希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

玉木雄一郎さんの発言を表示します。


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/5/10

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「農業外国人の就労解禁についてまず伺います。政令事項が多いので、法案を読んだだけでは、どういう外国人がどういう農業分野に入ってくるかが皆目わからないので、与党の先生方の審議の中にもありましたけれども、もう一回、ちょっと整理して教えてください。在留期間はどれぐらいを考えていて、帰国も可能なのか、家族帯同が可能な....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/5/10

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「技能研修制度というのは、やはりもともとは、技能を日本で身につけて、それを母国、本国に技術移転するということが目的ですから。その後の日本での農作業に役立たせるために前半の技能実習制度があって、その後、今回の農業労働者の制度につなげていくとしたら、事実上、潜脱行為になっていくようなことがあり得ると思うんですけれ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/5/10

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「しかし、今おっしゃったように、一旦帰国してもらうということが条件だということになれば、どれぐらいの期間、帰国してもらうんですか。多分、農業経営をやっている人だと、すぐ使いたいでしょう、それは。ただ、今、これは建前の論理と実態がいつも乖離するんですが、建前からすると、帰ってもらって本国で農業経営とかしてもらう....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/5/10

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「ここにちょっと網かけしていますが、通常の獣医の養成ではないということ、またライフサイエンスのような新しい分野であるということ、あと既存の大学、学部では対応が困難だということ、そして最後に、近年の獣医師の需要の動向も考慮しつつ、全国的な見地から本年度内に検討ということでありますけれども、石破大臣が多分、先ほど....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/5/10

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「先ほどもありましたけれども、定員百六十名の獣医を養成するということですね。百六十名全て、この第一要件の、石破大臣がおっしゃる既存の獣医師養成ではないということで養成される獣医師さんになるんでしょうか。また、その百六十名全員が従来の獣医師養成ではないということを何をもって担保されているのか、教えてください。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/5/10

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「今の十六の大学で、こうしたワンヘルスという考えに基づく人獣共通病に対する対策がとられていませんか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/5/10

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「今おっしゃった、認める際に多分チェックされたと思うんですね、現在の十六大学のカリキュラムとかを。具体的にどこが欠けていましたか。」 「ですから、そこが、もう一度伺いますが、水際対策において、既存十六大学でできていなくて、今回の加計学園が設立する大学の獣医学部で新たにあるいは新規に提供しようとする水際対策、特....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/5/10

委員会名衆議院 地方創生に関する特別委員会


「もう一つ、これはさっき聞いていて気になったので伺いますが、百六十名の定員の理由を、もう一回教えてください。」 「大臣、今の十六大学の定員はどれぐらいか御存じですか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/5/9

委員会名衆議院 国土交通委員会


「二日前に坂出市長が三選をいたしまして、それで、今月中にも坂出北インターチェンジのフル化の申請を国に上げるということであります。これは、太田前大臣にも大変御尽力をいただきまして、法律改正も伴いながら、フル化の予算にスマートインターチェンジの予算が使えるようにするなど、いろいろ工夫をしながらこの間進めてきた案件....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/5/9

委員会名衆議院 国土交通委員会


「最初に国が森友学園側に説明していた、関係資料を交付した上での説明ですが、これは、どのような資料を交付して、どのような説明をされましたか。これは、賃貸借契約を結んだ中に、その合意書、契約書の中に五条一項というのがありますが、ここにさまざまな文書が列挙されているんですね。過去、いろいろな調査をしていますから、こ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/5/9

委員会名衆議院 国土交通委員会


「つまり、もともと、四つの報告書で森友学園に説明したときにも、さまざまな廃材、ごみ、生活ごみがあると。森友学園が二回調査を行った中でも、二カ所のポイントからそれぞれ木片や生活ごみが確認されている。そして、きのうも予算委員会で話題になりましたけれども、二〇一五年、平成二十七年の九月四日に近畿財務局でどうも打ち合....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/5/9

委員会名衆議院 国土交通委員会


「ただ、私が聞いているのは、三メートルまでについては、既に知られたごみではないんですか。今、航空局長は、財務局が言っているので知らないと言いましたけれども、この調書の二ページ目、5.の(1)には何と書いているかというと、これは私、ちょっと驚いたんですが、「今回の鑑定評価に当たっては、」つまり土地の値段の鑑定に....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/21

委員会名衆議院 国土交通委員会


「Jアラートあるいはエムネットは、どのような場合にこれを情報として発出するのか。そして、一番国民が知りたいのは、Jアラートが鳴ったときに、鳴ってから着弾するまでにどれぐらいの時間的余裕があるのか。五分なのか、六分なのか、十分なのか、十五分なのか、教えてください。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/21

委員会名衆議院 国土交通委員会


「もう一つ、飛行中の民間航空機、そして航行中の船舶に対しての連絡体制はどのようになっていますか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/21

委員会名衆議院 国土交通委員会


「先ほど紹介があった、人工衛星と称するものを南方向に撃った際には、Jアラートは鳴りましたね。具体的には、では、あのときは航空機や船舶に対する連絡はいつやりましたか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/21

委員会名衆議院 国土交通委員会


「いやいや、過去の例、九時三十分ですね。九時三十分で、三十四分にJアラートを鳴らして、それで、九時四十分ぐらいに部品が落ちた、四十一分。そのときに、航空機や船舶に対して、当時、九時三十分に発射して、民間航空機や船舶に連絡したのは何時ですか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/21

委員会名衆議院 国土交通委員会


「まず、この八億円はそもそもどのような計算で行われたのかということを資料一に書きましたが、対象面積が五千百九十平方メートル、これは全体の六〇%ですけれども、主に校舎の部分。それに、くい打ち部分は九・九メートルの深さ、そしてその他の部分は三・八メートルの深さに、廃材、ごみ等の、混入率四七・一%のごみがあるので、....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/21

委員会名衆議院 国土交通委員会


「これをずっと見ていただくと、混入率が三〇%台、六〇%台と高い中で、この二十九のポイントは、二十二年一月のレーダー調査で廃材、ごみが確認されているにもかかわらず、この平均値の計算から外しているのはなぜですか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/21

委員会名衆議院 国土交通委員会


「廃材、ごみと書いてある全ての、これは最後に表がついているから見たらわかると思うんですが、そのうち、廃材、ごみと書いてある、一番低い二十九だけ平均値の計算から除いているのは、恣意的な計算であって、かつ、そのことを除くことによって、より大きく値引きをするということが可能になっていると思うんですが、客観性を欠いた....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/21

委員会名衆議院 国土交通委員会


「前回、業者の試掘は八カ所やったということで答弁がありましたが、それが正しいのかということ。財務省の理財局長は七カ所と言っていましたが、七カ所が正しいのか、八カ所が正しいのか、教えていただきたいのが一点と、そして、三・八メートルを確認した試掘の場所は具体的にどこなのか、教えてください。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/21

委員会名衆議院 国土交通委員会


「今、三・八のところの写真があるんですか。先ほど、写真を工事業者から見せてもらって、それを確認した。それを一切我々は見ていないんですけれども、当委員会に提出いただけますか。局長、いかがですか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/21

委員会名衆議院 国土交通委員会


「では、もう一点、それを出せるかどうかと、要は、皆さん自身で三・八メートルは確認していないんですね。全部、業者が言っていた、業者の写真を見て皆さんが判断したので、航空局としても財務局としても、みずから、自分で現認は一切していないということですね。ここは明確にしてください。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/20

委員会名衆議院 農林水産委員会


「これから二国間交渉に入っていくということ、可能性がありますが、その際、TPPの水準を超えるような譲歩は認めないということを明言いただけますでしょうか。」 「仮になった場合でも、TPPの水準、これは国会でも決めたわけじゃないですか。我々は反対しましたけれども、立法府を通っています、衆参。そのレベルをまず農水大....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/20

委員会名衆議院 農林水産委員会


「これまでアメリカ抜きのTPPということには完全否定の立場でありましたけれども、さまざまなオプションを考えるということで、最近さまざまな関係者の発言が変わってきていると思いますが、トゥエルブ・マイナス・ワン、このTPPイレブンについての政府の考えを教えてください。」 「確認します。あらゆる手段、方策を排除しな....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/20

委員会名衆議院 農林水産委員会


「ただ、あの当時問題だったのは、何が耐震性があるため池で、どのため池が耐震性がないのかという現状把握さえなされていなかったんです。それで、二十五年、二十六、二十七と三カ年において総点検を各都道府県の協力も得てやってもらいました。まず伺います。現時点において、耐震不足が確認されているため池は全国に幾つありますか....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/20

委員会名衆議院 農林水産委員会


「ここで質問なのは、今回耐震不足だと言った、では防災重点ため池に限りましょう、一千八百三十七、これは法八十七条の四に規定する整備すべきため池の対象に全てなりますか。これを確認させてください。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/20

委員会名衆議院 農林水産委員会


「そうなると、税金を突っ込んで整備して、こんな優良な圃場整備ができたのに、数年たったら、非常に平地できれいにしているから、ほかのものに幾らでも使いやすいですよ。コンビニになっていましたとか、あるいは福祉施設になっていましたとか、平気で転用されるのは私はまずいと思うんです。そこで、法律上、こうして農家の負担なく....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/20

委員会名衆議院 農林水産委員会


「これは結構、現場で皆さん聞きませんか、西日本の方、南西方面の方は。せっかく営農継続してある程度経営が安定してきたというのに、どんと削られて、水田フル活用じゃないのかということも言われるわけであります。これは何で削ったんですか。このお金を餌米の補助に回すとかという話もあるんですけれども、これは飼料用米偏重が過....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/20

委員会名衆議院 農林水産委員会


「この飼料用米政策をやることによって主食用米の値段を上げることが、需要を必要以上に冷やす効果があるのではないか。逆にもっと言うと、SBS米の話が随分話題になりましたけれども、相対的に輸入SBS米の価格競争力を高めることに協力しているんじゃないのかということもあると思うんですね。こういった点についてどのようにお....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/20

委員会名衆議院 農林水産委員会


「価格や量のコントロールに国家が過剰に介入してマーケット、市場原理を曲げていくということからできるだけ脱却していって、補助に頼らないような農業に変えていくというのが期待された改革の方向性だったのではないんですか。当面、百十万トンぐらい飼料用米をやるんですか。一千六百億ぐらい予算が要るというふうに聞いていますけ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/20

委員会名衆議院 農林水産委員会


「農協改革が行われ、法施行がされ、今改革の途上ではありますけれども、法律は施行されました。今から冷静に振り返ってみて、こうした指摘、改革によって解消されていますか。伺います。この全力投球できていなかった単協が、この改革によって何か新たに全力投球できるようになった事例を一つでもいいから教えてください。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/14

委員会名衆議院 文部科学委員会


「そして、先般まとめられた論点整理というものがございまして、この中に、学校教育の中におけるギャンブル等依存症についての記述がございます。というのも、総理が、このIRについてはいろいろなことを対応していかなければいけないという中に、依存症やマネーロンダリング、青少年への影響等、IRについてのさまざまな懸念に万全....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/14

委員会名衆議院 文部科学委員会


「ちょっと一つ伺いますが、小学校、中学校の学習指導要領、道徳のところを持ってきましたが、節度ある生活をするとありますね。今後、道徳というのが評価の対象になるということなんでしょうが、ギャンブルをすると道徳の点数は悪くなるんですか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/14

委員会名衆議院 文部科学委員会


「ギャンブルをすることは、節度を守り節制に心がける生活ではないという理解でよろしいですか。」 「差し控えるといったって、これは政府がまとめた、学校教育における対応のところに、「「道徳」の時間を通じて、節度ある生活に関することが指導」と、今も御答弁をいただきましたけれども、書いているんですね。だから、ギャンブル....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/14

委員会名衆議院 文部科学委員会


「この論点整理の中に、今後の対応の一つの案として、高等学校の保健体育の学習指導要領解説への記載を検討するということなんですが、ギャンブル等の依存症対策として、保健体育の学習指導要領に何を書くんですか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/14

委員会名衆議院 文部科学委員会


「保健体育に書いていくということは、それが文科省としてはある種病気の一種だという位置づけの中で、今後の対応としては、保健体育の学習指導要領解説への記載ということをしていくということなんでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/14

委員会名衆議院 文部科学委員会


「過度な依存症になるということは精神疾患ということで文科省は考えておられるんですね、という理解でよろしいんでしょうか。事務方、大丈夫ですか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/14

委員会名衆議院 文部科学委員会


「保健体育のところに書くということは、そういう病気、病的なものになったら適切な診断、治療を受けましょうということなのか、欲求やストレスを、要は、ストレス解消をうまくやりましょうという観点で記述していくのか、これはどうなんですか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/14

委員会名衆議院 文部科学委員会


「今お伺いしても、ギャンブル等依存症に対する学校教育上における位置づけとか対策が、私、必ずしもきちんとまだ整理されていないような気がするんですね。ですから、これは大臣、文科省としてもきちんと議論を深めていただきたいと思いますし、病気なのか怠け者なのか、これはなかなか境目が難しいところではあると思うんですけれど....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/14

委員会名衆議院 文部科学委員会


「今回、実はギャンブル等とあえて遊技も入れて議論を始めているのは、かなりパチンコも依存症があるし、非常に不幸な事件では、幼い子供を車の中に置き去りにして、夏、死亡させるといった事案もあるわけでありまして、笑い事ではない話なので、学校教育上、パチンコに対してもどのように位置づけておられるのか。ギャンブルと同じな....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/14

委員会名衆議院 文部科学委員会


「生徒指導というのは、学校をサボってパチンコに行っている人にだめよという意味での生徒指導か、将来、例えば人生設計とか、先ほど話があった、収支をちゃんと、自分の暮らしを立てていく中で、将来にわたってもそういうことをしっかりやるという中で指導するような話なのか、それはどちらなんでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/14

委員会名衆議院 文部科学委員会


「ちょっと時間がないのでこの点はきょう聞きませんが、それを教える先生方もそれなりのレベルの人がそれなりの数要るわけでありまして、この設置認可申請によると、約七十名ぐらいの教員を用意しているということで申請をするということなんですが、これは実は、私のところにある情報提供がありまして、この七十名ぐらいの教員のうち....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/14

委員会名衆議院 文部科学委員会


「最後に、北朝鮮の動向、半島情勢が非常に緊迫化しております。そんな中で、韓国にある現地の日本人学校等在外教育施設の安全確保について文科省としてどのような対応をとっているのか、最後に、この点だけお伺いしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/10

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第四分科会


「その前に、まず冒頭お伺いしたいのは、年度がかわりました。年度がかわったことによって、三月三十一日までに小学校の用途に供することができない場合については原則更地にしてこの国有地を戻すという約束だったと思いますが、もう三月三十一日が過ぎております。一部報道によりますと、上物二十億円、土地十一億円、総額三十一億円....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/10

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第四分科会


「これも一部報道でありますが、どうやら二千万円近くを不正に受給しているのではないかというような報道もありました。これはよくわかりませんから、まず国交省にお伺いしたいんですが、一億三千二百万円を支払う際には、産廃マニフェスト等、どういう埋設物をどのように撤去したのか、これを当然確認した上で一億三千二百万円を支払....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/10

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第四分科会


「一方で、これも済みません、報道ベースですが、建設業法上求められる工事経歴書には税抜きで約一億円ということで記載があるようでありますけれども、この事実関係はいかがでしょうか。」 「国交省としては、先ほどの一億三千二百万円は適正なものとして確認をする一方で、工事経歴書は一億五万円。なぜこの差が生まれるんですか。....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/10

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第四分科会


「次に、安倍昭恵夫人付であった谷氏が籠池氏に送ったファクスの中に、この有益費の支払いに関しての記述があります。森友学園と国土交通省航空局との調整に当たり、予算措置がつき次第返金する旨の了解であったというふうな記述があります。こうした了解を航空局との間でしたのかどうか、事実関係を教えてください。」 「その航空局....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/10

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第四分科会


「本契約終了時というのは、当時は、買い受け条件つき有償貸付契約ですから、買うと決めたとき、買ったときが終了時ですね。そうではなくて、これは、二十八年の四月六日に払うことになるんですが、この六条の二項ではなくて、むしろ三項の規定を適用して支払うことになったんですが、そのように決めたのはいつですか。また、繰り返し....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/10

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第四分科会


「では、もう一つ聞きます。六条の二項の、先ほど言った甲の基準による検証、何を対象として支払うのかというこの基準ですが、何か具体的な紙になった基準がありますか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/10

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第四分科会


「この有益費の中身、ごみの撤去に関しては、四月四日の財務金融委員会で、佐川局長が、一億三千二百万円の有益費に係るごみの撤去工事において、一定の埋設物については処理しましたが、全部を取り切れていないと答弁されました。全部を取り切れていないということは事実ですか。改めて。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/10

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第四分科会


「想像するに、コンクリート殻とか大きいものは、そんなものがあったらくいも打てませんし、建設に支障がありますけれども、マヨネーズのケースとかサンダルとか、そういうものであれば、取り切ると切りがないので、そこまでは建設に支障がないということで、そこは有益費の対象にしなかった。つまり、仮に残っていたとしても、それは....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/10

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第四分科会


「ある意味、それを全部取り除けば、それは契約上は有益費の対象になるし、国に対して請求もできると思うんですけれども、それは業者がしなかったからしなかったということなんですか。何を対象にして、何を対象にしないのか、そこで航空局等とそれはちゃんとそれなりの協議をした上で、これは対象にしましょう、これは対象にするもの....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/10

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第四分科会


「これは私、非常に不可解に思うのは、有益費の計算の際には、あえてちょっと限定しましょう、条件が違ったらいけないので。表層から三メートルまでの話に限定しましょう。ここの廃材、生活ごみについては、もう何度も申し上げているように既に存在が知られたごみです。これを、八億円の計算をするときには新たなごみだといって、それ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/10

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第一分科会


「最初に伺います。これは、某テレビ番組のインタビューの中で、三宅代理はこのようにおっしゃっています、今回の件に関して。当然、八億円も下げたら会計検査院の対象になることはもうわかり切っているじゃないですか、最低五年は保存しなきゃいけないということはみんなわからないといけないですよね、それが一年未満の文書だから廃....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/10

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第一分科会


「そこで、資料の一をごらんください。これは、先般四月三日の衆議院決算行政監視委員会の議事録でありますけれども、この指摘をされた佐川局長がこのようにおっしゃっています。行政文書は、紙もパソコン上のデータも同様の取り扱いにしてございます。それはそのとおりだと思いますね。次です。このパソコン上のデータ、短期間でそこ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/10

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第一分科会


「よく問題になる、平成二十七年九月四日、近畿財務局で近畿財務局、大阪航空局、そしてキアラ設計、中道組が集まってこの埋設物の除去費用なんかについて議論したということは、これは、佐川局長が委員長の求めに応じて答える形で国会でもお答えになっておりますが、このやりとりの交渉記録、これを出してほしいということを何度もお....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/10

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第一分科会


「公文書管理法の八条の二項に、保存期間が満了した行政文書ファイル等を破棄しようとするときは、あらかじめ、内閣総理大臣に協議し、その同意を得なければならないとなっていますね。これは、非常に大事な文書をいろいろ行政ではつくります。それで破棄をしていきます。ただ、破棄するときには、内閣総理大臣に事前協議して、その同....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/10

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第一分科会


「ですから、この行政文書、とりわけ一年未満の保存期間になっているものについては、各省横断的に一度しっかり見直して、どのような人が一年未満にできるのかということについては、一度きちんと検証した上で新しいルールを、私は、これは見直ししていくべきだと思うんですけれども、これは通告がないんですが、感想はいかがですか。....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/10

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第一分科会


「スリーRの原則が動物実験にはあると思います。その一つのリプレースメント、この原則はどのような原則ですか。」 「もっと正確に答えてください。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/10

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第一分科会


「それが、今回、新設しようとする獣医学部では、豚とか猿とかを実験動物に使う、そのことがライフサイエンスの新しい分野に貢献するんだということなんですが、これは今の国際的な動物愛護の流れに全く逆行するものですよ。こういうことを、大臣、特区で認める。まさに、豚や猿を実験動物に使うような獣医学部を新設するために特区を....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/10

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第一分科会


「それで、伺いたいのは、非常にスピード感を持ってやったと思いますが、ただ、逆に言うと手続が非常に粗かったなと思うんですが、このことを決めるときに、環境省と合い議をして、事前協議をしてきちんと決めていますか。環境省、この特区、こういう形でやることについて、事前協議を受けていますか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/5

委員会名衆議院 文部科学委員会


「大臣の発言で、教育勅語を道徳教材に用いることもできる、否定しないという発言があったやに思いますが、事実関係はいかがでしょうか。」 「憲法に反しない場合には道徳教材に用いることも可能だということですか。確認です。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/5

委員会名衆議院 文部科学委員会


「そこで、教員や校長先生にこれは任せられるということもおっしゃっていたやに聞いておりますけれども、では伺いますが、憲法に合致する形で使用するというのは、具体的にどういうことを意味するんでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/5

委員会名衆議院 文部科学委員会


「ですから、先ほど申し上げたように、部分的には非常にいいことを書いています、書いていますけれども、この趣旨説明にもあったように、その部分的にいいところを認めてなお、指導原理的な性格を認めないということを宣言するということを言っておりますし、将来濫用される危険も全然ないとは申されませんと。こういったことを全て議....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/5

委員会名衆議院 文部科学委員会


「学校給食、給食だけではなくて子供の食に関することなんですが、朝食を食べる頻度と学力との間に一定の相関があるということが言われています。大阪府がこの前独自調査をしましたけれども、これは国としてどう考えているのかということを、まず認識を教えていただけますか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/5

委員会名衆議院 文部科学委員会


「これは私、平成二十六年、もう三年前になりますが、二月二十七日に安倍総理に対して、こういう子供の健康状態、特に血液検査を行ってチェックをして、それを子供の生活の改善、ひいては学力の改善にもつなげていくようなことをしてはどうかという御提案を申し上げて、総理はそのとき、「香川県でやっている取り組みの成果等々もしっ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/5

委員会名衆議院 文部科学委員会


「天下りについて伺います。では、きょうは嶋貫参考人にもお越しをいただいておりますが、先ほど来質問がありましたけれども、これは文科省にまずお答えいただきましょうか。今回、六十二件、違法行為等が認定されましたけれども、このうち、いわゆるOBスキーム、嶋貫さんを経由したものとして認定されたものは、この六十二件のうち....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/5

