希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

羽田雄一郎先生のご訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。

発言の詳細を表示します。


議員名泉健太(国民民主党)

2019年10月23日

委員会名衆議院 内閣委員会


「これは、実際には、介護の関係者といっても、先ほど話のあったように、施設の方々はそれなりにあらかじめ計画をつくっておりますし、レベル二の段階で準備を始めるわけですね。レベル三のときには、施設の方々は移動先も含めて明示的になっていますので、そこはしやすいわけです。ただ、やはり在宅の問題ですね。この在宅の方々については、今、実は、ばくっと避難を呼びかけて、そしてそれぞれで努力をしておりますという段階でありまして、余り明示的にその地域におられる移動困難者が動かされるようになっていない状況があるわけですね。ここで、きょう質問で取り上げたいのは、例えばレベル三ですとかレベル四という避難しなければいけない状況において、今幾つか提言もなされております。例えば、今回、自治体の中でも随分工夫された自治体があって、夜に台風が本格化するんだけれども、もうかなり早い時間に、日中からレベル三、レベル四を発令された、すばらしい取組をしていた自治体があるわけですが、しかし、どうも私、そこから各自治体の動きを見ていますと、発令をして以降、やはり、自分の命は自分で守るというふうに政府がぼんと掲げているものですから、後は住民に委ねているという感じがするんですね。本当はそうではなくて、やはり、自治体がレベル三、レベル四を発令したのであれば、介護施設等々におられる方々は計画的に避難するでしょう。そこには職員もいるでしょう。しかし、在宅の方々は、じゃ、本当にデイサービスのスタッフが回ってきてくれるまでになっているのかということも含めて言えば、まだそこまではなっていないはずです。職員の手配もあるでしょう。そういうことでいえば、自衛隊や警察や自治体職員や消防団がもう少し計画的に、事前から、そういう在宅の移動困難者を避難させるようにバスを巡回させるだとか、そういうような移動の支援を行う必要があるんじゃないか。このことに法的な制約というのは何かございますか。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る