大臣、お読みになっている中身を御理解されていますか。TPP協定を契機として二国間協定を特別に定める、TPP協定の発効以降は全ての、これ全てTPP協定が前提じゃないですか。だとしたら、教えてください、たった今で、GIリストを交換する国、どこにありますか。」


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/9

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「私は、農水大臣、改めて申し上げますが、立法事実が必要とおっしゃった横畠長官のお言葉、もしもそれを真摯に受け止めるのであれば、大臣、この法律は立法事実がない法律として認められないと思いますが、いかがですか。」


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/9

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「だとすれば、この協定と一緒に関連法案を出したとおり、チリについてもメキシコについても同時に出してください。どうぞ。」


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/9

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「法律事項の変更があるときには我が国会に対して承認を求めることは当然の話です。今の予定で、我が国会が承認もしていないものを前提として、こんな法律議論できないじゃないですか。大臣、おかしいです、それは。そんな予定のものであれば、将来、EUとも、RCEPだって、みんなありますよ。そんな答弁では納得できません。もう....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/9

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「協定が前提であること、それは分かりました。GI自体はすばらしい話だと私は思っています。しかしながら、立法事実が必要だという中で、これだけは、これだけは、総理も、先ほど申し上げたとおり、TPPの発効は現実的に難しくなって困難になってきていると答弁がある中で、二月でということは一月とか二月でしょう、そのときには....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/9

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「これ、大臣、そうすると、私が言っているのは期日の問題なんです。中身の話でもないし制度の話でもないんです。だとすると、これ、TPP協定が発効することを前提とされるのであれば、期日について再検討されたらいかがですか。」 「期日を再検討されたらいかがですか。」


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「そこでお伺いしたいんですが、ロシアについては最近特に非常に深刻な事態が発生しています。それは、我が国固有の領土である北方領土に違法に軍事占領の形で展開するロシア部隊に新たに地対艦ミサイルが配備されたということです。特に射程三百キロとされるバスチオンミサイルは、北海道の東部全域を射程に収め、超低高度でマッハ二....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「このような姿勢の中で、政府の言っていることは本当なんだろうかというふうにお思いになる国民がいても、私は不思議ではない。TPPについて言っていることが信用できない、疑わしいと思わせるものでは、可能性としてはあるのではないかと思っています。これらの疑念に対しては、総理、いつもの繰り返されている答弁をされても恐ら....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「しかし、脱退についてトランプ氏は、実は注意深い言い回しをしているのではないかと考えています。日本でも大きく報道されましたが、アメリカの投票者との契約と題する表明の中の一つ、大統領就任一日目のアメリカ労働者を保護するための七施策では、NAFTAについては第二千二百五条に基づく再交渉若しくは脱退、つまり規定を明....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「しかしながら、それは、条約を署名してから批准なりの国内手続までの間、この以降には実は義務を負うわけですけれども、それまでの間には実は義務は負わないということも改めて示しているという条文だと私は理解をしておりますけれども、それはまずそれでよろしいですね。」


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「そうすると、大臣、お伺いしたいんですが、この条約法条約第十八条の解釈に基づいてTPP協定の当事者とはならないという表明をする場合ですけれども、その場合、これはアメリカが、仮にですよ、そうしたとしましょう、その場合に、ほかの国々、十一か国ありますけれども、ほかの国々の国内手続が終了した場合、TPP協定は十一か....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「ちょっと確認しますが、日米両国ですか、それとも締約国のGDPの八五%ですか。」


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「というのは、実はTPP協定の一・三条の定義の部分で原署名国についての定義がないんです。ほかの言葉の定義はあるんですけれども、原署名国の定義が実はTPP協定にはないんです。そういった意味では、当事国にはならないけれども原署名国としてその場合なるかどうかということについて、TPP事務局や他の署名国に対して確認さ....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「そこでお伺いしますけれども、これ、シナリオについては先ほど藤末委員がやったので少しだけにしますが、米国が仮に脱退をするという場合に、我が国の今、国会で、参議院でこの協定審議していますけれども、国会が承認した本協定の承認を通告しない、寄託しないということは、大臣、あり得るんでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「総理にお伺いしますけれども、トランプ氏がこの宣言を実施したと、仮に脱退を通告をするということがあったとします。これ、アメリカが脱退すると、この残りの十一か国で世界のGDPの一四%を占めるエコノミーが残る、これが発効するかどうかは別ですけれどね。しかしながら、確認されていない段階ですから、我が国は全体のGDP....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「総理、当然の話だと思いますけれども、米国が参加することは前提だというのは分かりました。そのトランプ氏との議論を踏まえて、不参加の場合には見通しが甘いと言われますけれども、そこは、総理、きちんと責任をお感じになられていますよね。まず、そこだけ教えてください。」


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「総理、しっかり質問を聞いていただきたいと思います。私は、そういった意見もあった、しかしながら、総理はトランプ氏とただ一人この中で会った、その感触を、その御感想を、経験を踏まえた上で、それでもなおかつ進めろというふうにおっしゃっていると言ったんです。そこの上で、総理としての当然の責任というものはお感じなんでし....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「総理、もう少しシナリオについて聞きたいんですが、先ほど藤末委員との議論の中では再交渉の話もありました。これはアメリカが参加するということを前提とした例えば再交渉、これ、先ほどベトナムはアメリカがこれこれこういうことを考えているからという具体的な話も推測として挙げておられましたけれども、これらの、アメリカを参....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「日米の二国間FTAについてはいかがでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「否定されないんですか。今TPPをやっているから、これは総理が先ほど申し上げた、トランプさんとお会いした後にしっかりと進める、アメリカが入らなきゃ意味がないと、ここは分かるんです、議論としては。議論としては分かるんです。だけど、そうすると二国間FTAは必要ないんじゃないんですか。」


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「私、どれを最終的に選択するかというのは別として、自由貿易は進めるべきだ、これはもう言いました。その上で、例えばここで国民に対してやはり方向性についてきちんと議論を、発言をするというのは、九日、自動成立の協定ですから、やはり今必要ではないかと私は思っています。総理、もう一度手順について教えていただけますか。」


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「その上で、このまま話ずっとしていると私、ほかの質問できなくなっちゃうので次に移りますけれども、石原大臣、TPP協定は附属の文書を含めて一体であって、その全てが国会による承認の対象ということでまずはよろしいでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「そこで、確認ですが、仮に再協議で農作物の関税撤廃等々について合意がされたと、仮にですよ、その場合にはこれは国会に諮るということはそれでよろしいですか、確認です。」


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「その上で伺いますけれども、大臣、政府の意図としては、これ、仮に合意をしてしまったときは、国会における反対をプログラム的に組み込んだ、そういう再協議の規定、合意という、そういう理解なんでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「総理、この石原大臣の御発言、国会の議決及び議員の投票行動をあらかじめ指示するような、こういう答弁というのは不適切だとお考えになりませんか。」


