希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

和田政宗さんの発言を表示します。


議員名和田政宗(自由民主党)

2016/12/13

委員会名参議院 内閣委員会


「IRの必要性を考えた場合に、昨日の参考人質疑でも、カジノが運営開始になる際、ギャンブル依存を防止する組織や体制をつくる必要性が述べられております。先ほど上月理事からも同様の質問がございましたけれども、運営開始に先行して体制や組織をつくること、こういったことについて発議者はどのようにお考えか、お聞かせください....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(自由民主党)

2016/12/13

委員会名参議院 内閣委員会


「そして、国民の声にもしっかりと向き合っていかなくてはならないというふうに思っておりますが、そうした声の中で、カジノの合法化、これは多重債務者を増やすおそれがあると主張する方もいますけれども、発議者はその声にどういうふうに向き合っていくでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(自由民主党)

2016/12/13

委員会名参議院 内閣委員会


「カジノの特性、立地条件などは、何といいますか、そのギャンブルとしての性質も含めて、そういった競馬場とはまた違うものであるとは認識をしておりますが、IRの近隣地域にほかの公営競技の設置でありますとかパチンコやパチスロ店の出店を規制すること、これもギャンブル依存の抑止につながるというふうに考えますが、発議者はど....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(自由民主党)

2016/12/13

委員会名参議院 内閣委員会


「これは昨日の参考人質疑でも参考人の方々にお聞きをいたしましたけれども、公営競技におきましては、賭けの対象となるのは、競輪、ボート、オートレースなど、厳格に管理されたプロプレーヤーであります。一方、カジノにおけるディーラーは、賭けの勝負の相手方となったり、ルーレットに玉を入れるなど重要な役割を果たすわけですけ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(自由民主党)

2016/12/13

委員会名参議院 内閣委員会


「運営業者、これは、安定した収益を出し続ける、法律に守られた言わば特権とも言える企業ができる可能性もあるというふうに考えております。一旦カジノの運営業者として決定し参入した企業が永続的に運営を行うことができるとするのか、それとも、投資の回収というものが一定年限がありますと見込めるわけでございますので、一定年限....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(自由民主党)

2016/12/13

委員会名参議院 内閣委員会


「それでは、最後の質問になりますが、これも昨日参考人質疑で参考人の方にお聞きをいたしました。カジノ運営企業が仮に外国企業であった場合に、収益が海外に流出することになりますが、外国企業がカジノ運営業者となり得るのかどうか、また、外国企業がカジノ運営業者となった場合、その収益についてどれだけ納付金を課すか、これに....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(自由民主党)

2016/12/12

委員会名参議院 内閣委員会


「そこで、美原参考人にお聞きをしたいというふうに思います。日本でのカジノを含むIRの開業によりまして日本に更にギャンブル依存症を増やすのかという厳しい意見、これがあるわけですけれども、専門家として、このような意見についてはどのように考えますでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(自由民主党)

2016/12/12

委員会名参議院 内閣委員会


「では、美原参考人に、ちょっと具体的に導入としてお聞きをいたしますけれども、日本でIRを開業する場合に、必要なギャンブル依存症対策としてどのような方策が有効と考えるか、教えてください。お願いいたします。」


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(自由民主党)

2016/12/12

委員会名参議院 内閣委員会


「その点でもう少しお聞きを美原参考人にしていきたいというふうに思いますけれども、前回の委員会で、私、過去に競馬もかなりやったというようなことを申し上げまして、これもすぱっと三十過ぎのときにやめられたわけでありますけれども、いろいろ、地方競馬ですとか帯広のばんえい競馬も行きました。何というんでしょう、鉄火場的と....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(自由民主党)

2016/12/12

委員会名参議院 内閣委員会


「アジアのカジノマーケットが既に飽和状態にあって、日本で後発的にIRを開始しても期待するような経済効果は得られないという論調もあります。先ほど一部御解説をいただきましたけれども、専門家としてこのような論調についてどのように考えるか、もう少し詳しく御教示ください。」


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(自由民主党)

2016/12/12

委員会名参議院 内閣委員会


「次に、カジノの運営の仕組みについてお聞きをしていきたいというふうに思いますけれども、外国企業がカジノの運営企業となった場合に、収益がこれは海外に流れることになるわけですけれども、その場合に、これ納付金をどれだけ課すかなどの在り方についてはどのように、美原参考人、お考えでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(自由民主党)

2016/12/12

委員会名参議院 内閣委員会


「ディーラーの養成ですね。これは民間人を養成するというような形で、公営ギャンブルの場合は、競輪でありますとか競馬のジョッキーなども含めてプロが担うわけでありまして、ですので、様々ないわゆる不正防止策というものができるわけでありますけれども、ディーラーは、これ民間の方々を養成してというようになる可能性が高いので....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(自由民主党)

2016/12/12

委員会名参議院 内閣委員会


「では、次に渡邉参考人にお聞きをしていきます。依存症対策の部分で、先ほど渡邉参考人の御説明が途中になっていた部分もございました。この依存症対策について具体的にどのようにお考えか、お聞かせください。」


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(自由民主党)

2016/12/12

委員会名参議院 内閣委員会


「カジノはマネーロンダリングの温床であるといった指摘でありますとか、日本はマネーロンダリング対策が不十分であって、カジノを始めればますますマネーロンダリング犯罪が増えるというような指摘というものもございますけれども、これについてはどういったお考えでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(自由民主党)

2016/12/12

委員会名参議院 内閣委員会


「ちょっとその点、もう少し、ジャンケットではなくてマネーロンダリング対策の前段でお話しになったところをちょっとお聞きしたいんですけれども、日本でIRを開業する場合のマネーロンダリング対策の肝となる部分、これはしっかりやるべきだというような、重要な、最重要と言うべきかもしれないですけれども、これは、渡邉参考人、....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(自由民主党)

2016/12/12

委員会名参議院 内閣委員会


「その取引時の確認義務ですけれども、何というか、いわゆるアングラの組織はもうあらゆる手を使って逃れようというようなことをするわけでありますけれども、これは、ぴしっと取引確認というものができればそういった防止策というものは可能だということでよろしいんでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(自由民主党)

2016/12/12

委員会名参議院 内閣委員会


「これまでの公営競技関連法制は、全て違法性阻却のための制度設計を含めた議員立法で制定をしてきております。一方、今回のIR推進法案は、賭博罪の違法性阻却のための制度設計を、もし今回の法案が可決、成立した場合に、今後に立案される政府法案に、実施法に委ねる形になっております。」 「ちょっともう時間もあれですので、最....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/11/14

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「TPPに反対している方々を見てみますと、今の政治や社会が戦前に似てきている、これは恐ろしいと言っている方々と層や団体がかぶっています。そういった方々に申し上げたいのは、さきの大戦に向かう状況において欧米列強によるブロック経済や保護主義が戦争につながったわけで、そうではない自由貿易というのは、さきの大戦に向か....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/11/14

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「TPP協定の参加国においては科学的根拠なく輸入停止を行っている品目はほとんどありませんが、TPPへの参加を希望している国の中には科学的根拠なく輸入停止を行っているところがあります。こうした諸外国が日本産の農林水産物に掛けている科学的根拠のない輸入停止といった制限は、TPPが発効すると加盟国に対しては解除を要....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/11/14

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「そこでお聞きをしますが、福島第一原発の廃炉の費用を捻出するため、東京電力の原子力事業を分離し、ほかの電力会社と合併や連携させることの検討について経済産業省が有識者会議に提示したということですが、これはともすると、経営努力を必死に行っている企業に国が手を突っ込んで全く別の重荷を負わせる形になるおそれがあるので....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/11/14

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「国内の肉牛生産では肥育ホルモンは全く使われておらず、食の安全性の面から肥育ホルモンを使った海外産の牛肉は食べて大丈夫かという懸念があり、これについては海外の研究において実は影響があるのではないかという論文も出ておりますが、課題となるのは、肉牛を生産するときに肥育ホルモンが投与されていても、その後、代謝をされ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/11/14

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「ということであれば、民間で任意に表示をできるかということになりますが、例えばオーストラリアの大手スーパーのうちの一社では、牛肉において肥育ホルモンを使っていないという表示を行っています。民間企業等において任意に肥育ホルモン不使用の表示をすることは私はできるというふうに理解をしておりますが、これはTPP発効で....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/11/14

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「政府は、これまでに都道府県や漁業団体などへの説明において、TPP発効後の国による補助金は、過剰漁獲や違法、無報告、無規制の漁業など資源に悪影響を及ぼす漁業に対しては禁止されたが、持続的な発展を図る日本の漁業補助金は禁止に該当せず、我が国の政策決定権を維持できたと説明しておりますが、漁業の基盤強化などに向けた....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/11/14

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「TPPが発効しますと、日本の米に対する諸外国の関税も下がります。高いところでは、現在、マレーシアは四〇%、ベトナムは二二・五%の関税を掛けていますが、マレーシアは協定発効から十一年目、ベトナムは発効と同時に即時撤廃をされます。ただ、こうした国々は、所得水準の面からは多くの方はまだ日本産米を購入しにくいという....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/11/14

委員会名参議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「日本酒の輸出量は、酒類全体の輸出量の約四割を占め、年間百四十億円にも上ります。おととしに比べ去年は二十五億円も輸出量が増えておりまして、TPPが発効しますと、アメリカやカナダが掛けている日本酒の関税は直ちに撤廃されます。さらに、アメリカでは地理的表示が保護対象となっており、アメリカ国内においては、日本以外で....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/11/15

委員会名参議院 内閣委員会


「東日本大震災の復興財源に充てるための特例法による給与や手当の減額措置が二〇一三年度末で終わり、二〇一四年度からは元に戻されております。この減額措置をとったこと及び二〇一三年度末で終了し、二〇一四年から元に戻されたことについて総括をお願いいたします。」


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/11/15

委員会名参議院 内閣委員会


「配偶者手当のことについてちょっとお聞きをしたいというふうに思います。国家公務員の給与制度は、基本原則の一つである情勢適応の原則、これは国家公務員法二十八条ですが、その下での民間準拠を基本としているわけですけれども、民間の状況に先行して配偶者手当を廃止、削減することの理由とその妥当性についてお聞きをします。ま....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/11/15

委員会名参議院 内閣委員会


「介護休業、介護休暇の期間については、民間は育児・介護休業法により通算九十三日となっておりますけれども、国家公務員は育児休業、勤務時間法により六か月となっています。公務員が六か月にわたり介護休暇が取れるということはよいことであるというふうには考えますが、これは、民間と差がある理由についてはどういったことなんで....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/11/15

委員会名参議院 内閣委員会


「残余の質問いろいろあったんですが、各委員の問題意識、課題意識が一緒でありまして、ほぼ同様の質問をされております。ですので、一問だけまとめた形でお聞きをしたいというふうに思いますけれども、やはり非常勤職員の問題です。これは公務遂行にとって欠くことのできない役割を担っているわけでありますけれども、雇用の安定や賃....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/11/10

委員会名参議院 内閣委員会


「そこでお聞きしたいのですけれども、国内、海外における今後の広報戦略ですが、これは一義的に組織委員会ですとか東京都が行うということは分かっておりますけれども、国としてどういったサポートをしていくのか、また国としてどういった広報戦略を行っていくのか、お願いいたします。」 「そこでお聞きをいたしますけれども、その....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/11/10

委員会名参議院 内閣委員会


「今月一日のまち・ひと・しごと創生会議において、政府は、地方創生の総合戦略について、地方での平均所得の向上や空き店舗などの遊休資産の有効活用などを重点的な検討課題として、年末をめどに改訂する方針を示しました。この総合戦略は、毎年末に改訂しまして新たな目標値を設定するわけですけれども、今回なぜこうした項目の改訂....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/11/8

委員会名参議院 内閣委員会


「中国が有人宇宙飛行を成功させる中、我が国の宇宙開発の将来目標、これについてお聞きをしたいというふうに思います。これは先ほど江島委員からも同じような質問がありましたけれども、例えば日本として有人飛行、月探査、こういったものなどを考えているのかどうか、これについて大臣からお聞きをしたいというふうに思います。」 ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/11/8

委員会名参議院 内閣委員会


「東日本大震災、私はまさにこれを経験したわけでございますけれども、当時は、私、NHKにおりまして、震災発災二日目には南三陸に入りました。当然電話は不通でありまして、携帯電話の基地局も、基地局自体が被災をしたりバックアップの電源が落ちてしまったりということで、携帯電話も通じないような状況でありました。南三陸町や....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/10/20

委員会名参議院 内閣委員会


「遠藤前オリンピック・パラリンピック担当大臣は、復興五輪として被災地に貢献できるよう努めていく、被災地の皆さんが元気を取り戻し、勇気をもらい、復興に邁進していただけるような支援をしていきたいと過去に記者会見で述べておりますが、丸川大臣の東京五輪と復興への思いをお聞きできればと思います。」 「その東京オリンピッ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/10/20

委員会名参議院 内閣委員会


「加藤大臣も不妊治療への助成拡大については過去に御発言をされていますけれども、大臣は不妊治療への助成、補助についてどのような考えをお持ちか、お聞きいたします。」 「この不妊治療を行った場合に、段階を経て体外受精を行うということになれば、費用負担、これはかなり増大するわけですけれども、不妊治療に掛かる通算費用の....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/10/20

委員会名参議院 内閣委員会


「待機児童問題を改善していく観点からも、女性活躍の面からも、女性が職場復帰、再就職する際、正当な評価や待遇が確保されることが重要だと考えますが、政府としてどのように取り組みますでしょうか。」 「更に聞いていきますけれども、核家族化が進む中で、夫婦が共働きをする場合に子供を保育所などに預けなくてはならなくなるわ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/10/11

委員会名参議院 予算委員会


「質問は、仙台空港ですけれども、仙台空港、国管理空港の第一号として民営化し、着陸料などについても独自に努力していますけれども、国交省は先頃、訪日外国人旅行者の誘致に積極的な国管理空港を対象に国際線の着陸料を三年間無料にすると発表しました。仙台空港、この対象とならないということですが、であれば、国の肝煎りで仙台....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/5/24

委員会名参議院 経済産業委員会


「ちょっと報道でしかまだ確認していないんですけれども、今日、文部科学大臣が閣議後の記者会見で、「もんじゅ」は再稼働が前提であるというような趣旨の発言をしたとの報道がありますけれども、経産省の内部では、高速増殖炉の実用化研究、これは海外での共同研究で足りるんじゃないかというような意見があるという、こちらもちょっ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/5/24

委員会名参議院 経済産業委員会


「では、今回の法案に関連する質問をしていきたいというふうに思いますけれども、まず、再生可能エネルギー発電の認定制度について、根本的なことからお聞きをしていきたいというふうに思います。二〇一四年度までは、設備認定を取得して電力会社への接続申込みを行った時点で調達価格が適用される仕組みとなっておりましたけれども、....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/5/24

委員会名参議院 経済産業委員会


「次に、地熱発電についてお聞きをしたいというふうに思います。長期エネルギー需給見通しを達成しようとしますと、地熱発電については約三倍の導入量が必要になりますし、地熱の資源量は世界第三位であります。更に発電量を伸ばしていかなくてはならないということとともに、更に伸ばしていけるものであるというふうに考えています。....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/5/19

