希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

発言の詳細を表示します。


議員名真山勇一(立憲民主党)

2018/12/4

委員会名参議院 経済産業委員会


「それで、ちょっと話がらっと変わりますけれども、これは内閣府にお伺いしたいんですが、今年の九月にアンケート調査やりましたね。IR誘致についてのアンケート調査を全国の四十七都道府県と二十の政令都市。お配りしてある新聞のコピーの資料を見ていただきたいんですが、それがその内容というか、そのやったアンケートのことを書いてあるわけですが、誘致を申請するぞという希望、希望というか予定を持っている自治体、それから申請を検討している、申請未定、行わないというふうなことで書かれていますが、これについて、それと、この紙についてちょっとお話を伺いたい、説明をしていただきたいと思うんです。」 「ここに出ている、新聞記事になっているのはごく一部ですよね。今、公表することは考えておられないと言ったんですけれども、こうやって新聞記事に出ていると。幾つかの自治体については、これどういう態度かというのがここに書かれています。これ、このとおりなんですか。」 「これ、もう一つ、ここには出ていないんですけど、川崎市も実は地元の新聞に検討中という回答したというのが出たんです。ちょっと私、それで、余談ですけど、びっくりしたのは、申請を検討しているというところに、東京都、それから千葉市、横浜市、そこへ新たに川崎市が加わっている。東京の湾岸だけでも四地域というか四自治体がこうやってカジノを検討中という名のりを上げている。私、やっぱり、検討中という名のりを上げたんですけれども、実際には白紙だ白紙だと地元では言っておきながら検討中とアンケートに答えたとか、そういういろんな、あるわけです。そうすると、やはりこのアンケート、公開してもらった方がいいんじゃないかと思うんですけど。しかも、まだ準備段階でしょう。まだまだ一回目の調査ですよね、これからとおっしゃったんですよね。そうしたら、どうなんでしょう、公表していただくわけにはいかないんですか。」 「だからこそ、初めの段階で、やはり自分の地元がこのカジノを呼ぶ、カジノの誘致についてどういうふうな考えでいるのか。これ、ぎりぎりになっちゃって、いろんなことがもう計画も何も立っちゃってから出されたんじゃ、それは混乱するでしょう。こういうふうに地元の意見がやっぱり大事ですから、地元の意見を聞くためにも、こういうものをせっかくやったんなら、是非改めてやっぱり公開していただきたいと求めますけど、いかがですか。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る