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「是非、石原大臣にこの文についての、私はこれ撤回された方がいいと思いますけれども、御説明をまずはいただきたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「私は、済みません、学校の先輩でもありますし、この規定についてもう一度説明をいただくという、答弁について、国会との関与に関して聞いたわけであって、それを全く違うような話をされるというのはちょっと私はおかしいと思います。せっかく、声を荒げて言うこともできますけれども、そうではなくて、まずは大臣のこの真意を聞きた....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「このように、三権分立を明確に政府が、これ実はいろんなほかの意見もあるんです。しかしながら、そういうふうにおっしゃるのであれば、逆に私は、行政府側でも襟を正してこのような発言は厳に慎むべきだと思いますけれども、それについては総理、もう一度、国会と行政の関係について御認識を、安倍政権としての、賜りたいと思います....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「そもそも、解説をしていただく我々必要はありません。我々は、三権分立で全く違うところにいる立法府であります。そこに対してそのような発言というものは全くもって受け入れられません。是非、大臣、改めていただきたい。そして、次回からは是非、私の名前は大野でございます、そこも改めていただきたいと思いますけれども、御答弁....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「国民皆保険制度についての心配が寄せられています。そういう中で、このTPPによって国民皆保険制度が崩れるんじゃないか、あるいは将来において崩されるのではないか、こういう懸念もありますけれども、大臣はこのような疑念に対し衆参の審議を通じて、附属書において我が国は留保の宣言を行っています、公的医療保険制度を含む社....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「そこで、外務省にお伺いをさせていただきたいんですが、これまで条約や協定、留保したこと何度もあります。この留保の撤回について、国会の承認を過去に求めたことがありますか。また、現時点で、一般の条約、協定に関し、留保の撤回と国会の関与に関する政府の立場を端的にお述べいただきたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「そこで、とても重要なポイントでございます。塩崎大臣がおっしゃったような国民保険制度だけじゃない、金融とか債権とか弁護士法とか、本当にいろんなものがこれ留保をひっくり返されると終わっちゃうんです。そういった意味では、この留保について、このTPP協定に関して、この中の留保表に関して留保を付したものを撤回をすると....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/12/1

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「時間が余りないので、最後に一言だけ。今言ったようなその三十・二条の協定の改定に該当する場合は改めて、最後、一言で結構ですので、必ずこれを国会に提出し審議をいただくということでよろしいですね。これだけ最後に質問させていただきます。」


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/11/24

委員会名参議院 外交防衛委員会


「その上で、岸田大臣に対しお伺いしますが、訪米お疲れさまでございました。訪米をされて、トランプ次期大統領に近いとされる方々と会談をされたとも伺っております。それを踏まえ、次期アメリカ政権若しくはその近い方々からの、印象で結構なんですが、東アジアにおける安全保障と政治情勢に対する優先度の高さ、あるいは米軍の前方....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/11/24

委員会名参議院 外交防衛委員会


「既に防衛大臣も、衆参における我が党同僚の質疑を通じて、前線における負傷者の九割以上が三十分以内に死に至るということ、あるいは、我が国の自衛隊の装備、あるいは検定に至るまでに至る自衛官に対する教育が十分とは考えられないようなことについての質疑があったことはよく御存じであろうと思います。また、前線からCCPと言....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/11/24

委員会名参議院 外交防衛委員会


「法律ができたからその任務を付与する必要はないわけであります。もちろん、総理も、事務総長が評価、この国連の報告書の最後の十七ページだったと思いますが、評価の部分でカオス云々というところについては答弁されていますから、そこについては全く必要ありません。その前段の事実関係のところですが、日本政府の評価、これ情報収....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/11/24

委員会名参議院 外交防衛委員会


「これを見てみて、実は二枚目の方になりますけれども、様々な武器が実はそこにはあり、それはライフル、小銃、RPG等の小火器が拡散しています。それが誰に出回っているかというと、軍隊あるいは反政府勢力、それだけではないんです、部族勢力や一般の民間人にも拡散されている。この地図で示させていただいたのは、小銃のいわゆる....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/11/24

委員会名参議院 外交防衛委員会


「防衛大臣、一昨日、ロシアが北方領土にバル及びバスチオンというミサイル、あっ、済みません、その前に、先ほど東ティモールと言った部分はシリアのゴラン高原の誤りでありますので、ちょっとそこは御訂正ください。北方領土にミサイルを配備したという報道がありました。そして、ロシア側からも発表がありました。これについて、防....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/10/20

委員会名参議院 外交防衛委員会


「自民党は人材が払底しているとお考えかもしれません。でも、参議院にも、見てください、人材いますよ。そういう中で、野党ですから、どのような人事が行われたかはあずかり知らぬところではありますが、大臣、危機管理の観点から鑑みても、こんな政務三役人事でいいというふうにお考えでしょうか、お聞かせください。」


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/10/20

委員会名参議院 外交防衛委員会


「大臣にお伺いします。ロシアとの外交取引のために、あるいは訪日される大統領を喜ばせるために、日本の利益を毀損するような形で貴重な税金を浪費するようなことは万々が一のことがあってもあり得ないと思いますけれども、ロシアとの交渉に臨まれる外務大臣としての御見解を賜ります。」 「もちろん紛争の解決も重要なんですが、そ....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/10/20

委員会名参議院 外交防衛委員会


「そこで、まずお伺いをさせていただきたいんですが、大臣、六月二十二日のロフテッド軌道で撃たれたとされる北朝鮮のミサイルについて、スピードが落ちるミッドコース、一番上ですね、これに対処する場合には、現在自衛隊が保有しているSM3ブロックⅠAミサイルでは高度が不足し、迎撃対処ができないという理解でよろしいでしょう....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/10/11

委員会名参議院 予算委員会


「その前に、一点、稲田大臣にお伺いをしたいんですが、質問通告しておりませんが、衆議院予算委員会の審議等を聞いておりましたら、稲田大臣、全国戦没者追悼式に出席されなかった最初の大臣と、防衛大臣ということになられたそうですね。ところが、その一方では、報道等を見ますと、これは靖国神社への参拝を避けるために、政府を挙....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/10/11

委員会名参議院 予算委員会


「大臣、まずお伺いしておきますが、南スーダン御覧になって、駆け付け警護の任務、共同基地防衛の任務、付与されるんでしょうか。」 「衝突があったんですね。戦闘ではなかったという認識でよろしいんでしょうか。」 「法的な意味におけるというのは、法律に幾つかの、周辺事態法とかPKO法とかに書いてありますけれども、いわゆ....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/10/11

委員会名参議院 予算委員会


「南スーダンではこのように戦闘が発生していると私は理解をしていますけれども、この第十一次派遣隊のリスクについて先ほども申し上げました。新たな任務を付与するとすればリスクが上がるのではないか。そうだとすれば、補正予算に対して、第一線での救命救急、万が一の場合に備えたですね、もちろん何もないことが一番いいんです、....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/10/11

委員会名参議院 予算委員会


「これも防衛省からいただいた資料なんですけれども、大臣、この資料を見ていただくと、これ、アメリカの陸軍が携行している個人救急品は一番右になりますかね、一番右、IFAKⅡというのが書いてあります。これが陸軍が携行しているものです。それから、一番右が現在陸上自衛隊が携行しているものです。この差について、まず御覧に....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/10/11