委員会名参議院 経済産業委員会


「そこで、山地参考人と石川参考人にお聞きをしたいのですけれども、お二方は原発再稼働については進めるべきとの立場だと理解をしておりますけれども、原発事故被害者の生活再建等の見通しがまだしっかり立たない中で原発の再稼働を進めることについてどう考えるか、御意見がございましたらお願いをしたいというふうに思います。」 ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/5/18

委員会名参議院 地方・消費者問題に関する特別委員会


「今回の法改正は、高齢者などの判断能力の低下などに付け込んで大量に商品を購入させるような事案を防止するためというところでは評価をしたいというふうに思います。ただ、この過量、これは通常の分量を著しく超えるものであるわけですけれども、過量の基準というのが不明確ではないかというふうに思っております。これ、逆に事例と....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/5/18

委員会名参議院 地方・消費者問題に関する特別委員会


「今回、悪質事業者への罰則を全般的に引き上げたことは消費者保護の観点から評価できるわけでありますけれども、作った条文を適切に活用しなければ消費者を守ることはできません。消費者被害が多発する一方、違反事業者への行政処分の件数は余り増えておらず、都道府県によってはほとんど行政処分を行っていないところも存在します。....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/5/11

委員会名参議院 地方・消費者問題に関する特別委員会


「個別の案件では答えづらいというふうに思いますので、一般論として聞きますけれども、国会議員の街頭演説において、議員本人が繰り返しこづかれたりひっかかれたりして街頭演説を妨害された場合、加害者はどのような犯罪が適用されるか、また、街頭演説をサポートする政党の職員やスタッフが頬をはたかれたり突き倒されたりした場合....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/5/11

委員会名参議院 地方・消費者問題に関する特別委員会


「これは東日本大震災で問題になりまして、その後、法律による対処というものが行われたわけでありますけれども、放置車両を移動させようとする場合、所有者に財産権を主張されたり動かさないでくれと言われたりした場合にも移動させることができるようになったというふうに考えておりますけれども、この方法によりまして、権限の移譲....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/5/11

委員会名参議院 地方・消費者問題に関する特別委員会


「定年を迎えた人が再就職する場合に、ハローワークに行くということについて抵抗のある方も実際にいるわけでございますけれども、この世代の方々は様々な専門知識を持つ方が多いわけです。プロフェッショナル人材バンクという形で専門知識を持つ方々を登録し、そのリストを基に企業が求職者と契約できるような仕組みというのが考えら....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/5/10

委員会名参議院 経済産業委員会


「押し紙は、新聞発行者が販売店に余分な新聞を買わせるものですが、この押し紙をめぐり、三月末に朝日新聞社が公正取引委員会から注意を受けたとの報道がありますが、これは事実でしょうか。また、注意の内容はどのようなものでしょうか。」 「個別の案件はということでありますので、それではお聞きをいたしますけれども、押し紙行....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/5/10

委員会名参議院 経済産業委員会


「まず、使用済燃料再処理機構でありますけれども、これを認可法人とした理由は何でしょうか。」 「それでは、再処理機構の職員数はどれくらいになるんでしょうか。」 「では、その再処理機構の役員に当たる方々についてお聞きをしたいというふうに思いますが、理事長や監事につきましては、これは経済産業大臣が任命するわけです。....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/5/10

委員会名参議院 経済産業委員会


「六ケ所の再処理工場について聞いていきますけれども、これが稼働いたしますと、核分裂性プルトニウムの生産というものが消費を上回る形になるわけでありますけれども、これに対して政府の認識を改めて伺います。」 「そのサイクルといいますか、いろいろなものが稼働していくのかどうかと、これはプルサーマル等も含めてですけれど....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/4/28

委員会名参議院 経済産業委員会


「まず、九州電力川内原発周辺のモニタリングポストの設置状況をめぐる朝日新聞による三月の一連の記事についてお聞きしたいというふうに思います。私はジャーナリズム出身ですけれども、この記事を読んだときに、あれっ、これは果たして事実の全てを捉えた記事なのかなというふうに疑問に思いました。原子力規制委員会はこの報道につ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/4/28

委員会名参議院 経済産業委員会


「では次に、熊本地震に関連しまして、BCP、事業継続計画についてお聞きをしていきたいというふうに思います。BCPにつきまして、まず、五年前の東日本大震災から得られた教訓は何か、お答え願います。」 「東日本大震災以降、中小企業によるBCPの策定についてどのような働きかけを行い、どのような相談に乗ってきたのか、お....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/4/14

委員会名参議院 経済産業委員会


「まず、IoTについてお聞きをいたしますけれども、IoTの分野におきまして、日本とドイツが共通の規格を作ることなどの覚書が両国政府間で近く交わされるという報道がなされておりますけれども、これが事実かどうか、まずお聞きしたいというふうに思います。」 「これは、ドイツとアメリカがIoTの分野では世界を大きくリード....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/4/14

委員会名参議院 経済産業委員会


「本法案では、大臣が中小企業等の経営力向上が特に必要と認められる事業分野を指定し、経営力向上に関する指針を定めることができるとされておりますけれども、どのくらいの分野を想定しているのか、またその分野を指定する基準はどのような基準になるのか、お答えを願います。」 「認定機関にはこれまでどのような支援を行ってきた....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/4/14

委員会名参議院 経済産業委員会


「まず金融政策において加速を付けて、そして日本の物づくりをもう一度あの高度成長期のように立て直していくんだろうというのがこの政策で、アベノミクスであろうというふうに私は思っております。安い原材料を輸入する、日本国内にある原材料を日本人の英知をもって加工していき、内需を含め、そして輸出をしていくことによって日本....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/4/5

委員会名参議院 国土交通委員会


「これ、様々な事故において、シートベルトをしっかりしていれば助かった命は当然あるわけでございます。後部座席において着用させる義務を負っているのは運転者であるわけでございますけれども、これは、命を守るという観点からも、直接的に着用しない後部座席の人たちを取り締まることができるのか否か、これについてお聞きをしたい....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/4/5

委員会名参議院 国土交通委員会


「そういった観点からお聞きをしたいというふうに思いますけれども、旭化成建材が業務を発注したいわゆる下請の業者が十分な工期を取れるようにどのような配慮をしていたのか。また、元請に対して、また元請との間に日立ハイテクノロジーズが入っていたというふうに思うんですけれども、こうした会社に対して、十分な工期を取るために....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/4/5

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、ずさん工事というのは、こういったことはあってはならないわけでございますけれども、そこで、お手元の資料の気仙沼市の荒谷前海岸の防潮堤について聞きたいというふうに思います。これは高さ十一・三メートルの防潮堤でありまして、いそでアサリとか取れていたところをこのように潰して造ったわけなんですけれども、二枚目の....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/4/1

委員会名参議院 地方・消費者問題に関する特別委員会


「この農業生産法人の社長さんにお話を聞きますと、この電気製品の製造販売会社の社長さんと会える一回のチャンスを逃さずに共同出資の企業設立につなげたわけですけれども、全てがこううまくいくわけではありません。マッチングの一番大きな阻害になっていますのは、やはり大企業の社長さんともなりますと一農家ではなかなか会えない....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/4/1

委員会名参議院 地方・消費者問題に関する特別委員会


「現状、この地方移転に際しまして、手挙げ方式ということになりますと、省庁がぱらぱらと分散をしていくというような形で、これは効果の面で果たしてどうなのかというところが実は私思うところでございます。移すのであれば、関係省庁を二つですとか三つですとか、場合によっては四つ、五つまとめて地方移転をすべきではないか、こう....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/4/1

委員会名参議院 地方・消費者問題に関する特別委員会


「先頃決定されたものでございますけれども、これは二〇二〇年に訪日外国人観光客を四千万人というようなことでありまして、これは私、すぐ読ませていただきましたけれども、非常にこれ夢のあるプランで、日本の地域でありますとか観光の在り方がまさに変わってくるんだろうというふうに思っております。この中で東北の観光復興がうた....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/31

委員会名参議院 経済産業委員会


「つまり、六%削減の目標達成計画の決定まで京都議定書の採択から八年あったのに、六%の達成は難しいということで、一・六%をクレジットでの対応としているわけです。であれば、そもそも六%削減という目標が厳し過ぎたわけですし、結局八・七%の削減を達成できているわけですから、であれば、一・六%分のクレジット、千六百億円....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/31

委員会名参議院 経済産業委員会


「では、日本の長期エネルギーの需給の見通しについてお聞きをします。二〇三〇年度の電源構成のうちバイオマス、三・七%から四・六%程度となっています。バイオマス発電が増えればその分CO2排出量が減ることにつながっていくというふうに考えられますが、現状ではバイオマス発電が占める割合は全体の一・七%です。私は、実は前....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/25

委員会名参議院 予算委員会


「震災以前は、大家族であったり親戚が近所に住んでいたりして、保育所に預けなくても乳幼児の面倒を見てもらいながら母親は働いていたわけですが、被災後、仮設住宅や公営住宅で家族や親戚が一緒に入居できず離れ離れになったりして、より保育所のニーズが高まっています。被災地の待機児童の問題にどのように対処するのか、また被災....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/25

委員会名参議院 予算委員会


「B型肝炎の予防接種は、一回およそ八千円で三回接種で全て自費負担と、大きな負担になっていましたけれども、今年十月から無料化されます。一方、ロタウイルス胃腸炎のワクチンについては、一回およそ九千円で三回接種となっており、こちらも多大な負担ですが、自費接種となっています。これ、高いと言うなら打たなければいいじゃな....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/25

委員会名参議院 予算委員会


「小中学校の教科書を発行する二十二社のうち十社が、二〇〇九年度以降、検定中の教科書を四千人近くの校長などの教員や教科書採択の権限のある教育長や教育委員に見せ、現金などを渡しておりました。謝礼等の総額は三千五百万円を超えます。教科書採択をゆがめる重大な問題であるとともに、独占禁止法に違反していると思われます。公....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/25

委員会名参議院 予算委員会


「次に、青年海外協力隊員の台湾渡航について聞きます。二〇〇七年に台湾で行われた野球の十八歳以下のアジア選手権大会において、スリランカに野球隊員として派遣されて代表チームのコーチをしていた青年海外協力隊員が、チームを率いて台湾に渡航しようとしたところ、JICAの指示で台湾に渡航できませんでした。」


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/23

委員会名参議院 経済産業委員会


「まずお聞きしますが、政府はこうした企業内保育所を増やしたいと考えているのでしょうか、どうでしょうか。」 「これ、今答弁なされたニュアンスで受け取りますと、手を打っていって、更に必要であれば必要な施策を打っていくということでよろしいんでしょうか。」 「こうした企業内保育所というのを単独で持つのは中小企業では難....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/23

委員会名参議院 経済産業委員会


「まず、体に負担が少なくがん治療が行える点がありますが、医療ツーリズムの可能性を広げることもできます。例えば、海外の方が五日間の日程で日本を訪れて、初日にPET診断を行い、がんが発見されれば翌日に三十分の中性子線ビームの治療を行って、その翌日からは経過観察とともに観光をしてもらい、何もなければそのまま帰国をし....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/23

委員会名参議院 経済産業委員会


「造船技術というのは日本のすばらしい技術であり、産業としても再び強いものとしていける可能性があると考えています。被災地におきましても、造船業が強くなることは地域経済に好影響を与えます。そうした観点からも、人手不足を解消するとともに、次世代を担う造船技能者を生み出していくことが重要だと考えます。政府の今後の戦略....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/23

委員会名参議院 経済産業委員会


「メタンハイドレートですけれども、二〇三〇年のエネルギーミックスの計画にはメタンハイドレートを原料とする発電は含まれていないというふうに認識をしておりますが、安倍総理の施政方針演説にもあったように、有望な資源であり、開発を前倒しできればエネルギーミックスの考え方も変わってくるというふうに思います。メタンハイド....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/22

委員会名参議院 地方・消費者問題に関する特別委員会


「自治体は、国家戦略特区において認定されますと、地域限定保育士の試験を行い、採用することができます。地域限定保育士とは、三年間は受験した自治体のみで働き、四年目以降は全国で働くこともできる資格ですけれども、保育士を目指す方にとりましては、年一回しか受験できない保育士試験に加えてもう一回地域限定保育士の試験を受....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/22

委員会名参議院 地方・消費者問題に関する特別委員会


「オーストラリアやアメリカなどでは、肉用牛の肥育、生育に成長ホルモン剤を投与しております。政府は、そうした牛肉を輸入する際にも安全は確保されていると述べておりますが、アメリカでは人体に影響があるとの論文もあります。そうした人体への影響の懸念などから、EUでは成長ホルモンが投与された牛肉は輸入禁止であり、日本で....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/18

委員会名参議院 地方・消費者問題に関する特別委員会


「そこで、石破大臣にお聞きしたいのですけれども、地方創生って何なのか、比較的短く、分かりやすく伝わる言い方を教えていただけないでしょうか。」 「それに関連してちょっとお聞きしたいんですが、地方への本社機能の移転についてですが、経団連が去年、東京に本社を置く企業を対象に実施した調査ですと、回答のあった百四十七社....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/18

委員会名参議院 地方・消費者問題に関する特別委員会


「過去、北海道の開拓、発展を見てみた場合に、あれだけ発展したのは、鉄路が整備をされまして人員輸送や貨物輸送に大きな力を発揮したことによるものと私は考えております。地方創生といっておりながら、結局鉄道インフラが減ってしまいますと、地方創生のための様々なプランというのも限定される場合があるというふうに思っておりま....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/17

委員会名参議院 予算委員会


「三月十一日には、政府主催の東日本大震災の追悼式が開かれ、各国の大使も参列されましたが、中国がまた欠席しました。政府は欠席の理由について中国に確認したのか、中国は何と理由を述べたのでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/17

委員会名参議院 予算委員会


「次に、待機児童の問題が議論されておりますが、アベノミクスの効果により失業給付金が減り、労働保険特会の雇用勘定には積立金が七兆円近く積み上がっています。これを取り崩して、保育士の給与引上げを提案したいと思いますが、厚労大臣、財務大臣、いかがでしょうか。」 「それではお聞きしますけれども、雇用勘定では一年に約三....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/17

委員会名参議院 予算委員会


「次に、安倍総理は、東北を訪れる外国人観光客を二〇二〇年に現在の三倍となる百五十万人に増やす考えを先頃示しました。東北の要である仙台は観光に更に力を入れなくてはなりませんが、国交大臣は仙台の観光の売りは何だと思いますか。」 「仙台は杜の都で名が通っています。仙台市中心部には、手元の資料写真のとおり、イチョウや....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする会)

2016/2/17

委員会名参議院 憲法審査会


「そこで、参考人お二方にお聞きをしたいんですけれども、戦前の勅任制における貴族院ですけれども、これが効果を発揮した部分、さらには不十分な部分というのはどういったところであったとお考えでしょうか。よろしくお願いいたします。」 「これは、現行憲法下で一票の平等ということになりますればそのような形になってしまうわけ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/10

