希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

羽田雄一郎先生のご訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。

新着発言を表示します。


議員名杉久武(公明党)

2021年4月27日

委員会名参議院 国土交通委員会


「先週に引き続きまして、流域治水関連法案に関して順次質問をしてまいりたいと思います。まず、流域治水という考え方をまちづくりの視点から確認をしておきたいというふうに思います。昨年六月に都市再生特別措置法等の一部改正案が本委員会におきまして賛成多数で可決をいたしましたが、この法律の大きな柱となったのが災害ハザード....


→発言の続きを見る


議員名杉久武(公明党)

2021年4月27日

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、私の地元であります大阪に焦点を当てて質問をしたいと思います。大阪には大きな河川が二つございまして、その一つに大和川がございます。この大和川は、奈良県桜井市の笠置山地を源流として、奈良盆地の水を集め、亀の瀬と呼ばれる日本有数の地すべり地帯を通過して、大阪の河内平野から大阪湾に注ぐという上流、中流、下流の....


→発言の続きを見る


議員名杉久武(公明党)

2021年4月27日

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、大阪を流れるもう一つの大河川に淀川がございます。日本最大の湖である琵琶湖を源流として大阪湾へと注ぐ、全長七十五キロメートル、流域面積は八千二百四十平方キロメートルに及ぶ日本を代表する大河川でございますが、その中流域や河口部では川の水位よりも低い土地にオフィス街や住宅街が広がっておりまして、一たび洪水や....


→発言の続きを見る


議員名杉久武(公明党)

2021年4月27日

委員会名参議院 国土交通委員会


「次に、淀川大堰について質問をいたします。淀川大堰は、一九八三年に完成し、上水道や工業用水の供給を行っておりますが、この淀川大堰によって淀川が遮断され、現在船による淀川上流と下流の往来ができなくなっております。そこで、防災上の観点から申し上げますと、今から二十六年前の一九九五年に発生した阪神・淡路大震災では、....


→発言の続きを見る


議員名杉久武(公明党)

2021年4月27日

委員会名参議院 国土交通委員会


「最後に、赤羽大臣にお伺いいたしますが、一たび水害が発生すれば、被災地域が深刻な影響を受けるだけでなく、直接被災しなかった地域の社会経済にも大きな影響を与えることから、流域全体を俯瞰すれば、治水対策に無関係な人は誰もおりません。そのような意味からも、自然災害が激甚化し頻発化する中で流域治水に取り組む意義は極め....


→発言の続きを見る


議員名杉久武(公明党)

2021年4月23日

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「まず、私の方からは熊本地震についてお話をさせていただければと思います。先週十四日は熊本地震の発生から五年となる節目を迎えました。改めて、地震の犠牲となられた方々の御冥福をお祈り申し上げますとともに、現在もなお避難生活を余儀なくされている方に心よりお見舞いを申し上げます。今から五年前の二〇一六年四月十四日に益....


→発言の続きを見る


議員名杉久武(公明党)

2021年4月23日

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「最後の一人の生活が再建されるまで、今おっしゃっていただいたとおり、自治体とも連携をしながら、政府一丸となって引き続き取組をお願いをしたいというように思います。それでは、災害対策基本法等の一部改正案について順次質問をしてまいりたいと思いますが、質問に入る前に、足立議員からもありました本法案の参考資料の一部誤記....


→発言の続きを見る


議員名杉久武(公明党)

2021年4月23日

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「それでは、法案の内容について質問をいたしたいと思います。まず、本法案の改正によって災害対策本部の見直しが図られ、災害対策の実施体制の強化が図られることとなっております。具体的には、災害の大規模化、激甚化によって国への支援ニーズの増大に対処するために、災害発生のおそれがある段階から災害対策本部の設置や特定災害....


→発言の続きを見る


議員名杉久武(公明党)

2021年4月23日

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「次に、私からも個別避難計画についてお尋ねをしたいと思います。本改正案におきましては、自治体による個別避難計画の策定が努力義務とされたわけであります。先月十九日の予算委員会集中審議の際に私から取り上げましたが、災害時に自力で避難することが難しい高齢者などいわゆる避難行動要支援者の方については、お一人お一人の個....


→発言の続きを見る


議員名杉久武(公明党)

2021年4月23日

委員会名参議院 災害対策特別委員会


「次に、避難の実効性について質問をいたします。先月の予算委員会でも指摘しましたとおり、避難行動要支援者名簿につきましては九九%の市町村において作成されるなど普及が進んでおりますが、現実に災害が発生いたしますと、依然として多数の高齢者が被害を受けている状況であります。例えば、令和元年の東日本台風では犠牲者の約六....


→発言の続きを見る

新着情報を10件表示しました。