委員会名衆議院 文部科学委員会


「午前中もありましたけれども、嶋貫参考人、以前、私、何度かお伺いさせてもらいましたが、最初、ボランティアで始めた、人助けだということだったんですが、ただ、少なくともこの二十二年七月のメモを見ますと、対象、取り扱い範囲が、本省の幹部職員が退職する場合であるとか、国立大学法人等の理事、事務局長が退職する場合である....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/5

委員会名衆議院 文部科学委員会


「質問は、これはボランティアで始めたということなんですが、今回の報告書はかなり組織的な関与を認定した報告書だと思いますけれども、当初から、つまり、ある種、退職時から、事務次官か文科審か幹部の命を受けて、こういったことをやるために退職をし、スタート時から、こういったスキームを行うことを最初から想定してやっておら....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/4/5

委員会名衆議院 文部科学委員会


「そこで、報告書の中にも出てきますけれども、人事課が嶋貫さんとも相談しながら、某氏とここには書いていますが、某氏と相談しながら再就職先の案をつくって、それを時に次官や幹部に相談しながらやってきたということが書かれていますが、このつくった案について、全部網羅的に調べましたか。」 「いや、お答えいただいていないん....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/29

委員会名衆議院 国土交通委員会


「まず、石井大臣、明治時代の北海道開拓使官有物払い下げ事件というのを御存じですか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/29

委員会名衆議院 国土交通委員会


「お手元にある資料一をまず見ていただきたいんですが、これは近畿財務局から出てきた資料で、八億円の値引きの根拠になる最初の現場確認の資料ということで提出をいただいたものでありますが、三月三十日となっています。報告をいただいているのは、昨年の三月十一日に見つかって、十四日に確認に行ったということになっていますが、....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/29

委員会名衆議院 国土交通委員会


「13は、この地図からすると、むしろ遠い位置から、例えば14番の位置から撮影され、それを近づいて撮ったのが14、15だと思われますが、例えば、13番と14番は位置が入れかわっていませんか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/29

委員会名衆議院 国土交通委員会


「コーンの位置をよく見ていただきたいんですけれども、13番の切り取ったところのコーンの位置関係ですね。右下、赤いコーンと黄色と黒の棒が写り込んでいますが、同じ比率、同じような形で右下に写り込んでいます。同じように、15のところの左下に赤いコーンと黄色と黒の棒が写っています。これは拡大したように見えますが、本当....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/29

委員会名衆議院 国土交通委員会


「これが、三月十四日、両局で行った写真なんですが、この最初のものですね、最初の二枚、三枚、四枚、五枚、六枚。三月三十日、これはかなりごみが出ているということなんですが、このときには航空局は行っていませんね。なぜ、三月十四日は両局で確認に行ったのに、三月三十日には航空局は一緒に行っていないんですか。」 「なぜ三....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/29

委員会名衆議院 国土交通委員会


「十四の資料を見ていただきたいんですが、大切なことは、購入者の負担額と実際の売却費用をきちっと分けて考えなければいけないと思っています。森友学園に売却された土地は、値段そのものが、ごみが出てきたということで一億三千万円に下がっていますけれども、野田中央公園の用地として売却された売却価格でありますけれども、これ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/29

委員会名衆議院 国土交通委員会


「ちなみに、この防災公園を整備する事業の補助と、裏負担を支援する、これは、平成二十一年度の第一次補正予算、すなわち麻生政権のときにできた予算だと理解していますけれども、その理解でよろしいですか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/29

委員会名衆議院 国土交通委員会


「公園用地は道を挟んですぐ東側にありますから、ある意味、土壌の状態とか、埋まっているごみの状況も同じようなものだと思いますが、この給食センター用地も森友学園に売却された土地のすぐ近くにありますか、隣接していますか、何キロ離れていますか、端的にお答えください。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/29

委員会名衆議院 国土交通委員会


「森友学園から出てきた、そして八億円値引きしたことの根拠は生活ごみですね。先ほども言ったように、サンダルであったりとかマヨネーズの容器だったりということが例示をされておりました。この給食センターから出てきて、今、撤去費用をどうするのかという議論があると思うんですが、これは、伺ったところによると、石綿、つまり発....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/29

委員会名衆議院 国土交通委員会


「そして、理財局に改めてお伺いします。八億円の値引きの根拠は生活ごみですね。すごくシンプルなことをお伺いしますけれども、建設に支障のない家庭ごみを、生活ごみを取り除かなければならなかった法的根拠は何ですか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/29

委員会名衆議院 国土交通委員会


「これは前も聞きましたけれども、平成二十七年一月のボーリング調査によると、確かに、池があったり、昔、もともと池沼部分が存在する。しかし、それは、周辺に高層住宅も建っていることから、当該要因が建築を制約する可能性は低いという鑑定が出ているんです。なぜ、生活ごみが出てきて、それで建築に支障が生じるのか、八億円もか....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/29

委員会名衆議院 国土交通委員会


「このファクスです。ファクスのやりとりなんですが、これは公文書ですか、つまり行政文書ですか。そして、このファクスのやりとりは公務じゃないんですか。」 「では、これは、公務としてやっていたんじゃなくて、個人として親切でやったということなんですね。そういうことですか。」 「全く公務に関係ないことを勤務時間内にやる....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/17

委員会名衆議院 文部科学委員会


「まず、給付型奨学金について伺います。画期的な第一歩だと評価をしております。まず、この対象人数と財源について伺いたいと思うんですが、本格実施するのが平成三十年だと思いますけれども、そのときに何人を対象にするのか。そして、高校の数は全国に公私合わせて五千ぐらいと思いますけれども、大体一クラス一人ぐらいが対象にな....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/17

委員会名衆議院 文部科学委員会


「今、与野党で教育財源確保に関する議連がそれぞれ、いろいろな動きが始まっていますけれども、大臣、ぜひ文科省としても、財務省は反対すると思いますけれども、きちんとした理論立てでやっていけば、一部の文教関係予算というのは国債発行対象経費にもなり得るし、その整理をどうやってきちんとやるか、国民の理解を得られるかとい....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/17

委員会名衆議院 文部科学委員会


「だから、赤字国債の発行を抑制しながら、それでいて、やはりこういう次への投資にはそういった新しい国債の枠組みも、これから新しい時代、考えていく必要があるのではないかと思っていますので、与野党で議論を深めていきたいと思います。では、大臣、お気持ちだけでも。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/17

委員会名衆議院 文部科学委員会


「これは一度、予算委員会あるいは分科会でも大臣とやりとりをさせていただいたと思いますが、その際指摘をしたのは、全省調査において、いろいろ報告をしてくれということで調査票を出しているんですが、その中に、他の職員がそういった違法行為、国家公務員法第百六条の二とか三の違反があった場合はその証明するものをつけて出せと....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/17

委員会名衆議院 文部科学委員会


「では、ちなみに聞きます。もう大体締め切って、来週にもこれは調査報告が出ると思いますが、ちゃんと証明できるものを添付するなりなんかして出してきた調査報告、現時点で幾ら出てきていますか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/17

委員会名衆議院 文部科学委員会


「ですから、大臣、これはもちろん府の所管であることも重々承知をしております。しかし、これだけ大きな問題になった以上、教育をつかさどる文科省としても、府やあるいは園側だけに話を聞くのではなくて、保護者や元保護者の皆さんの声にも耳を傾けながら、こうした問題の調査や解決にやはり尽力、努力すべきだと思いますけれども、....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/17

委員会名衆議院 文部科学委員会


「これは伺いますが、大学の場合で結構です。設置申請をする申請書に虚偽があった場合にはその後しばらく認可申請ができない、平成十八年にたしかそういうルールを決めたはずですけれども、これはどうなっていますか。再チャレンジすると籠池理事長は言っているんですが、もし申請に虚偽があった場合は、少なくとも、高等教育、大学、....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/17

委員会名衆議院 文部科学委員会


「最後、残りの時間で、特区で愛媛県今治市に設置される獣医学部の件について伺いたいと思います。まず文科省に伺いたいのは、獣医学部の新設はできないという規定になっていますね。これは特区が認められた後も原則できないということなんですが、なぜできないとされているんですか。」 「需給関係からということは、つまり、獣医の....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/17

委員会名衆議院 文部科学委員会


「獣医師の数は不足していないんです。これはずっと文科省が言ってきたことです。そして、偏在はあります、地域偏在。それと、いわゆる大動物の獣医は少ないんだけれども小動物は多くて、分野間の偏りもあるし地域間もあるんだけれども、全体としては、足りていないというか、過不足なく、需給の関係でぴったり合っているから、不足し....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/17

委員会名衆議院 文部科学委員会


「では、伺います。平成十九年が最新だと思いますが、農水省は獣医師の需給についての調査をしていますね。調査しています。その中にもありますけれども、では産業動物で、二〇四〇年で最もそれが不足するという地域はどこですか。本当に四国ですか。」 「ちゃんと、これで一番少ないのはどこですか。」 「四国が産業動物の獣医が少....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/3

委員会名衆議院 国土交通委員会


「森友学園が経営している塚本幼稚園での教育の内容について、先月二十一日に、現地に行って、退園された保護者の方々のお話を聞きました。例えば、決められた時間にトイレに行けないと。これは、学校教育法十一条に言う体罰に当たるという答弁もありました。各種そういったことが報告されているので、すぐ大阪府の教育庁に行って、こ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/3

委員会名衆議院 国土交通委員会


「一部報道では、これは、カリキュラムだけではなくて、財務体質の問題、あるいは今問題になっている埋設物の除去に関して、その安全性等についてさまざまな問題があるので、大阪府の私立学校審議会においては認可しないこともあり得る旨の報道がありますけれども、そういったことがあり得るという理解で文科省もいるのかどうか、文科....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/3

委員会名衆議院 国土交通委員会


「総理夫人が公人か私人かということが国会でも何度か取り上げられましたけれども、これは事実確認だけです。総理夫人には、いわゆる秘書官的な役割の人が常駐で二名、非常勤で三名、各役所から出ていると聞いておりますけれども、この事実関係をお答えください。あわせて、警護官のような方が常時ついているのかどうか、この点につい....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/3

委員会名衆議院 国土交通委員会


「これは、一部先んじて報道もありましたし、国会でも野党議員から指摘がありましたけれども、平成二十七年の九月四日午前十時に、近畿財務局九階の会議室で、近畿財務局の職員、大阪航空局の職員、そして工事業者及び設計業者が面会しているということが言われております。国交大臣に伺います。大阪航空局の職員が、近畿財務局の九階....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/3

委員会名衆議院 国土交通委員会


「ですから、ここはしっかりと情報公開をしていただいて、何らかの、この前後の時期に、航空局の職員そして近畿財務局の職員、この森友学園の関連の工事業者そして設計業者と面会したことは今大臣お認めになりましたので、このあたりの接触記録について提出いただくことをお願いしたいと思いますが、いかがでしょうか。」 「大臣、ぜ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/3

委員会名衆議院 国土交通委員会


「深いところのものは、翌年、昨年の三月十四日にやったものということで、写真つきのものを見せてもらっているんですが、実は、この平成二十七年八月二十七日の現地調査についての資料は一切いただいておりません。ここで実は大事な現地確認が行われているんじゃないかと思うんですけれども、そこで、どのような埋設物をどこで発見し....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/3

委員会名衆議院 国土交通委員会


「最初、財務局が計算したら年間四千二百万円ぐらいだったのが、三カ月の間にもう一回試算したら、それが何と、三千六百万、二千七百万にどんどん下がるわけです。わずか三カ月の間になぜ二回も鑑定をしたのですか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/3

委員会名衆議院 国土交通委員会


「確かにそういうことは出たんですけれども、それは建設工事費が上昇するような土地ではないということが十ページから十一ページに書かれていますけれども、今の説明はおかしいのではないですか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/3

委員会名衆議院 国土交通委員会


「その後、ただし、池とか沼の部分が存在するので、表層部分が軟弱なので、表層から深度一メートルの地盤改良工事を要すると判断しているので、地盤が軟弱なんということは一言も言っていませんけれども、違いますか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/3/3

委員会名衆議院 国土交通委員会


「まさに、依頼者側、森友学園の要請に応じて、その政治的働きかけが一体どういう効果を及ぼしたかはよくわかりませんが、結果として一年前に森友学園が要望していた額に賃料が引き下げられたことは事実ではありませんか。いかがですか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/24

委員会名衆議院 予算委員会


「私が以前の予算委員会で指摘を申し上げました文科省の省内調査、何かあれば自己申告しろ、あるいは他の職員が法令違反になるようなことをやっていればそれをきちんと報告しなさいという中で、ただしその場合には証拠をつけないといけないということが調査票に入っていて、こんなことを書いていたら誰も正直に言ってこないというふう....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/24

委員会名衆議院 予算委員会


「この八億円、新しい埋設物が見つかったと報告があったのは去年の三月十一日です。その三日後に、近畿財務局と大阪航空局が、そうか、どういうのが見つかったんだといって確認しに現地に行きます。後にこれが八億円ディスカウントしようということの根拠となる最初の確認になるんですけれども、三月十四日、両局で行った一番最初の確....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/24

委員会名衆議院 予算委員会


「きのうも野党の議員からの質問で答えていましたが、賃貸借契約でスタートして、新しいごみが出たからといってディスカウントして、それを売買契約に移転し、さらにそれを分割払いに変えて当面の支払いの額がほとんど変わらないような契約をしたことは、学校法人において過去何件ありますか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/24

委員会名衆議院 予算委員会


「では、八億円はそれなりの合理性があるとしましょう。実際にどれぐらいのコストをかけて搬出が行われたのか、埋設物の撤去に幾らかかったか把握していますか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/24

委員会名衆議院 予算委員会


「皆さん、びっくりしませんか。八億ディスカウントして、八億を時価から差し引いて安く売っているんです。その八億円の根拠は、どういう調査をしたかというと、いや、自分ではしていませんと。ごみか土か、その辺に盛り上がっているので、多分それが掘り出したものでしょうと。産廃か一廃かもわからない。かつ、現に、ダンプで運び出....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/24

委員会名衆議院 予算委員会


「先ほどあったように、前例のないことをしていますね、過去ゼロ件、今回が初めて。賃貸契約で入って、安い賃料だということで契約に入り、その後一億三千二百万円を有益費でもらって、さらに何か新しいものが見つかったということで、これを売買契約に転じて、しかも分割払い。一体いかなる法令に基づいてこんなアクロバティックなこ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/24

委員会名衆議院 予算委員会


「こういうことが実は言われているので、実際どういう作業をしたのかは確認しません、法律上確認する義務もありませんと言うのではなくて、もし、そもそも八億円の根拠になった運び出すべき汚染土や埋設物が実は少なかったのではないのか、さらに法令に違反する形で敷地の中に埋められているとしたら、これは改めて確認する必要がある....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/24

委員会名衆議院 予算委員会


「総理、これは財政法にも違反するかもしれない案件であって、今お聞きになってどうですか、こんな対応でいいと思いますか。私は、やはりこれはきちんと調査をして、国民の疑惑を晴らすべきだと思うんです。徹底調査をやるべきだと思いますけれども、総理、いかがでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/24

委員会名衆議院 予算委員会


「では、ちょっと伺いますよ。これは一万九千五百トンが対象なんですけれども、積算するときに単価を掛けていますね。一トン当たり二万二千五百円です。この二万二千五百円はどういう単価が根拠になっていますか。全て産業廃棄物なのか、単に土なのか、いろいろ中によって、まあ産業廃棄物が一番高くつくと思うんですが。どういうもの....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/24

委員会名衆議院 予算委員会


「それで、これは全て産業廃棄物だということで計算しているそうなんですが、運び出したものが全て産業廃棄物だと確認していますか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/24

委員会名衆議院 予算委員会


「しかし、日本は別の法律があります。廃掃法や廃棄物の処理に関する法律があって、産廃マニフェストというものをしっかり見れば、そこに廃棄物の種類や数量が明確に書いてあると思いますが、事実関係はいかがですか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/23

委員会名衆議院 予算委員会


「これは時系列からいうと、もともと賃貸借契約だったものが売買契約に昨年の六月二十日に変わっているわけですね。ということは、昨年度は売買契約を前提に保証金と、あるいは賃料の予算が計上されていたと思いますけれども、空整勘定ですね、これは事実関係はいかがですか。」 「二千七百三十万円が二十八年度はきちんと計上されて....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/23

委員会名衆議院 予算委員会


「なぜ計上しないんですか。売買契約が明確に締結され、そして、お金の支払いも、まず頭金で払って、そして次の年もきちんと一千百万程度、多少差はありますけれども、全部契約書に書いています。なぜそれを予算案に反映させないのですか。」 「局長、契約書をごらんになったことはありますか、契約書を。二十九年度に幾ら払うかは契....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/23

委員会名衆議院 予算委員会


「それで、ひょっとしたらまとめて前払いでもっと入るかもしれないから計上しないんじゃなくて、せめて、最も保守的な分割払いの額だけでも書いておくべきなんじゃないですか。さらにもっと入ってきたら、それはたくさん入ってきたといって補正でもさらに、税収が上振れるのと同じように補正で直せばいいんだから。契約書にある額が書....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/23

委員会名衆議院 予算委員会


「八億円の撤去費用について、この大幅値引きをした妥当性についてもう一度伺いますが、三月十四日に財務局と大阪航空局で現地に行って確認したということなんですが、改めて伺います。どの場所のどのような埋設物をどのような形で確認したのですか。」 「もう一つ伺います。今現に建設が進んでいますけれども、八億円分しっかり工事....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/23

委員会名衆議院 予算委員会


「そして、産業廃棄物であれば、産廃マニフェストというのがありまして、実際に産業廃棄物をどう処理するかということは法令上、廃掃法上も明確に決められていると思いますけれども、その点、事実関係だけちょっと教えてください。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/23

委員会名衆議院 予算委員会


「そうすると、必ずこの産廃マニフェストというのが必要になってくるので、それにはさまざまな情報が書かれているわけであります。ですから、ぜひ、森友学園さんとその撤去を依頼した依頼先の業者との間で一義的にはやりとりがなされるんでしょうけれども、国土交通省は、そういった業者についても所管しているわけでありますから、こ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/23

委員会名衆議院 予算委員会


「石井国交大臣、これは国交省としても何らかの調査をして事の真相を明らかにする、行政としての説明責任を果たすべきだと私は思うんです。今このやりとりを聞いておられて、済みません、これは通告していないんですけれども、やはり一定の調査をすべきではないかな、石田政調会長も記者会見で行政はきちんとやはり説明すべきだという....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/23

委員会名衆議院 予算委員会


「例えば、契約書とか今言った産廃マニフェストなどを取り寄せて確認すればいいので、国有財産を管理する財務省としても、これは大臣のリーダーシップで確認、調査すべきだと私は思うんですけれども、調査しませんというそっけない答弁じゃなくて、ちょっと調査した方が本当にいいと私は思うので、いかがでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/23

委員会名衆議院 予算委員会


「麻生大臣、もし財政法九条に違反するような事実が判明したときには大臣はどうされますか。大臣としての責任もあると思いますけれども、いかがお考えですか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/23

委員会名衆議院 予算委員会第三分科会


「麻生大臣に伺います。裏わざの一番目、外為特会の剰余金を全額一般会計に繰り入れるということを来年度予算案では行っております。しかし、これは、平成二十二年十二月二十二日に、ホームページにも財務省がどおんと出して、いわゆる、国際局に無理を言って隠れ借金的に外為特会からもらってフレームを組んじゃうと、もうずるずるず....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/23

委員会名衆議院 予算委員会第三分科会


「昨年三月十一日に、この八億円の埋設物撤去費用に係る新たな埋設物が発見されたと森友学園の工事事業者から連絡があったということで、近畿財務局、そして大阪航空局が現地確認に行かれています。三月十四日のことです。伺います。具体的にどの場所で、どの深さで、どのような埋設物があったとこのとき確認されていますか。」 「い....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/23

委員会名衆議院 予算委員会第三分科会


「では、平面的なことを聞いたので、今度は縦の、深さのことを聞きますけれども、九・九メートルのくいを打つ途中で出てきましたということなんですが、どれぐらいの深さで出てきたごみなんですか、これは。」 「配付資料の三枚目のところを見ていただきたいんですが、これはどちらが、財務省、財務局がつくったのか、国土交通省、両....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/23