委員会名参議院 経済産業委員会


「東北地方の三陸沖というのは世界的漁場でありまして、国内では三陸産といいますと良い海産物だなというイメージがありますが、世界の消費者には知名度というのはまだありません。そして、過去、私は様々な地域の地域ブランドというものを見ておりますけれども、せっかくブランドとして構築したのに売り方が下手で全然売れないという....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/10

委員会名参議院 経済産業委員会


「宮城県気仙沼市の商工岸壁、お手元の資料の写真ですけれども、被災地では工場を守るためという理由でこのような、塀のような巨大な防潮堤が築かれています。これで約五メートルの高さで、この委員会室の天井より少し高いぐらいですけれども、南海トラフの地震対策などでこうしたものが日本各地にできれば日本の海岸が塀で囲まれてし....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/10

委員会名参議院 経済産業委員会


「次に、政府のエネルギーミックスの計画ですけれども、二〇三〇年度に原子力発電の比率を二〇%から二二%としております。これ、かなり大きい数字だと思いますけれども、達成が可能なのか、原発は合わせて何基動かす必要があるか。お願いいたします。」 「福島の被災者の方々の生活再建や帰還についていつまでにめどを付けるのか、....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/10

委員会名参議院 経済産業委員会


「最後、短く質問しますが、IoT、物のインターネットについて政府も強力に推進していく方針を示しておりますが、推進のためには、ドイツのインダストリー四・〇のように、国全体で親しみやすいネーミングを付けるべきではないかと思います。過去、政府はクールビズなど、これは一般公募でありましたが、こういったネーミングで成功....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/10

委員会名参議院 予算委員会公聴会


「保育所不足、保育士の人材不足や待機児童の問題は、自民党政権、政権交代後の民主党政権、そしてその後の自民党政権と連続して取り組んできた案件だというふうに認識をしております。どう解決をしていくのか、各政党が建設的に案を出して、速やかに更なる手を打っていかなくてはならないというふうに考えております。逢見公述人に伺....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/10

委員会名参議院 予算委員会公聴会


「国民生活の観点から現行憲法のことについてお聞きをしたいというふうに思うんですが。社会の現実に現行憲法がなかなか即していない部分が出てきているのではないか。これは、新たな権利、権利がカバーできていないところも含めて憲法改正をすべきではないかという議論があります。これについて逢見公述人は、そういった部分も含めて....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/9

委員会名参議院 予算委員会


「まず、学校事故の調査について聞きます。東日本大震災で全校児童百八人のうち七十四人が亡くなったり行方不明となった大川小学校を始め、災害による学校事故やいじめなどによる自殺が繰り返されていますが、教育委員会や行政が設置する第三者委員会の調査では強制力や協力義務がなく、結局、原因究明が曖昧になっていることが多く見....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/9

委員会名参議院 予算委員会


「そもそも、電波停止が適用されるのは、著しく政治的に不公平な放送が続いたり、著しく事実に反する放送が続くなどの極めてまれな事態だと考えますが、いきなり電波停止ではなく、その前段階があるわけです。慎重かつ段階を踏む運用がなされる旨、確認します。」


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/9

委員会名参議院 予算委員会


「次に、七日に公表された国連女子差別撤廃委員会の最終見解について聞きます。委員会が事前に日本側に提示した最終見解案に、日本の皇位継承権が男系男子だけにあるのは女性への差別だとし、皇室典範の改正を求める記述があったというのは事実でしょうか。」 「皇室典範への言及というのは、具体的にどんな内容でしょうか。」 「こ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/9

委員会名参議院 予算委員会


「次に、沖縄辺野古のキャンプ・シュワブのゲート前で道路用地を不法占拠している活動家などのテントについてですが、明らかに違法行為なのに撤去しないのはなぜか。国交大臣、国家公安委員長に聞きます。」 「去年八月、沖縄タイムスの辺野古取材班は、北部国道事務所の労組組合員がキャンプ・シュワブゲート前でマイクを握りました....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/7

委員会名参議院 予算委員会


「宮城県などの被災地沿岸では漁港の岸壁の復旧工事が行われていますが、一旦地盤沈下した場所がその後隆起をし、地盤の高さは戻ってきたのに当初計画どおり復旧工事を行ったため、明らかに岸壁が高くなり過ぎて、船の乗り降りや魚の水揚げの際に危険な場所があります。この写真も漁師さんが岸壁をやっとよじ登っている状況ですが、実....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/7

委員会名参議院 予算委員会


「こちらの資料を御覧ください。これ、気仙沼の片浜という地区ですけれども、道路だけを守る巨大防潮堤が整備されている区間があります。高さ七・二メートルの防潮堤、これを潮干狩りができたいそを埋めて海側にせり出して造っておりまして、この防潮堤が守る細い道路のすぐ背後には十メートルを超える崖があって、住居も高台にありま....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/7

委員会名参議院 予算委員会


「私は、世界経済の状況、日本経済の現状を鑑みますと、この際、一〇%への増税を延期するのではなく、五%への引下げを時限で行うべきではないかと考えます。例えば、三年の時限で五%に引き下げるのであれば、外為特会の含み益などを活用すれば財源の手当てもできるはずです。そして、消費を力強いものとして、経済を強い成長路線に....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(日本のこころを大切にする党)

2016/3/7

委員会名参議院 予算委員会


「下村前文科大臣は奨学金で学校に通われた、御苦労された、そういった経験から前大臣の強い思いが詰まっているものであるというふうに思います。そして、馳文科大臣も高校の先生であった御経験もありまして、この給付型奨学金については熱い思いを持っていらっしゃると聞いております。大学生に対する給付型奨学金の創設若しくは授業....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/12/11

委員会名参議院 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会


「それは、脳梗塞などにより要介護認定者、要支援認定者となっている方々の維持期の脳血管疾患等リハビリテーション、運動器リハビリテーションについてですけれども、これは医療保険で主に病院で受けているわけですが、この制度についてはひとまず平成二十八年三月三十一日までとなっています。まず、これは決定事項なのかということ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/12/11

委員会名参議院 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会


「一部抜粋して、表をお手元に資料としてお配りをしておりますけれども、この論文、土木学会で発表されたものでございまして、この方も、中間的な方が総合的に分析をして、このような論文を発表されたという形でございます。この研究者の方は、過去の津波の高さと発生頻度を総合的に分析する手法を用いれば、現在の防潮堤の高さ、これ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/12/3

委員会名参議院 国土交通委員会


「今回のくい打ちデータの不正については、建設現場において十分な工期が保たれているのかという問題もあるというふうに思います。まず、これについてお聞きをいたしますが、公共工事については品確法などによりしっかりとした工期が保たれているはずであると考えられるわけですけれども、民間の建設現場の現状を聞きますと、そもそも....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/12/3

委員会名参議院 国土交通委員会


「このくい打ちの問題ですけれども、私がこの委員会で何度も取り上げております防潮堤にも実は絡んでくる問題でありまして、岩手県宮古市鍬ケ崎地区の防潮堤では、基礎となる鋼管のくいが支持層に届かずに、八十本中五十二本を打ち直して工事が遅れました。国交省の説明では、支持層に届かなかったので設計変更して工事が遅れたという....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/9/17

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「そこで、渡部公述人にお聞きをしたいというふうに思うんですが、今回の安保法案について国民の皆様に内容の理解がなかなか広がっておりません。これは、一義的に政府・与党がしっかりと説明をすべきであり、責任があるというふうに考えますが、この内容の理解を進めるためにはどんなことが必要と考えるか、渡部さん、よろしくお願い....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/9/15

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会公聴会


「まず、公述人にお話を聞いていきたいというふうに思いますが、白石公述人にお話をお聞きいたします。この安保法制が通らなかった場合に中国や北朝鮮、どのような行動を取ると考えられるか、また、安保法制が通ればどういった点が中国や北朝鮮の抑止力になるか、この点をお願いいたします。」 「その対処ということについてもう少し....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/9/14

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「シリア難民が発生している原因は、内戦やISIL、いわゆるイスラム国の攻勢により故郷から逃げざるを得なくなったことであり、立場の弱い女性や子供が特に危難にさらされています。こうした人々が発生しないためにも、世界各国はテロ組織や平和を乱す国に対し連携して対処する必要に迫られています。日本は世界各国のこうした動き....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/9/14

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「最近の中国空軍や中国海軍における日本に対する挑発的行為や危険行為にはどんなものがあるんでしょうか。」 「関連してお聞きいたしますが、おととしには中国海軍のフリゲート艦が海上自衛隊の護衛艦に火器管制レーダーを照射するという事案がありました。これに対し、アメリカ国務省の日本部長であったケビン・メア氏は、米軍であ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/9/14

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「次に、北朝鮮による拉致被害者の救出について、本法案に関連して聞きます。北朝鮮が無政府状態に陥るなどして領域国の同意を得られない場合にも拉致被害者を救出できるよう法改正すべきと私は九月四日の当委員会で質問しましたが、防衛大臣は、国際法上も憲法上も難しいとの答弁でした。しかし、平成二十六年三月五日の予算委員会の....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/9/14

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「今回の法案が通ると徴兵制につながるという的外れな批判をしている人たちもいるわけですけれども、徴兵制についてどう考えているか、改めて総理の見解をお聞きしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/9/11

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「まずお聞きをしたいのは、先週、北京で行われた中国の軍事パレードについて聞きます。初公開の兵器もあり、日本を射程に入れるミサイルなど大量の兵器がパレードするというとんでもないものであったわけでありますけれども、政府は、このパレードで公開された兵器が我が国にもたらす脅威についてどのように分析しているのでしょうか....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/9/9

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「まず、統合機動防衛力についてお聞きをしたいというふうに思うんですが、統合機動防衛力は我が国の防衛力を高める新しい防衛力の概念なわけですけれども、今回の法改正にないところについてお聞きをしたいというふうに思います。このままで統合機動防衛力が発揮できるのかという点でございます。自衛隊法二十二条に、内閣総理大臣は....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/9/9

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「国連PKO活動ですけれども、冷戦後の二十年で大きく様変わりをしていることは皆様御認識のとおりですけれども、PKO法が制定された当時と比較しても、活動のニーズも大きく変化しているというふうに考えております。すなわち、紛争終結後の固い停戦合意を監視するタイプの活動から、紛争は終結しつつも各地で抗争が続く中で、国....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/9/8

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「私は、安全保障環境を考えてみた場合に、何もせずに平和を守れる時代は終わったというふうに思っておりますし、自国のみで平和を守れるという時代も終わったというふうに思っております。この安全保障環境に対応していくという中で、宮家先生、抑止という言葉をお使いになっておりますけれども、そもそもこの日本の抑止を高めるため....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/9/8

委員会名参議院 国土交通委員会


「まず、東京都内のJRにおけるケーブル火災についてお聞きしたいというふうに思います。放火と見られるとの報道がありますが、事件の特徴と現在の捜査体制、警戒態勢について教えてください。」


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/9/8

委員会名参議院 国土交通委員会


「お手元の資料ですけれども、一枚紙の東日本大震災で何が問題となったのかという紙を見ていただければというふうに思うんですが、これは八月二十五日の土木学会の研修会で関西大学の河田惠昭教授がパワーポイントで発表した資料で、その際の写真もありますけれども、それを見やすいようにこちらでワープロ書きをしたものです。巨大防....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/9/8

委員会名参議院 国土交通委員会


「では最後に、JR気仙沼線についてお聞きします。これは、JRがBRTでの復旧という結論を提示をしているわけでございます。東日本大震災の発災から四年も掛かっております。地元は鉄路復旧を望んでいたと理解をしておりますが、これだけの期間が掛かったということと地元の要望とは違った結論になったことについて、国はどのよう....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/9/4

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「まず、通告はありませんが、どなたもお聞きにならないのでお聞きしたいというふうに思いますが、昨日の中国共産党による荒唐無稽な抗日戦勝記念軍事パレードなるものに国連の潘基文事務総長が出席をしました。一つの国といいますか、一党独裁政権の軍事パレード、しかも歴史的事実から飛躍した式典に国連事務総長が出席するというの....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/9/4

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「そして、本法案に関連して、自衛隊と海上保安庁の関係について確認をしたいというふうに思います。まず、武器等防護についてお聞きをします。海上保安庁の艦船や装備は武器等防護の対象に含まれるのでしょうか。また、含まれないとするなら、海上保安庁の装備に対して破壊や奪取が行われようとしているときには自衛隊はどのように対....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/9/4

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「次に、本法案に関連をいたしまして、在外邦人の保護や救出について聞いていきます。在外邦人等の保護措置の際の武器使用権限は、保護対象者の生命、身体を守るだけでなく、職務に対する妨害を排除するための武器使用も認めており、一見すると幅広い任務遂行型の武器使用権限が認められているとも取れます。しかし、武器の使用は警察....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/9/4

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「そして、最後にお聞きしますけれども、防衛装備品についてお聞きをいたします。我が国の国防においては、しっかりと防衛力を整備をしていくという上で、防衛装備品をいかに安定的に開発をし確保をしていくかということが計画にのっとって重要であるというふうに思っております。これ、現在は全て民間企業が製造しているわけでござい....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/9/3

委員会名参議院 国土交通委員会


「今日、各委員より空の安全について質問が出ておりますので、関連して、ちょっと通告ありませんが、もしお答えが可能であればということでお聞きしたいというふうに思うんですけれども、航空局長になられるかと思うんですが、辰巳委員の資料でも示されております安全上のトラブルの内容別分類件数のところで、これ、回避操作のTCA....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/9/3

委員会名参議院 国土交通委員会


「このドローンについては、やはり技術開発の面、これは中国が先行している、これは河野委員からもお話がありましたけれども、日本においては、これは国交省ですとか経産省も取り組んで開発、活用等が行われていると認識をしております。その中で、今後の活用に向けた様々な技術開発支援については特に内閣府が取り組んでいるというふ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/9/2

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「さて、このように国民の皆様の安保法制への内容の理解が進まない理由としまして、政府の説明や広報のやり方が不十分であるという点もあると思います。私は、今回の安保法案など難しい課題については、政府はもっと戦略的に広報や説明を行うべきであると考えております。そう考えた場合、メディアの記者会見に対応する官房長官は、一....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/9/2

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「次に、本委員会でも、原発がミサイルによって攻撃されたらどうするのかということが取り上げられておりますけれども、そもそも迎撃に使われるPAC3の数が足りないのではないかというふうに私は思っております。現在のPAC3の保有数については具体的に言及するのは控えたいというふうに思いますけれども、様々な専門家の分析で....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/8/21

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「まず、統合幕僚監部作成の資料についてお聞きします。通告ございませんけれども、軍軍間という用語について取り上げておりますので、これについてお聞きしたいというふうに思いますけれども。総理の答弁にもありましたように、ミリタリー・ツー・ミリタリー、国際的には防衛協力において普通に使われる用語で、ミリミリ間とも言われ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/8/21

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「昭和三十五年三月三十一日の参議院予算委員会において、林修三内閣法制局長官は、集団的自衛権については幅のある解釈があると答弁し、岸総理は、集団的自衛権という内容の最も典型的なものは他国に行ってこれを守るということだが、それに尽きるものではないと答弁しています。集団的自衛権には幅のある解釈がある。すなわち、昭和....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/8/21

