希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

発言の詳細を表示します。


議員名佐藤ゆかり(自由民主党)

2018/2/20

委員会名衆議院 予算委員会


「そこで、地方分権が私はよい悪いという議論は毛頭、申し上げるつもりは全くございません。これは政治、行政の仕組みでございます。あくまで経済の流れということで申し上げているわけでございますけれども、平成十二年の地方分権一括法改正において、国の地方への関与のあり方というものが、法定主義というものが明確にうたわれるようになりました。それまでは、予算執行状況が悪い都道府県があれば、例えば局長通達で、執行率をよくしてくださいというような通達を出したりすることもあったわけでありますが、この法改正以降は、法律にのっとらない場合には地方が反発をする場合も出てくるわけでございます。そこで、やはり執行率を上げるには、逆にこの法定主義にのっとってしっかりとやっていくということが大事ではないかと思われますけれども、この地方分権一括法における法定主義に基づいて、今後、都道府県における着実な予算執行に関する国の要請に関しては、個別の法律の改正若しくは政令などによって交付金執行の努力義務を設けて、実効性を高められるのではないかと。これは一般的な議論で結構なんですが、奥野総務副大臣、いかがでしょうか。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る