希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

羽田雄一郎先生のご訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。

発言の詳細を表示します。


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2021年3月18日

委員会名衆議院 議院運営委員会


「それで、今日、解除の日を総理が決断されたということで国会報告を賜っているわけでありますけれども、このコロナとうまくつき合っていく以外にもう方法はないと思うんですね。これは世界中そういった状況になっているわけであります。前回、西村大臣にもお願いをいたしましたが、我々素人の考えでありますけれども、医療体制というのが確かに重要だというのは国民の皆様も認識をされていると思うんです。ですので、もういろいろな、様々な指数が出てきて、テレビ番組によっては、学者の先生の言うことやお医者さんの言うことも様々ありますので、これは西村大臣に前回お願いをしましたよね、是非、僕自身は、病床でより明確に、分かりやすくしていく、一喜一憂することなく、そういう病床の中で国民にメッセージを伝えていくというのがこれから大事ではないかと。感染者数と比例してそういう病床者数も増えていくのは当然かと思いますが、前回も申し上げたように、ワンボイスで伝えていくためには、医療現場も大変なのは十二分に承知をしておりますが、国民にメッセージを伝える上では、病床の数で指数を表していくというか、テレビ番組、いろいろな番組を見て国民は混乱をしていると思うんです。ですので、これがだんだんと微増していると言われておりますけれども、どういう状況になってくればまずいのかというのは、これを乗り越える力といいますか、乗り越えるその必要性というものをどういったところで見せていくのかというのがこれからのポイントではないかと思うので、これは、西村大臣、再度になりますけれども、改めて確認をしたいと思います。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る