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「そして、今日お聞きしたいのは、七十年談話の「いかなる紛争も、法の支配を尊重し、力の行使ではなく、平和的・外交的に解決すべきである。」、「植民地支配から永遠に訣別し、すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなければならない。」という文言についてです。この文言について考えた場合、今、中国は、尖閣周辺で繰り返....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/8/19

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「今回の談話は、これまでの戦後五十年談話や六十年談話で使われてきた侵略や植民地支配といった定義できない歴史的事実から飛躍した曖昧な用語で安易に片付けるのではなく、歴史的事実に沿った説明が行われており、評価すべき談話であると思います。その七十年談話においては、戦場の陰には深く名誉と尊厳を傷つけられた女性たちがい....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/8/19

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「今回の安保法制については、我が党は政府案の不十分な点について質問をしておりますけれども、抑止力を高め、国民を守るため必要な法整備をしていくための第一歩であるという点は評価をしております。しかしながら、今回の法案については戦争法案と呼ぶ議員もおりまして、さもこの法案が通ると戦争が起きる、戦争ができるようになる....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/8/19

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「一方で、今回の法整備では、いざというとき北朝鮮に拉致された被害者を救出できるのか、疑問があります。北朝鮮が動乱や無政府状態になった場合にも、自衛隊の派遣については相手国の同意が必要であり、実質的に北朝鮮による拉致被害者を救出できるようになっていません。憲法上の制約があるとの答弁もあります。そこでお聞きします....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/8/19

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「次に、相手国より我が国が攻撃を受けた際にどういったことができるのかをお聞きします。相手国の基地よりミサイル攻撃を我が国が受けた際、再び相手国の基地から我が国に向けミサイル発射が行われようとしているときに、我が国が巡航ミサイルで敵基地を攻撃することは法理上可能でしょうか、憲法上可能でしょうか。」 「集団的自衛....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/7/29

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「次世代の党は、既に二月に国家安全保障基本法案や領域警備法案を官邸に届けています。これは、その後示された政府案でカバーできていない部分、例えば、自衛隊の国や平和を守る活動において国際標準に沿った武器使用権限を持たせる、これは使うかどうかは別で抑制的であるべきであると考えますが、権限をしっかり持たせておかないと....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/7/29

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「個別的自衛権での対処を主張する人もいますが、もうそれでは日本は守れません。アメリカのオバマ大統領がもはやアメリカは世界の警察ではないと言い、米軍が中国のミサイルを警戒し前線での能力を後退させている中で、日本はその空白をしっかり埋め、近隣友好諸国と連携し共同で対処しなければ、平和は守れません。そこで、政府にお....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/7/29

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「次に、我が国の平和を守り、抑止力を高めるという観点から、政府に改善を求めなくてはならないという点を質問していきます。まず、武力行使の新三要件について聞きます。これは、我が国をしっかり守ることを考えた場合、旧三要件より後退しているのではないかという懸念があります。それは、新三要件では武力行使が認められる要件と....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/7/29

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「次に、グレーゾーン事態について聞きます。例えば、離島に漁民に偽装した外国の武装兵士が上陸した場合において、武力攻撃と認定できず、防衛出動ではなく治安出動や海上警備行動として自衛隊が出動する可能性があります。その場合、自衛隊には警察官職務執行法が準用され、警察権行使としての武器使用となるため、事態に十分対処で....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/7/29

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「地図を御覧ください。東シナ海を見てみますと、水深が浅い部分ですね、白くなっておりますけれども、水深二百メートルぐらいでありまして、自衛隊や米軍が容易に探知することが可能です。一方、南シナ海は水深が二千メートルを超えておりまして、地図の部分では青くなっております。十分な深さがありますので、探知しにくくなるわけ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/7/29

委員会名参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会


「例えば、日本ができることとしては、潜水艦にトマホークのような巡航ミサイルを配備するやり方があります。これは比較的安く配備することができまして、イージス艦を一隻買うお金で千発のトマホークを買えるわけです。しかも、それだけで十分な抑止力になります。迎撃ではなく抑止の観点から相手国への反撃能力として巡航ミサイルを....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/7/6

委員会名参議院 行政監視委員会


「まず、公的施設の合築などによる効率化についてお聞きします。公的施設は、耐震化への対応や施設の老朽化への対応が求められておりますが、公的施設の新築に当たっては、国と地方自治体などが連携して合築や共同入居などを行い、効率化する必要があると考えております。例えば、お手元の資料の世田谷区においては、国、都、区の施設....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/7/6

委員会名参議院 行政監視委員会


「次に、仙台市内青葉区大手町の国有地の売却について聞きます。この国有地は、お手元の資料の二枚目、上の方の斜線部分になりますけれども、この国有地は仙台城に近く、元は仙台城の城郭の一部を成していた土地で、面積も広い上、仙台城へ向かう道路に接し観光客も多く通ることから、景観や環境、歴史に沿うような利用が望まれます。....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/7/6

委員会名参議院 行政監視委員会


「次に、漁業近代化資金の償還期限の延長に関連してお聞きしたいというふうに思います。漁船建造における貸付金の償還期限などの延長が今年の四月から行われることになりましたけれども、延長の対象は信用漁業協同組合連合会と農林中央金庫のみで、日本政策金融公庫からの融資は対象外になっています。信漁連や農林中金による漁船建造....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/7/6

委員会名参議院 行政監視委員会


「宮城県気仙沼市内で整備されている防潮堤、これはお手元の資料の四枚目に当たりますけれども、高さ五メートルの防潮堤、この天井より高い防潮堤が海沿いに延々一・三キロにわたって建設されます。かなりの威圧感があるということで、地元でも何かとんでもないものができたなという声があちこちから上がっております。この事業主体は....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/7/2

委員会名参議院 国土交通委員会


「本日も、巨大防潮堤問題について聞いてまいります。まず、環境省に聞きます。六月八日の行政監視委員会で、環境大臣が巨大防潮堤について、国交省や農水省、県に、環境に是非ひとつ配慮していただきたいとお願いをしていると答弁をしておりますが、具体的にいつどんなお願いをしたんでしょうか。」 「これは強力にお願いをしていた....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/7/2

委員会名参議院 国土交通委員会


「農水省にお聞きします。漁港に関連する地区というのは農水省の管轄になりますけれども、防潮堤の建設において、農水省として何をもって住民合意ができたと判断するのか、具体的にお答えください。」 「これ、私も、適切で丁寧に行われていればこういった国会審議の場で取り上げないわけですけれども、農水省が一定の基準なりを県に....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/6/30

委員会名参議院 国土交通委員会


「まず初めに、ビルや住宅など建築物における省エネにつきましては、それぞれの機器の技術開発も重要であると考えますが、各機器を一体的につなぎ省エネ効率を高めるシステムの開発も重要であるというふうに考えます。例えば、国立仙台高専においては、産学官連携で、これはお手元の資料にございますけれども、天気予報を組み入れた効....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/6/17

委員会名参議院 地方・消費者問題に関する特別委員会


「先週、私は、この委員会質疑で政府機関の一部移転について質問をしました。これについて、石破大臣より、自治体からまず手を挙げてもらい、国がお応えする形だと答弁をいただきましたけれども、私は、こうした政府機関の移転に加えまして、研究機関や国の機関を一体的に移転する研究学園都市を新たにつくることも、地方創生の観点か....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/6/17

委員会名参議院 地方・消費者問題に関する特別委員会


「次に、筑波大学などで開発されているがん治療の最先端技術についてお聞きしたいというふうに思います。BNCT、ホウ素中性子捕捉療法というものが筑波大学などで開発されているんですけれども、この技術は、中性子線ビームによりましてがんをピンポイントでやっつけるもので、ステージの浅いがんであれば、三十分一回照射でがんが....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/6/17

委員会名参議院 地方・消費者問題に関する特別委員会


「もう一点、地方の産業というような観点からお聞きしたいというふうに思いますが、メタンハイドレートの開発状況についてお聞きしたいというふうに思います。メタンハイドレートは海底で採取されるわけです。どのような運搬方法になるか分かりませんけれども、近くの陸地にパイプラインで揚げるか、港まで運搬して陸揚げするという形....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/6/17

委員会名参議院 地方・消費者問題に関する特別委員会


「この指定管理者制度は、特に地方におきまして、民間の力を借りることで雇用の新たな創出にもつながっているというふうに捉えています。しかしながら、企業や団体が管理者になろうとしまして安く入札するために、過重な労働や人件費の抑制などが見られるとも、実際に現場の声として聞いております。健全な労働環境や待遇が確保される....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/6/17

委員会名参議院 地方・消費者問題に関する特別委員会


「国においては販路開拓支援チームを立ち上げまして、サプライチェーン全体で新たなアクションを生み出す仕組みづくりを促進していることは認識しておりまして、被災地の水産加工業にとっては大きな力となるというふうに期待をされております。これについて、被災地の水産加工品を取り扱うサプライチェーン全体に対して、販売促進奨励....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/6/17

委員会名参議院 地方・消費者問題に関する特別委員会


「地方において、適切に管理されない空き家の増加によりまして、倒壊の危険や治安の悪化、地域の活力の低下など、防犯や防災の面において多大な影響が懸念されております。五月に空家等対策の推進に関する特別措置法が施行されましたけれども、この問題は、私有財産の保障や税制など、様々な問題が複雑に絡んでおりまして、特別措置法....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/6/16

委員会名参議院 国土交通委員会


「先ほどの答弁の中で、置き引きされたかばんの中に入っていたものとして、タブレット端末と事務方の電話番号のみだということで、あっさりとした答弁でしたけれども、昨日国交省から聞いたところでは、これは重大事案のときの事務方の連絡先一覧もあったというふうな説明がありました。私、土曜の昼にこのニュースを知ったときに、こ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/6/16

委員会名参議院 国土交通委員会


「では、通告をしておりました防潮堤の予算について聞いていきたいというふうに思います。今月三日に復興庁は、新規防潮堤の予算について地元自治体に一部負担を求める方針を発表しました。これにより、被災地の巨大防潮堤の建設の見直しを求めている地元住民の間では、宮城県などが何とか今年度中に事業決定をしようと強引な進め方を....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/6/11

委員会名参議院 国土交通委員会


「まず、自動車整備工場における人手不足について聞いていきます。国交省として、自動車整備工場の人材確保策については積極的なPRなどを行っていくというふうな答弁が出ておりますけれども、私は、職場体験ですとかインターンシップ、これがやはり大きな鍵になってくるというふうに思っております。現状と今後の取組についてどのよ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/6/11

委員会名参議院 国土交通委員会


「自動車関連産業におきまして、リコール案件等が発生した場合に記者会見が行われるわけですけれども、この会見においてうまく説明ができなかったり責任逃れに取られたりして、不信感をかえって広げてしまうことがあります。国交省におきまして、こうした企業の記者会見等を分析する担当者はいるのかどうか、また、企業から国交省に記....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/6/10

委員会名参議院 地方・消費者問題に関する特別委員会


「まず初めに、被災地の復興、地域再生、これは何としても成し遂げなくてはなりませんけれども、今年、国勢調査が行われます。市町村に対する地方交付税の交付に当たっては人口が計算式に入っていますが、被災地の市町村では、震災による人口減により地方交付税が震災前に比べて数億円単位で減ることが見込まれるところもあります。市....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/6/10

委員会名参議院 地方・消費者問題に関する特別委員会


「次に、地方の農水産物の輸出促進の観点から、台湾による日本食品の輸入規制強化について聞きます。先月、台湾の一方的な措置が行われたわけでございますけれども、その後、政府としてどのように対応を行っているか、答弁を願います。」 「次に、漁業に関連して技能実習生制度についてお聞きしたいというふうに思います。現在、漁業....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/6/10

委員会名参議院 地方・消費者問題に関する特別委員会


「次に、東京の一極集中を打破するための首都機能の一部移転、国の行政機能の地方への移転について聞きたいというふうに思います。先ほど太田委員からこのお話がありましたけれども、私は、一部移転というようなことからもう少し進んで、分都というような考え方が取れないかというふうに思っております。すなわち、国の行政機能の地方....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/6/8

委員会名参議院 行政監視委員会


「私は各種委員会で再三再四この問題を取り上げてまいりましたが、推進する側の国土交通省や農水省ではなかなか見直すということが行われませんでした。去年三月の参議院予算委員会では、安倍総理大臣が巨大防潮堤について、自治体とよく相談して見直しを考える必要があると述べているにもかかわらずです。行政機構のトップの発言が無....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/6/8

委員会名参議院 行政監視委員会


「国立公園指定をしていただいたというのは地元としても実は本当に有り難いことなんですけれども、そこに例えば観光客が行って、もう巨大な壁が延々風景として続いているというような状況を見ましたら、これ、国立公園でこんなものがあるのかといって、もうほとんどブラックユーモアに近いんじゃないかなというふうに思うんですが、環....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/6/8

委員会名参議院 行政監視委員会


「巨大防潮堤事業、当初総額八千六百億円で計画されていましたけれども、これもお手元の資料にありますが、現在は一兆四百億円を超える金額に膨らんでいます。しかも、復旧事業であるということから、原則として、予算が幾ら増えても増えた分の金額が認められます、全額が認められます。これは既に千八百億円膨らんでいて、これあっさ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/6/2

委員会名参議院 国土交通委員会


「まず、JR会社法の質問に入る前に、先頃、宮城県の北部地域が三陸復興国立公園に編入されましたが、これにより巨大防潮堤の建設が制限される可能性があるのではと思いますので、緊急性も高い事柄であることから、短く質問をします。まずお伺いしますが、国立公園の定義は何でしょうか、簡潔に答えてください。」 「定義はそれであ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/6/2

委員会名参議院 国土交通委員会


「もう既に委員からも各種質問がありますけれども、例えば平成二十四年七月、九州北部豪雨では、JR九州豊肥本線の一部区間におきまして、線路への土砂の流入、橋梁の流失などが発生をしまして、運転再開までおよそ一年間の時間を要し、その被害額は約五十億円に上っています。被災した鉄道施設の復旧に対する国の助成措置については....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/6/2

委員会名参議院 国土交通委員会


「JR北海道は、安全管理体制の強化のために、四月に現場力向上に向けた講演会を開催予定だったということですが、中止になったというふうに聞いております。なぜ中止になったんでしょうか。」 「JR北海道ですとか関連の社員に聞きますと、これ中止になった理由として、JR北海道の最大労組、北鉄労などの威圧があったんではない....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/5/19

委員会名参議院 国土交通委員会


「この気仙沼線の復旧については復興調整会議で議論するはずですけれども、昨年二月以来開かれていないというふうに認識をしておりますが、開かれていないのはなぜでしょうか。」 「JR側は、これは時間の引き延ばしを図って、鉄路復旧を諦めてBRTでの復旧を狙っているのではないかという疑問も湧くわけですけれども、私は、これ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/5/19

委員会名参議院 国土交通委員会


「では、次にBRTについてお聞きをしていきたいというふうに思います。そもそもBRTの定義というのは、これ何でしょうか。お願いいたします。」 「新潟市で導入される予定のBRTについてお聞きしていきたいというふうに思うんですが、これ、今年の九月から連節バス、連結バスが先行して導入されることになりまして、専用レーン....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/5/14