委員会名衆議院 予算委員会第三分科会


「平成二十二年の調査のときは六十八カ所、非常に広い範囲でやっています。あるところで仮に一つ出たとしても、そこだけ、あるいはその周辺だけの可能性がありますよね。それをわあっと全面積に広げなければいけないという判断の根拠になったものは何ですか。」 「実際、工事に携わった人の話を私は聞こうと思います、きょう。具体的....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「今回で七回目の質問ですけれども、坂出北インターチェンジのフル化の進捗状況について伺います。夏にも実施計画が取りまとめられるというふうに認識をしておりますけれども、現在の状況を教えてください。」 「前回、御答弁いただいた際に、完成までに平均的には五年程度かかるということでありましたけれども、経済的な効果あるい....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「次に、高松空港の民営化、これは仙台空港に続いて二つ目の事例であります。非常に関心も高いですし、新しい、民間の活力を生かした空港経営ということで、私も推進を応援していきたいと思っておりますが、この推進状況についても教えていただきたいと思います。一月に一次審査が終わり、三つの事業者に絞られたという認識ですが、八....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「その上で、一つまた注文をつけたいと思うんですが、私、この前も、高松空港、飛行機が来なかったんですよね。つまり、霧でなかなか着陸できないということで、いわゆるCAT3のILS、これを民営化する前に導入して、空港利便を高めていくということをぜひやるべきだと思うんです。民間になるとそういったところの投資がなかなか....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「あと一点、国土交通省にちょっと確認したいのは、社会資本整備総合交付金なんですけれども、まず事実関係を確認したいんですが、四十七都道府県で一番交付が多い先はどこですか。」 「一番少ないところはどこですか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「今回は、これは航空局の資料ですけれども、敷地内の試掘箇所から、地表から三・八メートルの場所でごみの地層の存在が確認できるという記述があります。この敷地内の試掘箇所というのは、前回は六十八カ所でしたけれども、今回は何カ所ですか。」 「これは、具体的に、写真などを撮って確認されていますか、航空局。」 「三月十四....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「この八億円の根拠となった一万九千五百トンのある種の埋設物の運び出し、処理、これが現に行われたかどうかということを大阪航空局あるいは国土交通省として確認しておりますか。」 「では、大阪航空局としては、契約を結んだ後、実際にその埋設物の処理作業が行われたか、あるいはどのような作業になったかということについては、....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「この報告書の中に出てきますが、天下りの引き継ぎ書というものが作成されていたという記述がありますけれども、であれば、嶋貫氏がこれまで国会等でも話をしておりました、こういったあっせん行為はあくまで個人的なボランティアあるいは人助けだ、こういう前提は私は崩れたのではないかなと思っておりますけれども、大臣、その点の....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「そこで、文科省から民進党への会議の回答の中に、これは二〇一七年一月二十四日ですけれども、嶋貫氏の収入について、保険会社や大学の顧問の仕事をしているとは聞いていますけれども文科省として嶋貫氏がどのように生計を維持していたかについては関知しておりませんと当時我々に説明があったんですが、今から振り返れば、これは結....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「そこで、今回新たに違法と認定されたのが、これまで出されたものに加えて二十六件ありますけれども、そのうち九件については、五件が来年度の予算にもかかわる支出があるということで御回答いただいております。では、この広げた、今度新たに二十六件分違法だということが認定されましたけれども、その中に、来年度の予算にかかわる....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「衆議院の予算審議が間もなく、与党側は来週月曜日にもと言っていますけれども、これは私、もう何回も指摘していますけれども、もしこの天下りに関して不当なこと、不正なことがあったら、場合によっては来年度予算を減額しなければいけない対象も入っているかもしれないんです。ですから、余り悠長なことを言っていないで、これはぜ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「大学設置をどうするのか、学校をどうつくるのかというのは、法令に基づいて客観的に公平に行われなければなりません。しかし、そのことが、まさに嶋貫さんが学長になる大学をつくるということで、それはちょっとまずいなと言われて、その情報を事前に担当部局が得て、それを人事課に回して、ちょっと学長はだめなので、しばらくほと....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「今回、ある意味未遂だったんですよ、未遂。その設置認可を取り下げましたけれども、ちょっと嶋貫さんを副学長にしたら、それで認可がおりて、大学、これは通信課程ですかね、できていたとしたら、これは大問題ですよ、大臣。ですから、そういうことも含めて、違法なことがなかったのかということを徹底調査してください、これは。お....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「一番最初に紹介した、これは平成十七年ぐらいに新たに出たんだと思いますが、私立学校会計基準に言う第二号基本金が、これはゼロということで大阪府の事務局は答えていますけれども、こういう形で学校が仮に設立されたとしたら、基準にも違反しますし、問題ではないでしょうか。これは文科省としてもきちんと確認をして、必要に応じ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「大臣、この件が問題になって、この議事録を読んでおられますか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「この資料に最後つけましたけれども、これは実は、きのう、森友学園が経営する塚本幼稚園を退園した保護者の皆さんと、五人ですかね、お話を直接お母様から聞かせていただきました。その保護者からいただいた資料の一部なんです。例えば、「私は憲法改正に賛成します」という、これは、美しい日本の憲法をつくる国民の会ということで....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「自治事務です、確かに。自治事務です。ただ、日本の教育をつかさどる文部科学省としても、こういったことが少なくとも父兄から聞こえてき、また一部メディアなどでもこうした報道があるわけでありますから、法令との関係や、あるいは今申し上げました児童虐待、あるいは人権という観点からしっかりと、府任せにせずに、文科省として....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「オリンピックまであともう数年となりましたけれども、子供たちの食ということも大事なんですが、オリンピックの選手村等で提供される食材の量、これはどれぐらいの、例えばジャガイモが幾ら要るとか、お米がどれぐらい要るとか、パンがどれだけ必要なんだということは把握されていますか。もし把握されていないとしたら、いつまでに....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「私は、今のままだと、日本で、東京オリンピック、テロを起こすのは簡単だと思うんです。武器も鉄砲も要りません。食品がつくられてから、加工され、パッケージされ、選手の口に届くまでの過程がきちんと管理されていないので、途中でどこかでステロイドを混入すれば、公式記録が一個も出ないオリンピックにすることができます。その....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/20

委員会名衆議院 予算委員会


「それはなぜかと私は前回聞いて、特に電子データについて私は聞いて、電子データなのでしっかりと削除ログが残っているから出してくださいと言ったら、そういうシステムになっていないのでわかりませんと。では、なぜ十月三日よりも前と承知をいたしておりますかと。大臣は、報告を受けたからそうだということなんですが、その報告が....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/20

委員会名衆議院 予算委員会


「陸自指揮システムにおける文書管理責任者はどなたですか。」 「二十八年三月に防衛監察本部が出しているコンプライアンス・ガイダンス、管理者用、より信頼される防衛省・自衛隊を目指してというのがありますけれども、その中に破棄について心がけるポイントというのがありまして、こう書いてあります。文書管理責任者等の立ち会い....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/20

委員会名衆議院 予算委員会


「だから、これは絶対見直してください。石破大臣が四年だったものを三十年に、航海日誌、変えたように、やはりここは歴史に残すべきものだと思います、現地の日報は。ですから、せめてこれは一年にするということを、大臣、決断できませんか。いかがですか。最後に聞きます。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/20

委員会名衆議院 予算委員会


「改めて事実関係だけ確認します。国有地の売却なので、国の収入の観点からだけ聞きます。まず、昨年の四月六日に一億三千二百万円、これは土壌汚染とか埋設物の撤去費用として一億三千二百万円が国からM学園に払われています。そこから二カ月後の六月二十日に、いろいろ新しい埋設物が見つかったりして土地の値段が控除されてぐんと....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/20

委員会名衆議院 予算委員会


「財務省に聞きます。最初は賃貸借契約だったんですが、これが売買契約に変わって、しかも八億円除去しなきゃいけなくなったときに、国有財産近畿地方審議会をもう一回開いて、これはいいのということを確認すべきだったんじゃないでしょうか。いかがでしょうか」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/20

委員会名衆議院 予算委員会


「これは文科省に伺います。では、この大阪府の私立学校審議会においていろいろな条件がついて、条件つき認可適当だったと思うんですが、現時点において、これはこの四月から開校です、あと一カ月ちょっとでもう開校だということになっているんですが、さまざまなつけられた条件を満たして、今現在、認可申請はもう、当然おりています....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/20

委員会名衆議院 予算委員会


「ちょっと今、皆さん、びっくりしませんでしたか。この四月から子供が小学校に入るという学校が、もう国からお金も払われて建設も進んでいる、前回福島議員からあったように、これとは別途、六千二百万円の木造化に関する補助金も出ている、工事も進んでいる。もう終わっているんですかね。終わっていない。なのに、あと一カ月でもう....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/20

委員会名衆議院 予算委員会


「府のこと、都道府県のことはわからないと思うので、私立学校、私立大学などで例えば四月一日から開きますというときに、もうあと一カ月だというときに認可がとれていないようなケースは一般的にあるんでしょうか。大学のケースで教えてください。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/20

委員会名衆議院 予算委員会


「では、財務省に聞きますけれども、これは、あともう一カ月ちょっとですけれども、十分に条件を満たさないでもし設置認可がとれなかった場合は、やはり条件でいうと更地にして戻すということが契約上なっていると思いますけれども、基本的にそれでよろしいですか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/20

委員会名衆議院 予算委員会


「例えば、寄附を集める、財務体質を強化するようなことも条件に入っていたと思いますけれども、これは文科省、財務省でもいいですけれども、きちんと寄附が集まってきているということは文科省なんかも確認をしているんですか。あともう残りわずかですけれども、三月三十一日までに。きちんとあの一月二十七日に付した条件を着実に一....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/17

委員会名衆議院 予算委員会


「今の後藤委員の続きですけれども、十月三日に開示請求があったんですけれども、当然その前に削除されていたということを後藤委員の前回の質疑のときに大臣は答弁されました。先ほども後藤委員から説明があったように、これは実は、削除しようと思うと、最低三カ所で削除しなければいけませんし、紙とデータの二種類のものを削除しな....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/17

委員会名衆議院 予算委員会


「安倍総理、日米首脳会談、お疲れさまでした。グッドスタートだったと思いますし、ゴルフについてもいろいろ言う方はいらっしゃると思いますが、お互いの性格を知る上ではゴルフは大事なので、私はよかったと思っています。そんな中で、首脳会談ですが、拉致問題については議論はありましたか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/17

委員会名衆議院 予算委員会


「総理がまさに一度お話があったハグをしたかされたか、ナンシー・ペロシ院内総務も、彼女はトランプさんに向かって危機管理意識が極めて低いというようなことを厳しく批判しておりますけれども、ただ、我が国にとっても北朝鮮の我が国に対するミサイル発射という安全保障の機微に触れる情報がこうしたオープンな場で議論をされるとい....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/17

委員会名衆議院 予算委員会


「例の釜山の総領事館の、まあ、私もけしからぬと思いますが、ただ他方で、これはどこで拳をおろすのか、あるいは事態の打開をしていくのかというのは、難しい状況になっていると思いますね。要は、大使をいつ帰任させるのか、総領事をいつ帰任させるのかということで、今ほど日米韓の連携が不可欠なときはなくなっていると思います。....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/17

委員会名衆議院 予算委員会


「前回、集中審議で議論をさせてもらいましたけれども、早稲田大学に対する違法なあっせんを伴う天下りということが問題になりましたが、その後、今度は慶応大学にもそうした違法な疑いのある天下りについての報道がございます。かつ、報道によると、昨年の三月に退職した元幹部が二カ月後に慶応大学の参事に就任し、前回もお越しをい....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/17

委員会名衆議院 予算委員会


「これは何も書いてありませんでした。ただ、あるところに黄色のマーカーが引かれていました。何かというと、こういうことが書いてありました。とにかく、違法行為があった人は自己申告してください、あるいは、そういった違法な行為を他の職員が行っていることを見たり聞いたりしたことがある人は出してください、こういうことが書い....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/17

委員会名衆議院 予算委員会


「ちなみに、違法だと既に認定された九件のうち、来年度予算が行く可能性のある法人はその中で何件ありますか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/17

委員会名衆議院 予算委員会


「文科省だけでこれですね。全省調査をやっています、文科省に加えて。全省調査については、何と、どういう調査をしているかの調査票さえ出してもらえません。まともにやっていますか、調査は。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/17

委員会名衆議院 予算委員会


「実は、企業等不祥事における第三者委員会ガイドラインというのを日弁連が出しています。これはいろいろなところに使えと言っているんですが、公的機関も使いなさいと言っている中で、第三者とは一体何なんだという指針があって、それは、調査スコープ、つまり対象者ですね、加えて調査結果を開示する時期を事前に明示することが第三....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/7

委員会名衆議院 予算委員会


「その天下りが行ったことによって、本来ならその額が行かないかもしれないところに行っているかもしれないし、本来なら設置されないような大学が設置される、あるいは組織ができるというようなことがあるとすれば、まさにこの二十九年度本予算の審議にかかわってくるわけでありますから、今は黒で塗り潰されていますけれども、この三....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/7

委員会名衆議院 予算委員会


「この監視委員会の報告書の中には、いろいろな求職、求人情報について集めて、それを人事課の部下に清書させて資料をつくっていたということだし、人事課の後輩はそのことを受けて嶋貫参考人のためにきれいな資料をきちんとつくったということが監視委員会の報告書の中に出てきますけれども、事実ですか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/7

委員会名衆議院 予算委員会


「もう一つ、前川前次官にもお伺いしたいと思いますが、同じ報告書の中の記述に、歴代次官と思います、が職務上知り得た情報も嶋貫氏は入手して、それに基づいて人事課職員が作成した資料を再修正させるなどして文科省OBの再就職マッチングを実施していると認められると書いていますね。職務上知り得た人事に関する情報も嶋貫参考人....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/7

委員会名衆議院 予算委員会


「そうしたマッチングした情報についてこういう形でいいですかと、つまり、この退職予定者はこの法人に行くんだと、幾つかマッチングして合わせたと思います。そのうち、全てそこで終わるのではなくて、もう一度人事課あるいは本省の幹部に戻して、場合によっては前川参考人にも戻して了承を得るというようなプロセスをとったことはあ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/7

委員会名衆議院 予算委員会


「これまで、まず二十一年七月、退職直後に再就職された教職員生涯福祉財団、あわせて就職されておられます第一成和事務所顧問として、それぞれ、年間どれぐらいの報酬を受け取り、どのような勤務形態でありましたか。週何日間等、もし具体的なことを示せるのであれば教えてください。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/7

委員会名衆議院 予算委員会


「そこで、この再就職支援業務という文科省から出していただいた資料によると、第一生命保険の顧問は週一日で一千万、当時の資料だと工藤さんという方が、工藤智規さん、当時六十七歳、ついておられて、もう一つは、月二日で一千万、遠藤昭雄さんと出ていますけれども、これは公開資料ですから。この工藤さん、遠藤さんという方は、文....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/7

委員会名衆議院 予算委員会


「驚くのは、生命保険会社の顧問の地位をまるで人事の一環として、この人の後に割り振るからこの人はどこに行ってもらおうとか、これは公立共済枠なので何とかさんに相談しなきゃいけないとか、あたかも人事の一環のように生命保険会社の顧問のポストを人事課が管理して配分するようなことをしているんですけれども、生命保険会社の顧....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/7

委員会名衆議院 予算委員会


「ボランティア、人助けのつもりということで御説明をいただきましたけれども、先ほどやったように、情報のやりとりに関しても人事課と一体としてやっております。そして、一見、職務権限、監督権限が、財務省ならあるかもしれませんが、文科省には直接はありませんけれども、多くの職員を抱えて、共済組合があって、そこでたくさんの....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/6

委員会名衆議院 予算委員会


「ですから、要は、この四十二年判決というのは、準備罪の適用範囲がすごく狭いから成立しにくいんじゃなくて、そもそも本件事案が、できの悪い、これは当時の新聞にもあるんですけれども、粗雑なクーデター。要は、実現可能な危険性が極めて小さかった、あるいは実際の犯罪に至るいわば距離が遠かったということで準備罪を認めなかっ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/6

委員会名衆議院 予算委員会


「では、今の予備罪の定義は何かというと、まさにこの判例であるように、客観的な危険性という観点から見て、実質的に重要な意義を持ち、客観的に相当の危険性の認められる程度の準備が整えられた場合たることを要するとありますから、この要件では認められない罪も今度新たに創設するテロ等準備罪では検挙が可能になるということであ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/6

委員会名衆議院 予算委員会


「今度新たに創設しようとしているテロ等準備罪は、具体的な合意に加えて、組織犯罪集団がやるということと、あとは実行準備行為ということが求められる。ここは答弁いただいていますね。では伺いますけれども、この準備罪における準備行為と実行準備行為は、どこがどのように違いますか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/6

委員会名衆議院 予算委員会


「普通考えると、やめたすぐその当日とか翌日にいきなり再就職できるというのは、やはり在職中、現職の間に求職活動をしたか、あるいは何らかの組織的あっせんがないと、こうしたことはなかなかやりにくいんじゃないかと思うのが私は普通の感覚ではないかなというふうに思うんですけれども、これはある意味、文科大臣に伺います、文科....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/6

委員会名衆議院 予算委員会


「大臣に重ねてお伺いしますが、今回、調査の一次の結果が出てきましたけれども、その中にも明確に出てきます文教協会、OBを使った潜脱的な、脱法的な天下りを行っていた一つの組織のスキームの一部を構成する重要な組織でありますけれども、報道によると、解散するというふうに聞きました。しかし、解散してしまうと今回の全容解明....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/6

委員会名衆議院 予算委員会


「先ほどちょっと答弁が漏れていますけれども、データとか書類の保全はちゃんとお願いしていますか。今、どんどんどんどんまさに証拠書類がシュレッダーにかけられたりしていませんか。大丈夫ですか、それは。何か具体的な、明示的なお願い、依頼、していますよね。」 「ちょっと今びっくりしましたけれども、全容解明するといって、....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/2/6

委員会名衆議院 予算委員会


「実は私、監視委員会の出した報告書、最初の事案を明らかにした、一月二十日ですかね、資料を読んでいて、ちょっと気づいたことがあるんですね。資料の四枚目のところを見てもらいたいんですが、これはいわゆるOBを経由した天下りの脱法的なあっせん行為のことを書いているんですが、ここに実は、文書上は出てこないんですが、図に....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/1/27

委員会名衆議院 予算委員会


「まず、小川議員からも指摘がありました天下り問題の件について、改めて常盤高等教育局長に伺いますが、人事課長だった時代に、今回指摘をされているような、OBを経由したあっせん行為に何らかの形でかかわった、あるいはそういうことが過去も含めて行われていた、その認識はございましたか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/1/27

委員会名衆議院 予算委員会


「では、個人の御認識をお伺いしますが、今回問題になっている文教フォーラムの理事長である嶋貫氏については、この方を知っていますか。」 「ちょっと、今のはひどくないですか。その人を知っているかどうかも答えられないんですか。それも調査を待たないと答えられないんですか。」 「この文教フォーラムは、「全国大学一覧」等の....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/1/27

委員会名衆議院 予算委員会


「先ほど午前中の答弁で、松野大臣は、この文教協会が発行した書籍、一つ例を挙げました「全国大学一覧」、これを文科省が購入して、その対価を文教協会に支払うということがあるということがありました。ちょっと二十八年度の財務諸表を見てみましたら、文教協会、収入は約三億七千八百万円ぐらいありますけれども、そのうちの出版事....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/1/27

委員会名衆議院 予算委員会


「高等教育局が多分購入しているのかなと思うんですが、高等教育局は全部知っていますよね、このデータ。逆に、今おっしゃったように、昭和三十九年までは文科省自身がやっていましたから、これはもともとのデータは文科省からもらってつくって、それをまた文科省が買っているということではないんですか。大臣、これを、大学の名前と....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/1/27

委員会名衆議院 予算委員会


「今、文科省から文教協会へのお金の流れを言いましたが、その下の文教協会と文教フォーラムは、当時、もともとは一体でありました。しかし、指摘をされたので、小川さんからも指摘があったように、去年の年末から分けて、シールを張って、違うものだというような形にしていますけれども、ここからここへのお金の流れ、確認しますが、....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/1/27

委員会名衆議院 予算委員会


「そして、財務諸表を見ると、先ほど申し上げた、三億七千万ぐらいの収入があるうち出版業で一億一千六百万円。しかし、それを超える二億四千五百万円が財務諸表上は受取負担金と出ますけれども、これは、保険会社四社からの、集金機関として保険料を集めてもらったことに対する手数料等の支払いではないかと思われますが、いかがです....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/1/27

委員会名衆議院 予算委員会


「文科省提出資料について、では、一言だけ答えてください。ここに書いてあるR氏は保険会社の仕事をしていると聞いております。これは事実ですか。文科省の資料です。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/1/27

委員会名衆議院 予算委員会


「きのう総理は、後藤委員からの質問に対して、OBに対して情報を提供するようなことについては禁止するということをおっしゃいました。しかし、このような全容がわからなければ何を禁止するかもわからないので、まず総理に全省庁に御指示をいただきたいのは、こうしたことが、まず、文科省で実態として本当にどのようなことが行われ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/1/27

委員会名衆議院 予算委員会


「その上で、きのう山本大臣から、そういった情報提供をやらないように指導するということがありましたけれども、指導しても、法的拘束力がなければいろいろなまた潜脱のスキームをつくり上げていくのではないかなと思うんですが、これはやはり、こういったことも含めて法的規制をかけていく、法的拘束力の網に入れていくということを....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/1/27

委員会名衆議院 予算委員会


「そして、二〇二〇年度のプライマリーバランスの赤字は、昨年七月に試算したものから三兆円も悪化して、最新のものでは八・三兆円です。しかも、今申し上げたのは全て、経済再生ケースという非常に成長率の高いケースで、来年度二・五%、再来年度二・九%、次が三・七、オリンピックのある年は三・八、さらに三・七、三・八、三・八....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/1/26

委員会名衆議院 予算委員会


「トランプ大統領になって、TPPが永久離脱ということになりましたけれども、二国間FTAについてどういう態度で臨むのか、いま一度、総理のお考えを聞きたいと思います。報道によると、二月十日にも日米首脳会談が行われるやにも聞いておりますが、日米FTA、求められたら、これは拒否されますか、受けられ ますか。」 「とい....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/1/26

委員会名衆議院 予算委員会


「総理、必要なことは何でもやると総理は代表質問に対する答弁でもお答えになりましたので、ぜひ、この前次官、そして元文科省人事課OB、今は文教フォーラム理事長、このお二人の参考人招致を求めたいので、総理がリーダーシップを発揮していただいて、ぜひ来ていただくように御指導いただくことはできませんか。」 「いつもそうい....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/1/26

委員会名衆議院 予算委員会


「もう一つ、先ほど河野議員が非常にいい質問をされていましたけれども、ちょっともう一度伺いたいんですが、文科省がこれを究明するチーム。全省庁については、山本大臣、官邸主導というか内閣、全体主導でやるということ、第三者も入れるということなんですが、一番問題になっている文科省については、調査チームは内部の人でしか構....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/1/26

委員会名衆議院 予算委員会


「もう一つは、これも山本大臣とのやりとりでありましたが、OBのルート、OBを経由したルートは、これは潜脱行為というふうに監視委員会は今回書いていますが、確認します。潜脱行為なんですけれども違法行為ではないということですか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/1/26

委員会名衆議院 予算委員会


「違法じゃないんですね、これは。官民人材交流センターというのをつくりましたよね。今回のケースもそうなんですけれども、一人一人の役人の皆さんは優秀だと思います。ですから、それがきっちりしたルールの中で、民間で能力を発揮されることは私はいいと思うんですが、きちんと法律、ルールに従うということが大事だと思うんです。....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/1/26

委員会名衆議院 予算委員会


「山本大臣は先ほど、必ずしもそんなことはしなくていいというような答弁だったと思うんですが、総理、ここは明確に、総理のリーダーシップで、やることは何でもやるとおっしゃったんですから、ここの脱法行為、潜脱行為をしっかり、法律できちんと網をかけていく。潜脱というのは、辞書を調べたら、法令等による規制を法令で禁止され....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/1/26

