希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

羽田雄一郎先生のご訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。

新着発言を表示します。


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2021年6月17日

委員会名衆議院 議院運営委員会


「日本維新の会の遠藤敬でございます。西村大臣、本日もよろしくお願いいたします。今日は、大規模接種についてちょっとお尋ねをしたいと思いますが、時期によりましては八割空いていると。八割埋まっているのかなと思ったら、八割空いているというのも報道に、耳にいたしますが、これはなぜ八割も空いているのか。来週はちょっとまし....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2021年6月17日

委員会名衆議院 議院運営委員会


「もう本当にそういう部分だと思いますので、特に西村大臣に早く打っていただいて、国民に安心を与えていただきたいと思いますし、報道も、その違いというのはないんだよということを、いろいろな場面で国民に説明を求めたいと思っております。それで、ファイザー社のワクチンが七月以降どんどん供給が減ってくると言われていますが、....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2021年6月17日

委員会名衆議院 議院運営委員会


「私の聞いているところによると、ファイザー社からモデルナに替えていく、転換が難しいと聞いております。是非、ここは説明が求められると思いますので、よろしくお願い申し上げたいと思います。空きがあれば、どんどん若い人にも打ってもらう。空いているところをどう埋めていくかという、もう年齢制限なく、券がなくても、三回も四....


→発言の続きを見る


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2021年6月17日

委員会名衆議院 議院運営委員会


「話は変わりますけれども、いつも西村大臣に申し訳ないんですけれども、不平等の話をさせていただいております。私どもの地元でよく聞くのは、税務署さんが一番地域の事情とか企業の状況を分かっておりますので、国の方針として、補助金であったりとか法人税であったりとか、まあ減免措置もありますけれども、昨年は免除していただき....


→発言の続きを見る


議員名山田賢司(自由民主党)

2021年6月11日

委員会名衆議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会


「自由民主党の山田賢司でございます。まず冒頭に、本委員会の開催に御尽力をいただきました委員長、与野党両筆頭始め理事、委員各位、それから政府の関係者に感謝を申し上げたいと思います。拉致問題は、我が国の同胞が連れ去られて四十年以上も自由を奪われて、肉親と会えないという異常な状態が続いている問題であり、政府のみなら....


→発言の続きを見る


議員名山田賢司(自由民主党)

2021年6月11日

委員会名衆議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会


「また、何が最も効果的かという観点から不断に検討ということなんですが、我々の認識では、効果が出ていないから更なることを、制裁なりを検討していただきたいということでございますが、何度聞いても同じ答えが返ってくるんだろうと思います。国際社会の連携、とりわけ米国、バイデン政権との連携というのは非常に重要でございます....


→発言の続きを見る


議員名山田賢司(自由民主党)

2021年6月11日

委員会名衆議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会


「ありがとうございます。米国の圧力、そして米国の理解、協力というのは、大変重要な影響力を持っていると考えます。しかしながら、やはりこれは我が国自身の問題であり、我が国が主体的に動いていかないといけないということは言うまでもありません。菅総理は、前提条件をつけずに金正恩委員長と直接向き合うとおっしゃっておられま....


→発言の続きを見る


議員名山田賢司(自由民主党)

2021年6月11日

委員会名衆議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会


「ありがとうございます。北朝鮮に対する制裁が効いているかという問いの中で、制裁は確かに効いているというふうに考えておりますと申し上げました。現在、北朝鮮においては、経済制裁、そして災害の問題、次にコロナの影響というものが大変重大な関心事であるというふうに考えております。拉致問題の解決なしに制裁解除ということは....


→発言の続きを見る


議員名山田賢司(自由民主党)

2021年4月7日

委員会名衆議院 法務委員会


「三月二十五日の本会議における本改正法案の趣旨説明の際、上川大臣に対して御質問をさせていただきましたが、本日は政府参考人を中心に踏み込んだ質問をさせていただきたいと思っております。まず、少年法改正の議論の中で、少年犯罪は減少しているというふうに言われております。今お手元にお配りをさせていただいております資料一....


→発言の続きを見る


議員名山田賢司(自由民主党)

2021年4月7日

委員会名衆議院 法務委員会


「少年犯罪を論じるときは、えてして大人の目線で、未熟な少年、幼い少年が大人の社会に対して犯罪行為を行っているから、大きな目で見守ってあげようという視点が語られることがあります。しかし、子供が子供の命を奪ったり傷つけるというものもあります。いじめと呼ばれる犯罪です。資料三を御覧ください。文部科学省、令和元年度児....


→発言の続きを見る

新着情報を10件表示しました。