委員会名参議院 国土交通委員会


「まず、東洋ゴムに聞きますが、東洋ゴムは昨年二月に装置の偽装について把握をしていながら、国交省に報告したのが今年二月にずれ込んでおります。これはなぜか、お答えください。」 「東洋ゴムは、今回の事件の原因について、子会社である東洋ゴム化工品の担当者が十年間一人で免震ゴムの試験データを管理していて、ほかに分かる人....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/5/14

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、免震装置に問題が発覚しましたマンションの管理組合への対応について聞きます。安全性が確認されていないマンションの当面の安全性の確認ですとか今後の対応の説明をどうやっていくのか、東洋ゴム、国交省、それぞれに聞きます。」 「これは、居住者の立場に立つ、利用者の立場に立つということが当然前提になるわけですけれ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/5/14

委員会名参議院 国土交通委員会


「広島空港でのアシアナ機の事故については、本日質問をしようと思ったんですけれども、昨日も運輸安全委員会から発表がありましたとおり、事故原因について今調査が様々動いているところですので、今日は徳島空港の重大インシデント事案について航空管制の問題点から質問をします。この事案は、地上車両が滑走路に進入していることを....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/5/14

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、おととい復興予算の今後の在り方が示されたことから、巨大防潮堤問題と復興予算について質問をしたいというふうに思います。まず、この委員会でも先月取り上げましたけれども、林野庁が気仙沼野々下海岸の巨大防潮堤に対する追加工事において宮城県の要請のままに追加工事を行ったのは、結局、宮城県に追加負担分を求めてもそ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/5/13

委員会名参議院 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会


「東京電力福島第一原発事故の被災者が東京電力に損害賠償を求める裁判外紛争解決手続ADRで集団申立てが増えています。和解実績がそれなりにある一方で、和解案は拘束力がないために、東京電力が拒否し、申立人に不満が残るケースが出ております。その最も特徴的な事例が、昨年、福島県浪江町の約一万五千人が申し立てた集団ADR....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/5/13

委員会名参議院 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会


「次に、指定廃棄物最終処分場について聞いてまいります。今年の三月十六日、栃木県の指定廃棄物処分等有識者会議で、指定廃棄物最終処分場詳細調査候補地選定の際に使用されたデータの一部が欠落していたということが公表されています。処分場の選定の基礎データとして、GISデータと呼ばれる地理情報をデータ化したものを使ってお....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/5/12

委員会名参議院 国土交通委員会


「災害拠点病院に対する内水対策が現在も進んでいないということが厚生労働省の調査で判明した件です。その調査によりますと、災害時に緊急医療の中核となる全国六百七十六か所の災害拠点病院のうち、四分の一に当たる百七十九の病院で、津波や豪雨によって周辺道路が冠水し、患者の受入れが困難になるおそれがあることが分かったとい....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/5/12

委員会名参議院 国土交通委員会


「浮上式防波堤については国土交通省所管の港湾空港技術研究所が関わっているわけですが、研究開発費用はどれくらい掛かったんでしょうか。簡潔にお願いします。」 「この浮上式防波堤は気仙沼市主催の復興まちづくりコンペで最優秀賞を受賞して導入可能性が高かったわけですけれども、なぜこれ積極的に情報収集に行かなかったのでし....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/5/12

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、内水対策の面から巨大防潮堤問題について聞いていきます。被災地で延々各海岸に整備されている巨大防潮堤ですけれども、地下水の海への流れを止めたり変えてしまうという分析とともに、内水対策が不十分で豪雨の際に水がたまって抜けなくなってしまうのではないかという指摘もあります。内水対策について全ての防潮堤でチェッ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/5/12

委員会名参議院 外交防衛委員会


「まず、新ガイドラインに関連して、集団的自衛権や国防の姿について聞いていきます。集団的自衛権の行使について、政府はポジティブリストでできる範囲を限定するようですけれども、同盟国である米国の軍事関係者と話をしますと、例えば南シナ海で米軍が中国軍と戦闘に陥った場合でも必ず助けに来てくれると思っている人もおりまして....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/5/12

委員会名参議院 外交防衛委員会


「次に、自衛隊の海外派遣について聞いていきたいというふうに思います。これは、後方支援が主になると思われますけれども、過去、イラク戦争においては、安全地帯だというふうに思って進んでいた米軍の輸送部隊がイラク軍の中に迷い込んで多くの戦死者を出した例がありまして、例えば自衛隊の輸送部隊が敵軍に囲まれて身動きが取れな....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/5/12

委員会名参議院 外交防衛委員会


「次に、水陸両用部隊について聞いていきます。自衛隊は、アメリカから四十年以上前に製造が開始された旧式の水陸両用強襲車、AAV7を購入するとのことですけれども、いかなる作戦にAAV7を投入して、どのように使用するんでしょうか。」 「確認ですけれども、そうすると、まさに戦闘が行われているところにAAV7で突っ込む....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/5/12

委員会名参議院 外交防衛委員会


「潜水艦の技術についてお聞きしたいというふうに思います。オーストラリアとの潜水艦共同開発について検討がなされているようですけれども、日本の潜水艦技術の最新技術を供与するのか否か、お答えください。」 「当然、最新鋭のものは我が国でしっかりと保護して、供与すべきではなくて、一つ前の技術、前段階の技術を供与すべきだ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/5/12

委員会名参議院 外交防衛委員会


「次に、抑止力向上の観点からのミサイル防衛について聞きます。中国などによる離島攻撃を考えた場合に、地対艦ミサイル部隊を対馬から与那国島の主な島々に常設できれば、これは、いざ攻めてきたときに艦船について速やかに撃退でき、抑止力ともなるはずです。各島々へのミサイル部隊の常設について政府の見解を聞きます。」 「最後....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/4/27

委員会名参議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会


「まず、飯塚参考人にお聞きをしたいんですけれども、これ、外務省の交渉のやり方についてお聞きしたいというふうに思います。今日の質疑の中でも出ていますけれども、これ国交正常化と並行してやるという、とんでもないことだというふうに私は思っています。拉致問題の解決というのはもちろん最優先ということでやらなくてはならない....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/4/27

委員会名参議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会


「次の質問は西岡さん、荒木さんにお聞きをしたいというふうに思うんですけれども、先ほど飯塚参考人の方から、我が国は国民の暮らしと安全を守るということをしてこなかったという御発言がありまして、私は、日本人ですとか拉致被害者の家族の方々、家族を拉致されて奪還をできないというのは、これもう本当に私は国の体を成していな....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/4/22

委員会名参議院 地方・消費者問題に関する特別委員会


「まず、台湾による日本製食品の輸入規制強化についてお聞きしたいというふうに思います。これ、地方創生の観点からも大きな問題になると思っておりますが、どういった規制かといいますと、台湾政府は、福島第一原発の事故の後、福島、茨城、栃木、群馬、千葉の五つの県で生産された食品の輸入を停止しているわけですが、五月中旬から....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/4/22

委員会名参議院 地方・消費者問題に関する特別委員会


「次に、被災地における建築資材価格の高騰などについて聞いていきます。これは、被災された方が住宅を再建するときに当初の見込みの額よりも多額な費用負担を強いられる状況でありまして、私はこれは消費者保護の観点からもおかしいというふうに思いますので、それについて聞いていきたいというふうに思いますが、岩手、宮城、福島の....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/4/16

委員会名参議院 国土交通委員会


「まず、港湾空港技術研究所と民間企業四社が開発した世界初の技術である浮上式防波堤について質問をします。浮上式防波堤は、津波警報が発令されるなど津波の来襲が想定される際に海底から鋼管を浮上させるもので、環境や景観に優しく、港湾空港技術研究所や国交省の港湾局の考えが反映された、これ私はすばらしい技術であるというふ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/4/16

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、URに関連しまして、URの復興公営住宅について聞きます。URの復興公営住宅事業では、公共住宅建設工事共通仕様書が使われております。一方、国の基準として公共建築工事標準仕様書があり、こちらを使って発注をする自治体もあります。URはなぜ公共住宅建設工事共通仕様書を使うのでしょうか。答弁を願います。」 「例....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/4/7

委員会名参議院 国土交通委員会


「本日は、巨大防潮堤問題のうち、気仙沼の野々下海岸の防潮堤について聞きます。この地区の防潮堤は国と県の防潮堤が混在し、国が造った防潮堤はお手元の資料二枚目にありますように三角形です。ここに宮城県が後から造る防潮堤をくっつけるわけですけれども、宮城県が造る防潮堤は何と台形で形が違うということで、宮城県の依頼で国....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/4/7

委員会名参議院 国土交通委員会


「これ宮城県から、国も同じ構造に変更していただけないかということですけれども、私、これ国交省であれば、それはもう県がやってくれということで突っぱねたと思うんですけれども、何でこれ県の方で追加工事を行わないで国が追加工事を行うんでしょうか。」 「林野庁はよく防潮堤事業が分かっていないから林野庁に負担させてしまえ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/4/6

委員会名参議院 地方・消費者問題に関する特別委員会


「まず、石破大臣にお聞きしたいのですけれども、ちょっとこれは通告にないんですけれども、昨日のテレビ番組で、石破大臣はふるさと納税について、寄附を受ける自治体はその使い道をあらかじめ明示する方が望ましいとの趣旨の発言に賛同していたように見えるんですけれども、石破大臣はふるさと納税を受ける自治体はその使い道をあら....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/4/6

委員会名参議院 地方・消費者問題に関する特別委員会


「そういった観光客が増えたときに、夜などを中心に飲食店に繰り出して利用をする方がいるわけですけれども、歓楽街の適正化と活性化について聞きます。特に、地方の歓楽街におけるいわゆるキャッチ行為の規制についてですが、風営法や各自治体の迷惑防止条例などによりまして規制はされていますけれども、結局、抜け道を使ってイタチ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/4/1

委員会名参議院 予算委員会


「まず、社会保障の質問に入る前に、先日、村山談話に関する質問主意書に対して答弁書が返ってきましたので、それについて聞きます。私の質問主意書は、戦後五十年の村山総理大臣談話について、談話の中で述べられている植民地支配、侵略について、我が国が行ったどのような行為を指すものなのか、そして定義は何かと聞いたものですが....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/4/1

委員会名参議院 予算委員会


「次に、給付型の奨学金について聞きます。私は、日本人大学生に対する給付型の奨学金がないのは問題で、早急に制度を創設すべきだというふうに考えております。まずお聞きするのは外国人留学生に対する制度ですが、国費外国人留学生が四年間で日本の大学を卒業したときに、授業料の免除分を給付と捉えた場合、奨学金と合わせ、総額幾....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/4/1

委員会名参議院 予算委員会


「今日は、そういう宮城県の強引に突き進むという姿勢の中、県と国の調整ミスにより防潮堤の建設費用に一億円近くの追加負担が生じた事例を質問します。こちらのパネルにもあります気仙沼市の野々下海岸ですけれども、ここは国が造る防潮堤と宮城県が造る防潮堤が混在しています。国が造った防潮堤は、このように三角形なんですね。こ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/3/30

委員会名参議院 予算委員会


「まず、防衛医科大学病院や自衛隊病院の予算について聞きます。これらの病院の予算は防衛費で賄っていますので、年度末近くになると使えるお金が少なくなり、手術ができにくくなるとの話があります。その話は事実かどうか、また現状はどうなっているか、お答えください。」 「本年度はそうだということですけれども、これ、例えば予....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/3/30

委員会名参議院 予算委員会


「次に、米国による我が国への原爆投下について聞きます。安倍総理は、去年八月六日の広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式及び八月九日の長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典において、人類史上唯一の戦争被爆国として、核兵器の惨禍を体験した我が国には、確実に核兵器のない世界を実現していく責務があります、その非道を後の世に、....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/3/27

委員会名参議院 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会


「竹下復興大臣は、基幹事業以外の復興予算について自治体の一部負担を求める考えを示していますが、なぜ一部負担を求めるのか、その理由を教えてください。」 「復興大臣が言われた自立ですとか、私は、本当に必要な事業を精査する上でも、自治体の一部負担、これはやむを得ないというふうに思っております。これまで何でもかんでも....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/3/27

委員会名参議院 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会


「次に、特定区画漁業権の免許に関する優先順位見直しの動きについて聞きます。今月三日の国家戦略特別区域諮問会議で議題に上がったそうですけれども、被災地では水産業復興特区の導入により漁業現場が混乱して、現在も感情的なわだかまりがあります。これは、性急に会社参入を行ったことにより、これまでのカキ養殖の漁場に強引に割....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/3/27

委員会名参議院 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会


「次に、文科省が設置しました学校事故対応に関する有識者会議について聞きます。この会議に関連して、大川小学校の事故の遺族から、遺族へのヒアリングへの要望書が提出されまして、文科省からの回答では、大川小学校事故を始めとした事件、事故、災害等における教訓は大変貴重なものと考えており、来年度の有識者会議の中でヒアリン....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/3/26

委員会名参議院 国土交通委員会


「平成二十三年七月の国による通知、これは数十年から百数十年に一回の頻度の高い津波について防潮堤等で総合的に防ぐようにというものですが、この通知の基になった中央防災会議の中間取りまとめでは、比較的頻度の高い一定程度の津波高に対して引き続き整備を進めていくことを基本とすべきとは述べていますが、一方で、海岸保全施設....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/3/26

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、北海道南西沖地震の後に高さ十メートル前後の巨大防潮堤が建設された奥尻島の例について聞きたいというふうに思います。北海道大学の松永勝彦教授が海を調査しましたところ、巨大防潮堤がある海岸から百メートル辺りの海の中、岩が真っ白で海藻もなく、生物がほとんどいなくなっていたということです。ウニなどは海藻で育つた....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/3/26

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、JR気仙沼線の復旧についてお聞きしたいというふうに思います。JR気仙沼線の鉄路復旧、鉄道復旧についてJR東日本と意見交換した際、私が強い地元の要望などから鉄路復旧すべきだというふうに述べましたところ、ある執行役員が言下にそれを否定しましてBRTを推奨しました。これ、かなり強い口調で、私とてもびっくりし....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/3/26

委員会名参議院 国土交通委員会


「では次に、石巻市の大川地区の津波について聞きます。この地区には大川小学校があり、多くの子供が津波によって亡くなりました。北上川の河川堤防を越流した津波と、海岸から入り陸を遡上した津波が原因となったわけですけれども、石巻市や文部科学省が関与して作られた大川小学校事故検証報告書について、例えば河川堤防の越流時刻....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/3/26

委員会名参議院 国土交通委員会


「では次に、外航船のデジタルデバイドについて、すなわち海外を航行する日本の船の主にインターネット環境の整備についてお聞きしたいというふうに思います。これは、若い乗組員を確保する、また、乗組員が安心して働ける環境を整備するためにも、インターネットが使える、メールでやり取りができるという環境というのは非常に重要で....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/3/26

委員会名参議院 国土交通委員会


「最後の質問ですが、お手元の資料を御覧ください。カラー刷りのものでありますが、宮城県岩沼市の集団移転の玉浦西地区の災害公営住宅ですが、コミュニティーロードという新しい考え方が取り入れられています。建物と建物の間に長屋の小道のように通っている歩道がコミュニティーロードで、二枚目なども見ていただければと思いますが....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/3/23