委員会名衆議院 予算委員会


「安倍総理、参議院選挙のときも何度も聞きましたが、アベノミクスを吹かすとか、最大限吹かしてデフレの脱出速度を上げる等いろいろな言葉を聞きましたが、お伺いします。アベノミクスを吹かすということは、具体的に何をいつまでにすることを意味するんですか。教えてください。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/1/26

委員会名衆議院 予算委員会


「では、今回、なぜ大きなショックもないのに補正予算を組まざるを得なくなったのか。先ほど聞いていたら、円高だと。円高で急に悪くなって、それで補正を組まざるを得ない、赤字国債を発行せざるを得ないということを説明されました。本当でしょうか。皆さんよく御批判いただくように、民主党政権下では随分円高でした。でも、それは....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/1/26

委員会名衆議院 予算委員会


「これまで、税収が減少して、そのことに対して赤字国債を発行せざるを得ないような、こういう状況が今回はないのに、税収の減少に伴う補正を打ったのは円高ですということは、アベノミクスというのは、いろいろ説明が総理からあったけれども、円高に極めて弱い、円高に対してもろい政策なんですか。もしトランプ大統領が、今、強いド....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/1/26

委員会名衆議院 予算委員会


「これだけ歳入が厳しいという中で、真に必要な予算に限定する必要があると思いますが、これは私はもう何度もこの予算委員会で取り上げていますが、安倍政権が国交大臣に大臣指示を出してまでやっている事業です。いわば子育て支援の目玉事業であります三世代同居住宅支援事業です。これは二十七年度の補正予算からやり始めて、累計、....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2017/1/26

委員会名衆議院 予算委員会


「一方で、この事業、関連事業も含めて三百三十七億円、しかも借金までしてやるんです。この対象事業だけでも補正で十五億円、十六億円ですから、最低でも同じようにそれはつけているんですよ、しかも借金して。私は、こういうことをやめて、本当に必要な、子育てに直結する、教育の支援に直結するようなところに振り向けるべき、これ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/11/18

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「二〇一四年の財政検証の際に提案されたAからHのケースがあります。いずれのケースにおいても、今回の法案が通ることによって、その二〇一四年に示されたあの八つのケース、いずれのパターンでもいいです、今回の法律が通ることによって、あそこで提示された年金額がふえることはないですね。単純な質問です。」 「その金額につい....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/11/18

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「私、もう一回言いますね。今回は、この新しいルールを入れたことによる影響を抽出してお互い比べてみましょうと言っているんです。皆さんは、十年のうち五回、半分、そういう新しいルールが適用される年がある、我々は六回あると言ったんですが、いずれにせよ、適用された年の影響がそれぞれ、我々はこれだけある、皆さんはそれだけ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/11/18

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「私、やはりこういうことは、きちんとこの財政検証の検証をした上で年金制度の設計とか法改正をしないと、大変なことになってしまうんじゃないのかというふうに思っているんですね。大臣、これは通告がないので感想で結構ですが、たった五年間でこのように、賃金も上がると見ていたのが余り上がらなかった、年金額も例えば二万円減っ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/11/18

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「二〇一五年の基礎的消費支出、これはきょう何回も出ましたね、これは七万二千円で、六万四千円だとおおむね賄うという答弁がありました。この定義がどうだこうだと結構もめて退席したりして大変だったんですけれども、私の質問は、今の二十三歳の若者が六十五歳になったときにもらえる国民年金が五万二千円になったときに、生活はお....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/11/18

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「七万二千円の基礎的消費支出がある中で、大体どれぐらいを確保して、生活を賄うような額を確保しようと政府はしておられるんですか。六万四千円ならいいんだけれども、六万円ならだめなんですか、五万八千円ならだめなんですか、六万三千円だったら大丈夫なんですか。基礎的消費支出のうち何割ぐらいを国民年金で賄おうとしているの....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/11/16

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「三%と我々の五・二%減、具体的な額に直すと、国民年金でいうと年間四万円ぐらい、厚生年金でいうと十四万円ぐらいのインパクトのある我々の五・二%の計算と政府のおっしゃる三%の違いは、いわゆる保険料がこの間、過去十年上昇してきたことに伴う可処分所得の減少を加味するかしないのか、このことだけが違いだということでよろ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/11/16

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「そこで、一つだけ、これも再度確認なんですが、過去十年のうち、我々の計算だと六回、新ルールが適用されるんですね。これはこの前答弁もいただきました。政府は五回ですね。平成二十八年度は〇・二のかさ上げがありますから、旧ルールでも適用可能だということになるので、我々は六回、政府は五回ということになりました。その中で....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/11/16

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「一つだけ、これも先ほど大串委員が問いの十で言っていましたけれども、私は、この括弧の中の、これは二ページ目かな、問いの二のところで、民主党政権の年金制度案(注二)、(注二)って何だろうなと思ったら、「平成二十四年二月十日に民主党「社会保障と税の一体改革調査会総会」に提出された新制度案」「においても、年金額改定....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/11/16

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「この表を見ると、二〇一四年の国民年金は夫婦二人で十二万八千円。一人当たりにならすと六万四千円ですね。これは満額です。今実際に、現に受け取っている人はもう五万円ぐらいで、これより少ないですけれども、一応満額もらったということでやりましょう。六万四千円が、年金財政が均衡するケースGの場合において、二〇五八年、繰....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/11/16

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「もう一度、資料の七を見ていただきたいんですが、先ほどお認めになりましたケースG、過去十年間ぐらいの成長率と同じぐらいの生産性の向上があった場合の、ケースGと政府がお示ししているものでは、今の二十三歳の若者が六十五歳になるころの基礎年金額というのは月々五万二千円、今から比べると一万二千円も減るということなんで....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/11/16

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「ケースHが極めてあり得ない前提かと思ったら、今に一番近いんじゃないですか、これは。もちろん、いろいろな政策を講じてやっていくということはいろいろおっしゃいますが、今に一番近いケースHで、何と、百年間ずっと積み立てを取り崩して、最後の一年に一回分払いを残すというこの百年安心プラン、今のような経済状態だと、少な....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/11/16

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「現時点において、そして、これは政府ケースEでも結構です、年金財政が調整が終わったときで結構なんですが、生活保護の水準と比べて、生活保護以下の水準の年金しかもらっていない方が一体幾らいて、総年金受給者のうち、その方は今幾らぐらいいらっしゃって、それは過去、十年前と比べてどのようにふえてきて、そして例えば、それ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/11/25

委員会名衆議院 決算行政監視委員会


「地域を回っていますと、北海道から鹿児島までいろいろ回っておりますが、中間管理機構の農地のマッチングについてはちょっと私は余りいい評判を聞かないんですね。数字を見ると結構いい感じのところもあるんですけれども、実態はなかなか、現場で聞くと、苦労もされているし、実績が上がっていないなということを聞きます。そこで、....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/11/25

委員会名衆議院 決算行政監視委員会


「私、そこがよくわからないのは、子供からしたら三・九キロも結構遠いと思うんですけれども、一応しゃくし定規にルールを見ると出ない。私のもとの中学校は最後が坂になっていて、距離的には短いんだけれども、歩いて歩いて歩いて一番つらいところが坂になっているんですね。この辺ももう少し、こういうことも勘案して、伺いたいのは....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/11/25

委員会名衆議院 決算行政監視委員会


「つまり、新規も大事なんですけれども、維持、更新あるいは長寿命化、こういう既にインフラ整備が進んでいるところもそういった需要を勘案した上で配分を決めていくということも大事だと思うし、香川県、ちっちゃいといっても人口密度は全国十一位、だから結構経済活動の中心ではあるので、そういったことも勘案して配分額を決めると....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/10/31

委員会名衆議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「もう一つびっくりしたのは、昨年、現地時間十月五日の大筋合意の後、リーガルスクラブ、各国が法的なチェックをした後で条文が変わった部分があったということがわかったことです。私は、ある意味驚き、衝撃だったのは、十月五日に大筋合意したものが、あれが最終セットだと思ったら、その後いろいろ各国が法的なチェックをしたら条....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/10/31

委員会名衆議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「そこで、まず松本大臣にお伺いいたします。これは、同僚議員からも、また他の議員からも質問があったと思いますが、今こうした状況になっている中で、せめて、EUのように禁止するのはなかなか難しいとしても、肥育ホルモンや飼料添加物を使ったお肉でありますよという表示の義務はかけて、それを消費者が選べるようにすることは、....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/10/31

委員会名衆議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「私、これは大事な問題だと思うのは、今回のTPPでも、例えば対オーストラリア向けに和牛を輸出しましょうというときに、オーストラリアは関税を撤廃してくれていますね。でも、これは山本大臣、御存じですか。今、オーストラリアは日本から牛肉をどれだけ入れていますかね。(発言する者あり)いや、これは有名な話ですけれども、....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/10/28

委員会名衆議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「さて、山本大臣、例の強行採決の発言があって、陳謝をされました。十月十九日のTPP特別委員会での御発言でありますが、このようにおっしゃっています。私は、これはすばらしいことをおっしゃっていると思います。国民の皆さんにこのTPPの合意内容について丁寧に説明し、国民の皆さんが全員納得をいただけるまで御審議を頂戴し....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/10/28

委員会名衆議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「重要五項目、タリフラインでいうと五百九十四です。五項目は、米、麦、牛肉・豚肉、乳製品、甘味資源作物ですけれども、これはそれぞれさらに細目に分かれていきます。これは、ルールが少し変わって、数え方も変わって今五百九十四になっていますが、もともと国会決議では、この五百九十四の重要五項目については除外または再協議と....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/10/28

委員会名衆議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「この前質問をいたしまして、肥育ホルモンの一つであるメレンゲステロールについて、コーデックスの国際基準よりも日本の基準が緩いということで質問をさせていただいたんですね。そうしたら、これは質問の中でも、宮川委員が質問したことに対して、きちんと、平成十八年の暫定基準設定以降、検疫所で行っている輸入食品のモニタリン....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/10/26

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「まず、無年金者対策について質問いたします。二十五年から十年に年金受給資格を緩和するということは、我々も民主党政権下から、これは重要な課題だということで取り組んでまいりました。三党合意の大きな柱でもあり、そして、消費税の税率アップが予定どおり行われていれば来年四月から実施されるということでありましたし、非常に....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/10/26

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「これに対して政府からも一定の試算が出てきて、それが三の資料でありますけれども、これについて前回議論をさせていただいて非常に興味深かったのは、基本的に私たちが計算したのと同じ考え、同じルールで政府側も試算をされていたということがわかったということであります。つまり、過去十年を振り返ったときに、新しいルールが適....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/10/21

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「政府からも一定の試算が出てまいりました。お手元にお配りしている資料四、一枚紙を入れております。文章がいっぱい書いてあって、真ん中にグラフがあって、最後にまたいろいろ書いてあるということでありますが、塩崎厚生労働大臣にお伺いをいたします。我々、過去十年間を振り返ってみて、これを適用した場合、現行の改定ルールと....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/10/21

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「大臣御存じのように、成長は三つの要素で成り立ちます。労働投入と資本の投入、それと生産性の向上、これは基礎的な成長の三要素でありますね。人口は、こういう日本ですから、何十年先もある程度わかっています。労働投入、女性、高齢者、外国人、この労働市場への参画があれば多少上がりますが、一定程度これは限定されています。....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/10/17

委員会名衆議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「新潟県知事選挙の結果が出ましたけれども、原発再稼働とあわせて、このTPPの議論、特に、何度も指摘がありましたけれども、情報が十分出てきていないこと、一体どのようなことになるのかという不安感が選挙結果に一定の影響を与えたと思いますけれども、総理はいかがお考えでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/10/17

委員会名衆議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「この西川前委員長の本の出版に当たっては、農林水産省、内閣官房の役人の皆さんが、そのゲラのチェック、原稿案のチェックなどにかかわっていたのではないのかということが本の中の記述にも出てくるので、そのことをお伺いしましたけれども、そういうことは確認できなかったということが、森山前農水大臣からもそうした答弁をいただ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/10/17

委員会名衆議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「こうしたEUなどでは禁止をされているのは、例えば肥育ホルモンが投与された肉を食べると、ある研究によれば、それがホルモン性のがん、例えば乳がんとか卵巣がん、あるいは前立腺がん、そういったものに関係しているのじゃないかという一部調査があります。逆に、一九八九年に、EUでこうしたものを使わないということを決めた後....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/10/17

委員会名衆議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「お伺いしますが、松本大臣、もう一回確認しますね。今現在においては、例えば安いから外国の牛肉、豚肉を買おうということで選択される、スーパーで買う方もおられると思うんですが、表示の義務がないので、そもそもホルモンを打った輸入牛肉なのか打っていない輸入牛肉なのかを、今現在では日本の消費者は判断するすべがありません....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/10/12

委員会名衆議院 予算委員会


「特に、マクロ経済スライドが長く特例水準で発動されなかったので、調整がきかなかった時代が長く続きました。それがようやく、三年間の時を経てことしからマクロ経済スライドが適用されるようになって、マクロ経済スライドというと難しいんですけれども、要は、年金を引き下げることが可能になることがことしから動き始めたんですね....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/10/12

委員会名衆議院 予算委員会


「私もこれは少しびっくりしましたけれども、国民年金でいうと、年間約四万円、月額三千三百円減ることになります。厚生年金は、年間で十四・二万円減って、月々一万一千八百円減るということになります。これはもちろん、今の新しい計算の中でいくと、賃金がずっと上がり続けるのでこれが機能しない、下がらないということだと思いま....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/10/3

委員会名衆議院 予算委員会


「一つ指摘をしたいのは、昨年の一月にGPIFの理事長さんの報酬が二千百四十八万円から三千百三十万円に約一千万円引き上げられ、九十九ある独立行政法人の中では最高水準になっています。引き上げたその年にまさに五兆円、また十五カ月で十兆円という運用損を出しています。にもかかわらず、主務大臣の塩崎大臣は、コメントとして....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/10/3

委員会名衆議院 予算委員会


「今回出てくる法案は、私の理解が正しければ、こうなっているんです。ちょっと驚くべき中身なので申し上げますけれども、見直し後は、簡単に言うと、物価が上がった場合であっても賃金が下がれば、今、年金を受け取っている方の年金も引き下げるということを可能にする法案になっていると私は理解しているんですが、その理解でいいの....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/5/18

委員会名衆議院 文部科学委員会


「まず、これは通告はないんですけれども、遠藤大臣、御意見、御感想を伺いたいんですけれども、海外のメディア、最近、私はこの件が出てからいろいろチェックしていますが、こういうことがありました。トルコのオリンピック委員会の副事務局長、これはアクソイさんとおっしゃるんでしょうか、彼のコメントとして、今回の不正が事実な....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/5/18

委員会名衆議院 文部科学委員会


「監査というのはいろいろあります。いわゆる会計監査というか、あるお金が正しい勘定項目に入っているかという形式的なチェックをするものと、これは農協の全中監査でも問題になりましたけれども、その中身自体が、ここでいうと、違法性がないかも含めて妥当かどうかという業務監査。実際、支払われたお金が目的どおり正しく使われて....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/5/18

委員会名衆議院 文部科学委員会


「次に、契約内容そのものについてお伺いします。タン氏との契約締結は東京でやったんですか、シンガポールでやったんですか。」 「二億円を超える支払いなので、この前の予算委員会でも、向こうからある種売り込みがあって、それでそれを電通に確認して、いいからといって契約したという話があったんですが、では、こっちからシンガ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/5/18

委員会名衆議院 文部科学委員会


「次に伺いますけれども、これは、選定に電通さんが深くかかわっていますね。二〇一五年の北京世界陸上の招致なんかが実績として挙げられるということなんですけれども、提出いただいた資料にも、ブラック・タイディング社というのは、主な実績、二〇一五年世界陸上北京大会の招致コンサルタントとかと書いてあるわけですが、お伺いし....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/5/16

委員会名衆議院 予算委員会


「先週の本会議で、同僚議員の福島議員からの質問に対して、本件に関して、早急に東京都及びJOC、日本オリンピック委員会、ここに確認をし、調査するなど事実関係の把握に努めると総理は明言されましたけれども、その後の調査結果はどうなっていますか。」 「この時期的な近接、つまり、開催決定の二カ月前に約一億円がまず振り込....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/4/19

委員会名衆議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「私は、これは平成二十三年度の三次補正の際に、東日本大震災のときに、福島県中通りで藤沼池、藤沼湖が決壊をいたしまして、八名の方が亡くなりました。農業用ため池、ため池、全国にあります。津波のことが非常に水の問題としては心配されますけれども、内陸に住んでいる人が水の被害を受ける最大の脅威は、近くにあるため池の決壊....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/4/19

委員会名衆議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「ただ、このままいくと、農家が求めているこの法案も、一緒になって成立がおくれたり、もっと問題なのは、施行期日をTPPの発効日以降にしているんですよ。これは、アメリカの今の状況を見ると、どんなに早くても二年ぐらいかかりますよ。そうすると、すぐに農家に対して手当てするべきものが早くて二年先というのは、私は対策とし....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/4/19

委員会名衆議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「重要五項目、五品目と言ったり五項目と言ったりしますけれども、この五項目ですけれども、いわゆる関税項目、タリフラインに落としていくと、これは五百八十六。最近は、ちょっとその算定表が変わったので、五百九十四あると言われていますが。石原大臣に伺います。この、どちらでもいいです、五百八十六ベースでもいいし、五百九十....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/4/19

委員会名衆議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「改めてお伺いいたします。いわゆる重要五項目、タリフラインに直しますと五百九十四、これが最新の数字だと思いますが、そのうち、関税の削減もしていない、関税の撤廃ももちろんしていない、いわゆる無傷と言われているようなものは幾つあるのか、この点について改めてお答えください。」 「もう時間がないので次の福島議員に譲り....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/4/7

委員会名衆議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「おとといの本会議で、TPP協定の各協定の内容や趣旨、解釈について、引き続き丁寧に説明してまいりますと答弁されましたが、この基本方針に変わりはありませんか。」 「もう合意に至りました。出せる情報はできるだけ開示していただきたい。特に、決議に違反しているかどうかは立法府に所属している議員の皆さんで最終的に判断し....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/4/7

委員会名衆議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「石原大臣に伺います。この五万トンが七万トンになぜなったのか、最終的になぜアメリカからの輸入枠が七万トンなのか、この経緯について甘利前大臣から引き継ぎを受けておられますか。」 「七万トンについての経緯についての引き継ぎはあったかどうか、もう一度お答えください。」 「重要五項目、先ほど申し上げた決議の中にもあり....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/4/7

委員会名衆議院 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会


「年金生活者は今大変心配をしています。アベノミクスのせいで年金の運用が悪化をして、巨大な損失が生じているのではないか。消えた年金五兆円とも言われています。この五兆円規模の運用損が実際出ているのかどうか、事実関係を教えてください。」 「ということであれば、第四・四半期、つまりことしの一、二、三、株は大きく下落し....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/3/1

委員会名衆議院 予算委員会


「平成二十二年三月十六日、我が党の福田議員の賛成討論の中で、これを例として挙げていますが、この中で、いろいろなことを書いていますが、家族の中だけでは解決できない問題が山積しているので、子供は社会で育てると。つまり、もちろん子供は家庭で育てるのが原則です。ただ、さまざまな理由から家庭の中だけでは解決できない問題....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/3/1

委員会名衆議院 予算委員会


「伺います。先般、二月二十四日、私が質問しましたが、白石公述人が公明党のたしか推薦でお越しをいただきました中央公聴会です。その際、私が、この三世代同居支援、まさに子育ての専門家として白石公述人に来ていただきましたけれども、効果はありますかということを聞いたらこういうふうにおっしゃっているんですね。大変この政策....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民進党)

2016/3/1

委員会名衆議院 予算委員会


「そもそも、海外で現地生産をする理由は何ですかと聞いたときに、これを見てください、アンケート調査の結果。為替のことなんかどこにも出てこないんですよ。一番大きいのはやはり旺盛な需要。例えば中国、巨大なマーケットがある、マーケットの近いところで生産したらいい、こういうことはある種当たり前ですね。労働コストが安い、....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/24

委員会名衆議院 予算委員会公聴会


「そういうことがあるので、我々がイメージしているような、外との競争の中で、法人税が高いからなかなか勝負ができないというよりも、むしろ勝負している企業ほど、実質、リアル実際法人税みたいなものが低いんじゃないのかということを思っているんです。そのことについての見解をいただきたいのと、もう一つは、そうはいっても、総....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/23

委員会名衆議院 財務金融委員会


「予算委員会に引き続きでまずお伺いしたいのは、黒田総裁、マイナス金利の情報漏えいの問題、何度も予算委員会でも質問しましたけれども、この調査の現状、そして、まとまったら公開して報告するというふうに以前おっしゃいましたけれども、これはいつごろ公表される予定なのか、あわせてお答えください。」 「来年度の予算の審議中....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/23

委員会名衆議院 財務金融委員会


「マネタリーベースをこの間ふやしてきましたけれども、マネタリーベースをふやすことで期待インフレ率が上がる、このことについては総裁も今もなお信じているということでよろしいですか。」 「期待インフレ率は下がっています。期待インフレ率が下がっているのは、マネタリーベースの供給が落ちているからですか。」 「岩田副総裁....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/23

委員会名衆議院 財務金融委員会


「FRBのいわゆるデュアルマンデートであれば、雇用の安定と物価の安定ですけれども、我が国において、完全雇用が達成されてなお二%の物価安定目標が達成できない場合でも、今の質的・量的あるいはマイナス金利つき、この異次元の金融政策は完全雇用を達成してもなお続けるということでよろしいですか。」 「ちなみに、先ほどの岩....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/23

委員会名衆議院 財務金融委員会


「いろいろな説明があると思います。確かに、民主党政権下はデフレでしたから、物価を勘案すると実質GDPは少し高く出るというのはそのとおりなんですが、ただ、一つの客観的な、経済をはかる指標である実質GDPを見ると、この三年間の方がむしろ成績が悪いということに関して、日銀はかなりやってきたと思うんですが、ただ、やは....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/23