委員会名参議院 予算委員会


「その上で、これはPKO五原則の中立原則とは相当違いますよね。このことは岸田大臣も、当時、あるいは中谷大臣も認めておられるんです。そこで、私が当時議論をさせていただいて、法制局にも伺ったんですね。これらの不偏性の原則と中立性の原則、整理しましたか、不偏性と武器使用について整理しましたか。ところが、法制局、やっ....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/9/14

委員会名参議院 外交防衛委員会


「そこで、外務大臣にお伺いいたしますが、新たな制裁決議を採択し、実効的にこれを行っていくとすれば、中国、ロシアの協力がおのずと必要になってくると私は考えます。特に、中国は対北朝鮮制裁の実質性を担保する鍵となる国だと思っておりますところ、いついかなるレベルで、我が国はどのような内容について中国に働きかけを行った....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/9/14

委員会名参議院 外交防衛委員会


「その中でも、私すごく、たくさん問題はあるんですけど、一つ気になっているのは、北朝鮮が頻繁にミサイルの発射実験を行う中で、大臣が八月八日にミサイル破壊措置命令、これを常時発出する、それを三か月ごとに更新する、こういう報道が様々なところで出ています。この事実関係についてまず確認をさせてください。」 「数多くの報....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/9/14

委員会名参議院 外交防衛委員会


「さて、その上で、余り時間もないのでお伺いしますけれども、仮にこれ、ミサイル破壊措置命令、常態化したときとしての仮定で一般論で伺いますけれども、我が国が有しているイージス艦「あたご」型の改修が終わる前でいえば、いわゆるBMD対処の場合と、それから防空戦、AAWの対処のときは、これを切り替えなければいけない。つ....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/5/12

委員会名参議院 外交防衛委員会


「改めて伺いますが、最新の潜水艦技術を一〇〇%オーストラリアに移転すると述べた草賀大使の御発言は我が国政府の方針ですか、確認をさせてください。大臣、お願いいたします。」 「大臣、必要な技術の移転というのと一〇〇%先進的な技術をオーストラリアに移転すると述べられた立場、これは必ずしもイコールではないと私は思って....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/5/12

委員会名参議院 外交防衛委員会


「そこで、外務大臣、お伺いをいたしますが、我が国企業に対して二次制裁を課す基準、これを緩めるようアメリカ側に働きかけるべきではないか。そうしないと、イランとの関係、実は可能性はいっぱいあるんです。しかしながら、それがなかなかうまくいかないのではないかと思いますけれども、いかがでございましょうか。」


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/5/12

委員会名参議院 外交防衛委員会


「防衛省にお伺いします。藤丸政務官がおっしゃった防衛省の地下六階に大きなスクリーンがある施設、これについての情報をこれまで公開したことはありますか、地下六階にあるというその存在。もし本当だとすればなぜ公開できなかったのでしょうか、教えていただきたいと思います。」 「そうすると、地下六階には何も施設はない、ある....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2016/1/7

委員会名参議院 本会議


「北朝鮮政府が昨日発表した水爆実験とされる件につきまして、我が国政府はいかなる事実を把握し、どのような対応を行っていくのか、冒頭、それぞれ御説明をください。」 「憲法第五十三条の規定に基づき二回にわたり要求された臨時国会は、結局、召集されませんでした。TPP、消費増税、GPIFにおいて国民の資産が三か月で約八....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2016/1/7

委員会名参議院 本会議


「アジアに関する取組についてお伺いします。総理からは、日中韓サミット出席報告、中韓首脳との二国間会談について報告がありました。それを受け、慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されるという合意に至ったことは率直に喜ばしく、安倍政権下で悪化した日韓関係が未来志向に変わることを期待しています。その上でお伺いします。....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2016/1/7

委員会名参議院 本会議


「東アジア首脳会議では、南シナ海の一方的な現状変更に関し議論が行われたとの報告がなされました。この会議の際に行われた日米首脳会談においては、自衛隊の南シナ海における活動について、情勢が日本の安全保障に与える影響を注視しつつ検討を行うとの表現がありました。この表現は、昨年七月二十一日、中谷防衛大臣が、南シナ海に....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2016/1/7

委員会名参議院 本会議


「総理は、日印原子力協力原則合意に関し、万が一、インドが核実験を行うようなことがある場合には、日本からの協力を停止すると報告をされました。ところが、当時の日印会談の概要、両国の共同声明には、インドが核実験を行った場合の協力停止措置については一切盛り込まれておりません。なぜ国会に報告したこの措置が共同声明等に盛....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2016/1/7

委員会名参議院 本会議


「総理は、複数の国において、新たに成立した安保法制について御説明を行われたようですが、具体的にどんな説明を行われたんですか。特に、集団的自衛権行使に関する部分については、前国会の審議を通じて、ホルムズ海峡における機雷掃海は総理御自身が取り下げられました。米艦防護は、中谷防衛大臣が退避邦人の乗船は必ずしも必要な....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/4/21

委員会名参議院 外交防衛委員会


「さて、まずその関連で少し中谷防衛大臣にお伺いをしたいんですけれども、防衛大臣、報道によりますと、今月末にフィリピン並びに東ティモールを往訪し、特にフィリピンではTC90の練習機を貸与する、こういったことについて合意する予定であったという報道がありました。その後、十八日になってからだと思いますが、これを取りや....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/4/21

委員会名参議院 外交防衛委員会


「他方で、例三の場合には、今回、二十四年間しか納付を国内でしていなくても、かつて七年間仮にフィリピンで納付をしていたとすれば、この年金の納付していたものが復活したというか合算されて、両国のそれぞれの納付期間がそれぞれに定める二十五年、十年満たさなくとも、案分で相応に支給されるということに今度の協定以降なるとい....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/4/21

委員会名参議院 外交防衛委員会


「ところが、今回のG7の首脳会議では、確かに、シリアの状況や人権状況等について政権の人権上の義務遵守を要請する等、これは入っています、中身は。ただ、相手が明確にされていないとか、呼び捨てにするかどうかが適切かは分かりません、ただ、相当印象として昨年よりもアサド政権に対する態度が大きく後退したように見られます。....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/4/14

委員会名参議院 内閣委員会


「政府の一元的なサイバー対応についてちょっとお伺いしたいんですが、この法律に基づいてサイバーセキュリティ戦略本部が法制化をされまして、その事務を担う内閣サイバーセキュリティセンター、いわゆるNISCは内閣官房組織令で設置をされることにより推進をされたというふうに理解をしています。そこで、大臣、サイバーセキュリ....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/4/14

委員会名参議院 内閣委員会


「だとすると、大臣、お伺いしたいんですが、想定される監査業務を委託する法人が、この法律では独法等に対してですけれども、仮にこれらの行政機関の監査業務を行うとすれば、これらの秘密事項や異なる特約事項の義務をそれぞれ履行するということができるんでしょうか。そこは大臣の御見解を賜りたいと思います。」 「そこで、これ....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/4/14

委員会名参議院 内閣委員会


「それでは、次の質問ですが、今回の法律では監査業務の委託先法人としてIPAが例示をされています。ただ、例示されているんですけれども、IPA以外とも書いてあって、その他のと書いてあるんですが、想定されているIPA以外の法人組織はどこなんでしょうか、教えてください。」 「総務省にお伺いすればよろしいんでしょうか。....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民進党)

