希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

羽田雄一郎先生のご訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。

発言の詳細を表示します。


議員名鈴木淳司(自由民主党)

2014/11/6

委員会名衆議院 原子力問題調査特別委員会


「まず最初に、先ほどの報告にもありましたけれども、十月八日付の「東京電力福島第一原子力発電所事故の分析中間報告書(案)」につきまして、その取りまとめの経緯の説明並びに今後の取り扱いについて、お尋ねをいたします。」 「改めて確認をしたいと思うんですが、今回の調査検討委員会ですが、これは国会事故調のいわゆる指摘、要請を受けて設置したのであるか、あるいは独自の権限のもとで設置したのか。それはどちらでしょうか。」 「では、今回のこの中間報告が持つ意味について少しお尋ねをしたいと思うんです。この報告書が既にホームページに公開されていますけれども、これをもしIAEAに送付となれば、これはある面で我が国の原子力規制当局として初のいわゆる事故原因の分析、公表になると思うんですね。これが果たして国際的ないわゆる評価にたえるものになるのかどうか。つまり、内部の調査でありますが、ピアチェックにたえられるか。この辺についての御認識をお願いいたします。」 「改めてお尋ねしますけれども、今回、中間報告の内容は、原発事故は一義的には津波災害だということになっていますね。巨大津波の襲来までは既存の施設は壊れていないという判断になろうかと思うんですが、これは当局が事故原因を津波と断定したというふうに理解してよろしいんでしょうか。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る