委員会名衆議院 財務金融委員会


「これは補正の審議のときにも私質問したんですが、三世代同居を進めていくこと、このことによって出生率が上がるという、そういう論文というか考えもあるし、そんな効果はないというのもある、ここは一回おきましょう。あるとして、前提としてやりたいと思いますが、麻生大臣は何か四世代でお住まいになっているとかというのをちょっ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/23

委員会名衆議院 財務金融委員会


「最後に伺います。軽減税率の議論をしておりますけれども、底上げ、上振れ、いろいろな議論を大臣ともさせていただきましたが、あるかもしれないという話でした、底上げ、そこから使える税収ね。仮に、ではあったとしましょう、大臣。あったとしても、そもそもこういうなめまくっている成長のパス、加えて、それでもなお二〇二〇年に....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/3

委員会名衆議院 予算委員会


「まず、一月二十九日、マイナス金利の導入が日銀の政策決定会合で決まりました。そのことが発表されたのが同日十二時三十八分。しかし、その十五分前の同日十二時二十三分に、某メディアのウエブ版にマイナス金利の導入についての記事が掲載されました。情報が漏えいしているのではないかという疑いがあります。株価や為替に対して大....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/3

委員会名衆議院 予算委員会


「こういうことをやっていると黒田総裁の言葉を信頼しなくなるんじゃないのかということと、マーケットとの丁寧なコミュニケーションという意味では、サプライズを演出する意味ではいいかもしれませんよ、ただ、マーケットとの丁寧なコミュニケーションというのは中央銀行の大事な役割ですね。お聞きします。日本銀行総裁はうそをつい....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/3

委員会名衆議院 予算委員会


「これは諮問会議で議論するということになっているので、まず石原大臣の御認識をお伺いしたいんですけれども、麻生大臣から就任時にいろいろなことを言われたそうですけれども、私は石原大臣に期待していますのでぜひ頑張っていただきたいと思うし、ある意味非常に規律を大切にされる大臣だと思っているので御期待申し上げておるんで....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/25

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「まず、坂出北インターチェンジのフル化についてお伺いしたいと思います。これは、私は太田前国土交通大臣にも大変お世話になりまして、今回、四年連続、五回目の質問になります。なかなか進まなかったものを太田前大臣のリーダーシップで大変前に進めていただきまして、今年度から四者、県と市と道路会社、そして国も入って準備会が....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/25

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「次に、土器川の中方橋の復旧について伺いたいと思います。これは、去年の台風十一号で、香川県というのは、さっき瀬戸委員も言っていましたけれども、水が余りないので、一級河川は一本しかないんですが、そこにかかっている比較的大きな橋が壊れてしまいまして、もう半年ぐらい通れないんです。高校が周辺にあるので、軽い自転車で....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/25

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「このことはちょっと後で聞きたいんですが、そのことを踏まえた上で、空港の民営化が今検討されています。これは、民主党政権のときに、私もかかわりましたけれども、コンセッション方式ということを入れて、民間の資金と知恵を生かして、これまで公的な管理だった空港の運営をより効率化していこうということが進んでいます。仙台空....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/18

委員会名衆議院 予算委員会


「尾崎社長にまずお伺いしたいのは、いわゆるアベノミクスという政策はどちらかというと供給面、サプライサイドを支援する。例えば、もっともっと設備投資をしてくださいというような政策もたくさんありますけれども、いわゆるアベノミクスが地方の経済、特に中小企業に対して効果を上げているのかどうかという点です。これが一点。そ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/15

委員会名衆議院 予算委員会


「日銀総裁にお越しをいただいています。この間私が何度も聞いていますマイナス金利のことでありますが、一月二十九日、マイナス金利が導入された際、その情報が事前に漏れ、そして一部ニュースメディアのウエブ版に出たという情報漏えいの問題であります。その後、日銀から幾つかの資料をいただきましたけれども、新たなことがわかり....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/15

委員会名衆議院 予算委員会


「一つだけ伺います。私、アベノミクス、今の経済政策、いろいろプラス面、マイナス面があると思いますが、一つの特徴は元本割れ経済を助長しているんじゃないかということです。普通、預金に国民の皆さんもお金を預けますよね。プラスの利子がつくことはあっても減ることはないですよね。もちろん、株式投資とか少しリスクの高い商品....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/15

委員会名衆議院 予算委員会


「まず総理に伺いますが、このGPIF、年金を運用している基金でありますけれども、ここが予定した利率よりもリターンを出せない、それだけ運用益を出せなかったときには、年金が減額される可能性は法律上否定できませんね。(安倍内閣総理大臣「今、最後がちょっと聞こえなかった」と呼ぶ)もう一度言います。このGPIFで想定さ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/1/12

委員会名衆議院 予算委員会


「少し確認をしたいのは、この一兆円の財源として社会保障を切らない、この意味です。先週の話を聞いていると、消費税が一〇%に上がった際に、さまざまな、年金、医療、介護、そして子育ての拡充のメニューがあります、これに二・八兆円使いますけれども、この二・八兆円分の充実の社会保障については切らないという趣旨で聞いたんで....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/1/12

委員会名衆議院 予算委員会


「同じく、今度は、子育て支援の名をかりた高所得者対策を私は一つ取り上げたいと思います。三世代同居を支援する住宅政策です。資料三を見ていただきたいんですが、石井大臣の就任の記者会見の際に、総理指示はという質問に対して、出生率を上げていくことに関して、三世代の近居、同居を促進する住宅政策を検討し、実施するようにと....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/1/12

委員会名衆議院 予算委員会


「どういうことかというと、大会組織委員会は、まずお金についていろいろな形で調達する責任がありますけれども、組織委員会が資金不足に陥った場合には、東京都が補填することを保証する。東京都が補填し切れなかった場合には、最終的に日本国政府が補填するということになっていて、最終的に国民の税金になる可能があるので、国会と....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/1/12

委員会名衆議院 予算委員会


「今、各都道府県、市町村、いろいろなところでいわゆる婚活事業をやっています。若い人が出会う場をつくる。このことに国の予算としても対応できる地域少子化対策重点推進交付金というのがあります。二十五年、二十六年、三十億ずつやって、ただこれは、今年度の概算要求で二十五を要求されましたけれども、秋のレビュー、河野行革担....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/23

委員会名衆議院 財務金融委員会


「予算委員会に引き続きでまずお伺いしたいのは、黒田総裁、マイナス金利の情報漏えいの問題、何度も予算委員会でも質問しましたけれども、この調査の現状、そして、まとまったら公開して報告するというふうに以前おっしゃいましたけれども、これはいつごろ公表される予定なのか、あわせてお答えください。」 「来年度の予算の審議中....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/23

委員会名衆議院 財務金融委員会


「まず、総裁に伺います。マネタリーベースをこの間ふやしてきましたけれども、マネタリーベースをふやすことで期待インフレ率が上がる、このことについては総裁も今もなお信じているということでよろしいですか。」 「期待インフレ率は下がっています。期待インフレ率が下がっているのは、マネタリーベースの供給が落ちているからで....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/23

委員会名衆議院 財務金融委員会


「いろいろな説明があると思います。確かに、民主党政権下はデフレでしたから、物価を勘案すると実質GDPは少し高く出るというのはそのとおりなんですが、ただ、一つの客観的な、経済をはかる指標である実質GDPを見ると、この三年間の方がむしろ成績が悪いということに関して、日銀はかなりやってきたと思うんですが、ただ、やは....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/23

委員会名衆議院 財務金融委員会


「これは補正の審議のときにも私質問したんですが、三世代同居を進めていくこと、このことによって出生率が上がるという、そういう論文というか考えもあるし、そんな効果はないというのもある、ここは一回おきましょう。あるとして、前提としてやりたいと思いますが、麻生大臣は何か四世代でお住まいになっているとかというのをちょっ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/23

委員会名衆議院 財務金融委員会


「最後に伺います。軽減税率の議論をしておりますけれども、底上げ、上振れ、いろいろな議論を大臣ともさせていただきましたが、あるかもしれないという話でした、底上げ、そこから使える税収ね。仮に、ではあったとしましょう、大臣。あったとしても、そもそもこういうなめまくっている成長のパス、加えて、それでもなお二〇二〇年に....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/9

委員会名衆議院 予算委員会


「まず冒頭、高市総務大臣にお伺いいたします。昨日、我が党の奥野議員からの質問に対して、政治的な公平性を欠く番組、個別の番組を放送したと総務大臣が判断した場合には電波の停止もあり得るというような発言をされたと理解しておりますけれども、それはそれでよろしいですか。」 「具体的にお伺いしたいのは、きのうも奥野委員か....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/9

委員会名衆議院 予算委員会


「まず、大臣にお伺いします。ここに掲げる六項の(a)、法定損害賠償と言われるものですけれども、これはどういう内容で、どういう目的のものを入れろとTPP協定上求められていますか。」 「資料の三をごらんください。今回のTPP協定の条文、中身がよくわからないと言いますが、明確であります。法定の損害賠償というのが六項....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/8

委員会名衆議院 予算委員会


「まず冒頭、昨日行われました人工衛星と称する北朝鮮のミサイル発射について質問をいたします。まず、このミサイル発射は、我が国の平和と安全に対する重大な脅威でありまして、また国際社会、そしてその秩序に対する明白な挑戦であって、断じて容認するわけにはいきません。北朝鮮に対して厳しくまず抗議をしたいと思います。その上....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/8

委員会名衆議院 予算委員会


「まず、日本銀行に聞きたいと思います。前回、この予算委員会で、マイナス金利導入の情報が事前に漏えいしたのではないか、この問題を取り上げさせていただきましたが、その後、調査はどのように進展しておりますか。現時点での調査を御報告ください。」 「今、政府関係者についてのお話がありましたので、きょうは別件でお願いして....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/8

委員会名衆議院 予算委員会


「副総裁は、就任時等において、二年で二%の物価安定目標を達成できなければ辞任するということまでおっしゃっていましたが、今回、四度目、あるいは三度目か四度目か解釈はありますけれども、目標をさらに延ばしました。当初の二年というターゲットからすると、およそ倍になっています。これでもなお達成できなかったことの説明責任....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/8

委員会名衆議院 予算委員会


「それでは、続いて、これも前回の続きをやりたいと思うんですが、税収の底上げ、これについて伺いたいと思います。前回、石原大臣は、上振れによって底上げができると答弁されましたけれども、私はよくわかりませんでした。上振れによって底上げができるということの趣旨と、そもそもの底上げの定義をもう一度教えてください。」 「....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/2/8

委員会名衆議院 予算委員会


「次に、TPPについてお伺いをします。前回の同僚議員との議論の中で私聞いていてよくわからなかったので伺いたいんですが、森山大臣、農産物の輸出はTPPによってふえるんでしょうか。」 「次にお伺いしたいのは、農水省の試算というか前提だと、安い輸入農産物が入ってきて国内の生産がそれに置きかわっていくということはない....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/1/13

委員会名衆議院 安全保障委員会


「ただ、冒頭申し上げたような制裁の問題について、今回の核実験、これは、水爆なのかどうなのか、先ほど大臣からもあったように、いろいろな可能性があるんだということではありますけれども、我が国の安全保障にとっては極めて重大な問題であることは変わりがないということであれば、従来かけていた我が国独自の制裁の復活も含めた....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/1/13

委員会名衆議院 安全保障委員会


「早急に対応しなければならないということで整備をした安保法制でありますけれども、それに対応して、まさに緊要に対応しなければならない予算を組んでいる二十七年度補正予算、そして二十八年度当初予算、この二つの予算にいわゆる安保法制関連の予算はどのようなものが計上されていますか。」 「私は、駆けつけ警護は早急にやるべ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/1/13

委員会名衆議院 安全保障委員会


「次に、給与法の話に移りたいと思いますが、その前に、一点確認したいと思います。大変痛ましい事件であります。二〇一三年の九月に、海上自衛隊の呉基地で停泊中の潜水艦内で、男性自衛官が拳銃自殺未遂をしたという事件が報じられていますけれども、これは事実ですか。」 「今大臣から概要の御説明がありましたけれども、これは、....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2016/1/13

委員会名衆議院 安全保障委員会


「それでは、給与法の問題をお伺いします。先ほども話がありましたけれども、任務の専門性、特殊性という観点から、自衛官の皆さんの待遇をしっかりと改善していくということは常に考えていかなければいけないと思っております。その意味で、平成十五年に防衛出動手当が導入されてもう十年以上たっておりますが、具体的な手当額を政令....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/12/10

委員会名衆議院 農林水産委員会


「ちょっと今の続きを少しやりたいんですが、森山大臣が、オバマ大統領から安倍総理、あるいはビルサック農務長官から森山大臣に対して、豚マルキンを初めとした国内対策に対して不満の意が示された、その見直しの要求だということの報道なんですけれども、正式にはないということをきのうもお答えになりましたし、先ほどもお答えにな....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/12/10

委員会名衆議院 農林水産委員会


「では、次に行きますが、影響試算についてであります。これも、予算委員会等で私も質問しましたけれども、改めてお伺いしますが、年内に出すといった経済の影響試算、これはいつ出していただけますか。」 「農林水産省に聞きます。自給率への影響試算もあわせて出される予定だと思いますが、かつてそれぞれ出していますから。自給率....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/12/10

委員会名衆議院 農林水産委員会


「これはもう端的に私は聞きたいんですけれども、この前、新潟県にも行ったり、山形県にも行ったり、いろいろなところで今話を聞いていますが、TPPよりも安倍農政の方が心配だとよく言われるんです。特に、平成三十年にいわゆる戸別所得補償の半額分がなくなるし、生産調整も一応やめるということで宣伝したわけでありまして、この....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/12/10

委員会名衆議院 農林水産委員会


「地元の香川県でもため池は非常に多いんですが、原則、二十七年度採択分だというふうにされているため池の耐震化整備事業、これはハザードマップをつくったりする事業なんですけれども、これがなくなっちゃうんじゃないのかということで言われております。これは、耐震不足のため池というのはまだ全国にもありますから、ぜひ、二十七....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/11/10

委員会名衆議院 予算委員会


「確かに、近年、お茶の輸出がふえています。これを見ていただくとわかるんですが、最大の輸出先はアメリカです。二番目がドイツ、三番目がシンガポール。カナダもあります。この中のTPPの交渉参加国は、TPPとマークをつけています。私が伺いたいのは、総理はこのようにおっしゃいました、日本茶にかかる二〇%もの関税がゼロに....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/11/10

委員会名衆議院 予算委員会


「申し上げたいのは、こういう状況は、アメリカ側は早目にメリットを受けられます、今回のTPP。それに対して、日本側はずっと関税は変わらないわけですから、アメリカに対して輸出するその関税は変わらないので、メリットを受けるのは随分先になりますね。これだけではないんです。ここから質問します。事務方に答えていただきたい....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/11/10

委員会名衆議院 予算委員会


「総理にお伺いします。この「ウソつかない。」というふうなポスターもありますけれども、結局、うそつくことになってしまったのではないでしょうか。公約違反あるいは国会決議違反ということをやはりお認めになられた方がよろしいのではないでしょうか。いかがでしょうか。」 「それで、総理にお伺いしたいのは、対策をする前にはや....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/11/10

委員会名衆議院 予算委員会


「次に、残りの時間、「もんじゅ」についてお伺いしたいと思います。高速増殖炉「もんじゅ」です。夢の仕組みと言われてつくられていますけれども、これまで約一兆円ぐらいお金を投じて一ワットも発電していないし、これからさらに何兆円も入れても動く見込みがないということでありますが、先般、原子力規制委員会が、原子力研究開発....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/8/7

委員会名衆議院 予算委員会


「まず二点、総理に伺いますが、七十年談話に関する有識者懇で、満州事変以降、大陸への侵略を拡大したということの記述がありました。十六人の委員のうち異論は二人あったということですけれども、特に満州事変以降の大陸での軍事的な展開、拡張、これを有識者懇は侵略ということで指摘をしましたけれども、総理は、この満州事変以降....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/8/7

委員会名衆議院 予算委員会


「今回、日米の、ある意味の協力を高めていくという観点から安保法制の議論がなされていると思いますが、あえて、この持たず、つくらず、持ち込ませず、この持ち込ませずにかかわる、英語で言うところのいわゆるイントロダクションの定義がどうなのかということは議論がありましたけれども、この核を搭載した艦船あるいは航空機の寄港....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/8/7

委員会名衆議院 予算委員会


「実は、消費税の税率ももう八%に上がっているのにあえて五%で計算していたり、あるいは設計単価もあえて一年前の数字を使ったり、このことは委員会でも指摘をされましたけれども、きょうの報道では、例えば、あり得ないような資材単価を用いて概算工事費を過小に見積もっていると。しかも、この設計JV、設計四社と契約を前の年の....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/8/26

委員会名衆議院 農林水産委員会


「繰り返し申し上げますが、当委員会のTPPの国会決議は、米等については、除外または再協議が決議であります。五万トンという主張を日本がしたということであれば、それはアメリカの十七万五千トンに比べれば随分小さい数字でありますが、これは明確に決議に違反していると私は思います。そこで林大臣にお伺いしたいんですが、甘利....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/8/26

委員会名衆議院 農林水産委員会


「お伺いしたいのは、数字によると、二十六年産米と二十七年産米、今年産米を比べると、主食用米の作付が三・六万ヘクタール減っています。それに対して、飼料用米が四・五万ヘクタールふえているということで、主食用米が約四万減って、餌米が四万強ふえているんですけれども、この中で、例えばコシヒカリからホシアオバとか、品種も....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/8/26

委員会名衆議院 農林水産委員会


「香川県だけではなくて、例えば広島県とか兵庫県とか、ため池が多いところがあって、いわゆる水利施設といっても、我々のイメージする水利施設、関連施設というのはため池なんですね。ただ、農業者の数が減っている、大規模化が進んでいる、あるいは農家数が減っている、いろいろなことで、ため池の受益者数というのが減っていて、た....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/7/3

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「私の理解では、税金か保険料か、いずれかで対応せざるを得ないと思うんですが、まずお伺いしたいのは、既定経費、今、進行年度の予算がありますけれども、これは当然、今回の事案の発生を予測せずに編成された予算だと思います。ですから、財務省にお伺いしたいんですけれども、新たな予算措置、例えば補正予算であるとか予備費であ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/7/3

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「それでは、質問申し上げますけれども、先ほども大臣から話がありましたが、検証委員会、いつまでに検証結果を出す、あるいは中間報告的なことを少なくとも出す、今のスケジュールを教えてください。」 「これは本当は検証委員会の委員長さんあるいは事務局長さんに聞きたかったんですが、この委員会でありますけれども、三つ聞きま....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/7/3

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「もう一度理事長にお伺いしますが、これから想定される被害の総額ですね、それは今の時点でわからないというお答えでしたよね。私、これは逆から聞きますけれども、ということは、日本年金機構は、どういったセキュリティー上のリスクにさらされていて、最大限、情報が漏れてしまったときの被害額、あるいはその対応に係る予算がどれ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/7/3

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「私は議員懇談会の事務局次長を務めておりますので、この問題に長く取り組んでまいりましたけれども、瀬戸内海に浮かぶ大島という離島に国立ハンセン病療養所がございます。ここが先般、離島振興法の離島指定を受けまして、国のさまざまな優遇支援を受けられることになったんですが、桟橋がもう古くて港の整備が必要になっているんで....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/6/25

委員会名衆議院 農林水産委員会


「きょう、朝、日本時間の朝でございますが、アメリカで、大統領に一括交渉権限を与えるTPA法案が通過をいたしました。これによって、TPP交渉は加速していくものだと考えます。甘利担当大臣はこれを受けて、TPP交渉は、来月の合意は可能であるという発言をされておりますけれども、総理も、これは同じ認識でしょうか。」 「....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/6/25

委員会名衆議院 農林水産委員会


「資料四をごらんになってください。これは総理の言葉です。一月二十九日の予算委員会。「農業の成長産業化に全力投球」、情緒的な言葉が使われるのは今回の農協改革の特徴的なんですけれども、「全力投球できるようにしていく観点から、農業者の視点に立った農協の抜本改革を断行していきたい。こうしたことを行うことによって農業者....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/6/19

委員会名衆議院 国土交通委員会


「北朝鮮の特別調査委員会の調査の現状がどうなっているのか、そして、たしか官房長官が発言をしていたと思いますが、最初の通報は昨年の夏の終わりから秋の初めだったと記憶をしておりますが、それからすると随分約束が果たされないまま長い時間がたっていると認識しておりますけれども、いつまでに報告を求めることに二国間でなって....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/6/19

委員会名衆議院 国土交通委員会


「そこで、改めて、先日、坂出市長さんから私のところにも要望いただきましたし、大臣のところにも要望が届いていると思いますけれども、今、坂出北インターチェンジのフル化について地元で検討が始まっております。地元としてもしっかりこれは努力をもちろんしていかなければならないし、していくと思いますので、改めて、国土交通省....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/6/19

委員会名衆議院 国土交通委員会


「そういう中で、瀬戸内海に浮かぶ島の中にも大島青松園という療養所がございまして、今そこに六十九人、そして平均年齢がもう八十二歳になっている療養所がございます。全国にも療養所がありますけれども、全国平均はもっと高くて八十四歳ぐらいだったと思いますけれども、いずれにしても、もう八十を超えている。認知症が進み、介護....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/6/18

委員会名衆議院 予算委員会


「まず、先般六月四日、憲法調査会で参考人としてお越しをいただいた三人の憲法学者全員が、この中には与党自民党の推薦の先生も入っておりますけれども、今回の安保法制は違憲だということを明確におっしゃいました。特に、自民党が推薦した長谷部教授は、今回の法案は数多くの重大な欠陥があるので直ちに撤回すべきだとも述べておら....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/6/18

委員会名衆議院 予算委員会


「資料の三を見てください。総理は、海外派兵は一般に憲法上許されない、幾つかの場面でこういうふうにおっしゃっていますね。五月二十六日の当衆議院予算委員会のものを書きました。これは、新三要件を満たしてもなお、海外の領土、領空、領海に対して我が国の自衛隊を出していくことは、一般に憲法上許されないという理解だと思いま....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/6/18

委員会名衆議院 予算委員会


「そこで、中谷大臣、これは以前、安全保障委員会で議論させてもらいました、一時間ぐらい。伺いたいんですが、集団的自衛権のことじゃないです。個別的自衛権のことを聞きたいんです。いわゆる予測事態、切迫事態、武力攻撃が発生する事態とありまして、防衛出動できるのは、このうち切迫事態と発生事態ということですね。いわゆる準....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/6/9