2016/4/14

委員会名参議院 内閣委員会


「つまりこれ、とても権威ある機関がそういうことを言ったというのは物すごくやっぱり重い話だと私は理解をしていますけれども、仮にNATOが、NATO構成国に対するサイバー攻撃を受けた、そのときに五条適用であるということを言う場合のサイバー攻撃の定義、及び我が国として、国際法上の解釈ですけれども、許容されるサイバー....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2016/3/23

委員会名参議院 外交防衛委員会


「まず、外務大臣にお伺いいたします。国連あるいは国際機関に対する分担金、拠出金に関する当初予算と補正予算の在り方について少し議論させていただきたいんですが、財政法の第二十九条によれば、国は、国の義務に関する経費不足を補うほか、予算作成後に生じた事由に基づき特に緊要となった経費等に関するものに限り補正予算の作成....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2016/3/23

委員会名参議院 外交防衛委員会


「別なところで少しちぐはぐかなと思う案件もあるものですからお伺いさせていただきますが、まず事実関係ですが、平成二十八年度の予算のうち米国の対外有償軍事援助、いわゆるFMSに関する調達に関わるものはどの程度かを教えてください。」 「大臣、今お伺いになられたと思いますけれども、FMS契約は、ライフサイクルの一貫し....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2016/3/23

委員会名参議院 外交防衛委員会


「今、大臣が個別の調達品の名前を挙げられましたので、そこでF35Aについてお伺いをしたいと思っています。まずお伺いしたいのは、X2というんでしょうか、先進技術実証機、これF2戦闘機の後継になるのではないかというふうに目されていますけれども、この試験機のフライト試験が近く行われると承知をしています。この試験機、....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2016/3/23

委員会名参議院 外交防衛委員会


「その上で、少し質問戻りますけれども、FMSで試験用車両を導入をした、そして来年度予算に計上されております水陸両用の走行車両、AAV7についてお伺いをしたいと思っています。まず、防衛省に伺いますが、AAV7の最大速度、輸送能力及び上陸の際にどのような制限があるかについて教えてください。」 「そうしますと、これ....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2016/3/17

委員会名参議院 外交防衛委員会


「シリアで昨年来拘束されたとされている安田純平さんと見られる映像がネットに配信をされました。そこで、お伺いをいたしますけれども、私も、実は本件、大変関心を持っていて、内々フォローしながら外務省の関係者の方とも意見交換をさせていただいてまいりました。大臣、現在政府が把握している事実関係及び今後の対処の在り方につ....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2016/3/17

委員会名参議院 外交防衛委員会


「昨年末の日韓外相会談における日韓合意についてお伺いをいたします。今回の合意が慰安婦問題に関する最終的な合意になることを期待をいたしまして、岸田大臣の御苦労には敬意を表したいと思います。その一方で、本合意には不明確な点も残されています。第一に、一九六五年、日韓請求権協定において両国間の財産請求権は完全かつ最終....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2016/3/17

委員会名参議院 外交防衛委員会


「その上で少し細かい話聞きますが、拠出されると言われている資金ですけれども、これは大臣の御発言だと全ての慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復、心の傷の癒やしの事業のために使われ、両国が協力すると、こういった趣旨になっていると思っています。この協力の範囲についてお伺いしたいんですが、まず、具体的な事業あるいは拠出先、....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2016/3/17

委員会名参議院 外交防衛委員会


「そうすると、大臣、これ、慰安婦問題については慰安婦像の問題もございました。先般の御発言、るる大臣の方からも御説明されておられますけれども、我が方のソウルの大使館前にあります慰安婦像は、これ撤去されるわけではない、移動だというふうに答弁がなされました。その際、大臣、適切に移動されると承知しているという御答弁で....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2016/3/17

委員会名参議院 外交防衛委員会


「法制局長官、昨年の話ですが、公明党の山口議員の質問に対して、存立危機事態に該当するにもかかわらず武力攻撃事態等に該当しないということはまずないのではないかと考えられると思いますと御答弁されておられます。この答弁では、武力攻撃事態ではなくてわざわざ等を付した武力攻撃事態等というふうにお話しされていますが、武力....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2016/3/17

委員会名参議院 外交防衛委員会


「余り時間がないので次の質問に移りますけれども、法制局長官、これは一般論で結構ですけれども、芦部教授の有名な定義の中に、法律を制定する場合の基礎を形成し、かつその合理性を支える一般的事実、すなわち社会的、経済的、政治的若しくは科学的事実というのが立法事実、若しくは立法府が立法の資料として収集認定する事実と同質....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/9/14

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「さて、総理に対し今日はまずお伺いしたいのは、最高司令官として自衛官を全力で守る御覚悟がおありになるでしょうか。そうだとすれば、その決意をまずお聞かせください。」 「防衛大臣に伺います。PKO法の改正に関する法律が出ていますけれども、このPKO法改正に変わると、PKO五原則、これは新たな法律全体において厳守を....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/9/14

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「進まないので申し上げますが、第四原則については部隊であると、そして司令官ではないと、そういうことだとすると、先ほどの一番最初の御答弁は修正していただくということでよろしいですね。」 「もう時間がないので進みますけれども、じゃ第三原則、中立的な立場は、これは司令官に掛かっていますか。」 「PKO部隊に派遣され....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/9/14

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「国連が司令官や部隊の要員に求める不偏性に基づく、これ実は中立性とは違います、そこに基づいて司令官が武器使用した場合、中立性しか定めていないPKO法には規定がないのではないでしょうか。違法性の阻却する要因としての法文はどこにあるか、教えてください。防衛大臣。」 「防衛大臣、どこの条文に不偏性に関する条文がある....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/9/14

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「先ほど、国連の統括下においてというところで不偏性を読むということは、不偏性は、まず第一に、防衛大臣、この条文の中にはない、これはまず確認させてください。その上で、重なると言いましたけれども、これ全く別物である。それから、ここにも書いてあるとおり、「原則と指針」では、マンデートの実施においては中立を保つべきで....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/9/14

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「そして、法制局長官に伺います。不偏性と武器使用の関係について、法案審査をこれまでしたことはありますか。これまで五原則しかやっていないんじゃないんですか。教えてください。」 「確認ですが、そうすると、不偏性との関係については法案審議、審査していないということでよろしいですね。」 「不偏性に基づいた武器使用につ....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/9/14

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「私は、民主党・新緑風会及び維新の党の発議者を代表し、ただいま議題となりました領域等の警備に関する法律案について、その提案の趣旨及び内容の概要を御説明いたします。我が国の離島等においては、闇夜に紛れて多数の武装漁民のような者たちが上陸を企て、かつその者たちが機関銃などの重火器を隠し持っているケースや、工作船と....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/9/14

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「次に、この法律案の内容について、その概要を御説明いたします。第一に、基本原則として、我が国の領域等における公共の秩序の維持は警察機関をもって行うことを基本として警察機関の拡充を進めつつ、警察機関をもっては公共の秩序を維持することができないと認められる事態が発生した場合には、自衛隊が警察機関との適切な役割分担....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/9/10

