希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

羽田雄一郎先生のご訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。

発言の詳細を表示します。


議員名(※)松田学(日本維新の会)

2014/4/9

委員会名衆議院 内閣委員会


「先般、参考人質疑の際に、山中教授に、いろいろな専門家の方から私も耳にしていたんですけれども、余り政治主導で人事をやって、それで政権がかわると、方針まで変わったりするとか人がどんどんかわっていくとなると、そういった点についての御心配はないかという御質問をいたしましたら、やはり大変に不安であるという御答弁がございました。プロジェクトが短期間でもし変更、縮小されてしまうと、中心研究者なんかも、雇用されている人たちが非常に不安定になると。今回、研究開発機構が法案化されて法律化されるというのは、できるだけそういったような弊害がなくなるということだろうというふうに期待をしているということなんですが、アメリカの場合は、NIHも含めて、ポリティカルアポインティーですか、全部入れかわって、ころころと方針が変わったりしての弊害があるようなことをちょっとお述べになられて、日本の場合は人事システムがそれとは違うであろうからということで、そういった点については、制度化されることによる安定性を期待しているというふうに述べておられましたけれども、その心配はないというふうに言えるかどうか、官房長官の御答弁をいただければと思います。」 「その中で、この間、参考人の中にも、いわゆる博士号を取った研究員の方々が、理想を言えばいろいろなところを渡り歩いてキャリアを積んでいく。キャリアパスを積まなきゃいけないということで有期雇用になっているわけなんですが、一方で、ちゃんとこれがキャリアパスとしてつながっていくのかどうかというのは非常に不安を持っている人が多いということがあります。大隅参考人でしたか、できれば、雇用について、不安定性の問題を克服するために、機構が長期的に雇って、そこから派遣する形でいろいろな研究機関に行かせるというようなことをやっていただくとありがたいんだというようなことも述べていらっしゃいましたが、こういったいわゆる雇用の安定性に向けたキャリアパスを描く上で、どういうような考え方を描いているか、御答弁いただければと思います。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る