委員会名衆議院 農林水産委員会


「六月二日、国連で人権問題を担当する国連の専門家十名が、TPP交渉が食品の安全あるいは健康保護といった分野での人権への悪影響がある、また交渉の秘密性を懸念する、こういった趣旨の声明を発表しています。政府は、この声明が提言するように、国会議員や国民が賛否を検討できるよう、交渉テキストを公開すべきではないかと考え....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/6/9

委員会名衆議院 農林水産委員会


「その上で、きのう地方公聴会が行われました。私は行く予定だったんですが、ちょっと残念ながら行けなかったんですが、きのう、一班、二班の議論を夜中に聞かせていただきましたし、今、当委員会の冒頭の報告でもそれを聞かせていただきましたが、現場の意見をやはりもっと聞いてほしいというのが、これは与党推薦、野党推薦を問わず....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/6/9

委員会名衆議院 農林水産委員会


「今回の改革と農業者の所得の向上との関係については、何度聞いてもわかりません。とりわけ、これも先日申し上げました、ことしの一月二十九日の予算委員会での総理の言葉。農協の抜本改革を行うことによって、農業者の所得倍増を目指していきたいと総理は答えています。改めて伺います。今回の農協改革が農業者の所得倍増にどうつな....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/6/9

委員会名衆議院 農林水産委員会


「農協法一条の話がありましたけれども、それを言うんだったら、上位法令の憲法の話を、憲法というか農業の分野における憲法である基本法の話をちょっとしたいんです。食料・農業・農村基本法の第九条には、農業に関する団体は、農村振興を含む基本理念の実現に主体的に取り組むよう努めるものとするとあります。たしか二条から五条に....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/6/5

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「百二十五万件は、警察が発見して、とりあえずこれだけ出ていましたということなんですが、私が伺いたいのは、五月八日から完全にネットが遮断された二十九日の間、外部からのアクセスが可能な共有ファイルサーバーに置かれていた情報の総数はどれだけありますか。」 「なぜこういうことを言うかというと、私も電話しました、自分の....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/6/5

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「五月八日の時点で内閣のサイバーセキュリティセンターから情報が来た際に、厚生労働省にまず通報が行って、それから機構に行ったということでありました。そのときに、厚生労働省は単に情報を伝えるだけで特に対策を指示していない、したのかしないのか、こういうことを聞いたら、大臣はこういうふうにお答えになっています。年金局....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/6/5

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「きょうはもう時間がなくなってしまったので、塩崎大臣のこの情報発信についてお伺いしたいんですが、二十八日の、これはお聞きをしたら、十三時ぐらいに警視庁から、どうも情報が出ているおそれがあるということが機構に対して連絡がありました。一時ぐらいですね、午後一時。この時点でなぜ、一報は塩崎大臣に伝わっているんですね....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/6/3

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「そこで、本件の事案に関して、再発防止、そしてこれからの改善に向けた、そういったことにつながる質問をしたいと思いますけれども、厚生労働省また年金機構、それぞれの責任をしっかりときょう質問をさせていただきたいと思います。まず、厚生労働省にお伺いしますけれども、本件の事案について、厚生労働省として初めてこの一件を....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/6/3

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「この後、もう一度大臣にお伺いしますが、それでは、大臣として事案を把握して対策を、例えばネットを遮断しろとか、あるいは被害の可能性のある皆様に通知をしろとか、一連の今日まで至るその対策を大臣として最初に指示されたのは、いつですか。」 「では、二十八日の時点ではまずは情報漏えいの事実、翌二十九日には概要の把握を....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/6/3

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「具体的に一つ聞きます。先ほどの資料を見ていただきたいんですが、警察に十九日に相談していますね。この相談は、厚生労働省とよく相談してからやったものなのか、機構として単独でやったのか、どちらか、お答えください。」 「厚生労働省、警察に相談する、あるいは捜査依頼をするのは、厚生労働省としてやられたんですか。本当で....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/6/2

委員会名衆議院 農林水産委員会


「まず、規制改革部局に質問いたします。安倍総理は、いわゆる岩盤規制ということで、さまざまな、長年続いてきた、特に民間の活力をそぐような規制については、それを、強い、かたいドリルで岩盤に穴をあけていこうということで、国内外でそういう発言をされておられますけれども、そもそも、安倍総理の掲げている岩盤規制とはどのよ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/6/2

委員会名衆議院 農林水産委員会


「中央会の監査制度について少し集中して質問をしたいと思います。中央会監査の見直しが今回の法律改正の大きな柱の一つになっていることは間違いないと思いますけれども、この中央会の監査制度を見直すことがどのように岩盤規制に穴をあけることになるのか、裏から言うと、どのような岩盤規制があるから、この中央会制度を見直すこと....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/6/2

委員会名衆議院 農林水産委員会


「中央会制度を廃止して、中央会という名前を使える。これは附則ですから、移行期間の三年間とか五年間とか既存の名前を使えるという経過措置を設けることは法律上よくあります。しかし、これは法律をよく読むと、一定の要件を満たせば永続的に中央会という名前を使えるので、全国農業協同組合中央会というのは残るわけですね。全国農....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/6/2

委員会名衆議院 農林水産委員会


「昨年度の中間管理機構を経由したいわゆる農地のマッチング、これは先般出していただきました。約二万四千、二万三千八百九十六ヘクタールだったと思いますが、農林水産省から説明があったように、担い手への農地集積の総数は、たしか六万を超えていましたね。そうすると、いろいろな形で農地集積は進んでいるんですが、その中で農地....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/5/19

委員会名衆議院 農林水産委員会


「全中については、これから改革のさまざまな議論がされると思いますけれども、例えば、生活協同組合とか他の協同組合組織がございます。法律上、さまざまな優遇も与えられている組織形態の一つでありますけれども、こういったところについての政治的中立性といったようなものについては、他の法律と同様、確保すべきではないのか。こ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/5/19

委員会名衆議院 農林水産委員会


「内閣官房からいただいた理事会提出資料によると、このプレスリリース、プレスへのお知らせが訂正会見のお知らせだったという説明なんですけれども、私は、これは違うんではないかなと思うんですね。これはあくまで、こういうセミナー、パネルディスカッションをするので、それが終わったら、このパネルディスカッションに関して質問....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/5/19

委員会名衆議院 農林水産委員会


「それでは、残りの時間、農地中間管理機構について質問したいと思います。きょう、資料がようやく出てきたと思います。四月の末時点での締め切りで各都道府県から出てきたということを整理されたということでありますけれども、ぜひ明確にお答えをいただきたいのが、初年度の二十六年度の面積ベースの実績と、特に、私がずっと予算委....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/5/14

委員会名衆議院 安全保障委員会


「質問は、2プラス2において、もちろん広がる分野についての説明は関係大臣でやったと思うんですが、できないことのすり合わせ、依然として制約があるということについて、ここまではできますけれども、ここからはできませんということのきちんとした整理はできているのかどうか、この点についてお答えください。大臣にお願いします....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/5/14

委員会名衆議院 安全保障委員会


「ただ、今回の法制によって少し優先順位が不明確になってやしないか、ありとあらゆることをやることによってどれも薄くなってしまい、場合によっては、少し遠い外の世界を強調する余り、自国防衛が弱くなってしまいやしないかということを懸念するので、改めて、我が国の防衛、安全保障の優先順位について基本的な考えをお聞かせいた....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/5/14

委員会名衆議院 安全保障委員会


「まず、これは確認なんですが、役人の方でも結構なんですが、武力攻撃事態、現行法、あるいはこれからもこれは変わらないと思うんですが、武力攻撃事態ということは、そのことをもって必ずしも我が国の武力の行使が認められるものではないですね。正確にお答えください。」 「もう一度正確にお答えいただきたいんですが、いわゆる切....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/5/14

委員会名衆議院 本会議


「民主党提出、農業協同組合法の一部を改正する法律案について説明します。私は、本年一月十三日、農林水産委員会の閉会中審査で、全国農業協同組合中央会、全中の監査制度をいじることでなぜ農家所得が向上するのかと農林水産大臣に質問しました。あれから四カ月、何度も同じ質問をしてきましたが、今に至るまで一度も明確な答弁はい....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/5/14

委員会名衆議院 本会議


「次に、内容について説明します。まず、地域のための農協としての位置づけを明確にする規定を新設いたします。我が国の農協は、総合農協として、農業の振興のみならず、金融を初めとしたさまざまなサービスを住民に提供し、地域社会で大きな役割を果たしてきたことは、この議場の皆さんも御存じのとおりです。そこで、民主党案では、....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/5/13

委員会名衆議院 農林水産委員会


「それでは、きょう、与党の先生方からも質問がありましたTPPの情報公開、とりわけ、西村副大臣の発言を中心に質問したいと思います。西村副大臣、当委員会にようこそお越しをいただきました。まず確認をしたいのは、当委員会で決議をしたTPPに関する農林水産委員会の決議、これを守るという意識はおありでございますか。まず、....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/5/13

委員会名衆議院 農林水産委員会


「もう一つ、この決議を守るとおっしゃっていただきましたけれども、第七項、これは何が書かれてあるか御存じですか。」 「しかし、その後、五日のニューヨークで、これも記者会見というふうに事務方の皆さんから聞きましたが、マスコミ二社に対して撤回したような発言をされ、そして、五月の七日であります、ロサンゼルス、これは日....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/5/13

委員会名衆議院 農林水産委員会


「先ほど澁谷審議官から話がありましたけれども、アメリカの上院のある種ペナルティーの規定の中に、院内規則で上院は除名がある。その意味では、何か秘密を侵す、あるいは秘密を侵すことがだめなんだと院が決めればいいんですから、そのことが懲罰規定に当たるということであれば、我々は議員資格を失います。ただし、失っても次の選....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/5/13

委員会名衆議院 農林水産委員会


「次に伺いたいのは、総理の先般の訪米中における上下両院での演説の内容についてでございます。資料の五を見ていただきたいんですが、英語ですけれども日本語で書いておりますが、こういうふうに言っています。「実は…いまだから言えることがあります。」何か告白調で始まっておりますけれども、「二十年以上前、GATT農業分野交....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/4/23

委員会名衆議院 農林水産委員会


「まず、競馬法の質問をさせていただきたいと思います。佐々木委員からもるる質問がありましたけれども、私は規制の側に絞って質問をしたいと思います。改正法三条の二で、海外競馬の競走のうち、公正確保の措置が講じられているものを農林水産大臣が指定して、海外競馬の勝馬投票券の発売をするということなんですが、この法律に書か....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/4/23

委員会名衆議院 農林水産委員会


「もう一つ、先ほど佐々木委員からもありましたが、ホースセラピーについてちょっと聞きたいと思うんです。大臣は、さっき佐々木委員の質問に対して、しっかりやりますと言ったんですが、最初に私がこの質問を出したときに、役所の人が質問をとりに来たんです。それで、何を最初に言ったかというと、ホースセラピーというのは、最後は....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/4/23

委員会名衆議院 農林水産委員会


「それでは、次に、ちょっと残りの時間はTPPについてお伺いしたいと思っています。大変緊張感が高まってきているという認識でおります。間もなく総理が訪米をする。先般は、甘利担当大臣がフロマン代表とも閣僚会合を行ったというところであります。まずお伺いしたいのは、いろいろなことが報道に出ています。きのうも当委員会でも....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/4/23

委員会名衆議院 農林水産委員会


「特に、きょう私が取り上げたいのは、原産地規制の問題であります。オリジンと言われる問題ですけれども、TPPの関税上の特恵待遇の対象となる原産地規制、特に域内における、これは、付加価値とか工程とかいろいろな計算の方式はあるんだと思いますが、こういう原産地規制が交渉のテーマになっているのかどうか。つまり、こういう....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/4/23

委員会名衆議院 農林水産委員会


「私は、まず、きょう二つ最後に伺いたいのは、法案の中にも全ての議員がフルテキストにアクセスできるという言葉が出てきます。これは、前回、小泉政務官にも質問しましたが、USTRの一月のホームページから既に同じような文言が書かれてあって、だから、これは議会対策なのではないかということを私は申し上げましたけれども、か....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/4/17

委員会名衆議院 安全保障委員会


「先ほど翁長沖縄県知事と安倍総理の面会が終了したというふうに承知しておりますけれども、今の段階で、もし、その概要なり御紹介をちょっと、一時間ぐらいたっていると思いますので、何か進展があったのかどうか、紹介できる範囲で結構ですので、防衛大臣、よろしくお願いいたします。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/4/17

委員会名衆議院 安全保障委員会


「アメリカは、我が国と一緒で、参加を三月末までには表明しませんでしたけれども、聞くところによると、世界銀行に三十年ぐらい勤めた経験のある、金融のプロであるアメリカの法律専門家を顧問としてAIIBに派遣するというか、AIIBが受け入れるというような報道が一部ございます。この点について、水面下で米中が一定の歩み寄....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/4/17

委員会名衆議院 安全保障委員会


「私は、我が国の領土、領空、領海をしっかり守っていくという防衛はきちんとやるべきだと思っているんです。ただ、私は財政当局にいたのでいつも考えるんですが、資源が無限じゃないので、限られた予算、装備、定員、こういったものを、変化する安全保障環境の中に、一体どの分野にどう振り向けていくのかは、先ほど申し上げたように....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/4/17

委員会名衆議院 安全保障委員会


「きょう資料をお手元にお配りして、なぜ私がこういうことを申し上げるかというと、少しアフガンのISAFの話をさせていただきたいなと思うんです。ドイツの例をちょっと出して説明したいんですけれども、まず、今回法改正をすれば、かつてのアフガンのISAFのような治安支援活動みたいなことにも出ていけるようになるということ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/4/15

委員会名衆議院 農林水産委員会


「基本計画についての質問を幾つかしますが、まず最初に、農地集積バンクについて。お手元に資料を配っておりますが、一を見てください。これは予算委員会あるいは当委員会でも何度も出した資料でありますけれども、二十三万ヘクタールの公募、借り受け希望があるので、しっかりとマッチングを進めていこうということで、さまざまな方....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/4/15

委員会名衆議院 農林水産委員会


「資料の三を見てください。これは前回も当委員会で取り上げましたし、同僚の小山議員も今取り上げましたけれども、いわゆる農業・農村所得倍増についてであります。私は何度も申し上げているように、倍増という言葉はやはり公式な場では余り使わない方がいいんじゃないかということは、農業所得自体は、これは農林水産省の審議会の議....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/4/15

委員会名衆議院 農林水産委員会


「では、ちょっと視点を変えて質問します。六次産業化の加工、直売のものですね、一番大きいところですが、この加工の部分、これは大きいんですけれども、農村帰属割合が一〇〇%になっているんです。ということは、ここで言う加工というのは、全ていわゆる地場産品による加工のみを取り出して計算しているということでよろしいですか....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/4/15

委員会名衆議院 農林水産委員会


「TPP交渉については、いよいよ大詰めを迎えているという報道もありますし、安倍総理が訪米をされるという中で、また一定の進展があるのではないかと言われておりますけれども、きょう私が質問を申し上げたいのは、TPP交渉に関する情報公開についてでございます。まず伺います。当委員会で決議をしたTPPに関する農林水産委員....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/4/15

委員会名衆議院 農林水産委員会


「農協改革でありますけれども、資料の四を見ていただきたいと思っております。これは大臣にお伺いしたいんですが、総理も、そして大臣もお答えになっていると思いますが、全中、中央会は、脇役としての応援団ということがこれからの位置づけでやってくれということなんですが、先般、飼料用米への転換を円滑にやるように、JA、中央....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/3/30

委員会名衆議院 予算委員会


「報道によりますと、朴槿恵韓国大統領とお話をされたという報道がありましたけれども、どういうお話をされたのか、特に、今話題になっておりますけれども、アジアインフラ投資銀行、いわゆるAIIB、こういったことももし話が出ているのであれば、あわせて御紹介いただければと思います。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/3/30

委員会名衆議院 予算委員会


「ここで質問ですけれども、石破大臣でありますが、一年三カ月前に購入したクラウンを乗りかえて、現在、レクサスという高級な車、加えてレンタカーで今使用しているということなんです。私、レンタカーで大臣車を使っているという例は、これは事務方にも確認しましたけれども、かつてないと思うんですけれども、まず、これが事実なの....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/3/30

委員会名衆議院 予算委員会


「資料三をごらんください。農林水産予算についてであります。これも何度も本委員会で取り上げましたけれども、いわゆる米価が下落して、それに対する対策として積んだ稲作農業の体質強化緊急対策事業というものがございます。これは、約二百億円を補正で積んで、何とか使ってくださいといって、実は一回やったんだけれども、それでも....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/3/30

委員会名衆議院 予算委員会


「そこで質問です。資料七を見てください。これは、今般、食料・農業・農村政策審議会でも原案として出されましたけれども、いわゆる政府・与党が掲げている農業・農村所得倍増計画についてであります。これは私がつくったものではありません。審議会が出した資料です。ここにあるように、農業所得は二・九から三・五兆円に十年間で二....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/3/30

委員会名衆議院 予算委員会


「最後に、農協改革について総理にお伺いしたいと思います。岩盤規制にドリルで穴をあけるということの一つの典型だったと思いますけれども、これはドリルで穴があいたのかどうか。資料八を見ていただくと、中央会の指導とか監査によって現場の地域農業が縛られているということは、私はないと思うんです。一部そういうケースがあると....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/3/26

委員会名衆議院 安全保障委員会


「お手元にお配りしている資料一をごらんいただきたいと思いますけれども、ことしは、国会議員の我々で行ったときに摺鉢山には登りませんでしたけれども、実は、昨年訪れたときに少し感じたことがありまして、それは、ここの摺鉢山の、有名な、硫黄島の星条旗を掲げるこの写真、あるいは像が有名でありますけれども、この左の下に英語....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/3/26

委員会名衆議院 安全保障委員会


「さて、次の話題に移りたいと思いますけれども、チュニジアのテロ事件についてであります。この件については同僚議員からも何度も委員会でも質問がありましたけれども、改めて、亡くなられた方に対してはお悔やみを申し上げますとともに、今なお負傷されている方については一日も早い回復を祈りたいと思います。その一方で、一部報道....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/3/26

委員会名衆議院 安全保障委員会


「これに関して、最後に一点、外務大臣にお伺いしたいんですが、手記の中に、少し気になる、外交官、外務省職員の言葉が出てくるので、お伺いします。朝日新聞の記者の方がインタビューをさせてほしいと言っているが、受ける必要はない、体調もよくないし、インタビューがどう使われるかわからないし、あなたには断る権利があります、....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/3/26

委員会名衆議院 安全保障委員会


「先般、総理が我が軍という言い方をして国会で答弁をされたということであります。このことについていろいろなことが取り上げられていますが、まず、これまでの理解で、自衛隊というのはいわゆる通常の軍隊ではない。これは、資料の五にもありますけれども、例えば平成十八年十二月一日の、質問主意書に対する安倍内閣の答弁書にも、....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/3/26

委員会名衆議院 安全保障委員会


「残りの時間、AIIB、いわゆるアジアインフラ投資銀行について質問したいと思っております。報道は幾つかなされておりますけれども、私は、この間のこのAIIBの構想をめぐる中国の動きというのは外交的に極めてやはり巧みだったなというふうに思います。このアジアインフラ投資銀行の動きについて、先日、国会での答弁で、麻生....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/3/19

委員会名衆議院 農林水産委員会


「私がお配りした資料四をちょっと先に見ていただけますでしょうか、これは予算委員会でも使った資料でございますけれども。副大臣がおっしゃったように、借り受け希望面積、受け手の希望は二十三万ヘクタール、これは、当初の予定よりも九万ヘクタールぐらいふえて二十三万ヘクタールになったので、補正で新しく予算を積まなければい....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/3/19

委員会名衆議院 農林水産委員会


「それで、私が質問したいのは、この前、三月十六日の参議院の予算委員会で、安倍総理が我が党の羽田参議院議員の質問に対して、所得補償を廃止した理由は何だったんですかということを聞いたところ、こういうふうにお答えになっています。担い手への農地の集積のペースをおくらせる面があったということです。これはこの委員会でも私....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/3/19

委員会名衆議院 農林水産委員会


「もう一つ、ナラシに関して言うと、我々のときのいわゆる変動払いですね、農家拠出がなくても、米価が一定程度下落したら年度末に反当たり一万五千百円とか払われていたものですね。これがなくなって、ただ、暫定措置として、とにかく生産者拠出がなくてもナラシの国分の半分は払おうということで今やっていますよね。これがあるから....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/3/19

委員会名衆議院 農林水産委員会


「きょうは、時間がないので、もうこれで終わりたいと思うんですけれども、大臣、私は、農業・農村所得倍増と、倍増というのはもうどこかで取り下げたらいいんじゃないですかね。ちょっと無理ですよ、これは何回も言っているように、倍増というのは。物価でも何でもそうなんですけれども、十年で倍になるためには、年率七・二%の成長....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「まず、毎年質問させていただいております、地元の坂出北インターチェンジのフルインターチェンジ化について伺いたいと思います。機構法、法律の改正によりまして、いわゆるスマートインターチェンジの予算をインターチェンジのフルインター化にも活用できるようになったというふうに理解しておりますけれども、それは正しい理解なの....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「続きまして、これもあわせて地元の案件でございますが、JR四国への支援策についてであります。これは、我々が与党だった時代に、経営安定基金の積み増しであるとか設備投資の資金、特定業務勘定からこういった支援をした経緯があるんですけれども、先般、二月二十六日に、たしか日本経済新聞だったと思いますが、JR四国に追加支....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「もう一つ、JR四国に関係しますけれども、これも去年質問させていただきました四国新幹線。間もなく北陸新幹線の開業ということなんですが、四国は新幹線の空白地帯なんですね。整備新幹線スキームが唯一ないということで、なかなか寂しいなと従来思ってきたんですけれども、基本計画に今とどまっているという理解なんですけれども....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「ただ、私、交通手段の多様化というのは、東日本大震災のときのさまざまな航路を生かした支援といったようなものも大変重要な役割を果たしたことを考えれば、この多様性の確保ということは一定程度やはり担保しておくべきだというふうに思っております。ただ、なかなか現行の仕組みの中では、倒れた会社を支援するときにはさまざまな....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第二分科会


