希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

発言の詳細を表示します。


議員名行田邦子(日本を元気にする会)

2015/6/9

委員会名参議院 厚生労働委員会


「連日、年金情報流出問題でテレビ、新聞などで報道がなされて、新しい情報が次々と報道されているわけでありますけれども、こうした報道の中で、関係者への取材で分かったとか、あるいは内部文書などから分かったといって情報が流れています。そこで、私も、またほかの委員もそうかと思いますけれども、これは事実ですかという確認を厚生労働省また日本年金機構にすると、これは捜査に関することであり、回答は差し控えたいという答えが余りにも多いわけであります。国会に報告できないような、捜査に支障を来すような重要な情報が、なぜいとも簡単にメディアに連日流されてしまうのか、私は不思議でなりません。これは厚生労働省また日本年金機構のサイバー空間の情報セキュリティーが緩いというだけではなくて、リアル空間の情報管理も非常に問題があるのではないかというふうに思いますが、大臣、いかがでしょうか。」 「まず、内閣官房に伺いたいと思います。五月八日に内閣サイバーセキュリティセンター、NISCが厚生労働省に発した通報内容と通報先について教えていただけますでしょうか。」 「外部に対する不審な通信を検知ということの通報だったということですけれども、これは確認ですけれども、機構から外部に対しての発せられた不審な通信ということでいいんでしょうか。」 「そうすると、これ必ずしも情報が流出したとは言い切れませんけれども、外部に対して日本年金機構側から何かが漏れているということを通報したわけであります。非常にこれ大変な事態だと普通は思わなければおかしいんですけれども。こうしたGSOCセンサー監視等による同様の通報件数というのは、これ、二〇一三年で百三十九件あると聞いていますけれども、通常、このような通報がなされた場合は、通報を受けた府省庁はどのような対応を取るのが一般的なんでしょうか。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る