委員会名参議院 外交防衛委員会


「そこで、外務大臣、まずお伺いしたいんですが、投資協定を行えば我が国にとってもプラスになる、それは相手の経済成長も含めて様々な形でウイン・ウインの関係ができるということだろうと私は理解をしていますけれども、これ、投資協定締結してもウクライナの情勢が良くならなければ、これはイラクもそうだったんですが、可能性だけ....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/9/10

委員会名参議院 外交防衛委員会


「シリア国民の半数以上が難民化している、そう言われている状況下で、我々の支援というものは砂漠の中の水の一滴にすぎないのかもしれません。しかし、その一方で、もちろん援助も大事です。ただ、こんな言い訳にすぎないような援助の実施だけではなくて、様々な大国の中の思惑の中に結局犠牲となっているシリア難民、シリア情勢の安....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/9/9

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「昨日の余りに乱暴な委員会運営を踏まえて、官房長官にお伺いをいたしますが、政府・与党は、今後、採決を見据えて、国民無視で説明すらしない、このような審議に徹するおつもりなのか、是非とも、まずはお伺いしたいと思います。」 「国会に大変支障が出るような形で、総理がこの委員会に出てこないというようなことは決してないよ....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/9/9

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「存立危機の関係で、先般、防衛大臣に御質問をさせていただきました。総理は、米国が第三国の攻撃を受けている、そのような中で我が国の弾道ミサイル防衛を行っているイージス艦が攻撃される場合、自衛隊としてこのイージス艦を守る必要があるとおっしゃられました。しかし、弾道ミサイル防衛能力を持たないCEC艦と呼ばれる艦船が....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/9/9

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「要するに、この法案では、朝鮮半島有事などが仮にあったときに我が国の存立が脅かされる事態になれば、横須賀配備の米軍艦全部守る、我が国の領土、領海を守ることすらなしに、お子さんや子供をだしに使ってまでやろうとしていることは、外国での有事の際に米軍を丸ごと守ることであって、自衛隊を米軍の下請にする、そういう法案じ....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/8/26

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「まず、外務大臣にお伺いをしたいんですけれども、これまで我が国は在外の邦人、この保護について、自衛権の名目で在外邦人の保護を実施したり、あるいは在外邦人の保護のために自衛権の行使を主張した、こういったことがかつてあったでしょうか、教えてください。」 「法制局の長官にお伺いをさせていただきます。ある国が公海上で....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/8/26

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「このケース、お分かりになりますよね、一と二を足すと三になる。つまり、今まで事例の八とおっしゃって、与党の協議でも御党が恐らく公明党さんに説明されたケースだと私は理解をしておりますけれども、このケースはどういう理解で存立事態が構成されるんでしょうか。邦人が攻撃されるからでしょうか、それとも米軍が攻撃されるから....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/8/26

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「その翌日の五日、中谷大臣は、これ答弁読むとよく分からないんですが、警戒監視に当たっては、その任務の内容又は海域における状況によりまして、単独で航行することもあれば複数で航行することもあり得るものでありまして、米艦艇が単独で行動することはあり得ないとは言えないものと考えますというお話をされておられます。これは....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/8/26

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「だとすると、これは防衛大臣にお伺いしますが、弾道ミサイル防衛対処能力がないようなイージス艦があります。それは、私、三枚目のところに書かせていただきましたが、CEC艦、これは大臣御存じでいらっしゃいますよね。例えばベースライン9Aを積んだチャンセラーズビルというCG62ミサイル巡洋艦がそうですけれども、これ、....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/8/19

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「午前中も議論になりました統幕提出資料について、大臣は省内の幹部に対して法案の更なる研究と課題の整理を命じられたということでありましたが、五月二十五日に報告を受けた際にはこれについて資料は確認されていなかったという話だと思いますが、それでは最初にこの資料を確認されたのはいつでしょうか。」 「当然、これ見ていれ....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/8/19

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「これについてもう少しお伺いしますが、この八月上旬に、この書いてあるのが邦人保護の基本計画、同じ四十八ページですけれども、これ八月上旬に基本計画、修正することになっています。マスコミのイメージで八月にこれ法案が通るんではないか、それはいいかもしれません。ただ、その前ですよ、その前に基本計画を修正すると早くから....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/8/19

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「総理はそのときに、官邸におられたとき、官房副長官やあるいは総理としておられたときに、縦割り行政が問題だからこの法律が必要だと思った、しかしその後、この数年は、警察、海保、自衛隊、ここがうまくできているので、そこで運用で構わないという結論に達したとおっしゃっています。ところが、七月に、与党の政策協議の責任者で....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/7/28

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「冒頭、まず総理にお伺いしたいんですけれども、この安保法制につきましては衆議院で長い時間を費やした議論も行われました。しかしながら、それにもかかわらず、ほとんどの世論調査等によれば、国民の八割以上が、審議が尽くされていない、あるいは十分に説明が行われていない、このような感想をお持ちのようです。総理御自身、国民....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/7/28

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「先ほどその総理がおっしゃった、領土や主権、海洋における経済権益等をめぐり、いわゆるグレーゾーンの事態が増加する傾向にある、これ、同意です。総理がおっしゃるように、グレーゾーンから集団的自衛権の行使に至るまでシームレスに切れ目のない対応と、そうおっしゃっておられますけれども、このグレーゾーンについて、我が国を....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/7/28

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「このことについては、実は今月の十九日に総理御自身が、これ記者会見だったでしょうか、述べられておられます。特に、例えば、中国漁船が尖閣諸島に押し寄せるとか、軍に所属しない警察機関が同諸島に上陸を試みるとか、武力攻撃に至らないような事態で、かつ既存の警察権だけでは間に合わないとか、あるいは飽和状態に至るような軍....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/7/28

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「そこで、連立与党を組む公明党出身の閣僚としてお伺いをさせていただきたいんですけれども、これらの法案にはしっかりと賛成であって、そして、衆議院の議論をお聞きになっていて、公明党として、公明党の支持者の皆様、支持団体の皆様にもしっかりと御理解をいただいているというふうにお考えかどうかをお聞かせいただけないでしょ....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/6/4

委員会名参議院 外交防衛委員会


「外交や人の命は、私、与党も野党もないと思っています。その意味では、是非とも提言はさせてこれからもいただきますので、是々非々で受け止めていただきたいし、中東の不安定性というのは是非真剣にお互いに考えるべきだと思いますが、そこについて御所見があれば、まず冒頭お伺いしたいと思っております。」 「ところが、その一方....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/6/4

委員会名参議院 外交防衛委員会


「有識者等による検証委員会というのはよくあったり、あるいは第三者の委員会等もございます。今回は有識者等による検証委員会とは言えない、各省庁の代表が論点を提起し、問題提起をし、各省庁の代表が議論をし、そこに有識者に加わっていただく、あるいはコメントを求め、そのコメントを、最終的には、それがコメントを書かれるので....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/6/4

