希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

中村裕之さんの発言を表示します。


議員名中村裕之(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第一分科会


「私は、その指摘を考えたときに、今、政府が進めている働き方改革に関する会議においても、正規社員を中心とする労働組合と使用者側がこの同一労働同一賃金についても協議をしているということになると、非正規社員の皆さんの賃金水準について置き去りにされてしまうのではないか、そういうような危惧を覚えているわけであります。非....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第一分科会


「そこで、一つ提案になりますけれども、ヨーロッパでは、職種ごとに労働組合が編成をされているというふうに聞いています。その職種ごとの労働組合が、その職種の産業団体のトップと最低賃金などの賃金水準について交渉して決定をする。トラックの運転手さんの労働組合は、全国のトラック協会の皆さんと、経営者の皆さんと決めるとい....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第一分科会


「働き方改革に関して、大手の名刺管理サービス会社がこの一月に実施をした調査によりますと、企業が、政府の働き方改革に呼応して、独自に働き方改革ということで労働時間の短縮などに取り組んでいるようでありますが、そのことによって業務に支障が出ているかという問いに対して、支障が出ているという回答がそれなりにあったんです....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第一分科会


「労働者の健康や生活の満足度を最優先にした働き方改革を進めるべきだと思っているんですけれども、そのためには、企業内の取り組みにとどまらないで、社会全体が変わっていくべきだと思っております。例えば、現在、政府が進めている、ゆう活を社会全体に広げるような取り組みが必要だと思っているんです。そうすることによって、会....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第一分科会


「サマータイムは、欧米では広く導入されているというふうに承知をしておりますが、OECDの三十五カ国でいうと実施状況がどうなっているか、お伺いしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第一分科会


「こうしたサマータイムについて、我が国では導入をされていないというところでありますけれども、政府はどのようにこの制度を評価しているのか、お伺いしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第一分科会


「ただ、我が国においても、過去にはサマータイムの導入について検討した経過もあろうと思うんですが、その検討はどのような状況だったのか、確認をさせていただきたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第一分科会


「しかし、仮にサマータイムを我が国が導入するとしても、例えば金融機関のシステムですとか、そうしたところが対応できなければこれは無理な話なんですが、そういったシステムの対応というのは可能なのかどうか、金融庁の方に確認したいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第一分科会


「特に、二〇二〇年に東京オリンピック・パラリンピックが開催をされるわけですけれども、そのときには世界じゅうからお客様も訪れますし、その方々が日の長い時間帯を有効に活用していただけるということにもつながります。活動の豊富さや消費の拡大にももちろんつながりますし、心配しているマラソンの開催時刻にもいい影響を与えら....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2017/2/22

委員会名衆議院 予算委員会第一分科会


「もし加藤大臣の方で、働き方改革を進める上で、私は企業内だけの取り組みでは不十分だと思っているんです。やはり社会全体がチェックし合えて、なおかつ個人個人が豊かな生活を、金銭的ももちろんですけれども、生活スタイルとしても豊かな生活ができるような社会の変革が必要だと思っていまして、それには非常にサマータイムという....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2016/12/2

委員会名衆議院 国土交通委員会


「激しさを増す豪雨等の災害から国民の命を守ることは、国の重大な責務であります。そこで伺いますが、国土交通省では、昨年の鬼怒川氾濫を受けまして、堤防の強化等を計画的に推進する方針を示されたところであります。その計画の概要と、あわせて、今年度末の予定進捗率、その投資額をお示しいただきたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2016/12/2

委員会名衆議院 国土交通委員会


「本年の台風は、北海道の常識では信じられない降り方をしたわけであります。しかも、お手元の資料にありますように、北海道の降雨状況も非常にふえているのが明らかでありますし、全国を見ても、豪雨は強まるというふうに予測をされているところであります。これまでの流量基準ですとか治水計画等を見直していく必要があるというふう....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2016/12/2

委員会名衆議院 国土交通委員会


「東日本大震災の際にも、高速道路が早期に復旧し、命の道路として活躍をしたように、高規格道路は構造上災害に強いことから、地域からは、高規格道路のミッシングリンクを解消し、リダンダンシーの確保を早期に行ってほしいという要望がたくさんございます。国土交通省として、地域の声を重く受けとめて整備を加速すべきと考えますが....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2016/12/2

委員会名衆議院 国土交通委員会


「国土交通省は、一昨年、地方自治体が管理する橋梁等について、五年に一度の点検を義務づけたところであります。私は、全国が一斉に点検することによって、老朽化対策の必要事業量が大幅に伸びるのではないかということを危惧しているのでありますが、現在までの点検結果はどのような状況か、お伺いします。あわせて、これまでの予算....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2016/12/2

委員会名衆議院 国土交通委員会


「国道の維持については、耐震化や老朽化対策が重視される一方で、路面補修や排雪回数等の日常の維持管理が手薄になっており、地域から充実を求める声があるわけであります。災害や事故を防止する上でも大切と考えますけれども、国土交通省の所見をお伺いいたします。」


