希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

発言の詳細を表示します。


議員名佐藤ゆかり(自由民主党)

2016/11/17

委員会名衆議院 憲法審査会


「そこで、時代環境の変化として、どれだけ憲法制定当時と今の時代が違っているか、どれだけ憲法が形骸化しているかということを申し上げたいというふうに思います。一つの事例ですけれども、これは社会保障の問題でございます。社会保障制度改革はもう言われて久しいわけでありますけれども、憲法が制定された当時、日本が少子高齢化の時代に突入するなどということは誰一人想定をしていなかったわけでございます。ですから、年金制度が国民皆年金になったときも、当時は高度成長期で、人口の裾野が広いので、賦課方式でも支え切れる年金制度であろうということで賦課方式に変わっていった経緯があります。ところが、今、その結果、逆の人口ピラミッドの現象になって支え切れない問題を私たちは認識している。したがいまして、財政規律ということにおいても、将来世代の、我々の子供たち、孫たちの健全な財政に浴する権利というものを憲法でそろそろ規定をする必要があるのではないか、そうしたことも私は基本的に個人的意見として考えるわけでございます。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る