委員会名参議院 外交防衛委員会


「だとすれば、じゃ、これ堂々巡りになりますので、論点はきちんとしているのか、客観性は担保されているのか、そういったことについて少し具体的に議論をさせていただきたいと思っていますが、これ、外務大臣にお伺いするべきなんでしょうか、有識者の方々のバランスというものは適切であったとお考えでしょうか。」 「それでは、内....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/6/4

委員会名参議院 外交防衛委員会


「論点ですけれども、防衛大臣、覚えておられると思いますけれども、かつて、これは予算委員会でしたか、この委員会でしたか、議論をさせていただきましたが、シリアあるいはヨルダンに、この場合はヨルダンですね、もうシリアはいないですから、ヨルダンに現地対策本部が置かれていました。そのヨルダンに対して出張をした自衛官及び....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/6/4

委員会名参議院 外交防衛委員会


「外務大臣に是非お伺いをさせていただきたいと思います。この報告書によれば、殺害をされました湯川氏、後藤氏の渡航目的についての論点がありました。この渡航目的については、今後に生かすためにも引き続き究明をするべきである、つまり分からなかったという結論であります。後藤氏の渡航に際しては、外務省が数度にわたり聴取をし....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/6/4

委員会名参議院 外交防衛委員会


「改めてお伺いしますけれども、有識者からもイスラエルの国旗が映っていたことが不用意ではないか等の指摘もあったとされているが、その一方で、イスラエルとの関係のみを殊更に問題視することはふさわしくないとの指摘もあったと、こう書いてあります。大臣は、これらの指摘を受けて、広報上の配慮として、あるいはアラブ、イスラム....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/5/26

委員会名参議院 外交防衛委員会


「さて、この防衛省設置法案に関しましては、今日もありましたが、シビリアンコントロールに関する議論が種々なされました。防衛大臣にお伺いしますが、文民統制とは軍に対する政治の優先を言っている、これはもう既に何度もお聞きしました。これはもう繰り返されることは結構でございますので、その上で、次に、防衛省内部については....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/5/26

委員会名参議院 外交防衛委員会


「隊務というのは、私、自衛隊の純粋な任務を指すんだと思うんですが、これ実は、正確にはCという業務、重複していません。同じ任務の中のいわゆる役割分担がこれまでは違う形で行われてきたんだと思うんです。そうすると、今まで行ってきた自衛隊の部隊運用に関する情報の官邸等への通報や関係機関との調整、対外説明などは、これ今....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/5/26

委員会名参議院 外交防衛委員会


「ただ、それはそれで結構なんですが、このときの総理の御発言は実は前段がありまして、我が国による武器輸出三原則緩和の必要性に関してだったんです。そのとき総理は、当然、できたF35、できたといっても、本来は日本は絡まないんですよ、F35の生産には。で、誤っているんですが、F35がある程度のところに出されていくわけ....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/5/26

委員会名参議院 外交防衛委員会


「時間がないので一問飛ばしてお伺いしますけれども、この防衛装備庁の設置に関して、装備品等の生産の基盤の強化を図ることが三十六条で任務の一つに入っています。これまで汎用品を含む装備品等の生産の基盤の強化は、産業政策という意味で経済産業省の所管だったと思います。これを防衛省の所掌としている法的根拠は、私、見た限り....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/5/26

委員会名参議院 外交防衛委員会


「時間が余りないので外務大臣に先にお伺いしておきますけれども、NPTの運用検討会議、これは大変残念な結果だと私は思っています。これまでも中東非核化構想については一般論として外務省は述べていますけれども、これはこれからもずっと続く話で、イスラエルに対する配慮はよく分かるんです。しかしながら、中東における核の問題....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/5/14

委員会名参議院 外交防衛委員会


「今朝の報道なんですが、台湾と我が国との食品の問題、輸出の問題に関してですけれども、先月から農水省、経済産業省等が主導して、台湾から更なる規制が起こらないようにということで議論をしていたというふうに私は承知していますが、今日の朝の報道ですと、どうも物別れに終わって、あしたの十五日から日本の食品輸入が全て停止を....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/5/14

委員会名参議院 外交防衛委員会


「日・モンゴルのEPAに関し、外務大臣にお伺いをさせていただきます。モンゴルからは、我が方に幾度も要人がこの数年間訪日をされました。昨年のエルベグドルジ大統領あるいは首相の訪日を始めとし、様々なレベルで会談等が持たれ、そしてそのたびにEPAについての議論がなされてきたというふうに理解をしております。そのような....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/5/14

委員会名参議院 外交防衛委員会


「時間もありますので、もう一つの国際コーヒー協定の方に移らせていただきます。二〇〇九年でしたか、更新時点で我が国はメンバー国から外れたと理解をしています。これは、我が国の財政状況にも鑑みて国際的な拠出金を全体として見直した、その一環であったと理解をしています。その後、メンバー国から外れたことによって何か弊害は....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/5/14

委員会名参議院 外交防衛委員会


「日米ガイドラインにつきましては、民主党政権時代にこれは改定の協議を開始をしたもので、当時、政権の方からの説明があったのは、九七年のガイドラインではカバーし切れていないものがある、我々として様々な役割分担、やらなければならないことがある、だから開始をするんだ、こういう議論だったと理解をしています。さて、ところ....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/5/14

委員会名参議院 外交防衛委員会


「そこで、まず宇宙についてお伺いしたいんですが、アメリカにはエア・フォース・スペース・コマンド、これ四万の勢力だそうです。作戦運用上は米戦略軍の指揮下に置かれるとされています。このAFSPC、カウンターパート組織はどこになるんでしょうか。」 「日米ガイドラインでは、宇宙の分野において、相互の支援、情報の共有、....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/5/14

委員会名参議院 外交防衛委員会


「そこで、まずカウンターパートについてやはりお伺いしますが、アメリカのUSサイバーコム、軍独自のCERT組織であるミリタリー・デパートメント・コンピューター・エマージェンシー・レスポンス・チーム、サイバー・ミッション・フォース、コンバット・ミッション・フォース、あるいはサイバー・プロテクション・チームのカウン....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/5/13

委員会名参議院 国際経済・外交に関する調査会


「一つ目ですが、藤原先生が、そして高橋先生も難民の問題、取り上げられました。難民の国際社会の取扱いについては、私、以前から限界が来ているのではないかと常に思っておりまして、藤原先生にまず御質問ですが、難民キャンプについては、国連若しくは国際社会は非常な性善説に常に立っているのではないかと思い続けています。一九....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/4/21

委員会名参議院 外交防衛委員会


「まず、冒頭でございますが、調達に関する一般論ですけれども、F35についてはこれまでも委員会で取り上げられてまいりました。これにつきましては一部について我が国で生産を行うこととされ、その初度費等も既に計上されたというふうに承知をいたしますが、F35を我が国で一部生産をする場合、価格は安くなるということでよろし....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/4/21

委員会名参議院 外交防衛委員会


「次に、防衛大臣、資料の方の、資料の一と書かれたものを見ていただきたいと思います。本法案に関しまして防衛大臣や防衛省の方々の、政府参考人の衆議院における説明等を取りまとめると、今回の特措法の適用は、これ①として、長期契約により行うことが当該調達により行う経費の縮減に特に資するもの、②当該調達の安定的な実施に特....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/4/21

