希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

発言の詳細を表示します。


議員名小林史明(自由民主党)

2019年5月20日

委員会名決算行政監視 委員会


「続いてもう一つ、仕組みの問題点としては、やはり人員配置が私は大きいと思っているんですね。内閣人事局が行っているこの人事、人員の査定の仕組みを見てみると、五年間で一〇%ずつ削減をし、そして再配置をするという仕組みになっています。これを見ていると、結局、自動的に毎年二%ずつ減っていくと、五年で一〇%ということです。自動的に減ることが決まっているので、そうすると、何か新しいことをやりますと言わないと、その抜けていった分を再度配置することができない仕組みになっているわけですね。そうすると、フローの部分だけ見ていて、既存の業務そもそもを見直したときに、いや、実はこれは忙しくなっているので人が欲しいですという話は残念ながらできていないというふうに見えています。今回の統計の話も、統計人材だけががんがん減っているんですね。ここだけ見ても、ちょっと極論かもしれませんが、毎年人員が減らされちゃうので、掘りやすいところからとにかく掘っていくということが各所で起こっていて、それを流れだけ見て、数が合っているからいいですよというふうに回しているようにしか見えないんですね。これから、先ほど大臣がおっしゃっていただいたように、人事制度が入って、業務の見直しが始まれば、本当に必要なところには大幅につける必要があるし、逆に効率化できているところについては別のところに張りつけていく、こういう柔軟な運用ができるようにした方がいいじゃないか、こういうふうに思いますけれども、今の人事制度、この人員配置について、内閣人事局、どのように問題意識を持っていらっしゃるか、お伺いします。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る