委員会名参議院 行政監視委員会


「実は、私は防災の研究者でもありまして、震災前から各地の津波防災の歴史を調べているんですが、今回の巨大防潮堤建設については持続可能な津波防災という観点からも大いに疑問があるというふうに思います。コンクリートの耐久性ということを考えた場合に、コンクリートの寿命というのは大体六十年、もって八十年くらいです。一方、....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/3/23

委員会名参議院 行政監視委員会


「では、もう一点、地方創生の観点から、高田参考人にお聞きできればというふうに思います。地域に大企業が進出したときに、地域の企業がどのようにその進出企業の事業に参画していくかという観点でお聞きしたいというふうに思うんですが、宮城県にもトヨタ自動車東日本がございまして、何とか宮城県の企業は部品納入、部品製造等でト....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/2/3

委員会名参議院 予算委員会


「傾斜配分型児童手当の考え方はこうです。(資料提示)月額で第一子に一万円、第二子に二万円、第三子に四万円、第四子に八万円を支給するというものです。つまり、三人の子育てをする家庭は月額七万円の支給。これは、お母さんが地方において昼間スーパーですとか水産加工場でパートをして得られる金額に相当します。そして、四人の....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/2/3

委員会名参議院 予算委員会


「次に、出産費用の完全無料化について聞きます。妊娠から出産までを考えた場合、妊婦健診については、補助があるものの、自己負担は少なからず生じます。また、出産においても、出産一時金などの給付を受けられるものの自己負担が生じることがあり、妊娠、出産はお金が掛かるという意識が出生数増加の妨げになっていると考えます。こ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/2/3

委員会名参議院 予算委員会


「では次に、被災地の巨大防潮堤の建設問題について聞きます。こちらのパネルを御覧ください。そして、お手元にも資料をお配りしておりますけれども、こちらは岩手県大船渡市の防潮堤です。高さ十二・八メートル、巨大なコンクリートの壁ともいうべきものができています。私が下に立っているわけですが、とても小さく見えるわけです。....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/2/3

委員会名参議院 予算委員会


「次に、我が国の防衛力についてお聞きします。様々なデータを分析したり、軍事関係者に話を聞きますと、日本の南西方面の防衛、危機に瀕していると言えると思います。それは、中国が装備においても訓練においても予想より急速に力を付けてきているからです。政府は実際のところ中国の軍事力についてどのような評価をしているのか、日....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/2/3

委員会名参議院 予算委員会


「次に、外国において拘束された日本人を自衛隊により救出することについて聞きます。私は、国民をいかなる場合も守り抜くことが国家であると考えています。そして、テロを抑止するためにも、いざというときに自衛隊を派遣し、救出できるようにしておくことが重要だと思います。今後、法整備を行っていけば自衛隊が救出できる事例が出....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/2/3

委員会名参議院 予算委員会


「次に、従軍慰安婦の教科書の記述について聞きます。昨年、朝鮮からの強制連行について、今まで言われてきたことがうそであるということが改めて明らかになったわけですが、いまだに日本軍が強要した、動員したなどと根拠がない記述が教科書にあります。文科大臣は教科書の発行者に対して訂正の申請を勧告できます。明らかにおかしな....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/2/3

委員会名参議院 予算委員会


「次に、こちらのパネルを御覧ください。宮城県栗原市の高速道路出入口付近にある安重根記念碑の案内板です。これ宮城県が設置したものです。韓国、朝鮮の人や安重根と縁がある人が私的に看板を設置しているのでしたら私はとやかく言うつもりはありませんけれども、日本にとっては暗殺者であり、政府も犯罪者として認めている人物の記....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/2/3

委員会名参議院 予算委員会


「さて、今月十一日は建国記念の日です。建国記念の日ですから、当然、国主催の式典を行うべきですけれども、日本では行われていません。国主催の式典を行うべきだと考えますが、総理、どのように考えますでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(次世代の党)

2015/2/3

委員会名参議院 予算委員会


「私は、次世代の党を代表し、ただいま議題となっている平成二十六年度補正予算三案に対し、賛成の立場から討論を行います。我が党は、アベノミクスや地方創生の方向性を評価しており、この流れを止めてはならず、実体のあるものにしていかなければならないと考えています。細かい部分を見れば、被災地における巨大防潮堤推進などの問....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/11/17

委員会名参議院 東日本大震災復興特別委員会


「まず、被災地で建設が行われている巨大防潮堤について聞きます。竹下復興大臣も気仙沼市を訪れたときに、人が高台移転して全く住まないところに二百三十億円掛けて十四・七メートルの防潮堤を造る計画がある小泉地区の住民から見直しの署名を直接受け取られたと思います。こうした声を上げている方々は、何も反対をしているのではな....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/11/17

委員会名参議院 東日本大震災復興特別委員会


「次に、石巻市の市街地が大雨のたびに浸水する問題について聞きます。石巻市は、東日本大震災による地盤沈下や、被災した排水施設が全面復旧していないことなどが影響して、大雨のたびに繰り返し市街地が浸水しています。排水施設が完成するのは平成三十年ということですが、この先四年もまた大雨のたびに浸水するというのは、被災者....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/11/17

委員会名参議院 東日本大震災復興特別委員会


「次に、問題点といいますか、これ提案型の質問ですけれども、補助金適正化法について聞きます。私立学校の校舎におきまして、震災による補修や耐震改修で補助金を活用することがあります。一部補助金を活用するという形です。そして、その校舎に抵当権を設定して、お金を借りて新たに別の校舎を建設したり土地を購入する場合に、これ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/11/11

委員会名参議院 国土交通委員会


「皆様のお手元に写真資料があると思いますが、地震の後、津波が必ず来ると海に近い釜石東中学校の生徒たちが一目散に避難を始めまして、それを見た近くにある鵜住居小学校の児童たちが避難を始めて、それを見た住民たちが、これは避難しないとまずいと釣られて避難して、多くの人が助かったという事例です。写真では、中学生が小学生....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/11/11

委員会名参議院 国土交通委員会


「土砂災害警戒情報の周知について聞いていきます。現在の発表方法ですと、例えば土砂災害警戒情報を仙台市に発表しました、土砂災害警戒情報を石巻市に発表しましたなど、市町村単位であるために、実は自分自身が土砂災害を警戒すべき対象者になっているのにぴんとこない人もいるわけです。ですから、あなたに危機、危険が迫っていま....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/11/11

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、避難経路の周知について聞きます。避難する際、特に夜間などはどこが避難場所でどこが避難経路か分かりにくい場合があります。分かりやすく避難場所まで誘導できるよう避難場所までの街路灯の色を変えたり、避難場所まで誘導できるように新たに避難誘導街路灯を設置してはどうかと考えますが、政府はどのように考えますでしょ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/11/5

委員会名参議院 本会議


「さて、本法案の質問に入る前に、一点だけ質問をさせていただきます。それは、小笠原諸島沖での中国漁船によるサンゴの密漁の問題です。日本の排他的経済水域におけるサンゴの密漁はゆゆしき事態で、二百隻を超える船が密漁をしているというのはまさに侵略行為と言ってもおかしくない状況です。この密漁に対する取締りについてお聞き....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/11/5

委員会名参議院 本会議


「それでは、土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律の一部を改正する法律案について質問いたします。私は、参議院議員になる前の、前職のNHK時代から防災を専門としており、現在も防災の研究者としても活動をしております。災害において一人の命も失わせてはならない、これは私の強い思いであり政治家の活....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/11/5

委員会名参議院 本会議


「次に、避難体制の強化について聞きます。本法案では、土砂災害警戒区域の指定がある市町村の長は、避難施設や避難場所、避難経路に関する事項を住民に周知させるため、当該事項を記載した印刷物の配布その他必要な措置を講じなければならないとなっています。しかしながら、東日本大震災や各種災害においてもハザードマップに対する....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/10/29

委員会名参議院 東日本大震災復興特別委員会


「まず、被災地の集団移転先で、移転する方の自己負担で地盤補強が必要になっている問題について聞きます。先ほど小林議員からも一部質問がありましたけれども、気仙沼市の登米沢では、市が造成した集団移転先で、建設業者から地盤にくいを打ち込むくい基礎が必要とされて、七十万円から百万円の自己負担が生じようとしています。国は....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/10/29

委員会名参議院 東日本大震災復興特別委員会


「次に、東日本大震災で多くの児童が亡くなった石巻市の大川小学校事故の検証について聞きます。この問題は、御遺族から、検証が不十分でしっかり検証してほしいとの声が上がっており、五月のこの委員会でも私が質問しました。その際に政府は、事故検証の在り方については、新たに学校事故対応に関する調査研究を実施し、その中で検討....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/10/16

委員会名参議院 国土交通委員会


「さて、まず、海上保安庁の領海警備における日頃の尽力に敬意を払いますとともに、関連して、領土、領海の実地調査などについて聞いていきます。尖閣諸島は観光資源としても有望ですし、近海には様々な天然資源が眠っているとも言われています。観光資源としての有益性など活用方法を検討するために、是非私は尖閣諸島へ上陸をして実....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/10/16

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、巨大防潮堤計画について聞いていきます。検証や分析が進むにつれて、巨大防潮堤に対しては研究機関からも疑問の声が上がり、様相というのは変わってきているというふうに思います。東北大学の災害科学国際研究所、津波について世界トップの研究機関でありますが、今年六月に、二〇一一年東日本大震災から見えてきたことという....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/10/16

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、東北のJRの復旧関係について質問します。私は鉄路の発展なくして国土の発展なしと考えておりまして、リニアを是非東京―仙台間でも実現できたらというふうに思っております。そして、災害で被災した鉄路の復旧、これ速やかに行うべきだというふうに考えております。福島県内を走るJR只見線、地域の方々の重要な足となって....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/6/19

委員会名参議院 国土交通委員会


「まず、国内の倉庫事業者を取り巻く状況について質問します。資産流動化法により、外資系中心の物流不動産ファンドの流入が増えまして、大型物流施設のリーシング事業が本格化しています。国内の倉庫事業者が金融スキームを利用した投機的な物流施設開発に駆逐されてしまう危険性があると考えますが、国交省としてどのように捉えてい....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/6/19

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、巨大防潮堤問題について聞きます。まず、お手元の資料の三枚目を見ていただければというふうに思うんですけれども、岩手県の大船渡に造られている防潮堤です。(発言する者あり)今、同僚の委員の方からこれはすごいなというような声も上がりましたけれども、まさにこれコンクリートの巨大な壁で、こんなものを全国各地に造ら....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/6/19

委員会名参議院 国土交通委員会


「それでは、少し話題というか質問を変えまして、次に建設現場における女性の登用について聞きます。これは、力仕事ではなく、施工管理や技術管理の部門などにおける女性の登用、人材難の解消の面や女性の社会進出の面から有効だと考えまして、以前、当委員会の質疑で取り上げまして、大臣からも前向きな答弁をいただいております。そ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/6/19

委員会名参議院 国土交通委員会


「最後の質問になりますけれども、現状での尖閣諸島の防衛についてお聞きしたいというふうに思います。中国等の外国公船から武装した乗組員が尖閣諸島に上陸しようとした場合においては、一次的に海上保安庁が対処すると理解をしております。ただ、明らかに通常とは異なる量や種類の武器が外国公船に積載されていることが判明して、そ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/6/17

委員会名参議院 国土交通委員会


「私は、法案に関連しまして、長周期地震動が建築物に与える影響と対策について聞いていきます。長周期地震動が超高層ビルに与える影響については、E―ディフェンスでの実験において、南海トラフの三連動地震の三・八倍の強さを加えるとビルが倒壊する、すなわちビルが折れるとの結果が出ていますが、この三・八倍という強さの揺れは....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/6/3

委員会名参議院 国土交通委員会


「私は、宮城県などで進める巨大防潮堤の建設問題について聞いていきます。この巨大防潮堤については、費用対効果が全く算出されていないというのはこれまでの答弁でも明らかになっています。研究者などの試算によれば、気仙沼市の中島海岸、小泉地区では、防潮堤の建設費が約二百三十億円であるのに対し、防潮堤が守る国道や農地等の....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/6/3

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、環境に関連する各種法律との整合性について聞いていきます。こうした巨大防潮堤の建設と生物多様性基本法などとの整合性は取れているんでしょうか。私は真っ向から対立するものだと思いますが、いかがでしょうか。」 「先ほど紹介がありました手引ですとか、こういった環境の各種法制度がありますので、やはり政府としても英....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/6/3

委員会名参議院 国土交通委員会


「では次に、協議会について聞いていきたいというふうに思います。本法案にあります、関係者が防潮堤など海岸の防災・減災対策を協議するための協議会ですけれども、これは地域の住民などが設置を求めた場合は設置されるべきでありますし、もし海岸管理者が拒否した場合であっても、国が協議会の設置が必要であると判断すれば設置すべ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/6/3

委員会名参議院 国土交通委員会


「では次に、防潮堤の構造上の問題について聞いていきたいというふうに思います。気仙沼市の小泉地区の防潮堤を例に考えますと、巨大な防潮堤を砂地の上に造るわけですが、建設については、構造物としての重さ、地盤強度などの計算、これ十分に行っているんでしょうか。地下水などの影響で小泉地区の防潮堤沈んでしまうんではないかと....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/6/2

委員会名参議院 憲法審査会


「まず、法案に関連しまして、なぜこの法案を成立させて自主憲法制定や憲法改正が必要なのかという観点から質問をいたします。前々回の参考人質疑の際に、GHQの圧力の下、憲法を変えなくてはならなかったことを悔いる遺書を残して自決をしました、憲法学者であり、憲法の番人とも言われる枢密院の議長だった清水澄博士のことを取り....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/6/2

委員会名参議院 憲法審査会


「次に、この憲法審査会でも度々取り上げられている政府による憲法解釈の変更について聞きます。まず、集団的自衛権についてですが、日本においては、既に集団的自衛権が行使されていると捉えることができると思います。それは米軍に対する基地提供が集団的自衛権の行使に当たるというものですが、過去の政府答弁でもそれを認めていま....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/6/2

委員会名参議院 憲法審査会


「次に、憲法解釈の変更の過去の事例について聞きます。過去の内閣法制局の答弁によれば、文民に関する規定については憲法解釈の変更があったわけですけれども、それ以外にも自衛権の発動などについて憲法解釈の変更があったのではないかと考えます。それは、一九四六年の衆議院での吉田茂総理の答弁では自衛権の発動としての戦争も放....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/6/2

委員会名参議院 憲法審査会


「では次に、この法案に関連して、公務員の中立性と国民投票運動における組織的勧誘運動や示威運動について聞きます。私は小学校のとき、学校の先生から、天皇陛下をばかにするような発言があったりですとか、音楽の教科書に載っている国歌君が代を教えてくださいとお願いしましたら、そのうちにねと言われて、小中学校、公立だったん....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/6/2