委員会名参議院 外交防衛委員会


「次に、この元の金額なんですが、ちょっと具体的な話をさせていただきます。P1についてお伺いしますが、これは衆議院でも我が党の津村議員が質問されておられました。平成二十年度の予算計上額は百六十一億円です、平成二十年度。二十二年度は二百十億円、これは約五十億円違うんです、四分の一ですね。そして、翌年は百七十八億円....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/4/21

委員会名参議院 外交防衛委員会


「次に、防衛大臣にFMS契約についてお伺いします。衆議院の安全保障委員会で、大臣は、FMS契約も条件に合うならばこの法案の対象になる可能性があると答弁されています。条件というのはこの①から④だと思いますけれども、じゃ、現行のFMS契約、どう改善されれば、あるいはどのようなことが具体的にこの紙に書かれているよう....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/4/21

委員会名参議院 外交防衛委員会


「済みません、まだたくさん質問があるのでどこから行こうかなと思っているんですが、防衛所要について、④番のところについてお伺いをしたいと思います。④では中長期的な防衛所要を勘案した上で、大綱、中期防に基づきというのが書いてございますが、まず、そもそもこの防衛所要に合致するというのは誰が判断をするのか、大臣、お答....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/4/21

委員会名参議院 外交防衛委員会


「残り時間が余りないので、あと一問か二問になると思いますけれども、本法案では十年にわたる長期の契約になることが議論をされてきました。この場合、論理的には特措法が切れる平成三十年度から多分三十九年度分までの契約が締結されることが可能になるんだろうと思います。他方、条件の一つの中には防衛の大綱並びに中期防が書いて....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/4/15

委員会名参議院 国際経済・外交に関する調査会


「その上で、時間の関係もありますので二問か三問、順番ではないんですが、河野参考人にお伺いをさせていただきたいと思っております。先ほど御説明を賜りました中で、鉱石の価格、それから製錬費の関係で製錬会社の取り分がますます減ってきていると、そうすると、我が国の企業を含め、こういった会社が自分で開発のところから取り組....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/3/24

委員会名参議院 外交防衛委員会


「まずもって、シリアにおける邦人人質事件についてお伺いをさせていただきます。このような邦人人質事件に際して、外務省も私は大変御苦労されたと思いますし、我が国が取り得る手段というのは決して多くなかったとは理解をしています。そのような中で、元来、親日的なアラブの世論、これは数少ない我が国が有する手段の一つであった....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/3/24

委員会名参議院 外交防衛委員会


「防衛大臣、よく御存じだと思いますけれども、防衛駐在官の話が今、様々なところで取り上げられています。防衛駐在官、これ一佐クラスだと思いますが、一佐クラスの方を養成するというのは多分大変なことだと思うのですが、大臣のまず簡単に御所見を賜りたいと思います。」 「その上で、大臣、これは提案なんですけれども、一佐をそ....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/3/24

委員会名参議院 外交防衛委員会


「質問を変えますけれども、外務大臣、再びお伺いしますけれども、フランスで本年初頭に、いわゆるシャルリー・エブドというところに対するイスラム過激派によるとされる襲撃事件がありました。私は無制限な報道の自由というのはどうかとは思っていますが、しかしながら、それを力や圧力で封じ込めることは決して許されてはならない、....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/3/24

委員会名参議院 外交防衛委員会


「大臣も積極的に海外を訪問されて、大変御苦労さまだと思っております。外務大臣、インド訪問の際なんですが、記者からの質問に対して、中印間の、中国とインドの間の紛争地域、インド側の呼び名でアルナチャルプラデシュと言うんでしょうか、これについて、大臣、どのように述べられたんでしょうか。」 「大臣、大事なことは、その....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/3/24

委員会名参議院 外交防衛委員会


「大臣、もう一問お伺いしますが、ロシアのクリミア併合なんです。これに関しては、国際社会に対する挑戦だと私は考えます。ただ、その中でも、今になって、プーチン大統領がクリミア併合問題においての核兵器使用、この準備があった、そしてクリミアは歴史的に我々の領土であり、そこに住むロシア人が危険にさらされるのを放置するわ....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/3/24

委員会名参議院 外交防衛委員会


「打って変わって、少し軟らかい話題ですが、防衛大臣にお伺いします。自衛隊病院なんです。空きベッドの利用率が低いとかそういった財務省からの指摘を受けて自衛隊病院については在り方を検討したというのが、平成二十一年、結果として、検討委員会の報告書として出されました。私、確かにその財務省の方のおっしゃることも分からな....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/3/23

委員会名参議院 予算委員会


「まず、大臣、現職の国会議員として最長の大臣在任ということで、その重責担われてきたことに改めて敬意を表させていただきたいと思います。その上で、先般のチュニジアの件ですけれども、アラブの春以降、多くのアラブの諸国で不安定が続いています。特に、政権が倒れた国の中では、唯一政権の樹立と運営が真っ当に行われているとい....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/3/23

委員会名参議院 予算委員会


「その上で、今度は防衛大臣にお伺いしたいんですが、防衛大臣、新しく就任されて私初めての質問でございまして、大変これから期待しておりますので、よろしくお願いいたします。さて、元自衛官である大臣はよく御存じと思うのでお伺いしますけれども、軍と軍の関係は特殊だというふうに一般論として言われています。特に、外務省員で....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/3/23

委員会名参議院 予算委員会


「安全保障法制についてお伺いしますが、防衛大臣、このISILに関連してではあるんですけれども、イラク並びにシリアにおけるISILは、国あるいは国に準ずる組織、者に相当するというふうにまずお考えでしょうか。」 「法制局長官にも是非同じことをお伺いしたいと思いますけれども、この個別具体的な当てはめに際して、ISI....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/3/23

委員会名参議院 予算委員会


「その中で、今度は、済みません、ODAについてお伺いをしますけれども、円安が外務省の予算、特にODAについて影響を及ぼしているのではないかと思います。特に昨年のODAの特別委員会において、平成二十五年度の予算では、円安の影響によって分担金、拠出金、当時ですけれどもね、の拠出見込みについて、貨幣の交換差減補填金....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/3/23

委員会名参議院 予算委員会


「法制局長官に再びお伺いしますが、今度は集団的自衛権関連の議論であります。新三要件に合致しているにもかかわらず、自衛権を行使するか否かを我が国は主体的に選択できるということでよろしいんでしょうか。」 「では、防衛大臣、政治的な判断についてもお伺いしたいんですが、総理は二月十八日の参議院本会議における松田議員の....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/3/23

委員会名参議院 予算委員会


「それでは、質問を変えさせていただきますが、法制局長官にお伺いします。在外邦人、日本の人ですね、に対する外国における攻撃が仮に武力攻撃であるような場合には、自衛権行使の対象となり得ますか。」 「ちょっと質問を幾つか飛ばして法制局長官に続けてお伺いしますが、仮にその領域国の同意がある場合の在外邦人の救出に際して....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2015/3/23

委員会名参議院 予算委員会


「時間の関係で少し質問飛ばさせていただいて、防衛大臣、申し訳ない、ちょっと質問飛ばさせていただきますが、国連統括下以外のPKO活動というか、そちらの方についてお伺いします。国連統括下以外の活動に新たな参加原則というものを定めるという報道等もございますけれども、この新たな参加原則というのはどういうものなのか、教....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2014/11/28