「まず、大臣にお聞きしたいんです。地方創生、今、安倍政権としても力を入れて取り組んでおられます。ローカルアベノミクスとも言われますが、この地方創生というのは、例の第一の矢、第二の矢、第三の矢でいうとどれに当たるんでしょうか。」 「基本的には、民間の事業ですから、民間で投資回収をして自律的に回っていくということ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第二分科会


「もう一つ、地域のお金を生かしていくという意味では、国が税金で召し上げて、それをまた国が配っていくというのも一つの方法かと思うんですが、そもそも、地域で稼いだものは地域に残しておくというのも、私は地域の自主性とか自立性を促していく意味で大事かなと思っております。そこで、一つ質問をしたいのは、公営ギャンブル、と....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第二分科会


「次に、これも地域の創生、活力ということにつながるんですが、日本郵政グループのことについて少しお伺いしたいと思うんです。三社同時上場ということで進めておるんですが、復興の財源に充てるということでありますから、できるだけ上場の価値というのは高くなればいいと思います。その意味では、特に金融二社、ゆうちょ銀行、かん....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/3/10

委員会名衆議院 予算委員会第二分科会


「二月十八日の社長の会見録をちょっと読ませていただいたんですけれども、ゆうちょ銀行、物すごい金融資産がありますね。この運用の見直しを行うということ、正確に言うと、「全面的に現在のポートフォリオを見直す必要があると思っています。」ということをおっしゃっておるんです。これは、昨今、GPIF、年金の基金については、....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/2/25

委員会名衆議院 予算委員会


「ここで私が問題にしたのは、こういう状況の中でさらに補正予算を積むんですか、二百億積むんですか、二百五十三億のうち〇・五億円しか使っていないのに、二十六補正予算で緊要性があるといって二百億積むんですかといって指摘をしたんですが、多勢に無勢でございまして、やはり補正予算は通って、結局この二百億円は積まれまして、....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/2/19

委員会名衆議院 予算委員会


「石破担当大臣は、累次にわたって、この地方創生、今までと全く違う取り組み、あるいは従来の取り組みの延長線上にはない、次元の異なる大胆な政策を力強く実行していくと何度も発言をされておられます。財務省にいただいた資料で、二十七年度、これから審議が始まりますが、この予算の中で、約七千億の地方創生予算があると思います....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/2/4

委員会名衆議院 予算委員会


「まず、本日は補正予算の問題点について伺いたいと思います。最初に、昨年の補正予算、国会でも何度も私は質問いたしましたけれども、厚生労働省の短期特別訓練事業、パネルの一を見てください。これは去年の補正予算で計上された予算ですけれども、ことしと同じように、残り年度が大変少ない中で予算を計上して、それを無理して執行....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/2/4

委員会名衆議院 予算委員会


「本年度の予算、農政の改革が今進んでいます。私も、農政は改革をしていかなければならないと思う一人であります。このパネルに出したのは、その中で進められている、担い手に大きな固まりとして農地を集積していこう。私、これは政策としては進めるべき政策だと思います。そんな中で、各都道府県に一つ、今年度から、農地バンク、農....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/2/4

委員会名衆議院 予算委員会


「TPPについて伺います。今、農協改革などで非常に騒がしい状況になっておりますが、その陰で、TPPが大きな進展を見せているやに報道がされています。私がきょう聞きたいことは一つです。米について、米の関税についてであります。甘利TPP担当大臣はこの交渉に関してこのようにおっしゃっています。一月二十七日、米を一粒も....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2015/2/4

委員会名衆議院 予算委員会


「次に、農協改革についてお伺いします。私の質問はシンプルです。今、農協改革の最大の焦点となっている全中の監査権限をどう見直そうかということだと思うんですが、私は、しっかりやるべきところはやったらいいと思います。ただ、質問は、この監査権限を見直すことと農家の所得がふえていくことはどうつながるのか。総理は、この委....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/1/13

委員会名衆議院 農林水産委員会


「まず、JAの改革についてお伺いをいたします。通告はしていないんですが、佐賀の県知事選挙が終わりました。この結果についていろいろな分析がされておりますけれども、中には、JAの改革、それに対する反発が地元であって、そのことが自民党、公明党、与党の推す候補の敗因の一つになったというふうにも報道されておりますけれど....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/1/13

委員会名衆議院 農林水産委員会


「今大臣がおっしゃったJA改革について質問したいと思うんですが、今月の初め、お正月明けに、全中を強制権限を持たない新たな法人形態に移行するということを記者会見で明言されましたけれども、この方針はもう確固たるものとして決まっている、そういう方針でいくということなのか、改めて大臣の御所見を伺いたいと思います。」 ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/1/13

委員会名衆議院 農林水産委員会


「次に、農業・農村所得倍増戦略について少しお伺いしたいと思います。とにかく、選挙中もそうだったんですけれども、農家の疲弊、あるいは、農村地域を何とかしてほしい、農政を何とかしなきゃいけない、これは与野党を超えたテーマでありますし、本当に真剣に取り組まないと、私も農村地域に住んでいますから、大変なことになってし....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/1/13

委員会名衆議院 農林水産委員会


「新聞報道をちょっと見たんですが、私、瀬戸内海に面しておりますので、赤潮とか、私が小さいころは、随分それで養殖漁業が影響を受けたんですけれども、最近は、一方で、表現はどうかは別として、むしろ少しきれいになり過ぎているというような指摘もあり、栄養塩が少なくなってきて、ノリの色落ち、あるいはそもそも漁獲量が落ちて....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/11/12

委員会名衆議院 外務委員会


「CSC条約でありますけれども、まさに条約のタイトルにあります、原子力損害の補完的な補償に関する条約ということなんですが、この原子力損害について、その定義について、まずお伺いをしたいと思います。CSC条約の第一条(f)における原子力損害の定義でありますけれども、国内法におけるいわゆる原賠法、原子力損害の賠償に....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/11/12

委員会名衆議院 外務委員会


「続いて、質問を鯨の話に移したいと思います。昨夜、岸田大臣は、アイスランドのスベインソン外務大臣と面会をして、鯨類の持続可能な利活用といったことについての連携を確認したというような報道に接しましたけれども、これは事実でしょうか。」 「実は、今大臣が言及されたICJの判決が出た際に、農水大臣からは、これからも商....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/11/12

委員会名衆議院 外務委員会


「最後に、領域警備について質問をしたいと思います。七月一日に集団的自衛権に関する閣議決定が行われた後、残念ながら、この臨時国会では、安保法制についての具体的な国会での法律の議論は全く行われていませんけれども、例の十五事例のうちの第一事例は、まさに離島等における不法行為への対処ということで、最も喫緊な課題として....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/10/29

委員会名衆議院 外務委員会


「TPPの影響試算について、午前の、私はちょっと聞き逃したんですが、農水大臣が、来年の早いうちにも新しい試算を出すやに答弁をしたと私は理解しておるんですけれども、この点、事実関係を改めてお答えいただきたいと思います。」 「ということは、来年四月以降、関税を含めた幾つかの不明確だった数値が明確化されるということ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/10/29

委員会名衆議院 外務委員会


「次のページを見てください。こういうことがあるので、これは今の西川大臣が委員長だったときの決議でありますけれども、一番上の段の後半に、小さい字なんですが、こういうふうに書いています。「一方、」以下です。「日豪間の」とありまして三行目、「日豪間のEPAによって、国内の農林水産業を中心に大きな悪影響が及び、我が国....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/10/29

委員会名衆議院 外務委員会


「この先の姿が実は描けないと、本当に、先ほど資料二で申し上げました二〇〇六年の決議、これは、国内の農林水産業、農山漁村の有する多面的機能が損なわれるおそれ、こういったものに対してしっかりと対応したことにならないし、今の時点では、なるかもしれないし、ならないかもしれないというのが正確な言い方だと思います。ここに....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/10/28

委員会名衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会


「まず、大臣にお伺いしたいんですけれども、お二人の大臣が既に辞任をされております。大臣と同じ女性大臣ということで、大変注目をされた大臣でありますけれども、就任から大変短い期間で辞任に至りました。いろいろなことが理由で辞任をされたと思いますけれども、まず、お二人の大臣が辞任されたことに対して、総務大臣としてどの....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/10/28

委員会名衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会


「まず、確認したいのは、当該選挙区内にある者であります。いわゆる有権者ですね。我々、特に衆議院の議員は、小選挙区に立候補すると同時に、いわゆる比例ブロックの、比例選挙にも重複立候補するというのが大体常であろうかと思います。選挙に大変強い方は、それを放棄して小選挙区のみの方もいらっしゃると思いますが、比例にもあ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/10/28

委員会名衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会


「予想以上に時間がかかってしまったので、ちょっと質問を飛ばして、もう一つ、民主主義の根幹にかかわる選挙の公平性、公正性について質問したいと思います。昨年の参議院選挙の際に、香川県の高松市において、開票作業による不正行為が行われました。これはゆゆしき問題であります。入っていた票が全くカウントされず、ある全国比例....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/10/22

委員会名衆議院 農林水産委員会


「ちなみに言うと、岩盤部分については年内にほとんど、十二月末までに六十キロ千七百円が支払われ、年度末までに新たに六十キロ千七百円が払われて、この年も、大体二千円から三千円、概算金の払いが減る。中には、三千六百円、四千近く概算金の支払いが減った東北地方も、産地もありました。しかし、三千円下がったところに、結局三....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/10/22

委員会名衆議院 農林水産委員会


「午前の審議でもありましたけれども、今回、概算金が下がっている、そのことに対して、対策を打とうとか、あるいは作況指数の表示の仕方を変えようとか、涙ぐましい、いろいろな努力がされているんですが、そもそも論としてお聞きしたいのは、概算金の払いが下がっていること、これが米価そのものの下落につながるのかどうかは、もち....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/10/22

委員会名衆議院 農林水産委員会


「もう一つ、ナラシの議論も午前中いろいろ出ましたけれども、よく、面積で四〇%、戸数ベースでいうと七%とか、それぐらいしかカバーされていませんねと。資料の五に参議院のやりとりを書いていますけれども、六・七ですか。ちなみに、地元の香川県で聞いたら、ナラシに入っている人はどれだけいるのと言ったら、戸数ベースでいうと....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/10/22

委員会名衆議院 農林水産委員会


「その件でいうと、先ほどちょっと気になったので大臣にお聞きしたいんですけれども、全農に対してもうちょっと頑張れというのは、大臣だけじゃなくて、農家もみんな思っているわけですね。ただ、私は、その中で少し気になるのは、全農の株式会社化なんです。今のままだと、基本的に、ある種、出資者、株主は農家ですよね。ですから、....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/10/22

委員会名衆議院 農林水産委員会


「私は、きょうは牛肉のことは聞きません。私が聞きたいのは小麦のことです。しかも、主食用の小麦ではなくて、飼料用の小麦のことであります。大臣は非常にお詳しいと思いますが、今回、日豪EPAの中で、実は、飼料用の小麦は無税化されています。私は、このことが実は牛肉以上にインパクトを与えるんじゃないかと思って心配してい....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/10/22

委員会名衆議院 農林水産委員会


「最後に、その意味で、農業所得について質問して終わりたいと思います。これも何度もこの委員会でやったんですが、資料の八を見てください。これは、昨年の六月五日に私が農林水産省からもらって、委員会でも使ったんですけれども、今大体三兆円ある農業所得を、六兆円に農業、農村所得を倍増しようということなんです。この内訳を当....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/6/16

委員会名衆議院 決算行政監視委員会


「行政監視の観点から、二つの具体的事業を取り上げて質問いたしたいと思います。まず一つ目は、これは何度も厚生労働委員会で田村大臣とやりとりをさせていただきました、短期集中特別訓練事業です。お手元の資料一をごらんください。ニートの方々などに短期の職業訓練を施す。私は事業の目的は否定をいたしません。しかし、少なくと....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/6/16

委員会名衆議院 決算行政監視委員会


「二つ目の事業について、またJEED絡みですけれども、取り上げたいと思います。高齢者を雇ったら、そこに七十万円を上げます、簡単に言うと、こういう事業です。特別会計、労働保険特会の雇用勘定から出ている事業でありますけれども、これはまず事実関係を聞きたいんですが、平成二十五年度、大体二千人強の高齢者をこの事業で対....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/6/11

委員会名衆議院 農林水産委員会


「野菜などでは三年で、ほかのものは一年のものもありますけれども、例えば積雪寒冷地域、北海道とか長野県、こういうところは、こういう方々を受け入れて、一年のコースですよといっても、実際、農作業、現場で研修ができるのは、季節の関係で半年未満というところが多いわけですね。そうすると、その働かないところもお金を払って一....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/6/11

委員会名衆議院 農林水産委員会


「今法務省からもありましたけれども、おかしなことが起こらないように、やはり監理監督をきちんとしていくことは大変重要だと思います。その意味では、現在、技能実習一号から技能実習二号に移る際に試験をやっていますね。各種それぞれの業界の団体がありまして、試験を行っております。農業の場合は農業技術評価試験というものをや....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/6/11

委員会名衆議院 農林水産委員会


「あと一点、大川次長に質問したいんです。農協の改革で、きのうも与党で一定の方向性が出たやに聞いておりますけれども、改革の中に、農協には行政代行的なことはやらせないということが書いてあったと思いますが、一方で、これからのいわゆる減反、生産調整の見直しの政策の中で、国による配分には頼らないような形にしていきます、....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/6/11

委員会名衆議院 農林水産委員会


「最後に一点だけ。日本型直接支払い、この委員会でも何度も議論になりました。今現場でいろいろな説明を、私もしたり、聞いたりしていますけれども、このパンフレットの中に、農林水産省のパンフの二十五ページなんですが、農地維持支払いについて、基本的には農振地域に限定するということなんですが、例外があって、地方公共団体が....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/6/4

委員会名衆議院 農林水産委員会


「まず、養豚について。先ほど江藤副大臣からも少し言及がありましたけれども、民主党政権下の農政というのは、いろいろな批判もありましたけれども、私は、よくできた制度がいっぱいあると思っているんです。その一つが養豚であります。平成二十二年度の全国肉豚、それまで二五%の国の補助率だったのが五〇%、一対一まで、ある種、....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/6/4

委員会名衆議院 農林水産委員会


「次に、花の話に移りたいと思います。きょうも、齋藤委員初め、この話が出ましたけれども、まず、私はあえて提起をしたいのは、花卉という言葉は、皆さん、難しいと思いませんか。農林水産委員会でカキといえば、山になっている柿か、海にあるカキか、どっちかがまず思い浮かびます。花卉という言葉は、確かに、広辞苑を引いたり、い....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/6/4

委員会名衆議院 農林水産委員会


「最後に、残りの時間で、農協の改革について聞きたいと思います。規制改革会議で中央会の廃止ということが言われてから、新聞、マスコミでもこの点については大変多く取り上げられておりますし、これも報道ですけれども、どうも自民党さんの中でも、五年間の猶予期間を設けて、全中については廃止をするんだというような報道にも接し....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/5/22

委員会名衆議院 農林水産委員会


「次の、日本も求められていますけれども、いわゆるアメリカの安全基準を満たした車がそのまま韓国にアクセスできる、基準を満たすと認定する台数が二万五千台に拡大しています。ちなみに、二〇〇七年の合意の約四倍だとも言われております。そして、セーフガードも、これはアメリカ側ですけれども、自動車分野のセーフガードの導入を....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/5/22

委員会名衆議院 農林水産委員会


「ちょっと時間がないので、豚肉の話だけ、少し確認しておきたいと思います。これも読売新聞の記事だったと思いますが、こういうことが書かれていました。差額関税制度を撤廃して関税収入がふえるので、そのふえる税収を、関税収入をもって国内の養豚業者対策に回せばうまくいくので、差額関税制度を撤廃する、こういう趣旨でありまし....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/5/21

委員会名衆議院 農林水産委員会


「まず、PEDのワクチンについて。この委員会でも私は質問いたしましたが、地元の香川県でも、連休明けになって、ようやく現場にワクチンが回り始めたということを確認しております。流通業者が集まって、やはりメーカーごとに系列があるみたいですね、このメーカーのワクチンはこの流通業者を使うとか。そういうことで、数字上はた....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/5/21

委員会名衆議院 農林水産委員会


「次に、燃油対策です。最近、地元でも、皆さんもお聞きになっていると思いますが、円安になってガソリンの値段が高い、軽油も高い、加えて四月からの消費税、そしていわゆる温対税というものが燃料にかかっておりまして、農産物あるいは飼料を運ぶトラックなどが、燃料が非常に高騰していて、最近では、景気も少し回復傾向なので、人....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/5/21

委員会名衆議院 農林水産委員会


「まず、きょうは小泉政務官にお越しいただいていますので、質問したいと思うんです。私の理解では、甘利大臣あるいは政府からも、こういう認識なんだというふうに私は理解しているんですが、方程式、フォーミュラとも言われますが、そういった幾つかの式は決まったんだけれども、中に入れる変数、これがまだ決まっていなくて、では、....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/5/21

委員会名衆議院 農林水産委員会


「続きまして、法案の審議、法案の内容に入りたいと思います。きょうもいろいろ議論がありましたけれども、私は、この法案の方向性は極めていいと思うんですね。ただ、これは役に立つのかなと私は思っているんですよ。ぜひ役に立ってもらいたいと思うんです。つまり、地域の伝統とか特性を生かした農産品あるいは食品、こういったもの....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/5/21

委員会名衆議院 農林水産委員会


「もう一点、具体的品目を出して伺いたいのは、和牛であります。資料の四を見ていただけますか。これは当委員会に一度出しましたけれども、私が前回シンガポールに行ったときに、シンガポールのレストランで食べたそのメニューを、まさに写真に撮ってきて、今度はぜひ宮腰先生と一緒に行きたいなと思っているんです。前回取り上げたと....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/5/9

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「昨日、待ちに待った検証結果が出ましたので、それを踏まえて質問をいたしたいと思います。もともとこの事件が発覚をしたのは三月六日でありました。そして、あれからもう二カ月ぐらいがたっております。この国会でも何度も取り上げましたけれども、途中から、弁護士を入れた第三者的な調査をやっているので、この国会の場では発言を....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/5/9

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「今回、五名の方が処分を受けておられます。理由は、国家公務員法の守秘義務違反等々でございます。守秘義務違反というのは百条だったと思いますが、職務上知り得たものを漏らしてはいけないということに反して漏らしたということでありますから、何らかの職務上重要な情報を漏らしたという事実は認定されているわけですね。その漏ら....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/5/9

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「最後にお伺いしたいのは、きょうは青木理事長にもお越しをいただいております。今回、調査報告書を読んで、一つ新しいものがあったし、これはある種丁寧に書かれているなと思ったことが一点あります。これは、十二月九日に厚生労働省がJEEDさんに行って打ち合わせをしたということで、ここから始まったような話でありましたけれ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/4/25

委員会名衆議院 内閣委員会


「まず、先ほど発表されました日米共同声明について確認させていただきたいと思います。このような表現が使われておりました。二国間の重要な課題について前進する道筋を特定したという言葉であります。英語で言うと、アイデンティファイドアパスフォワードオンインポータントバイラテラルイシューズ、こういう言葉であります。一見聞....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/4/25

委員会名衆議院 内閣委員会


「次の質問に移りたいと思うんですが、オーストラリアとの間で日豪EPAを結んで、これがある種のてこというか、一つのスタンダードになって、もう全面的に関税をゼロにするという、まあ、ここはさすがにあり得ない選択ではなくて、合理的なスタンダードの自由貿易を促進する枠組みということが一つつくれれば、それを持ち込んで、T....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/4/25

委員会名衆議院 内閣委員会


「それで、次に豚の話をしたいんですけれども、資料の三を見ていただけますか。牛肉の関税、豚肉の関税、両方ともいわゆるセンシティブ品目として重要五項目に入っておりますけれども、大事なことは、有効な国境措置として機能する範囲にこの関税が、引き下げが抑えられるかどうかということだと思うんですね。この豚肉については、実....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/4/25

委員会名衆議院 内閣委員会


「知的財産も、TPPの交渉の中では重要な要素の一つだと思いますけれども、これから、デジタルコンテンツも含めて、アジアにいろいろな曲や、あるいはそういった映像の文化を広げていくと思うんですけれども、この著作権の保護がどう行われているのか。端的にお答えいただきたいんですが、例えば作曲をして、歌をつくったときに、そ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/4/23

委員会名衆議院 農林水産委員会


「まず、総理に伺いたいのは、この間、報道でも一部出ておりましたけれども、日米の間の溝がなかなか埋まっていないというような報道に接しております。現状、総理の認識として、このTPPに関する日米の交渉は、溝が埋まってきているのか、あるいは溝があるままなのか。オバマ大統領が数時間後に来日をされますけれども、現在の総理....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/4/23

委員会名衆議院 農林水産委員会


「それでは、この農水委員会の決議も行いました重要五項目について、実は、正直、私も含めて当委員会の与野党の先生方も不安に思っている方もいらっしゃると思うのは、先般、日豪のEPAがありました。牛肉に関する関税については、あれも明確な日豪EPAの決議があったにもかかわらず、関税の引き下げということが事実上決まりまし....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/4/22

委員会名衆議院 農林水産委員会


「交渉の間の話で、なかなかお答えにくい、いただけないと思いますけれども、まず、大臣にお伺いいたします。当委員会での決議もやりました。牛肉、豚肉を初めとした重要五項目についてはしっかりとした聖域を守るということでありますけれども、単に差額関税制度を維持することだけでは、この決議を守ったことにならないと私は思うん....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/4/22

委員会名衆議院 農林水産委員会


「私は、減少傾向にあった構造改革の流れや集積の流れが、戸別所得補償という岩盤対策が入ったことによって、それを阻害するよりも、むしろ下支えして加速する効果もあったんじゃないかということはこの数字が示していると思うんですね。もちろん、戸別所得補償が全部が全部いいとは思いません。ただ、役所が配るような公式のパンフに....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/4/16

委員会名衆議院 国土交通委員会


「坂出の北インターチェンジのフル化の問題であります。これは、スマートインターチェンジの予算と絡めて質問させていただきたいと思います。四月の二十五日に坂出の商工会議所が坂出市長に申し入れを行いまして、なかなかこの設置についてこれまで紆余曲折があった地域の協議の場が、ようやくこういった申し入れを受けて発足をする見....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/4/16