委員会名参議院 憲法審査会


「最後に、法案に関連して、憲法解釈についてもう少し聞きます。北朝鮮による拉致被害者は、現在の憲法解釈では、北朝鮮の同意がなければいかなることがあっても自衛隊を派遣しての救出は不可能、たとえ北朝鮮が無政府状態になって拉致被害者が北朝鮮に取り残されていることが分かったとしても不可能だということですが、そのような政....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/5/26

委員会名参議院 憲法審査会


「実は、憲法九条に対しては、現行憲法の制定に関する昭和二十一年の衆議院本会議において、共産党の野坂参三議員が共産党を代表して反対をしております。野坂議員は、我が国の自衛権を放棄して民族の独立を危うくする危険がある、それゆえに我が党は民族独立のためにこの憲法に反対しなければならないと述べているわけです。そこで、....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/5/23

委員会名参議院 東日本大震災復興特別委員会


「まず、畜産業の復興の観点から質問をいたします。被災地には仙台牛を始めとして高い品質の牛肉が多くあります。仙台牛は松阪牛と並ぶ日本の最高級牛ですが、そのほかの東北産の牛肉についてもおいしい牛肉が店頭に並びまして消費者から愛されています。東北は国内でも主要な産地で、その生産量が伸びることは畜産業の復興につながっ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/5/23

委員会名参議院 東日本大震災復興特別委員会


「次に、石巻市の大川小学校で七十四人もの児童が死亡、行方不明となっている問題について聞きます。児童の御遺族の方々が明らかな人災であると宮城県と石巻市に損害賠償を求めた訴訟の初公判が十九日に行われました。提訴に至ったのは、御遺族の思いとして、津波からの避難になぜ時間が掛かったのか、真実を明らかにしてほしいという....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/5/23

委員会名参議院 東日本大震災復興特別委員会


「次に、被災地の巨大防潮堤問題について聞きます。三月に安倍総理が、予算委員会の答弁において、巨大防潮堤事業については見直しを考える必要があるというふうに述べています。これは、当委員会に所属します自民党の片山さつき議員の質問に対する総理の答弁であったわけです。一国の総理の答弁、極めて重いものだと考えますが、総理....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/5/23

委員会名参議院 東日本大震災復興特別委員会


「次に、来年、仙台市で開かれる国連防災会議に関する質問をしてまいります。今回の震災では、地域の町内会や自治会のふだんのつながりが避難の際やその後の地域の復興に生きた事例が幾つもあります。お手元の資料、例えば宮城県仙台市宮町地区の「おみやプレス」というこのフリーペーパーがあるんですが、地区の町内会が発行しており....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/5/22

委員会名参議院 国土交通委員会


「まず、高速道路と景観の問題について聞いていきます。お手元に資料配られていると思いますが、御覧いただければと思います。「日本橋の今と昔」と書かれた資料ですけれども、左上の写真が現在の日本橋です。首都高速が橋の上を通りまして、景観は台なしでございます。がっかり名所のうちの一つとも言われています。私も、幼い頃初め....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/5/22

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、スマートインターチェンジの整備について聞いてまいります。今回の法案では、スマートインターチェンジの整備に対する財政支援を行うということですけれども、現在のスマートインターチェンジの整備状況どうなのかということをお聞きします。特に、被災地宮城県では復興車両が増加しておりまして、その利便性の観点や集団移転....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/5/22

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、沿岸で津波から避難する際の高速道路への避難階段について聞きます。東日本大震災では、迫る津波を避けるために高速道路である仙台東部道路の斜面を駆け上がって、道路に逃げて助かった方が多くいます。これも資料の方を見ていただければと思うんですが、四枚目の部分ですね。仙台東部道路のところで津波が止まって、東部道路....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/5/22

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、高速道路の大規模更新や修繕に当たっての環境面への配慮についてお聞きしたいというふうに思います。過去、高速道路の建設に当たりまして、海や川と道路との境目に矢板を使用したりコンクリートで護岸を固めた事例が見られますけれども、例えばそこは、今までは植物が生えて生物がすむ土手であったところもあるわけです。微生....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/5/22

委員会名参議院 国土交通委員会


「宮城県など被災地におきましては、海岸近くから内陸や高台へ向かう避難道路をしっかりと整備してほしいという声が多く上がっております。そもそも巨大な防潮堤を造ってもそれを津波が越えてくる可能性があるわけですから、巨大防潮堤よりも逃げるための道路をしっかり整備してほしいという声は当然であるというふうに思います。宮城....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/5/13

委員会名参議院 国土交通委員会


「まず、地方の過疎地域などにおけるバス路線網の整備の観点からお聞きします。高齢化社会を迎えて、車を運転できないお年寄りにとっては、町民バス、村民バスなどは頼みの綱です。ニーズもこれから確実に高まると思います。しかしながら、例えば宮城県丸森町の耕野地区を通る国道三百四十九号線などでは、道幅が狭く、大型車が向こう....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/5/13

委員会名参議院 国土交通委員会


「そして、その鉄路について聞きますけれども、特に町中、LRTを活用していくのがよいのではと私は考えます。町中においては、バスだと路線が重複していて分かりにくかったり、渋滞した場合などは定時運行の面で不安もあります。鉄路だと定時性も高くて安心できますし、LRTは列車のデザインなども観光面で大いに活用できるという....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/5/13

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、町中のにぎわい確保の観点から聞きます。仙台市中心部にある東北大学農学部のキャンパスが今年になってイオンモールに売却をされました。キャンパスを郊外に移して集約するためですけれども、にぎわいという観点であれば、学生が町中にいるというのは消費の面や近くにアパートを借りて住むといったことを考えても効果的です。....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/5/13

委員会名参議院 国土交通委員会


「次、最後の質問ですが、質問の最後に言うのもなんなんですけれども、実は今回の法案の分野につきましては、私、大学院の専攻が都市社会学でして、海外でのコンパクトシティーの失敗例も学んでおりますし、知っております。そこでお聞きいたしますが、この二法案では選択と集中という観点から地域交通や都市再生の整備が図られるとい....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/5/12

委員会名参議院 決算委員会


「さて、自らの命を国にささげ、国防の任に当たる自衛隊員の皆さんには日頃から絶大なる感謝をしております。そして、幹部自衛官を養成する防衛大学もすばらしい教育をされていると感じています。しかしながら、私が得た情報では、防衛大学校において一部問題と思われる事案があるとのことで、まずそれについて聞いていきます。まず、....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/5/12

委員会名参議院 決算委員会


「次に、防衛大学の正規授業に取り入れられているワンアジア財団の寄附講座、アジアにおける域内安全保障協力の現状及び将来について聞きます。この講座、アジア共同体創設に寄与することをうたっておりますが、防衛大学の授業でアジア共同体創設と聞きますと、これ何なのかというふうに思います。この講座の趣旨、過去日本が建設に向....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/5/12

委員会名参議院 決算委員会


「次に、硫黄島における御英霊の遺骨収集について聞きます。いまだに一万柱を超える御英霊が硫黄島に眠っております。三月の国土交通委員会の際にも、全員の御遺骨を丁寧に掘り起こしてふるさとにお返しすべきだと質問いたしました。先日、硫黄島の遺族会会長の永澤庄一郎さんにお会いをいたしました。御遺族の方々も高齢になっていま....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/5/12

委員会名参議院 決算委員会


「次に、北方領土の返還についてお聞きいたします。返還は日本国民の悲願でありまして、歯舞諸島の元住民の方とも先日お話をいたしましたけれども、六十八年も帰れない状況が続いておりまして、旧島民の方、御高齢の方が多くいて、残された時間少ないというふうに私は思っております。この硬直状態を打破して、何としても返還に向けて....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/5/12

委員会名参議院 決算委員会


「次に、最後の質問になりますが、途上国などへの野球支援についてお聞きしたいというふうに思います。今、台湾で「KANO」という映画が大ヒットしております。これは、戦前の台湾の嘉義農林学校が甲子園で準優勝するまでの軌跡を描いたもので、監督の近藤兵太郎の指導のすばらしさですとか日本統治時代のすばらしさについてしっか....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/28

委員会名参議院 決算委員会


「私は復興に関する諸問題について聞いてまいります。まず、放射性物質による汚染のうち、指定廃棄物の最終処分場建設問題について聞きます。宮城県内の最終処分場の候補地の選定についてですが、現在の候補地選定手法では、まず過去の観光入込数などで除外対象地区を選び、その後に評価点を積み上げる形で選定が行われていますが、例....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/28

委員会名参議院 決算委員会


「その放射性物質による汚染廃棄物の問題ですけれども、これ、福島第一原発の事故がなければ、そもそも宮城県内に存在しない物質です。市町村に処分場の負担を強いるのではなく、東京電力が敷地を確保するなりして処分すべきではないかと考えますが、いかがでしょうか。」 「こうして質問しますのも、地元の負担、これ物すごく大きい....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/28

委員会名参議院 決算委員会


「次に、福島第一原発に流入する地下水のバイパス放水について聞きます。これまで、汚染水の防護など様々なことについて東京電力より大丈夫ですよと言われて、実際やってみたら放射性物質が漏れていたということが何度もありました。この地下水のバイパス放水については、安全性は本当に確保できるんでしょうか。そして、安全性は誰が....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/28

委員会名参議院 決算委員会


「今、風評被害についての答弁がありましたけれども、現状ではやはり、三陸沿岸の水産物、海産物については風評被害、少なからずございます。今、施策についてありましたけど、私は現状でもまだ不十分だと思います。追加の施策についての検討など、いかがでしょうか。」 「そこで、質問いたしますけれども、三陸沿岸の水産物、震災後....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/28

委員会名参議院 決算委員会


「次に、福島第一原発事故による被災者、避難者の方々の帰還に向けたスケジュールと賠償について聞いていきます。帰還困難区域において残存している放射性物質の分析をしっかり行って、除染がどれだけ効果があるのかなど綿密な分析と評価を行って、帰還に向けたスケジュールをしっかり立てるべきだと考えます。これは、被災された方々....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/28

委員会名参議院 決算委員会


「福島県における住民の方々の帰還に向けたまちづくりについてお聞きしていきたいというふうに思います。帰還に向けたまちづくりのプラン、これ現実に即して行うべきだというふうに私は考えます。必要な公共施設数、学校などもそうですけれども、どれだけの方々が帰還する意思を持っているのか、将来人口がどれだけ増えるのか減るのか....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/28

委員会名参議院 決算委員会


「二〇二〇年の東京オリンピック、これは復興をしっかりと成し遂げた形で迎えなくてはならないというふうに思っておりますが、そこで終わりということではなく、やはり二十年後、三十年後、東北が輝かしいものになってこそ復興だというふうに思いますので、そういった視点をしっかりとお持ちいただければというふうに思います。私は、....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/28

委員会名参議院 決算委員会


「では、ここからは被災地に横たわっている課題について少し細かく聞いていきます。まず、被災地の水産加工業などにおける労働力不足の問題について聞きます。昨今、移民について政府部内でも検討しているようですけれども、私は、労働力不足ということであれば、移民ではなく、三年間の期限で訪日する外国人技能実習生を積極的に導入....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/28

委員会名参議院 決算委員会


「次に、被災地における海沿いにある家屋など財産の保全について聞いていきたいと思います。これは宮城県の南三陸町の事例なんですけれども、津波によって浸食された海岸が更にえぐられまして、保安林が崩壊したり人家に迫っている場所があります。巨大防潮堤事業などに巨額の費用を投じるのではなく、財産が脅かされている海岸線につ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/28

委員会名参議院 決算委員会


「次に、被災地の鉄道の復旧について聞きたいというふうに思います。宮城県の気仙沼線などJRの不通区間ですけれども、地元の声を聞いておりますと、JRが鉄路ではなくBRTなどで結局復旧をして、それでよしとしてしまうんではないかなどということに対しての懸念が上がっているわけです。JRが鉄路ではなくBRTなどで復旧する....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/22

委員会名参議院 国土交通委員会


「私は、仙台塩釜港に対する国の考え方についてお聞きします。これまでも仙台塩釜港の機能強化について質問をしてまいりました。政府答弁は、仙台港の重要性については認識しているとのことで、首都直下地震や南海トラフ巨大地震の際など、いざというときに仙台港に物資を入れて、そこから各地に運ぶという観点からも重要であるという....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/22

委員会名参議院 国土交通委員会


「そして、本法律案においては国際コンテナ戦略港湾として京浜港、阪神港を指定するということですけれども、国交省の資料によれば、東北地方からコンテナで輸出される自動車部品の約七割は京浜港を利用することを根拠として、京浜港に力点を置くこととなっています。この話も分かるんですけれども、それであれば、そもそも仙台塩釜港....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/21

委員会名参議院 決算委員会


「まず、私は、宮城県気仙沼市の野々下海岸での巨大防潮堤建設について聞きます。資料、皆様お手元にあると思いますが、コンクリートの九・八メートルの壁がこんなふうにそびえているわけです。資料を見ますと、何かとんでもないものができてしまったなと誰しも思うわけですけれども、更に一枚めくっていただいて資料二をよく見てもら....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/21

委員会名参議院 決算委員会


「さらに、進めていきます。気仙沼市の小泉地区の巨大防潮堤建設問題についてお聞きします。これ、三枚目の資料になりますが、小泉では、人が高台移転して全く住まないところに、十四・七メートル、ビルの五階に相当する高さの防潮堤を造るわけですが、以前宮城県から説明を受けたときに、この十四・七メートルという高さにする理由と....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/21

委員会名参議院 決算委員会


「では、次に、尖閣諸島周辺の領海警備についてお聞きします。平成二十五年七月一日に中国公船が尖閣諸島の魚釣島に四百五十メートルまで接近しました。いつ上陸されてもおかしくない、これ、ゆゆしき事態だと思います。もし仮に中国公船の乗務員が武装して尖閣諸島へ上陸しようとした場合、海上保安庁は武器の使用はできるんでしょう....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/21

委員会名参議院 決算委員会


「次に、日本の調査捕鯨船に対する妨害活動への対応についてお聞きします。南極海での調査捕鯨においては、シーシェパードによる妨害活動、これは妨害活動といいますか、瓶入りの酪酸や発煙筒を投げたりということで乗務員が命の危険にさらされている、攻撃を受けているという状況だというふうに思います。現在は、調査捕鯨船に乗り込....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/21

委員会名参議院 決算委員会


「最後に、農業に係るコスト削減と新しい農業モデルを導入するに当たっての支援策についてお聞きします。被災地では、農業の復興に当たりまして、農業用ハウスや植物工場などの建設が行われておりますが、燃料についてのコストを削減したいという声が上がっております。コスト削減に当たっては、廃ペットボトル燃料やバイオマスの活用....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/10

委員会名参議院 国土交通委員会


「海外へのインフラ輸出は大いにやっていただければというふうに思うんですけれども、我が党の問題意識は、なぜ政府出資の株式会社でやるのかという点であります。質問をしていきます。この機構、株式会社ですので、事業で収益が出た場合、出資企業に配当を出すことになるというふうに思うんですが、実質国が事業の安定性を保証するよ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/10

委員会名参議院 国土交通委員会


「それでは、リスクについてお聞きしたいというふうに思うんですけれども、事業が思いのほか効果が得られない、何か問題が発生したときの撤退の判断ですが、過去にイランの石油事業で三井物産が中心のグループが清算金を支払って事業を撤退するなど大きな損失を負った事例があります。そういった問題が生じるリスクがあると考えるんで....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/10