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「東日本大震災の影響につきましては、政府の地震調査委員会が、糸魚川―静岡構造線断層帯について地震の発生率が高くなった可能性があるとの見解を発表してまいりました。長野県の神城断層地震、ちなみに、この地震については先ほど小坂先生が神城断層地震というべきだという話がございましたが、長野県も既にそのように命名されてい....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2014/11/28

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「その一方で、この地域では、観光地が控えておりますので、先ほど自民党の両先生からも御指摘がございましたが、旅館等を借り上げるというのも一案だと思っています。特に、報道を見ると、災害救助法に基づく補助が行われるというふうに考えておりますので、雪の季節を前にしっかりとしたプライバシーを確保した上で、御高齢者等にも....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2014/11/28

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「副長官、改めてこの機会にちょっとお伺いしておきたいんですが、NSCが安倍政権で立ち上がりました。かつてNSCができる前、いわゆる安危と呼ばれる組織があって、安全保障の方と危機管理があって、こういった危機管理の事態が起きたときに、安全保障の人たちも一緒になって対応してきました。あるいは、官邸の下のそのセンター....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2014/11/28

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「タカシナ政務官にお伺いをさせていただきたいと思うんですけれども、若干……(発言する者あり)あっ、高階、失礼しました、お伺いさせていただきたいんですが、若干時間がないので質問を少し飛ばさせていただきますけれども、報道を見ますと、白馬村の給水体制、この復旧については時間が掛かっているというような、こういう報道も....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2014/11/13

委員会名参議院 外交防衛委員会


「しかしながら、この防衛省が提出いたしました法案の中には、二十四万人余の自衛隊員の身分にも関わり、彼らに大きな影響を及ぼすであろう職員の給与等に関する法律の改正案も含まれているというふうに理解をしています。大臣は閣法を提出者として審議するつもりがおありになるのか、私には甚だ疑問でございます。野党側は、この法案....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2014/11/13

委員会名参議院 外交防衛委員会


「そこで、給与法案について少しだけお伺いをしておきたいんですけれども。と申しますのも、大臣の自衛隊員、自衛官を守るというお立場を改めて確認させていただきたいんですが。先ほど、一般職に準じて、若しくは国家公務員全体の均衡の観点からも重要だと、このように御指摘をなさいました。その一方で、給与法案が採決されると地域....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2014/11/13

委員会名参議院 外交防衛委員会


「質問を若干変えさせていただいて、外務大臣にお伺いをさせていただきたいと思います。これも午前中に質疑の中で、審議の中で出てきた問題ですが、APECのサイドラインで行われた日中の首脳会談についてお伺いをさせていただきたいと思います。まず、大臣、率直な御感想をお伺いしたいんですが、首脳会議では、これ、ホスト国は中....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2014/11/13

委員会名参議院 外交防衛委員会


「ところが、中国はそう言っていない。この話は後ほどお伺いしますけれども。ちなみにこれ、何語で本合意は合意されたんでしょうか。」 「通常の外交文書であれば、これ、すり合わせ、中国語と日本語の確認しますけれども、それは的確になされたということでよろしいんでしょうか。」 「中国語の方を見ると、「双方は釣魚島」、これ....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2014/11/13

委員会名参議院 外交防衛委員会


「しかし、中国側はそういうふうに言っていないんです。先ほどの午前中の話にもありました。例えば、十一月八日付けの人民日報では、尖閣問題を日中間で文書化することを初めて合意したとまで言っているんです。これは、彼らの確かに言いっ放しの、法的拘束力ないかもしれませんけれども、これを基にして、そもそもこんな文書による合....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2014/11/13

委員会名参議院 外交防衛委員会


「防衛大臣、私ども民主党は領域警備法というものを取りまとめさせていただき、実は昨日、平場で全会一致でこれを了承いただきました。領域警備法については私いろんな形で必要だと思っていますが、昨日の御答弁を、衆議院でしたか、で伺っておりましたらば、必ずしも現在の法制を変えることを考えてはいないと左藤副大臣が答弁をされ....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2014/10/21

委員会名参議院 外交防衛委員会


「今、同僚の小川議員からも質問がございましたが、防衛大臣が不適切な処理を行ったとされる案件についてお伺いをさせていただきます。不適切な寄附行為があったというときの会計責任者、さらに、その不適切な処理をしたということで訂正をしたときの会計責任者はどなたでしょうか。」 「そのT氏、会計責任者ですよね。にもかかわら....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2014/10/21

委員会名参議院 外交防衛委員会


「ところで大臣、二十日の記者会見、夕方ですね、大臣の記者会見の、これ防衛省が出しているものですけれども、大臣に対してマスコミの方から、野党側は人件費を受け取られた方の税務申告書を出せばそれで証明されるのではないかというような追及も続いていますが、税務申告書については今後対応はどうされますか、そういうふうに聞か....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2014/10/21

委員会名参議院 外交防衛委員会


「さて、アメリカ等によるイスラム国、ISとここでは申し上げますが、ISに対する空爆についてお伺いしたいんですが、イラクに対する空爆については、岸田大臣がケリー国務長官との会談などでイラク政府の同意を得た措置として理解を示すと述べられています。それは、アメリカによれば個別的及び集団的自衛権の行使ということですが....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2014/10/21

委員会名参議院 外交防衛委員会


「そのような中で、日米防衛協力の指針の見直しに関する中間報告がなされました。皆様のお手元に資料をお配りしているかと思いますが、これを参考にしながらお聞きを賜りたいと思いますけれども、そこに書かれているのは、それぞれの憲法及びその時々において適用のある国内法令並びに国家安全保障政策の基本的な方針に従って行われる....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2014/10/21

委員会名参議院 外交防衛委員会


「この日米ガイドラインは、両国のこれは安全保障に関する大枠なんですよね、あるいは指針だと理解していますけれども、これは、その一方で立法上の義務はないとも書かれています。ただし、適切な形で反映をすることが期待されるとも書かれています。このような国と国との約束、指針は、ここにも書いてありますが、二〇一四年七月一日....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2014/10/21

委員会名参議院 外交防衛委員会


「防衛大臣、もう一度お伺いしますけれども、先ほど来の議論の中で、閣議決定というのは憲法やあるいは法律の枠内で行うものですと。しかしながら、その閣議決定は、その時々の内閣が上書きしてしまえばその効力というものは失われるものではないか。そうであれば、これ、ガイドラインって確かに条約じゃないです、法律でもないです。....


→発言の続きを見る


議員名大野元裕(民主党)

2014/10/21

委員会名参議院 外交防衛委員会


「その一方で、我が国がアメリカとの間で、政府全体でお互いにやっていますけれども、ガイドラインの中でこういうサイバー情報の共有ということを言っても、その貢献する能力はないのではないかというのが私の疑問なんです。しかし、安全保障で重要な事態が起きるときのサイバー事態というのは極めて重要なことはこれもまた事実であっ....


→発言の続きを見る

158件見つかりました。