委員会名衆議院 国土交通委員会


「続きまして、これは最近、全国で話題になっておりますけれども、公共事業等の入札不調について一点お伺いしたいと思います。実は、地元の香川県で調査がありまして、これはある新聞社が行った調査でありますけれども、県内の事業を調べたところ、昨年度の入札不調率が八・七%、全体の事業のうちの約九%が入札不調になっておりまし....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/4/15

委員会名衆議院 農林水産委員会


「まず、法案の審議に入る前に、家畜防疫に関して何点か確認をさせていただいてから法案の内容に入りたいと思いますけれども、冒頭お伺いしたいのは、熊本県で発生をいたしました高病原性鳥インフルエンザへの対応について伺いたいと思います。きょうは、大変お忙しい中、加藤副長官にお越しをいただきましたので、まず伺いたいと思い....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/4/15

委員会名衆議院 農林水産委員会


「次に、まだ判明していないというふうに承知をしているんですが、現時点において、この朝の時点において、最新の情報を教えていただきたいんです。この感染経路、どういうルートで今回の鳥インフルエンザが発生したのか、最新の情報を教えてください。」 「わからないのであれば、その全ての可能性に対して明確に対応を具体的に打っ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/4/15

委員会名衆議院 農林水産委員会


「私の地元の香川県では、讃岐うどんが有名なので、これをほとんどASWでつくっているのはいかがなものかということもあって、県産の小麦でつくる讃岐うどんを何とか出したいというニーズは常にあるし、需要もあるわけですね。そこで、麦はしっかりとつくってもらいたいということで、推奨してきたわけであります。実は、香川県では....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/4/15

委員会名衆議院 農林水産委員会


「外交関係の問題を二つ聞いて、最後にしたいと思います。一つは、日豪EPAについてであります。これは、いろいろな議論がありましたし、これからもあると思いますけれども、大臣に確認をしたいのは、日豪EPAについても国会決議がありました。今回、例えば米については、明確に除外と書いていますから、これはまさに除外ですね。....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/4/15

委員会名衆議院 農林水産委員会


「最後に、鯨について伺いたいと思います。大臣は地元でもあるので、私も、地元は鯨は全然関係ないんですけれども、日本の捕鯨文化、食文化も含めて、思い入れがあります。先般、三月三十一日に、ICJ、国際司法裁判所で、南極海における調査捕鯨、JARPA2についてはだめだと、いわばこれを禁止する判決が出たわけでありますけ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/4/11

委員会名衆議院 内閣委員会


「まず、TPPについて質問をいたします。その前に、日豪EPAについて数点確認をさせていただきたいというふうに思います。今般合意に至った日豪EPAの内容は、いろいろな御苦労の中で苦心してまとめたなということが感じられるような中身になっておりますけれども、一つ確認したいのは、きょうは西川先生もいらっしゃいますけれ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/4/11

委員会名衆議院 内閣委員会


「そこで、大臣に伺いたいんですけれども、フロマン代表が日本に来た際に、ぶら下がりのインタビューで、今回アメリカとしては、日豪で合意した以上のものを求めていく趣旨の発言もされております。戦略としては、私も以前こういうことを申し上げたことはあるんですが、日豪で合意した、一定の、ある種、日本が受け入れ可能な合意的な....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/4/11

委員会名衆議院 内閣委員会


「次に、外交交渉にもかかわると思いますが、捕鯨について質問したいと思います。三月三十一日に、ICJで判決が出ました。これは、日本の南極海での調査捕鯨について、いわば許可をしないという旨の内容でございます。このことについて官房長官が談話を出されて、大変遺憾だということは表明しつつ、今後のありようについては検討す....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/4/2

委員会名衆議院 農林水産委員会


「時間が短いので、早速、まず農地バンクについてお伺いしたいと思います。各県でそれぞれ設立に向けて立ち上がっていっていると思いますけれども、この設立準備状況についてお伺いしたいと思います。その中で、特に賃料の設定です。これは、私はこの委員会でも何度も申し上げましたけれども、まず、予算上、現行、全国平均で反当たり....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/4/2

委員会名衆議院 農林水産委員会


「そういう意味で、大臣にあわせてお伺いしたいのは、いわゆる構造改革を進めていって、今度、岩盤部分が半分になります。七千五百円ですけれども、五年後には廃止です。こういった政策をなくしたときに、では、一体どれぐらいの面積になれば米農家としてペイしていくのか。今、地元に帰って一番聞かれるのは、玉木さん、では、何をつ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/4/2

委員会名衆議院 農林水産委員会


「その上で、一つだけちょっと追加で質問したいのは、例の飼料米の数量払いの件であります。平均単収から、単収が上がれば最大十万五千円、最低五万五千円、こういう支払いに変えるわけでありますけれども、この最大の十万五千円をもらえるのは、ある種、地域における成績優秀者ですね。これはたしか、市町村ごとの平均をとって、市町....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/4/2

委員会名衆議院 農林水産委員会


「質問なんですが、こういう過去からの経緯、名前も、日本型直接支払いというものが別のものを指し示すことになっておるんですけれども、今回の法案を見ますと、日本型直接支払いの法案なんですが、私の調べた範囲で、法案のタイトルにも、あらゆる条文のどこにも、直接あるいは直接支払いという言葉は一言も出てこないんですけれども....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/4/2

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「きょうも、短期集中特別訓練事業について質問をさせていただきたいと思います。きのうから消費税が八%に上がりました。今年度だけで五兆円の新たな税収が入ってくるということでありますけれども、この五兆円を超える規模の補正予算が組まれ、そしてその一部として今回の事業が行われるわけでありますので、より正しいお金の使い方....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/4/2

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「これは前回十分に質問できなかったので、もう一度改めて聞くんですが、資料の一を改めて見ていただきたいんです。今回、補正予算として約百五十億のお金がついて、これを中央職業能力開発協会、JAVADAさんに基金事業として積みますね。このお金を受けた中の一部を事務委託するということで今回入札が行われているわけでありま....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/4/2

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「ちょっと見ていただきたいんですが、資料の三なんです。これは、いつもよく似た資料を並べて私は出すんですが、一時問題になりました、十二月九日に厚生労働省の皆さんがJEEDに行って、十二月九日は例の議事録のある日ですけれども、示した資料の中に入っている資料が上であります。下側は、例のともに飲食してカラオケに行った....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/3/28

委員会名衆議院 経済産業委員会


「一昨日聞いたときには、汚染水のタンクがたくさんありまして、そこにたくさんの弁があります、この弁の数が一体幾らあって、弁の開閉管理をしっかりするためには識別するタグをきちんと付することが大事だ、こういう話をしました。その中で、今現在、どれだけ弁があって、その弁にタグがどれだけついていて、どれだけついていないの....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/3/27

委員会名衆議院 本会議


「農業者戸別所得補償法案及びいわゆるふるさと維持支払い三法案について、その提案理由及び内容を説明いたします。まず、戸別所得補償法案についてであります。我が国農業の現状を憂い、民主党政権下で導入をしたのが、戸別所得補償制度であります。その結果、農業所得が回復傾向に転じ、農家の皆さんからも高い評価を得てきました。....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/3/27

委員会名衆議院 本会議


「次に、農地・水等共同活動の促進に関する法律案について説明します。農村集落における共同活動は、農業生産活動を維持し、あわせて多面的機能を維持する上で不可欠であり、共同で行う水路や農道の保持に必要な費用について支援することとしております。ただし、本法案が政府・与党の日本型直接支払いと大きく異なるのは、私たちの案....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/3/27

委員会名衆議院 本会議


「次に、中山間地域その他の条件不利地域における農業生産活動の継続の促進に関する法律案について説明します。中山間地域その他の条件不利地域における農業生産活動は、国土の保全といった、金銭的には評価しにくい恩恵を国民にもたらしています。しかし、こうした地域での営農継続は他の地域より困難であるため、その生産条件の不利....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/3/27

委員会名衆議院 本会議


「最後に、環境保全型農業の促進を図るための交付金の交付について。これについては、有機農業など自然環境の保全に資する農業を推進するため、こうした農法の費用を補填することとしております。以上が、これら法律案の提案理由及びその内容であります。」


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/3/26

委員会名衆議院 経済産業委員会


「そこで、最初に質問したいのは、今申し上げた三つの論点のうち前半にかかわるんですけれども、NEXIの組織形態、そして特別会計を含めたお金の流れについての見直し、このことについてお伺いしたいと思います。我々の政権のときの平成二十四年の一月二十日に、まず、独法見直しの基本方針というものを決めまして、NEXIについ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/3/26

委員会名衆議院 経済産業委員会


「その意味で、中小企業に関して一点、外国人実習制度について質問したいんです。実は、私の地元の東かがわ市というところは、手袋の国内シェア九割を誇っているんです。今ちょっとここにサンプルを持ってきたんですが、これに関して一つ言うと、これはニット製の手袋、これは革製の手袋なんですが、このニットの手袋を製造していると....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/3/26

委員会名衆議院 経済産業委員会


「質問したいのは、昨年の九月三日でありました原子力災害対策本部決定で、汚染水に対する幾つかの基本方針が決まりました。今回はあえて、そのうち、当時、緊急対策として位置づけられた幾つかの対策があったと思います。資料二を見ていただきますと、緊急対策として丸を打っている。一番最初は地下水バイパスです。これは、汚染源に....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/3/26

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「きょうはパート労働法等の審議でございますけれども、理事会の先生方の御理解をいただきまして、きょうも、この間やってまいりました厚生労働省の短期集中特別訓練事業の入札の問題について取り上げさせていただきたいと思います。まず、大臣にお伺いしたいと思います。私、三月二十四日、再び入札の公示が行われたということをホー....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/3/26

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「ちょっとまたこの話は戻ってきたいと思いますが、きょうは青木理事長にもお越しをいただいておりますので、幾つか御質問をさせていただきたいと思います。資料の一をごらんいただきたいんですが、これは何度も出していますけれども、今回の事案に絡む全てのプレーヤーを書いております。厚生労働省、そして、そもそも基金造成を中央....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/3/26

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「大臣、いかがでしょうか。調査中というのは重々承知しておりますけれども、十二月九日の議事録の一番最後に出てくる、協会についても、了解をしている、一定の認識があるということが示唆されている中で、法令違反とまでは言えないかもしれませんが、ここは、怠慢その他不適切な行為が少なくともないことを確定した上でなければ事業....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/3/26

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「時間がないので、最後、きょうは、お忙しい中、葉梨政務官にお越しをいただいておりますけれども、私は、きょういろいろ初めてお聞きになったと思いますが、こういったやりとりの一つは、根本原因はやはり基金という仕組みにあるのではないのかなというふうに実は思っているんですね。先ほどの実施要領の中に実は出てくるんですけれ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/3/18

委員会名衆議院 農林水産委員会


「アメリカは、合衆国憲法上、外交交渉権限が原則的に議会にあります。それを、例外的にといいますか、法律で行政府に移譲して、その中で交渉していくというのが基本的な枠組みであります。日本が日本国憲法の中で内閣に外交権限があるということとは少し様相が違っております。その意味で、現在、TPP交渉が行われておりますけれど....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/3/18

委員会名衆議院 農林水産委員会


「決議を守るということは、何度も、総理も大臣もおっしゃっていただいております。このことを我々は信じております。ただ、決議を守るというときに、重要五項目についての文脈の中で守るというふうに言いますけれども、きょう質問したいのは、お手元に配っておりますが、資料一、平成二十五年四月十九日のTPPに関する決議でありま....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/3/18

委員会名衆議院 農林水産委員会


「ここに書いてあるように、日豪EPAの交渉開始に関する件ということで決議がありますけれども、一番最初にこう書いています。「米、小麦、牛肉、乳製品、砂糖などの農林水産物の重要品目が、除外又は再協議の対象となるよう、政府一体となって全力を挙げて交渉すること。」となっております。これが原点だと思います。しかし、繰り....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/3/18

委員会名衆議院 農林水産委員会


「表示に関してもう一点質問をしたいんですが、ノリです。これは、ちょっと国内の話に戻しますが、ノリの産地表示は、実は、ノリを単品で、板ノリで売ると、どこの国だというのは書く義務があるんですけれども、おにぎりとか加工食品の一部にノリを使うと、そこについては特段産地を書かなくていいというようなルールになっていると理....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/3/18

委員会名衆議院 農林水産委員会


「最後に一問、産地資金、産地交付金について質問をしたいと思います。これはいろいろなものに使えるということで理解をしておるんですけれども、新しく出てくるような作物もあって、そういったものに柔軟に対応できるような仕組みにすることが、地域の特徴を生かした農作物の振興あるいは地域の活性化につながるのではないのかなと思....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/3/14

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「前回は、入札公示前日の打ち合わせについて質問いたしました。入札公示の前に仕様書を説明して、そして、たしか、一者応札になっても大丈夫なんですかね、そういう懸念が機構の側からも示されるようなことがありましたけれども、この十二月九日は、それをはるかにさかのぼる、予算編成の最終段階の時期でありますけれども、このとき....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/3/14

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「まず、会計検査院に聞きたいと思いますが、資料の三を見てください。これは、この間の、中央職業能力開発協会の基金をめぐる一連の動きを書いています。先ほど申し上げたように、麻生政権の対策として、リーマン・ショックで景気が悪くなったその対策で、基金訓練事業が創設をされております。これは四千七百八十四億円と書いており....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/3/12

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「そして、その次です。この能力開発支援員というのは、いろいろ書いていますけれども、「登録キャリア・コンサルタントであることが望ましい」と書いています。つまり、登録キャリアコンサルタントをきちんと置いてくださいというのが仕様書一の義務ですね。それが、この新しい方の仕様書を見ると、置かなければいけないのは能力開発....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/3/12

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「もう一つ、ちょっとお伺いしたいのは、二月十七日、前日の話をしましたけれども、それ以前から接触がありませんか。例えば、担当課長さんと機構が、補正予算ができ上がるころから、もうここにしか落とせないと思って、というのは、これは前日の打ち合わせですけれども、ある程度その前の打ち合わせがないと、ここまで精密な打ち合わ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/3/7

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「まず一点、事実確認をさせていただきたいと思います。田村大臣には、昨日も、そしてきょうも質問があったので重複は避けますけれども、二月十八日、私は、事務方から説明を受けたときには午前中というふうに聞いておりますけれども、最初の入札の公示が出ました。その後に、後にこれを落札することになるJEEDから電話がかかって....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/3/7

委員会名衆議院 厚生労働委員会


「次に、資料三を見てください。これもまず事実確認から話を始めたいと思いますけれども、今、ウエブサイトに公示が載った、それを差しかえたという議論がありましたけれども、少しそれから離れます。時間をさかのぼって、その少し前の話を、十八日の前日の話をさせていただきたいと思います。資料三にありますように、最初の公示を出....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/3/7

委員会名衆議院 外務委員会


「お手元に資料を配っておりますが、これは、事務方からいただいた「三月三日北朝鮮ミサイル発射対応クロノロジー」というものでございます。まず質問をしたいのは、六時台に、飛翔体一、飛翔体二が、六時二十分、三十分と、朝の早い時間に発射をされております。こういった事案を結果として国民が知ることになったのは、一番下に書い....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/3/7

委員会名衆議院 外務委員会


「質問をしたいのは、NSCの議長たる総理に対しての情報伝達のあり方です。六時二十分、三十分、朝早い時間に発射があったということでありますが、このクロノロジーを見ると、六時四十分、飛翔体二の発射から約十分ぐらいで、秘書官を通じて総理には第一報が入っていますね。これは私は早い対応だったと思います。この間ずっと、先....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/2/28

委員会名衆議院 本会議


「政治家は、常に、国民に正しい情報を伝え、誠実に説明をする責任があります。事実に対して誠実であること、このことを強く求め、以下に、組み替え動議の理由を申し述べます。第一に、本予算は、水膨れ予算であり、我が国経済の再生とそして財政再建へ向けた道をおくらせるおそれがあります。アベノミクス第三の矢とされる成長戦略に....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/2/27

委員会名衆議院 予算委員会


「安倍総理は、一月二十四日の施政方針演説の中でも、生活習慣病の予防あるいは健康管理を進めるということを明確に掲げておられます。麻生大臣もいらっしゃいますけれども、将来的には、医療費の抑制、やはり健康な人をふやしていかなければいけないという観点からも、香川県で今始まっております、子供の血液検査を行って、子供たち....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/2/27

委員会名衆議院 予算委員会


「TPAの話に戻しますけれども、アメリカ議会から外交交渉権をオバマ政権は今取得していません。その中で交渉が今ずっと進んでいっているということが何を意味するかというと、フロマンさん、怖い顔をしてタフネゴシエーターだと言っているんですけれども、ある意味、議会との関係で、譲る権限を与えられていないんじゃないのかとい....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/2/27

委員会名衆議院 予算委員会


「次に、農業所得について林大臣にお伺いしたいんですが、資料の七を見てください。これは、去年の十一月の末に新しい農政の改革が出たときに、各社がこういうふうに報じたわけですね、農家所得は一三%ふえますねと。NHKさんもこういうふうに報じていますけれども、私、これは事実にちょっと反しているんじゃないかなと思うんです....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「四月から高速道路料金が見直されます。本四料金については、これはいろいろな経緯もあり、地方公共団体も出資をしていて、その出資をどうするのか、いろいろとこの間、議論がありました。ただ、昨年のこの分科会でも私、申し上げましたけれども、この本四の料金見直しに当たっては、できるだけ他の料金と余り差がないような料金にし....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第八分科会


「それでは次の、二つ目の大きなテーマであります坂出北インターチェンジの整備について質問をしたいと思います。これは去年の分科会でも取り上げさせていただきまして、私の敬愛する太田大臣から前向きな答弁をいただいて、当時私は大変感動したことを覚えております。昨年お伺いしたのは、北インターチェンジは、いわゆる岡山方面と....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「私、財務省にいたので、医療費の話をすると、やはり一人、糖尿病患者、特に人工透析を始める患者が出ますと、地域における財政負担もこれはもう膨大なものになってくるわけですね。ですから、そういうトータルで国民全体の健康、あるいは、これから高齢化社会における医療費ということを考えても、子供のうちから、子供が一体どうい....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「同じく地元の話で恐縮なんですけれども、今、三木町の松原先生が血液検査を始めたということを申し上げましたけれども、同じ三木町に香川大学の農学部というのがございまして、そこの何森教授が長年研究をされてきた希少糖というものがございます。漢字で書くと希少糖、レアメタルが有名なんですけれども、レアなシュガーなんですね....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/2/24

委員会名衆議院 予算委員会


「今、衆参の農林水産委員会で決議をした中に、重要五項目というものを守るという中で、牛肉・豚肉というのが入っておりまして、米、麦等々とあわせて牛肉・豚肉が大変重要な項目ということになっておるんです。もちろん、五項目全部重要なんですけれども、今報道を見ますと、むしろ牛肉や豚肉が譲歩の対象になっているんではないかと....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/2/24

委員会名衆議院 予算委員会


「先ほど少しお話がありましたけれども、全国的に今起きている問題で、いわゆる不調、不落の問題、この点についてもう一度御説明をいただきたいのと、あと、これも全国的な問題なんですが、人材確保が大変難しくなっているということがあると思います。これに関して言うと、外国人労働者をもうそろそろ入れないとなかなか間に合わない....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/2/24

委員会名衆議院 予算委員会


「その上で、本職のお話をちょっとお聞きしたいんですが、先ほど、要支援一、二を介護保険から外して地方に移管すると。今の政府の説明は、必ずしも介護保険制度からは外さないということにはなっておるんですけれども、ただ、地方に移管していく、そのときに、受ける側の地方の財政力とか、あるいはそれをこなす人材とか、そういう受....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/2/20

委員会名衆議院 予算委員会


「衛藤総理補佐官が、総理の靖国参拝に対してアメリカが失望したという声明を出されたことに対して、我々の方が失望するということで発言をされ、ある意味、総理補佐官でありますから、総理のある種の意向を反映されているんだと思います。ただ、それをきのうになって撤回されたということであります。この補佐官の御発言について、ま....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/2/20

委員会名衆議院 予算委員会


「報道によりますと、先般大変な人気の中で迎えられ就任されたキャロライン・ケネディ駐日大使、あのアメリカ大統領の御令嬢でありますけれども、このキャロライン・ケネディさんに、かねてよりNHKはインタビューを申し込んでいたというふうに言われています。しかし、それが、二月になって、会長や一部経営委員の発言でインタビュ....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/2/20

委員会名衆議院 予算委員会


「資料の七を見てください。実は、放送法のもとで、百八条でありますけれども、放送事業者には、災害が発生し、あるいは発生するおそれがあるときには、その発生を予防し、被害を軽減するために役立つ放送をしなければいけない。また、NHKの番組基準では、進んで情報を提供し、人命を守り、災害の予防と拡大防止に寄与するように努....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/2/13

委員会名衆議院 予算委員会


「ここで補正の問題を取り上げたいと思います。そこで、ちょっと済みません、通告はないんですけれども、当時総理大臣であった、そして、政権交代前の最後の自民党政権下における予算編成を担当された当時の麻生総理大臣、現財務大臣にお聞きをしたいと思うんですが、麻生大臣が編成をされた一番最後の予算です、つまり平成二十一年度....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/2/13

委員会名衆議院 予算委員会


「まず、政権交代を挟んだ二十四年度と二十五年度、この二つの予算についてお伺いしたいと思います。まず財務省、そして今回、加えて内閣府に、二十四年度、二十五年度、この二つの予算における基礎的財政収支の赤字額を答えていただきたいと思います。その際、内閣府には、先般、一月二十日に発表された経済財政の中長期試算に基づく....


→発言の続きを見る


議員名玉木雄一郎(民主党)

2014/2/4

委員会名衆議院 予算委員会


「今国会中に、四月、消費税が上がります。その意味では、これまで以上に税金の使われ方については厳しい説明責任が求められると思います。総理は、昨年十一月二十日の行政改革推進会議の場で、消費税を引き上げる厳しい決断をした、税金が無駄な歳出や優先順位が低い施策に使われているとの批判は絶対に招かないようにしなければなら....


→発言の続きを見る

483件見つかりました。