希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

羽田雄一郎先生のご訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。

発言の詳細を表示します。


議員名野田国義(立憲民主党)

2020年3月10日

委員会名参議院 国土交通委員会


「私からも、赤羽大臣を始め、国土交通省の皆様方におかれましては、国土行政のために御尽力をいただいておりますことに対しまして、厚く感謝と敬意を表したいと思うところでございます。それで、私、ちょっと質問に入る前に一言申し上げたいと思います。今、国会見ておりますと、今はこのコロナウイルスの問題になっておりますけれども、それまで本当に、モリカケ問題から始まって桜を見る会、そして検事長の定年延長の問題と。先ほど長浜会長の方から話ございましたけれども、この公文書の問題、もういいかげんにしてほしいなと。うそをつく、また隠蔽する、そしてまた文書を破棄するというようなことがずっと繰り返されているということでありまして、私も地元を回っておりますと、本当に腹が立つと、もうテレビ見ていても腹が立つということを皆さん強くおっしゃるということでありまして、是非ともこれは安倍内閣として猛省をしていただきたいと思います。それで、亡くなられました中曽根元総理、私、若い頃から中曽根総理の言葉を肝に銘じております。その言葉、皆さんも御承知かと思いますけれども、政治家の一生は歴史の法廷で裁かれるということ。先ほどお話もございましたように、まさしくそういった公文書をしっかりと残すことが政治家にとっても行政にとっても非常に重要であり、また後世もそれをしっかりと活用できるということで、大きなこれは財産だと思うんですね。それを破棄するとか、またうそをつくとか、これはやってはいけないことであろうということを申し上げたいと思うところでございます。それで、質問の方に入らさせていただきたいと思いますけれども、まず新型コロナウイルスでございますけれども、このクルーズ船の問題ですね、管轄としては国土交通省、しかし、ウイルス問題については厚労省というようなことになろうかと思いますけれども、どういう国土交通省としては対応をされたのかということ。私、本当、一連のいろいろな経過を見てみますと、後手に回ったというか、余りこれ、何というか、大ごとだと思わなかったんではなかろうかなと、そのように思わざるを得ないということでございまして、このPCRの検査ですか、こういう問題も含めてそのように思っているところでございますけれども、先ほどありましたように、大臣もこういった会議等で是非ともいろいろなことを発言していただいて、国土交通省としてはこう思うというような主張を是非ともしていただきたいなと、そのように思うところでございますが、国土交通省の答弁をお願いいたします。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る