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2016/12/2

委員会名衆議院 国土交通委員会


「国の財政が厳しいことも承知をしておりますけれども、政府の基本方針が経済再生なくして財政健全化なしであり、機動的財政出動を改めて実行することにより、防災・減災を進めるとともに、デフレギャップを解消し、経済再生を確実にしていくべきと考えますけれども、内閣府の考えについてお伺いいたしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2016/12/2

委員会名衆議院 国土交通委員会


「大臣、大規模化する災害から国民の命を守る、その責任を有する国土交通省、石井大臣として、国土強靱化に向けた決意をお願いしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2016/4/7

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「そこで、幾つか確認をさせていただきますけれども、例えば、高浜の三、四号機の審査において、空冷式非常用発電装置が基準地震動に対して耐震性を有していることを規制委員会は確認をされましたでしょうか、また、使用済み燃料ピットの安全性や耐震性についてどのような審査結果だったのか、その点についてお伺いいたします。」 「....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2016/2/24

委員会名衆議院 総務委員会


「消費税の税率が上がる段階、まず八%の段階で、自動車取得税は五%から三%に税率を引き下げました。そして、一〇%に改定をされる段階で自動車取得税を廃止するという流れでこれまで来ております。これは、一つの自動車という取引に関して二つの税が課税をされるというちょっと矛盾があるような形を解消するという意味があるんだろ....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2016/2/24

委員会名衆議院 総務委員会


「ニッカウイスキー北海道工場の正門前の道路は、リタ夫人の名前をとってリタロードということで名称をつけて、もう二十年ほど前から、住民の皆さんがお花を植えたり、美化運動をずっと続けてきていまして、道路管理者の方も、北海道開発局になるんですけれども、タイル張りの歩道にしていただいたり、工夫を凝らしてきたところであり....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2015/4/15

委員会名衆議院 国土交通委員会


「大臣は、四月十一日に中国、韓国の観光担当大臣と会談をされ、翌十二日には三カ国会合を行って、観光分野における日中韓三国の連携強化を共同声明に盛り込むなど、大きな成果を上げられたと感じております。統一地方選挙の真っただ中でありましたので余り報道は大きくされませんでしたけれども、私としては非常に高く評価をしたいと....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2015/4/15

委員会名衆議院 国土交通委員会


「さて、次に、観光についても非常に重要な高速ネットワークについて伺うわけです。私の地元選挙区では、おかげさまで、昨年、新規の高規格道路の事業化が決定をいたしました。この事業化決定から一年間の間に、ワイナリーが進出をすること、えびせんパークが進出をすること、それから、スマホ工場が新たに建設をされることがもうこの....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2015/4/15

委員会名衆議院 国土交通委員会


「さて、予算に関する議論に入りますけれども、赤字国債と建設国債について、その意味や役割について確認をしていきたいと思います。国会においても、赤字国債と建設国債を一緒くたにした議論が見受けられます。財政法第四条は、赤字国債の発行を禁止しておりますけれども、建設国債の発行は認めているわけであります。それは、公共投....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2015/4/15

委員会名衆議院 国土交通委員会


「最後に、時間がありませんけれども、JR北海道について伺いたいと思います。四月三日に、青函トンネル内でスーパー白鳥から白煙が出て、百二十四人が避難を余儀なくされ、何とか死傷者は全くなしだったんですけれども、このことを受けて、来年開業される北海道新幹線の安全性に不安はないのか、また、その開業の影響はないのかとい....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2014/5/13

委員会名衆議院 総務委員会


「それでは、行政不服審査法関連三法案について、順次質問をしてまいりたいというふうに思います。この三法案の改正について、その肝になるところは、私なりには、やはり審理手続が公正であり、中立性を保てるというところをきちんと担保されるのかというところにあるのではないかというふうに考えております。そうした中で、小早川先....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2014/5/13

委員会名衆議院 総務委員会


「松倉先生は、行政不服審査法関連法案について、この三法案は、平成十六年の行政事件訴訟法の改正等を踏まえて見直しを行うものでありますけれども、松倉先生の著書の中で、改正行政事件訴訟法がもたらした意義とその限界というところに触れられているというふうに私も承知をしております。その意義と限界という視点から、本三法案に....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2014/5/13

委員会名衆議院 総務委員会


「今回の行政不服審査法関連三法案につきましては、やはり、処分庁が審理に参加をし、そして、それをまた処分庁以外の、総務省に置かれる機関の方に諮問をするという形で公正性などを担保するということになるわけですけれども、一方で、不服申し立て前置についても、二重前置の解消ですとか、また前置自体の必要性の見直しについて、....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2014/5/13

委員会名衆議院 総務委員会


「本当に、国民の権利や利益をしっかり守っていくという民主主義の根幹にかかわる本法案の改正というのは、私はこの通常国会においても大きな意義のあることだというふうに思いますし、それぞれ三人の参考人の先生は賛成の立場から御意見をいただいたということでありますけれども、最後に、時間も短いですけれども、本法案にかける皆....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2014/4/24