委員会名参議院 国土交通委員会


「では、海外インフラの展開の重点地域などについて聞いていきたいというふうに思いますが、我が国の海外インフラ展開で優先すべき地域はどこだというふうに考えているでしょうか。私は、過去日本がアジアの解放と発展を目指し大東亜戦争を戦った観点からも、アジアを重視すべきだというふうに考えますが、いかがでしょうか。また、そ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/8

委員会名衆議院 文教科学委員会


「最近は、中国にせよ韓国にせよ、連携しているかは分かりませんけれども、歴史認識の問題で日本を直接非難するのではなく、他国にいわゆる御注進をしたり他国民にうそを吹聴する戦略を取っています。政府として、中国、韓国が他国でそのような活動をするたびに厳重な抗議をし、他国が誤解しないように訂正していくことが重要ですけれ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/8

委員会名衆議院 文教科学委員会


「次に、竹富町の教科書採択問題について聞きます。竹富町の教育委員会が採用しなかった育鵬社の教科書ですが、これは前提としてそもそも教科書検定を通っているものです。我が国は法治国家ですから、当然、法律の趣旨や文部科学省からの指導に従うべきだと思いますが、竹富町教育委員会の今回の一連の行動、極めて問題だと考えます。....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/8

委員会名衆議院 文教科学委員会


「では、教育委員会の教科書の採択の話、進めていきますけれども、教育委員会の教科書の採択に当たっては、まず第一段階として、教員から成る調査員が教科書の特徴等を分析するということですけれども、この調査した教科書に順位付けをする場合や、特徴についての記述で優劣を記した場合、教育委員会の採択の際に調査員の評価が大きく....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/8

委員会名衆議院 文教科学委員会


「次に、法の趣旨を守るという観点からも、教育現場での国旗・国歌のことについて聞きますが、私が通っていた東京都小金井市の小学校では、私は先生に音楽の教科書に載っている国歌君が代を教えてくださいとお願いしたんですけれども、その先生にはそのうちにねと言われて、結局、小学校でも中学校でも国歌を教わりませんでした。当時....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/3

委員会名参議院 国土交通委員会


「まず、建設業のいわゆる下請企業に対する評価制度について聞きます。下請企業を客観評価する制度については、どのような制度をつくるのか有識者会議で検討するということになっていますが、一向に進んでいないという声が現場からは上がっています。この制度のメリットについて考えてみますと、公共工事において発注者が元請企業を選....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/3

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、被災地の建設工事現場での人手不足、資材高騰などの問題について聞きます。国土強靱化などにより全国で大型公共事業が行われています。そのために、被災地では慢性的な人手不足、資材の高騰、入札不調が起きています。政府はこうした問題について改善策をどのように考え、どのような措置をとっているのでしょうか。」 「進捗....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/3

委員会名参議院 国土交通委員会


「では次に、建設業法等の一部を改正する法律案について聞いていきます。この法案では、公共工事のダンピング受注防止のため見積りの提出を義務付けていますが、一方で懸念材料もあります。それは、業者間で談合を行って、本来は一億円で工事ができるものを全ての業者が二億円の見積りを出して、発注者側に一億円では工事ができないと....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/3

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、木材の利用の観点から建築基準法の改正案についてお聞きします。日本は、大型木造建築の技術、とても優れていると思います。千三百年以上がたつ法隆寺の五重塔、お城の木造の天守閣など、すばらしい建物がたくさん今も残っています。こうした建築技術をもっと生かして大型木造建築物を増やしていけば、木材消費も増え、林業の....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/2

委員会名参議院 本会議


「東日本大震災で我が国は甚大な被害を受けました。この教訓をしっかりと生かさなくてはなりません。首都直下地震、東海・東南海・南海地震などの大規模災害はいつ起きてもおかしくない状況にあり、領空、領海の防衛が緊迫化する中、国家の非常事態時における危機管理の在り方が問われています。本法案によって、具体的にどのように機....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/2

委員会名参議院 本会議


「国家公務員制度改革は、我が党の一丁目一番地の政策です。それは、官僚組織を真に日本国の発展に資する組織に改革しなければならないと考えているからです。守られ、硬直化した組織でなく、抜てきや適材適所の人材活用により、活力がみなぎり、柔軟な発想や対応ができる体制にしなくてはなりません。国家経営も企業経営と同じく、改....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/4/2

委員会名参議院 本会議


「もし仮に政府がこの五年間をきちんと総括して本法案を国会に提出したのだとしても、本法案には我々が納得しかねる点が幾つもあります。以下、時間に限りがありますので、数点に絞ってお尋ねいたします。まず、本法案では、真に我が国のためになる人材を幹部職員に抜てきする大胆な人事を行うことは不可能であると考えます。抜てき人....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/3/27

委員会名参議院 国土交通委員会


「まず、奄美、小笠原両地域を振興するためには定住人口の確保が不可欠だと思います。しかしながら、離島ですので、安心して住めないと思われてしまいますと人口流出は止まらないと思います。そこで、災害時に避難指示、避難勧告が出たり、気象警報が出たりしたときの情報伝達方法について聞きます。これは東日本大震災の教訓でもある....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/3/27

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、奄美の産業振興について聞きます。奄美の特産物として何が思い浮かぶかということを考えてみますと、いろいろあると思いますが、私は大島つむぎがまず浮かびました。しかも、大島つむぎは一反で二十万円や三十万円するということに着目してみますと、私は、こうした高付加価値のものをしっかりとサポートできれば産業振興が図....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/3/27

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、小笠原諸島の観光振興について聞いていきたいというふうに思います。小笠原は世界自然遺産にも登録されまして、私は、外国人観光客に特に訴求効果は高いというふうに思っております。よく旅行する富裕層から見ても神秘的自然がある場所、これはなかなかいいコンテンツになるなというふうに思っております。海外からの観光客の....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/3/27

委員会名参議院 国土交通委員会


「最後になりますけれども、今回の法案では奄美群島振興交付金が創設されますが、二十一・三億円を充てることになります。この交付金による経済効果については、政府では試算しているんでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/3/26

委員会名参議院 東日本大震災復興特別委員会


「巨大防潮堤につきましては、安倍総理が見直しを考える必要があると述べています。しかしながら、復興の司令塔である根本大臣が、巨大防潮堤問題の中で大きな問題となっている小泉地区の事例がよく分からない。これは私は問題だというふうに思っております。巨大防潮堤問題は、県や自治体の住民合意のやり方に問題があるので、もうこ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/3/26

委員会名参議院 東日本大震災復興特別委員会


「では、まず、被災地の父子家庭に対する援助について聞いていきます。父子家庭の遺族基礎年金の支給が四月から実施されます。これについては評価をしたいというふうに思いますが、適用は平成二十六年四月一日以降に新たに要件を満たす方のみになっています。これ以前に遡っては適用されません。しかしながら、被災地では震災により妻....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/3/26

委員会名参議院 東日本大震災復興特別委員会


「次に、被災地で膨大になると予想される手続に対する対応について聞きます。被災地では、これから集団移転や被災された方々の生活再建が本格化して膨大な手続が発生することが予想されます。その際に、現状の市町村の人員で対応できるのかという懸念があります。そこで、専門的知識を有する行政書士や司法書士の方々を活用して、役場....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/3/26

委員会名参議院 東日本大震災復興特別委員会


「次に、漁業における原発事故による被害の賠償について聞いていきたいというふうに思います。現在、宮城県では、県漁協と東京電力の間で出荷制限の掛かった魚についての補償金の支払などについて協議が進められて、一定の合意を見たと理解をしています。しかしながら、これはぎりぎりの線での合意で、本来原発事故がなければ得られた....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/3/26

委員会名参議院 東日本大震災復興特別委員会


「次に、被災地の除染について聞きます。まず、福島県における汚染廃棄物の中間貯蔵施設への運搬について聞きます。環境省のガイドラインによれば、運搬においては、車両から一メートル離れた位置における線量が百マイクロシーベルト毎時を超えないようにとされています。お手元に資料もございますけれども、この場合、車に乗った汚染....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/3/18

委員会名参議院 東日本大震災復興特別委員会


「まず、水産加工工場の再建についてお聞きしたいと思います。再建に当たりましては様々な補助がありますが、そのうち、主に使われる中小企業等グループ補助金、これは四分の三補助、そして水産業共同利用施設復興整備事業、八分の七補助、それぞれから補助を受けて建物や施設を建てる場合というのがあります。その場合、別の補助金な....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/3/18

委員会名参議院 東日本大震災復興特別委員会


「次に、水産加工工場などが建つ予定の土地のかさ上げ問題について聞きます。例えば、水産基盤整備事業での気仙沼市鹿折地区のかさ上げ工事について見てみますと、工場用地の部分のかさ上げは行われているんですが、道路の部分についてはかさ上げが遅れて板チョコ状になっています。お手元の資料のとおりなんですけれども。上下水道な....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/3/18

委員会名参議院 東日本大震災復興特別委員会


「そして、巨大防潮堤の問題について聞いていきたいと思います。お手元の資料の三枚目、気仙沼の小泉地区の巨大防潮堤計画ですが、人が高台移転して全く住まない地区に、二百三十億円を掛けて十四・七メートルの巨大防潮堤を造るわけです。この問題、予算委員会や国土交通委員会で再三質問をしていますが、何が問題なのかといいますと....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/3/17

委員会名参議院 国土交通委員会


「では、質問に移りますが、藤巻委員が特に積極的に取り組まれていた観光について私も聞いていきたいと思います。観光面から、全国の城郭やお城の再建について聞きます。外国からの観光客を増やすためには、二〇二〇年の東京オリンピックなど、大きなチャンスがあるというふうに思っております。外国人観光客が何を好むかという傾向を....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/3/17

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、歴史遺産の活用に関連して、被災地の復興や観光の観点から、宮城県の貞山運河について聞きたいというふうに思います。宮城県の仙台湾沿いにある日本最長の運河であります貞山運河、五十キロにも及びますけれども、一六一一年の慶長の大津波の後、仙台藩祖の伊達政宗公の新田開発ですとか、そこで取れた米を輸送するために造ら....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/3/17

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、大地震に対する対策について聞いていきます。木造住宅の耐震補強です。全国で耐震補強が必要な住宅は一千万戸あるとされていますが、耐震補強なかなか進んでおりません。耐震補強の助成制度、これは拡充されてきているというふうには認識しておりますが、この助成制度を使っても住民の負担は生じるわけです。なかなか二十万円....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/3/13

委員会名参議院 国土交通委員会


「去年、魚釣島への中国公船の最接近が四百五十メートルだったと。これ、四百五十メートルというのはもう目と鼻の先です。これはもう中国による意図を持った侵略行為と言わざるを得ません。しかしながら、国交省は中国公船の接近の意図を分析していない。中国公船の乗組員がもし武器を携えて島を占拠したら、これどうするんでしょうか....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/3/13

委員会名参議院 国土交通委員会


「政府のIT総合戦略本部が取りまとめましたIT利活用の裾野拡大のための規制制度改革集中アクションプランによれば、このように不動産取引における重要事項説明に際しては対面原則の見直し等を行うとしています。この中で具体的には、インターネットでの重要事項説明の解禁については必要な方策を講じるということとなっていますし....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/3/13

委員会名参議院 国土交通委員会


「そこで、質問なんですが、安倍総理は月曜日の予算委員会で、巨大防潮堤について見直しを考える必要があると答弁を行いましたけれども、事業主体である宮城県の村井知事は計画を変更しないと言っています。総理が見直しについて言及したということは極めて重大で、昨日の予算委員会の答弁でも、総理は県に必要な助言を行っていくと発....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/3/13

委員会名参議院 国土交通委員会


「被災地の鉄道再建に当たりまして、ルートの変更が生じる場合があります。その場合、いざ津波警報が出たなどというときに、海側から陸側に逃げるのに使用する道路が鉄道の新ルートによって寸断される例が起きております。このような場合には、踏切の設置やより安全な立体交差を造るべきだというふうに考えますが、自治体によっては予....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/3/13

委員会名参議院 国土交通委員会


「仙台藩祖伊達政宗公が、今から四百年前、一六一一年に起きた慶長の大津波の二年後、ヨーロッパに派遣した通商外交使節が慶長遣欧使節ですが、復興のために貿易を行おうというものでした。仙台藩士の支倉常長が日本の外交官として初めて太平洋を渡って、メキシコ、キューバを経て、スペイン国王、ローマ法王に謁見して、ヨーロッパで....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/3/12

委員会名参議院 予算委員会


「さて、震災復興がどのような形で進むのか、諸外国が注目しています。その中で今問題になっている沿岸部の巨大防潮堤計画ですが、計画を知った諸外国の学者やメディアによって海外にも伝えられ、疑問の声が上がっています。そうした中、おとといの予算委員会で総理が巨大防潮堤について見直しを考える必要があるという発言をされたこ....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/3/12

委員会名参議院 予算委員会


「次に、尖閣諸島周辺の中国公船による領海侵犯についてお聞きしたいと思います。尖閣諸島の国有化の後、中国公船の領海侵犯が続出しております。グラフを見ていただければ分かるんですが、激増しているわけです。中でも去年八月には二十八時間にもわたって領海に入られています。速やかに退去をさせる、領海に入れない、断固たる手段....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/3/12

委員会名参議院 予算委員会


「次は、北朝鮮による拉致問題について聞きます。総理は、先日の答弁で、北朝鮮が内乱状態になったときでも自衛隊を派遣して拉致被害者を救出することは憲法上難しいと述べています。しかし、相手国の同意がなくても、部隊を派遣して自国民を保護、救出することは国際法上一定の条件を満たす場合には認められる場合があると答弁してい....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/3/12

委員会名参議院 予算委員会


「それでは、次に靖国神社の参拝について聞きます。私は、普通に例大祭や年末年始、終戦の日に靖国神社に昇殿参拝しているわけですけれども、総理の靖国参拝を外交問題化して批判する国があります。A級戦犯が合祀されていて軍国主義の美化につながるという的外れな批判です。そこで、A級戦犯とされる方々と東京裁判についてお聞きし....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/2/26

委員会名参議院 憲法審査会


「現行憲法は速やかに改正すべきであると考えます。現行憲法は米国占領下においてGHQ草案を基に作られたことに鑑みれば、大日本帝国憲法が発布されたときのように、日本人の手により、日本国の伝統や日本国民ならではの考え方を熟考して取り入れた憲法改正がなされるべきであります。かつ、現行憲法は、実質的に戦勝国が敗戦国の憲....


→発言の続きを見る


議員名和田政宗(みんなの党)

2014/2/6

委員会名参議院 予算委員会


「総理の御答弁でもありましたし、国交大臣の御答弁もありましたけれども、これ、国の考え方というのは極めて柔軟だということは分かっているんです。国はその防潮堤の高さを決めたのではなくて、防ぐべき津波の高さを示したわけですね。御説明にありましたように、御答弁にありましたように、例えば数十年から百数十年に一回起きると....


→発言の続きを見る

311件見つかりました。