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「そこで、初めに、規制委員会の役割について確認をさせていただきます。規制委員会が安全性の判断を下すことは、再稼働の最終判断に当たっての必要条件であるけれども、十分条件になるかは別問題だと、かつて規制委員会の方で表明をされたというふうに承知をしております。現在もその見解で間違いがないのか、田中規制委員長にお伺い....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2014/4/24

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「次に、規制委員会の審査について、効率性についてちょっとお伺いしたいと思います。原子力規制委員長は、当初、半年ぐらいは審査にかかるだろうというふうにおっしゃっていたわけでありますけれども、審査が始まって半年を経過し、一年後というのも見えてきている状況になった今も、一基も審査完了のめどが立っていないという状況に....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2014/4/24

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「次に、外部の専門家の活用についてお伺いしたいと思います。米国のNRCの例を見ても、規制委員会に対して専門的見地から意見をするという専門委員会が常設をされております。ACRSという組織でありますけれども、NRCの決定に関して専門的見地から意見を表明するために設置をされているわけでありまして、これは、例えば原子....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2014/4/24

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「次に、規制委員会の今後の取り組みについてであります。規制委員会は安全審査を終了後にパブリックコメントや公聴会を行うという話が突然出てきたというふうに伺っております。これはちょっと私もおかしいなと思うところは、規制基準がパブリックコメントに付した内容ででき上がっていて、それに基づいて責任を持って審査をされてい....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2014/4/9

委員会名衆議院 国土交通委員会


「初めに、都市再生特別措置法の一部を改正する法律案についてであります。この法律案は、市町村が立地適正化計画を策定して都市機能を誘導する区域を定める、そして、住居を誘導する区域を定めることによってコンパクトなまちづくりを進めようとするものであります。しかし、余り過疎が進んでいる地域でこの計画を導入すると、むしろ....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2014/4/9

委員会名衆議院 国土交通委員会


「それでは次に、居住誘導区域外のことについて質問させていただきます。都市再生特別措置法により、居住誘導区域に住民を誘導するわけですね。すると、その区域外は、郊外はたくさんの空き家が生まれてくることになるというふうに思います。今、平成二十年度でも全国で七百五十七万戸の空き家があるということで、非常に空き家対策も....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2014/4/9

委員会名衆議院 国土交通委員会


「今後、高齢化がさらに進行し、ただでさえ限界集落が散見される過疎地で公共交通網が疲弊すれば、さらに過疎化が進行していきます。そうした過疎地の公共交通網についても本法律案は想定をしていると考えてよろしいのでしょうか。また、過疎地の地域公共交通網を維持する方策として具体的にどのような考えをお持ちなのか、お伺いした....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2014/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第七分科会


「東日本大震災の発生から間もなく三年を迎えるわけでありますけれども、震災発生直後、ガソリンを求めてSSの周りに車が長蛇の列をつくったその光景を思い出すわけであります。行方不明になった家族を捜しに行くため、家族や近所の人を病院に連れていくため、また、食料を確保するためにどうしてもガソリンが必要だということで、ガ....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2014/2/26

委員会名衆議院 予算委員会第七分科会


「私も、SSの経営者の皆様からいろいろと状況を伺っていますと、確かに、お話にありましたとおり、人口減少ですとか省エネによって需要は減少している、そしてまた、消防法の改正によって、地下タンクの入れかえをしなければならない、その負担が経営の継続に非常に厳しい状況を生んでいるというようなお話も聞いております。しかし....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2014/2/21

委員会名衆議院 国土交通委員会


「太田大臣、太田大臣は所信の冒頭で、昨年をメンテナンス元年と位置づけられて、インフラの老朽化対策に取り組んできたというふうに述べられましたし、二年目に向けても強い意欲を示されたわけであります。そこには、私は二つの背景があるというふうに思うのであります。一つには、やはり高度経済成長期に整備をしたインフラの老朽化....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2014/2/21

委員会名衆議院 国土交通委員会


「一方、大臣は、このたびの所信の中で、国土のグランドデザインを策定していくと、その指針を示すことに意欲を示されたところであります。人口減少・高齢社会を迎えた中で、私としては、コンパクトなまちづくりをして、その町をネットワークで結んでいく、そして同時に、大規模災害に備えてバックアップ機能も念頭に入れていく必要が....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2014/2/21

委員会名衆議院 国土交通委員会


「ただ、同時に、同じものをつくるのにできるだけ安い値段で、価格でつくるというのも大事でありまして、いわゆるコストダウンになるわけですけれども、ただそれは、人件費を削減するとか下請にしわ寄せをするということではなくて、新技術を活用することによってコストダウンをなし得ていくというのが技術革新だというふうに思います....


→発言の続きを見る


議員名中村裕之(自由民主党)

2014/2/21

委員会名衆議院 国土交通委員会


「太田大臣は、被災地の防潮堤のところで開かれた植樹祭に参加をされたと伺っております。これは横浜国立大学の宮脇昭先生が指導されたというふうに聞いておりますけれども、宮脇方式というのは、多くの樹種をごちゃまぜにして植えることによって、木と木が競い合う力、並びに、木の特性によって、根を横に張らせる木もあれば、深くま....


→発言の続きを見る

41件見つかりました。